カテゴリ:社会( 119 )




新実元死刑囚らが手記残す 死刑制度に疑問も


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180724-00000041-ann-soci


新実元死刑囚らが手記残す
 死刑制度に疑問も


7/24(火) 17:15配信





死刑が執行される直前、オウム真理教の元幹部
2人が手記を寄せていました。

 オウム真理教の元幹部・早川紀代秀元死刑囚と
新実智光元死刑囚は6日に死刑が執行されました。

2人は執行前に死刑の廃止を求める市民団体に
対して手記を寄せていて、団体が25日付の会報で
公表しました。

このなかで、早川元死刑囚は

「被害者やご遺族の方々らに対する申し訳なさは、
事件発覚から23年経った今も薄れることはない」

と謝罪の気持ちをつづりました。

また、新実元死刑囚は

「どんな悪人であろうが、生きて償うことの方が慈愛に
満ちた行為の選択」

と死刑に反対する考えを示しました。

一方、事件ついては

「今は償うことだけしか頭にない」

「責任を真摯に受け止め、反省の日々を送る所存」

としています。


最終更新:7/24(火) 17:31
テレビ朝日系(ANN)



===========================





憎しみで死刑にしても、遺族らはまだこう言う。

「死刑になったからといって、
殺されたわが子が生き返るわけではない」

つまり、憎しみも消えるわけではないのだ。



イエス=キリストの赦し

罪のない自分が死刑にされるというのに、
彼らを全て赦す、と言い切るのは、
よほど強い心を持った人でなければできないだろう。
ところが、イエスはそれでも弟子たちに、

「(私がしてきたのと同じように)赦しなさい」

「互いに愛し合いなさい」

と教える。
厳しさとは、こういうことなのだろう。
逆に言えば、弱いからこそ、赦せない。

死刑を望む人は、その教えを実行していない人ということになる。
結局は、その罪を犯した人と同じ人間に過ぎないのである。
無関係の人間が、とやかく言うことではないが、
同じ人間だというのならその人に、人を死刑にする資格など、
あるのだろうか?


·警察署の保護室の中で、わかったこと
[ 2016-08 -12 19:30 ]

[PR]



by bunbun6610 | 2018-08-07 19:31 | 社会

、「憲法改正は重要なテーマだ。今がチャンスだ」


安倍首相3選有力
 =無派閥、地方にも広がり
  ―自民総裁選


時事通信社 2018年7月25日 18時34分

9月の自民党総裁選で、安倍晋三首相の3選が有力になってきた。
岸田文雄政調会長が24日に首相支持を表明。
首相側近の菅義偉官房長官は無派閥議員の囲い込みを進め、
既に国会議員票(405)の7割前後を固めたとの見方がある。
首相は25日、対抗馬となる石破茂元幹事長を地方票でも
圧倒しようと地方県連関係者との面会を重ねた。

 首相は国会議員票のうち、出身派閥の細田派(94人)、
麻生派(59人)、二階派(44人)の3派に加え、
岸田派(48人)の支持も得たことで、6割超を確保した。

 約70人いる無派閥議員についても、約50人が首相支持との
観測がある。
菅氏は衆院当選4回以下の議員十数人と「ガネーシャの会」を
つくって定期的に会合。
参院議員10人強との会も持っており、約30人が「事実上の菅派」
と目されている。
このほかにも首相支持が20人程度いるとみられる。

 地方票対策も着々と進めている。
首相は25日、衆院議員会館で東京、神奈川の地方議員らとの
会合に出席し、

「憲法改正は重要なテーマだ。
今がチャンスだと受け止め、賛同、協力をお願いしたい」

と述べた。
改憲論議が停滞する中、3選後の改憲実現に意欲を示したものだ。





========================






は?
憲法改正って、政治主導でやるものなの?

政治家(というよりも、与党が)が、自分が仕事をしやすいように、
憲法を変えてしまうことじゃないのか?
今の子供たち、そしてこれから生まれてくる子供たち、
この国の未来のために、今何をすべきなのか考え、
行動するのは大人の責任だ。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-07-26 08:08 | 社会

安倍首相「いよいよ改憲取り組む時」=自衛隊明記に意欲―改憲集会


https://www.excite.co.jp/News/politics_g/20180503/Jiji_20180503X953.html?_ga=2.9468341.1415933924.1525348841-56123752.1525348841



安倍首相「いよいよ改憲取り組む時」
 =自衛隊明記に意欲―改憲集会


時事通信社 2018年5月3日 17時58分
(2018年5月3日 23時57分 更新)


安倍晋三首相は3日、憲法改正推進派の民間団体が
東京都内で開いたフォーラムに、憲法9条に自衛隊を
明記し違憲論争を終わらせることが「自民党の責任」
とのビデオメッセージを寄せた。
首相は

「いよいよ私たちが憲法改正に取り組む時がきた。
国民の幅広い合意形成が必要だ」

と訴えた。
 昨年、同じ集会へのメッセージに2020年の改正憲法
施行を掲げたことについては

「この1年間で改憲の議論は大いに活性化し具体化した」

と自賛。
自民党が9条改正など4項目の条文素案をまとめたことを
挙げ「議論が深まってきた」と指摘した。

 今年のメッセージには改憲目標の期限を盛り込まな
かったが、首相は

「違憲論争に終止符を打たなければならない。
それこそが今を生きる政治家、自民党の責任だ」

と重ねて意欲を示した。

「わが国の安全を守るため、命を賭して任務を遂行している
者の存在を明文化することで、その正当性が明確化される
ことは明らかだ」

とも強調した。 



==========================







「議論が深まってきた」だと?!

どういう議論をしてきたんだよ!

今まで森友、加計問題ばかりだったじゃないか!

勝手なことを言うな!
この嘘つき首相が。

しかし、解散か選挙前に改憲すれば、
もう目的達成になるのだから、安倍も

「やっちゃえ!」

ムードなんだろう。

一方の野党は、どうする?
阻止に失敗したらそれこそ、ゴミクズ政党と言われる。


戦争に関わることを憲法で定めてしまったら、
太平洋戦争の過ちを繰り返す種になりかねない。
一体何のために平和憲法を守ってきたのだろうか、
と思うが。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-05-04 08:28 | 社会

『妻と籠池氏、どちらが正しいか証明するには第三者必要=安倍首相』

https://www.excite.co.jp/News/world_g/20180326/Reuters_newsml_KBN1H20UW.html


『妻と籠池氏、どちらが正しいか証明するには
第三者必要=安倍首相』

〔ロイター 2018年3月26日 17時56分
(2018年3月26日 22時10分 更新)〕


東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相は26日午後の
参院予算委員会で、昭恵・首相夫人が森友学園の籠池
泰典・前理事長に

「いい土地ですから前に進めてください」

と述べた事実はないとの従来答弁を繰り返した。
籠池氏は23日発言を事実と認めているため、
首相は

「妻と籠池氏のどちらが正しいか証明するには第三者が必要」

と指摘した。
福島瑞穂委員(社民)への答弁。
首相は

「私も妻も認可にも国有地払い下げにも関係ない」

と強調した。
*カテゴリーを修正しました。



===========================





安倍首相の言っていることは、
会社(人事部)の密室で起きている
「障害者辞めさせ工作」にソックリだな。
その場に第三者なんて、果たしていたのかな?
いないから、何とでも言えるのでは?

やはり、こうやって「もみ消し」か?
そうやって逃げ回れるうちは、
いつまでも逃げ回るだろうなぁ・・・・。
やれやれだ。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-03-26 22:37 | 社会

『スマホは迷惑行為を増やす道具なのか?』


仕事の帰りに、JR山手線に乗っていた時のことである。

スマホを見ている男が、ドアの中央に仁王立ちし、
夢中でスマホを見ていた。
電車が停車するとその男の後ろから、
降りようとしているおばさんが男に「どいて」とでも
言いたげに、手を触れた。

やっぱりスマホは使い手にとっては便利なものだが、
周りから見れば自己中心にさせるだけで、迷惑だな。


しかしその一方で、スマホが聴覚障害者にとっては
バリアフリーになったり、
合理的配慮提供の道具になったりすることも、
よくある。
スマホで筆談、メール談話をしてくれるようになったのは、
嬉しいことだ。
狭かった聴覚障害者の人間関係が広がるのだから、
これは非常に大きな利点だ。
[PR]



by bunbun6610 | 2018-03-17 15:03 | 社会

平成29年10月22日執行 衆議院議員選挙


「全体の訪問者数」が27万人を突破!(旧管理画面)




「小池台風で野党側(特に民進党)がバラバラに吹っ飛んだ」

と言ったら、おかしいのか?
それとも、今回の野党分裂は野党再編のきっかけなのだろうか?


一方で、森友学園・加計学園問題とかも、

「これでもう吹っ切れた」

と、してやったり顔をしている議員もいることだろう。


野党もダメだが、だからといって

「他に投票したい議員がいない」

という閉塞的な状況を変えられないのは、
今の状況を打開できない経済分野ともよく似ているな、
と思った。

それに、北朝鮮問題が今回の選挙で、
国防上の支持票にうまく結び付いた感じがしないでもなかった。
今後、改憲論にも拍車がかかりそうだが、
真の平和を願う国家とはどういうものなのかを、
有権者は常に考える事を忘れないでほしい。


アントニオ猪木氏が言っていたが、
今の北朝鮮は本当に、
戦前の日本によく似ている状況だと思う。
しかし、今の若い日本人は、戦争を知らないために、
それがわからないでいるのだ。

人間は、間違いを犯す生き物だ。
しかし、間違いを賢明に認め、正していくこともできる。
判断とはそれを、するかしないかだけだ。
戦争に関しては中間、中立なんてものは、ない。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-10-22 22:36 | 社会

嘘つきの首相がつくった、この国の行く末は?

選挙期間中に突入し

「この国を守り抜く。
政治は国民のもの 自民党」


なんていうウソ広告を出している。
こんなに堂々とウソをつく首相なんて、先進国にはいるのだろうか。
恥ずかしくて

「私は、この国の国民です」

なんて、とても言えない。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-10-18 14:39 | 社会

安倍首相はやっぱり凡人


(サーナ)
「今は経済状況が非常に厳しい時代なので、
筆談や通訳の配慮は、障害者も我慢しなくては
なりません。」

(私)
「経済状況と筆談の配慮をするかしないかの
問題は、別だと思います。」

(サーナ)
「それはそうでうけれども、…」


『難聴者の会社面接対策(2) サーナの面接アドバイス』
〔2011-07-06 20:37〕


より。

安倍首相がやっていることも、これと同じだな。
経済最優先だと思っている。
経済が良くなるまで、みんな我慢しろと言っている。

首相の本質は「凡人」で、真に強い「リーダー」の資質を持っていない。
弱いから強くなる、強くすることができる術を、彼は知らないのだ。
リーダーの条件とは、それを知っていて、実行できる人物なのだが。
「アベノミクス」「1億総活躍社会」という言葉の綾、
まやかしに騙されてはいけない。



職場でも「合理的配慮」をすると、様々な好影響がある。

障害者への合理的配慮を実施する。
     ↓
障害者の能力発揮ができる。
     ↓
国から預けられた「お荷物」と言われていた障害者も、
戦力となる。
すぐに戦力ならなかったとしても、成長が可能になる。
国からの障害者雇用助成金も有効に活用されてくる。
     ↓
職場全体に活気が生まれ、様々な人の能力発揮が
生まれることにより、労働生産性が上がるだけでなく、
様々なアイデアが生まれ、ビジネスチャンスが広がる。
     ↓
社会全体にも、好影響になる。
バリアフリー推進が障害者だけでなく、女性、高齢者、
外国人にもよい社会に変化する。




一方、これまでの自民党政権による社会では、
次のような悪影響が証明されている。

障害者への合理的配慮を実施するよりも、
障害者を家や職場内障害者授産施設
(多くの特例子会社や、一般企業でも障害者配属部署
と呼ばれている部署など)
に閉じ込める。
     ↓
障害者は限られた能力発揮しか、できない。
障害の特性をマイナスと考えるだけで、
プラス思考へ応用する幅が狭くなっている。
     ↓
そのため、「障害者はお荷物」と考えられがちになる。
障害者を単純労働にしか遣わないため、
バリアフリーのアイデアが出てこなくなる。
そのために、ビジネスチャンスが広がらない。
「日本は外交や、外国での商談が下手くそ」
と言われるが、その体質も変わらない。
異なる相手や、文化を理解しようとする精神が欠けている。
障害者の能力発揮不十分だけでなく、
モチベーションも下がり、
職場に悪影響をもたらしている場合も少なくない。
国からの障害者雇用助成金を喰い物にしている企業がたくさんある。
不正受給もあり、企業モラルが悪化しやすい。
     ↓
障害者を雇っても、すぐ辞めてしまう。
障害者雇用が進まない。
企業の違反金額が増える。
そしてその分、利益が減る。
本来は「1億総活躍社会」実現のための、
重要な国策とすべき女性や高齢者、子供、外国人
に対する対策も遅れる。
2020年東京オリンピックをきっかけに、
国際的に日本のマイナス面として評価される可能性もある。



どちらが好ましいかは、言うまでもない。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-08-15 11:24 | 社会

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」


有名な、マザー・テレサの言葉だ。
誰よりも平和と慈しみの世界を望んでいた彼女が、

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」

と言ったのである。
憎しみよりも無関心のほうが、愛からはるかに
遠く離れている、というのだ。

では、今いる多くの、無関心になっている人々には、
愛がないのだろうか。
彼女のこの言葉はまるで、無関心な人たちだけでなく、
憎しみを持っている人たちにも、
何らかの温かいメッセージを送っているように思えてならない。

というのは先日、犬養道子氏が亡くなられた。
私は昔、氏の『旧約聖書物語』『新約聖書物語』を読んで、
非常に感動した記憶がある。
旧約ではとにかく神の、イスラエルの民への聾愛ぶりが
強烈であった一方、民が神を裏切るような行為があれば、
神の怒りも物凄かった。
神との契約とは、そういうものだと知った。
だから愛と憎しみは、表裏一体のようにも思えた。

ところが、無関心は違う。
旧約に登場する神はイスラエル以外の人々に対しては、
無関心だったかもしれない。
無関心は恩恵も怒りも買うことがないが、果たしていいことなのか。
それは、大人が子どもを教育しないのと同じではないか。


昨日、植松聖容疑者の姿が、テレビに映っていた。
内容はわからない。

障害者に無関心な人々には愛も罪もないとされる一方、
障害者に関心を持ち、自分なりに考えた結果、
障害者を憎んで惨殺した植松のほうは、
何でああいうことになったのか。

植松の行為を容認することはできない。
だが私自身、障害者であり、自殺を考えたことは
何度もある。
安楽死を望んでいる障害者だ。
誰も恐怖を味わい、苦しんで死にたいとは思わない。
だが、死にたいとは思っている。

「死んだほうがマシだ」

というのは、ひどい考えかもしれないが、
それでも障害者の心を見た結果なのかもしれない。
そう思うと、植松は決して、障害者の「真の敵」だとは
思えない。
植松には、マザー・テレサの言葉の意味を是非、
よく考えて欲しい。

こんなことを言ったら、殺された障害者やその仲間、
遺族に申し訳ないかもしれない。
だが、植松だけが悪いのではないとわかるのである。
この事件の背景にあるのは、植松という人間を
つくり出した、日本社会の闇、障害者福祉の闇だろう。

憎しみを振りかざす人は裁かれ、無関心な人は
裁かれない。
こんなことが許されているのが、今の人間社会だと思った。

「知らぬが仏」という言葉もあるが、職場でもまさに、
こういう状態であるのだから、企業の腐敗も止まらないのだ。
[PR]



by bunbun6610 | 2017-07-25 14:34 | 社会

障害者雇用みたいなことするのか!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000526-san-pol



丸川珠代氏わずか2人!
 昨年の党員獲得数


〔7/8(土) 10:42配信〕



丸川珠代五輪相(参院東京)が昨年獲得した自民党員数
が2人で、党所属国会議員の中で最も少なかったことが
7日、分かった。
自民党は全議員に「1千人の党員獲得」のノルマを課して
いるが、丸川氏は現職閣僚でありながら遠く及ばなかった。

 自民党は、平成26年から「120万党員獲得運動」を始め、
所属全議員に新規と継続を合わせた党員を1千人以上
集めるよう指示し、達成しなければ不足1人につき2千円
の罰金を命じた。
来年からは未達議員の実名を公表する方針も決めている。

 党関係者によると、昨年のトップは武田良太衆院議員で
1万人を超え、逆に約150人がノルマを達成できなかった。
党執行部は成績優秀者を人事などで優遇するなど信賞
必罰を明確にする意向で、現職閣僚でありながら最下位
の丸川氏に対し、党内から不満の声が上がりそうだ。




===========================




>「自民党は、平成26年から「120万党員獲得運動」を始め、
所属全議員に新規と継続を合わせた党員を1千人以上
集めるよう指示し、達成しなければ不足1人につき2千円の
罰金を命じた。
来年からは未達議員の実名を公表する方針も決めている。」


障害者雇用でも、このタイプの罰金制度があるよな。
本気で取り組むんだったら、罰金額ももっと増やせば?
障害者雇用(法定雇用率)と同じく、

「達成しなければ不足1人につき5万円の
罰金」

https://www.icare.jpn.com/employment_of_people_with_disabilities_levy_system/

なんてのは、どうだ?
[PR]



by bunbun6610 | 2017-07-08 15:58 | 社会

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン『ラ・ステラ』
E.ネッツトヨタ東京
F.マルハン
G.順天堂
H.カラオケ館
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ