カテゴリ:就労前の聴覚障害者問題A( 123 )




聴覚障害者を騙している企業(3)

求人票の嘘
『聴覚障害者にできない仕事』
[ 2012-05 -02 11:56 ]



ニュースにもなった障害者へのパワハラ問題
『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について』
[ 2014-04 -27 18:30 ]

[PR]



by bunbun6610 | 2018-08-31 23:27 | 就労前の聴覚障害者問題A

『どう教育すべきか?聴覚障がい者のビジネスマナー』

株式会社スタートライン

http://startnext.start-line.jp/archives/725

START NEXT!

2016年8月26日更新
どう教育すべきか?聴覚障がい者のビジネスマナー



障がいを持っているがゆえに、それが一般的なマナーだと知りえないケースは多々あります。もちろん障がい者本人に悪気はありませんが、多くの場合、受け取る側の印象が、そのままその人の印象になってしまうことも少なくありません。とくに耳が聞こえない、聞こえにくいといった、聴覚障がいの場合、ビジネスマナーという点で問題が発生するケースがあります。

意外と気付かない聴覚障がい者の問題
聴覚障がいと一言に言っても、その症状はさまざまです。生まれつき全く耳が聞こえない場合もあれば、事故で音を失ってしまったり、補聴器があればわずかには聞こえる、片耳だけが聞こえないなどがあります。
そういった聴覚障がい者が、職場で起きやすい問題には、以下のようなものがあります。

·聞いて学ぶ機会が乏しいため、敬語の使い方がわからない

·電話の呼び出しや、廊下を移動中に声をかけても応えられない。

·ちょっとしたニュアンスが伝わりにくく、仕事上のミスとされてしまう。

·会議に出ても、資料だけでは理解することができない。

·口の動きを見たいため、相手にじろじろ見ていると思われる。マスクをしているとわからない。

ビジネスにおいては、ひとつ、ひとつの細かな部分で、敬語やへりくだった態度、表現といったマナーも大切です。しかし、耳からの情報が取得できないゆえに、聴覚障がい者にとっては、このマナーというものが、大変難しい問題となってしまいます。

聴覚障がい者にとって必要なこと
たとえば、ノックひとつにしても、耳が聞こえないなら、誰かが訪ねてきても、それだけではわかりませんし、コミュニケーションをとるときでも、聴覚障がい者は向き合って口や表情から、情報を読み取る必要があります。一般的にはじっと見つめたり、横に並んで話すとき、横目でみたりは失礼にあたるかもしれませんが、聴覚障がい者にとっては必要なことなのです。
そのため、聴覚障がいを持つ従業員とコミュニケーションをとる場合は、必ず顔が視界に入るよう心掛けたり、何かの合図を送るときは、動きと一緒に伝えたりする必要があります。また、しっかり伝わっているかどうか、しっかり確認することや、明確な指示を書いたメモを残してあげたりすることも、円滑な業務を進めるために必要なことだと言えるでしょう。

聴覚障がい者の、ビジネスマナーに関する取り組み
一方で、マナーに関してはどう取り組む必要があるでしょうか。聴覚障がい者でないなら、マナーがなっていないと、単純に指導することができるかもしれませんが、耳が聞こえない場合は、聞こえないなりのマナーを、一緒に考えて教えていく必要があります。
まず取り組めるのは、メールなどの文章上のマナー。「これが間違っている」という教え方ではなく、正しい例文を見せたうえで、表現をひとつずつ丁寧に教えていきましょう。文章を通して指摘していくことで、言葉使いなども一緒に学ぶことができます。
また、聴覚障がいを持っている側の人が、しっかりと口や表情を見る必要があることを、相手に伝えることも、すぐにできるマナーのひとつです。相手にとっても、必要なことであるとわかるなら、不快に感じる可能性が低くなります。
聴覚障がい者にとって、一番起こりやすいのが、職場での孤立。ただそれは、聴覚障がい者だから、というわけではなく、周りの人間が、ふさわしいコミュニケーションをとれていないのが原因です。正面で向き合って話すこと、確認すること、メモを残すことなど、耳が聞こえていれば、つい簡略化してしまいやすいことを、疎かにしない心がけが大切です。しっかりとコミュニケーションが取れるようになれば、ビジネスマナーも少しずつ覚えていくことができるはずですよ。


障がい者雇用のことならなんでも相談ください
株式会社スタートラインは、様々な障がい者雇用支援サービスを提供しております。
興味をお持ちいただけた方は、まずお気軽にご相談ください。




===========================





あなたはこの記事を読んで、どう思いましたか?


聴覚障害者雇用に対して、自信が持てるようになったか?

参考になったか?

いやいや、まだまだよくわかんない・・・・ところか?

聴覚障害者の採用なんて全然、無理無理・・・ですか?




実は私は、株式会社スタートライン
https://start-line.jp/

のスタッフを交えた面接試験で落ちています。
まだ最近のことなので、このことをよく憶えています。
職場見学会&面接会の日時は5月17日(木)10:00から。
株式会社スタートラインの担当者は「太等」(ふとら)という珍しい姓の30代ぐらいの女性。


https://start-line.jp/business/ibuki


この写真に写っている、後ろにまとめたロングヘアの女性の人が、太等氏だ。

その人が面接で、こう言っていたのだ。

「両手で何かを持っていて筆談ができないこともあるので」

この言葉が書いてある

『元記事』; ここをクリック

が当ブログに残っている。



そんな言葉を聞いているのに、
株式会社スタートラインのウェブページには、
上の記事が載っている。

呆れてしまう。
建前だけこう言っておいて、実際はやらない・・・・。
わかったふりをしていて、やらない・・・・。
やはり、健聴者は結構な身分だ。
所詮、自分たちの特権に甘えている連中だ。


面接が始まる前、

「わからなかったら筆談します」

と言っておきながら、全然筆談なんてしない。
それで答えてもらわないと困る場面だけ、筆談する。
ずうずうしいね。
一方通行なのだ。

わからなかったら???
それじゃあ、遅いんだよ!
だから、下らないミスが何度も起きるのだ。


面接前に通訳者を同行させたほうがよいかどうか、
大学側にも事前に確認メールを入れておいたのに、
「こちらで筆談します」と、
お決まりの一方通行で伝えられるだけで、
どうせいつも、後はこうなるのだ。
健聴者がよくやる、ごまかしのパターン登場である。
彼らの“想像力の欠如”が生み出した、ミスマッチである。

太等氏は、パワーポイント資料(紙文書有り)を併用して、
見学会&面接会で説明を行っていたので、
私は「これが筆談の代わりになっている」と思っていたが、
実際にどうなのかは、聞き取れていない私には勿論、
わからない。
聴覚障害者の立場から言えば、そこは後になって疑問が
起きる結果になったと思う。

聴覚障害者にとっては大事な面接日の当日になって

「両手で何かを持っていて筆談ができないこともあるので」

では・・・・。
「都合の良い言い訳」と受け取られても仕方がないのでは
ないだろうか?

なぜ、最初から筆談をしないのか?
これも、もうわかっている。
聴覚障害者でも声を聞き取れる人しか、
採用しないつもりだったからでしょう。
要するに、面接は音声での聴力テストですよね。
さらに、質問の中には

「今後、聴力がさらに落ちていく可能性はありますか?」

「聴覚障害について、今も病院に通院をしたりしていますか?」

といった、入念なチェックをしていましたよね。
障害があるのだから、当たり前なのでは?
想定内ではないのですか?
実際、進行性難聴障害の人は将来、悪くなってゆく人だっています。
応募者のマイナス面、リスクばかり探り出そうとしていて、
その人の得意なところはほとんど、知ろうともしないのです。
そうやって、聴覚障害者を篩い分けするのを、
「クリーミング」と言うのです。
労働市場だから、誰を雇うか決めるのは当然向こうにあるが、
この人は自分に都合のいい“障害者ロボットマシン”が欲しいだけなんだよね。


『障害者間格差=不公平社会をつくるもの』
[ 2012-08 -28 19:21 ]




そういう採用手法は「合理的配慮」ではなく、「クリーミング」「差別」というのだ。



他にいた応募者は40~50代の男性2人だけ。
障害があるとは一見、思えないような、軽度かと思われる
障害者だったが、二人ともなせか、支援員が付き添いに
来ていたほどだから、やはり何か重大な障害があるのだろう。

耳は聞こえる人たちだったが、実技テストを見ていた限り、
そんなに優秀そうな人でもなかった。



(実技テストの内容は、主に下の通り。

・ハーブの種を10個、ピンセットで正確に取り分ける。
ハーブの種類はスペアミントだったと思う。

・鉢に土を盛る。

・苗の上方の、余分な葉を切り取る。

・苗の下の枝をハサミで斜めにカットする。
それを用意しておいた鉢に植樹する。

・机の上に落ちた土をきれいに取り除く。

・水を正確に32ml、シリンダーで計量する。

など。
要するに、簡単な室内農作業だ。
女性も出来る作業である。)



まさか、その人たちも不採用?
でも、ファームは8月オープンと聞いていたから、
もし人員(7名が定員)が不足したら、
作業のほうも間に合わなくなるはず。

彼らにとって「コミュニケーションが出来る人、障害者」とは、
そういう基準なのだと思う。
わざわざ戸田ファーム(戸田市美女木の向田会館で面接)という、
遠いところまで面接に行っても無駄だった。
最初から「(聴覚障害者は)応募できません」と言ってくれたほうが、
良かったものだ。
健聴者には、こんな建前もある。

ファーム運営についての話を聞いたら、

「運営者(雇用主)は学校法人 聖路加国際大学だが、
大学に代わって管理者(多分、太等氏だろうと思う)が
障害者労働者7人を管理し、仕事を進める」

と話していた。
だから、

「聴覚障害者への配慮があるかどうかは、管理者次第です」

とも話していた。
簡単に言えば

「管理者が遣いやすい障害者しか採用しない」

という話になる。
それなら、不採用で良かったかも・・・・と思っている。

多分、この仕事だったら、聴覚障害者よりも精神障害者を
雇用したほうが、管理者にとっては負担が少ないだろう。
ただ、労働能力は聴覚障害者のほうが高い人が多いと思う。
苛酷な労働でも耐えられるのが、聴覚障害者の強みだからだ。
つまり、聴覚障害者は障害者雇用の中でも、
特に「ハイリスク・ハイリターン」型の存在なのである。
それゆえ、彼らを活かせるか活かせぬかは、
雇用主と聴覚障害者の創造力と信頼関係にかかっている。
そのカギが、健聴者でも当たり前なことなのだが、
コミュニケーションなのである。
健聴者がコミュニケーションの方法を、
ちょっと工夫するだけでも聴覚障害者は、
他のどの障害者よりも大きく成長できるのである。



社名
株式会社スタートライン
英語表記
Startline.Co.,Ltd
代表者
西村 賢治
事業内容
<法人向け事業>
1.障がい者向けサテライトオフィスを活用した障がい者雇用支援サービス
2.屋内農園型障がい者雇用支援サービス『IBUKI』
3.障がい者の職場でのマネジメント及び定着支援サービス『Every Buddy』
4.その他、障がい者雇用支援コンサルティング
5.障がい者向け求人サイト『MyMylink』
6.障がい者専用人材紹介 (有料職業紹介 許可番号13-ユ‐306718)
7.その他、障がい者採用コンサルティング
8.障がい者雇用に関する教育研修・セミナー
9.特例子会社設立支援
10.障がい者職業生活サポートのプロフェッショナル人材の派遣
(一般労働者派遣事業許可番号 派13-305964)
<個人向け事業>
1.障がいのある求職者向け就職相談、カウンセリング
2.障がい者向け教育訓練、研修
<公的機関向け事業>
1.公的機関の受託訓練運営
2.インターンシップ、実習等の受け入れ
資本金
3,000万円
設立
2009年
顧問
社会保険労務士法人すばる
本部機能
東京都三鷹市上連雀1-12-17 三鷹ビジネスパーク1号館3階



IBUKI TODA FARMMAP




〒335-0031
埼玉県戸田市美女木1119





【関連記事】


『「聴覚障害者はマナーができない?」』
[ 2016-02 -26 21:37 ]



これだってね、「マナーができない」のではなくて、
聴覚障害者に情報をちゃんと伝えないことが発端になって、
起きている問題なんだよね。
その単純なことが、健聴者にはわからないだけなのだ。




あなたがもしも本当に、

「聴覚障害者をきちんと雇用したい」

と思うならば、上のような下らない記事など相手にせず、
例えば下の記事を読んだほうがいい。

『「手話はいのち」の意味は、何だろう?』
[ 2017-03 -26 13:36 ]



これが、聴覚障害者の切り拓いた、本当の「歩み寄り」なのだ。
「妥協」と「歩み寄り」は違う。
そこを勘違いするな。

世の中には「妥協しなければならないときもある」というのは、
確かにある。
しかし、妥協から本当にいいものは生まれてこないのだ。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-07-17 07:37 | 就労前の聴覚障害者問題A

障害者差別企業のほうが、儲かっている会社なのか?

これはクレーム・メールでは?
アマゾン・ジャパンを検索してみたら・・・・。

http://bazooo.com/01/archives/2142/




障害者差別企業のほうが、儲かっている会社なのか?

https://seikatsujoho.xyz/amazon%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89/


>「2016年の売り上げは、前年比27%の伸び率で伸長しており、世界ベースで1,360億ドル、日本でも108億ドル(@130円換算で約1.4兆円)に達しています。」

これは、すげぇなぁ。



アマゾン・ジャパン株式会社の聴覚障害者差別事例

『聴覚障害者が、会社面接で落ちる理由』
[ 2013-01 -05 18:00 ]



で結局、障害者雇用促進法の違反金は一体、幾ら払ってんだろう?
現在の障害者雇用率は多分、公表していないのだろう。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-07-08 08:45 | 就労前の聴覚障害者問題A

聴覚障害者が暴露する! “障害者雇用のフロントランナー”ユニクロの嘘

ユニクロの求人票の嘘は、こうやってしか見抜けないようになっていた
『聴覚障害者にできない仕事』
[ 2012-05 -02 11:56 ]



無知な若手現場上司が障害者へパワハラや違法行為を繰り返していた実態
『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について』
[ 2014-04 -27 18:30 ]

[PR]



by bunbun6610 | 2018-06-26 07:52 | 就労前の聴覚障害者問題A

『外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」~ニュースより~』

https://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37949444.html


炎のジョブコーチ
『外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」~ニュースより~』
〔2018/6/2(土) 午前 10:43〕


労働力不足においては待ったなしなのですが、やっと堂々とスタートすることになりそうです。
『外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」』日経新聞2018.5.30(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31103490Z20C18A5MM8000/

そうすると、特に障害者雇用の現場に、たくさんの外国の方が働き、キーパーソンが外国人ということが普通になるかもしれません。300時間の日本語学習N5(日本語能力試験)以下のほとんど話せない方の受け入れも検討するそうです。そうすると、きっと分かりやすくマニュアル化なども必要になります。共通点、共通課題があります。

※関連ブログ記事
『実は、障害者雇用は将来の労働問題に向けての演習だった…』(https://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/33988277.html
『就労支援、遠くない未来予想』(https://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/33635064.html



========================



外国人の労働市場参入増大は、
聴覚障害者雇用にとっては脅威になるのではないか、
と思う。
企業にとって、日本人聴覚障害者よりも、
耳が聞こえて日本語が話せる外国人のほうがいいからだ。


さあ、聴覚障害者はこれからどうする?
このままいくと、ますます就労が厳しくなったり、
働けても職域差別がひどくなることが懸念されるのでは
ないだろうか。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-06-04 22:06 | 就労前の聴覚障害者問題A

障害者差別解消法の矛盾点 ― 聴覚障害者に対する合理的配慮はどこに?

最近、

『聴覚障害者にできない仕事』
[ 2012-05 -02 11:56 ]



という記事がランキング上位に入っている。
なぜだろうか?

ハローワーク専門援助第二部門で就職活動をしても、
「門前払い」になっている聴覚障害者が、
たくさんいるからだろうか?

気になるところだ。

当事者団体はこの問題を、どう考えているのだろうか?





障害者雇用における面接での問題事例
『元記事』; ここをクリック

求人票には確かに、

「※ 必要な合理的配慮についてはお申し出下さい。

※ 業務上の配慮等の確認のため、
障害の状況や配慮事項等を可能な範囲で
応募書類にご記入下さい。」


と書いてあるが、実際に電話問い合わせをしたり、
面接に進めた場合ても、
そこで筆談や手話などの合理的配慮を求めると、

「筆談ができる状況ではない」

「手話が出来る人がない」

「聴覚障害者を雇用した実績がないため、
配慮の仕方がわからない。
受け入れ態勢が整っていない為」

といった回答が多く寄せられる。
「合理的配慮」は、何のために法律で定められたのだろうか?





==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成30年4月12日
紹介期限; 平成30年6月30日

求人番号; 13010-47652681


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 学校法人 聖路加国際大学

所在地;
〒104-0044
東京都中央区明石町10-1

ホームページ; http://hospital.luke.ac.jp/

Eメール; human@luke.ac.jp


就業場所; 転勤の可能性なし
〒335-0031
埼玉県戸田市大字美女木1119番地 戸田ファーム内

JR埼京線 北戸田駅下車徒歩14分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)屋内農園での栽培・加工業務

仕事の内容;
屋内型農園でハーブ等の水耕栽培に従事して頂きます。

※ 管理者(指導員)が常駐し、丁寧に指導いたします。

・栽培業務; 水耕栽培の装置で、種まき~収穫までを行います。

・加工業務; 収穫したハーブを乾燥機にかけ、
ハーブティー等に加工・ラッピングして出荷します。

・その他、清掃や日報作成(手書き)、それに付随する業務

* 7月~新規開設する事業所でのお仕事になります。
* 雇用期間は原則1年契約(更新)となります。

雇用形態; 正社員以外非常勤職員

雇用期間; 雇用期間の定めあり
平成30年7月1日~平成31年3月31日
契約更新の可能性 あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 128520~128520円

賃金形態; 時間給 1050円~1050円

通勤手当; 実費(上限あり 毎月150.000円まで)
マイカー通勤; 不可

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 10:00~17:00

就業時間に関する特記事項;

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日; 土日祝

その他の場合; 年末年始(5日)

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
エレベーター; 無
障害者用トイレ; 無
建物内車椅子移動スペース; 無
マイカー通勤; 不可
建物段差; 有
階段手すり; 有
洋式トイレ; 有

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出下さい。

※ 業務上の配慮等の確認のため、
障害の状況や配慮事項等を可能な範囲で
応募書類にご記入下さい。

※ 作業着は弊社から支給いたします。




〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体;  1.953人
就業場所;     0人
(うち女性      0人)
(うちパート    0人)

創業; 明治34年

資本金; 

労働組合; あり

事業内容;
聖路加国際病院および聖路加国際大学の事業運営

会社の特徴;
・外国から訪れる患者が多数
・100年以上の歴史ある病院

代表者名; 福井 次矢

定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 120日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤7人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付)
③職務経歴書
〔特記事項欄参照〕
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 20日後

結果の通知方法; 郵送

試用期間; なし


〔備考〕
【お問い合わせ・履歴書の送付先】
〒230-0071
神奈川県横浜市鶴見区駒岡2丁目7番29号
当社採用事務局宛 050-5893-1785

* ファーム説明会&ミニ面接会を5/14(月)、
5/17(木)に実施予定です。
少しでも興味がある方は上記までお問い合わせ
ください。

* 交通費支給上限は非課税限度額まで。




担当者; 採用事務職





==========================

[PR]



by bunbun6610 | 2018-06-01 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A

健聴者がいると、聴覚障害者は排除されるのが宿命だ

『障害者雇用 - 株式会社コメダ』
[ 2018-01 -23 18:30 ]

[PR]



by bunbun6610 | 2018-03-09 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A

国が払う障害者雇用助成金は丸々、会社のものになるだけなのか?

『障害者雇用助成金の問題点』
〔2012-02-01 19:47〕


会社はこの貰ったお金を、一体何に遣っているのだろうか?
業績好調の企業は、一体何に?
反対に、経営的に苦しい会社は、事業の運転資金か?
[PR]



by bunbun6610 | 2017-09-24 06:43 | 就労前の聴覚障害者問題A

24時間テレビ ――日本理化学工業株式会社の障害者雇用

今年の24時間テレビでも紹介されたエピソードである。


東洋経済ONLINE
〔2015年9月29日〕
『日本理化学工業はなぜ知的障害者を雇うのか
幸せを提供できるのは福祉施設ではなく企業』
http://toyokeizai.net/articles/-/85974


日本理化学工業株式会社
http://www.rikagaku.co.jp/index.php


『~日本理化学のもう一つの使命~』
http://www.rikagaku.co.jp/handicapped/chairperson.php



障害者を初めて雇用することになったきっかけは、
近所の養護学校の先生が、
卒業生の就労受け入れを熱心にお願いに来たからだという。
最初は慈善でもなく、同情で

「2週間程度の就労体験だけなら」

ということで受け入れたそうだ。

ところが、実際に障害者が来てから、
この企業は丸ごと変わったという。
会社の発想が変わった。
発想力が広がったといえようか。
働く障害者にも合わせて作り変える、という企業に。
企業も、そこで働く人がいるから、
社会貢献も儲けることもできるのだという考え方に。
リッツカールトンホテルでは「人が財産」だと言われていたが、
この会社もそうだった。

他の会社ではなかなか見ない例だ。
しかし、基本中の基本の考え方である。
だから『日本でいちばん大切にしたい会社』に選ばれ、
紹介されたのだろう。

数年前にこの会社のことをこの本で知ったが、
映像を見るのは初めてだった。
働いていた知的障害者はまさに熟練者となっていて、
驚くべき正確さと集中力で仕事をしていた。

それは、障害者が職場で孤立しているのではないからだ
ということが、よくわかる映像だった。
社長も含めた、彼らへの信頼と暖かい眼差しがあるように感じた。
それがかえって、彼らにも厳しい職人気質を生んでいたのだろう。
相互依存、相思相愛の結果だ。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-08-27 23:01 | 就労前の聴覚障害者問題A

企業の聴覚障害者差別を見過ごすサーナ(Sana)

「今は経済状況が非常に厳しい時代なので、
筆談や通訳の配慮は、障害者も我慢しなくては
なりません。」
(サーナ)


『難聴者の会社面接対策(2) サーナの面接アドバイス』
〔2011-07-06 20:37〕


より。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-08-20 23:17 | 就労前の聴覚障害者問題A

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン『ラ・ステラ』
E.ネッツトヨタ東京
F.マルハン
G.順天堂
H.カラオケ館
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ