蒼穹 -そうきゅう-

原罪と死

聖書の中で有名な話に、人間の原罪説があります。
アダムとイブが犯した罪が、人類の苦しみの始まり、という説です。

この話は、世間からはよく嫌われます。

私も

「自分の言うことを聞かないヤツは、
罰として死ぬようにしたのか。
神とは何て、ひどいヤツなんだ!」

と思っていたものです。
(ただし、この解釈はどうも違うらしい)


「主なる神は人に命じて言われた。

「園のすべての木から取って食べなさい。
ただし、善悪の知識の木からは、
決して食べてはならない。
食べると必ず死んでしまう。」 」
        (創世記2章16節)

 →http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%81%AE%E6%A8%B9
 
 →http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%BD%AA

「原罪とはまず第一に神の主権へのさからいであること、
つまりアダムが神に従うのでなく自分自身によって、
本来神にしか判断できない問題である何が善で
何が悪かを判断しようとしたことであると
考えられている。

禁断の木の実とは単に神の指示のたとえにすぎない。
また、神はアダムに直接命令していることから、
本来このさからいの罪はイヴでなくアダムの責任に
帰するものである。」

カトリックの教義によれば「禁断の木の実」は、
神の主権を象徴的に表している、という。
これへの侵害行為がすなわち罪とされるそうです。

でも、よく考えてみると、
人権のことを考えてもそうだと思います。

人権侵害はいたるところで、
よく軽視されていたりしますが、
そのうえ人間は永遠に死ななかったら、
そのほうがよっぽど苦しい生になってしまうと思います。

一体、地球上にどれだけ不幸が広がってしまうんだろう、と。

だから私は、他者への権利侵害の代償は、
たとえ死で償ってもいいものだと、
かなり大げさに思っている。

ただし、それは人が人に対してするのではなく、
神にしか委ねられないことなのだと。

聴覚障害の苦しみを背負ったまま、
永遠に生きたいと思う人なんて、
いないでしょう。

死があることにより、この苦しみにもいつか必ず、
終わりがあると思えるから、
何とか、何とか我慢もするのだと思います。

どうしても我慢できないときもありますが。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-02-01 19:23 | 雑談

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな