<   2018年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

潜入就労レポート(3)

『聴覚障害者狙いは新興宗教なみの勧誘手法?
  ――だからこそ、要注意なのでは?』



〔関連記事〕

『障害者の潜入就労』
[ 2018-03 -11 18:00 ]





応募から面接までの流れ

聴覚障害者はハローワークの専門援助第二部門へ行って、
自分の希望に出来るだけ合った求人票を探します。
そこで見つけたのが、下の求人票でした。

『求人票』; ここをクリック



ハローワークへ申し込むと、応募可能かどうか、
人事部担当者から回答があります。
可能ならメールアドレスを教えてくれるので、

「まずはメールを送って下さい」

と伝えられます。
メールが不可でしたら多分、FAXでも対応して
もらえると思います。

この点は、聴覚障害者にとってバリアフリーな状況
なので、応募しやすく工夫されていると言えると
思います。
しかし、憶えていませんか?
過去に健聴者がろう者に手話で勧誘・騙したり
した事件を。
ろう者ばかりを狙い、手話でのセールスで総額2億円
以上の被害だったと記憶している。
極端に言えば、それともよく共通しているのです。
上手い乗せられ方には注意も必要です。
紹介を希望でしたら、この時点でハローワークから
紹介状を貰っておいて下さい。

こちらから会社へメールを送ると、返信が届きます。


【実際にこちらから送信したメール文】

ライドオン・エクスプレス・ホールディング御中
ご担当者様

初めまして。

■■■■と申します。
■月■■日にハローワーク■■専門援助第二部門で貴社を紹介していただき、
応募させていただくことにしました。

詳細について教えていただければ、と思いますので、面接が可能でしたらご連絡をお願い致します。
面接可能な日時は曜日に関わらず、時間帯が2時頃~5時頃となります。


なお、私は現在、深夜清掃の仕事をしており、連絡が可能な時間は大体、午後2時頃~7時頃までとなります。
メール・アドレスは今のところパソコンのみで、スマホなどは所持していません。
パソコンを開いてからでないとすぐに受信確認ができないので、少し時間がかかる点もご了解下さいますようお願い致します。
よろしくお願い致します。


〒■■■-■■■■
■■■■■・・・・
■■ ■■
FAX: ■■■■■・・・・
聴覚障害者のため、電話は不可です。

メール・アドレス: ■■■■■・・・・




そうすると、人事部の担当者からメールが届きます。
普通は
①ハローワーク紹介状 ②履歴書 ③職務経歴書

の3点を郵送し、それを読まれた企業の判断により、
面接というパターンなのですが、
ここの場合はいきなりメール→面接となっています。
誰でもOKというわけではないと思いますが、

「まずは人物重視」

という可能性もある、と私は見ていました。



【実際に届いたメール文】


■■様

はじめまして ライドオンエクスプレスグループ人事担当 梅本と申します。
以後よろしくお願いいたします。
深夜の清掃をされているのですね。お疲れ様でございます。

是非面接させて頂きたいと思います。
面接場所ですが本社は田町にあるのですが
働いて頂く予定の「■■■■■・・・・店」で実施したいと思います。
(■■さんの自宅からも近いのでそちらが良いかと思います)

①3月7日(水) 14時~15時
②3月8日(木) 14時~15時(私はこちらのほうが有難いですが)
のどちらかでご都合は如何でしょうか?

◇仕事  全国360店舗ある「■■■■■・・・・」「■■■■■・・・・」の店舗での軽作業となります。
    (■■さんには■■■■■・・・・店で働いて頂きたいと考えております)
     
◇時給   1000円
◇仕事内容 洗い物、舎利炊き、舎利だし、冷凍のパック出し、店内清掃、薬味盛り付けなどです。
◇仕事時間 10時~17時(休憩1時間) 土日は可能な限り出勤お願いしたいです

今後の流れ

①面談実施(双方で働けるどうかの確認)
②採用が決定したら勤務開始日、勤務時間決定
③勤務開始 となります。

尚、これは■■さんに相談ですが、現在■■店に聴覚障害で働かれていて(手話などできます)非常に活躍されている
男性(50歳ぐらい)の方がいらしゃいます。
採用が決定したら3日間程度■■店で働いて頂いて、その後■■店で働いて頂く案も考えております。
(ご意見あれば教えてください)

◇■■■■■店所在地



◇■■■■■・・・・店所在地




まずは面接の日時返信頂戴できますでしょうか?


よろしくお願いいたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
株式会社 ライドオンエクスプレスホールディングス
経営支援部 人事グループ 梅本 秀範

東京都港区三田3-5-27
住友不動産三田ツインビル西館 17F

TEL:03-5444-3610
携帯:080-3690-0758
Mail:hdume@r-rideon.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



どうですか?
こんなに親切に詳細をメールで説明してくれたら、気になっちゃうでしょう。
特に、

「現在■■店に聴覚障害で働かれていて(手話などできます)非常に活躍されている
男性(50歳ぐらい)の方がいらしゃいます。
採用が決定したら3日間程度■■店で働いて頂いて、その後■■店で働いて頂く案も考えております。
(ご意見あれば教えてください)」


という話は、素晴らしいの一言だと思います。

ほとんどの企業は、聴覚障害者からの応募は
「門前払い」なのですから、尚更気になるはずです。
仮に採用になっても、いきなりたった一人で放り込まれ、
教育も何もない、というのが、多くの企業での
聴覚障害者雇用実態でしたから。
それがここでは、先輩聴覚障害者からの研修が
あるだけでなく、聴覚障害者も能力があれば正当に
評価してくれる会社だと思えてくる点が、魅力でした。
ここまでは、確かに非常にいい話です。


(続く)



【ご注意】

この記事は

『ノンフィクション「障害者差別」』
(差別告発記事)
です。
事実を元に書いています。
取扱いには一定のご配慮もお願いいたします。

この会社はどこ?; ここをクリック

どんな事業をしているところ?; ここをクリック

どこにあるの?(●●専門だから地域限定); ここをクリック

これらの情報を分析して総合判断すれば、
私の勤務先が必ずわかります。


この会社には現在、複数の聴覚障害者が
勤務しているため、
騒ぎ立てないようにお願い致します。
あくまでも、こうした障害者差別があるという
ことを知る上で、
『聴覚障害者の就労後問題』の参考事例として、
ご一読下さい。
特に、研究者に読んでいただければ幸いです。

それと、障害者が差別に苦しむことなく、
良い会社を選ぶのにも。
まずその前に、失敗しないことが大切ですから、
その参考情報になれば、と思って書いています。





〔関連記事〕

カテゴリ『就労後の聴覚障害者問題I』
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-29 20:58 | 就労後の聴覚障害者問題I

パチンコ台釘の無承認変更問題



下の記事を読まれたことがある方もいると思います。

『パチンコ台釘の無承認変更問題』
〔2016-08-19 23:32〕



しかし、この問題は一向に根本解決していません。
どうしてなのか?

どうしてって、人間と同様、
パチンコ店や業界にも表裏というものがあるからです。




2013年10月11日(金)
承認得ずパチンコのくぎ交換疑い、書類送検/長野

https://johojima.com/pachinko_news/post-2893/




パチンコ店, 営業規制, 法令違反処分
遊技機の無承認変更の要点解説

http://cozylaw.com/fuei/yugiki-mushounin/




パチンコ店・パチスロ店の店舗改装等について
http://office-hitomi.com/kaisou.htm




風適法改正で無承認変更で営業許可取消しも
http://www.play-graph.com/hot/post_177.php


パチンコ日報
部品の無承認変更の行方
2013-08-29 05:53:51

https://pachinko-nippo.com/?p=21271



風営法について思う
行政処分量定Aと無承認変更について思う
2013年07月12日

http://fuei.sblo.jp/article/70845481.html




遊技機に関連する風営法の手続
http://www.nozomi-soken.jp/pro-003.html




えっ? これも風適法違反なの?! と思ったケース。

それは無承認変更です。
http://office-yuuda.com/blog/blog14.html


店内の軽微な変更をしただけでも、本来は「変更」となり、
承認が必要になる。

例えば、缶飲料の自動販売機の設置場所を
若干変えただけでも「変更」であり、
それには承認申請が必要なのである。
面倒臭くてやっていられない。
だから客にとっては不便な場合があっても、
「承認申請が面倒だから」、
そのまま放って置くことも多い。
これは私が元従業員として働いたことが
ある経験から、本当の話だと分かる。

なぜ、

「賞品コーナーの面積を広くとるように」

との指導が入ったか?
それは、賞品コーナーの面積というより、
パチンコ・スロット設置台数に伴い、
扱う賞品の最低種類数が風適法で規定されて
いるからである。


以下は、その根拠となる極秘情報(社外秘)である。
「パチンコ店の提供する賞品は、お客様の多様な要望を満たすことができるよう、日常生活に使う物品で、できる限り多くの種類を取りそろえなければいけません。
マルハンでは、遊技台数500台未満の店舗は520種類以上、遊技台数500台以上の店舗は遊技台数と同じ数プラス20種類以上となっています。
詳しくは賞品コンプライアンスガイドを参照して下さい。」



だから、この店ではそれが不足していたから
かもしれない。
客は知らないが、実はこれにも、
法令があるのである。
風適法は、厳し過ぎるなんてものではないのだ。





風適法の厳しさを理解したところで、
釘問題をここから再スタートさせます。

これをよく読んで下さい。
下の情報はウィキペディアからのものです。

「釘調整
釘調整(くぎちょうせい)とは、パチンコ玉の流れを制御するためにパチンコ台の盤面に打ち込まれている釘や風車の角度等を、ハンマー等で叩くことで調整すること。
主にパチンコ台で重要な、スタートチャッカー(ここをパチンコ玉が通過することで、フィーバー機なら大当たり抽選の開始、羽根モノなら役物への入賞ルートにある障害物の開閉開始の契機となる)・アタッカー(フィーバー機において大当たり時のみに開く入賞口)などへ流れる玉の数を増減させ、最終的な出玉を増減させるために行われる。
釘調整を専門に行う人間は俗に「釘師(くぎし)」と呼ばれ、『釘師サブやん』(ビッグ錠)といった漫画の題材となったこともあるほか、近年では釘師養成のための学校も存在する。
なお釘調整は日本では厳密には違法行為とされている。警察側の指導ではメーカーから納品された状態での許可を出しているためにその仕様を変えるならば必ず許可を受けなければいけない。警察は従来黙認していたが、2015年頃より調整に関する指導を厳格化している(詳細は下記を参照)。」



そして、ここも読んでみて下さい。


「釘調整の目的[編集]


遊技機の盤面
パチンコ店は営業終了後から開店までの間に遊技客と店舗の利益の調和を目的にパチンコ台の遊技盤面に植設された障害釘の間隔を拡大又は縮小したりする調整を行う。障害釘は一般的に遊技釘又は単に釘と呼ばれる。」



本来なら絶対、ありえないですよね。これをやったら、「無承認変更」になってしまうんですから。でも、昔はどこのパチンコ店でもやっていたし、今でも隠してやっている店はある。そして、これが社会的問題になったのが、2016年秋頃のことだった。
「釘曲げ道具」に、「ハンマー」から「渡り釘ゲージ」まで各種の道具がありますが、こうした道具は最大手のマルハンにもあります。練習生の時から持っていて、『釘講座』(「釘調整の基礎理論」というのが、それです)という講座をマネージャーから受けつつ、練習しているのです。そして、釘試験に合格しなければ、営業用遊技機の釘調整は行えません。やはり、出玉を左右するからでしょう。誰が釘調整したかも、遊技機に記録されます。責任を負うのです。


「背景と法的リスク[編集]
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
パチンコ台に打ち込まれた釘等の状態を各パチンコ店が独自に調整することは、本来厳密に言えば違法である。
元々パチンコ台は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風適法」と略す)に定めのあるところにより、出玉率等が一定の基準内に収まっているものしかパチンコ店に設置することができない。実際には各都道府県の公安委員会で遊技機規則に基づいて保安通信協会等の「指定試験機関」による型式検定に合格を経て、公安委員会から認可を受けたもの、ということになるが、パチンコ店が独自に釘調整を行うということは、厳密に言えばこの型式検定時の釘の状態を変更することに他ならない。またその変更を行うことにより、明らかに台の性能に影響が出ることは避けられないことから、建前上は風適法第9条違反(公安委員会の承認を受けずに設備の変更を行う)として処罰の対象となる。
しかし、実際にはパチンコ店において釘調整が行われている。これは建前上「客が遊戯しておびただしい数のパチンコ玉が当たることで、釘が元の状態から変化してしまうが、風適法第12条に規定された設備技術基準適合維持規定があり、店のパチンコ台は公安委員会の遊技機規則をクリアした技術基準に適合するように維持しなくてはいけないため、店ではあくまで元の状態を維持するメンテナンスの範囲で行われている」ということになっている[1]。釘調整はパチンコ店の経営戦略の要である出玉を管理する利益コントロールとも関連しているため、店では釘調整は日常的に行われている[1]。釘調整は遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の「遊技くぎは、遊技板におおむね垂直に打ち込まれているものであること」という言葉の“おおむね”といった曖昧な表現が使われることによって、可能になっていると考えられている。
メーカー関係者がホールで釘調整を行う事は普通ない。釘調整は承認変更の出玉に関わる部分に当たるので事前申請に当たる。これに類する行為は風適法違反となるため。
この名目に従えば、一度実際の営業にパチンコ台が使われ始めた後は(メンテナンス目的以外での)釘調整を行うことは一切許されないことになる。ただ実際には営業開始後もパチンコ店の担当者(多くは店長クラスの人間)により営業時間外に釘調整が行われることが多い。よって営業時間中に当該パチンコ台に対し釘調整が行われているかどうかを確認することは現実問題として困難であった。
そのため警察も、あからさまに釘を曲げるなどの行為が行われていない限り、各パチンコ店による釘調整を黙認せざるを得ない状態となっていた(逆に言えばあからさまに釘を曲げた場合は摘発対象となり、実際に摘発例もある[2])。
上記のように、あくまで釘調整は「本来違法だが黙認されている」ものに過ぎなかったため、当時でも釘調整を大っぴらに公表すると警察の指導・処罰の対象となる場合があった。事実、NHKスペシャル『新・電子立国』でパチンコをテーマに取り上げた際には、番組内でパチンコ店のグランドオープン初日の営業終了後に店長が各メーカーの担当者を集め釘調整を要求するシーンを放映したことから、ディレクターの相田洋が後に著書で明らかにしたところによれば、後日当該パチンコ店に警察の指導が入ったという。」



「盤面図」(と言うよりも、明らかに釘調整の為の「指示図面」)
を見たことがある人はごくわずかですが、
障害者清掃員は目撃できていました。
勿論、正社員は盤面図を見て釘調整をしていました。

多分、ウィキペディアの情報は、パチンコ店で勤務経験
のある人から寄せられた情報なのだろう。


下の話は、読んだ人ならもう知っているでしょう。

元記事; 2016年9月22日(木)

2016年9月22日(木)
話を変えて、釘問題のことを聞いた。

遠藤マネージャー;「釘を曲げるのはNGだが、釘を本来の状態に戻すのはNGではない」

私;「??? どういうことですか?」

遠藤マネージャー;「やっぱり、そう思うでしょう!
そこなんだよ!
厳密に説明すると、パチンコ台には、「納品釘」と「検定釘」になっている状態のものがある。
「納品釘」とは、工場から出荷された時の釘状態。
「検定釘」とは、警察がパチンコ店営業用に許可した釘の状態。
検定釘が「本来の状態」である。」

私;「ということは、釘は曲げるのが当たり前なの?」

遠藤マネージャー;「まぁ、そういうことにはなるが・・・(これは、違法行為ではない)。
一般の人は知らないから、釘をハンマーで叩いているところを見ると、
『違法に曲げている』と思っちゃうのです」

私;「それは、パチンコ店で釘調整後、ちゃんと警察が検査をしているのですか?」

遠藤マネージャー;「しているよ。
新台入替日の、開店前にしている。
もし間に合わないと、新台が動かせない」

私;「でも、一般の人は、それを見てもいないですしね。
それだからなぜ、その事を説明しないのですか?
皆、誤解してしまうのではないですか?」

遠藤マネージャー;「説明してもいいよ」

私;「・・・・・?」


こんな感じだ。
これだけでは、とても納得はできないだろう。
もし、これが本当ならば、パチンコ店に釘曲げを実質的に指導しているのは、警察ということになってしまう。パチンコ店では密かに、警察の検定で通った釘図面に基づいて、釘調整をしていることになるからだ。

8月に釘曲げをしていることを公安委員会に話したときは、

「現在、釘が不正に曲げられている台は撤去中です」

と話していたし、昨年12月のニュースでも報じられていた。
だから、ニュースと実際とでは全然違う。
警察の話では、釘の検定の話など、全く出てこなかった。

でもパチンコ店の話は、一応筋が通っている。
警察とパチンコ店の説明の不一致が、問題というか、疑惑が起きる根本原因なのかもしれない。
もう一つ、理解できない点がある。雇用契約更新時に小助川チーフに「釘問題がニュースになってから、周囲から「パチンコ店で働くのはやめたほうがいい」と言われた」と相談した。その時、小助川チーフは苦し紛れに「今、カジノ合法化を進めているところ・・・・」という、納得できるものではない回答をしていた。「合法化」というのは、要するに今は非合法だとか、グレーに見られているから、それを合法化する、ということだから、今やっていることは非合法である可能性も否定はしない、ということだ。やっぱり、これではおかしい。
「焼け石に水」とは、こういうことかなぁ、と思った。


その釘調整作業は、まだ全台は終わっていないようだ。7階倉庫にたくさんあって、釘調整をする台は枠台車にはめ込まれている。今夜中には終わらせないといけない。そして、その台は夜中にホールに設置(入替)する。それが明日、公安委員会の担当者が来て検査をする、という。
それならば、釘に関する不正は一切ないのだろうか?
ここまでの話ならば、確かに不正はないと言えるかもしれない。

しかし、パチンコ・ユーザーが釘問題に厳しい目を向けているのは、新台だけではない。実際にパチンコをよく打つ人からは、次のような話も聞いている。

「パチンコ台の釘は、角度が変わったりしていることがあるんだよ。というより、それは店が曲げるのが当たり前。台ごとに釘調整は変わるし、違っているよ。また、同じ台でも何日かすると前よりも閉まっていたり、開いていたりする。だから、パチンコの名手は必ず釘の具合を見て、台を選ぶよ。あのカド台がいつも出ているからといって、いつもそれが優良台、勝てる台とは限らない」

「昔は、閉店前になると店員がハンマーを堂々と持って来て、客がまだいても平気で釘調整をやっていたよ」

釘曲げ行為のことは確かに、下の本にも書いてあった。


『『パチンコ裏物語』(阪井すみお/著者 株式会社彩図社/発行所)』
[ 2016-05 -29 23:30 ]





それに、昔のパチンコ攻略雑誌には、パチンコ台の釘の見方、優良台の選び方(判別法)が堂々と載っているだけでなく、パチンコ店には「釘師」と呼ばれている職人がいることも客も皆、知っていた。だから、公安委員会が許可した後にも、パチンコ台の釘を曲げたりすることなど、公然の事実だったのだ。客も、それを知っていて大金をつぎ込み、遊技していたのである。
しかしそうした話が、近年ではいつの間にか聞かれなくなっていった。理由は何だかわからないけれども、昨年12月にパチンコ台の不正釘曲げ問題(ということは、釘曲げには「不正」と「適法」行為が、本当にあるということではないのか?)が大ニュースになって、一時騒然となった。それで私も、

「え? パチンコ台の釘を曲げたらいけなかったの?」

と、驚いたのだ。特に、入替前の新台は納入後、曲げるのが当たり前だ。それだけでなく、他から納入した中古台も調整していた。
昨年4月24日のグランドオープン後、パチンコ台のGM作業が出来る者は、役職者(店長、マネージャー)だけだった。たったこれだけだったので、時間がなくて仕方なく、昨年秋頃からは2階事務所にまで納入台や中古台をスタッフに運び込ませて、マネージャーが通常業務の合間を見ながらやっていたこともあった。その時は、山際マネージャーが「ドアを開けるときは言って。釘を叩く音がホールに漏れるから」と言っていた。さらに、盗難事件などが起きた時に警察官を入れる場合にも、スタッフは慌ててパチンコ台や専用道具を隠していた。ということは、GM作業とは秘密にしてやる作業だったのだ。公的に認められているのならば、なぜこのようなことをして、釘調整を行っていたのだろうか。だから遠藤マネージャーの正当性主張には、本当はかなりの疑問だ。

パチンコ店の正当性主張する「検定釘」というのは、公安委員会が許可した台であるのなら、確かに「不正行為」とは言えない。GM作業も、隠す必要はなかったはずだ。そこが、かなりの疑問点だ。それだけではなく、もしその後(つまり、検定後)に曲げる、再調整するようなことをしていたとしたら?
開店前とかに、よくホールの清掃をしていても、店員がパチンコ台のガラス扉を開けて、何かやっている場合がある。メンテナンスだったりすることもよくあるが、中には明らかにハンマー(釘調整用のである)で釘を叩いている様子も、目撃したことがある。アレは一体、何なのだろうか? 常識的に考えるならば、それをやった場合は一旦、「稼動停止中」にして、公安委員会の再承認があるまで待つのではないだろうか。
パチンコ店ではホールの接客アルバイターにも「球詰まりの時、ガラス扉を開けた際に、衣服が釘に引っかかるなどして曲がってしまった場合は、必ず役職者に報告して下さい。そのままにしていたら、「無承認変更」になってしまうので」と指導していた。ということは、無承認変更は違法行為とはいえ、法令遵守しない店舗だったら無承認変更もあり得る。パチンコ店がその気になれば、簡単にできてしまう。だから昨年12月にニュースで発覚するまで、誰も気が付かなかったのだろう。なぜその時になって、やっとバレたのかが、不思議なくらいだ。
だから、「バレなきゃやる」――これがパチンコ店の本性なのだろうが、それでなくとも、世間からはパチンコ店がグレーに見えることは間違いない。だから、釘問題の言い訳なんか幾ら言っても、誰からも信用されないのだ。



これと、ウィキペディアの説明と、よーく比較検討してみて下さい。
業界のトップカンパニー『マルハン』も違法行為を行っていることに、
誰でも気づくはずです。
ちなみに、上に出ている「GM作業」とは、
要するに「釘曲げ行為」のことを言っています。
一般人が知らない「業界用語」です。
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-29 01:32 | F.マルハン



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000056-asahi-soci


強制不妊手術、全国弁護団結成へ
 宮城や東京で一斉提訴


4/28(土) 19:33配信

 旧優生保護法(1948~96年)のもとで障害者らに不妊手術が強制された問題で、全国の弁護士が5月27日に「全国優生保護被害弁護団」(仮称)を結成する。4月28日、仙台市内で開かれた準備会合で決まった。国に謝罪と補償を求める訴訟を全国に広げる。

 会合には、宮城のほか東京、北海道、秋田、神奈川の弁護士約20人が参加。会場をインターネットで岐阜や京都、福岡など全国10カ所と結んで話し合った。今年1月、宮城県内の60代女性が全国で初めて国を提訴している。

 会合では、5月17日に宮城と東京、北海道のいずれも70代の男女4人が一斉提訴することも報告された。(井上充昌)
朝日新聞社



=========================



https://www.asahi.com/articles/ASL4P7QCJL4PUBQU00Q.html?ref=yahoo


「今なら許されない」
 強制不妊手術をした医師、語る


田之畑仁
2018年4月22日17時00分


かつての優生保護法に基づき障害者らに不妊手術が強制された問題で、強制不妊手術をした北海道の80歳代の産婦人科医は、朝日新聞の取材に応じた。障害者支援団体の理事長も務める医師は「今なら許されないこと」としつつ、時代背景などを考えると「仕方がない面もあった」と、複雑な心境を明かした。
·強制不妊手術、家族同意なしで「適」判定も 北海道
 この医師は、公立病院の勤務医だった1967年、20歳前後の女性について、両親から不妊手術の相談を受けた。女性は知的障害があり、耳も不自由だったため、自分の意思を言葉で発することができなかった。本人の同意が必要ない旧優生保護法の第4条に基づき、道優生保護審査会に申請。認定を受けた上で不妊手術を行った。手術の費用は公費負担になったため、両親にも喜ばれたという。
 医師は、強制不妊手術に関わったのはこの1件だけだったといい、「子どもがいない若い女性に、本人の同意がないまま不妊手術をすることなど、今の時代ならありえない」と認める。
 一方で、当時の時代背景が大き…
残り:403文字/全文:810文字




=========================





ろうあ者への差別を語る上で、
この話も欠かすことができないものだ。
しかも、それほど昔の話ではない。

今の障害者は、権利を主張する時代だ。
保護なんて、とっくに時代遅れなのだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-29 01:16 | 障害者問題・差別

労働者を募集する企業の皆様へ
~労働者の募集や求人申込みの制度が変わります~
<職業安定法の改正>
施行日:2018(平成30)年1月1日

厚生労働省・都道府県労働局

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000171017_1.pdf





―この法律が出来た背景―


>「求人票や募集要項等において、労働条件(詳細は次ページ)を明示すること
が必要です。」



明示していない企業がかなりあります。
雇用契約書は簡潔な文章のみであるにもかかわらず、
内容が非常に曖昧です。
そのほうが、事業者には都合がいいからです。


〔事例〕

『順天堂の場合』; ここをクリック


順天堂がハローワーク専門援助第二部門に
掲示していた(障)求人票。

『障害者雇用 - 学校法人 順天堂』
[ 2017-02 -25 21:29 ]




==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年12月6日
紹介期限; 平成29年2月28日

求人番号; 13010-42281162


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 学校法人 順天堂

所在地; 〒113-8421
東京都文京区本郷2丁目1番1号


就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

東京都文京区本郷3-1-3 順天堂医院


JR・丸の内線 御茶ノ水駅下車 徒歩7分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)順天堂医院 看護助手補助

仕事の内容;
・ベッドメイク(チームで作業)
・車イス、ストレッチャーの清掃
・医療機器の搬送
・環境整備
・その他病棟での作業


雇用形態; パート労働者
3ヶ月毎の契約更新(長期)

雇用期間; 雇用期間の定めあり
3ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 高卒以上

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 1000~1000円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり  毎月50000円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)8:00~16:00
(2)8:00~12:00
(3)

就業時間に関する特記事項;
就業時間(2)は土曜日勤務

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 日祝他  週休二日制 その他

休日 その他の場合; 土曜日は月2回休み(第二土曜、他)

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
・雇用期間は3ヶ月毎の更新とする。
・就業日、時間は応相談(週30時間以上)

〈就業場所における現在の施設等の状況〉
電話応対無、出入口段差無、出入口ドア自動、
エレベーター有、階段手すり片側有、
建物内車椅子移動スペース有、トイレ洋式

※ 必要な合理的配慮については、お申し出下さい。



〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体;    4600人
就業場所;    2500人
(うち女性     1800人)
(うちパート    35人)

創業; 明治前9年

資本金; 

労働組合; あり

事業内容; 教育・診療・研究


会社の特徴;
学校法人順天堂は、「仁」を学是とし、
医学部・スポーツ健康科学部・医療看護学部
・保健看護学部・国際教養学部からなる
「健康総合大学」として、高等教育・高度医療で
社会に貢献しています。


代表者名; 理事長 小川秀興

定年制; あり(一律65歳)   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

週所定労働日数; 週5日以上

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤2人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
※ 備考欄参照
選考後は返却

日時; 随時

選考結果; 21日後 〔書類到着後7日程度〕

結果の通知方法; 郵送

試用期間; あり(3か月 労働条件変更なし)


〔備考〕
* 質問がなければ事前連絡せずにハローワーク
の紹介状を受けた上で応募書類を所在地まで
送付して下さい。

障害の種別・等級を応募書類(履歴書・職務経歴書)
にご記入いただくか、障害者手帳の写し
(障害がわかる部分のみで可)を同封して下さい。

* 応募の際はハローワークの紹介状が必要です。



担当者
課係名/役職名
人事課

氏名
久米

TEL; 03-5802-1009

FAX;



==========================





ハローワークに依頼して電話問い合わせ確認したところ、

「『電話応対無』でも、この職種への
聴覚障害者の応募はできない」

とのことだった。







順天堂が実際にメールで内密に提示した労働条件


〔2016/12/01/15:38〕受信
■■様

平素より大変お世話になっております。
順天堂大学人事課の久米です。

標記の件、ご連絡ありがとうございます。
それでは、2017年1月11日付就任でお願い致します。
なお、トライアル雇用については、
ハローワークへ届出ている制度はなく本学の運用として、最初の3ヶ月(月単位)をトライアル(雇用条件同一)として雇用契約をさせていただいております。
なので、1~3月をその期間とさせていただき、特段問題なければ、年度明け以降は年度毎(1年毎)の契約へ変更させていただくことになります。

それでは、1/11(就任日)のご案内になりますが、就任日は下記の内容をご確認のうえお越しいただきたくお願い致します。

●日時:1/11(水)9:00
●場所:順天堂大学 人事部 センチュリータワー南15F
●持ち物:印鑑、銀行口座が分かる物、雇用保険被保険者証、年金手帳(写)、マイナンバー通知(写)

※ユニフォームは当方で準備させていただきます。

以上、ご不明点等ございましたらお問合せいただきたくお願い致します。


---------------------------------------------------------
学校法人 順天堂
人事部人事課
久米 洸穂(クメ ヒロホ)
〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
TEL:03-5802-1009
Mail:hkume@juntendo.ac.jp
---------------------------------------------------------









From: 久米洸穂
Sent: Tuesday, November 08, 2016 6:59 PM
To:
Subject: Re: 順天堂医院 看護助手補助(パート)募集関係

■■ ■■様

平素より大変お世話になっております。
順天堂大学人事課の久米です。

標記の件、
ご連絡ありがとうございます。
内容について承知いたしました。

採用となった場合の労働条件について、不足しており申し訳ございません。
■■様が先日記載いただいた内容でほぼ問題ございませんが、補足させていただきます。
ご確認の程宜しくお願い致します。お願い致します。

****************************



〔1. 求人事業所名〕

事業所名; 学校法人順天堂

就業場所; 
文京区本郷3-1-3
順天堂医院

JR線・丸の内線 御茶ノ水駅下車 徒歩7分

〔2.仕事の内容等〕

職種; 看護助手補助

仕事の内容;
ファイバーの洗浄業務 等


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり
年度毎契約(毎年3月末まで)
ただし、更新回数は5回までが基本。
その後は勤務状態を見て、定年まで可能。
契約更新の可能性あり(条件あり)
初回はトライアル雇用(3ヶ月間)から




〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 1000円~1000円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月50000円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康・年金(私学共済)

退職金制度; なし

就業時間; 
9:00~17:00

就業時間に関する特記事項;
土曜日は9:00~13:00

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 日、祝日 他   週休二日制 その他

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

休日 その他の場合; 
フルタイム希望なので、週休二日制ならば月~金は出勤、土曜日公休を希望。→ 月~金の契約とさせていただきます。

求人条件特記事項;

労働組合の加入資格;
あり?  なし? → なし




定年制; あり 一律65歳
勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

週所定労働日数; 週5日

就業規則; あり

試用期間; あり(トライアル雇用3ヶ月間 労働条件変更なし)



※アルバイトの掛け持ちについては、■■様の体調および、本学での就業へ支障のない範囲で実施いただければ問題ございません。
就任日については、一旦仮の設定をさせていただき、採用決裁の取得ができたところで日程の相談をさせていただきますのでよろしくお願い致します。


****************************


以上、ご確認宜しくお願い致します。

---------------------------------------------------------
学校法人 順天堂
人事部人事課
久米 洸穂(クメ ヒロホ)
〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
TEL:03-5802-1009
Mail:hkume@juntendo.ac.jp
---------------------------------------------------------




もしかしたら、別求人票で「電話応対無」の文を
入れることで、聴覚障害者を釣ろうとしていた
のかもしれない。
非常に腹立だしいことだが。

労働組合はありましたし、求人票にも載っていますが、
障害者には加入資格がないと、
後で知りました。
もし、裁判をしたら、これは違法の認定になると
思います。

ハローワークに言っても無駄だったので、
こうやって暴露することにしました。








>「当初明示した労働条件が変更される場合は、変更内容について明示しなけ
ればなりません。(職業安定法改正により新設されました)」



〔事例〕

『順天堂』; ここをクリック


『株式会社マルハン』; ここをクリック


特殊景品のカートリッジ・ケース詰め作業は、
もともとは求人票には書いてありません。
マルハンはなぜ書ないのか、読者はもうわかりますよね。
特殊景品こそ、「パチンコは賭博」と言われるように
なった原因だからなのです。
だから、そういう情報は隠すのです。





『株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス』; ここをクリック


この会社も、求人票には書いていない仕事内容を
メールで指示しています。
これも、順天堂と全く同じやり方です。
事業主と求職者本人との合意があれば有効だとは
思いますが、障害者求職者をこうやって、
3K業種へ誘導するわけです。
表向きの求人票は綺麗事に過ぎません。

求職者は

「入ってみないことには、どんな会社なのかわからないから」

と思って、それなりの覚悟を持って入社してみるわけですが、
就職・転職後になって

「話が違っていたから、辞める」

とは、やはり簡単には言えません。
しかし、生活のために我慢して働いてもすぐに
また転職先を探し、辞めていくため、
長続きしません。
だから職業安定法で禁止するようにしたのでしょう。




>「労働基準法に基づき、労働条件通知書等により労働条件を通知することが
必要です。(明示すべき事項については、厚生労働省ホームページに掲載の
「モデル労働条件通知書」を参考にしてください。)」


通知していない企業がほとんどです。
企業にとってはそのほうが、都合がいいからです。
飲食業界などでは、特に多いようです。
会社が作成している文書って、ほとんどが曖昧ですよね。
『就業規則』や『誓約書』もそうですし。
都合よく運用できるように、わざとそうしているのです。
要するにこうしたことは、「忖度(そんたく)する国家」
の特徴なのだと思います。



〔関連情報〕
求人票への虚偽記載事例


『問題の求人票』; ここをクリック

『問題の求人票虚偽記載』; ここをクリック

『問題の求人票虚偽記載に対する反論』; ここをクリック
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-28 08:48 | 就職活動・離職

潜入就労レポート(2)

潜入就労レポート(2)

ここに述べることは

『潜入就労レポート(1)』
[ 2018-04 -20 23:30 ]



でも少し触れているが、ここでは詳細に述べることにする。
『就労後の聴覚障害者問題』を知る上では、
最も重要と言える事例だからである。



『手話でしかわからない、働いているろう者の本音(真実)』

『就労後の聴覚障害者問題I』
[ 2018-03 -30 23:00 ]
より、一部引用。


「また、手話で話していると、人事部のCさんが言っていたこととは違う事実が浮かび上がってきた。Cさんは「Aさん(ろう者)が気が進まないから、メイク(寿司作り)のほうはやっていない」と話していた。しかし本人が自ら話したのは「自分も本当はあの仕事をやりたいが、この店は衛生が厳しいから」と言っていた。「衛生知識がない、教育することが難しいから無理」だと、上司から言われたのか、それとも自分で思い込んで損をしているだけなのか、どちらなのかはわからない。しかし、私の場合は「教えれば出来ると思う」と、D店のE店長も、確かに話していた。Cさんも私にはメールで「話しを聞いて料理が好きと聞いたのでメイクに入れるようにと考えている状態です。」と言っている。しかし、それが本当の話なのかどうかまでは、やはり分からない。騙されている可能性だって、ある。
実際のメイクの仕事を見ていたら、ほぼ全員がデリバリー担当とメイク担当を兼務しているようで、受注するとその人達がまず、皆で一緒に寿司を作る。同じ寿司を同一人物が担当して作り、盛り付ける役目の人もいる。それから出来た寿司を手分けして、皆で配達に行く。つまり、完全分業制による人件費の無駄を省いているのだ。人件費が高くなってしまう職人も要らない。そして、衛生知識が大してない人でも、寿司を作る仕事はやっている。それでも店がAさんにはやらせないのだとしたら、きっと何か理由があると思われる。差別や偏見もあり得るだろう。
例えば、「ろう者に衛生知識を教えるのは無理だ」とか、「手話でないと細かな注意点がある仕事の説明を理解できない人だから」とか、「手話には顔に手指を付ける動作もあるし、口型を読み取ってもらうために、作業途中でマスクを外して話したりしなければならない場合もあるから」といったことである。本人がマスクを外して、健聴者に口型を読み取ってもらっている場合もある。そこが難点だと判断された可能性はある。」



読者ならこれを読んで、どう思うだろうか?



ここに書いてあるCさんとは、人事部のU本氏のことである。

ここではその名前を直接書くことはできないが、
求人票の最後、「担当者名」にその名前が載っている。

『問題の求人票』; ここをクリック

とにかく口(メール文でも)が達者なので、要注意人物だ。
驚いたことに、この担当者が

「Aさん(ろう者)が気が進まないから、
メイク(寿司作り)のほうはやっていない」


と話していた後に、Aさんからは

「自分も本当はあの仕事をやりたいが、
この店は衛生が厳しいから」


と、本音を聞かされたのである。

U本氏は口話で言っていた。

一方、Aさん(ろう者)は当然ながら、私には手話で話していた。
言語は違うが、要するに、手話を知らないU本氏は
勝手にAさんの代弁をしただけだったのではないか、
と推測できる。
その時、Aさんは私に

「U本さんは、メイクもやらせるって、あなたには言ってた?」

と、聞いているのである。
気になってそんなことを聞くなんて、おかしいでしょう。

私も危うく、U本氏に騙されるところだった。
(実際は「もう騙された」と思っている)


私とAさんが一緒に手話で話していた時、
U本氏は

「それ、どういう意味なの?」

と聞いていた。
だからU本氏は、手話が全く読み取れない健聴者だった。
私はそれを訳すとマズいと思ったので、
U本氏にはAさんが表した手話の意味を教えなかった。
無視したら、U本氏も諦めたようだった。

そんな状況だったから、U本氏にAさんの本音がわかるわけがない、
と思った。
だから、U本氏が

「Aさん(ろう者)が気が進まないから、
メイク(寿司作り)のほうはやっていない」

と言って、Aさんの気持ちを代弁したのは、
でっち上げだと見抜いたのである。
Aさんは、私には手話で

「自分も本当はあの仕事をやりたいが、
この店は衛生が厳しいから」


と、本音を漏らしていたのである。
この事実は、手話が出来る者同士でないと、
わからないことだった。

Aさんは

「自分には衛生知識がないから無理」

と言っていたが、そんなことはなかった。
その時にやっていた仕事を完璧にこなしていて、
衛生面も誰かが教えるまでもなく、きちんとしていたからだ。
Aさんは昨年8月に入社し、もう8ヶ月もこの仕事をやっている、
と言っていた。
なら、もうある程度の先輩の立場であるはずだ。
むしろ、他の健聴者のほうがだらしがなかったぐらい
だったのである。

それで私はその日以来、人事部のU本氏が全く
信用できなくなった。
それが当然だと思う。
U本氏に気づいていないことが、私にはわかったのであるから。
これは、Aさんも知らない事実なのである。
だから、Aさんは自分が差別されていると、
ハッキリとは自覚できずにいる、と思う。

(知れば必ず苦しむことだから、
知らないほうがいいのかもしれないが)

ただ、もしも一点だけ、健聴者の差別が容認される
理由があるとすれば、それは次の点が挙げられるだろう。

健聴者がマスクをしたまま「エビを取って」と言っても、
ろう者にはわからない。

(調理中にマスクをはずすのはルール上、無理。)

目の前が棚や物で、相手の顔も見えづらい場合が、
この職場では少なくない。

(視覚言語である手話を使うのは難しそうだ)

それでろう者はダメだと言われる可能性はある。

そもそも、健聴者に手話はわからない。

(健聴者に手話を勉強してほしいと頼めたとしても、
覚えてもらうのは相当難しいし、
全員が覚えられるわけではない)

上に述べたような、瞬時の意思疎通が出来ない。

手話は時に、顔に触れるか、そうなりそうな手話もあるし、
手話が通じないとマスクを外すことも少なくない。
マスクに触ること自体が、不衛生とみなされ、
排除されている可能性がある。

しかし、実際のところ私自身も、

『就労後の聴覚障害者問題I』

で述べているように、メイクの仕事はほとんど
やらせてもらっていない。
それなのに、後輩の新人が勤務2日目とかでやらせて
もらっている。
そういう実態から見て言えることは、
やはり「差別でしかない」と思うのである。

もし読者ならばこれを、どう思うだろうか?

こういった会社と障害者との間にある矛盾点はきっと、
ろう者が働いている就労現場を視察したことのある
手話通訳者(ハローワーク職員など)ならばきっと、
知っていることだろう。

「言語の壁が、こうして聴覚障害者差別を見えなくしている」

と言えそうだ。




【追記】

「障害者の仕事(舎利炊きなど)と、
健常者のメイク(調理)の仕事は違うのでは?」

という声があるかもしれないので、ここで言っておく。

「いいえ、同じです。
舎利炊きは、もともとはメイクの仕事です。
会社として障害者雇用促進法を遵守する為に
人事部が介入し、現場の作業の一部を切り出し、
障害者にやらせることにしたのだと思います」

会社の業務指示だから、差別ではないという
認識でしょう。
法律上も、何ら問題点はありません。
しかし、働く障害者はこうした分離施策を
「職域差別」と呼んでいます。



〔酷似している他社の差別事例〕

『元記事』; ここをクリック
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-26 00:42 | 就労後の聴覚障害者問題I

『元記事』(画像あり); ここをクリック


これは順天堂の人事部が、職場内障害者授産施設
(内視鏡洗浄室)で働く聴覚障害者だけに、
特別に作ったものです。

一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会が
創案した「耳マーク」を採用しています。


全難聴ホームページ「耳マークについて」
https://www.zennancho.or.jp/mimimark/mimimark/


これを、聴覚障害者の胸に装着させていました。
勿論、私もつけていました。
筆談ボードは私が持参しました。

ところが残念なことに、当初は現場の人は誰も
筆談はしませんでした。
そこで何度も苦情を伝えると、
ようやく現場責任者の中村清美主任と、
もう一人、K先輩だけが、
筆談をするようになりました。

もともとは、この二人は普段、聴覚障害者と一緒に
仕事をすることはあまりありませんでした。
主任は別の現場を見るのがメインの業務で、
K先輩もシフトが違うために、すれ違いになる事が
多かったのです。

反対に、いつも一緒に仕事をする障害者には、
聴覚障害者の他に軽度知的障害者、脳梗塞後遺症の人、
肢体不自由者がいました。
この人たちが、実は筆談が非常に苦手でした。
本来、この人たちが筆談配慮をすると思っていましたが、
実際はほとんどしなかったのです。
特に、知的障害者は筆談はほとんどできませんでした。
聴覚障害者も一人いましたが、この人もろう学校出身で、
筆談は全くしませんでした。
この人は聴覚障害者協会にも所属していなくて、
一匹狼のような存在でした。
そんな状況だったので、もともと筆談をする状況には
なかったのです。

これで「耳マーク」なんて、おかしいでしょう。
でも聴覚障害者全員に、無理矢理つけさせていたのです。
通路などでは、患者ともすれ違うこともよくありました。

これは、外部の人に見せびらかすためだったのでしょうか?

「順天堂医院は、障害のある方にも合理的配慮を実施し、
働いていただいていますよ」

と宣伝するつもりだったのではないでしょうか?
でも、これだけでは決して、合理的配慮でも何でもないのです。
「上手い口車」とは、こういうことを言うのでは?

とにかく、意味がなかったことです。
こういうのを「形式的合理的配慮」というのではないでしょうか?
とても残念でした。
騙された気分です。

これは、絶対にやってはならないことだと思います。
私は今でも、改善を強く望んでいます。
抗議をするのは当然だと思っています。



〔関連記事〕

『就労後の聴覚障害者問題G』
[ 2017-05 -08 21:00 ]




『事例;耳マークがあっても意味がない』; ここをクリック



『事例;知的障害者が書いた筆談の意味がわからない』; ここをクリック



『事例;先輩が筆談説明を面倒がったことで、問題になったケース』; ここをクリック

[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-23 23:01 | G.順天堂

==========================


求人票(パートタイム)(障)

受付年月日; 平成30年4月6日
紹介期限;   平成30年6月30日

求人番号; 11060-6827981


〔1.求人事業所名〕

事業所名; コストコホールセールジャパン株式会社 入間倉庫店

所在地; 
〒358-0014
埼玉県入間市宮寺3169-2


ホームページ; http://www.costco.co.jp/p/?lang=ja

Eメール; 



就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし


西武池袋線入間市駅からバス宮寺北 徒歩1分



〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)受付または清掃巡回または商品パック詰め

仕事の内容; 

(1)出入口でのお客様のお出迎えや会員カードの確認等の受付

(2)フロアの清掃、フロアの巡回

(3)食品のパック詰め、陳列

上記3つの業務のうち、ご相談させていただきながら、
お任せする業務を決定します。

(1)~(3) 各1名ずつの募集


雇用形態; パート労働者


雇用期間; 雇用期間の定めなし

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 1250円~1650円
基本給(時間換算額1250円~1650円)

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月682円まで)

マイカー通勤; 可

昇給; あり
(ベースアップ込みの前年度実績 時間あたり
60円~100円/時間又は  %~  %)

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生 確定拠出年金

退職金制度; なし

就業時間; 

又は4:00~21:00の間の5時間以上

就業時間に関する特記事項; 
週20時間以上の勤務

時間外; なし

休憩時間; 15分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; シフト制

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 5日
求人条件特記事項;
・契約期間は67歳以上の方は1年毎の契約の
 更新となります。

・週20時間以上の勤務になります。

・有給休暇、休憩時間は法定通り付与します。


〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 390人
就業場所;   390人
(うち女性;   180人)
(うちパート;  180人)

創業;  平成10年
資本金; 55億500万円
労働組合;   なし

事業内容;
アメリカンスタイルの会員制卸売クラブの運営。
継続して会員に高品質の商品とサービスを
最低価格で提供することを当社の使命としております。

会社の特長;
設立以来、当社はめざましい成長を遂げて、
現在全世界に115万人以上の従業員を抱え、
今後も飛躍的な発展をする出店計画を予定しています。

代表者名; 代表取締役 ケン・テリオ

定年制; なし
勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児休業取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週3~5日程度

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤 3人

選考方法; 面接

応募書類; ①履歴書(写真貼付)
②ハローワーク紹介状
求人者の責任にて廃棄


日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 電話

試用期間; あり(労働条件変更あり 90日間時給1200円)


〔備考〕
〈障害者設備〉
・エレベーター; 有
・階段手すり; 両側
・出入口段差; 無
・建物内車椅子移動; 可
・トイレ; 車椅子用
・エスカレーター; 有

従事していただく業務に必要な範囲で、
障害に関する情報を面接時等に
確認させていただきます。

紹介連絡; 昼休み可 土曜日可 夜間可


担当者;


氏名;
採用担当

TEL; 04-2935-2200
FAX; 04-2935-2223




==========================





ハローワーク専門援助第二部門に行っても、
これといった求人票は見つからないものだ。
なるべく、可能性がありそうな求人票だけを選択し、
窓口に持っていって相談しても、
ほとんどは応募条件
(聴覚障害者の可否)
を問い合わせた時点で、
ボツになってしまうものだ。

しかし、そんな中でも、今回は1件だけ、
興味深い求人票を見つけた。

ただしこれは、交通が不便である。
地元の人に限るだろう。

内容面ではさすが、ADA法があるアメリカの会社だけあって、
バリアフリー設備は抜群だ。

処遇も日本企業とは違い、能力重視・評価型のような
印象である。
仕事も3種類を用意しており、これならどれか一つには、
聴覚障害者も採用される可能性がありそうだ。
聴覚障害者の採用に是非、期待したい。
頑張れ!
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-22 22:17 | 就職活動・離職

==========================


求人票(パートタイム)(障)

受付年月日; 平成30年4月5日
紹介期限;   平成30年6月30日

求人番号; 13080-30832081


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 株式会社ダイナック

所在地; 
〒160-0022
東京都新宿区新宿1丁目8番1号
大橋御苑駅ビル7F

ホームページ; 

Eメール; 



就業場所; 転勤の可能性なし
〒160-0022
個室海鮮居酒屋 魚盛 新宿三丁目店
(新宿区新宿3-4-8)他、都内のグループ各店舗
※ 就業場所はご自宅から通勤可能な店舗
(相談により決定します)

JR新宿駅 徒歩5分



〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)食器洗浄・清掃等スタッフ

仕事の内容; 

★サントリーグループ

★自分のペースで仕事ができて働き易い!

・食洗機完備! 洗い終わった後に綺麗に
なっているか確認して戻すだけです。

・掃除機をかけたりテーブルを拭いたり
お店のオープン前準備のお仕事です。

・サラダを盛り付けたりしてもらいます。


雇用形態; パート労働者
アルバイト

雇用期間; 雇用期間の定めあり
3ヶ月
契約更新の可能性あり(条件あり)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 1000円~1000円
基本給(時間換算額1000円~1000円)

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月10000円まで)

昇給; あり
(ベースアップ込みの前年度実績 時間あたり
10円~30円/時間又は  %~  %)

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)10:00~15:30
(2)17:00~22:00

又は10:00~22:00の間の4時間以上

就業時間に関する特記事項; (1)(2)は参考例
就業時間は、週20時間以上で応相談。

時間外; なし

休憩時間; 0分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; シフト制

有給休暇は法定通り
求人条件特記事項;
※ 施設状況は就業場所により異なります。

※ 上記のほか、必要な合理的配慮については
申し出て下さい。

※ 雇止め規定: あり(社内規定による)

※ 土曜日の紹介連絡、面接は不可



〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 6000人
就業場所;   20人
(うち女性;   10人)
(うちパート;  18人)

創業;  昭和33年
資本金; 17億4162万円
労働組合;   なし

事業内容;
レストラン事業(フランス料理、イタリア料理、
日本料理店、また、パブレストラン、バー、
ゴルフ場レストラン等様々な業態の店舗を
全国に展開。約220店。

会社の特長;
サントリーグループの多業態企業であり、
売上高は370億円から380億円。

代表者名; 代表取締役 若杉 和正

定年制; なし
勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児休業取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週4日以上

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤 5人

選考方法; 面接

応募書類; ①履歴書(写真貼付)
②ハローワーク紹介状
求人者の責任にて廃棄


日時; 随時

選考結果; 14日後

結果の通知方法; 郵送 電話

試用期間; なし


〔備考〕
※ 業務遂行上の合理的配慮等の確認のため、
障害の状況(障害種別や程度)や配慮事項等を
可能な範囲で応募書類にご記入いただくか
お申し出ください。

* 勤務条件に応じて、法定通り有給休暇付与
及び各種保険適用。




担当者;
人材開発部 課長

氏名;
池松 竹志

TEL; 03-3341-4216 内線(6207)
FAX; 03-3352-4915




==========================





この会社の

>「★自分のペースで仕事ができて働き易い!」

って、何だ?!



ハローワーク専門援助第二部門職員に、
以下の点を聞いてみた。

私;
「聴覚障害者なのですが、応募可能かどうか、
電話で確認をお願いします」

職員;
「ぶつかるからダメだって」

私;
「・・・・?!」

読者の皆さんにも、こんな経験はたくさんありませんか?

当ブログでも、もうかなりたくさん、こんな事例を紹介しています。
代表的な例は、マクドナルドではないでしょうか。


『障害者雇用 - 日本マクドナルド株式会社』
[ 2015-04 -17 18:30 ]

「ぶつかるからダメ」というのは、すぐ近くに健聴者がいて、
ぶつかると迷惑になるからだというのだろう。
しかしそれは、「声をかける」という手段に頼ってしまうから
ではないだろうか?
ろう者の場合はどうやる?

私は、聴覚障害者ジョブコーチを一度だけ受けたことが
ある。
その時、ジョブコーチが就労現場の健聴者にアドバイスしたのは、
ろう者の身体のどこか(一般的には肩や背中)に触れれば、
ろう者も気づいてすぐにどいてくれる。
後ろを通る時、健聴者は「後ろを通りまーす!」と声掛け
をしてから通るが、ろう者に対しては声では通じないので、
別の手段を使うわけである。
この常識を知らないということは、
合理的配慮の方法を知らないのと同じだ。

ただ、マクドナルドの場合のように、

「両手で熱いものを持っている時には、どうするか?」。
それは、熱いものを持つ前にろう者に伝えるなどで、
工夫できるのではないか?
方法がないとは限らないだろう。


>「※ 上記のほか、必要な合理的配慮については
申し出て下さい。」


とは一体、何ですか?
飾りなのですか?
サントリー・グループの会社は、法律をナメているのですか?


知ろうとしないのか、それとも最初からやる気がないのか
わからないが、そうした無知、無関心によって、
ろう者は差別を受けているのだ。
これはもう、我慢がならない。

ただ、ろう者にはそれが当たり前になっていることでも、
健聴者には健聴者の感覚というものがある。
この場合は特に、異性間だと相手の身体のどこかに
触れるというのは、結構抵抗感があるらしい。
このハードルには、どうする?

健聴者の全ての人が、その方法に快く協力してくれるとは
限らないだろう。
やたらと触るのも、今話題になっているセクハラと
受け取られかねない。
お客様に見える場所で、それをやるのも「誤解」を
招きそうだ。
解決案を示してもきっと、また新たな問題も起こりそうだ。


ハローワークも企業が合理的配慮を実施しているかどうか、
チェックしたわけではない。
法律ができた後でも、こんな状況はまだまだ続くだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-22 07:02 | 就職活動・離職

潜入就労レポート(1)

みん評
デリバリーバイト評判ランキング
『■■■■のアルバイトの口コミ・評判』




『潜入就労先の求人票』; ここをクリック



この求人票には、こう書いてある。


>「〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)直営店の各店舗での軽作業

仕事の内容;
〈主な担当業務〉
・洗い場
・店舗内の清掃
・薬味の作成
・お弁当の盛り付け
・受注業務

※上記業務すべて行っていただく必要はございません。
  適性に応じてお任せします。」



>「〔備考〕
【応募書類等】
業務遂行上の配慮等のため、障害の状況や
配慮事項等を可能な範囲で応募書類に
記入またはお申し出下さい。

必要な合理的配慮については、ご相談ください。」



これを読むと、いかにも

「当社では個々の障害者に対して、適切な配慮をしますよ」

という、優しいイメージに聞こえてくることだろう。
だが、それはその人のとんだ勘違いだ。

この文言は障害への配慮をするために
書かれているのではない。
(「表向き」にはそうなってはいるが)

おそらく、ハローワークが

「書きなさい」

と指導しているから書いたに過ぎないのであろう。

過去に日本政府が国連・障害者権利条約に署名、
そして批准した流れで、
少なくとも「形式的平等」には踏み切らなければ
ならなくなったからである。
これで「実質的平等」になったわけではない。

その実態(証明)を、これから筆者が暴露する
ことになる。
『潜入就労レポート』によって。


応募者に本人の障害を、出来るだけ詳細に書くよう
求めた最大の理由は国際条約だが、
その他にも、もう一点ある。

この文言を求人票に載せることによって、
応募者の弱点を探り出すことが目的である。
つまり、本当は障害への配慮が目的ではなく、
人事の障害者採用担当者が採否判定を
しやすくするためだ。
その材料にされているだけに過ぎない。

例えばこの企業の求人票の場合だが、
仮に片足が義足などで不自由だったりすると、
おそらく不採用になってしまうだろう。
「業務に耐えられない」という理由で。
(勿論、これも表向きにはそう言わない)

なぜなら、実際の仕事内容には、
この求人票に含まれていない(書かれていない)
重労働もあるからだ。
本当は、障害者にそれをやってほしいから、
障害者雇用に乗り出したようなのだ。
狙いは、聴覚障害者。


『障害者の潜入就労』
[ 2018-03 -11 18:00 ]



彼らは、耳が不自由だというハンディはあるものの、
五体満足なので重労働にも十分耐えられる人がいる。
そんな稀な重度障害者だと言える。

実際、現在は6人ほどの聴覚障害者を雇用して
いるらしい。
いや、この求人票だけでも採用者の予定数が
5人なのだから、それも合わせたらもっと
増えている可能性が高い。

ただし、多分、聴覚障害者であっても高齢者とか、
女性の場合は採用しないだろう。
女子プロレスラー練習生とかなら、
それでも十分にやれそうだが。

求人票の〈仕事の内容〉には書かれていないが、
聴覚障害者を積極的に採用している人事担当者の
メール文の一部を、特別に公開しよう。
これが、動かぬ証拠となるからだ。



>「◇時給   1000円
◇仕事内容 洗い物、舎利炊き、舎利だし、
冷凍のパック出し、店内清掃、薬味盛り付けなどです。
◇仕事時間 10時~17時(休憩1時間)
 土日は可能な限り出勤お願いしたいです」



メール文には「舎利炊き」とある。
この仕事は重量モノを扱う仕事である。
(求人票には書いていない仕事であることに大注目)

これ以外に障害者がやる仕事といえば、
シャリ出し(器械から出たシャリをトレーに並べる)、
洗い物や薬味・漬物の準備、
解凍食材のパック詰め作業、
清掃ぐらいしかない。
それだけでは総労働時間にして3時間程度に
しかならない。
だから週20時間以上の労働時間
(法定障害者雇用率にカウントされる規定労働時間)
をクリアできない。
だから、「舎利炊き」を含めなければ、話にならないのである。
(会社の希望としては)

「舎利炊き」は洗米(米研ぎ)→炊飯→舎利酢合わせ、
という手順で進め、米だけでも4kg、あるいは6kgの量で
作る作業となる。
水も含めるとそれぞれが約10kg、13kgにもなる。
シャリを作る機械のドラムも5kg以上はある。
さらに、20kgもある米袋を何袋も運ぶ仕事もある。
だから、総重量が20kgを超えるモノでも軽く扱えなくては
出来ない仕事である。
その上、合間に洗い場に溜まった洗い物も、
一人でやらなくてはならないので、
スピードも要求される。
この仕事を障害者にやってほしいのが、
この企業の本音なのだ。
その選考基準をクリアできるかどうかが、
採否判定になる。
それが出来る障害者というのはおそらく、
聴覚障害者や精神障害者、人工透析者ぐらいしか
いないだろう。
聴覚障害者ならば、
半日で米70kg以上の舎利炊きを一人でした、
という猛者(ろう者)もいる。
このろう者は、1日140万円の店舗売上に貢献している。

それは高温多湿の職場環境での一人作業なので、
汗も相当かく仕事である。
健常者は誰も手伝わず、
涼しい作業場で皆と楽しくおしゃべりをしながら、
舎利にネタを乗せて握り、盛付けるだけである。
健常者は「メイク」(調理)という仕事なのだが、
障害者はやらせてもらえない。
だから、この状況は明らかに「差別」としか思えない。
そうなったのは、おそらく、
健常者でも障害者の仕事だと、
誰もやりたがらないからなのだろう。
給料に見合わない重労働ということで。
その証拠にこの店舗も、離職者が非常に多いのである。


このようなわけで、裏情報がわかると、
障害者も大変なんだな、ということぐらいはわかって
もらえるのではないかと思う。
世の中では

「障害者雇用は甘い!」

なんて見方をしている健常者がいるし、
実際にそういう場合も少なくないのだが、
そんな中でもこんなふうに、企業に騙されていても
我慢して働くしかない運命にある障害者だって、
いるのである。

この企業についての驚くべき情報はまだまだたくさんあるが、
今回はもう長くなったので、それは今後載せることにしよう。




〔関連記事〕

カテゴリ『就労後の聴覚障害者問題I』
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-20 23:30 | 就労後の聴覚障害者問題I

今日もこの企業の売れ残り求人票がいっぱいだった!

ある店舗の店長が

「障害者は要らない」

と言った店だ。
障害者からも、評判が悪いのかな?

『この企業の求人票』; ここをクリック


某有名パチンコ店もあった。
ここは東京地域の旗艦店なのだが、
障害者雇用には苦戦している。

『この企業の求人票』; ここをクリック


その他に目立っていた売れ残り求人票は、
ワタミフードサービスだった。
未だに「ブラック企業」のレッテルから、
逃れられていないのだろうか?
ワタミも障害者を本気で採用する気はないのに、
なせこんなに求人票があるのか?
ハローワークのヤラセなのか?


現在の障害者枠求人票はかなり多そうだ。
しかし、仕事を探しにやってくる障害者は、
今日も意外に少なかった。
もしや、諦めているのだろうか?

確かに、それもわかる・・・・。
[PR]
by bunbun6610 | 2018-04-20 22:55 | 就職活動・離職

ある聴覚障害者から見た世界