蒼穹 -そうきゅう-

障害者総合福祉法(仮称)の素案


 →http://www.asahi.com/national/update/0830/TKY201108300560.html

「2006年施行の自立支援法は、利用したサービスの一律1割負担が原則。
利用が多い重度者ほど負担が重くなる仕組みのため、障害者の反発を受け、
昨年末の法改正で支払い能力に応じた負担割合に変更。
来年4月から実施される。」


「必要なサービスとして、手話や点字などコミュニケーションや、
日常生活を送るための補装具など6分野を挙げた。
ただ、「無償では国民の理解が得られるのか不安」という意見もあり、
「高額な収入のある者には収入に応じた負担を求める」とした。」


労働の場面で必要とする情報保障・通訳と、日常生活に必要な情報保障・通訳は
異なります。

新法では、日常生活での通訳にも、収入により、障害者の自己負担金もあるのでしょうか?
もしそうなれば、内容的にも今より悪くなってしまいますね。

聴覚障害者団体はこれまでもずっと、完全無料実施を要望していますが。

現在の聴覚障害者向け通訳費用は、国が45%負担、区市町村が45%負担、
そして残りの10%が障害者の自己負担となっています。

ただ、今までは区市町村の判断で、障害者負担分も区市町村が負担している
地域もあります。

今度はどうなるのでしょうか?

a0196876_20453153.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-08-31 20:49 | 情報保障・通訳

ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題I
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

検索

ブログパーツ

イラスト:まるめな