衰えて聴こえなくなることは、聴覚障害ではないのか?

『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館) 

 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html

「この時期には、ポリオだけでなくあらゆる障害を持つ人たちが、障害を「乗り越える」ことを期待された。けれども、今にしてみると、特にポリオの人たちにとって非常に皮肉な経験となってしまった。というのも、当時「素晴らしい」と評価されたポリオの障害者は、自分の体の中でまだ動く筋肉を鍛えられるいわば「優等生ポリオ患者」で、非常に重い杖や添え木を使って自分にむち打ってがんばり、へとへとになりながら歩いた。一方、車椅子に乗ったままで足を鍛えなかったポリオの人たちは「怠け者」のレッテルを貼られ、非難された。
ところが、1970年代になって発表されたポリオの後遺症研究では、もともと動いていた筋肉も年をとるにしたがって萎縮することが明らかにされた。こうなると、かつての「素晴らしい」ポリオ障害者は、今や筋肉萎縮に最も悩まされる存在となってしまった。かつて杖でがんばったポリオ障害者は車椅子を利用しなければならなくなり、かつて手動の車椅子を使っていたポリオ障害者は電動に鞍替えした。皮肉にも、かつての「優等生ポリオ患者」の筋肉は最も速い速度で弱まってしまうようになった。
自分で杖を使って歩いていたほうが車椅子よりもよい。かつて医師たちはこう助言していたが、一見専門的な意見が、決して生理学的な根拠にもとづいたものではなかったと後でわかった。医師の助言は、むしろ社会が作り出した通念の反映にすぎなかった。」


「障害」とは何か? もう一度考えてみて下さい。

例えば、難聴も、治らないだけでなく、
歳をとれば老化のため、
さらに進行して重度になってゆく人もいる、
と言われています。

「障害者」と呼ばれる人たちだけが、
障害を持っているのではありません。

「衰えることは『障害』ではない」のでしょうか?
聴覚障害だと先天性障害者と実質的には同じか、
あるいは環境条件によっては、
それより困ってしまっている老人性難聴者がたくさんいるのに、
老人性難聴者は「しょうがない」という扱いが当たり前になっています。

しかしこれは、実は国連・障害者権利条約とは矛盾しているように思います。
そのため、条約を勉強し始めた人たちの間で、
日本政府の「障害の定義」が疑問視されるようになってきています。

先日、長瀬修氏の講演会でも、質問者がこのことを聞いていました。

国連・障害者権利条約では、大きな枠組みでしか定義できないそうです。
つまり、その実質的内容は、今後も各国の取り組み次第になると言えそうです。

日本の場合ですと、次の資料は参考になると思います。

 →http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/rehab/r083/r083_005.html

「聴覚障害が重度に限定されているため、福祉法による補聴器の交付率(一定人口あたり)がヨーロッパの10分の1以下で、文字放送アダプターの普及台数は「聴覚障害者数」の2~3倍にもなっている。」

日本の身体障害者に関する制度は、こういう矛盾を生み出ししているのです。
こうした障害等級から漏れてしまう難聴者や老人性難聴者の放置は、
分かりやすく言うなら「人災」であり、「間接差別」なのです。
[PR]
# by bunbun6610 | 2011-12-11 23:45 | 哀れみはいらない

2011年 クリスマス・ケーキ作戦 (4) ソース・フランボワーズ

「フワフワのスポンジを作りたい」という方も多いですが、
近年のコンビニのプチ・ケーキはフワフワで申し分ないですよね。

だから自分で作るより、それを買ったほうがラクというものです。(笑)

お菓子やパン作り教室のブログは増えていますが、
作り方のコツを紹介しているところは、さすがにないですね。

商売なので、タダで教えるわけにはいかないのと、
紹介しても期待通りにできなければ、
ブログもお店も評判が悪くなってしまうことも有り得ます。
だから、やらないほうが無難、ということもあるでしょうね。

【ソース・フランボワーズ】
 ・フランボワーズ・ピュレ(フランス・シコリー社)    100g
 ・グラニュー糖                         80g
 ・ペクチン・ゼリーmix(愛国)                 2g
 ・冷凍ホール・フランボワーズ(フランス・シコリー社)   75g
 ・水                              100g

【プロが使う製菓用材料を使うなら…】
 ★フランス・シコリー社 製菓材料のホームページ
   →http://www.frenchfb.com/pastry.htm

 ★愛国ペクチンゼリー・ミックス
   →http://item.rakuten.co.jp/souffle/10001380/

 ①フランボワーズ・ピュレは常温にしておく。
  冷凍ホール・フランボワーズは、凍ったままで使う。

 ②グラニュー糖とペクチンをよく混ぜ合わせておく。

 ③ ①のピュレだけを鍋に入れて、②を入れ、
  ホイッパーでよく混ぜ合わせてから、火にかける。
  分量が少ないので、火加減は強くないほうがいい。

 ④沸騰したら、すぐ火を止め、ボウルに移す。
  漉し器に通す必要はない。
  そして、すぐホール・フランボワーズを入れる。

 ⑤氷水に当てて、すぐ冷ます。
  ホール・フランボワーズは生で食べられるので、火を通す必要はない。


一度に大量につくり、ビニール袋に小分けして冷凍し、
使うときに解凍して使っても良い。

ただ失敗すると材料代が損するので、
初めは上の分量でつくってみることをオススメします。
[PR]
# by bunbun6610 | 2011-12-09 23:35 | 製菓の話

2011年 クリスマス・ケーキ作戦 (3) ソース・アングレーズ

ソースの作り方に入ります。

ソースの前に、ベースとなる、
基本の「クレーム・アングレーズ」から作ります。
カスタード・ソースの他、
アイスクリームやババロア、ムースづくりの基本
ともなるので、作り方はマスターしましょう。

【ソース・アングレーズ】
 ・牛乳           100g
 ・バニラ・ビーンズ    0.1本
 ・卵黄            30g
 ・グラニュー糖       30g


①牛乳を鍋に入れ、バニラ・ビーンズ(なくても可)
を包丁で切り開き、中の黒い粒を包丁でよくしごいて、
サヤとともに入れる。


②ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を加えたら
すぐに、ホイッパーでブランシール(※1)する。
白っぽくなればよい。

(※1)「ブランシール」(フランス製菓用語)
=ホイッパーで混ぜ合わせて、
適度に空気を含ませる。
これにより卵黄の粒子を細かく分散させ、
滑らかなクレームをつくるため。
泡立てるのとは違う目的がある。
卵黄の中にグラニュー糖を入れたら、
すぐにホイッパーで混ぜないと、
卵黄が凝固してしまい、失敗するので
注意する。



③ ①を軽く沸騰させたらすぐ火を止め、
②に少しずつ加えながら、ホイッパーで
混ぜる。
ここでも卵黄は熱で凝固しやすいので、
この失敗をしないように、最初は少しずつ
加える。
1/5程度を入れれば、残りはサーッと、
全部入れて混ぜる。
(混ぜる手は休めないように)


④ ③を茶漉しなどに通しながら(※2)
鍋に戻し入れる。

(※2)このときのパッセ(漉すこと)の目的は、
玉子の殻やクラザ、凝固しやすい粗い粒
などをすぐに取り除くため。



⑤ 木ベラで鍋底全体を絶えずこすりながら、
弱火で加熱する。


木ベラにすくって見て、指先でサッと
線を引いて見る。
このときに跡がすぐに消えなければ(残れば)
OK。

火から降ろし、もう一度漉して(※3)、ステンレス
・ボウルに移す。
初めはカスタード・プリンのタネのようにシャバ
シャバですが、出来上がりはコーン・ポタージュ
のようにとろみがついてきます。
沸騰させたら失敗で、ブツブツができてしまいます。

(※3)加熱による凝固成分などを取り除くため。
また、ソースをより滑らかに仕上げるため。
茶漉しでは、漉せないと思うので、
できればプロが使うような裏ごし器がいいと
思います。
やっぱり、結局は家庭であろうとも、道具も大事
なのです。



⑦ ボウルの底を氷水に当て、ゴムベラで軽く
混ぜながら冷ます。
混ぜながら冷まさないと、クレームの表面が
乾燥して膜ができてしまう。
膜は、クレームの食感を確実に悪くします。
バニラ・ビーンズがなかった場合は、ここで
バニラ・エッセンスを加えてもいいでしょう。


以上で、出来上がりです。
保存は冷蔵庫で2日間が理想でしょう。
保存容器には、ラップも忘れずに。



【ソース・アングレーズ・オ・キルシュ】
 ・ソース・アングレーズ      15g
 ・ヨーグルト            30g
 ・牛乳               15g
 ・キルシュ・オ・ドゥ・ヴィ      1g

上の材料を混ぜ合わせるだけです。
ヨーグルトは、溶けやすいように、ホイッパーで
よく溶いてから牛乳で溶き伸ばし、
さらにソース・アングレーズと混ぜるのがプロの
やり方です。
キルシュは最後に加えます。
ヨーグルトを生クリーム(泡立てない)に変えると、
濃厚な味のソースがつくれます。

上のレシピは基本ですので、各材料の分量は好み
で調節して下さい。
[PR]
# by bunbun6610 | 2011-12-09 00:05 | 製菓の話