蒼穹 -そうきゅう-

障害者が教師をする意味

『だいじょうぶ3組』(乙武洋匡/著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B63%E7%B5%84-%E4%B9%99%E6%AD%A6-%E6%B4%8B%E5%8C%A1/dp/4062162997


================================


「青柳が、赤尾のほうを見ることもなく話しかけてきた。

『は、はい?』

『昨日の始業式でのあいさつです。
『困っていることがあれば、手伝ってください』
って、赤尾先生にできないことがあるのは認めます。
でも、そのために白石先生がついているのでしょう。
われわれは教師ですよ。
どうして、子どもに手伝ってもらわなくてはいけないんですか』」


================================


実は、私も高校のときは

「将来は教師になりたい」

と思っていました。
でも、すぐに諦めてしまいました。

『耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由』
を著した金修琳氏も、教師になりたかったそうで、
教育実習まで受けていたそうです。

しかし、聴覚障害者が普通学校の教師になるのは、
おそらく不可能だろう。

ろう学校の教師ならいますが、
当時は手話があるということすらも、
ほとんど知りませんでした。


普通学校なら、この小説に出てくる、
青柳先生のように言う人は、
どこにでもいると思いますし、
一見、正論だと思います。

それだけでなく、生徒の保護者からも、
同様に言われたりするかもしれません。

でもそれが正しいのだとしたら多分、
障害者の普通学校教師なんて、
永遠に無理なんじゃないかと思います。


>「われわれは教師ですよ。
どうして、子どもに手伝ってもらわなくては
いけないんですか」



本当に、子どもの助けなしでしなければ
いけないのだろうか?
もしそうならば、障害者が教師をする
意味は何だろう?

四肢に障害があっても介助者がいれば、
健常者と同じように教師という仕事ができることを、
健常の生徒たちに示すためなのだろうか?

でもそれでは、今までの健常者が
考えていたのと同じように

"障害者も健常者と同じようにできるように頑張るべき"

というメッセージを生徒たちに伝えるだけに
なってしまうのではないだろうか。

少なくとも私には、青柳先生はなぜそう言っているのかが、
理解できません。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-25 18:00 | だいじょうぶ3組

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな