タグ:職場内障害者授産施設 ( 306 ) タグの人気記事


就労後の聴覚障害者問題G

2017年2月9日(木)

2017/02/09/08:02〕受信

件名; 『Re;提案(2017年2月8日)』

内視鏡室

■■様

おはようございます。

メール拝見しました。

T課長へも転送しておきます。

今後もよろしくお願いします。

看護部事務室 M K

2017/02/10/3:39〕送信

件名; 『2017年2月9日(木)のこと』

看護部

T課長へ

この話は、他へ口外しないで下さい。もう職場での人間関係にも自信がなくなってきて、疲れてきました。内視鏡室洗浄員は結局、みんなバラバラです。言えば、下っ端の私だけが、苦しい立場に追い込まれるだけです。シワ寄せが来るのは、いつも下っ端なのです。

『ジュンテンドウ医院内は、やっぱり派閥が出来ていて、意思統一なんか出来ていない?』

17時退勤時、Kさんから、また文句を言われた。フジノン・スコープのほとんどは午前中に私が洗っておいたが、今日は珍しくそのままで、誰も洗浄機にかけていなかった。漏水検知もやっていなかったらしい。今まではこんなことはなかった。それを見て、一人で残ってやっている菊地さんが

Kさん;

「このままにしておくのはどうかと思う。あなたは出来ないの?」

私;

「いや、私はまだやり方を教えられていないので、出来ません」

Kさん;

「漏水検知も出来ないの?」

私;

「やり方を知らないので出来ません」

Kさん;

「なぜ『教えてください』って、言わないの?」

私;

「いや、いつもは他の誰かがやっています。(だから、私の担当ではないと思っていました。)今日はなぜか、誰もやらなかったので、私自身『珍しいな』と思っています。それに、一人で洗い場をやっていたので、とてもそんな余裕はありません」

Kさん;

「TAさん、Oさん、TOさんもいたのに、誰もやらないのね」

私;

「そうでしたね、今日は」

Kさん;

「こちらにも落ち度はあるけど、どうして『教えてください』って言わないの?」

ここまで話を聞いたら、「またかよ?!」と思えてきた。私はまだ入学して1ヶ月しか経っていなくて、知らないことが多い。何を聞いてやるべきなのかもわからない。そんな新米をいじめるように、言葉責めにして自分の不満を発散させているようだった。丁寧な筆談で指導してくれていることはありがたいが、なぜ私にここまで矛先を向けるのかが、理解できなかった。

思い起こしてみると、いつもはSさんかTAさんのどちらかが、フジノン・スコープの洗浄作業を、お昼にやっていた。私が12時半から1時間、昼食に行っている間に、やっていた。私が戻ってくるまでの間に、フジノン・スコープの洗浄を終わらせるのが、もう一人の洗浄員の仕事だった。しかし今日はOさんを残して、私が12時半に昼食に行った。そして13時半に私が洗浄室に戻ると、なぜかTOさんが一人で回収したスコープの洗浄作業を、誰かとおしゃべりをしながら、ダラダラとやっていた。フジノンはまだ残っていた。菊地さんの話を聞いた限りでは、徳光さんも出来るようだが、なぜかやっていなかったのだ。この時間に誰かがやらないと、またすぐに忙しくなってしまうから、もうやる時間がなくなってしまう。それが問題点であり、原因だ。

その後、Oさんも戻ってきた。Oさんは8時出勤だから、本当は私と同じ、12時半からの昼食だったらしい。だから、TOさんに交代してもらったのだろう。問題は、診察時間が終わった12時半頃からの間にいたTOさんが、フジノンをやらなかったことがいけなかったのではないか。夕方頃だったか、TOさんが「フジノンはあなたがやらないの?」と聞いてきた。「寝耳に水」とは、このことではないか。しかし当然、「私はやったことがないので、わかりません」と答えた。この会話はすぐに途切れた。

そして17時退勤になって、Kさんがやり残したフジノンを見て、文句を言い出したのだ。

TOさんは今日の15時45分ミーティングの時も、私に対してだけ、なぜか攻撃的で、「キッチン・ペーパーを畳んでいるのはなぜ?」とか、「スコープに防護カバーをつけないのはルール違反」という指摘をしていたようだ。キッチン・ペーパーを畳んでおくのは、時間効率を上げるため、と説明したが、本当はTOさんが以前やっていたの見て、マネしたのがきっかけだった。しかしその後、TOさんが「あまりやらないで。衛生上不潔だから」と言っていた。

「あまりやらないで」ということは、「当面使う分なら、やっておいても構わない」という意味だと解釈していた。ところが、今日のミーティングではKさんとN主任が、「今度からは使う度に1枚ずつ出して。ホルダーを設置した意味がなくなるから」と言った。それに対し、「それでは時間がかかってしまう。しかも、濡れた手で取るので、かえって不衛生になる」と指摘。すると、「濡れた手で取らないで」「なら、別のペーパーで手を拭いてから?」「そう」「時間が余計にかかってしまいますが?」「それでもいい」「わかりました」というやりとりになった。

防護カバーも、本当は装着して洗浄をしている人はあまりいない。その時もOさんが洗っていたが、防護カバーをつけていなかった。私の影響かもしれないが、私は理由を書いて今日のミーティングで出してみた。「工夫してやってみて」と言われたが、こんな単純なことに工夫する余地があるとは思えなかった。工数が増えて面倒になるので、「時間がかかっても良いか?」と質問したら、「急がないから、それでもいい」という回答だったので、明日からそうしてみることにした。

さらに、回収用黄箱についても、徳光さんが指導してきた。「Kさんが毎晩洗っている。洗った箱は洗浄室シンク斜め上の棚と、洗浄機上の棚に保管している。だから、使用中の箱はそこには置かないで。Kさんからの指示です」と言われた。私が「高過ぎてしまっても困ります。他にはどこ置けますか?」と聞いたら、「隣の台の上に置けます。2台ありますから、使って下さい」と答えた。それで、その通りになるよう、すぐに変更したのだが。

私はさらに「1月にN主任に『この棚(シンク近くの上の棚)には置いてもいいですか?』と聞いたら、『いい』という返事でした」と言ったら、TOさんは「主任がそう言ったのなら、それでいい」と言っていた。それはそれでいいが、それでは、洗った箱と使用済みの箱の区別はどうなるのかと心配したので、「今日のミーティングでN主任とKさん聞いてみます。それぞれの定位置を決めたほうがいいと思いますので」と言った。

ところが、Kさんが出勤してきて、TOさんが真っ先に確認を取ったらしい。その結果をまた、私に報告してきた。「黄色い箱は、どこでもいいって」。最初に言っていたのとは、まるで違っていた。

さらにKさんが、2台の台の上に(使用済みの)黄箱が置いてあるのを見て、怒り出した。「ここに置いてはダメ」。私はもう「またか?」と気づいていた。TOさんに指示されていた内容は言わず、抵抗しなかった。で、大人の対応として「そうなんですか? どこへ置けばいいのですか?」と言うと、「洗浄機上の棚に置いて」と言われた。

もう本当に、ここの職場の上司・先輩の指示出しというのは、いい加減。呆れてきてしまった。誰も改善案や意見を言わなくなるのも、分かる気がしてきた。言ったところで結局定着せず、コロコロと変わり過ぎるのだ。



[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-09 21:00 | G.有名私立大学病院

就労後の聴覚障害者問題G


2017年2月8日(水)

私;

「『汚いからダメ』はわかりましたが、ではどうすればいいのかを教えてくれないと、次に役立たないと思います」

Kさん;

「汚い洗浄機に入れたら、アルコール・フラッシュはできない。また2番洗浄からやらないといけなくなる。ムダでしょ」

私;

「ムダにならないようにするには、次にどうすればいいのですか?」

Kさん;

「だから、そこは汚いからダメなの。わかった?」

私;

「それでは具体的でないので、わかりません」

Kさん;

「汚いから、そこに置いたらダメ」

私;

「それを何回も繰り返し説明するだけで、部下は成長できると思いますか?

で、これは私はわからないので、やらなくていいですね。わからないことは、次からもできませんから。次はもうやりません」

Kさん;

「それじゃ、成長しないでしょ」

私;

「わからないことを説明もせず、『やれ』と言っているほうがおかしいと思います。とにかく、わからないことはできないので、他の人に聞いてみます。看護部にもメールで聞いてみます」

Kさん;

「看護部の前に、N主任に聞いてください」

私;

「では、主任に聞いてみます」

Kさん;

「・・・・・」

私;

「もう一度だけ聞きますが、Kさんは説明できないのですか?」

Kさん;

「アルコール・フラッシュは、急がなくていい。2番洗浄をした直後のきれいな洗浄機が空いたら、やればいい」

私;

「なるほど。それでいいのですね。わかりました」

大体、こんな感じだった。



2017/02/08/19:56

看護部内視鏡室

 N主任へ

今日のミーティングでは、色々な議題が出て皆で決定、

という納得できる結論だったので、

今後に期待ができる内容だった、と思います。

ありがとうございました。

いつも言いそびれてしまっていたことがあります。

明日のミーティングでも、いろんな議題が出てきそうなので、

もうこの辺で一応、知らせておきます。

結構、重要なテーマだと思うので。

実は先週、Kさんと少し話し合いまして、

ミーティングにホワイトボードや皆が見える大きさの

筆談ノートを活用してみてはどうか、

という提案をしてみました。

発言者を中央前にして、皆がその周囲を囲むようにして見ます。

今日はOさんはじめ、色々な議題が出たので、

持ち越しになりましたが、

余裕のあった時にご検討下さい。

なぜこの提案をしたのかというと、

Kさんや主任が筆談をして下さるのは大変ありがたく

思っておりますが、そういうコミュニケーション形式になると、

他の皆がわからなくなってしまい、

皆がバラバラになってしまっているのではないか、

と不安にも思っています。

是非改善されるべき、最重要点だと思っています。

問題点を解消するために、意見のある人は誰でも遠慮なく、

ホワイトボードや、皆が見える紙に大き目の字で書いて、

伝えることが大切なのではないかと考えています。

全員参加型のコミュニケーション・ツールを作れれば、

と思いますが。

実は、ジュンテンドウ大学の近くに聴覚障害者が経営している

カフェがあります。

http://signwithme.in/

場所は、東大赤門のすぐ側です。

店内に入ると、壁側に巨大なホワイトボードがあります。

ここにみんなメッセージを書いたり、注文したり、

手話ができない健聴者がコミュニケーションに活用しています。

すると、輪が広がるんですよね。

参考になるかと思います。

ただ、あれこれと工夫をしてみても、やはり自分で一方的に

しゃべることでしか、伝えられない人もいるようです。

なぜかマスクまでしたままで。口を読み取れないようにするためでしょうか?

でも聴覚障害者には、相手の表情をよく見ることで大体、

どんなことを言っているのか、わかるのです。

聞こえないことをいいことに悪口、

陰口を言っていることも、私はわかっています。

新垣隆氏を思い出しました。

あの人は佐村河内氏の罪を利用して、売名行為を行ったのかもしれない、

と私は思っています。

そういうことも、コミュニケーション障害の一つになるんだな、と思いました。

聴覚障害だけが、原因なのではない、と思っています。

またいろいろと書いてしまいましたが、
よろしくお願い致します。

内視鏡室

 ■■



[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-08 21:00 | G.有名私立大学病院

『知的障害のある方の能力開発』



http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37501215.html


炎のジョブコーチ
『知的障害のある方の能力開発』
〔2017/2/6(月) 午後 4:43〕


先日、知的障害のある人がたくさん働く企業に訪問しました。
障害者雇用に取り組んでしばらく経ち、社員の習熟や会社
自体の変化から切り出した仕事も変化しています。
手空きの時間が徐々に増えているとのことで困っておられました。
たくさんの社員が手空き時間が多くなると生産性はもちろん、
空き時間でのモチベーションの低下による仕事へのモラルの
低下が目立ってきました。
担当の方から、知的障害のある人の能力開発はどうするのか、
質問を受けました。

なかなか難しいことに、当初の同社の仕事の設計に、障害の
ある方の人材育成の視点はなく、今でも決められた仕事を
ちゃんとしてくれればいい…といった意識のようです。
決められた仕事が十分ある時代ならそれで済んだかもしれません。
しかし、これからは単一の作業で働き続けることはないでしょう。
急激なビジネスを取り巻く環境の変化はオフィスの様子も
一変しました。
知的障害のある人も「変化が苦手」といってる時代ではなくなって
います。


変化の時代に働き続けるためには、柔軟な働き手に育てるため
の能力開発
がポイントかと思います。
一般社員にはジョブローテーションなどの仕組みがありますが、
知的障害のある社員にも業務を変えたり、教える立場、教えられる
立場など、柔軟性を育む能力開発が有効かと思います。

安全で構造化された中で、環境の変化を設定することは、
将来の変化への対応のための大きな準備になります。

その間、変化するビジネス環境の中で、今後どんな仕事が切り
出せるのか、一般社員の付加価値に貢献するような業務の
切り出しを常に敏感であることが重要です。

人材が負債にならないために、今しないといけないことがあります。




=============================

[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-07 22:10 | 就労後の聴覚障害者問題B

就労後の聴覚障害者問題G


2017年2月7日(火)

『知的障害者には、聴覚障害を理解できるのか?』

ある日、知的障害者のMさんが言った。

Mさん;
「自分の声は聞こえるの?」

私;
「聞こえない」

Mさん;
「どうしてしゃべれるの?」

私;
「子どもの頃からしゃべっていたから、しゃべれるよ」

Mさん;
「自分の声がわからないのに、何でしゃべれるの?」

私;
(もう、うんざりしながらも)
「慣れだな。
ろうあ者はしゃべれないかもしれないけど、
子どもの頃から毎日しゃべっていれば、
聞こえなくなったって、
すぐにしゃべれなくなる、ということはないさ」


こんな感じの会話になった。
Mさんが納得できたのかどうかは、わからない。

聴覚障害者以外の話になるが、
「銀鈴会」という、喉頭摘出者のリハビリ(発声訓練)
をお手伝いする会がある。

https://www.ginreikai.net/

有名人では音楽プロデューサーのつんくさんや、
元衆議院議員・元自民党の重鎮的存在だった
与謝野馨氏も手術後、ここで発声訓練を積み、
声を取り戻したそうだ。

結局、声を出すために必要な身体気管を失っても、
あるいは聴覚障害のように自分の声が聞こえなく
なっても、それは声を出すのに致命的な損失ではない、
ということなのかもしれない。

重要なのは、「音のイメージ力」を保持する脳、
「音の記憶」なのではないかと思う。
これは、脳の問題だと言っているのではない。
正常な脳があっても、それに音の記憶が入って
いなければ、しゃべることは不可能なのではないか、
ということだ。

つまり、脳はパソコンで言うOS、
音の記憶がソフトというわけだ。

ステレオで言えば、脳がアンプ、
記憶がレコード、
耳はマイク、
発声器官がスピーカーに例えられるのかもしれない。

ろう者と中途失聴者は、その点が違うのではないか。
なぜなら、ろう者の場合は手で(あるいは身体全体で)
しゃべるから。
また、言葉(手話)も視覚情報で理解するので、
目は耳のような役割もする。

そうしたことが理解できない人には、

「聞こえないのに、どうしてしゃべれるの?」

という疑問が生じるのだろう。
一極的な考え方だ。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-07 21:00 | G.有名私立大学病院

就労後の聴覚障害者問題G

2017年2月6日(月)



洗浄機

洗浄方式

消毒液

オリンパス製

超音波洗浄機

過酢酸

ジョンソン&ジョンソン

超音波なし

フラタール

【重要】(N主任より)

先日(4日〔土〕?)に、検査室内で患者様がいる時に、接続されていた吸引バッグとチューブを外した。吸引をOFFにしていなかったため、排液が患者様の目に入ってしまった。⇒患者様がまだいる時には、検査室に入らない。もし、どうしても必要な場合だけ看護師が呼ぶことにする。スコープの回収箱は今後、廊下に置く場合もある。

防護カバーがない。

防護カバーが付いていない。回収箱の中に防護カバーが入っているだけで、先端部に装着されていないので意味がない。

洗ったばかりのスコープなのに、「洗浄済み」シールの剥がし残しが付いている。洗うときにもっと注意してほしい。(ミーティングで沖野さんから指摘あり)

防水キャップが付いていなかった。

午前中の洗浄作業中に、確認ミス連発。先端部に黒いゴム輪ついたまま、洗浄してしまった。

TOさんとSさんの言い分について、Kさんから事情を聞いた。

TOさんは「『わからないのでTAさんに聞いてください』と言った」と答えている、という。デタラメだ。なぜこんなウソをつくのか。こういうことを言う場合、普通は顔を向き合って言うはずだ。ところがあの日のTOさんは、私が呼びかけた途端、避けるように無視して行ってしまったのだ。だから全然おかしい。

Sさんは「(■■さんが)わかったフリをしていた」と言っていた、という。これも同じことを繰り返し言い張っているだけで、馬鹿げている。これで誤魔化せると思っているのだろう。やっぱり、Sさんは頭がおかしい障害を持っている人なのかもしれない。

こういう健聴者は、あの新垣隆氏だけじゃなかった。世の中には結構いるものだ。新垣氏は、佐村河内氏の罪を利用して、売名行為をしていたのかもしれない。世間では「いい人」そうに通っているけれども、本当はずる賢いのかもしれない。誰が『FAKE』なのか?

2017/02/06/08:21

内視鏡室 ■■様

おはようございます。

メール拝見しました。

T課長へも■■さんのメールを伝えました。

ご連絡ありがとございました。

看護部 M




[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-06 21:00 | G.有名私立大学病院

『企業支援におけるジョブコーチ新時代』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37497404.html


炎のジョブコーチ
『企業支援におけるジョブコーチ新時代』



このところ、いろいろな資料で企業の雇用管理の
課題が上げられてきました。
そもそも、定着率の低いのは企業の雇用管理が
十分でないからでは…など、進んでいる企業と
進まない企業の差は、明らかに雇用管理をちゃんと
やっているかいないかということがわかってきた
ように思います。

確かに、長く定着している方を見ると、支援機関
の支援が手厚いからでなく雇用管理が上手である
ことに気づかされます。

かといって、実際に多くの企業で進まないのは
「人事の応用問題」ということなのかもしれません。

障害者雇用の主人公は働く人と雇う側。
雇う側が主体的になって職場の雇用管理のノウハウ
が積み上がり、社内によい職場環境がたくさんできる
ことが理想です。
となるとジョブコーチは、職場の問題解決能力を
引き出し、雇用管理のノウハウの積み上げに
貢献する支援が望まれます。
では、どのようなスキルが必要なのでしょうか。
これまでのスキルに加え、職場の人に解決させる
ような支援
が新時代のジョブコーチの支援に
なっていくのでは・・・そんなことを考えています。
もしかして人事の知識や労働の心理学、OJTや
コミュニケーション力などのビジネススキルなど
かと思います。
企業の働く環境の変化は激しいものがあります。
橋渡し役としてのジョブコーチ支援も変化に対応
しなければと思います。





==========================





小山内美智子氏の著書にも書いてあったが、
支援者が主体となってはいけない。

主体性発揮は働く障害者側と雇用者側で
なされるべきだ。

といっても、それがうまくっていないな、
と感じる場合は、どうするか?

(大抵は、うまくいっている企業など
見たこともないのだが)

思い切った支援策を提案してみるのも必要
なのかもしれないが。

責任はジョブコーチが取らされるので、
勇気がいることだが。

聴覚障害者の就労現場で、圧倒的に多いのが、
コミュニケーション問題である。

しかしだからといって、通訳者派遣は絶対に
認められない。

提案することまでは簡単に出来ても、
企業がこれを受け入れるのは不可能なことなのだ。

聴覚障害者就労支援に、新時代は本当に来るのだろうか?





[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-05 15:17 | 就労後の聴覚障害者問題B

『(就労支援)事例研究会に参加して・・・』


http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37492557.html


炎のジョブコーチ
『(就労支援)事例研究会に参加して・・・』
〔2017/1/28(土) 午後 11:41〕


「事例検討で人は育つ」というくらい事例検討は大切です。
先週、ジョブコーチの事例検討会に参加しました。
とても有意義な機会になりました。
1人で解決するよりも、周囲の知恵や工夫を使うこと、
また事例検討から深まったり、広がったり、日ごろの仕事で
カチカチになった頭をマッサージでほぐしている感じです。

そこで感じたことなのですが、各事例の課題のタイトルが、

「…指示に従わない…」

「…集中力がない…」

「…手を抜く…」

など、ちょっとひどいなぁという感じでした。

確かに、行動として表出しているのはそうかもしれませんが、
行動には必ず何らかしらの背景や根拠があります。
人は常にその人が持つ知識や経験をもって、
その場でその人なりの合理的な判断の結果が行動に
なっており、「さぼっている…」と表現してしまうと、
思惟的な方へ行ってしまいます。

事例検討では、その行動の背景に迫ること、
そしてその場の環境をアセスメントしていくことが問題把握
に向かいます。
それがたとえ問題のある行動であっても、
人は瞬間瞬間を精一杯生きている・・・、
決して「さぼっている」わけではありません。

そんな「人」への敬意、大切にしたいと思いました。




==============================




「指示に従わない」というのは、背景に例えば、
その障害者だけを特定した指示出しをしていないだろうか?

「集中力がない」というのも、聞いたことがある。
だが、その文句を言っている本人すら、
ダラダラと油を売っている様な仕事ぶりをしている
のを見ているのだから、
結局は「年寄りの文句」にしか見えない。

「手を抜く」だって、同じだ。
そう言っている自分は、ちゃんとやっているのか?
そういうのを見てきているから、
単に障害者の粗捜しをしているとしか
見えない場合もあった。

キーワードは「障害者奴隷雇用促進法」なのだ。
この考え方に、多くの企業が乗ってきたのだ。
そして障害者も、もうこれに気づいている。



関連性があるのかどうか分からないが、
下の記事も目に留まった。
障害者の仕事のやりがいと障害者の犯罪率とは、
どう関係があるのか、気になるところだと思う。


ところで、就労先でジョブコーチ派遣が
受け入れられた経験はほとんどない。
これはなぜか。

初めは、企業がジョブコーチ制度を知らない
からだと思っていた。
ところが、今までに紹介してみても、

「ジョブコーチ支援は必要ありません。
同じ障害者が働いているから大丈夫です」

といった返事がほとんどだった。
そして就労後はやはりというか、
自分が想定していた通りの問題が起こる。
だが障害者は職場で孤立しているので、
我慢するしかなくなるわけだ。

だが、我慢の限界を超えるストレスが重なると、
犯罪が起きてしまうことがある。
こういう構図が浮かび上がるのだが、
社会(企業)は障害者個人に責任を取らせるだけになる。

それを知っている障害者はそうならないように、
ストレスの逃がし方を知っている。
こうした方が、むしろ重大な犯罪を犯すようなことを
表面化させにくい。
ここにも、あの有名な“ハインリッヒの法則”が
応用できるはずだ。
別に障害者だからというよりも、
健常者だってやっていることなのだ。

健常者にとっても、障害者が

「モノを言う汚れ」

になるよりも、

「モノを言わない汚れ」

になるほうが、有り難いのである。

ジョブコーチなどの支援を受け入れない企業の姿勢は、
江戸時代の幕府が取ってきた“鎖国政策”と似ている。
要するに今のままがいいから、変えたくないのだ。




==============================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00005634-bengocom-soci


知的障害者が転がり落ちていく先に犯罪がある
――弁護士が模索する「福祉」との連携


弁護士ドットコム 2/5(日)9:14配信


「累犯障害者」という言葉がある。知的障害や精神障害があり、犯罪を繰り返してしまう人のことだ。法務省の研究所の報告書によると、知的障害があるか、その疑いがある受刑者の数は約1300人だとされている(2012年調査)。その中には生活環境に問題があるため、犯罪に走ってしまう障害者も少なくない。
「罪に問われた障害者」には刑事弁護だけでなく福祉的な支援が必要だ。そう考えて、司法と福祉の橋渡しをしようと模索している弁護士がいる。支援団体「東京TSネット」の代表理事を務める浦崎寛泰弁護士である。なぜ「罪に問われた障害者」に支援が必要なのか。求められているのは、どんな支援なのだろうか。(亀松太郎)


●前科17犯の男性を鑑定したら「IQ56」だった

東京・飯田橋に法律事務所を構える浦崎弁護士は4年前、刑事事件の被疑者や被告人となった知的障害者や精神障害者を支援するため、福祉の専門家とともに「東京TSネット」を立ち上げた。罪に問われた障害者が犯罪を繰り返さないように、弁護士と社会福祉士が連携して更生をサポートしている。

被疑者や被告人の中には知的障害や発達障害を抱えた人もいる。そのような「触法障害者」には福祉的な支援が必要だという。しかし「弁護士の多くは福祉へのチャンネルを持っていないので、どこに連絡したらいいか分からない」(浦崎弁護士)。そこで、東京TSネットが弁護士と社会福祉士を仲介して、罪に問われた障害者の支援につなげているのだ。

触法障害者の具体的な姿とは、どのようなものだろうか。浦崎弁護士は一つの例として、千葉の法テラスで働いていたときに弁護した「前科17犯の男性」をあげる。傷害致死事件の被疑者だった。

「この男性は軽度の知的障害の人で、環境の良くない福祉施設にいるときに、認知症の老人の世話を命じられました。ところが、知的障害のために世話の仕方が分からなくて、その老人をボコボコにして死なせてしまったんです」(浦崎弁護士)
男性は40代だったが、それまでに17回も罪を犯していた。万引きや無銭飲食などで、刑務所に出たり入ったりすることを繰り返していた。この男性を鑑定したら、知能指数(IQ)は56で、軽度の知的障害と判断されたという。

「実は、知的障害でも最重度とか重度の人は、そもそもコミュニケーションがうまく取れないので、刑事事件になりにくい。事件になるのは、IQが50~80くらいの軽度・ボーダーの人なのです」

浦崎弁護士はこう話す。

「知的障害や精神障害が直接犯罪の原因になるのではなく、障害を背景に貧困やストレスなどの問題に陥り、その結果として犯罪につながる場合が多い。前科17犯の男性の場合も、知的障害があるから事件を起こしたというよりも、適切な支援がないから、いろいろな問題が起きていた。ところが、一応コミュニケーションはできるので、知的障害に気付かれず、支援をきちんと受けていなかったんです」


●社会福祉士と連携して「触法障害者」を支援

この男性の裁判で、浦崎弁護士は社会福祉士と連携して、出所後の更生支援計画を考えてもらった。また、社会福祉士に情状証人として法廷に立ってもらい、裁判員に向かって「きちんと支援できる」とアピールしてもらった。

その結果、求刑10年に対して、判決は6年の実刑判決となった。男性は5年ほど刑務所に入ったが、今回は出所後の支援者がいたので、刑期の途中で仮釈放が認められた。

「出所のときは私も迎えに行きましたが、彼は『出迎えの人がいたのは初めてだ』と話していました。彼のような知的障害者の場合、支援がないからどんどん転がり落ちていって、その先に事件があるんです」(浦崎弁護士)

刑事事件が起きたとき、弁護士はそのような「触法障害者」と接することになる。その際に、ただ単に刑事裁判のための弁護活動をするだけでなく、社会福祉士として連携して、福祉的な支援をすることができれば、「次の犯罪」を防ぐことができるのではないか。浦崎弁護士はそう考えている。

浦崎弁護士が代表を務める「東京TSネット」では、知的障害や精神障害のある被疑者や被告人を担当することになった弁護士に社会福祉士を紹介したり、社会福祉士に刑事裁判の仕組みを理解してもらうための勉強会を定期的に開いたりしている。

「TSというのは『トラブル・シューター(解決する人)』という意味です。社会の中で事件を起こしてしまった人のトラブルを解決できる人を増やしていきたい。そんな思いで、弁護士と福祉をつなぐ活動を続けています」


【取材協力弁護士】
浦崎 寛泰(うらざき・ひろやす)弁護士
1981年生。2005年弁護士登録。法テラスの常勤スタッフ弁護士として、長崎県の離島(壱岐市)や千葉市で活動。現在は、東京都内において、司法ソーシャルワークの視点から高齢者や障害者の権利を護る活動に力を入れている。一般社団法人東京TSネット代表理事。
事務所名:PandA法律事務所
事務所URL:http://panda-law.net/

弁護士ドットコムニュース編集部




==============================

[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-05 14:55 | 就労後の聴覚障害者問題B

就労後の聴覚障害者問題G

2017年2月4日(土)
下記のメールは、人事部・Kさんにもフィルター役としてメール送信してある。

〔2017/02/04/06:39〕
看護部内視鏡室
N主任へ



2017年2月3日(金)のこと&【改善提案】


2017年2月3日(金)
「GHF-H290よ」(上部スコープ)
45度の角度に入れづらい。過去にオリンパスさんにも確認したところ、「内部の繋ぎ目が原因で、仕方がないもの」という回答だったという。

【提案】
提案ですが、下記のような問題が今後も起こらないようにするために、改善案を出してみたいと思います。

【具体的改善方法】
『筆談ノート』を配備し、意思疎通が難しいと感じた場合は、業務にかかわる重要な説明、指示等はこれに書く。(トイレ、食事、日常業務に関する慣習的指示等は除く)
または、Oさんがやってきたように、書いた紙をその日だけ、貼っておく(記録に残す)。万一、問題が起きた場合には、N主任と菊地さんがこれを見て確認する。


【今回起きた問題点】(原因・理由)
「GHF-H290よ」(上部スコープ)の手洗い洗浄中、またブラシが入りづらくて苦戦していた時のことである。垂直方向には簡単に入るのだが、45度の角度は、何度も何度もやってみて、やっと入る有様だった。昨日も、それ以前にも、オリンパス製品ではこの個体だけが入りづらかったので、何か理由があるのではないだろうかと思った。それで、隣で仕事をしていたSさんに言ってみた。Sさんは何か言ったようだが、マスクをしていたから、当然、私から見ると言ったのかどうかもよくわからない。しかしその後、何かを思い出したように、紙に書いて見せてくれた。「真っ直ぐなブラシでやってみてください」とか言ったか、書いていたと思う。私は「真っ直ぐなブラシでやっても、うまくいかないのです。袋から出したばかりの新しいブラシでやっても、この個体だけ、通りづらいのです」と言った。Sさんは「文句言わないで、まずやってみろ」とでも言っているふうな様子だった。私はもう、「Sさんは、今私が言っていることを本当に理解しているのかな?」と疑問に思ったので、「もういいですよ。後でN主任に聞いてみますから」と言ったら、それっきりになった。
そして15時45分のミーティングの時に紙に書いて報告したら(N主任は会議中のため不在で、司会はKさんが担当)、このことでSさんが次のように言った、という。Sさんがしゃべって、Kさんがそれを聞いて、筆談通訳をしたからである。Sさんがきちんとした筆談をしないで、しゃべって言っているだけなので、またこうなった、というわけだ。
Kさんの筆談通訳によると、Sさんの話の要点は次の通りである。

「さっき言っただろう。同じことを何度言わせるのか。時間の無駄だろう。『GHF-H290よ』は、内部の繋ぎ目にどうしても当たってしまうから、誰がやってもそうなるんだよ。オリンパスさんにも報告して調べてもらったが、これだけは仕方がないと言っていたから、仕方がないんだよ。わかったような顔をするな」

というふうに言ったらしい。それで私は、ブラシが通りづらい理由が納得できたと共に、初めて、先頃はSさんと、こういう意思疎通ができていなかったこともわかった。原因はやはり、Sさんが重要な情報を書かないことに原因があるのではないだろうか。重要な情報とは、上にKさんが書いていることなのである。それをSさんは理解しているのだろうか。それと、Sさんは「わかったような顔をするな」と言っているが、そんな覚えはない。むしろ、「もういいですよ。後でN主任に聞いてみますから」と、Sさんにハッキリと言っている。事情を詳しく話したKさんには、「Sさんに聞いてもわからなかったことは、今後も他の人に聞くことを認めてほしい」と伝えた。
このような「言った」「いや、言ってない」というゴタゴタは昔から、他の会社で働いていた時にもよく経験しているので、私は少しも驚きではないが、今後もこうしたことが続くようでは、お互いに気分が「滅入ってしまう」のである。だから、対策を立てることが必要だと思う。
Oさんは今まで、言ったことを紙に書いて貼っている。無神経なところがあるが、これを見れば誰だって、言ったことがわかるのである。「言った」「いや、言ってない」のゴタゴタが起きないという点では名案である。ただ、書き方というか伝え方、文章をなるべくやわらかくしたほうがいい、ということが改善すべき点だと思う。洗浄室で働く人は古い(昔流儀の)考え方の男性が多く、パワーストロークに偏りがちで、それでああいった職場環境になっているのだと思う。佐藤さんは、それほどではなく、むしろ優しい方だが、マスクをしたまま音声言葉を発するクセが多く出てしまい、つい意思疎通が不完全になってしまうことがよくある。これも、年配者に多い傾向である。

〔参考〕
2017年1月18日(水)
面接で騙されたこと。
「マスクはしない」
→実際はマスクをしているし、マスクを外さないでしゃべる人も、かなりいる。特に困っているのは、Sさん。知らない人も、「聴覚障害者です」と伝えると、もう相手にされなくなることが多い。
筆談が苦手な障害者が少なくない。特にSさん。他にもTOさん。年配者なので、文字を書くこと自体が苦手で、文章力がない。
他にも知的障害者がいて、やはり文章を書くのが苦手。論理的説明力が欠ける。その結果、コミュニケーション力不足、指導力不足になっている。字が汚い、たとえ読めても、意味が分からない場合もあった。筆談力(書く力、書いて伝える力)がない。

〔2017/01/18/22:03〕
人事部 K様にメール

学校法人 ジュンテンドウ
人事部人事課
K H 様


お世話になっております。

早速ですが、最近感じたことです。

簡単な言葉ならば、口を見て分かる場合もあるのですが、実際はマスクを外さないでしゃべる人も、かなりいます。
特に困っているのは、Sさんです。
「全員障害者です」と聞きましたが、Sさんは一体、何の障害者なのでしょうか?
Sさんだけでなく、私のことをよく知らない人も、「聴覚障害者です」と伝えると、もう相手にされなくなることがあります。
筆談が苦手な障害者が少なくないと思います。特にSさんはそうです。常に、書くよりもしゃべるほうが先に出てしまい、それが始まると、まるで私にしゃべっているのではなく、周りの人に話す感じでしゃべっているような感じです。全く伝わりません。
他にもTOさんも、かなり似た感じです。年配者なので、文字を書くこと自体が苦手で、文章力がないのも仕方がないと思います。
自身が持っている障害だけでなく、これまでに受けてきた教育的背景もあると思います。
他にも知的障害者がいて、やはり文章を書くのが苦手です。論理的説明力が欠け、その結果、コミュニケーション力不足、指導力不足になっていると思います。字が汚い、たとえ読めても、意味が分からない場合もありました。筆談力(書く力、書いて伝える力)がないとも、言えるのかもしれません。
今日もTOさんやSさんとのやりとりで限界を感じましたし、ナースの方にもコミュニケーション方法のズレを理解していないように思えましたので、途中でN主任と相談し、情報の可視化を訴えてみました。手話は難しいとわかっているので、皆さんが独自に簡単な職場サインを考案し、それ聴覚障害者とのコミュニケーションに活かす、という方法です。亜細亜大学では、聴覚障害者の学生に対し、スクールサインが使われていますが、それと同じことです。音声言語に代わるコミュニケーション方法を使ってみるように、勧めてみました。筆談だけではやはり、限界があると思います。

まだある。午後からは1番洗浄から2番洗浄に切り換えるが、そのタイミングをSさんに聞いても、「やっていれば、そのうちにわかってきます」と言っていた。しかし、いつまで経っても、わかるようにはならない。丁度、手話の勉強に来る健聴者と同じだ。手話学習者が「手話を覚えたい」と一生懸命にろう者聞くと、よく「そのうちにわかってきます」という返答が結構ある。しかし、いつまで経ってもわからないので結局、手話学習者は辞めてゆく。それと同じだ。
TOさんに聞こうとして呼んだが、TOさんはなせかよく、聞こえないフリをして行ってしまう。無視しているようだ。すると残るはTAさんんだけが側にいた。TAさんに聞いたら、「何? アレを見ればわかるだろう?」と言う。
私;「・・・・わかりません」
TAさん;「5番~8番;上部 9番以降は下部! 上部はもう2番洗浄に切り替わっている。下部は8本ある。この表を見ろ! 下部スコープの保有本数だ(Sさんはそこまで教えてくれなかったので、私は初めて見た)。これを見れば8本だと分かる。廊下を見てみろ! 下部スコープは何本ある? 4本だろ。予約表には現時点で残り3人となっている。そうすると、余りは? 4-3=1本だろ。だからもう、2番洗浄でいい、ということだよ!」
TAさんはいつもこういう強烈な教え方なのだが、論理的でわかりやすい。非常に頭がいいと思う。
指導役がなぜSさんなのかが、わからない。Sさんは、単にやさしいだけなのかも。いや、経験と知識力はあるが、伝え方が下手というか、苦手なのだろう。


看護部内視鏡室
 N主任へ


先に送信したメール文に追記します。
よろしくお願いします。

内視鏡室
 ■■


〔2017/02/04/20:00〕
件名; 2017年2月3日(金)のこと。【追記】
看護部内視鏡室
 N主任へ


先に送信したメール文に追記します。
よろしくお願いします。

内視鏡室
 ■■



「Kさんの筆談通訳によると、Sさんの話の要点は次の通りである。

「さっき言っただろう。同じことを何度言わせるのか。時間の無駄だろう。『GHF-H290よ』は、内部の繋ぎ目にどうしても当たってしまうから、誰がやってもそうなるんだよ。オリンパスさんにも報告して調べてもらったが、これだけは仕方がないと言っていたから、仕方がないんだよ。わかったような顔をするな」

というふうに言ったらしい。それで私は、ブラシが通りづらい理由が納得できたと共に、初めて、先頃はSさんと、こういう意思疎通ができていなかったこともわかった。原因はやはり、佐藤さんが重要な情報を書かないことに原因があるのではないだろうか。重要な情報とは、上にKさんが書いていることなのである。それをSさんは理解しているのだろうか。それと、Sさんは「わかったような顔をするな」と言っているが、そんな覚えはない。むしろ、「もういいですよ。後でN主任に聞いてみますから」と、Sさんにハッキリと言っている。事情を詳しく話したKさんには、「Sさんに聞いてもわからなかったことは、今後も他の人に聞くことを認めてほしい」と伝えた。
このような「言った」「いや、言ってない」というゴタゴタは昔から、他の会社で働いていた時にもよく経験しているので、私は少しも驚きではないが、今後もこうしたことが続くようでは、お互いに気分が「滅入ってしまう」のである。だから、対策を立てることが必要だと思う。
Oさんは今まで、言ったことを紙に書いて貼っている。無神経なところがあるが、これを見れば誰だって、言ったことがわかるのである。「言った」「いや、言ってない」のゴタゴタが起きないという点では名案である。ただ、書き方というか伝え方、文章をなるべくやわらかくしたほうがいい、ということが改善すべき点だと思う。洗浄室で働く人は古い(昔流儀の)考え方の男性が多く、パワーストロークに偏りがちで、それでああいった職場環境になっているのだと思う。佐藤さんは、それほどではなく、むしろ優しい方だが、マスクをしたまま音声言葉を発するクセが多く出てしまい、つい意思疎通が不完全になってしまうことがよくある。これも、年配者に多い傾向である。
Sさんに理解不足な点があると思うので、この際に指摘したい。
マスクをしたまましゃべっても、聞こえない人には伝わらないと思います。それは丁度、盲や弱視の障害者に対し、紙に書いて見せるのに等しい行為に近い。Sさんには、それがまだわかっていないと思う。あるいは、もしかしたらSさんは頭に障害がある人なのかと思う。もしそうならば、もう言ってもムダだから、コミュニケーション方法を変えようと思う。音声言葉を使うのをやめ、わからないと困ることはその度に仕事を中断して手袋を外し、全て筆談で伝えることにする。時間は掛かるが。それに対して、Sさんにも同様に筆談を求める。もし、Sさんにそれができなければ仕方がないので、何か言われても従わないことになっても仕方がない。こういうことになると思う。」


今回のことは、佐村河内氏と新垣氏との対立点
『「矛盾」「食い違い」多数… 佐村河内氏と新垣氏の発言比較』
〔2014-03 -08 00:06〕


■耳はいつから聞こえていたのか

――新垣氏
「私の認識では、会ってから今まで耳が聞こえないと感じたことは一度も
ない」

「彼と普通のやりとりをしていた。
最初は私に対しても耳が悪いということを示していたが、やり取りして
いるうちにだんだん戻ってきた」

「彼が耳が聞こえないというスタンスをとった時期は、35歳頃だったと思う」


――佐村河内氏
「新垣さんに最初は筆談をお願いしていた。
口話でゆっくりしゃべってもらって、わからないところはもう一回お願いします
と何百回も言ってきた」

「音はかすかに聞こえる。
私の障害は、音がゆがんで聞こえるという障害。
耳元で60デシベル以上(の声)で言われても、言葉が混ざったり、
ねじれて聞こえる状態で言葉としては聞き取れません。
(会見で)手話通訳がついているのは、天地神明に誓って、
今も大切で必要な存在です」


と似ていると思う。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-04 21:00 | G.有名私立大学病院

就労後の聴覚障害者問題G

2017年2月3日(金)
「GHF-H290よ」(上部スコープ)
45度の角度に入れづらい。過去にオリンパスさんにも確認したところ、「内部の繋ぎ目が原因で、仕方がないもの」という回答だったという。

【提案】
提案ですが、下記のような問題が今後も起こらないようにするために、改善案を出してみたいと思います。

【具体的改善方法】
『筆談ノート』を配備し、意思疎通が難しいと感じた場合は、業務にかかわる重要な説明、指示等はこれに書く。(トイレ、食事、日常業務に関する慣習的指示等は除く)
または、Oさんがやってきたように、書いた紙をその日だけ、貼っておく(記録に残す)。万一、問題が起きた場合には、N主任とKさんがこれを見て確認する。


【今回起きた問題点】(原因・理由)
「GHF-H290よ」(上部スコープ)の手洗い洗浄中、またブラシが入りづらくて苦戦していた時のことである。垂直方向には簡単に入るのだが、45度の角度は、何度も何度もやってみて、やっと入る有様だった。昨日も、それ以前にも、オリンパス製品ではこの個体だけが入りづらかったので、何か理由があるのではないだろうかと思った。それで、隣で仕事をしていたSさんに言ってみた。Sさんは何か言ったようだが、マスクをしていたから、当然、私から見ると言ったのかどうかもよくわからない。しかしその後、何かを思い出したように、紙に書いて見せてくれた。「真っ直ぐなブラシでやってみてください」とか言ったか、書いていたと思う。私は「真っ直ぐなブラシでやっても、うまくいかないのです。袋から出したばかりの新しいブラシでやっても、この個体だけ、通りづらいのです」と言った。Sさんは「文句言わないで、まずやってみろ」とでも言っているふうな様子だった。私はもう、「Sさんは、今私が言っていることを本当に理解しているのかな?」と疑問に思ったので、「もういいですよ。後でN主任に聞いてみますから」と言ったら、それっきりになった。
そして15時45分のミーティングの時に紙に書いて報告したら(N主任は会議中のため不在で、司会はKさんが担当)、このことでSさんが次のように言った、という。Sさんがしゃべって、Kさんがそれを聞いて、筆談通訳をしたからである。Sさんがきちんとした筆談をしないで、しゃべって言っているだけなので、またこうなった、というわけだ。
Kさんの筆談通訳によると、Sさんの話の要点は次の通りである。

「さっき言っただろう。同じことを何度言わせるのか。時間の無駄だろう。『GHF-H290よ』は、内部の繋ぎ目にどうしても当たってしまうから、誰がやってもそうなるんだよ。オリンパスさんにも報告して調べてもらったが、これだけは仕方がないと言っていたから、仕方がないんだよ。わかったような顔をするな」

というふうに言ったらしい。それで私は、ブラシが通りづらい理由が納得できたと共に、初めて、先頃はSさんと、こういう意思疎通ができていなかったこともわかった。原因はやはり、Sさんが重要な情報を書かないことに原因があるのではないだろうか。重要な情報とは、上にKさんが書いていることなのである。それをSさんは理解しているのだろうか。それと、Sさんは「わかったような顔をするな」と言っているが、そんな覚えはない。むしろ、「もういいですよ。後でN主任に聞いてみますから」と、Sさんにハッキリと言っている。事情を詳しく話したKさんには、「Sさんに聞いてもわからなかったことは、今後も他の人に聞くことを認めてほしい」と伝えた。
このような「言った」「いや、言ってない」というゴタゴタは昔から、他の会社で働いていた時にもよく経験しているので、私は少しも驚きではないが、今後もこうしたことが続くようでは、お互いに気分が「滅入ってしまう」のである。だから、対策を立てることが必要だと思う。
Oさんは今まで、言ったことを紙に書いて貼っている。無神経なところがあるが、これを見れば誰だって、言ったことがわかるのである。「言った」「いや、言ってない」のゴタゴタが起きないという点では名案である。ただ、書き方というか伝え方、文章をなるべくやわらかくしたほうがいい、ということが改善すべき点だと思う。洗浄室で働く人は古い(昔流儀の)考え方の男性が多く、パワーストロークに偏りがちで、それでああいった職場環境になっているのだと思う。Sさんは、それほどではなく、むしろ優しい方だが、マスクをしたまま音声言葉を発するクセが多く出てしまい、つい意思疎通が不完全になってしまうことがよくある。これも、年配者に多い傾向である。
Sさんに理解不足な点があると思うので、この際に指摘したい。
マスクをしたまましゃべっても、聞こえない人には伝わらないと思います。それは丁度、盲や弱視の障害者に対し、紙に書いて見せるのに等しい行為に近い。Sさんには、それがまだわかっていないと思う。あるいは、もしかしたらSさんは頭に障害がある人なのかと思う。もしそうならば、もう言ってもムダだから、コミュニケーション方法を変えようと思う。音声言葉を使うのをやめ、わからないと困ることはその度に仕事を中断して手袋を外し、全て筆談で伝えることにする。時間は掛かるが。それに対して、Sさんにも同様に筆談を求める。もし、Sさんにそれができなければ仕方がないので、何か言われても従わないことになっても仕方がない。こういうことになると思う。


〔参考〕
2017年1月18日(水)
面接で騙されたこと。
「マスクはしない」
→実際はマスクをしているし、マスクを外さないでしゃべる人も、かなりいる。特に困っているのは、佐藤さん。知らない人も、「聴覚障害者です」と伝えると、もう相手にされなくなることが多い。
筆談が苦手な障害者が少なくない。特にSさん。他にもTOさん。年配者なので、文字を書くこと自体が苦手で、文章力がない。
他にも知的障害者がいて、やはり文章を書くのが苦手。論理的説明力が欠ける。その結果、コミュニケーション力不足、指導力不足になっている。字が汚い、たとえ読めても、意味が分からない場合もあった。筆談力(書く力、書いて伝える力)がない。

〔2017/01/18/22:03〕
人事部 K様にメール

学校法人 ジュンテンドウ
人事部人事課
K H 様


お世話になっております。

早速ですが、最近感じたことです。

簡単な言葉ならば、口を見て分かる場合もあるのですが、実際はマスクを外さないでしゃべる人も、かなりいます。
特に困っているのは、Sさんです。
「全員障害者です」と聞きましたが、Sさんは一体、何の障害者なのでしょうか?
Sさんだけでなく、私のことをよく知らない人も、「聴覚障害者です」と伝えると、もう相手にされなくなることがあります。
筆談が苦手な障害者が少なくないと思います。特にSさんはそうです。常に、書くよりもしゃべるほうが先に出てしまい、それが始まると、まるで私にしゃべっているのではなく、周りの人に話す感じでしゃべっているような感じです。全く伝わりません。
他にもTOさんも、かなり似た感じです。年配者なので、文字を書くこと自体が苦手で、文章力がないのも仕方がないと思います。
自身が持っている障害だけでなく、これまでに受けてきた教育的背景もあると思います。
他にも知的障害者がいて、やはり文章を書くのが苦手です。論理的説明力が欠け、その結果、コミュニケーション力不足、指導力不足になっていると思います。字が汚い、たとえ読めても、意味が分からない場合もありました。筆談力(書く力、書いて伝える力)がないとも、言えるのかもしれません。
今日もTOさんやSさんとのやりとりで限界を感じましたし、ナースの方にもコミュニケーション方法のズレを理解していないように思えましたので、途中でN主任と相談し、情報の可視化を訴えてみました。手話は難しいとわかっているので、皆さんが独自に簡単な職場サインを考案し、それ聴覚障害者とのコミュニケーションに活かす、という方法です。亜細亜大学では、聴覚障害者の学生に対し、スクールサインが使われていますが、それと同じことです。音声言語に代わるコミュニケーション方法を使ってみるように、勧めてみました。筆談だけではやはり、限界があると思います。

まだある。午後からは1番洗浄から2番洗浄に切り換えるが、そのタイミングをSさんに聞いても、「やっていれば、そのうちにわかってきます」と言っていた。しかし、いつまで経っても、わかるようにはならない。丁度、手話の勉強に来る健聴者と同じだ。手話学習者が「手話を覚えたい」と一生懸命にろう者聞くと、よく「そのうちにわかってきます」という返答が結構ある。しかし、いつまで経ってもわからないので結局、手話学習者は辞めてゆく。それと同じだ。
TOさんに聞こうとして呼んだが、TOさんはなせかよく、聞こえないフリをして行ってしまう。無視しているようだ。すると残るはTAさんんだけが側にいた。TAさんに聞いたら、「何? アレを見ればわかるだろう?」と言う。
私;「・・・・わかりません」
TAさん;「5番~8番;上部 9番以降は下部! 上部はもう2番洗浄に切り替わっている。下部は8本ある。この表を見ろ! 下部スコープの保有本数だ(Sさんはそこまで教えてくれなかったので、私は初めて見た)。これを見れば8本だと分かる。廊下を見てみろ! 下部スコープは何本ある? 4本だろ。予約表には現時点で残り3人となっている。そうすると、余りは? 4-3=1本だろ。だからもう、2番洗浄でいい、ということだよ!」
TAさんはいつもこういう強烈な教え方なのだが、論理的でわかりやすい。非常に頭がいいと思う。
指導役がなぜSさんなのかが、わからない。Sさんは、単にやさしいだけなのかも。いや、経験と知識力はあるが、伝え方が下手というか、苦手なのだろう。



2017年1月20日(金)
洗浄作業1日目。午前も午後も洗浄作業になった。指導は午前はSさんが、午後はTAさんが担当した。
Sさんは相変わらず、字が汚くて読みづらく、書いてくれても、ちゃんとした文章になっていないので、何をと伝えているのかわからない。意味が分からないようでは、ただ時間が無駄に過ぎていくだけなので、もううんざりしてきた。
洗浄は2人いる。午前は私のほかにTOさん。午後はOさんが入った。やり方がそれぞれで、まさに人によって違っていたので、もう「周りの人のやり方を見て仕事を覚えるのは無理かも」と思うようになってきた。
最初に「おかしい」と思ったのは、「Z」の記号があるスコープ洗浄作業の時で、これは昨日のオリンパスさんの説明にはなかった業務だった。だから当然、先輩のやり方を見て覚えるしかない。Sさんのやり方を見ていたら、最初に注射器に洗剤を入れて、スコープに注入した。次に、注射器に水を入れて、スコープに注入した。それから今度は注射器に空気を入れて、スコープに注入した。だから、「洗剤、水、空気で、それぞれ1回ずつやればいいのですか?」と声を出して確認したが、Sさんは振り向きもせず、黙々と仕事をした。(Sさんのことだから、実際は何か言ったのかもしれない。だが、アイコンタクトがないと、聴覚障害者にはわかりようがない)だから、それでいいと思って、自分もやった。
ところが、それを隣で見ていたTOさんが紙に何か書いて、TAさんに伝えていた。するとTAさんがやって来て、「洗剤1回、水1回、空気2回」と、実際にやって見せてくれた。というわけで、やはりSさんの教え方がわかりにくかったことと、Sさん自身が、説明、教えたことが私に伝わったか、理解できたかどうかの確認を怠っていることが問題点なのだとわかった。
さらに、TOさんは水道水を出しながら挿入部とユニバーサルコードの中を洗浄していた。これが、昨日オリンパスさんが教えているやり方だ。ところが、Oさんは水道水を出さずにブラッシングしていた。流水を使わないと、汚れが落ちても、すぐに流せないのだ。
また、部品のボタンを洗う時、指導役のTAさんは大ブラシを孔に突っ込んで洗っていた。オリンパスさんが昨日、私に教えたやり方とは違っていたので、びっくりした。いや、それでなくても、あんなことは常識的にありえないのではないか? だから隣にいたOさんもこれには驚いて、「そこは、小さいブラシです」と言っているような様子だった。人により、やり方が違う以上、気にし過ぎても仕方がない、と思った。
TAさんが「洗浄したスコープを置くテーブルの上には、絶対に素手で触ったり、他の物を置いたりするな」と、TAさんが今日になって言った。しかし、以前からその上で筆談をする人もいた。だから、頭の中がゴチャゴチャになって、正しく覚えられなくなる場合もあった。教え方には、順序があべこべになっている面もあると思う。
Kさんから「これからしばらくは洗浄だけをやってもらう」と言われたが、厳しい衛生管理が優先される洗浄現場では、筆談は難しい状況である。マスクも当然、外せない。となると、聴覚障害者に残されたコミュニケーション方法は、やはり手話一本しかない。
今日のことで特に思ったのは、「障害とは何か?」ということである。それは、必ずしも障害者だけにあるのではない、ということが、結論の一つである。例えば、上の事例ではよく、聴覚障害者に聴覚障害があるから、音声言語が使えない(言語的障害)、情報が伝わらない(情報障害)、コミュニケーションが取りづらい(コミュニケーション障害)といったことを、健常者、健聴者はよく言う。しかし、本当にそれだけなのだろうか? それは、情報の受け手にだけ、目を向けた場合だ。では、情報の発信側に目を向けた場合は、どうだろうか? 字が汚い、書いてあっても意味が分からないほどの文章力だったら、筆談しても通じるだろうか? やり方をわかりやすく説明するよりも、「TAさんは全然聞こえません。それでも、覚えました」と文句を言う時だけ、ちゃんと書けるのはどうしてなのか? TOさんにも、そういうところがある。口は達者なのかもしれないが、筆談はかなり苦手。しかし、人事のKさんも看護部のT課長も面接時は「コミュニケーション方法は筆談です」と言っていた。正直に言うならば、騙された気分です。職場でのコミュニケーション方法の確認は、聴覚障害者にとっては最も大事なことなのに、こんな誤魔化され方をされたのは、ハッキリ言って不快です。今まで多くの企業で、こうしたことで辞めていく聴覚障害者が多いのを、学校側は全くご存知でないと思える。本当に筆談で出来ていたのだろうか? それをTAさんにも、聞いてみた。すると「自分で盗み見して、覚えた」と言っていた。しかし、動きを見よう見真似することはできても、難しくて煩雑な医療用語まで、どうして理解し、できるようになったのかが、不思議といえば不思議である。時間をかければ、覚えられないことはないが。TAさんも、「昔はかなり周りの人と衝突しながらも、独学で仕事を覚えていった」と言っている。非常に苦労してきた人だと分かる。この職場では、聴覚障害者と他の人達が、筆談でコミュニケーションが成立しているからではなかった。その証拠に、TAさんはほとんど筆談していない。日本手話しか使わない、典型的な昔のタイプのろう者だったのだ。
Sさんはまた、「1回で覚えられるとは思っていませんので、ゆっくりでいいです」とも書いて伝えていた。だが、それならばどうして、あんなにハイペースでどんどん教えるのだろうか? Sさんの言う「ゆっくり」の意味がわからない。いやそれよりも、障害者雇用だからといって、甘過ぎることを言うほうが、むしろ問題だ。よその企業でもよくやっている、障害者への「特別扱い」。それが、障害者をダメにするのだ。「配慮」は必要だが、「同情」はいらないのである。佐藤さんは、そこを勘違いしているようだ。だから聴覚障害者を哀れみの目で見ているだけで、配慮をしないのではないか。




人事部・Kさんより返信あり。
件名; Re;相談(2017年2月1日)
〔2017/02/03/09:09〕
■■様

平素より大変お世話になっております。
人事課のKです。

標記の件、ご連絡ありがとうございます。
内容について承知いたしました。
今後ともよろしくお願い致します。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-03 21:00 | G.有名私立大学病院

就労後の聴覚障害者問題G


2017年2月2日(木)
『皆の下手な筆談にも、文句が言えない』
筆談が苦手な人が、たった一人の聴覚障害者のために、わざわざ一生懸命筆談をして指導してくれているのだから、文句など言えない。だが、それにしても障害者配属部署にいる障害者は皆、筆談が下手過ぎる。下手過ぎて、困るぐらいだ。短い文章しか書けないのに、意味がよくわからず、ストレスになってしまうことが、しばしばある。Sさんが指導することが多い。TOさんはほぼ無視している。やはり、この前に私がN主任に言ったことを、根に持っている。「『TAさんに教えられた通りにやっていますか?』とTOさんに言われて、『今さら、またなの?』と思った」と紙に書いて報告したことだ。
MさんもOさんも、ひどい筆談で小学校1年生レベルの文字と文章力だった。筆談が面倒というよりも、今は携帯電話、スマートフォン時代なので、筆談なんできなくても、誰も困らないからだろう。それでは誰も練習しないに決まっている。聴覚障害者支援を行っている要約筆記者だって、おそらく下手になっているかもしれない。なぜ皆、こうなのだろうか。聴覚障害者である、自分の障害のほうが特異に思えてしまう。やはり、聴覚障害者は孤立しやすいと思う。
Oさんは、休憩時間はいつも一人でスマホ・携帯電話を見ていて、誰とも話さない。それでいて、彼がミーティングで何か話す時は、何か不満とか言っているようだが、それをN主任が筆談通訳しても、読む私には意味がさっぱりわからない。Oさんはしゃべる能力、コミュニケーション能力に障害でもあるのか、と疑うほどだった。仕事ぶりは真面目だし、健常者並みに出来る人間なのだから、後は周囲との人間関係にも配慮する力を養えば、一般雇用でも十分通用する。だから本当に、勿体ない。彼は、世の中から最初から見捨てられている聴覚障害者などとは、全く違う。限りなく健常者に近い人だ。



人事部・Kさんから返信あり。
件名; Re;相談(2017年2月1日)
〔2017/02/02/10:24〕
内視鏡室 ■■様

平素より大変お世話になっております。
人事課のKです。

標記の件、
どうかされましたか。
相談事がございましたら、一旦お伺いいたしす。
宜しくお願い致します。



件名; Re;相談(2017年2月1日)
〔2017/02/03/01/14〕
人事部
 K様

相談というよりも、労働組合はどういうものなのか、
一度確かめてみたいと思いました。
インターネットで調べてみたら、大学のすぐ近くにあることがわかりました。
ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

内視鏡室
 ■■
[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-02 21:00 | G.有名私立大学病院
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line