蒼穹 -そうきゅう-

栗の渋皮煮

秋の味覚、栗と言えば、マロンパイとか栗のタルトとか、
焼き菓子にピッタリの素材ですよね。

そこで、焼き菓子に使える、
美味しい栗の渋皮煮の作り方を紹介します。


【栗の渋皮煮】

①浄水を沸かして火を止め、すぐ栗を入れる。
 そのまま常温になるまで放置しておく。
 (蓋もラップもかけない)

②プティ・クトー(ペティ・ナイフ)で鬼皮だけをむく。
 このとき、渋皮を傷つけないように、完全に残しておく。
 渋皮を傷つけると、後でどんどん破れてきて、
 煮崩れてきてしまう。

③鍋に浄水、鬼皮をむいた栗、重曹を入れ
 (栗〔中程度の大きさで10~13粒くらい〕、
 水1リットルくらいに、重曹大さじ1~2杯くらい)、
 沸く直前くらいですぐ弱火にし、灰汁をとりながら
 15分間茹でる。

④煮汁を捨てて、すぐ水にさらし、タワシで厚い渋皮、
 竹串で太い筋をきれいに取り除く。
 このときも、渋皮に傷をつけないように、
 ていねいに作業を進める。

⑤また鍋に戻し、浄水と重曹を入れて、
 ③と同様に15分間茹でる。

⑥煮汁を捨てて、すぐに流水にさらしてから鍋に戻し、
 新しい浄水と重曹を加えて、さらにもう一回煮る。
(15分間)(計3回、重曹水を交換して煮る)

⑦煮汁を捨てて水洗いし、鍋に水1リットル、
 グラニュー糖800g、栗を入れて沸かし、
 15分間弱火で煮る。
 煮汁ごとステンレスポットに移して、
 常温で自然に冷ます。
 
 完全に冷めたら、冷蔵庫に入れて保存する。
 数日後には、ほどよい味になる。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-10-09 23:04 | 製菓の話

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな