蒼穹 -そうきゅう-

<   2013年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

聴覚障害者が、会社面接で落ちる理由

障害者雇用の会社面接って、
自分では落ちた理由がよくわからな
かったとしても、やはり落ちる理由は
あるのだと思います。

以下、聴覚障害の私の経験で、
思ったことを書いてみます。

落ちるにしても、受かるにしても、
幾つかの会社に共通点があると思います。

それは会社の聴覚障害者雇用の考え方で
左右されている、と思います。
その会社の、聴覚障害者雇用実績が
反映されている、ということでもあります。

例えば、精神障害者の雇用実績が良好な
会社があったとします。
その会社では、精神障害者を雇用する
ノウハウがある、ということであり、
それがあれば連鎖的に、
次々と精神障害者を雇用していくでしょう。

うまくいけば、そうなるのだと思います。(※1)


(※1)精神障害者雇用の事例がこれでは
ないか、と思われます。

『和風会 所沢中央病院 障害者雇用の
取り組みについて聞く』

http://www.atarimae.jp/crosstalk2/02/article.php



聴覚障害者でも原理的には同様、
だと思われます。

私は聴覚障害者ですので、会社面接にいくと、
聴覚障害者として聞かれることをよく知っています。
どの会社でも、聞かれることに大差はありません。
ですから、それが聴覚障害者との面接での
質問パターンになっているのだと思われます。

そして、落ちた会社と、受かった会社とでは、
聴覚障害者との対し方が、
明らかに違っているのです。
両者には聴覚障害者雇用実績の良し悪しも
出ています。
そこで、聴覚障害者に向いている会社、
向いていない会社に分かれるのだと思います。

両者を比較する意味で、その詳細を書いて
みます。


≪聴覚障害についての理解度の差がある≫
落ちる会社では面接で「耳の障害について」を、
必ず聞いてくる。

一方、受かった会社では、これは必ずしも
聞いてくる質問ではない。
聞いてくる場合もあるが、確認程度です。
なぜなら、応募者が聴覚障害者だと初めから
知っていて、手帳の等級を見て大体理解して
いるから。
だから、わざわざ聞いてくることもない。

しかし、落ちる会社では、応募者の聴覚障害が
どの程度なのかを、見極めようとして面接を
設定している。
そこで聴覚障害の程度を、しつこく探ろうとしてくる。
以前に働いていた会社では、コミュニケーションの
仕方はどうだったのかなどを、延々と聞いてくる。
そこでもし、何か少しでも不安要素が発見されれば
採用しない、という方針のようです。

勿論、このような会社では、職場での聴覚障害の
克服方法など提示できない。
企業がわからないことは、提示できないのだ。

一方、受かった会社では、そんな探りは入れて
こない。
会社は聴覚障害者の雇用を真剣に考えている、
というスタンスなので。
当然、障害についての克服方法も知っていて、
双方で解決していこうという姿勢がある。


≪障害の配慮に対する考え方があるかないか、の差≫
落ちる会社では

「あなたの障害では、どんな配慮をしてほしいのか?」

ということも、必ず聞いてくる。
そして、こちらが筆談や手話によるコミュニケーションを
挙げると、受かるのは稀であった。
この質問は、受かる会社でも当然聞いてくるが、
両者では違う点がある。
落ちる会社では、聴覚障害者を落とすだけ。

一方、受かった会社では、合理的配慮は当然だからする、
と採用前に約束してくれる。
この違いはなぜなのかというと、理由があるらしい。

落ちた会社では、まだ聴覚障害者を雇用したことが
ないとか、あるいは過去に聴覚障害者がいたことが
あるが、今はいない、という。
この会社では以前から、聴覚障害者雇用がうまく
いっていなかった、
と推測される。

一方、合理的配慮をすると約束してまで、
聴覚障害者を採用する会社は、
現に聴覚障害者が働いている、という。
それで、実際に聴覚障害者雇用がうまくいっている、
と推測される。
実際に面接段階でも、手話・要約筆記通訳を
積極的に利用する姿勢が見られ、場合によっては、
面接官が自ら筆談をしてくれる場合さえある。
このような会社では、すでに聴覚障害者が
在籍していて、職場でもそのようにしていると
推測される。

この違いが、聴覚障害者雇用の明暗を分けて
いるように思える。

主にこの2点の違いが、面接での聴覚障害者
採用の明暗を分けている、のだと考えられます。

障害者の仕事をする能力を見極めている、
という問題ではありません。

応募者である聴覚障害者の能力以前に、
企業が聴覚障害者を聴力や、
音声コミュニケーション能力への適応力で
差別をしている、ということです。

聴覚障害者雇用であっても、音声コミュニケー
ション能力にこだわっているか、そうでないかの
違いが、企業の聴覚障害者雇用の考え方を
左右しているようなのです。


【落ちた会社の面接例】

以下は、アマゾン・ジャパン株式会社の事例より。

会社;「コミュニケーション方法はどうしてきたの?」

私;「聞き漏らしてしまったり、
聞き間違えてしまうこともあるので、
大事なことは筆談で伝えてもらうように
しています」

会社;「(突然、話を変えて)もしも、後ろから
呼ばれた場合、どうするの?」


(聴覚障害者に、こういう質問をすること
自体が、おかしいと思うのだが…。
この面接官は、わざと意地悪な質問をして、
単に欠点探しをしているだけ、
のように思える)


私;「後ろから呼ばれても聞こえなかった場合は、
仕方がないです。
気づいてもらえる方法で呼んでもらいます。
例えば、近くまで来て、肩を叩いてもらうとか、
回りこんで視界に入ってもらってきてから
呼んでもらう、とかです」

会社;「ふ~ん…。(考え込む)」

私;「貴社では、今までに聴覚障害者を雇用して
いましたか?」

会社;「過去にはいたけど、今はいない」

私;「その聴覚障害者は、なぜ辞めたのでしょうか?」

会社;「わかりません」



【受かった会社の面接例①】

私;「補聴器を使って聞こえる場合もありますが、
それでも充分には聞こえませんので、
大事なコミュニケーションには筆談をしていただく
と確実です」

会社;「それは、わかっています。
当社には既に聾(ろう者)の聴覚障害者がいて、
彼は聞くことも話すことも全くできませんが、
一緒に働いています。
ですから、心配いりません」


本当は面接対策での障害やその克服方法の
説明に苦心するよりも、
聴覚障害者に理解のある会社を探すほうが、
採用率はずっと良くなると思われます。

しかし、そういう会社は、まだごく稀なのです。



【受かった会社の面接例②】
通訳なしで補聴器装用で臨む場合、
面接官の話を完全に聞き取ることは難しい。
しかし、面接官の話し方によっては、
話の内容がわかる場合もある。
この場合は聴覚障害者にとってチャンスだ。

耳の障害のことを確認してくるとき

「今の声、聞こえますか」

「このくらいなら、聞こえますよね」

こう話しかけてくる健聴者は多い。
これなら、誰でもわかる。
口を読むのも簡単なので、
聞こえない聴覚障害者でも

「わかります」

と言える。
聞こえの不具合はなるべく隠したり、
サーナの面接アドバイス(※2)でもあったように、
適当にごまかすのが利口だ。


(※2)当ブログ

『難聴者の会社面接対策(2) サーナの面接アドバイス』
〔2011-07-06 20:37〕


参照。



もし、聞き取れない部分があったとしても、
とりあえず

「あなたの今言ったことは、要するにこうですね」

という感じで尋ね返してみるとよい。
推測でも大体当たっていれば、相手は

「よし、この人は聞こえているんだな。
これなら大丈夫だろう」

と勘違いしてくれます。
これを利用しない手はない。
そもそも、聴覚障害者だということは面接官も
わかっているのですから、
話の内容はある程度でもわかれば大丈夫です。
これは私がよくやる、聴力ごまかしのテクニックです。

自分がわかりそうなところだけ言えばいいのです。
わからないことまで一生懸命推測して言うと、
ボロが出てしまいます。

ごまかして入社できたとしても、
後で苦労するのですが、
人事部の人のお世話になるのは、
大抵は入社までです。

配属先の人とは対応を変えて、
自分も障害への理解にきちんと努力して、
配慮を求めればいいのです。(※3)


(※3)当ブログ

『障害者ジョブコーチ(職場適応支援者)の募集案内』
〔2012-10-22 18:00〕


参照。

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-05 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A

講演会・シンポジウム「障害者自立支援法から障害者総合福祉法へ」

障害者総合福祉法 ―国連・障害者権利条約の批准に向けての、
国内法整備へ。

講演会・シンポジウム「障害者自立支援法から障害者総合福祉法へ」

開催: 平成23年10月22日
場所: 船橋市役所11階大会議室


http://www1.ocn.ne.jp/~flatcome/web/file/111022_02.doc


>「障害者や高齢者を社会の弱者やお荷物と見なさず、
社会参加と社会貢献が出来る社会に。」


>「障害者や高齢者を弱者と位置づけ社会的保護等を
提供せんとするのは間違い。
  →多くの市民が無力化・依存化に。」



私も同感です。
高齢者も障害者運動に共感し、入ってきたようです。
国連・障害者権利条約が、障害のない人たちの、
今までの考え方を変えようとしているのだと
思います。

当ブログの、下の記事を思い出します。


『障がいは、特別なものではない』
〔2011-10-13 21:22〕


『障害イコール恥という感覚』
〔2011-10-22 19:27〕



そしてさらに、次のことも思い出さないだろうか。

手話カフェ『Sign with Me』の柳店長(ろう者)の言葉だ。


「“社会的弱者”といわれる人でも実は社会環境によって抑圧されている
だけで、環境さえ整えれば実力は発揮できる場合が多いそうなのだ。
「ただ、『自立している』とされている障害者はたくさんいますが、その実、
“持つ者”(健常者と言われる人たち)の都合範囲内での自立がほとんど
なんですね」
(柳店長)

持つ者の都合範囲とは、単純にいえば福祉制度のことを指す。
また、その福祉制度内だと「してあげる、してもらう」という依存関係に
なりやすいし、それはその依存関係の中でしか自立出来ないという
意味でもある。
これでは本質的解決にはならない。
また“持たない側”がイニシアチブを取って社会環境を整えていくことが
大事にもかかわらず、やろうとする人は少ない。
これを柳店長は「福祉漬け」と呼んでいる。」

当ブログ
『公用語が“日本手話”と“書記日本語”のカフェ』
〔2012-05-15 22:33〕
より、引用。



福祉漬けでは、絶対に社会的弱者の根本解決にはならない。
健常者だけでなく、障害者の権利も守ることが重要なのだ。


(NPO)千葉県中途失聴者・難聴者協会 副理事長 外山徳子氏
の提言もあります。
「デシベルダウン運動って、何?」と言う一般人は多いと思う。

>「デシベルダウンして障害者として認定するかではなく、
人とみなして会話を成立させるためには、
聞こえない人だけが負担を強いられるものではなく、
理解をしてもらった上で、周囲の人が聞こえない人に接する。
そういう状況がもっと増えて欲しいというのが願いであり、
主張である。」



でもこれって、本当は

「デシベルダウンして障害者として認定するかではなく」

ではなくて、

「デシベルダウンして障害者として認定するだけではなく

の間違いではないだろうか?

というのも、デシベルダウンをしなかったら、例えば、
障害者手帳を取得できない難聴者は就職できにくい、
という問題も社会に残ったままになってしまうでしょうから。

理想的な人間社会とは、障害者のための特別な制度や、
極端に言えば障害者手帳すら要らなくなるような、
誰にでも必要な合理的配慮がいつもそこにある、
平等で暮らしやすい社会だ、
ということだとは思いますけど…。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-04 18:30 | 国連・障害者権利条約

聴覚障害者の仕事

当ブログの

『聴覚障害者にできる仕事』
〔2012-01-18 22:25〕

は、よく検索されているようです。

それ以外に、聴覚障害者はどんな仕事に就けるのだろうか?

そんな問いに対する答え、実例になっているのが、
下の情報だと思います。

http://www.joy-c.com/jirei/cat105/cat113/
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-04 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A

日本の人事部 障害者雇用の現状と対策

日本の人事部 障害者雇用の現状と対策

https://jinjibu.jp/article/detl/service/79/

古い情報だけれども、これって、
企業の人事部などが読む情報ではないでしょうか?

法定雇用率未達成企業に対する厚生労働省の指導方針も、
載っています。
やはり”アメとムチ作戦”です。

働きたいという障害者を、企業に紹介する会社も
増えています。




日本の人事部
『障害者雇用について』
〔2005年6月〕

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-03 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A

日経ビジネスにみる、障害者雇用戦略

ユニクロの障害者雇用

前編 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100628/215166/?rt=nocnt

後編 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100707/215305/


日経ビジネスの「障害者雇用」関連記事には、次のようなものも…。


==========================


http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100325/213601/

「障害者が輝く組織が強い
障害者を「戦力化」できている企業は稀なのが現状だ。
多くの企業経営者や人事担当者にとって、
障害者雇用は

「渋々ながら取り組んでいる義務」

あるいは

「やむを得ず支払っている社会コスト」

というのが本音であろう。

だが、「障害のある社員」が生産や販売、顧客対応、
さらには商品企画・開発の現場で、
「即戦力」として企業に貢献しているケースは少なくない。
「なぜ、彼らはうまくやっているのか?」。
本コラムでは、障害者雇用の最前線の取材を通じて、

「企業におけるダイバーシティ=人材力を最大限に
発揮する経営」

の真髄を探っていく。」


==========================



私も、いろんな会社で働いてきたが、本当のことを言おう。
今までに退職した幾つもの会社から

「辞めないでほしい」

と言われました。

障害者が自分一人だけの職場で、
健常者に混じって働いていても、
そう言われたのです。

もしも自分に実力がなければ、
そんなことは言われなかっただろう。


「辞めないでほしい」

と、私にお願いしてくる健常者たちは、
私が入ってきたばかりの頃の、
少し不安そうな様子とは、
反対の表情になっていました。

しかし、会社の、現場を知らない上の人は、
私のことも、職場のことも全く理解していなかった。
雇用条件等の悪さは、改善してもらえなかった。
だから辞めることに決めたのである。
それに、私は仕事でも上を目指したかったから。

「障害者だから」

という甘えは、持っていないつもりである。

会社では、障害者のことを全然知らない人間が、
障害者雇用の実権を握っていた。(※)

(※)この理由として考えられるのが、
上に述べているように会社が

「やむを得ず支払っている社会コスト」

と考えていたり、
障害者雇用助成金が目的だと考えられる。
だから、この記事を取り上げているのである。
言うまでもなく、これはおかしい。



「障害者だから無理」

とか、

「問題が起きたら困るから」

とかということばかり気にして、
障害者にはずっと単純労働ばかりさせている企業が、
非常に多い。
職域差別だと思った。

障害者が

「健常者と同じように、もっといろいろな仕事をしたい」

と言っても、やらせてくれないのだ。
これは、当ブログ

『難聴者の会社面接対策(7)
 面接で聴覚障害者が落ちた例』
〔2013-01-02 18:00〕

に出ている住金物産株式会社の例でも、
同じだろう。

もし障害者の仕事内容を知りたければ、
健常者もハローワーク専門援助第二部門に行ってみるとよい。
コンピュータで求人票を見ることができます。

コンピュータにはまず、いろいろな枠の求人票がありますから
「障害者枠」を選択します。
(「一般枠」も見れます)
後は、条件(年齢〔求人票は「原則、不問」となっているが、
適当に入力することが必須〕、勤務地、給与額など)を
適当に入力して、「検索する」のボタンをクリックすれば、
誰でも見ることができます。
例外的に非常に高いスキルが要求される職種も、
稀にはありますが、ほとんどの求人票を見て

「障害者は、何でこんな簡単な仕事ばかりなのだろうか?」

と、疑問に思うことだろう。

ちなみに、当ブログ

『聴覚障害者は応募できません』
〔2012-12-10 18:00〕

にもあった、㈱グレープストーンは、
ハローワーク専門援助第二部門では、
障害者枠募集もしていました。

障害者の場合、パティシェではなく、
製造・発送工場での箱づくり人員としての
募集だけでした。
一体、どうしてこうなるのだろうか。

やはり、職域は健常者と障害者は、
同じではないのだ、と感じます。


ユニクロの場合は、自社の仕事ができる障害者と
できない障害者がいることを認識しており、
できる障害者には任せている、
ということのようです。

できることは健常者と同様にやってもらう。
したがって、給与水準も他の障害者雇用企業
と比べて、高いようです。



==========================



ユニクロの障害者枠求人票の例

求人番号; 35010-8781921
紹介期限日; 平成25年2月28日

職種; 店舗スタッフ(そごう川口店)
仕事の内容; 商品出し、商品整理、清掃等
雇用形態; 準社員(6ヶ月更新)
学歴; 不問
必要な経験等; 不問
必要な資格・免許; 不問
年齢; 不問
賃金; 123,975円~193,140円
賃金形態; 時間給 950円~1,110円
通勤手当; なし
昇給; あり
賞与; あり
加入保険等; 雇用、労災、健康、厚生、  退職金制度 なし
就業時間;  (1)8:00~17:30
       (2)8:00~15:00
時間外 あり  月平均10時間  休憩 90分間
休日等; 週休2日制 毎週 6ヵ月経過後の年次有給休暇日数10日
労働組合; なし
試用期間; なし



==========================




交通費が出ないのは、痛いと思う。
時給がちょっと高めでも、これでは…。

自腹となる交通費分を給与から差し引いたら、
最低賃金割れすることも、ありえる。

要するにパート雇用で、
店舗の近所に住む障害者を雇用対象に
しているようです。
会社の人件費削減策もあるでしょう。

仕事内容は、やはり簡単そうだ。

実際に給与額が幾らになるのかは、
面接を通過してから確認しないと、
わからないです。
最低で月額123,975円くらいは出される、
ということでしょう。

応募を渋る障害者は多いかもしれない…。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-03 11:26 | 就労前の聴覚障害者問題A

佐賀県の障害者雇用率、2年連続で全国1位

九州の佐賀県が、障害者雇用率、2年連続で全国1位、
との報道を発見しました。
法定雇用率達成企業も69.4%という、驚異的な数字です。

今年4月より、障害者雇用の法定雇用率が引き上げられます。

障害者も、企業の障害者差別に負けずに、今年は一層、
就職活動に頑張りましょう。


===================================


http://mainichi.jp/area/saga/news/20121227ddlk41100375000c.html


障害者雇用:法定雇用率達成 県内対象企業、69.4%の318社 
2年連続全国1位 /佐賀

毎日新聞 2012年12月27日 地方版

 佐賀労働局は、県内の障害者の雇用状況(6月1日)をまとめた。
障害者雇用10+件
促進法に基づく法定雇用率(1・8%)が適用される民間企業の
実雇用率は2・13%。
法定雇用率を達成した企業は69・4%に上り、
2年連続全国1位を記録した。

 同局によると、県内で法定雇用率の対象になる企業は458社。
このうち318社が達成。
全国平均の46・8%を大幅に上回った。
未達成企業のうち、一人も雇っていないのは77社だった。
同局は「毎年、ハローワーク担当者が未達成企業全社を
訪問して指導するなど、理解を求める活動が積み重なった結果」
と分析する。

 一方、2・1%の雇用率が課される県(県教委は2%)、
市町のうち、上峰町、伊万里・有田地区医療福祉組合、
多久市教委の3機関が未達成だった
(ただし多久市教委以外は今年10月に達成済み)。

 法定雇用率は、13年4月から、民間企業が1・8%から
2%に、国や地方自治体が2・1%から2・3%、
都道府県教委は2%から2・2%に引き上げられる。

また、民間企業の対象規模も56人以上から50人以上に
変更される。【蒔田備憲】

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-03 00:17 | 就労前の聴覚障害者問題A

難聴者の会社面接対策(7) 面接で聴覚障害者が落ちた例

難聴者は面接に臨む時、次の二つの方法のうち、
どちらかを選択しなければなりません。

「クローズ」にするか、それとも「オープン」 にするか、
です。(※1)

(※1)詳細は当ブログ
『難聴者の会社面接対策(3) 「オープン」と「クローズ」』
〔2011-07-07 20:55〕
参照。



もしクローズにするなら当然、通訳は使えません。

反対にオープンにするならば、自分で通訳者派遣しますが、
通訳を上手に使えるようにしておかなくてはなりません。

この場合、面接前に通訳者の手配をするだけでなく、
書類選考に送る書類に

「面接をスムーズに進めるために、通訳者(手話・要約筆記)
が同行します」

などと書いておく方法もあります。

なぜ通訳がつくかについて聞かれることもあるので、
それに自分できちんと答えられるようにしておくことも
必要です。
障害者自立支援法(※2)を知っておくことも必要です。


(※2)http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1c2.html

第3章 第77条 第2項参照。
「聴覚、言語機能、音声機能その他の障害のため
意思疎通を図ることに支障がある障害者等
その他の日常生活を営むのに支障がある障害者等につき、
手話通訳等(手話その他厚生労働省令で定める方法により
当該障害者等とその他の者の意思疎通を仲介することをいう。)
を行う者の派遣、日常生活上の便宜を図るための用具で
あって厚生労働大臣が定めるものの給付又は貸与その他の
厚生労働省令で定める便宜を供与する事業」

これに基づいています。
ただし、面接では無料派遣ができても、
就労後は会社負担となってしまいますので、
誤解されないように説明することです。



ハローワークのアドバイスでも、送付する書類には
障害の程度を「耳が聞こえません」と書くのではなく、

「近くで(とか、静かな場所で)話してもらえれば、
聞こえます」

などと書くようにした方がいい、とのことです。

あえて曖昧な説明にしておいたほうが、ごまかしも利くし、
自分にとっても都合がいいというか、聴力のサバ読みが
できます。

これで幾らかは、面接へ進める望みも出てきます。


書類選考に通った時点では、会社はまず本人に会ってみて、
その障害の程度を確認しようとしている、と思われます。


下は実例ですが、次のようなやりとりから
始まることもあります。
ちなみに、私は「オープン」です。

企業のメール室業務では、聴覚障害者が
雇用されている例もあるので、
参考になるかもしれません。


人事部A氏;「どうぞおかけ下さい。まず自己紹介を。
私は人事部のAです。
よろしくお願いします」

B氏;「人材受け入れ子会社SのBです。
よろしくお願いします」

B氏;「仕事の内容を説明します。
当社はメール業務の他、旅行・保険営業業務も
行っています。
今回は、ビル各部署でのメール室業務でのお仕事です。
郵便物だけではありません。
衣料品の部署への荷物、段ボール箱がたくさん届きます。
この仕分け、配送も含みます。
担当部署に8人います。郵便物担当と、重い荷物担当に
分かれている。
■さんは、メールの仕分けと配送の予定です。
荷物も、なかにはあります。
今後は、重いものを担当してもらう可能性もあります。
当社は旅行・保険、及びメール室関係の仕事をやる会社です」

A氏;「質問します。履歴書を拝見させていただきました。
あなたの専門は■ですね。
その仕事を続ける考えはありませんか?
なぜ、当社のメール室業務に応募されたのでしょうか?」

私;「自分のそれまでの仕事では肉体的にも精神的にも
ハード過ぎて、歳を取っていくまま続けていくことは難しい、
と思いましたので。
それで、転職したほうがいい、と考えていました」

B氏;「郵便物の他に、重い荷物もあります。
腰などに心配はありませんか?」

私;「どれくらいの重さの荷物なのでしょうか?」

B氏;「5~10キロ。反物。じゅうたんを巻いたもの。
段ボール箱に入った、大量の衣料品など。
郵便物以外にも、こうしたものがある。
ただ、何百箱も続くわけではない。
こういう仕事もある、ということを知ってほしかった。
60歳前後の人もいる。
台車も使えます。
持てるか持てないか…持てるということですね」


(注;求人票にも、ハローワークの問い合わせ段階にも、
このような話は全く無かったので、私は内心、驚いていた)


私;「5~10キロならば、持てます」

A氏;「耳のことを質問します。
私の声は、どの程度聞こえますか?」

私;「今は、聞こえません」

B氏;「誰かが『これを2階の○○に持って行って』と
言ったとき、(聞き取るのは)無理ですか?」

私;「手話や、筆談があれば確実に分かる、
問題はないと思うのですが…。
貴社では、今までに聴覚障害者が働いていたことは
ありますか?」

B氏;「過去には…。
出来る仕事を、それぞれに。
今のように、紙に書いて渡せばわかりますか?」

私;「勿論です」

B氏;「郵便物が幾つもあるとします。
仕分けの経験はおありと。
これは大丈夫ですか?」

私;「以前に○社で○年間やっていた経験がありますから、
大丈夫です」

B氏;「棚に、それぞれを入れる、という仕事は大丈夫ですか?
棚には、部署名が書いてあります」

私;「郵便局でアルバイトもしたことがあります。
その仕分け業務と同じではないでしょうか?」

B氏;「そうです。では、大丈夫ですね。
入力業務の経験もおありですね。
しかしながら、メール室のなかには、
パソコンを使う業務はありません。
一部の人のみが担当です。
履歴書に

「様々な仕事をすることが希望」

とありました。
入力や資料作りの仕事の予定は、
ウチにはありません」

A氏;「質問はありますか?」

私;「勤務時間はどのようになりますか?
この求人票の通りになるのでしょうか?」

B氏;「そうです。
9時から5時15分。
昼休み時間は1時間」

私;「一日の仕事の流れは、どのようになって
いるのでしょうか?」

B氏;「朝届いた郵便物を仕分けし、少し時間が空く。
それから、次の便を仕分けします。
また空き時間ができます。
そしてまた仕分けです。
ずっと、ではありません。
残業もありません」

私;「郵便物は、一日に何便ありますか?」

B氏;「一日2,3回到着します。
○社より、ウチのほうが、ずっと大量だと思います。
よくわからないけど…」

B氏;「英語の宛名郵便物もあります。
これは、分かる人が仕分けする」

A氏;「質問はありますか?」

私;「求人票ではお給料金額に、かなりの幅があります。
もし入社した場合、当該業務でのお給料は
お幾らになるのでしょうか?
生活費の心配もありますので、お聞きしたい」

A氏;「それはまだ、後で…。
聞いた上で、(入社するかどうかを)決めたい、
というわけですね…。
採用前にですね」

私;「…わかりました」

A氏;「他には?(質問は?)」

私;「ありません」

A氏;「では、これで終了します。
本日はありがとうございました」


この面接結果は、残念ながら、落ちました。
落ちた理由はわかりません。
ただ、やっぱり、聞こえた方がいいのかな、
という感じです。

健聴者の話し方は、探るような感じでダラダラと続けるので、
何を言いたいのかハッキリせず、しかし何となく、
本音はこうなのだろうな、ということを感じさせられます。

会社の本音は

「耳が聞こえないから、無理」

とか、

「合理的配慮(手話や筆談を使う)はしたくない」

であったとしても、それは絶対に言わないものです。
「聴覚障害者差別企業」だと批判されてしまいますからね。

この会社、もしかしてブラック企業と同じように、
身体能力が健常者と同等だという点に注目して、
聴覚障害者を選ぼうとしていたのだろうか?


ちなみに、この企業は東京都港区赤坂にある旧S金物産株式会社です。



===========================



ハローワーク障害者枠求人票の内容
住金物産株式会社の障害者求人票



求人票(フルタイム)

紹介期限; 平成24年11月30日

求人番号; 13040-56600921


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 住金物産株式会社

所在地; 東京都港区赤坂8-5-27

就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)郵便仕訳、郵便物の受発送業務(国際便含む)

仕事の内容;
 ・社内外から到着する郵便物の仕訳作業
 ・郵便物の受発送業務
 ・各フロア、部署への郵便物の配達及び回収
 (台車を使用して、社内を巡回)
 ・郵便に関わる記帳、記録(PCを使用)


雇用形態; 正社員以外 嘱託

雇用期間; 雇用期間の定めあり(平成25年2月1日~)
契約更新の可能性あり

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 130000~170000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限なし)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災  健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 9:00~17:15

就業時間に関する特記事項; 

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 

6ヵ月経過後の年次有給休暇日数; 14日

求人条件特記事項;
 ・エレベーター;有
 ・段差;無
 ・障害者用トイレ;有
 ・洋式トイレ;有
 ・建物内車椅子移動;不可
 ・階段手すり;有
 ・マイカー通勤;不可
 ・玄関ドア;自動


〔4.会社の情報〕

(省略;会社ホームページを参照)

労働組合; あり

定年制; なし  勤務延長なし  再雇用なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 121日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状 ②履歴書(写真貼付)
③職務経歴書

選考結果; 14日後

結果の通知方法; 電話

試用期間; あり(3ヶ月) 労働条件変更なし


〔備考〕

※ メール室業務を委託している(株)エスビーエイジェンシィ
(住金物産100%出資)へ住金物産(株)在籍のまま出向
となります。

※ 12ヶ月契約


これまでに応募した障害者数=9人
うち現在、選考中の障害者数=9人
採用された障害者数=0人



===========================






ろう者、中途失聴者はこんな会社はキッパリと諦めますが、
難聴者なら自腹で何十万しようが、
できるだけ聞こえの良い補聴器を使うのが、
最善の会社面接対策になるのではないでしょうか。

それと、読話という、もう一つの武器を身につけるのがよい。
面接でも

「口を読んで会話をすることが出来ますよね?」

とよく聞かれるので、やはり出来るほうが有利だ。

『耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由』を
著した金修琳氏も、読話能力を身につけており、
それを自分の三大武器の一つに挙げている。


「クローズ」は、自分がまだもし難聴だったとしても、
いい方法だとは到底、思えません。
障害のことを言わないよりはある程度は言って、
そしてごまかすのです。

最後に、障害者専門の就職斡旋会社サーナのアドバイスも、
もう一度載せます。(※3)
サーナのアドバイスには正直、賛成できませんが、
こうせざるをえないのが現実だと思う。

やっぱり、ストレートには言っていませんけど、サーナさんも

「聴覚障害のことは正直に言わず、適当にごまかせ」

と言っているのだと思います。

勿論、面接時には通訳も使いません。
自分で通訳なしでも、コミュニケーション能力があることを
証明してみせなければなりません。

まぁ、面接時にはうまくいって、
入社後になってから、色々とメッキが剥がれてしまったとしても、
それはもう自己責任で、ですけど。
そのピンチも、自分で乗り越えるしかありません。


===============================


(※3)
当ブログ
『難聴者の会社面接対策(2)』
〔2011-07-06 20:37〕
より、引用。

(サーナ)
「障害については、あまり詳しく説明する必要はない。
むしろ、障害があっても、私はこのようなことができるという、
プラス面のアピールを、会社の人は期待している。」

(私)
「ほとんどの会社から
「あなたの障害で、会社から配慮して欲しいことは何ですか?」
という質問がある。」

(サーナ)
「障害者を雇用するわけだから、会社は当然、聞いてくる。
しかし、配慮をあまり言わない方がよい。
実際に聞き取れないことがあったら、
「はっ? 今何とおっしゃいましたか?
すみませんが、もう一度お願いいたします」
と言うと良い。

あなたのように「筆談をお願いします」と頼むと、
会社はそれを「要求」と受け止める場合が多い
と思う。
「お願いします」という頼み方でも、健聴者は
「全部書かなくちゃいけないのか」と受け取る人もいる。
そういう場合、書くのが面倒だと思うのは当たり前。
会社は仕事をする場なのだから、そのような面倒な
ことはできない。
したがって、補聴器で聞こえる人が雇用されやすい。
補聴器装用でも会話が無理だと、雇用されにくいので、
次のように答えると良い。
「私は、補聴器でほとんど聞き取れますので、大丈夫です。
ただ、後ろから呼びかけられても、聞こえない場合もあります」と。」

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-02 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A

自民党政権の新経済政策『アベノミクス』?

2012年12月の衆議院選挙では、
自民党が大勝しての政権奪還となった。

民主党の信頼低下が、そのまま自民投票に流れたのだろうが、
それにしても、なぜ国民は再び自民党政権に逆戻りさせたのだろうか。

これから新生・自民党は何をするのだろうか。
無論、肝心なのは、どの政党かではなく、
新政権の政策内容のほうなのだが…。

=================================

http://wallstny.exblog.jp/19433648/

「どのような理由にせよ、安倍氏が次の選挙を睨んでいる以上、
彼が実行してくる政策は、隣国への強硬姿勢の誇示と、
その結果の貿易・経済活動の停滞ではなく、
参院選で重要な地方票を睨んだ「バラマキ」型の財政政策と、
都市部での支持を固めるための徹底した景気対策となることが
予想されます。」

=================================



私も、こういう予想はありえるだろうな、と思っています。
その目玉のひとつが、おそらく、東京オリンピック開催の実現なのだろう。

だけど、景気回復のために、投資の上限設定をせず、
景気回復政策の実行をすればどうなるか。

過去、田中角栄政権時代は確かに高度成長を成し遂げたが、
そのやり方をずっと続けていた結果、
借金も千兆円を超えてしまっていたのだ。

国民もまた、一時的に甘い汁を吸える、
バブルが欲しいのだろうか。

自民党は、それをまたやろうとしているのだろうか。

いや、今度は消費税を段階的に上げて、
取り返す手順になっているのです。
それならば、政治の責任、努力はどこへ?


憲法改正も、おそらくアメリカの要求に応えるためが、
第一目的だろう。
アメリカとの同盟関係による矛盾が、
今の憲法によって日増しに、明らかになってきている。
自民党は、今の憲法が邪魔になってきたから、
改正したいと考えているのだろう。


障害者も、国連・障害者権利条約(※)が採択されてから、
もう7年になることは知っているはず。
だが、日本は署名だけで、批准への準備が全く進んでいない。


(※)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%A8%A9%E5%88%A9%E6%9D%A1%E7%B4%84


http://www.nginet.or.jp/box/UN/UN.html



当ブログの下の記事を読んでも、日本の条約批准のための
準備(国内法整備)状況がいかにひどいか、わかるだろう。


『福島智さん憤りの発言 / 障がい者制度改革推進会議』
〔2012-03-02 00:10〕



自民党政権時代に、政府は形式的批准を強行しようとしたが、
それに日本の障害者団体は猛反対したのは、記憶にあるはずだ。
自民党政権に形式的批准は、絶対にさせてはならない。

ちなみに、この条約の批准国は2012年12月現在で、126カ国である。


自民党政権時代に原発をどんどんつくってきて、
多くの民意を聞いた民主党政権がそれをゼロにすると決めたのに、
自民党が政権奪還したら、
また「前政権の政策案は見直す」という。

明らかに、自民党支持に回った経済界寄りの政治だろう。
それはそうだろう。
大企業、経済界から最も政治献金を受け取っているのは、
自民党議員なのだから。
先に行われた衆議院選挙でも、日本経済団体連合会などが、
自民党票へと動いたのだろう。

こんなコロコロと変わる政治にしたのは、
選挙に参加した、また参加しなかった全国民にも、
責任がある。

国民は、各政党の政略を、よく考えて判断しなければならない。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-01 18:00 | 社会

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな