蒼穹 -そうきゅう-


ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

私が障害者差別禁止法に関心を持ったきっかけ




私は下の文書を読んで、初めて世界各国には
障害者差別禁止法があることを知りました。

これを読んで、障害者差別とは何か、
また差別をなくすには何が必要なのか、
知りました。




=============================




『世界の差別禁止法について』
(池原毅和(弁護士)
 記録:瀬山紀子 2001年6月30日)


 →http://www.arsvi.com/2000/010630.htm

「障害のある人に対する差別禁止に関しては、
日本はかなり遅れている国の一つ」


「社会は、人間一般を対象にしているように見えて、
例外的に排除するカテゴリー、女性は別、お金のない人は別、
あるいは障害のある人は別と、暗黙のうちに言っている。」


「近代市民法は、雛型の人間を造りあげ、
そこには一般市民法を適用し、そこからこぼれおちる人は、
社会福祉法で対処する、という構造をしている。
そうして、排除された人には、博愛慈善をもって、
手当する、という考え方をしている。」


「障害のある人が社会に参加できないのは、
障害の必然的な結果ではない、
それは私達の社会が障害のある人のニーズを満たす
システムを作らなかったからだ、と考える。」


「社会のあり方が変われば、障害のあり方も変わる。」


「車線を2つ作って、自由競争レーンに乗れない人を選び出して、
ある種の排除と分離というシステムをつくる。
そのため、いわば、障害のない人の側は、自由競争レーンを
純粋化していき、自分たちの世界を囲い込んでいく。」


「現在までに策定されてきた障害者差別禁止法には、
4つのタイプがある。
憲法による規定、刑事法での規定、民事法に差別禁止の
事項をつくる(ADA法)、最後に社会福祉法で差別された
人を救済するという4つのアプローチがそれにあたる。」


「最高法規としての憲法に差別禁止を書き込むことで、
憲法以下の国内条規など、全てのものを是正できるという利点。」


「「女性は結婚したら休みがちになるんじゃないか」とか
「お産をすれば、休みがちになるのではないか?」といって、
雇い主側が区別しても不合理な差別とはいえないとなってしまう。
案外、差別ということばがはっきりしているようで
あいまいなところがある。」


「「では障害とは何か」というのは、解釈にゆだねられる。」


「一般市民の無配慮、無関心に刑罰を科せられないという問題」


「精神障害の人に深く関わっており、その方たちにADA法は
どう適応されてるかを考えてみると、大ざっぱにいって
あまり効果的でないと考えられる。
どういうのが合理的配慮であり、どのような配慮が
必要かということがわからなかったり、
曖昧であったりする。」


「障害は個人に内在しているものと、社会との関係。
今は難しくても、いずれは可能になるという人が
一人ずつ増えていく、そういう発展的なモデルを
差別禁止法がそのなかに持っていなければ
いけないと思う。
その技術を開発する為にお金を使う。
それは、社会の全体的な負担でやらなければ
ならないのではないか。」


「障害のある人にサブカテゴリーを作る、
つまり重篤な障害がある人と、そうでない人という
二つのカテゴリーによって適応するモデルを変える
という方法。
つまり、合理的な配慮を施しても、自由競争市場に
入れない人たちにはSocial Welfare Modelをあてがう。
これは結局、排除と差別の構造を設定することになる、
という問題がある。」


「アメリカではADAによって雇用率が改善された
ということは私も聞いていない。
現在も7割の障害者は仕事がないということが
現実だろう。」



=============================

[PR]
# by bunbun6610 | 2012-04-25 23:10 | 国連・障害者権利条約

たいやき『神田達麿』末広町店 oishii

たいやき『神田達麿』末広町店

場所: 東京都千代田区外神田6-14-2
         ※ 地下鉄銀座線「末広町」4番出口。

営業時間: 12:00~19:00
定休日: 無し

メニュー
 ①羽根付き薄皮鯛焼き
  ・粒あん          140円
  ・クリーム         160円

 ②わらび餅         680円
 ③草団子(3本入り)   360円


鯛焼きは、クリームがオススメです。
薄い羽根のパリパリ感と相性良く、
洋風の味わいでした。

粒あんは、甘さをかなり控えめの調整なので、
ちょっと物足りないくらいでした。

a0196876_19155733.jpg

a0196876_19161861.jpg

[PR]
# by bunbun6610 | 2012-04-24 19:16 | sweet

『レインツリーの国』(有川浩/原作)

『レインツリーの国』(有川浩/原作)

  →http://ameblo.jp/uchidamayumi/entry-11200323879.html

  →http://book.akahoshitakuya.com/b/4103018712

  →http://www.shinchosha.co.jp/book/127631/


は、原作者が難聴協会の難聴者から
実際の難聴者像を聞き込み、
書き上げていったそうです。

手話テレビドラマでは、過去にろう者を主人公に
した物語が度々放送されて、
その内容がろう者から「奇麗事過ぎる」とか
「ろう者の実像を忠実に描写していない」
「ドラマで使われている言語(手話)が、
私たち(ろう者)のものとは違う」
など、さまざまな批判がありました。

もともと健聴者が楽しむテレビドラマ用に
脚色され過ぎていて、
ろう者理解のためのテレビ番組ではありませんから…。

しかし、この本については、そのような批評は
聞かれないようです。
むしろ、難聴者から共感を呼ぶところが多い
ようです。

インターネットのサイトで、ある男女が知り合い、
話をしていくうちに、直接会って交際を始めてゆき、
お互いの理解を深めていくというあらすじだった
と思います。

はじめ、伸(健聴者)はひとみ(難聴者)を、
顔を知らないだけでなく、
まさか難聴者だとは思いもしなかったのですが、
難聴者が障害者とは限らない日本では、
これは普通のことです。

そこから誤解も生じ、よくもつれたりするのですが、
お互いの理解のためには、
その障害を乗り越えていかなければならない、
ということがわかってきます。

私はやはり、ひとみの「難聴者心理」に関心を
持ちました。
それに対する健聴者・伸の反応はまだいいほう
だと思います。

大抵の健聴者は、そこまで難聴者の立場を
考えようとはしないものですから。
それと、手話テレビドラマとは違い、
注目したのは、聴覚障害者と健聴者の恋愛ドラマなのに、
手話がないのです。
この二人はコミュニケーションを一体、
どうやったのだろうか、というところが、
このストーリーの読みどころだと思いました。

難聴障害は、隠そうと思えば隠せるし、
相手は気づかない場合も多々あります。

しかし、それではやはり本人の心の内には
もどかしさや、相手を騙しているような罪悪感が
生じたりすることもあります。
難聴者心理にはそうした葛藤が、必ずあります。

難聴はその程度によっては、たまたま、
相手にちょっとした配慮があれば、
あるいは自分で工夫をすれば、
何とかなる聴覚障害であって、
聴覚障害者というほど、どうしても克服困難な
障害ではありません。

なので、本人も自覚が希薄だったり、
あまり深刻に考えないほうが自分にとっても
相手にとってもよいと考えたりしてしまいがちです。

まずインターネット・サイトでの書き込み相手として、
障害が全くない状況から発展し、
友達として付き合いたいというのなら、
なおさらそういうフランクな考え方に徹したほうがいい
と思うのが自然だと思います。
しかし、それでも難聴者の心の中はそうはいきません。
さらに、それ以上の関係に入っていくと、
ますますそうはいかなくなります。

健聴者の受け止め方はさまざまですが、
伸の場合はまだいいほうだと思いました。

相手が聴覚障害者だと知ると、途端に離れていって
しまう健聴者もいます。
[PR]
# by bunbun6610 | 2012-04-19 20:47 | 難聴・中途失聴
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
ブログパーツ