蒼穹 -そうきゅう-


ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

<   2011年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

労組『要請』文の疑問点

Q社での就労後問題(日記から)

2011年12月31日(土)

組合から要請のあった、ブログによる記事
の修正、削除を実施した。
だが、どうも納得しかねる点もある。
削除要請の理由を、箇所別に全て述べると、
次の通りである(原文のまま)。



①「筆談履歴あり(別紙参照)【証拠①】」

②「事実相違」

③「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴においても該当箇所なし)」

④「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴あり。上記箇所は存在せず)
【証拠②】」

⑤「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴あり。
上記箇所は存在せず)【証拠③】」

⑥「労働組合に対する、本人の一方的見解」

⑦「労働組合という組織否定ではなく、
Tさん(田原)の人格を否定し、侮辱するもの」

⑧「労働組合に対する、本人の一方的な見解」

⑨「事実とは異なる記載と共に、S書記長(佐野)
への一方的な評価(=侮辱)」

⑩「事実とは異なる記載と共に、労働組合に
対する本人の一方的な見解」

⑪「労働組合に対する、本人の一方的な見解」



浮上した疑問は

「なぜ、この記事は事実と異なっているのか」

・当時からの、コミュニケーションの行き違いが
あったからなのか?

・それとも、組合が汚点を口封じするために
デタラメな理由で、強硬主張をしているから
だろうか?

「・・・だと思う(思った)」というのは見解だが、
「自分がこう思った」ということを、聴覚障害者
である自分の視点で正直に書いていること
なのだから、見解の相違が発生しているのは
当たり前だと思う。
見解が相違していたら、書いてはいけないの
だろうか。
誹謗・中傷・事実相違ならわかるが、
個人の感想まで抑圧することは、言論・表現
の自由に反していないのだろうか。

特に⑩は、労働組合が突然、対応を変えて
ワンコイン・フォーラムに情報保障をしたのは、
このアリバイづくりをしたからだ、と推測できる。

そして、このアリバイをつくった後で、
「事実と違う」と言い出している証拠が出た
ことになる。
少なくとも、この部分に関しては、
「自分がハメられている」と感じた。

もし、こうだとすると、この労働組合は極めて
不誠実だ。

相手(組合)側にしても「侮辱」と受け止めるか

「あなたの気持ちを害してしまっていたとは
気がつかなかった。
組合側も悪かった」

と素直に受け止めるか、当事者によりいろいろ
だろう。
ちょうど、私が組合の説明を

「ここまで親切丁寧にしてもらったのだから、
もうしょうがない」

と受け止めるか、それとも

「全然納得できない」

と怒りをぶちまけるか、になるのと同じように。
だから、

「侮辱だから削除しろ」

というのも一方的なのではないのか。
少なくとも「話し合い」というプロセスを経て
いないので、組合のこのやり方は確実に
心のしこりが、後にも残ってしまうだろう。

「この部分は削除するのは分かる。
しかし、なぜ、ここまで削除しなければならない
のか?」

【証拠①②③】と書いてあるが、組合はその
証拠を出してくれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-31 18:00 | C.クレジットカード会社

橋下市長、労組に闘争宣言「政治的発言許さぬ」

 →http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111229-OYT1T00332.htm

 橋下市長、労組に闘争宣言
  「政治的発言許さぬ」




原稿に目を落とすことが多かった橋下徹・大阪市長が顔を上げて訴えたのは、職員労働組合との「闘争宣言」だった。

 橋下市長が就任後初の施政方針演説に臨んだ28日の市議会。橋下市長は演説で「大阪にふさわしい自治の仕組みをつくる」「成長は広域行政、安心は基礎行政」と大阪都構想を語った後、「組合が、公の施設で政治的な発言を一言でもするようなことがあれば、断じて許さない」と職員組合批判を繰り出した。

 問題にしたのは、大阪交通労組(大交)など労組による市庁舎内の政治活動。市長選で争った前市長の推薦者カードを、勤務時間に配布したなどとされる。
 橋下市長は、労組側がこの問題で謝罪文を提出しようとしたことを明かし、「組合は謝罪文1枚で済まそうとした。市民感覚とかけ離れている」とかみついた。その後も「ギリシャを見てください。公務員の組合をのさばらしておくと国が破綻する」と敵視する発言を繰り返し、最後は「市役所の組合を改善することで、全国の公務員組合を改めることしか、日本再生の道はない」と言い切った。

 労組批判は用意した原稿にはなく、すべてアドリブで、約5分間に及んだ。さらに、演説後の市の幹部会議でも批判は続き、橋下市長は「組合の言うことを聞かないと人事で冷遇される、という手紙やメールが中堅、若手職員から来ている」と言い放った。

 市の労組出身の民主系市議は苦々しい思いで演説を聴き、「組合を当面の敵役にして、市民受けを狙ったんだろう」と漏らした。

(2011年12月29日11時59分 読売新聞)

労働組合って、必ずしも公正で、すべての労働者の味方とは限らないんだなぁ、と思いました。
うちの会社の労働組合は大丈夫だろうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-29 22:48 | 社会

要請(B)

就労後の聴覚障害者問題(Q社



インターネット上で貴社社員が行う、匿名ブログに
おける不法行為等の是正要請

㈱キュービタス
 常務取締役 能城 成一郎 殿
                                        

                   2012年12月29日
  〒170-0013
  東京都豊島区東池袋3-20-4 東池袋SSビル2F
               クレディセゾン労働組合
                中央執行委員長 篠崎 良光

                   要旨

貴社社員■氏は、インターネット上の匿名ブログにおいて、
当労働組合、および労組役員に対して、誹謗や中傷など
の侮辱行為、あるいは、事実と異なる表現をして当労働
組合と特定の労働組合役員の名誉や信用を毀損する
行為を継続的に行っています。
また、貴社及び貴社社員に対しても、企業名の特定と
社員の特定を行いつつ、誹謗、中傷などの侮辱行為を
行い、あるいは、事実と異なる表現をして企業と特定の
社員の名誉や信用を毀損する行為を継続的に行って
います。
これら一連の行為に対して、当労働組合は、当人に対し
遺憾の意を述べると共に、上記行為の中止、及び記載
内容の是正を要請致しました。

同氏のこれら一連の行為は、民事上の不法行為(民法
709条)を構成するものであり、また組合規約/第108条
3項(組合の利益を侵害する行為をしたもの)、同第4項
(組合の名誉を汚し、組合員の品位を傷つけたもの)及び、
メイト社員就業規則/第4条服務規律第2項(秩序、風紀
の維持向上)、同第4項(会社の名誉信用を傷つける行為)
に抵触する可能性があります。
したがいまして、貴社においては、かかる行為について、
同氏に対し、適正かつ、厳格な指導を求めるものです。
仮に指導が行われたにもかかわらず、改善が図られない
場合は、同氏に対し、厳格な措置を求めます。
何卒、本要旨をご理解いただき、対応の程、宜しくお願い
します。

                                以上
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-29 20:00 | C.クレジットカード会社

要請(A)

就労後の聴覚障害者問題(Q社




 インターネット上での貴殿の匿名ブログにおける
記載内容の是正要請

 ■ 殿

                    2011年12月29日

                     クレディセゾン労働組合
                   中央執行委員長 篠崎 良光

                  要請内容

貴殿は、インターネット上での貴殿の匿名ブログにおいて、
当労働組合、
及び特定の組合役員に対して誹謗、中傷などの侮辱行為、
あるいは事実に反する記載内容をして当労働組合や特定
の組合役員の名誉や信用を毀損する行為を継続的に
行っています。
これら一連の行為について、当労働組合は、貴殿に対し、
遺憾の意を述べるとともに、これら行為の中止、及び記載
内容の是正を要請するものです。

貴殿の行っている上記一連の行為は、民事上の不法行為
(民法709条)、組合規約/第108条3項(組合の利益を
侵害する行為をしたもの)、同第4項(組合の名誉を汚し、
組合員の品位を傷つけたもの)に抵触する可能性があり、
上記行為の中止、及び記載内容の是正が見られない場合
は、当労働組合、法律および各規則に則り、貴殿に対し、
厳重且つ厳格な措置を講じる所存ですので、念のため
申し添えます。

以上、要請致します。




※この労働組合には強制加入となっており、
退社と同時に脱退となります。

[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-29 19:00 | C.クレジットカード会社

労働組合からの要請

就労後の問題(Q社)

2011年12月29日

突然、労働組合から

「本日の16:30から時間を取らせてもらい、
面談する」

という話が、M係長を通してありました。
いつもは、Tさんなのだが(この会社の担当なので)、
今回はHさんという副委員長一人がやってきました。
年齢はまだ35歳前後、という若さに見える。

ただ、この人は通訳者派遣をめぐるTさんとの
メールでのやりとりで、労働組合がccにHさんを
入れていたので、Hさんもある程度、
トラブルと解決への流れを知っている。

だが、Hさんがいきなり一人でやって来たのは、
私に対しては

『インターネット上での貴殿の匿名ブログに
おける記載内容の是正要請』(書面)、

またこの会社に対しては

『インターネット上で貴社社員が行う、
匿名ブログにおける不法行為等の是正要請』
(書面)

のためであった。

「要請」と言うが、それは表向きの言葉で、
中身は明らかな警告でした。
要するに

「言う通りにしないと、会社をクビにさせるぞ」

という意味だ。

勿論、そんな言葉遣いをしたら、強要、脅迫
なので、文書や言葉遣いは紳士的に「要請」
の形式・文言になっている。

要請の内容は何かというと、私のブログによる
記事の一部あるいはそれに関連する一切の
ものが、組合とその役員に対する誹謗・中傷
や名誉毀損に該当するので削除しろ、というもの。
その文を具体的にプリントアウトして持ってきた
ので、これはわかりやすかった。

一方、会社に対しては、ブログ記事で企業名や
個人特定ににつながり、組合についての記事を
書くことをやめさせるよう指導してほしい。
もしも改善されなければ、厳格な措置を求める、
というもの。

これは、S書記長が

「(あなたが会社に対して、裁判を起こせば)
雇用契約終了もありうる」

と言っていたのと同じ結果になるだろう。
Hさんは削除すべき記事の箇所をプリントにして
持ってきてくれたので、私は

「この箇所を全て削除すればよいのか」

と尋ねた。
すると、Hさんは

「これだけでなく、これに関連する記事も全部
削除して下さい」

と言ってきた。
やはり、文書の形になっているとはいえ、
この要請の具体的条件というか、要請内容は
曖昧だ。
おそらく健聴者は、ブログをよく読んではいない
だろうし、たまたま目にした部分で気に入らな
かったところだけしか、このプリントには載せて
いない、と思われる。

「いつまで削除して欲しのいか」と尋ねたら

「○月上旬頃、約2週間後にまた訪ねてくるので、
それまでに」

と言われた。



〔参照記事〕

 ・『要請(A)』〔2011-12-29 19:00〕

 ・『要請(B)』〔2011-12-29 20:00〕



それから直ちに、組合から要請のあった、
ブログによる記事の修正、削除を実施しました。
だが、どうも納得しかねる点もあります。

削除要請の理由を、箇所別に全て述べると、
次の通りです(原文のまま)。

 ①「筆談履歴あり(別紙参照)【証拠①】」

 ②「事実相違」

 ③「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴においても該当箇所なし)」

 ④「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴あり。上記箇所は存在せず)【証拠②】」

 ⑤「本人の一方的見解であり、事実相違
(筆談履歴あり。上記箇所は存在せず)【証拠③】」

 ⑥「労働組合に対する、本人の一方的見解」

 ⑦「労働組合という組織否定ではなく、
Tさんの人格を否定し、侮辱するもの」

 ⑧「労働組合に対する、本人の一方的な見解」

 ⑨「事実とは異なる記載と共に、
S書記長への一方的な評価(=侮辱)」

 ⑩「事実とは異なる記載と共に、
労働組合に対する本人の一方的な見解」

 ⑪「労働組合に対する、本人の一方的な見解」


これを読んで、浮上した疑問は

「なぜ、この記事は事実と異なっているのか」

その理由は、

 ・当時からの、双方のコミュニケーションの
行き違いがあったからなのか?

 ・それとも、組合が汚点を口封じするために
デタラメな理由で、強硬主張をしているから
だろうか?

 ・私の書いていることが不正確、あるいは
デタラメなのか?
(というつもりはなく書いてきたつもりなのですが…)


「・・・だと思う(思った)」というのは、
確かに私の見解だが、「自分がこう思った」
ということを、聴覚障害者である自分の視点で
正直に書いていることなのだから、見解の相違が
発生したとしても、当たり前だと思う。

見解が相違していることも含めて問題が発生したから
こそ、私は「おかしい」と書いているのです。

見解が相違していたら、書いてはいけないのだろうか。

誹謗・中傷・事実相違ならわかるが、個人の感想まで
抑圧することは、言論・表現の自由に反していない
のだろうか。

特に⑩は、労働組合が突然、対応を変えて
■フォーラムに急遽、情報保障をしたのは、
このアリバイづくりをしたからだ、と推測できる。
そして、このアリバイをつくった後で、
「事実と違う」と言い出している証拠が
出たことになる。
それが、この事実から推測できるからです。

少なくとも、この部分に関しては、
「自分がハメられている」と感じました。
組合から納得のできる説明がない限りは。

もし、こうだとすると、この労働組合は極めて不誠実だ。

相手(組合)側にしても「侮辱」とだけ受け止めるか、
それとも

「あなたの気持ちを害してしまっていたとは
気がつかなかった。
組合側も悪かった」

と素直に受け止めるか、当事者によりいろいろ
だろう。

ちょうど、私が組合の説明を

「ここまで親切丁寧にしてもらったのだから、
もうしょうがない」

と受け止めるか、それとも「全然納得できない」と
怒りをぶちまけるか、になるのと同じように。

だから、「侮辱だから削除しろ」と言うだけなのも、
一方的過ぎるのではないのか。
他に社会の差別状況を変える力学的方法も
ないから、違法と言われようとも、
私はこうするしかなかったのだ。
こんなことにもガマンしろ、と言うほうが理不尽
だと思う。

少なくとも「話し合い」というプロセスを経て
いないので、組合のこのやり方では確実に
心のしこりが、後にも残ってしまうだろう。

「この部分は削除しろ、と組合が主張するのは
分かった。
しかし、だからと言って、なぜ、これを削除しな
ければならないのか?」

【証拠①②③】とは文書に書いてあるが、
組合はその証拠を出してはいない。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-29 18:00 | C.クレジットカード会社

『職場における、ろう者の手話通訳の問題点』を執筆する。

Q社での就労後問題(日記から)


2011年12月22日(木)

『職場における、ろう者の手話通訳の問題点』
〔2012-02-03 00:12〕


を執筆する。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-22 18:00 | C.クレジットカード会社

2011年 クリスマス・ケーキ作戦 (10) アップルパイ用りんごの白ワイン煮

【アップルパイ用りんごの白ワイン煮】

これは白ワインが入るので、大人向けです。

子供にも食べさせたい場合は、水を使うか、
水に白ワインを適量加えてつくることもできると思います。

スーパーで冷凍パイシートが買えるはずなので、
これを使ってアップルパイを作り、
温かいうちに、アングレーズ・ソースで食べます。

メイン料理を作る前に作っておいて、
提供直前にレンジでチンしてもよいでしょう。

※ アップルパイをつくるときは、リンゴの汁をよく切り、
  リンゴの下には不要になったスポンジやビスキュイ、
  カステラ生地や、菓子パンなど、水分を吸うものを敷くと、
  パイの底がビシャビシャになりにくくなります。

※ リンゴの上にシナモン・シュガーやバニラ・シュガーなどを
 振りかけると、焼き上がりの風味も良くなります。

※ ソースには、カルバドス酒、
 なければお父さんが飲んでいるブランデーをちょっと失敬し、
 フランべして加えると、大人向けの味になります。

※ フランベ →http://www.youtube.com/watch?v=7rv2D4vYtTc


【りんごの白ワイン煮】

 ・りんご         1個
 ・白ワイン       90cc
 ・グラニュー糖    80g
 ・クエン酸       少量

※ 白ワインはメルシャンの料理用です。

※ クエン酸は、薬局で売っています。

①リンゴは皮と芯を除き、大き目のくし型(大きさにより、8~10等分)
にカットします。

②白ワインとリンゴ、グラニュー糖の半分を入れ、
蓋をして加熱します。
リンゴが浮いてしまうので、上にアルミ箔をのせ、
何でもよいので重石をします。
小さめの鍋蓋や、木製の落し蓋でもよい。

リンゴの煮え具合の個体差ができるので、
時々、箸でリンゴを動かす。

③リンゴの表面が半透明になったら、残りのグラニュー糖を入れるが、
糖度は40度(Brix。屈折糖度計使用で)が目安。
家庭では当然、糖度計がないので、自分の舌で味見して下さい。

④リンゴへの火の通し具合で、リンゴの歯触りが決まります。
中はまだ生の状態に仕上がるほうが、歯触りがあって良いと思います。

アップルパイにするとき、またオーブンに入れるので、
固過ぎず、また歯触りがなくならないように計算して、
リンゴに火を入れます。

⑦クエン酸は最後に、味を見て加えます。

⑧冷ます時も、リンゴの歯触りを計算し、
容器ごとすぐ氷水に当てて冷やすか、
自然冷却にするかします。

リンゴの煮加減が、作り手の考え方と経験の要るところです。

クエン酸は酸味補強のために使いますが、
家庭では使わないので、レモン汁で代用しても良いです。

※ リンゴ煮は前日仕込みでよいが、
あまり前に作ると、味が変わってしまう。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-21 22:27 | 製菓の話

クリスマス・ケーキの由来

クリスマス・ケーキの由来ですが、
インターネットで調べてみても諸説ありで、
確かなことは不明のようです。

 →http://allabout.co.jp/gm/gc/217615/

 →http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%AB

 →http://www.shokuiku-daijiten.com/open_mamechisiki.php?id=411&cid=411&p=12&f=2&r=


下は、私がフランス菓子職人さんや、
キリスト教会信者から聞いた話です。

①フランスのクリスマス・ケーキの由来
フランスはキリスト教国です。
いつの時代からなのかはわかりませんが、
今日のフランスでクリスマス・ケーキと言えば
『ビュッシュ・ドゥ・ノエル』
です。

上の検索情報の写真を見れば、
どれも形には共通点があるのがおわかりでしょう。

丸太棒のような、それを縦半分に割って
横にしたような形のケーキばかりです。

実はこの形が、フランスのクリスマスと関係が
あるのだそうです。

あるフランス菓子の職人さんの話によると、
昔のフランスの庶民は、クリスマスを祝うときには、
どこかに集まっていたようです。

しかし彼らには貧乏な人が多く、
クリスマスを祝うケーキなど買えませんでした。

そこで、皆で薪(まき。ビュッシュとは、この意味)
を持ち寄り、焚き火をして歓談しました。

これが後になって、クリスマスを祝うケーキも
「薪」の形をしている理由だそうです。

皆で祝う習慣がそのまま伝わってくる、
興味深い話ですね。


②日本の最初のクリスマス・ケーキはどうだったのか?
日本のクリスマス・ケーキの場合は、
あるクリスチャンから聞いた話を紹介します。

日本のキリスト教会で、
クリスマスを祝う甘い食べ物には
何を出していたのかというと、
最初はアンパンだったそうです。

この理由は、その頃、ケーキがなかったからなのか、
高価で買えなかったからなのか、さっぱり知りませんが。

しかし、パンは合点がいきますね。
キリスト教の行事でパンは重要ですから。

クリスマスが世の中に広まり、それから次第に、
日本の家庭もクリスマス・ケーキを買えるほど豊かになると、
苺ショート・ケーキが世に出てブームになり、
日本ではそれが定着していったそうです。

なぜ日本は丸型なのでしょうかね。
このあたりも、興味津々です。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-20 00:37 | 製菓の話

2011年 クリスマス・ケーキ作戦 (9) マンゴーのソース

バナナなどにかけるソースに適しています。
洋酒は加えなくてもいいと思います。

作り方は、下の材料を混ぜ合わせるだけです。


 ・マンゴーのピュルプ(リベルダン社)    120g
 ・ヨーグルト(明治ブルガリアLB81)     20g
 ・グラニュー糖                   14g
 ・レモン汁                       3g

 ※ ピュルプ=ピューレ

 ※ リベルダン社は現在、検索しても見当たらないため、
  フランス・シコリー社でも構わないと思います。
  リベルダンだと多分「アルフォンソ・マンゴー」だったと思います。

   →http://www.frenchfb.com/product/sicoly1.htm
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-20 00:04 | 製菓の話

2011年 クリスマス・ケーキ作戦 (8) マセレ・パンプルムース

冬は風邪予防に果物を摂取するといいそうです。
クリスマスにちょっと一工夫した、何種類かのフルーツを、
彩りよく盛り合わせてテーブルに置くのもいいかもしれませんね。

下のルセットゥ(レシピ)は、
ババロア、ムースに入れるフルーツの下ごしらえです。

【マセレ・パンプルムース(グレープフルーツ)】

 ・グレープフルーツのフィレ         1個分
 ・シロップ(グラニュー糖 45g 水 45g)
 ・キュンメル酒(オルデスローエ社)     25g

 ※ フィレ→房から櫛型に果肉を取り出す。

 ※ オルデスローエ社キュンメル酒
   →http://item.rakuten.co.jp/spirits/550166/

①シロップを沸かして、40~45℃に冷まし、
これにフィレ・パンプルムースを漬け込み、
放置して冷ます。

②完全に冷めたら、キュンメル酒を加えて混ぜ、
ラップをして冷蔵庫で3晩置く。
[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-17 21:53 | 製菓の話

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ