蒼穹 -そうきゅう-

難聴は聴覚障害のなかで、最も理解されにくい障害である

高齢ろう者(ろうあ者)は

「私のときは(今から50~60年前)、
補聴器をつけても聞こえなかった。
言葉がわからなかった。

だから結局、補聴器は使わなくなった」

などとよく言います。

それはそうです。
そんなに昔の補聴器は、本当に性能が悪かったので、
重度聴覚障害者にまで、言葉を聞き分けることは
難しいことも確かでした。

難聴者と違い、重度聴覚障害者は、
この性能の悪い補聴器を装用してろうあ学校に通い、
聴能訓練もしましたが、それでも日本語をマスターできない
人がいました。
その不満をよく私にぶつけます。

そういう事情があって、今の高齢ろう者は補聴器を使わない
人が結構いますし、今の補聴器は性能がよくなったからといって、
装用しても、語音明瞭度まで上がるわけではありません。

だから、装用してもわからなくて当たり前なのです。

良い補聴器と聴能訓練、さらに聴こえに合う環境条件が巡り合えて、
初めて補聴器で言葉を聞くことは成功する、
という事実を、健聴者も高齢ろう者も知らない
(というより、わからない)のです。

だから、難聴者と健聴者、高齢ろう者は理解し合えない
のだと思います。

手話を覚えるのに年齢的限界があるのと同じように、
音の世界でもやはり、音を自分のものにする年齢的限界は
あるのだと思います。
健聴者も高齢ろう者も、それを理解していないようです。

逆に言うと、そうした高齢ろう者には、
難聴者が補聴器を装用しているのを見て

「補聴器をすれば健聴者と同じように聞こえるから、
装用するんだ」

と勘違いしている人もいますが、
これも仕方がないことなのだと思います。

彼らの判断基準は健聴者と同様、

「聞こえるか、聞こえないか」

のどちらかしかないので、その間にも存在する(別の)音の世界、
すなわち難聴の世界はわからないのです。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-02-22 20:19 | 難聴・中途失聴

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな