岡山市立オリエント美術館

岡山市立オリエント美術館

イランやイラクからの美術品が大多数ですが、
不思議な魅力です。
こういう美術館は全国的にも、あまりないのでは
ないでしょうか。
美術品を見て興味深かったのは「合成獣」についての
説明です。

人間は、はじめは見たままに動物などを描いたり
造形していくことから、その美術感覚が養われていった
ようです。
その頃ではまだ合成獣はでてこない、というわけです。

合成獣は、それを考える人間の精神が発達して
こなければ生まれてこない、というわけです。

精神性と合成獣、そして信仰としての神、
これらは関係性があるように思いました。

有名な画家の絵画を見ても、さっぱりわからないの
ですが、オリエント美術館は説明もあるわけだし、
こんなことを考えさせられるのです。
だから飽きませんでした。


a0196876_1527246.jpg



館内には、珍しい中東スタイルのコーヒーを
味わえるお店もあります。
コーヒー豆とスパイスを煮込んで、
その上澄みを飲むコーヒーです。
インドのミルクティーでもお馴染みの、
カルダモン風味です。
スパイスを使ったものを身体に入れると、
疲れが飛び、気分も落ちつきます。
a0196876_15275315.jpg
a0196876_152849.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-30 18:30 | 観光(中国)

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
更新通知を受け取る