蒼穹 -そうきゅう-

今の社会のほうが「障害のある社会」なのか?

魔女のおうち『発達障がいと2次障がい。』〔2017-01-27 13:26〕



「眠れない→鬱になる→受診する→発達障がいが確認される。
運動ができない→学校に行くのが嫌になる→不登校になる
→受診する→発達障がいが確認される。」



この部分に、とても引っかかった。
「眠れない」「運動ができない」は、自覚的症状。
だが、その結果として起こる障害は、社会モデルだ。
もしも、障害を個性、多様性だと認めるようになれば、
社会には障害がなくなる。
逆に言えば、今の社会こそ、「障害」と言えるのだろう。
聴覚障害も同じだ。
だが、難聴者が自覚しにくいのは、
障害がボーダーだからだろうか。


「障がいだから、仕方ない。
そんな気持ちで受け入れると、お母さんの気持ちも
少しは楽になります。

どうして、この子はこうなんだろう?
なぜ、この子はあぁなんだろう?

そんな風に考える日々から見えてくるものは、
マイナスな感情でしかなく、この症状は障がいなんだー
と思えると、対策の方向性が見えてくるものです。
怖がらず、もう半歩前に進むと、見えてくる景色は
違います。
その半歩が、何十年も先には、大きな大きな足跡に
なっているものだったりしますよね。」



そうだよな。
出来ないことばかり考えたって、人間はマイナスに考えるのが
むしろ、普通だよな。
なら、逆の発想をしたらいいんだ。
当たり前のことだが、いやー、いいことが書いてあるよなぁ。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-01-28 17:30 | 障害者問題・差別

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな