蒼穹 -そうきゅう-

聴覚障害における「確率的な能力(障害)」とは

タイム・コンサルタントの日誌から
『マネジメントとリーダーシップはどう違うか』
〔2016-01-25 23:57〕


という記事を読んでいたら

「能力には一般に、確定的な能力と
確率的な能力があります。」


という言葉に、ピーン!と来た。

聴覚障害の説明も、まさにこれが当てはまる
のではないだろうか。

つまり、標準純音聴力検査で調べたデシベル値
が確定的な「能力」
(あるいは「障害」という言葉に置き換えることも)
に例えられる。

一方、語音明瞭度検査によって調べた
パーセンテージは、確率的な能力(障害)に過ぎない。
これは、確定はできないのだ。

なんてね・・・・。
実際には、環境や条件等によって、
常に変わらざるをえなくなるのだから、
当たり前のことだ。

よく「聴覚障害者に理解を」と、当事者は言うが、
理解できるように説明するのは、まだまだ、
という気もする。

健聴者に少しでも理解しやすくなるような説明を
することが、聴覚障害への理解になる、
とも思っているが・・・・。





〔関連記事〕

『朝礼での、聴覚障害者の語音明瞭度は0%』
〔2014-07-26 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-27 09:02 | 聴覚障害

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな