<   2015年 04月 ( 64 )   > この月の画像一覧



はなろぐ hanalog.com
『俺は障害で生まれ、いじめに耐えかね、
「死にたい」と手話した時、
突然先生の鉄拳がとんだ』

〔2015年01月18日14:20〕




「そして次の言葉は俺に衝撃を与えた。

「君は不思議に思わなかったのかい。
 君が物心ついた時には、
もう手話を使えていた事を。」

たしかにそうだった。
俺は特別に手話を習った覚えはない。
じゃあなぜ・・・

「君の父親は僕にこう言ったんだ。

声と同じように僕が手話を使えば、
この子は普通の生活を送れますか


 驚いたよ。」



テレビドラマや映画にもなりそうな、
感動的な話ではないか。

親を恨んでしまうこともある青年期を送った、
先天性聴覚障害者は少なくないと思う。
勿論、誰だって自分の親を恨みたくはない。
でも、やっぱりな・・・。


〔関連情報〕

『難聴者の世界 - 同障者が涙流さずにいられない手記』
〔2014-03-17 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-02 23:06 | ろう者世界

『あしたのジョー』
(高森朝雄/原作、ちばてつや/画)



『あしたのジョー - Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC




昭和の人気漫画に『あしたのジョー』というのがある。

絶大な人気があったボクシング青春マンガで、
物語の最初はライバルの力石徹との死闘に
なっている。

驚くのは、力石はジョーとの試合終了直後に
死ぬということだ。
それでなぜか、マンガの読者まで、
力石の葬式に大勢参列した、
という珍事が起きた、ということだ。

やっぱり、あの力石という男がいなかったら、
ジョーの物語もあそこまで展開していかなかった
に違いないし、ライバルとして、男として、
すごいオーラがあったと思う。


でも、私個人で最も印象に残っているのは、
力石亡き後に登場する、カーロス・リベラという
選手とジョーが試合をし、ジョーが完全復活する
までの物語だ。

誰だって、自分との試合で相手選手が死ねば、
それは大変な精神的ショックを受けるだろう。
ジョーもそれに一人では耐えられず、落ちぶれて
いってしまう。
そこは一種の“心の病”にかかった状態であり、
障害者心理とも共通点がある。

だから、そこのところから読んでいて、
他人事ではないように思えていた。

そんな時期に、ジョーは来日したバンタム級
世界ランカーのカーロス(ベネズエラ)と出会う。
カーロスは、ジョーの試合で挨拶をし、
上位選手から握手をしようとするが、
野生の嗅覚でジョーのほうが上だと勘違い
してしまう。

カーロスは、ジョーを一目見た時から、
彼の方が実力者だと見抜いていたのだ。

その出会いから始まるジョーの復活劇は、
障害者の心にも響くものがあった、と思う。

カネでも名誉でも権威でもなく、ただ目の前に
現れた真のライバルと、燃え尽きるまでぶつかり
合おうとする姿は、私の精神的成長にも影響を
与えていた。

だから、それが社会人になっても消えることなく、
料理人やパティシェの厳しい世界でも生き抜こう
とする、原動力の一部になっていた。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-02 18:30 | 聴覚障害者版サムハル

通訳者の仕事



日本手話を楽しもう
『通訳者の仕事』
〔2015-03-19 10:00:00〕





先日、Eテレ『ろうを生きる 難聴を生きる』
というテレビでもあったが、
医師の藤田保氏(中途失聴者)は、聴覚障害者外来
に力を入れている。


『“働く”を見にいこう! 聞こえない医師・藤田保さん』
(医師 藤田 保 琵琶湖病院)
〔2015年3月29日(日) [Eテレ] 午後7時30分~7時45分
[再放送] 2015年4月3日(金) [Eテレ] 午前11時45分~〕





手話通訳者に話し言葉そのものを通訳してもらう
だけでなく、健聴者医師が診る場合と同じように、
音の情報も詳しく伝えるように、手話通訳者に
依頼している、という。

どういうことかというと、患者の声の調子とか、
話しぶりなども、患者の状態をチェックするための
情報として、貴重なのだという。

声の調子(抑揚など)が落ちついているのか、
いない様子なのか。
興奮しているのか、いないのか。
怒った口調なのか、穏やかな口調なのか。
静かな口調なのか、落ち込んだ口調なのか。

話し言葉をそのまま訳すだけでは不十分で、
そんな情報が健聴者医師には何となく分かっても、
聴覚障害者医師にはわからないのではいけない、
という話だった。


同じような話を、以前にも他の聴覚障害者からも
聞いたことがある。
その人も、中途失聴者で、ライターの仕事の時、
パソコン要約筆記を利用していた。
インタビューする相手の言葉を通訳するだけではなく、
周囲の音情報から分かる雰囲気も伝えてほしい、
と通訳者に要望していたそうだ。
やはり、音の世界を知っている中途失聴者ならでの
心配りだろう。

「自分は聴覚障害者だから」

で済ますのではなくて、健聴者ともフェアに、
そして自分は失聴前と変わらずプロとして、
その仕事をやり遂げたかったのだと思う。

そんな話もあるのである。


私も会社面接で、手話通訳者を利用する。
その事前打ち合わせをした時だった。



「今日の面接では、私は話すことができるので、
あなたは会社の人が話した時だけ、私に手話通訳を
して下さい。
ですから、私の隣に坐るのではなく、できるだけ
面接官の隣で手話通訳をして下さい。
面接官の質問に私が答える時は、読み取りの通訳は
要りません」

手話通訳者
「わかりました。
でも、もし面接官が聞き取りづらい様子だった場合は、
私が読み取り通訳もします」


「そうですね。
ではもしも、面接官が聞き取りにくい場合は、
私も手話をしますので、読み取り通訳もお願いします」

手話通訳者
「わかりました」


こういうこともある。
こういうことは、互いの信頼関係の上に
成り立っている。

大切なのは、通訳者が利用者の主権侵害を
しないことだ。
主権はあくまでも、利用者にある。
通訳者も人間として対等だが、通訳者の仕事や
決定権が、利用者より上(先)になってはいけない。


まれにではあるが、相手から音声があるのに、
通訳者が通訳せず、二者で音声会話をして
しまっている場合もある。

確かに、相手の健聴者が私にではなく、
手話通訳者に聞いていたのだから、
それでいいのかもしれない。
どうせ、私には関係のない話だったからだろう。
だが、それでいいのだろうか。

耳の聞こえない人が、自分の目の前で、
耳の聞こえる人同士で好き勝手に話しているのを
見たら、どう思うだろうか。
それが自分の依頼した通訳者がしていたら、
どう思うだろうか。




ちなみに、通訳者の心構えとして、下の言葉も参考
にならないだろうか。


「うまい字幕というのは、最後まで字を読んだという
意識を観客に抱かせないもの。
もし字幕に意識がいくなら、それは字幕が下手なの。
だから、字幕をやって

『どうだ、うまいだろう!』

と思うことはないですね」

『戸田奈津子、通訳を始めたきっかけは
映画評論家の故・水野晴郎さん』
〔2014-12-09 21:25〕




これは字幕翻訳者の事例だが、
手話・要約筆記者でも、
同じなのではないかと思うが。

上手い手話・要約筆記通訳があるとしたら、
多分、こういうものなんだろうな、と思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-02 01:09 | 情報保障・通訳

『包丁人 味平』
(原作:牛次郎、漫画:ビッグ錠)


『包丁人味平 - Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%85%E4%B8%81%E4%BA%BA%E5%91%B3%E5%B9%B3




当ブログ

『聴覚障害者にできる仕事』
〔2012-01-18 22:25〕



では、私は最初、料理人になってみたが、
その後、パティシェへ転向したことを述べた。

では、最初に「料理人になりたい」と思った
理由は何だったか。

ハッキリした理由はなかった。
ハッキリしていたのは

「料理なんて女がやるものだから」

と思っていたので、最初は職業にするなどとは、
全く思ってもいなかった。

それでも、料理に目を向けたのは、
やはり聴覚障害があると集団社会では
相当の心労が続くことは明らかで、

「サラリーマンは絶対に向いていない」

と分かりきっていた。

それで

「若いうちに手に職を持って、
独立して一人でやってゆけそうな仕事がいい」

と思っていた。

そうすると、料理人の世界にも目を
向けざるをえなかった。
聴覚障害ゆえに、自分の選択肢は最初から
限られていたからだ。


それともう一つ、子どもの頃に読んで
面白かったマンガに

『包丁人 味平』

というのがあった。
これが意外と面白かった。

その理由は、読んでいくと料理の秘密が
次々とわかり、その奥深さに魅せられたから
だろう。
聴覚障害者はどちらかといえば、
やはり読書よりはマンガを読むほうが、
理解が断然早い。
それでマンガの方が断然分かりやすかった、
ということもあっただろう。

その影響もあってか、自然と

「料理人もいいかな」

と思ってしまったのかもしれない。

それと、食べることは全ての人間の基本的欲求
だけれども、それだけではなくて、聴覚障害者にも

「美味しいものは美味しい」

と素直に喜べるものであった。
そんな単純明快さも、魅力だったのだろう。
その点にハンディキャップはなかったとも
感じていた。

昭和の頃に料理人を目指した人は『包丁人 味平』
の影響を受けて、その道に進んだ人もいたと思う。


このマンガの登場人物のセリフで、
今でも強い影響を受けるものに、
例えば次のものがある。


「料理にとって一番大切なものは何ですか?
それは・・・味ですよ! 味!」
(団 英彦『勝負! 包丁試し編』P345~347)


「包丁人の世界にはな、師匠もいなけりゃ
弟子もいねえ。
つまり、誰も料理を教えてくれる者なぞ
いねえってことよ・・・。
そこにあるのは料理って技術を盗む者と
盗まれる者だけだ。
いかにして先輩の技術を盗むか、
それがすべてだ。
しかも、ベテランにとっては自分たちの
料理法を盗まれるということは、
自分たちが後輩に追い抜かれるもとになる。
だから先輩たちは絶対に料理法を後輩には
教えない。
いや、盗ませないのだ。」
(北村チーフ『勝負! 包丁試し編』P422~423)


「料理ちゅうもんは、新しい時代の流れに
沿って生き続けていくもんや。
そやから、若者には若者の世界の料理が
あるはずや!」
(五条流宗家 神林道風『勝負! 闘六味編』P160)


「包丁人の舌は、料理を作る舌や!
味わう舌じゃない!!」
(五条流宗家 神林道風『勝負! 闘六味編』P183~184)

「包丁人の舌は・・・作る舌!
そうか、料理には作る舌と味わう舌とが
あったのか!!」
(塩味味平『勝負! 闘六味編』P183~184)


「素人舌は白黒がはっきりしとる!! 答えはふたつ!
うまいか? まずいか? だけや。」
(五条流宗家 神林道風『勝負! 闘六味編』P187)




今でも色褪せることのない、どれも強烈な
インパクトがある言葉ばかりではないか。

私も味平が目指したことと同じく、
料理でも菓子でも、一貫して味重視のものを
作るように心がけてきた。

また、この世界では技術とは教えてもらうもの、
というより、盗むものだということも知った。

調理場、パティスリーにいるのは、同じ職場で
働く良き仲間ばかりではなくて、いじめてくる
ライバルも必ず、どこにでもいた。

そういう環境の中で、自分も味平と同じように
やってやろう、という気になった。

この世界は、決して綺麗事ばかりではない。
だから、このマンガからも、非常に大きな影響を
受けたのである。

自分が味重視の食べ物を作れる達人を
目指したのは、まず最初には、
この『包丁人 味平』のことが記憶にあり、
その影響を無意識に受けていたことも間違いない、
と思う。

例えば、味平はライバルの団英彦が総料理長を
務めているホテルに潜入就職する。
味平はその頃に、団に命じられて、
総料理長の部屋を掃除する。
その時に味平は団の罠にかかり、
団の書斎にあったレシピの内容を盗む。
このようなドブネズミみたいなことは、
私も実際にやったことがあるし、
この世界で修業する見習いの多くは、
実際にやっていたのである。


「やるか、やられるか」

「やらなければ自分が損するだけ」


というのが、この世界だ。


また、味平がこの物語で解き明かしていった
料理の秘密は、後に私を小野正吉(ホテル
オークラ元総料理長)、村上信夫(帝国ホテル
元総料理長)、弓田亨(ラ・パティスリー・イル
・プルー・シュル・ラ・セーヌ)らの著した本へと
導いていった。



フード・ラボ(柴田書店)
『若いうちに外に出なければいけない』
〔村上信夫氏(東京・元帝国ホテル料理顧問)〕




フード・ラボ(柴田書店)
『犬はチャンづけ、私は呼び捨て』
〔小野正吉氏(ホテルオークラ東京初代料理長)〕



フード・ラボ(柴田書店)
『素材への豊かなイメージ』
〔弓田 亨氏(イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ オーナーシェフ)〕




当時あった、これらの人の本には、
料理の完成写真はあっても、作り方のコツは
文章だけで、今のような写真もイラストもなかった。

しかし、それでもこれらの本は、この世界で
修業する者が何に着目し、どのようにメモを取る
べきかを教えてくれた。
それが「盗むコツ」の一つなのだ。
そして、それが中学時代の恩師に読書と日記で
鍛えられた文章力と融合し、大いに役立っていった。

同じ聴覚障害者ではあっても、私とろう者とが
大きく違うのは、ここにあると思われる。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-01 18:30 | 聴覚障害者版サムハル