蒼穹 -そうきゅう-

筆談してもらう聴覚障害者の心理

筆談してもらうようにお願いすることは、結構大変です。
ですから、それに向けて努力しているときには、いつのまにか、
筆談してもらうことが一つの目標になってしまっていました。
それがゴールだと勘違いしていました。

しかし実際には、筆談してもらっても、
結局、相手の言いたいことがよく分からなかったり、
「意思疎通ができていないな」と感じたり、
一方通行にされることもあります。

一方通行だと、相手の言うことはわかるのですが、
自分は納得できません。
納得できないのなら納得する必要はないのですが、

「何のための筆談だろうか?」

と思ってしまうことだって、あります。

でもとにかく、自分にとっては筆談してもらえて、
やっとコミュニケーションができるようになります。

でも、よく考えて見ると、それで

「コミュニケーションが成立した」

ということとは違うようですね。

やっと筆談してもらえるようになったというのに、
次第にそういうことにも、気がつくようになってきました。

でもとにかく、まずは筆談が始まることが、
自分の人間関係を築くスタートラインになっている
のだと実感します。

よく
「聴覚障害者の人間関係は狭い」と、
健聴者からも聴覚障害者からも言われていますが、
それは多分、こういうことも影響しているからなのでしょうか。

とにかく、せっかく努力して好意的な筆談を得ても、
それを自分で壊してしまっては、
そこまで漕ぎ着けた努力も無駄になってしまうので、
我慢できなくもない限り、ガマンも要るわけです。

筆談してくれる、数少ない健聴者に対しては、
私の心のなかには常に感謝か、
ガマンの気持ちのどちらか、
あるいは両方ともあります。

筆談によるコミュニケーションといえども、
相手や自分のどちらかの一方通行になり、
誤解が解けないままでは、
真のコミュニケーションは成立しないものです。

ちょうど、当ブログ

『難聴者コミュニティ形成の難しさ(4)』
〔2011-08-24 19:40〕


でも、ある難聴者との筆談のズレを述べているように。

a0196876_23281097.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-15 23:32 | 聴覚障害者心理

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな