蒼穹 -そうきゅう-

原因不明の頭痛、耳鳴り=長期避難でストレス―福島の女性〔東日本大震災3年〕


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000076-jij-soci



原因不明の頭痛、耳鳴り
 =長期避難でストレス
 ―福島の女性〔東日本大震災3年〕


時事通信 2月26日(水)15時45分配信

「震災関連死」が増え続ける背景には、不自由な避難生活
の長期化によるストレス増大がある。
福島県では、今も2万8000人が狭い仮設住宅での
生活を続け、体調を崩す例が後を絶たない。

 「頭ががんがんし、目まいや吐き気、耳鳴りもする。
どうしたんだろうと不安になった」。

福島県相馬市の菅野アサ子さん(72)の体に異変が
生じたのは、震災から1年10カ月後。
仮設住宅で暮らしていたときだ。

 菅野さんは津波で自宅を流され、避難所の市総合福祉
センターで3カ月間過ごした。
水道や電気が使えるセンターには住民が押し寄せ、
避難者は最大1100人に。
通路、会議室などに人があふれ、

「男も女も35人くらいが一部屋にいた。
寝る場所は長座布団1枚分しかなかった」

と振り返る。

 同居の長男=当時(44)=は津波で亡くした。
その後入居した6畳足らずの仮設住宅では、
弁当も喉を通らず、息子の遺影に話し掛けながら
寝てばかりいた。

「歩くこともないし、話をするのも巡回のお巡りさんだけ。
何もやる気が起きなかった」。

そんなとき、突然の頭痛に襲われた。

 病院でもらった薬を飲んでも治らない。
昨年5月に復興住宅に移り、少し心にゆとりが出たが、
症状は続いた。
同12月、訪ねて来た「相馬広域こころのケアセンターなごみ」
のスタッフの勧めで、併設の精神科に通った。
医師からは避難生活のストレスではないかと言われたが、
原因ははっきりせず、今も頭痛や耳鳴りはやまない。

 ケアセンターの作業療法士西内美菜さんは

「仮設に残った人は『取り残された』という感覚が強い。
体調を崩したり、心の問題が深刻になったりする人は
これからも出てくる」

と話している。

[PR]
by bunbun6610 | 2014-02-26 20:39 | 原発問題

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな