就労後の聴覚障害者問題H

2017年9月5日(火)

主任は公休日。
店長は10:00~00:00拘束時間(勤務時間)。かなりの残業だ。Nマネージャーが来ていた。最近、あまり来ていなかったので、短い間隔で来るようになったのは珍しい。

『主任が悪いのではなく、企業モラルがメチャクチャだった』
出勤すると、店長から「交換ノートに書いてあったこと(2017年9月2(土))なんだけど・・・・」と話してきた。それで、2017年8月23日(水)「21時に起きた、厨房での主任との口論」と、2017年9月2(土)「Oさんが強要されたトイレチェック不正サイン」にあったことを話した。
そして、「主任は『みんなやっている(他店舗もやっている)』と言っていましたが、本当にそうなのですか?」と聞いた。
すると店長は、「そうです。主任が悪いのではなく、会社がそう(不正サインを)やれと言っているのです。だから、どこの店舗もやっています」と答えた。ということは、従業員は全員それをやらされているが、それは従業員が悪いのではなく、会社が悪いのだということになる。私はこのことにショックを受けた。隠蔽するなら、まだ他社でもあるが、会社が全従業員に、こういう不誠実なことをやらせていたとは。マルハンのクリーンマインド制度にも似たような状況はあったが、これほどひどいことを耳にしたのは、初めてだった。

O.Rさんにも何度も言ったが、直らなかった理由について、私が「教えてもらったけど、本人は忘れたのではないでしょうか?」と言うと、店長は「いや、忘れたんじゃなくて、彼らは仕事をするというより、遊びに来ているような感覚ではないか」と言っていた。さらに、「YOさんだって、さっき私が厨房に戻ると、眠そうに壁に頭をつけているだけで、何もしていなかった」とこぼしていた。これだけたるんでいても、何の手も打たない会社のほうが、むしろおかしい。

固定残業代についても店長に聞いてみたが、「6時までの分しか、払わないことになっている。その時間を過ぎたら、サービス残業になってしまう」と話していた。ということは、主任が言っていたことは本当だったことになる。主任は以前に「あなたは5時で帰れるけど、私たちは終わるまで帰ることができません!」と、不満をこぼしていた。だが、その不満を私に言うのもおかしい。そう決めているのは会社だからだ。

他には、「交換ノートはみんなに見られているので、今後は今のような形ではやめる。直接、メールして欲しい」と店長から要望があった。
確かに、今日は雰囲気がどうもおかしい。誰も挨拶をしなくなっていた。
しかし、メールでは字数制限がかかって、とても具体的には書けないので、私が反対した。それで、今後は新しいノートを直接、手渡しにすることになった。つまり、主任も見ることはなくなることになった。店長は「今後は二人だけが知ることにしておきたい」と希望していたからだ。私は正直、それでは問題提起できず、解決しなくなる事案が増えてしまうのではないか、と心配した。それに、今までは「見られているという意識」がみんなにあったから、トイレチェックなども改善するようになったと思われるのだが、今後は見られている意識が吹っ飛んでしまうと、もう何を言っても無視される可能性も、なくはない。だから「二人だけの秘密」にしておくことには、正直に言えば反対だし、心配だ。

他にも、「この『清掃管理シート』に書いてある清掃は、本当は全員がやらなくてはいけない」と言っていた。つまり、マルハンのクリーンマインド制度と同じだった。だが実態はマルハンにしてもこの会社にしても、営業優先の名のもとにサボり放題、だった。

他にも、「主任が「■■さんは仕事をお願いしても、やってくれない」と言っている」
私は「できない時は、その理由を言っています。すると主任は、もう何も言わなくなるので私も「それでいいのか」と思っています。店長と違って、あの人は言い方が一方的でコミュニケーションが下手だから、よく口論になったりするんです。仲の良い人(Wさん)とだけ一緒にやっていて、気が合わない人(Oさんとか)はほったらかしにしたままです。だから、人を遣えない上司なんじゃないかと思います」と言った。

たとえ上司の指示であっても、悪いことならば聞く必要はない。しかし、命令に反することによって、職場で自分が不利な扱いを受けたりする可能性があるならば、その命令に従わざるをえない場合もあるだろう。ただしそれによって、今度は会社が損失を受けることになるのも、やむを得なくなる。この問題は結局、一卵性双生児のような性格になる。問題を公正に解消できなければ、問題はさらに複雑化し、解決しにくくなるだけである。

問題を放置していることによって、ツケを払わされているのは加害者個人ではなく、みんなが働く会社なのである。

『カラオケ店は子供が営利目的活動をしている店なのか?』

『カラオケ店でのサボり方一例①;YOクルーは、相変わらず何もしない』
今日はYOさんがまたヘルプ。ボーッと立っているだけで、何もしない。要らない人だ。

『カラオケ店でのサボり方一例②;勤務時間中に、大学の夏休み宿題をやっているのか?』
Wさんもなぜか、フロントで作文を書いていた。学校用の400字詰め原稿用紙に書いていたのだから、明らかに会社の仕事用のものではない。大学の夏休み宿題か?
それに、よくスマホか携帯だかよくわからないが、そういう私物を見ている。フロント係は、客さえ来なければサボり放題だ。

『カラオケ店でのサボり方一例③;カラオケルームで寝ているのか? サボっているのか?』
もうひとりのクルー・Yさんも、今日はたるんでいた。休憩時間をオーバーして休憩を取っていたり(私よりも早く53号室で休憩に入ったのに、なぜか私よりも後に、53号室から、眠そうに出てきた)、その後も私がルーム清掃や部屋閉め、トイレ清掃から5階に戻るたびに、真っ暗で何もない52号室から突然に飛び出してくる。明らかに、慌てて出てきた様子だ。しかも、そのドアは、何時すぐにでも自分が出れるように、常に開けておいていた。それが3時20分頃まで、何度も続いたのだから、52号室でサボっている(寝ていた?)んじゃないか? と思える状況だった。確実に目撃したわけではないが。この時、YOさんは休憩に入っていたようだったから、厨房にいたのはYさん一人だけ、ということになる。

主任もクルーも、早く帰ることしか頭の中にはない。
まさに、「給料ドロボー」が溢れている職場だ。
バカだから、6時までに終わらせるのはどうしたらいいか、考えていない。そんなバカの面倒を見ているのが障害者雇用で働いている障害者なのである。

誰のための職場なのかと思ってしまう。少なくともここは、お客様の為に働いている場ではない。

会社は「儲けるためなら、恥で何でもない」と思っている。

『やってはいけないことをやった代償』
会社は店舗のトイレチェック表を全てのトイレ内で公表している。それは勿論、お客様にも見えている。だからもし、トイレチェック表に空欄が多かったら、「この店舗(あるいはカラオケ館)はトイレチェックをちゃんとやっていない。だから汚いのだな」と見られてしまう。それを避けたい為に、チェック時間にチェック・清掃をしなかった(あるいは、できなかった)ところにもサインを入れさせていた。そうすれば、お客様にはわからない。
しかし、チェックや清掃もやってもいないのにサインだけすればいいとなると、汚いトイレのままにもなりかねない。実際、以前のトイレは今とは全く違い、いつも汚かった。

『あの店のトイレがきれいになったのはなぜ? ――障害者雇用のメリット』
〔2017-08 -16 19:30〕


最悪だったのは、誰も清掃をしない、汚いトイレなのに、サインがあったので、内部告発があるまでは管理本部も実態を全く知らなかったことだ。その間に、お客様はどんどん離れてゆき、カラオケ館全体の評判が落ちて、売り上げ減少になった。誰も真面目にやらない職場になってしまった以上、信頼と売り上げ回復はもう困難だ。


D主任や、Wさん、T.Tさんからは、どうしても差別的意思を感じる。

5時。更衣室には、ゴミ(クリーニング袋2枚)が放置されていた。名前を見ると、2枚ともYOさんだった。仕事をしないだけでなく、こっちでもだらしがない。
[PR]

# by bunbun6610 | 2017-09-06 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

理想とは何か?

雑談(2017年9月4日〔月〕)
『理想とは何か?』

当ブログは今日で「全体の訪問者数」
(旧管理画面)
が、26万人を超えました。


最近は企業の不正(不適切)行為などを
暴露する記事が増え、
アクセス数もそれに伴って増えているようです。

こういうのが好きで書いているわけでは
ないけれど、現実生活ではこんな体験ばかり
させられている場合が多いものです。

特に、裏方で働く障害者の場合は、
表舞台で働く健常者とは全く違い、
人の裏側を直に、しかも数多く目撃することに
なります。
それで、他人の良い面を見ることは少なく、
反対に人間の不正や虚偽事実を知る機会が
増えてしまうことになるのです。
職場で、たった一人で働く障害者は、
奴隷扱いされているわけだから、
仕事中は健常者のネガティブな面ばかり
見させられることになります。

正直、人間不信になってしまうくらい、
それは簡単に、自分の心の中に溜まってしまいます。


企業では今、長引く不況の影響で、
人件費カットが行き過ぎていると思います。
労働者はそのあおりを食って、
苦しい状況に追い込まれています。
それで、不正や不適切な行為にも拍車がかかって
しまっているのでしょうか。
しかし、その見方も、実は根本的に「誤り」だと思います。


私には好きな映画が3本ありますが、
その一つに、

『映画『ブルベイカー』』
〔2017-02 -26 13:35〕


があります。

私は、この主人公がとても好きです。
不正がとても嫌いな男で、
映画では不正を行う者に対し、
尋常でないほどに闘います。
と言っても、私は彼のように正面からはできません。
障害者は、そんなことをすれば簡単にクビになるからです。
しかしそれでも、私も諦めないようにしています。
ブログ投稿という方法は、その最大武器です。

何も偉大な力がない人でも、やれることはある。
理想は、それを作り出す源だ。

モハメド・アリも、高い理想と信念の持ち主であり、
尊敬に値します。


『『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]』(1/2)』
〔2017-08 -11 13:54〕




『『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]』(2/2)』
〔2017-08 -11 13:55〕




「俺を英雄だと考えた人もいた。
俺がしたことは間違いだと言う人もいた。
だが、俺はすべて自分の良心に従ってやっていたんだ。
俺はリーダーになろうとしたわけじゃないよ。
俺はただ自由になりたかっただけだよ。
俺がやった抵抗は、黒人だけでなく、
すべての人が考えるべき抵抗だったんだ。

黒人だけが徴兵されたわけじゃないからね。
金持ちの息子は大学に行き、貧乏人の息子は戦争に行く、
というシステムを政府は作っていたんだ。
そして、金持ちの息子が大学を出たあとは、
徴兵年齢がすぎるまで、
軍隊に入らないで済むようなことをしていたよ。
だから、俺がやったことは自分のためだったが、
それはすべての人がやるべき決断だったんだ。
自由とは自分の信念を守ることができるということだが、
また善悪の選択に責任を負うということでもあるんだ。
だから、軍隊に入るかどうか俺が決断を迫られたとき、
俺はベトナムで人々が無益に死んでいるのを知って、
自分が正しいと思うことに従って生きるべきだと考えたんだ。
アメリカにアメリカらしくなってもらいたかったんだよ。

そして、いま、世界中の人々は、俺の信念に関する限り、
俺が自分にとって正しいことをしたと思ってくれているんだよ。」
(P264~265)




彼は人間として基本的なことを守り通すため、
最大限の自己犠牲を払いました。
彼にそうさせたのは、彼が黒人として生まれたことが多分、
最も大きかったのかもしれません。
彼の言葉を読むと、自分が黒人であることを
強く意識している場面が、多くあるからです。
それでも、基本的なことの前には、
黒人も白人も、障害者も健常者も関係ありません。
アリは本質的にブルベイカーと同じ、
正しい「人間」だったと思います。


そしてそれは、私の理想でもあります。
理想とは、永遠に追い続けるものだと思います。
たとえ肉体が死んでも、魂はそれから決して離れまいと
する覚悟が大切です。

(もしかしたら、死こそが、
その人の人生の「完成」、
その人の物語の「完結」なのかもしれませんが。
だとしたら、人は皆、平等に生かされているのであり、
生きているうちに、後で後悔しないようにしておく
ことが大切です)


たとえ自分の信頼した誰かが裏切ることが
あっても、あるいは自分がペテロのように心が揺らぎ、
師を裏切ってしまったとしても、
死ぬ(最期)まで諦めないことです。
決して、パウロのような不屈の精神を持った人間
ではなくともよいのです。
キリスト教には、そういった真理が見えますが、
実はそれを示した言葉で、私がとても好きなものがあります。


「理想と現実とは独立したものである。
理想が現実と衝突するならば悲しいけれども、
そのために理想を捨てあるいは理想を低くせねば
ならぬ理由はない。
理想は理想として建ててただ悲しむべきである。
理想をあきらめてはならない。
(『人と人との従属』)」
(『青春をいかに生きるか』P190より)



ほとんど無名の人なのですが、大正時代の随筆家・
倉田百三が遺した言葉です。
彼は障害者ではなかったかもしれませんが、
若い時から病気に苦しんだ人です。
彼も、キリスト教の影響を強く受けた人です。

他人にどう思われようが、金持ちの人や有名人に
「愚かだ」と思われようが、
これが私の理想であり、人生航海図なのです。


「理想はわれわれが実現し得ると否とを問わず、
依然として価値の本体である。
(『静思』)」
(『青春をいかに生きるか』P176より)

[PR]

# by bunbun6610 | 2017-09-04 20:00 | 雑談

就労後の聴覚障害者問題H

2017年9月2日(土)

22時40分頃。Wさんが大きいゴミ(レッドブルの紙箱)をゴミ箱へ投げ捨て。途端にゴミがゴミ箱からすぐに溢れて入らなくなったので、「ゴミの入れ方が良くないよ」と注意した。しかし本人は、反省の顔色がない。この次も、またやりそうだ。レモンカルチェのスタンバイもしていたが、床にもレモンのヘタが落ちても、拾わない。ノンフライヤーが油まみれになっていても、そのまま放置、使い続けていた。要冷蔵の調味料が出しっぱなしだった。ディッシュアップ・テーブルの上も汚ないまま放置、使い終わった調理道具(ボウル、フライ返しなど)も片付けずに、サボっていた。IH調理器、ピザ・オーブンの電源も入れっぱなしのまま放置。さらに、段ボールを分別せず生ゴミ箱の中に捨てていた。
この店が「日本一汚い店」になった元凶は、おそらくWさんだろう。

『この店は従業員教育が全然ダメ』
23時15分。23時のトイレチェックに行くと、6階女性用トイレの洗面台の上に緑ダスターが放置されていた。三角折りが全くなかった。やり方を知らないでやらされているのかもしれない。だから、この店の教育はダメなのだ。

『客に嘘をつけと指示していたのは、主任だった』
『主任が暗黙に「ズルをしろ」と、部下に指導していた』
『責任者がインチキを指導していて、どうする?』
前回トイレチェック担当者を調べると、Oさんだった。さらにおかしなことに、Oさんは21時出勤だったはずなのに、「20:00 O」「21:00 O」とサインがあった。
21時に厨房にいたのは、洗い物をしていた私のほかにはD主任しかいなかった。だから、主任しかOさんに指示を出した者はいないはず。その主任が、またO.Rさんの時(2017年8月25日(金))と同じように、「20時分のトイレ・チェックサインもしておいて」と指示したとしか、思えない。地下1階、3階、6階、9階のトイレ全てが、そうなっていたのだ。だから、それは決してOさんの間違いではなく、誰かに指示されてやっていることは明らかだった。しかも、かなりいるみたいだ。地下1階のトイレチェックシートは回収するのを忘れたところに、D主任の巡回チェックで捨てられてしまったが、10時と12時に誰か(TさんかOKさん(フロント係)か?)がやっているのを見たが、その後は空欄で、「20:00 O」「21:00 O」だけしかなかったと、記憶している。つまり、やっていない時間帯が多かった。
9階男性用トイレのチェックシートをよく見ると、「10:00 T」の後は、「12:00」から「18:00」までずっと、担当者名なしの○印があって、筆跡もインクもTさんのものとは違っていた。明らかにOさんのものだった。Tさんはボールペンのインクなのに、Oさんはシャープペンシルだったからだ。
トイレチェックシートはお客様にも完全に見えるから、空欄があると「やっていない」とバレてしまう。だから、証拠消しに嘘サインをしているのだろう。
この嘘が主任一人の権力や、会社組織内で正当化されるのだったら、「騙されるほうが悪い」社会になってしまう。
カラオケ館はチェーン店だ。一人がそれをやったら、それは全店舗、会社の悪評判になってしまう、ということが、D主任にはわかっていない。

23時40分。86号室。深夜時間帯営業なのになぜか、テーブルにランチメニューのPOPがあった。

9月分の清掃管理シートが、まだ出ていなかった。無論、清掃など誰もやっていないが。
8月は月曜日の出勤クルーがインターフォン清掃、「8/5」にWさんがB1~B4、11、12号室の照明機器もやっただけだった。インターフォンは毎週、全室完全清掃したことになっているが、5時まで空かない部屋が毎日必ずあるはずなのに全室清掃が出来るなんて、嘘っぽい。だから、これも嘘申告なんじゃないだろうか、と思っている。「掃除をしないで書類だけ管理」をやっていて、本当に意味があるのだろうか? これを野放しにしている管理本部はバカなんじゃないだろうか?

『行き過ぎの信賞必罰』 ――ブラック企業の特徴
こんな実態なのに、それを店長一人の責任、見せしめに皆の前で吊るし上げ刑(2017年6月17日〔土〕)にする会社なんて、おかし過ぎると思う。明らかにこの会社は異常だ。ブラック企業だ。やり過ぎの「信賞必罰」だ。更衣室には『店長心得』が壁に貼ってあるが、こんなのを押しつけるのも異常だ。


【店長基本心得】
1.店長の責任において、会社の指示、命令の末端までの浸透と報告の徹底。
2.店長が先頭に立って、各コンテストに全員、全力参加させる。
3.店長自らが、自店のスタッフの完全把握と精鋭化をはかる。


【店長心得】
第一条店長は、トップの分身である。トップと同じ目で見、判断しなければならない。
第二条店長は、常に会社全体の利益を考え、すべてにそれを優先させなければならない。
第三条店長は、会社の方針を十分に理解し、方針に則した行動を取らなければならない。
第四条店長は、会社を成長させることに情熱を注ぐ人でなければならない。
第五条店長は、会社の業績を上げることを目的にして部門の業績を上げなければならない。
第六条店長は、会社の業績にかかわるあらゆる環境変化に敏感でなければならない。
第七条店長は、自社の現状をあらゆる角度から明確に把握していなければならない。
第八条店長は、部門の現状をあらゆる角度から詳細に把握していなければならない。
第九条店長は、私生活時間にあっても会社の明日を考える人でなければならない。
第十条店長は、私利私欲を捨てて会社の成長に尽くす人でなければならない。
第十一条店長は、部下の成長が同時に会社の成長につながることを深く認識しなければならない。
第十二条店長は、部下一人一人の育成目的を明確にしなければならない。
第十三条店長は、部下の能力と適正を明確に把握しなければならない。
第十四条店長は、部下の長所に着眼しそれを伸ばす方法を考えなければならない。
第十五条店長は、部下の能力を勘案し、それを高める仕事の割り当て方をしなければならない。
第十六条店長は、部下の仕事に関心を持ち適切な機会に助言を与えなければならない。
第十七条店長は、部下に仕事を任せたときは極力、助言、指示を控えるようにしなければならない。
第十八条店長は、部下の仕事の結果を客観的に評価し、部下に伝えなければならない。
第十九条店長は、適切な機会に部下を正しく褒め、正しく叱らなければならない。
第二十条店長は、部下の私生活にも関心を持ち心身の健康を促進しなければならない。
第二十一条すべてのマネージメントは、儲けるためにあることを自覚せよ。
第二十二条いま部門の利益は上がっているか、マイナス要因はないか、常に追求し続けよ。
第二十三条部門の目標は、執念を持って達成せよ。
第二十四条部門の目標未達は、店長の恥と知れ。
第二十五条部下の目標未達は、すべて店長の責任であることを自覚せよ。
第二十六条常に効率を意識し、業務の改善に努力し続けよ。
第二十七条あらゆるコストに高い関心を持ち、日々その削減に努力せよ。
第二十八条全員一丸体制を築き、困難な仕事にチャレンジせよ。
第二十九条儲けるための情報感覚を磨き、儲けるための情報ネットワークを持て。
儲けるために身体を動かせ、儲けるために頭を使え、儲けるために心を燃やせ。




【スタッフ募集】
内容; フロント、ご案内、飲食の調理、提供、清掃等
時間; 週2日~/1日4~8時間内(時短応相談)
例; 早番 OPEN~18時
   中番 18~23時
   遅番 23時~LAST
待遇; 1000円(店舗時給) 1250円(22~翌5時)
     950円(高校生を含む18歳未満)
入社祝金、交通費全額支給(採用者は面接分も)
クルー昇給昇格制度、食事割引制度、従業員割引制度(室料40%割引)
勤続3ヶ月で永久権利取得、社員昇格制度、
正社員; 月給30万円~(試用期間2ヶ月27万円)
※ 長期勤続によるキャリア形成を図る為、また深夜勤務を伴う為、18~35歳迄。
上記すべて社内規定有り。
受付; カラオケ館 本部採用係 0120-43-1201



>「※ 長期勤続によるキャリア形成を図る為、また深夜勤務を伴う為、18~35歳迄。」

とあるが、キャリアアップなんか、やっていない。人手不足問題を軽減するため、嘘広告を出しているだけだ。店舗にたった2人しかいない正社員(店長、主任)は、ボロクソに遣われているのが実態である。




『交換ノート』記入
「テキーラのショットグラスなのですが、よく出ていると思います。
①冷蔵庫で冷やさなければならない。
②数が少ない。
に加えて、今、回転が早く、割れやすいので、予備があるのかどうか心配です。」
「主任へ。
先日の事は、もうみんなが知っています。会社がかばっていても、ムダです。今日もやっぱり、おかしかったですね。そういう人格者なんだなぁ、と思いました。」


(未送信原稿)
D主任へ。
あなたは、政治家がやっている汚職などと比べたら、自分のやっている事は何でもない、と思っているのか?



時々、いたのです。

「こんな障害者は二度と来ない(二度と採用できない)」

「あなたは、耳が不自由だということ以外は、健常者と全く同じです」

と言う上司が。
でも、上司がそう認めていても、会社(人事部や役員)は私を障害者雇用だからと、差別的扱いをするのだった。
労働能力は健常者と同等以上と認めていても、扱いはそれ以下とされてきたのだ。
[PR]

# by bunbun6610 | 2017-09-03 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line