わかろうとしない罪

健聴者の主張は

「自分たちが健康な耳を持つ人間であり、
社会の主流派であり多数派だから、
よって、自分たちの考えが社会常識である。
聴覚障害者への配慮など、甘え(特別扱い)に過ぎない」

というわけだろう。
それでは、もしもろう者が多数派の社会になったとしたら、
健聴者はどうするというのだろう。
自分たちは、文句を言うべきではないというのだろうか。

聴覚障害者がノーマライゼーションだの歩み寄りのために、
どれほど目に見えない努力をして、ここまでやってきたかを、
健聴者は全然知らないし、理解もしていないから、
そんな態度がとれるのだろう、と思う。

歩み寄りを一生懸命にしてきた結果がこれでは、
聴覚障害者は、その自分だけでどうしても克服できない壁を、
いったいどうやって乗り越えて行けるのだろうか。
健聴者は、それを考えたことがあるだろうか。

あまりにも残酷だ。
残酷だということも、健聴者にはわからない。
健聴者には「わかろうとしない罪」がある。
[PR]



by bunbun6610 | 2012-03-07 20:32 | 聴覚障害

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
H.カラオケ店
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ