カテゴリ:年金・無年金障害者の問題( 12 )




<障害年金>1000人打ち切りか 審査集約、戸惑う受給者



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000003-mai-soci


<障害年金>
1000人打ち切りか
 審査集約、戸惑う受給者


5/29(火) 6:30配信

 日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。対象者には、特例的に1年間の受け取り継続を認めつつ、今年度中に改めて支給の可否を審査するとの通知が届いている。都道府県単位だった審査手続きが全国で一元化された影響とみられるが、受給者の間には「症状は改善していないのに困る」と戸惑いが広がっている。

 障害基礎年金は、20歳前から難病を抱える人や、国民年金加入者が障害を負った場合などに、年80万円程度を下限に支払われる。機構や関係者によると、通知を受け取ったのは1010人で、いずれも20歳前から障害がある成人という。

 1010人は2017年、症状に応じ数年おきに必要な更新時期を迎え、医師の診断書を提出した。機構は同年12月~今年1月、「障害基礎年金を受給できる障害の程度にあると判断できなかった」との審査結果を通知。ただし17年度は支給を続け、18年度に改めて審査した上で「診断書の内容が同様なら支給停止になることもある」と示した。

 1000人規模の支給打ち切りが過去にあったかどうか、機構は「データがない」と明らかにしていないが、経過措置を設ける通知を出したのは初めてという。厚生労働省幹部は「影響の大きさを考慮した激変緩和の意味もある。審査をし直した結果、継続が認められる可能性もある」と話す。

 背景にあるのは審査手続きの変更だ。以前は都道府県ごとにあった機構の事務センターが認定業務を担当し、それぞれ地域の医師が診断書をもとに審査していた。しかし、不認定の割合に地域差があると問題視され、機構は17年4月に認定業務を東京の障害年金センターに集約。審査する医師も変わった結果、不認定の割合が増えたという。

 機構の担当者は「審査業務の変更という特別な事情を考慮し、今回の診断書だけで障害の程度を判断するのは適切でないと考えた。対応は妥当だ」と説明する。【原田啓之】

 【ことば】障害基礎年金

 20歳前や国民年金の加入時などに病気やけがで障害を負った人に支給される年金。障害の程度によって1、2級に区分される。年間支給額は1級が約97万円、2級が約78万円で、子どもがいれば人数に応じた加算がある。受給者は2017年3月末時点で約184万人。初診時に会社勤めなどで厚生年金に入っていた人には、等級区分が異なる「障害厚生年金」が支給される。




==========================



【関連情報】


https://mainichi.jp/articles/20180529/k00/00m/040/170000c?inb=ys


障害年金
打ち切りで病状悪化も
 受給者「説明なく不安」


毎日新聞2018年5月29日 06時32分
(最終更新 5月29日 07時53分)



日本年金機構が障害者1000人余りへの障害基礎年金打ち切りを検討していることに対し、継続した治療が必要な当事者からは「納得できない」との声が上がる。収入減が健康状態をより悪化させる引き金にもなりかねない。

「症状が変わらないのに、なぜこんな通知が届くのか分からない」。難病の「1型糖尿病」を小学生の頃から患う大阪府在住の男性(36)は憤る。
 1型糖尿病は主に免疫機能の異常により血糖値をコントロールするインスリンを体内で作れなくなる病気で、根本的な治療法はない。男性は7歳で発症し、インスリンの注射器を持参して通学。就職活動では、病気を理由に何社も採用を断られたという。今はパチンコ店でアルバイトをしているが、勤務中に目の前が暗くなってふらつくこともしばしばだ。
 妻子を養いながらの月3万円の治療費負担は重く、年約100万円の障害基礎年金(2級)は大事な家計の支えだ。1月に日本年金機構から通知が届いてからは、支給打ち切りの不安にさいなまれる。「機構から十分な説明がなく納得できない。生活の実態を見て審査してほしい」
 里見賢治・大阪府立大名誉教授(社会保障論)は、機構の打ち切り方針について「障害認定が適正かどうかは個々の基準に照らし判断されることで、一概に是非は言えない。ただ、手続きの変更という特殊事情が影響しているなら、機構は受給者により丁寧に説明すべきだ」と指摘する。
【原田啓之】



==========================

[PR]



by bunbun6610 | 2018-05-29 08:12 | 年金・無年金障害者の問題

精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H3L_S5A211C1CR8000/




精神障害者ら7.9万人、
受給減額・停止も
 年金新指針で


医師団体推計

日本経済新聞 2015/12/12 21:43


国の障害年金の支給・不支給判定に大きな地域差が
あるのを是正するため、厚生労働省が来年から導入
予定の新しい判定指針について、全国の精神科医で
つくる団体が

「障害基礎年金を受け取っている精神・知的・発達
障害者のうち、1割に当たる約7万9千人が支給停止
や支給減額になる恐れがある」

との推計を12日までにまとめた。

 日本精神神経学会など7団体でつくる「精神科七者
懇談会」で、同会は

「年金を受給できなくなると障害者は大きく動揺し、
症状の悪化や意欲の低下につながる」

と指摘。
厚労省に柔軟な対応を申し入れた。

 障害年金では、日本年金機構の判定にばらつきが
あるため、不支給とされる人の割合に都道府県間で
最大約6倍の差がある。
これを受け厚労省は、最重度の1級から3級まである
等級を判定する際の指針を作成。
精神障害者らの日常生活能力を数値化し、等級と
数値の対応表を判定の目安としてつくった。

 2009年時点で障害基礎年金を受け取る精神障害
者らは約79万人おり、団体側は対応表に当てはめた
場合、等級が下がる人が何人出るかを推計。
その結果、1級の受給者約5万6千人が2級への
変更が予想され、支給が減額される。
2級の約2万3千人は3級となる可能性が高い。
障害基礎年金は3級では対象外のため支給停止
となる。

 ▼障害基礎年金 国の障害年金はその原因と
なった病気やけがで初めて医療機関にかかった
「初診日」にどの年金制度に加入していたかに
よって、受け取れる種類が異なる。
初診日が国民年金加入中や20歳前などの場合
には障害基礎年金となる。
受給者は身体障害者を含め約180万人。
更新の審査が1~5年ごとにあることが多い。
支給額は1級で月約8万1千円。
2級になると約6万5千円に減る。
3級では支給されない。


〔共同〕



=========================

[PR]



by bunbun6610 | 2016-08-02 23:29 | 年金・無年金障害者の問題

厚生年金、悪質加入逃れの基準策定…告発も視野

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00050124-yom-pol



厚生年金、
悪質加入逃れの
基準策定
…告発も視野


読売新聞 1月19日(火)3時6分配信


厚生労働省と日本年金機構は、保険料を
払いたくないなどの理由で厚生年金への
加入を逃れている悪質な事業主について、
刑事告発するかどうかを判断するための
新たな基準を策定する方針を固めた。

 すでに機構と警察庁が基準作りに向けた
協議を始めた。
本来は厚生年金の対象なのに国民年金に
入っている従業員は推計で約200万人に
上り、政府として厳しい対応が必要と判断
した。

 国民年金の場合、保険料(月額約1万
5000円)は加入者のみが負担する。
一方、厚生年金の場合は、給与に応じた
保険料を、加入者と事業所(企業)が折半
して払う仕組みで、加入者が将来受け取る
年金額は国民年金より多くなる。

 国税庁による企業の税関連情報と、
厚生年金の加入記録をつきあわせた結果、
厚生年金の加入対象となる可能性がある
事業所は現在全国に約79万あるという。
全国の機構職員を中心として、2017年度
末までに79万事業所の実態を調査する
方針だ。




=======================





〔関連記事〕



『再審無罪の2人、年金受給できず
布川事件の杉山さんら』
〔2014-11-12 20:05〕



『聴覚障害者にも役に立つ障害年金の知識』
〔2014-04-24 18:30〕




『「障害基礎年金の不支給取り消し
 神戸地裁が異例の判決』
〔2012-05-07 19:00〕



『無年金障害者になってしまわないために、
知っておきたいこと (2)』
〔2012-05-07 18:11〕




『無年金障害者になってしまわないために、
知っておきたいこと (1)』
〔2012-05-04 23:52〕





『ワタミフードサービスの障害者求人票の内容』
〔2012-10-02 23:40〕

[PR]



by bunbun6610 | 2016-01-19 20:12 | 年金・無年金障害者の問題

『(就労支援)障害者年金について』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/36888315.html


炎のジョブコーチ
『(就労支援)障害者年金について』
〔2015/11/1(日) 午前 11:39〕

来年4月からスタートする差別解消法や
雇用促進法での使用者の合理的配慮の
義務化、実はもう一つ大きな変化がある
かもしれません。
それは、障害者年金の制度です。

これまでも様々な指摘があった障害者
基礎年金、地域差、医師意見書の内容、
個人差・・・かつて、施設の職員が手伝って
申請をしていたこともありますが、
最近では専門の社労士の手助けがないと
厳しいとも・・・。

確かに、上手く提出した書類が通る…
というのは社会正義ではないけれど、
今回の変更は、厳しい方向に合わせる
感じの様で、一般就労している人の支給
は難しくなると聞いています。
これまでの「書き方次第」の部分が少なり
不平等は解消の方向かもしれませんが。
そうすると、「賃金+障害者年金」で生活
設計をしている人の多くが生活の維持が
難しくなります。

障害者雇用の求人を見ると、一般求人に
比べ低処遇のものも多く、都市部では家賃
がかかりますからかなり厳しい状況に
なります。
安心して働く、豊かな職業生活、自立
というのは難しくなります。

障害者年金制度の改正は確かに重要
かと思いますが、実際に一般就労で働く人
の働くや生活に即した制度設計をしないと、
大きなブレーキになるでしょう。

「精神・知的障害に係わる障害者年金の
認定の地域差に関する専門家検討会」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-nenkin.html?tid=246772



========================

[PR]



by bunbun6610 | 2015-11-02 23:01 | 年金・無年金障害者の問題

父112歳・母110歳?不審に思い…50年間“年金詐取”



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150507-00000028-ann-soci


父112歳・母110歳?
不審に思い
…50年間“年金詐取”


テレビ朝日系(ANN) 5月7日(木)16時22分配信


両親が生きていると偽り、約50年間も年金を受け取っていたと
みられています。

 岐阜県恵那市の無職・鈴木光枝容疑者(86)は日本年金機構
の書類に両親が生きているように記載し、2013年から翌年に
かけ、年金262万円をだまし取った疑いで逮捕されました。
生きていれば、現在、父親は112歳、母親は110歳で、不審に
思った年金機構が告発しました。
2人は約50年前に死亡していて、不正に受け取った年金は合わ
せて5000万円を超えるとみられています。
鈴木容疑者は

「全く身に覚えがない」

と容疑を否認しています。

最終更新:5月7日(木)16時22分


=============================

[PR]



by bunbun6610 | 2015-05-08 19:00 | 年金・無年金障害者の問題

死亡届提出後も年金受給…自治体の情報伝わらず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00050099-yom-soci



死亡届提出後も年金受給
…自治体の情報伝わらず


読売新聞 5月1日(金)7時20分配信


すでに死亡した親族が生きているかのように装い、遺族が年金を
不正受給する詐欺事件が後を絶たない。

 自治体に対する死亡届は提出されているのに、年金事務所側が
自治体に確認せず、不正を見抜けないケースも相次いでいる。
日本年金機構は

「不正を疑う前提になっておらず、1件ごとに自治体に確認する
人員も確保できない」

と説明するが、関係者からは

「連携不足と言われても仕方がない。
制度改革が必要だ」

と指摘する声が上がっている。

 「ばれなかったので、つい続けてしまった。
母の年金は生活費に充てた」

 死亡した母親名義の遺族厚生年金約120万円を不正受給して
いたとして15日、福岡県警に逮捕された北九州市小倉北区中島1、
無職吉松勝被告(68)(詐欺罪で起訴)は、こう供述した。

 捜査関係者などによると、母親は2003年11月に90歳で死亡。
直後に小倉北区役所に死亡届が出された。
しかし、吉松被告は日本年金機構には生存を装うため、年金受給
権者現況届に虚偽の内容を書いて提出していた。
年金の受給は続き、母親の死後も計約1000万円が支払われて
いたという。

最終更新:5月1日(金)7時20分



==================================




近年、認知障害で行方不明になるお年寄りが1万人以上
いるという報道があった。
行方不明になっていることも知らせず、家族だけが年金を
代理受給している可能性もあるのではないだろうか。

本来、弱者のための福祉を、健常者が食いモノにしている
実態が、また一つ、浮き彫りになった。

超高齢化社会の時代で、年金の適切な管理ができない家も
増えると思う。


障害者(障害年金)にも、親や兄弟姉妹が貰い、管理している
ケースもある。
[PR]



by bunbun6610 | 2015-05-01 19:30 | 年金・無年金障害者の問題

国に年金51万円返還命令 東京高裁、手続きを批判


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150423/Kyodo_BR_MN2015042301001706.html


国に年金51万円返還命令
東京高裁、手続きを批判


共同通信 2015年4月23日 19時57分
(2015年4月23日 20時02分 更新)

社会保険事務所のミスで厚生年金保険と国民年金保険を
二重に支払った男性(30)が、還付通知書が届かなかった
ため期限内に返還請求できなかったとして、国に約51万円
の還付を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は23日、
請求を棄却した一審東京地裁判決を取り消し、国に全額
支払いを命じた。

 高野伸裁判長は

「男性が通知書を見過ごした可能性も否定できないが、
送付の証拠もない」

と指摘。
その上で

「社会保険事務所の誤った処理で多額納付させたのに、
通知書を郵送しただけの対応で期限が過ぎたと主張する
のは許されない」

と批判した。



==============================




裁判の場合は、国民に配慮した判決になることも
少なくない。
先日の原発再稼動問題の訴訟では、福井と鹿児島
とで分かれたが。
[PR]



by bunbun6610 | 2015-04-24 20:00 | 年金・無年金障害者の問題

再審無罪の2人、年金受給できず 布川事件の杉山さんら

障害者ではないが、無年金者になってしまった
事例である。
これも、制度の見直しをすべき問題点だと思う。

“累犯障害者”と呼ばれる人たちが存在する。
累犯障害者には、無年金障害者になって
しまった人も多いかもしれない。

無年金者になってしまったら、ますます刑務所
のお世話になるしかなく、犯罪を繰り返す
のではないか。

=================================



http://www.excite.co.jp/News/society_g/20141112/Kyodo_BR_MN2014111201001395.html


再審無罪の2人、年金受給できず
 布川事件の杉山さんら


共同通信 2014年11月12日 16時32分
(2014年11月12日 17時27分 更新)

1967年に茨城県で男性が殺害された布川事件で無期懲役
判決を受け、服役後に再審無罪となった杉山卓男さん(68)
と桜井昌司さん(67)が、受給要件を満たさないため国民年金
を受け取っていないことが12日、分かった。

 服役中に保険料の支払い免除を申請できるのを知らされて
いなかったのが原因。
再審無罪となった元死刑囚については、事後に未納分を支払え
ば年金を受給できる特例があり、2人は

「扱いに差があるのはおかしい」

と制度の見直しを求めている。



=================================

[PR]



by bunbun6610 | 2014-11-12 20:05 | 年金・無年金障害者の問題

聴覚障害者にも役に立つ障害年金の知識

★聴覚障害者にも役に立つ障害年金知識



松浦貴広のねんきんブログ
『障害年金の手続・仕組みなど』




『help-障害年金手続き 第1回』
〔2007-12-19 22:51〕



『help-障害年金手続き 第2回』
〔2007-12-22 15:06〕



『help-障害年金の手続き 第3回』
〔2007-12-28 19:32〕



『help-障害年金の手続き 第4回』
〔2008-01-03 13:01〕



『help-障害年金の手続き 第5回』
〔2008-01-08 00:38〕




『help-障害年金の手続き 第6回』
〔2008-01-14 00:25〕




『help-障害年金の手続き 第10回』
〔2008-02-10 00:43〕





『help-障害年金の手続き 第11回』
〔2008-02-18 00:20〕




『help-障害年金の手続き 第12回』
〔2008-02-26 21:38〕




『help-障害年金の手続き 第13回』
〔2008-03-05 21:01〕




『help-障害年金の手続き 第29回』
〔2009-03-11 21:10〕




『help-障害年金の手続き 第30回』
〔2009-04-03 20:01〕




『help-障害年金の手続き 第32回』
〔2009-06-06 13:32〕




『help-障害年金の手続き 第33回』
〔2009-07-07 00:50〕




『help-障害年金の手続き 第35回』
〔2009-09-08 00:41〕




『help-障害年金の手続・仕組みなど 第43回』
〔2010-05-06 00:43〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第62回』
〔2011-12-14 00:40〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第78回』
〔2013-03-15 00:25〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第80回』
〔2013-05-24 00:12〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第87回』
〔2013-12-24 00:24〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第88回』
〔2014-01-24 00:21〕




『障害年金の手続・仕組みなど 第101回
(障害給付 受給権者支給停止事由消滅届)』
〔2015-02-20 00:35〕

[PR]



by bunbun6610 | 2014-04-24 18:30 | 年金・無年金障害者の問題

「障害基礎年金の不支給取り消し 神戸地裁が異例の判決


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110112/trl11011222070093-n1.htm


「障害基礎年金の不支給取り消し
 神戸地裁が異例の判決
 

2011.1.12 22:05

 20歳当時の医師の診断書がないことを理由に、国が過去にさかのぼった
障害基礎年金の支給を認めなかったのは不当として、聴覚障害のある神戸市
の女性(63)が、不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決が12日、
神戸地裁であり、栂村明剛裁判長は原告の請求を認め、同処分の取り消しを
命じた。

 障害基礎年金をめぐり、診断書なしで過去の受給権を認めるのは異例といい、
原告側の代理人は

「画期的な判決。
障害者にとって大きな一歩」

と話している。

 障害基礎年金は、一定程度の障害がある人が20歳に達した時点で、年金を
受給できる制度。

 判決によると、女性は両耳の聴力が低く、6歳で障害者手帳の交付を受けた。
制度を知らなかったため、平成19年5月に初めて20歳からの支給分を申請
したが、当時の診断書がなかったため、社会保険庁に「障害の程度が不明」
として19年以前の申請を却下された。

 栂村裁判長は判決理由で

「医師の診断書以外でも、合理的な資料がある場合は障害の程度を認定できる」

と指摘。
中学時代の教師や家族らの陳述書をもとに、20歳当時の障害を認定した。

そのうえで、支給対象が拡大された26歳時点から受給権があったとして、
不支給処分を取り消した。

 厚生労働省年金局事業管理課は

「国の主張が認められず、厳しい判決」

とコメントした。



================================

[PR]



by bunbun6610 | 2012-05-07 19:00 | 年金・無年金障害者の問題

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
H.カラオケ店
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ