<   2012年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧




難聴についての説明?

========================================

下は『あなたも難聴を体験しよう!?』という記事より。

→http://nancho.mimiral.com/index.php?%E9%9B%A3%E8%81%B4%E3%82%92%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81


>「人間は無音状態に置かれると、多くの人が45分以上は
精神的に耐えられないという発表があります。」

>「難聴を体験する方法?
 一番いいのは無響室に1人で入ることです。
 ただ、一般の方は機会がないので、難しいと思いますが・・・。
 てっとりばやく、簡単に難聴を体験する方法があります。
 あなたが好きなテレビ番組または映画の音を消して、
登場人物が何を言っているのかを当ててみましょう。
 聞こえる他の音は入ってくるでしょうが、
テレビ番組または映画を見ている時の心の動きを
じっくり観察してみましょう。」


========================================


この記事って、一体どうなのかなぁ!?
身体障害者手帳2級保持の聴覚障害者なのだから、
確かにほぼ無音の世界にいる時間も多いとは思いますが…。

難聴の世界は決して「無音の世界」ではない、
と思います。
聾(ろう)の世界は「音のない世界」と言われることも
ありますけど。
私の長い経験で言えば難聴は、無音の世界より
もっと苦しいと思います。

「中途半端に聞こえる内面の苦しみが、
そこでは全く説明されていない」

と思います。

私がここで言いたいのは、難聴の世界と聾(ろう)の世界は違う、
ということです。
ですから、難聴の世界を聾の世界で説明することは
正確ではない、と思います。

でも、この記事は確かに、健聴者が聴覚障害者の
世界の一面を知る上では参考にはなる、
と思います。
科学的、合理的で単純明快な説明だからこそ、
理解しやすいのかもしれません。

ただし、難聴の一面を知る、という意味でですが。
くどいようですが、聴覚障害は人により様々です。
私ならもっと、難聴については多面的に理解する
必要があると思います。

========================================

→http://nancho.mimiral.com/index.php?%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%8C%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%AA%E7%90%86%E7%94%B1%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F

>「障害者手帳のない軽中度の難聴者には問題なく電話が使える人も多いことから…」


========================================

これは、本当に適切な説明なのかどうか、疑問です。

「問題なく電話が使える」といえる場合もあるかもしれませんが、
健聴者に勘違いしないでほしいことは、これについては決して
「健聴者と変わらないほどに」という意味ではない、
ということです。
私も昔の難聴時代、電話には苦労しました。

この記事は健聴者が読むと、混乱するかもしれませんが、
全体をよく読むと、私には大体理解できます。
読者が一部だけを読んで解釈すると、
誤解してしまう危険性はあると思いますが。

やはり聴覚障害のことはそれくらい、説明するのが難しいし、
苦心して書きあげ、それを健聴者が読んでも、
理解するのは難しいものなのです。

「聴覚障害者や難聴者」という書き方をしている点は、
この著者独自の考え方かもしれません。
これも身体障害者手帳の有無で区別したとか、
何らかの意味があるのだと思います。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-29 22:39 | 難聴・中途失聴

補聴器依存症の健聴者の罪

就労後の聴覚障害者問題(Q社


『補聴器依存症の健聴者の罪』

目の前の健聴者は、何度も何度もきつい口調で、
私に言い続けていた。

「これでもか」

「まだ聞こえないのか」

とでも言わんばかりに。
おっかない表情にまでなって。
大声で。
それは職場での言葉責め、
私よりもはるかに年下の若者からだった。

「もう! 聞こえているのなら、
何か言い返してみてよ」

とでも言いたそうな嫌悪な表情で。
それで私はわからなくても、とにかく言い返してみた。

すると雰囲気が一気に変わり、相手は爆笑した。
屈辱的だった。
自分は一生懸命聞き取ろうとして、
出来る限り言ってみたつもりだった。

それなのに、なぜこんなに笑い者にされなければ
ならないのか。
私は一生、こんなことに耐えなければならないのか。

別に笑われてもいいのです。
おかしいのだから。
それより私が、その職場で問題だと思ったのは、
笑うだけで何の改善策も考えようとしない
健聴者側の怠慢でした。
こういう態度はいつまでたっても続き、
次第に我慢がならなくなってきました。

聴覚障害者にはこの状況の意味が分かると
思いますが、健聴者にはわからないと思うので、
その場合は当ブログ

『健聴者が感音性難聴障害を、
音声認識ソフトで疑似体験する』
〔2012-01-15 23:08〕

を読んでみて下さい。
それは、音声認識ソフト『ドラゴンスピーチ』での
文字変換の結果です。

これは人間の耳で言えば「感音性難聴者の聞き取り」
の結果に似ていると言えると思います。
感音性難聴障害というものを健聴者にも、
視覚でわかりやすく理解できる方法だと
思います。

読者の皆さんもドラゴンスピーチの変換文を読めば、
それは大変おかしな文章になっていて、
何を言いたいのかさっぱりわからないはずです。
これを半日中でも真剣に聴いていたら聴覚障害者
本人には、相当なストレスが溜まります。
そして重要なのは、聞き取れていない自分だって、
これ(つまり、自分の聞こえ)はおかしい、
と思うのが当たり前だということです。
だから、言い返せません。
前述した例のように、また皆に笑われるだけです。

これを「言い返してみて」と言うほうが無理、
というものなのです。

失聴者の私がなぜ、感音性難聴について
話すのかというと、
会社ではやはり補聴器を装用せざるをえない
からです。
本人にとっては、また苦しかった“難聴状態”に
させられるようなものです。

補聴器は本来、使用環境によっては助けにも
なりますが、完全なものではないため、
過信しすぎるのはトラブルの元にもなって
しまっています。
それはやはり、健聴者の側に責任があると思います。

だから、本当は補聴器が原因なのではありません。
コミュニケーション方法を補聴器のみに依存する
健聴者のほうこそ、問題の元凶なのです。

おそらく、多くの聴覚障害者は補聴器以上に、
何か確実な自分のコミュニケーション手段を
持っているはずです。
例えば手話とか筆談とか、です。

ところが聴覚障害者を補聴器に依存させようとする
健聴者は、実は自分が聴覚障害者の補聴器に
依存してしまっているために、
他のより確実なコミュニケーション
方法を放棄してしまっているのです。
聴覚障害者は、こんなバカな健聴者に合わせるしか
ないだけです。

一体、どちらが「本当の障害者」なのでしょうか。

障害を持つ者でしょうか。
それとも、障害をつくる者でしょうか。

言うまでもないことですが、この場合は健聴者です。

こういう健聴者に限って、
「手話や筆談が有効です」と伝えても、
手話を覚えようとしなかったり、
筆談も全くしようとしないものです。
困ったものでした。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-27 21:07 | C.クレジットカード会社

障害者運動

『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)

 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html


「『あらゆる障害者の運動』
自立(independence, self-sufficiency)、メインストリーミング(mainstreaming)、
社会問題としての障害者問題(disability as a social problem)。
PDSPはこれらの概念を中心に発展し、障害者権利運動の最先端を担った。
この過程に気づいたのは、あらゆる障害をもつ人たちが障害者の権利を求める
闘いを共有できるということだった。
それまで障害者は、どちらかといえば各障害者別にグループをつくってばらばらに
活動しがちで、共通の目的のために何かをするということはなかった。
バークレーのこのPDSPでさえ、「身体」障害者のために設立され、
車椅子利用者によって運営されていた。
しかし、プログラムがスタートすると、視覚障害者が援助を求めてきたりして、
たとえ障害が違おうとも、自立達成に関しては共通の意識や問題を抱えていると
わかった。
だからPDSPは、介助者紹介サービスに、視覚障害者のための代読者も入れる
ようになった。
もともとロバーツの研究は、コミュニティの組織化や連合の形成による政治力の
強化だったので、こうした事実から学ぶことは大きかった。」



=======================================

この本のタイトルには「全米障害者運動」が使われており、
例えばアメリカのろう運動も書かれています。
ギャローデット大学での、ろう学生主体によるボイコット事件も
書かれています。

私は昔、障害者運動には否定的でした。
自分の中で勝手に、反社会的な運動という
イメージが先行していたためか

「それは健常者との歩み寄りにならないから」

という漠然とした理由を持っていました。
でも、今は全く違う意志によって生きています。
今までの「歩み寄り」は、まだ本当の歩み寄り
ではなかった、と思うようになりました。

私が記憶に残っている日本の障害者運動で、
30年以上も昔の、車椅子障害者が国鉄の駅に
バリアフリーのためのエレベーター設置を求める
運動があります。

今でこそ、いたる駅にエレべーターが設置されていますが、
30年ほど昔は、まだなかったのです。
その頃では

「お金がかかり過ぎるから、エレベーターの設置は難しい」

という健常者の声が、あちこちで聞かれていました。
それで車椅子障害者は駅を利用できない、電車に乗れない、
という移動手段の制限を受けていました。

これでは車椅子障害者の就労にも影響します。
今でも障害者枠の求人票には

「自力通勤が可能な者」

とか

「車での通勤不可」

とかいう条件が多いのです。
これでは能力があっても、働かせてもらうことは難しかった、
と想像に難くありません。

それに抗議したのか、車椅子障害者が集団で無理矢理、
駅ホームに強行突入しようとした事件が起こりました。
制止する駅員の腕を振り払って、それでも入ろうとしている
雑誌写真を見た記憶があります。

しかし昔の私は

「そういう、ルールを守らない行為は良くない」

と当時は思っていました。

でも、今思うと「彼らは正しかった」と思います。
彼らの行動の背景を知らなかったその頃と、
知っている今とは行動の解釈が違っています。

車椅子障害者たちの運動によって今日では、
エレベーター設置は急速に進んでいますが、
どういうわけか車椅子障害者が利用している場面は、
未だ滅多に見かけません。
実際の利用者は健常者が、お年寄り、
妊婦の方、ベビーカー利用の方などが圧倒的に多い。
なぜなのでしょうか?

私は、この恩恵自体は公平だと思っています。
ただし、私も本当のところはわかりませんが、
これで果たして車椅子障害者たちの
問題は解決したのかと言うと、
違うのではないだろうか、と感じています。

もしかしたら、車椅子障害者たちの就労が
進んでいないのかもしれません。
何か理由があるのではないでしょうか。

しかし、それでもバリアフリー・エレベーター設置は
できたのです。
日本も車椅子障害者の運動の結果、いろいろな人が、
あのバリアフリー・エレベーターを利用できる世の中に
変わりました。
それには、車椅子障害者だけの益になるのではない、
ということが、ようやく認知されてきたからなのかも
しれませんが。

車椅子障害者は他にも、聴覚障害者への支援者として、
パソコン要約筆記や手話通訳をされている場面を
見たことがあります。
他の障害者と助け合う、そうした輪が徐々に
広がりつつあります。

聴覚障害者も、情報バリアフリーなど、
他の障害者と方法は違っても本質は同じ問題点を、
ともに解決していく輪を大きくしていくため、
力を合わせていけるといい、と思います。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-26 17:44 | 哀れみはいらない

筆談ボード対補聴器

就労後の聴覚障害者問題(Q社


『筆談ボード対補聴器』

このタイトルでは何の話かわからないと思いますが、
補聴器も使う聴覚障害者だったら、読み進んでいくうちに
理解できる方もおられるのではないか、と思う。

近年は難聴者だけでなく、ろう者も補聴器を装用している
人が増えてきています。

「自分は、補聴器をしても効果がないから」

と言って、使わないろう者もいますが、使うろう者には

「補聴器で話の内容までわかるわけではありませんが、
音を聞きたいから」

という方もいます。
健聴者とともに働いている以上、音のマナーがあり、
配慮しているということもあると思います。
私も、よく周囲から

「声が大きい」

とか

「物音がうるさい」

などと注意されることがあるくらいです。
ですから、会話が完全にならなくとも、
そういうことに配慮する上で、
補聴器を装用する意味もあります。

ところが、この理由に納得できないように
感じている健聴者もいましたが。

補聴器を装用して音が聞こえるようにはなっても、
話しの内容まではわからないこともあるわけです。
しかし、健聴者はよく勘違いしています。
つまり

「聴覚障害者でも、補聴器をしていると音が
聞こえているから、
話しも聞き取れている」

という勘違いです。
この勘違いはかなり多いようで、ほとんどの健聴者は
職場に用意された筆談ボードを使用しなくなってしまいます。
会社の健聴者は筆談ボードを買うだけで、誰も使わないのが
現実です。

実際は補聴器で聞き取れない場合は、

「今、聞き取れませんから、筆談ボードに書いて下さい」

と頼むのですが、書いてくれず、何度も何度も繰り返し
言い続ける健聴者がいます。
私が返事ができるので、聞こえると思っているのは
無理もありませんが、健聴者にわかっていない
ところがあるために、この言い合いのデッドヒートが
続いてしまいます。

そのため、聞こえる条件のときは補聴器、
聞こえない条件のときは筆談ボード、
という使い分けは、難しいようです。

聴覚障害者側の自分が判断し、補聴器を装用していても、
筆談ボード使用をお願いする場合がありますが、
なかなかそのお願いが聞き入れてもらえない、
という悩ましき現実があります。

それでこの悩みについての話題を
『筆談ボード対補聴器』としてみたのです。
なかなか面白い皮肉だと思います。

筆談(視覚情報によるコミュニケーション手段)と
補聴器(音声情報によるコミュニケーション手段)は
確かに、本当に聴覚障害者の感音性難聴を
理解している健聴者でないと、なかなか仲良く併用はされず、
対立してしまう現実だな、と思いました。

どうしたらいいものだろうか。
失敗を続けながらも、健聴者に少しずつ理解してもらう
しかないだろう。

しかし、それでも全然理解は進みません。
だから私の場合は、次の例もあります。


『職場の人に筆談してもらう方法』
〔2011-06-02 18:00〕



『職場の人に筆談させる方法』
〔2011-06-09 18:00〕



『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(1)』
〔2011-10-19 01:17〕



『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(2)』
〔2011-10-19 21:59〕



『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(3)』
〔2011-10-20 21:12〕



『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(4)』
〔2011-10-22 18:31〕




聴覚障害者のこの長い自己努力によって、
会社はやっと、重い腰を上げざるをえなくなったのです。
私は仕事以上に、エネルギーを使い果たしていました。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-22 22:27 | C.クレジットカード会社

幼児時代の「無口」の記憶

松森果林氏のブログ

『松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~』

には、最初の記事

『日常劇場』(2007年8月12日)

 →http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20070812

に、ご本人の自己紹介が書かれています。
自身を中途失聴者と紹介しています。

つまり健聴者のときもあった、という。
これは、本人もハッキリと自覚している事実。
だから、健聴者から難聴になり、数年間を経て失聴に至った、
と説明できるわけです。

こういう人ならおそらく、私の聴覚障害についても、
“途中で失聴した”ということは、わかってくれるだろう。

ただ私は、自分が元・健聴者だったと思える
記憶はありません。
原因不明なのでわからないのですが、
少なくとも物心がついたときからは、
もう難聴のようでした。

言葉を覚えるのが、他の子どもと比べて遅く、
そのため自分が喋りだしたのは幼稚園の頃でも、
果たしてあったのかどうか、ほとんど記憶にありません。

確実に覚えているのは、その頃は全く無口な子どもでした。
ですから、聴覚障害児ではよく言われるように、
周囲の子とのコミュニケーションも全く苦手でした。
両親と楽しく話した記憶さえ、ほとんどないのです。
自分の幼児時代は、言葉を覚えるのが遅かったこと、
そして、コミュニケーション能力の発達も遅れていた、
と確実に記憶しています。


(それでは「どうして今は言葉を喋れるのか?」と、
よく聞かれるのですが、それは感音性難聴だったからだ。
感音性難聴は全く聞こえない場合もあれば、
中途半端に聞こえる場合もあり、
さらに完全に聞こえる場合もある。
それは、自分で完全にコントロールすることは出来ない。
だから「聴き取り難い聴覚障害」として残り続け、
完全解決は難しい。
しかし、健聴者と同等ではないまでも、
どうにか言葉を覚えることはできたわけです。

感音性難聴障害についての詳細は、当ブログ

『感音性難聴障害を、健聴者や、ろう者にどう説明するか』
〔2011-07-23 00:10〕

を参照。)



私の場合は、松森氏のような中途失聴者ではないかもしれません。
では、自分は何と呼べばいいのか。
他人に、何と紹介すればよいのか。
それも全く分からないまま、今日まで生きてきました。

「中途失聴者です」と自己紹介すれば「元・健聴者だった」と思われる。
あるいは「難聴者」でも「中途難聴者」でもない。
「失聴者」と言うと、やはり「元・健聴者」だと思われるから、
この言葉を使用しても、正確な説明はできません。
かと言って「ろう者」でもない。
自分は一体、何者だと言えばよいのだろうか。

結局、このために自分の聴覚障害のことを、
正確に説明することは難しいし、
周囲の誰にも理解できないのだろう。

だから、「あなたは珍しい聴覚障害者だ」と言われたり、
よく誤解されたりするわけです。

健聴者もろう者も難聴者も中途失聴者も、
誰も私のことを理解はできないだろうと思います。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-21 23:11 | 難聴・中途失聴

職場での音声コミュニケーション障害に疲れて

健聴者は、聴覚障害者が健聴者との音声
コミュニケーションに、ものすごいエネルギー
を費やしていることがわからないようです。

聞こえづらい不完全な耳で聞き、
健聴者の話すことを理解するのが、
聴覚障害者にはいかに大変なことか。
その内部にある苦しみが、健聴者には
全くわからない。

特に職場で、健聴者には何の困難もなくできる
音声会話が、聴覚障害者にはできなかったりする。
健聴者には気軽にできる音声会話が、
できなかったりする。
それでものすごく、疲れてしまうのです。
何気ない会話をしていても疲れてしまうので、

「もう話しかけてこないでほしい」

と思うことさえ、ある。

でも給料を貰って仕事をしているのだから、
それも自分には言えるわけがない。
そしてその我慢が、自分の苦しみを
増幅させてしまう。

それは、自分が悪いからなのか。
いや決して、そうではないだろう。

会社での飲み会を辞退する聴覚障害者が
少なくないのも、これが原因だと思う。

決して、会社やその人たちが嫌いなわけ
ではない。
もし、健聴者も歩み寄りをしてもらえたら、
私は少しでも助かるのかもしれない。
次第に、そう願いたくなってくる。
でも、それは永遠に無理な注文なのだろう。

この心の葛藤、苦痛は死ぬまで続く。
だから死は私にとって、最悪ではないと考える。
死は少なくとも今の、自分のこの苦しみが
やっと終わるときなのだ、と期待している。

私の目的は生きることではない。
早く死ぬことなのだ。
死は人生に喜びをもたらさないが、多分、
聴覚障害者としての苦痛は終わらせて
くれるだろう。

もしも聴覚障害者の安楽死制度が
ありえるならば、私はそれを支持したい。
この制度ができるといい。

そして、もし生まれ変われことができると
したら、もう二度と聴覚障害者には
生まれてきたくはない。
生まれ変われるとしたら、健聴者に生まれたい。
そして、世の中にいる聴覚障害者のことなんか
気にしないで、自分も健聴者として、
自分の人生だけを思いっきり楽しみたい。
自由なコミュニケーションがしたい。
健聴者のように心底楽しめる、バカ騒ぎも
してみたい。
もう、こんな苦しみは二度とゴメンだ。

人間とは、やはりそういうのものなのかも
しれない。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-19 23:37 | D.伊レストラン『ラ・ステラ』

聴覚障害者の仕事探し【再掲】

※ 元記事〔2012-05-08 21:27〕より、再掲載。

この記事に今でも多くのアクセスがあるのは、
仕事探しで悩んでいる聴覚障害者が、
大勢いるということなのかもしれません。

===================================

就職活動の苦労話は、
聴覚障害者・金 修琳氏の著書

『耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由』

にも、本人の体験談が載っていました。

本人も初めは何も知らないで健常者に混じり、
一般採用の合同会社面接会に行っていた、という。
そして、企業側に金氏の聴覚障害のことがわかると
相手にされなかった、という。

ただそこで障害者採用という、障害者には別の機会が
あることを教えてもらった、という。

障害者雇用は、障害者手帳を取得している
障害者が対象です。
手帳のない難聴者等は、おそらくは対象外でしょう。
(ただし、相談はしてくれると思います)

ハローワークに紹介状をつくってもらうとき、
紹介状には必ず、書類選考(郵送)のときに
「障害者手帳のコピーを添付して下さい」
と書いてあります。

職域はかなり限定されてしまいますが、
聴覚障害者の仕事探しとしては、
たとえば次のポイントがあります。


(1)ハローワークは健常者とは別の、
専門援助第二部門を利用すること。


クローズドは一般枠ですが、オープンでしたら当然、
障害者求人情報から仕事を探します。
ハローワークのコンピュータでも、求人票は別々に
分けられていますから、注意して下さい。


(2)求人票はコンピュータから探してもよいが、
聴覚障害者の場合、ハローワークが職域限定した
ピックアップ・ファイルからのほうが、効率がよい。


ファイル題名は例えば、

 『作業系の仕事』
 『電話応対なし』

などと、別々になっています。
このなかに、聴覚障害者も応募できやすい職種の
求人票がピックアップされている場合が多いです。


(3)紹介担当者のなかで聴覚障害者に
気にかけてくれそうな人を探し、
裏情報(※)を聞き出す。


すると、「聴覚障害者希望」の最新求人情報を
すぐに紹介してくれる場合もあります。

※ 裏情報とは、当ブログ
『聴覚障害者にできない仕事』
(2012-05-02 11:56)を参照。


非常にレアな情報なのですが、私の今までの経験でも、
こういう募集は聴覚障害者採用を真剣に考えてくれ、
応募すれば採用してもらえる確率も非常に高いです。

ですから、こういう情報は苦労してでも探す価値は
あると思います。


(4)障害者専門の仕事紹介会社に相談する。
紹介してくれる場合もある。
仕事紹介会社はインターネットで調べられます。


ジョイコンサルティング、クローバーナビ、ウェブサーナ、
など。


(5)自分でインターネットから求人票を検索してみる。

検索文字例)「求人雑誌の名前」+「聴覚障害」

これもなかなかないですが、検索してみると、
たまにどこかの会社求人票がヒットすることがあります。

これも珍しい情報ですけど、要は健聴者でも
「アンテナを張れ」と言われるように、
聴覚障害者でもちゃんと情報を受け取れるように、
自分から可能な限りのアンテナを張ることが
大切です。

何社かの選考に落ちても諦めず探し、
面接に挑戦し続ける気持ちを持っていないと、
なかなか仕事をもらう機会に巡り合えないものです。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-17 22:48 | 人気記事(再掲)

聴覚障害者にできない仕事【再掲】

※ 元記事〔2012-05-02 11:56〕より、再掲載。

この記事に今でも多くのアクセスがあるのは、
仕事探しで悩んでいる聴覚障害者が、
大勢いるということなのかもしれません。

======================================

〔参考資料1〕

当ブログ

 『聴覚障害者が応募できない職種を減らそうではないか』
 (2012-02-18 07:59)

 『狭き門のろう者雇用』(2011-05-13 21:52)


聴覚障害者が仕事を探せる手段は非常に狭いです。
駅売店や書店など販売されている求人雑誌だけでなく、
ハローワークの障害者専門援助部門
(正式には「専門援助第二部門」という)
でも、聴覚障害者が応募できそうな仕事を探すことは困難です。

当ブログでも

 『聴覚障害者にできる仕事』(2012-01-18 22:25)

という記事は、未だに検索数値が高いほうですが、
それはインターネット上で、
仕事探しのヒントを求めている聴覚障害者が多いから、
なのかもしれません。
難聴者、聴覚障害者の就労問題の悩みが、
浮き彫りになってきそうです。

残念な事実ですが、今はやはりまだ、
「聴覚障害者にでもできる仕事」よりも、
「聴覚障害者にはできない仕事」のほうが、
容易に、多数見つかります。


【聴覚障害者に出来ない仕事の一例】
(ハローワークの職業紹介担当者による)
警備員、清掃員(チームワークで動くため)、
管理人(清掃と入居者の世話をする仕事)、
販売員、接客員、客室清掃員、ホール係、家事代行、
電話発信業務、キャンペーン・スタッフ、
受付フロントスタッフ、クリーニング取次店員、
事務員(電話応対が付随するため)、
図書館スタッフ、秘書、ドライバー(タクシー、トラック等)、
ホテルスタッフ、危険作業員、巡回指導員、店長候補、
営業マン、電話調査員、リサーチ業務員、広報スタッフ、
オープン・キッチン・スタッフ、施設案内スタッフ、
保育士、介護スタッフ、マネージャー、アシスタント・スタッフ、
オペレーター、…etc

これらの職種は、ハローワーク担当者に相談(希望)しても、
聴覚障害者にはまず、紹介を渋られてしまいます。

聴覚障害があると、仕事が狭められるばかりでなく、
場合によっては、学生アルバイトよりも安い時給で
働くしかありません。

障害者雇用を促進している製パン・製菓の業種も、
精神・知的障害者を雇用する方針が増えてきており(特例子会社に多い)、
そこへコミュニケーションの難しい聴覚障害者は雇い入れたくない、
というところもでてきています。
日本語音声言語でのコミュニケーション障害を持つ聴覚障害者だけは、
難しいと考えられがちなのです。


【ココだけでしか知り得ない裏情報】
高い障害者雇用率を誇る企業としても名高い、
株式会社ユニクロが障害者を募集しています。

 →http://d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20080914/1221375735

→http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2009/07/070916_shop.html

ユニクロが作成した求人票(35010-2768721)によると、
職種は店舗スタッフ(有名デパート内勤務)で、
仕事の内容は「商品出し、商品整理、清掃等」
となっていました。

「この仕事内容ならば、聴覚障害者も応募できるのではないか」

と思った聴覚障害者が、応募しようと思い、
ハローワークに相談してみました。
ハローワーク担当者は、ハローワーク側だけが閲覧できる
コンピュータ情報を見た後、こう言いました。

「仕事の内容は聴覚障害者でも出来ても、
勤務場所がデパート店舗内なので、
お客様に話しかけられる場合もあります。
こちらから見る(ハローワーク担当者だけが見れる)
コンピュータ上(※)にも
「聴覚障害の方は難しい」
と書いてあります。

絶対に採用不可というわけではありませんが、
応募はやめたほうがよいのでは?」


(※このコンピュータはハローワーク担当者だけが
見れる裏情報になっていて、
求職者が見る求人票には書かれない、
企業側の希望などが書いてある。
企業によっては、この場合とは逆に
「聴覚障害者を希望」
と書かれている場合もある。)


こんな場合でも、

「聴覚障害者には無理」

「採用されない」

とは言われないけれども、
こういうふうに伝えられました。

聴覚障害者を差別しているわけではないとか、
聴覚障害者の心情に配慮して、
そういうふうに言うのだと思います。

つまり、聴覚障害者が問い合わせをして、
初めてこういう事実が、聴覚障害者にだけ
突きつけられてきます。

健常者は勿論、他の障害者も、
聴覚障害者だけにこういう職域問題があることを、
一切知ることがないのです。
だから、私はこのことを自分のブログ上にて公表し、
こういう問題があることを世の中に広く知って
もらいたいと思います。

本当にこの仕事内容をする募集要項の場合、
聴覚障害者雇用への配慮は全く不可能だと
言えるのでしょうか?
聴覚障害者の就労への合理的配慮とは、
一体何でしょうか?
健聴者読者の皆さんは是非、真剣に考えてみて下さい。

〔重要参考資料2〕
当ブログ
 『合理的配慮と理解で、障害者の雇用促進を』(2011-12-07 20:48)

「…衣料大手「ユニクロ」は、「1店舗1人以上」の障害者雇用を掲げている。
全国約850店の9割以上で障害者が働き、身体障害者の約3割が聴覚の障害。
業務は他の店員と変わらず、清掃や商品管理のほか接客もこなす。…」

[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-17 22:44 | 人気記事(再掲)

公用語が“日本手話”と“書記日本語”のカフェ

当ブログ

『ろう者スタッフによるカフェ運営(東京都文京区本郷)』
〔2012-02-01 20:27〕


でも紹介しましたが、
ろう者はもちろん、手話サークル在籍の健聴者も、
遠い所から手話者がやってくるカフェです。

店内のデカ・ホワイトボードには東北の宮城、
九州も長崎、福岡、熊本の人の書き込みが…。

ゴールデン・ウィークの東京巡りに、
わざわざやって来られたのでしょうか。




=================================



 →http://www.excite.co.jp/News/bit/E1336727963145.html


『公用語が“日本手話”と
“書記日本語”のカフェ』

2012年5月15日 07時00分


以前、「手話とお酒を楽しむラウンジ」へ取材に行ったことがある。
キャストには、健聴者の子もいれば難聴者の女の子も在籍。
そして全員が手話を駆使することができる、そんなお店だった。

もちろん、お客さんにはろう者の方もいれば、手話ができない
人だってウエルカム。
手話と筆談でやり取りを満喫するラウンジでのひと時は、
私も凄く楽しくて!

そして、こんなお店もあるらしい。
昨年の12月27日より東京都文京区(東大赤門前!)にて
営業している
Sign with Me
は、“空間を彩る手話を魅せるカフェ”。
スタッフさんは全員手話ができ、カフェ内の公用語は
“日本手話”と“書記日本語”と決められている。
そして、なんと壁全体がホワイトボードになっているそう。
これを利用することで、手話ができなくても広々と筆談
でやりとりができるのだ。

へぇ~、どんな雰囲気なんだろう?
そこで、実際にカフェにお邪魔してきました!

店内に入ると、確かに壁一面がホワイトボードが設置
されてる。
ボードには多くのメッセージが記されているし、お店の
奥を見るとお客さんと店員さんが手話を用いて和やか
に会話している。
うん、なんか雰囲気がいいなぁ。

ところで、なぜこのようなカフェを始めようと思ったのか?
店長である柳さんに、筆談でお話を伺った。

ちなみに柳店長の前職は、障害者を対象とした就労支援
だそう。
「現在、56人以上の社員を抱える会社は1.8%の障害者
雇用が法律で義務付けられています。
昨今の企業はCSR(企業の社会的責任)遵守意識が
高いのですが、結果としては“採る”だけで終わっている
のが現状です。
で、雇用された障害者はどうなっているかというと、隅っこ
でぽつんと佇んでいるような感じです」(柳店長)

これでは、働き甲斐が全く感じられない。
結果、障害者のモチベーション低下につながり、離職して
いくパターンが多いという。
だからこそ企業サイドには「やはり障害者は使えない」
という印象が残り、“負のスパイラル”に陥ってしまうのだ。

そして、もう一つ。
“社会的弱者”といわれる人でも実は社会環境によって
抑圧されている
だけで、環境さえ整えれば実力は発揮できる場合が多い
そうなのだ。

「ただ、『自立している』とされている障害者はたくさん
いますが、その実、“持つ者”(健常者と言われる人たち)
の都合範囲内での自立がほとんどなんですね」
(柳店長)

持つ者の都合範囲とは、単純にいえば福祉制度のことを
指す。
また、その福祉制度内だと「してあげる、してもらう」という
依存関係になりやすいし、それはその依存関係の中でしか
自立出来ないという意味でもある。
これでは本質的解決にはならない。
また“持たない側”がイニシアチブを取って社会環境を
整えていくことが大事にもかかわらず、やろうとする人
は少ない。
これを柳店長は「福祉漬け」と呼んでいる。
だからこそ障害者当事者である柳店長が起ち上げた、
このカフェ。
ここは、まさに“持たない側”がイニシアチブを取った場所
である。

そんなこのカフェ、主な来客層は?
「“手話カフェ”というからには対象は手話者中心という
イメージが先行すると思いますが、実際は手話を使えない
方が8割以上です」
(柳店長)

このカフェでは、店内にいる人を“ろう者”と“聴者”
ではなく、“手話者”か“非手話者”で線引きする。

その理由。
手話者がその社会的価値を発揮する場所は、
今の世の中では限られてしまっている。
それは聴者でも同様で、手話を使える場所はほとんど
なく、力を発揮できる場がないのだ。
そこで、同カフェでは“手話者”(手話で会話する人)と
“非手話者”(筆談で会話する人)というくくりで考える
ことにした。

「私には3人の“手話者”の子供がいます。
この3人が大きくなって社会に出た時、
のびのびと価値発揮できる環境を整えるのは
親の役目だと思っています」(柳店長)

なるほど。
だからこそ、このカフェのスタッフは全員“手話者”に
したのだ。
こうして、環境を整えた。では、その中で“ろう者”の
割合は?

「先ほども言いましたが、当店では“手話者”という
くくりで採用しています。
ただ、“ろう者”と“聴者”のくくりで考えれば、7名の
スタッフのうち4名がろう者ということになります。
残りの3名は手話通訳士を目指しています」(柳店長)

……と色々質問してきましたが、ここはまったりできる
カフェ。
しかも、ゴロゴロ具材が入った“食べるスープ”が売り
らしい。
そういや、お腹が空いたな。
せっかくだから、私もスープを注文してゆったりした
ひと時を満喫してみたいと思います!
カウンターに着くと、スタッフさんが手話だけでなく
大きく口を開いてその動きでメニューを解説してくれる。
私は手話ができないのだけど、全部伝わる。
まるで問題なし!

今回、私がオーダーしたのは男性からの圧倒的人気
を誇る「東京ビーフシチュー」の白胡麻ご飯とサラダ付き
(780円)。
これが、かなりボリューミーで! ご飯もサラダもたっぷり
だし、味も程よく薄口。
癒しの場の食事としてもピッタリで、全てが心地良いです。
結果、言うまでもなく完食。

普通に居心地が良くなければ、それは“自立”とは言えない
と思う。
特別な感情を抜きにして、ぶらっと立ち寄ってもらいたい
カフェでした。
(寺西ジャジューカ)



=================================

[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-15 22:33 | ろう者世界

サロン・ド・テ・スリジェ(東京・調布)

サロン・ド・テ・スリジェ(東京・調布)
 ・住所 〒182-0026 東京都調布市小島町1-35-8
 ・営業時間 10:00~21:00
 ・定休日 毎週水曜日


【今回食べたお菓子】
 ・クリオネ
 ・タルト・タタン
 ・エンガディネ

★クリオネ
ミルクチョコレートのムースの中に、オレンジ風味のクレーム、
ショコラのビスキュイなどを仕込んでいます。
ムース・ショコラ系のフランス菓子では定番の菓子構造ですが、
美味しいです。

★タルト・タタン
フランスの古典菓子で、フレンチ・レストランのデセールには
古くからよく出されている、リンゴのお菓子です。
ほのかに甘酸っぱく煮込んだ紅玉リンゴの表面は、
パリッとしたキャラメリゼ、底はパイです。
シンプルなお菓子ですが、これも非常に美味しいです。

★エンガディネ
アーモンド風味のサブレ生地の中に、
キャラメルで煮込んだ胡桃が入った焼き菓子です。


ショーケースに並んでいるアイテムは、
昔から伝わるシンプルなフランス菓子が多いですが、
それだけにこの地域で長年愛されてきた味なのではないか、
と思います。

昔からパティシェの世界でも、技術も味も実力派として
知られてきたフランス菓子店で、おすすめの名店です。


クリオネ
a0196876_2148661.jpg


タルト・タタン
a0196876_21484439.jpg


エンガディネ
a0196876_2149588.jpg


お店
a0196876_2283257.jpg

[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-15 21:53 | sweet

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン『ラ・ステラ』
E.ネッツトヨタ東京
F.マルハン
G.順天堂
H.カラオケ館
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ