蒼穹 -そうきゅう-

ものまねタレントのコロッケさんも、難聴(2)

ものまねタレントのコロッケさんも、難聴だった。

前回(1)→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=46339 

の続編(2)です。
 →http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=46824




=======================================




難聴(2)鼓膜なくなっても自覚なし

中耳炎を放置したことで、小中学校時代は痛みや悪臭のする耳だれに悩まされ続けた。
中学2年生になると新聞配達を始めて忙しくなり、ますます病院に足が向かなくなった。

夏休み前のある日。
教室で突然、これまでに感じたことのない激痛が右耳を襲った。
ようやく行った病院で、「真珠腫性中耳炎」と診断された。

中耳炎が悪化することでへこんだ鼓膜にかすがたまり、白いできものが真珠のように
膨らむ病気だ。
炎症を起こしたこのできものが、耳の組織や骨を壊し、脳まで侵すこともある。

診断を受けた時には、右耳はほとんど聞こえない状態だった。
既に鼓膜はなく、聴覚をつかさどる「かぎゅう蝸牛」という組織も元の形をとどめて
いなかった。

「徐々に聞こえなくなったので、自分でも意識していなかったんです」

医師に「早く手術しないと、死ぬよ」と言われ、夏休みにできものを切除し、
足の皮膚を鼓膜代わりに移植する手術を受けた。
聴覚はほとんど戻らなかった。

「最初はショックでしたが、左耳は聞こえるんだからいいかって。
気持ちの切り替えは早かった。
貧乏生活が長かったので良い意味であきらめが早いんです」

教師や友人にも、病気や手術のことは言わなかった。
「言ったところでどうなるわけでもないし」。
気を使われるのもいやだった。
(2011年9月8日 読売新聞)




=======================================



「中学2年生になると新聞配達を始めて忙しくなり、
ますます病院に足が向かなくなった。」

「徐々に聞こえなくなったので、自分でも意識していなかったんです」

「医師に「早く手術しないと、死ぬよ」と言われ、夏休みにできものを切除し、
足の皮膚を鼓膜代わりに移植する手術を受けた。
聴覚はほとんど戻らなかった。」

「最初はショックでしたが、左耳は聞こえるんだからいいかって。
気持ちの切り替えは早かった。
貧乏生活が長かったので良い意味であきらめが早いんです」

「教師や友人にも、病気や手術のことは言わなかった。
「言ったところでどうなるわけでもないし」。気を使われるのもいやだった。」

(2011年9月8日 読売新聞)
[PR]
by bunbun6610 | 2011-09-10 23:50 | 難聴・中途失聴

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな