蒼穹 -そうきゅう-


ある聴覚障害者から見た世界
by bunbun6610

就労後の聴覚障害者問題H

2018年1月19日(金)

YOさんとSさんが21時出勤のシフトだったが、本人都合で23時からになった。

Sさんはほとんど、フロントの研修。

20:43頃。更衣室が臭かった。エアコンもつけっぱなしだった。

21:00頃。厨房で暖房を使用していた。毎日になっている。厨房にいた中番スタッフはTさん、Gさん、Kさん。

3階男性用トイレが壊れたままでの営業だった。昨日よりもひどく壊れていた。下の支柱が外れたため、ドアが閉まらない。使用不可の状態。

22:34オーダーが2枚入り、Gさんがドリンクを作った。遅いのでその後も22:37オーダーが1枚入った。それも一緒に運ぼうと思ったようで、まとめて作ることにした。そして運びをスタートした途端、また22:42オーダーが1枚入ったので、それも作ろうとしていた。そんなことをしていたら、最初のオーダーの提供がどんどん延びてしまうではないか。なぜ、適当に区切らないのか? その時、Mさんが戻ってきた。結局、Mさんは34分のオーダーだけをGさんに運びに行かせ、37分と42分は自分で運びに行った。Gさんはまだ未熟だが、それにしても対応が下手だな、と思った。

Mさん。「ジャンボ焼きそば」を作ろうとしていた。その時、野菜とベーコンを一緒にタッパーに入れ電子レンジ加熱しようとしていた(「調理マニュアル」では、ベーコンは電子レンジにはかけない)。野菜は水洗いしていなかったようだった(同、野菜は水洗いする)。それを見たTさんは、Mさんには注意せず、自分でベーコンを取り除き始めた。
チャーハンも違っていた。Mさんの場合は、お椀の内側にサランラップを入れていた。そんなことはマニュアルにはないし、誰もしない。人によって、こうも違うのはなぜなのか? しかも、そのことについて誰も言わない。だから多分、今までずっと、人それぞれにやってきた職場なのだろう。

22:57頃。YOさんが運びの時。ポテトの上に唐揚げのプレートを乗せていて、下になったポテトの一部は潰れかけていた。本当にこれを提供するのか? と疑問に思った。

23:05頃。Dさん。腕に赤い大型の、目立つ時計をつけていた。接客にはふさわしくない身だしなみ。一方のRさんは、髪型を変え、整髪していたので、今日はOKだった。

1:08頃。フロントにはWさん、Mさん、Sさんの3人がいた。

ダスター後、エアコンのつけっぱなしが、今日は非常に多かった。原因は、外国人2人に任せ切りだったから。外国人にはほとんど何も指導していないようなので、細やかなことはできない。しかし、そういう人達に運び(つまり、接客ということになる)を任せていても、大丈夫なのだろうか? サービスの質も、客からは問われているかもしれない。日本人はサイレント・クレーマーが多い、と言われるから、可能性は十分ある。

『みんなでやれば怖くない』
1:35に休憩に入った。そして、2:35に戻ると、MIさんが「YOさんが戻って来ないですね」と言った。私はわけがわからなかったので、「何?」と言うと、MIさんは「YOさんは、あなたよりも先に休憩に行きましたよ」と言った。なるほど。MIさんはあまり深夜時間帯のシフトには入らないから、深夜時間帯の人のやり方を知らないのだな。休憩時間を多く取り過ぎているのは、Wさんだけじゃなく、YOさんもだったことになる。それでも私は「知らない」とだけ、言った。Wさんのやっていることが全て、後輩にも伝わっていることになる。「みんなでやれば、怖くない」か。その後、約10分後に、YOさんも厨房に戻ってきた。とするとYOさんは多分、1時間15分ぐらいは休憩時間を取っていたんじゃないのか?

3:11頃。厨房でYOさんが、IH調理器2台ともつけっぱなしのままだった。

3:30頃からずっと(5時過ぎまで)、厨房に来てスタッフと話したり私服のまま勝手に仕事をしたりする男(30~40代)がいた。「誰なの?」と、YOさんに聞いたら、■■■■店のOBらしい。

3:50頃。EV内で、不快なニオイがずっと続いていた。

『責任者が、責務を果たしていない』
4:40頃。N店長がフロントで話をしていた。その時、MAさんの格好(黄色ジャンパー着用で名札見せず)を見ても、何も言わなかったようだ。N店長はやはり、スタッフの悪や欠点を見つけても、指摘しない主義のようだ。それが、この店のスタッフ全員に影響し、職場風潮になっている。この店のアピアランス上の問題点はN店長に、大きな責任がありそうだ。

従業員は全員、サイレント・クレーマーである。だから、これをあぶり出す為に、「従業員相談センター」が設置されているのだろう。

5:15頃。Dさんが、閉め清掃のための清掃道具を置いてエレベーターの中にいたまま、上に行ったり下に行ったりしているだけだった。明らかに、エレベーターの中でサボっている様子だった。

『金曜日の深夜にしては、今日も良くない』
21:00頃。利用客室数; 9室(稼動率; 18%)
21:30頃。利用客室数; 14室(稼動率; 28%)
22:13頃。利用客室数; 19室(稼動率; 38%)
23:01頃。利用客室数; 23室(稼動率; 46%)
0:09頃。利用客室数; 19室(稼動率; 38%)
1:12頃。利用客室数; 17室(稼動率; 34%)
3:11頃。利用客室数; 17室(稼動率; 34%)
4:12頃。利用客室数; 18室(稼動率; 36%)
(5:00頃までの予定15室 5:30頃までの予定1室 6:00頃までの予定2室)
[PR]
# by bunbun6610 | 2018-01-20 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

就労後の聴覚障害者問題H

2018年1月18日(木)

靴箱を見たら、Nさん、YONさん、YOさんの靴が消えていた。近くにあるゴミ箱には、靴が捨てられてあった。この3人も、辞めたようだ。

『正社員特権だから、やってもいいの?』
異動してきた正社員のMAさんが、出勤前、制服に着替える前に打刻していた。非常識だ。しかも、それをフロントにいたクルーのTさんがいる前で、していたのだ。着替え終わった後も問題で、制服の上に黄色いジャンパーをずっと着用したままだった。名札はその裏に隠れていて、見えない。これは、アピアランス・ルール違反になっている。この格好でフロントも厨房作業、運びなどもしていた。

21:00頃。厨房では、また暖房をつけていた。いたのはTさん、Oさん、Mさんの3人。

21:47頃。Mさん(経験1年以上)。生ビール1杯受注で、ジョッキに注いだが、「PREMIUM」文字の下側に境目を合わせていた(ビールの量が少なくなる)。目の前にある変更POPには気づかないのか?

カラオケ■で働くとなぜ、シフトの波が激しいのか? 今週はなぜか、経験豊富なYOさんとTAさんが、シフトに入っていない。辞めてしまった人の代わりになるよう、経験の浅い新人に一日も早く成長してもらいたい、という気持ちもあるだろうが、一番大切なのは、辞められないようにすることだ。そのための配慮がないと、彼らだって安心して働き続けられないのだ。それを、店長は理解しているのだろうか? 確かに、店の事情としても売上の波が極端に激しい。それとも、従業員に有給休暇を与えないようにするため、わざとそのリミットをつけているのか? しかし、慣れないスタッフばかりでは、お客様に迷惑がかかっている。カラオケ■に来るお客様は、こんなスタッフでも高い料金(給料)を払っているのである。

障害者を差別している会社に、真の従業員教育が出来るのか?

この店には、誰も「叱る」行為をする人なんていない。「最低の仕事」しかしない人間が働く職場だからだ。最低の人間には、何を言っても無駄だ。しかし、それでも言うのが、「教育」だろう。

22:08頃。Tさん(経験?年以上のベテラン級クルー)も、生ビール1杯受注でジョッキに注いだが、「PREMIUM」文字の下側に境目を合わせていた(ビールの量が少なくなる)。何で皆、目の前にある変更POPには気づかないのか? 話ばかりしている職場だから、集中力が消えているのか?

22:40頃。9階男性用トイレの閉め清掃。小便器の上や、目の前の壁にツバ吐き多数のいたずら。

暖房がきいている厨房・アイスビンシンクの氷と、製氷機の氷を使用して、氷が溶ける時間をテストしてみた。
条件; ジュースグラスに氷を一杯入れる。(グラスの高さより高くなるまで)
水はドリンク用ホースから、ほぼ一杯になるまで注いだ。(どちらも同じ温度、水量になる)
氷の色は違う。冷えているほうが、表面がより白っぽく曇る(製氷機の氷)。
グラスの置き場所は、洗い場。樽生ビール用測定カードで測って見たら、26℃。暖房が効いているが、ルームより少し低いぐらい(ルームだとお客様により、30℃以上の場合もある)。


22:56アイスビン・シンク;開始 製氷機;開始

22:58アイスビン・シンク;グラスの下のほうから、すぐ溶けていく。上の水面から出ていた氷が、すぐ低くなっていく。
製氷機;グラスの下の氷はまだ充分に残っている。上の水面から出ていた氷も、まだ残っている。

23:02アイスビン・シンク;上の水面から出ていた氷は、かなり減った。
製氷機;上の水面から出ていた氷は、まだ残っている。底のほうも、まだ残っているが、少なくなっている。

23:10アイスビン・シンク;上のほうの氷はほとんどなくなってきた。1個ずつの氷の体積がどんどん小さくなっている(角がすぐなくなり、丸くなる)。
製氷機;上のほうの氷はほとんどなくなってきた。だが、まだ底にも氷が残っているので、全体的に氷が残っているのは製氷機のほうになる。ただ、どちらでも底の氷のほうが速く溶けていく特性は同じようだ。氷の体積減少が遅く、氷の角がなかなかなくならない(温度変化が小さい)。

23:16アイスビン・シンク;半分ぐらい溶けている。このぐらい溶けたらもう、もうドリンクの味は死んでいると思う。カラオケ■のドリンクは、氷の量が非常に多いので、もともとドリンクの量が少なく、そのため、味が薄くなりやすい。
製氷機;味が薄くなっているには違いないが、まだ何とか飲めそう。あと数分以内なら。

23:19アイスビン・シンク;ドリンクとして飲むのは無理。
製氷機;ドリンクとして飲むのは無理。

23:31アイスビン・シンク;ほぼ溶けた。
製氷機;ほぼ溶けた。

氷が溶けてなくなる時間は、どちらもほぼ同じだったが、氷が溶けるスピードは違っていた。製氷機の氷のほうが、溶けるスピードが緩やか。製氷機からの氷は冷えているため、保冷効果が高い。反対に、暖房を効かせていた厨房のアイスビン・シンクの氷は、保冷効果が大幅に下がってしまった。したがって氷の質は、ドリンクの味の保持能力に影響する。このデータから考えると、約7分間の差があると思う。

0:15頃。SIさんも、レッドブル缶を箱ごと冷蔵庫に入れて、冷やしていた。昨日、Sさんがやったことを真似してしまった。だから、先輩のSさんの仕事はダメなのだ。

0:21頃。Dさん。樽生ビール2杯。同じビールジョッキに注いでいるのに、ビールの量がかなり違っていた。1杯目は「PREMIUM」の下側(少ない)。2杯目は「PREMIUM」よりも、だいぶ上側(多過ぎ)になっていた。品質が悪く、とてもサントリーが認定している「達人の店」とは言えない。勿論、写真と比べればすぐわかるのだから、客にもわかっているはず。深刻な客離れには、こういうところにも原因があるようだ。

仕入れていた『花かつを』を見たら、何と! 500g袋だった。使い切るまで一体、何ヶ月かかるのだろう? 賞味期限は平成18年11月まで。

仕入れていた『きざみのり』を見たら、これも100g袋だった。使い切るまで何ヶ月もかかる。鮮度の悪い食材ばかり、使用している証拠だ。ルール違反だが、カラオケ■で食事をするなら「こっそり持ち込み」のほうが絶対いい。持ち込み客がなくなるどころか、増加して、これも売上減少の一因になっているというわけだ。ちなみに、『きざみのり』の賞味期限を見たら、平成18年9月までだった。しかし、メーカーの賞味期限というのは、未開封の状態での期限だから、開封しても何ヶ月も持つ、というわけではない。そこを、この店、管理本部は勘違いしている。全く、ひどい店だ。

1:51頃。62号室。テーブルの上や、床にもゴミが落ちていた。ストロー袋や、ティッシュペーパーくず。
64号室でも、スタンドマイクが傾いていた。

2:20頃。SIさんが休憩を取るため、厨房はMAさんに交代となった。しかし、何もしないで、すぐどこかへ行ってしまった。このままで、もしオーダーが入ったら? まず、戻ってくるまでの時間を要するだろう。SIさんは厨房で真面目に待機していたのに、MAさんは正社員だからといって、これでいいのか? 他店から異動した正社員だと聞いているから、他店でもこんなふうにやってきた可能性が濃厚だ。可哀想だが、このブログで実態暴露されている以上は、チェーン店の恥になるだろう。

2:46頃。誰もいない厨房にドリンク・オーダー2枚が入った。と、その時、すぐに近くから誰かが出ていた。誰かと思ったら、MAさんだった。何と! 隣の53号室でサボっていたのだった。「これが正社員の勤務態度なのか?」と、呆れてモノも言えなくなる。これで月給30万円だとよ! やりたいヤツはどうぞ。募集案内は、こちらです。


【スタッフ募集】
内容; フロント、ご案内、飲食の調理、提供、清掃等
時間; 週2日~/1日4~8時間内(時短応相談)
例; 早番 OPEN~18時
   中番 18~23時
   遅番 23時~LAST
待遇; 1000円(店舗時給) 1250円(22~翌5時)
     950円(高校生を含む18歳未満)
入社祝金、交通費全額支給(採用者は面接分も)
クルー昇給昇格制度、食事割引制度、従業員割引制度(室料40%割引)
勤続3ヶ月で永久権利取得、社員昇格制度、
正社員; 月給30万円~(試用期間2ヶ月27万円)
※ 長期勤続によるキャリア形成を図る為、また深夜勤務を伴う為、18~35歳迄。
上記すべて社内規定有り。
受付; カラオケ■ 本部採用係 0120-43-1201


そして、2枚のオーダーのドリンクを作ったら、外国人のDさんに運びに行かせて、MAさんはまた53号室に入ってしまった。53号室にはSIさんが休憩を取っていたので、話でもしていたんだろう。そんなにヒマ人ばかりつくるなよ! サボってたんなら、自分で運べ! 辞めた主任とは大違いだ。この会社は、真面目に働く人がやる気をなくして辞めてゆき、やる気のない人が居座り続けて、やがて「棚から牡丹餅」式に、店長になれるところなのか?

その後も、オーダーが入ると、またすぐに出てきたのだから、不思議な店だ。樽生ビールを注ぐところも拝見させてもらったが、「PREMIUM」の文字の中間ラインで、微妙・・・。どうなってんだ、この会社の従業員教育は? ただ、慣れていない様子で、スピードはない。クルーのWさんやTさんのほうが、スピードは圧倒的上だから、MAさんは普通でしかない。これで向上心もないのだから、もう成長なんて、期待できないな。

MAさんの厨房作業で驚いたのはもう一つある。「グラスワイン(赤)」の注文が入った時、
グラスが違っていた。この仕事をしない障害者だって、見ているだけで覚えてしまう。それなのに、正社員が間違えるなんて、あり得るだろうか? 「グラスワイン」の場合は「グラスワイン用グラス」、「Pグラスワイン」(飲み放題)や、ボトルワイン受注時に提供するグラスは「ボトルワイン用グラス」と決まっている。ところが、MAさんはグラスワイン受注時に、「ボトルワイン用グラス」(小さめのグラス)に注いで提供していたのだった。本当にいい加減な店だな、ここは。

『日本人のバカっぷりには呆れる』
ダスター後も、エアコンをつけっぱなしにしているルームが多い。ダスター担当はほとんどが、Dさんだ。週に1度ぐらいしかシフトに入らない外国人だから、教育されていないのだろう。「経験不足」ではなく、明らかな「教育不足」だ。「外国人だからそれでも構いませんよ」というのを「配慮」と思っているバカな日本人が多いが、本当は「差別」なのだ。その「愚かさ」を「優しさ」と勘違いしているのだ。

3:22頃。34号室。ドリンク販促POPがベタベタ。他店クレーム事例にもあったが、この店でも毎日のように、よくある。

『驚きのオイル・フライヤー管理実態』
この日、厨房を一人で任されていたSIさんに聞いた。

私;
「オーダーが来そうにないから、今のうちにオイル・フライヤーの清掃をやってしまったら?
昨日、オイル・フライヤーの清掃はしただろ?」

SIさん;
「してないです」

私;
「え? それじゃ、今までやったことはある?」

SIさん;
「ないです」

私;
「教わったことは?」

SIさん;
「ないです」

私;
「・・・・・。
(昨日、一緒に出勤した)Sさんは去年の暮れに、先輩のYさんから教わっているよ。Sさんは何で昨日、やらなかったのかな?」

SIさん;
「・・・・・」

私;
「(Sさんは)やる気ないようだな・・・。
なら、教えよう。
手本を見せるから、見ていろ」

SIさん;
「はい」

だが、SIさんも迷惑そうな顔をしていた。本当は、やりたくないのかも・・・。
それに読者も、今読んだよな。この店ではフライヤーのオイル交換も清掃も、ほとんどやっていないという実態が、わかっただろう。交換用の新しい油も、月にたったの1缶しか、供給されない。だから、もうカラオケ■で揚げ物を注文するのは、よそうぜ!!


4:36頃。3階男性用トイレの閉め清掃をしたら、大便用トイレの仕切り壁が壊されていた。便器も汚れていた。

4:54頃。厨房に再びMAさんが来て、5時までの様子を見た。アイスビン・シンクの清掃を始めたので、拝見させてもらった。このやり方が、ウチのスタッフとは少し違っていた。アイスビン・シンクの水道蛇口からではなく、別の水道蛇口にホースをつないで、水を流し込んでいた。そして、中の氷を床に捨てていた。他店から異動してきた正社員だから、私が去年に管理本部に出したメールのことなど、やはり知るはずもない。

『2017年12月21日(木)に本社管理本部と人事部に送信したメール』;
ここをクリック



『売上激減は止まらず』
21:37頃。利用客室数; 14室(稼動率; 28%)
22:30頃。利用客室数; 10室(稼動率; 20%)
23:34頃。利用客室数; 9室(稼動率; 18%)
23:55頃。利用客室数; 7室(稼動率; 14%)
2:06頃。利用客室数; 5室(稼動率; 10%)
2:37頃。利用客室数; 4室(稼動率; 8%)
3:03頃。利用客室数; 7室(稼動率; 14%)
(5:00までの予定)
[PR]
# by bunbun6610 | 2018-01-19 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

就労後の聴覚障害者問題H

2018年1月17日(水)

店長は今日、明日の2日間、店長会議のため、不在。正社員は今日から来た(異動日は1月21日付なので、「勤怠管理」にはまだ「他店社員」になっていた。勤務時間はついているが、今日はほとんど見学のみ。
接客にふさわしくない髪型(パーマ?)をしていた。髪の量も多め。黒メガネをかけた風貌は、昔のWさんの顔写真にソックリだった。弟分みたいな感じ。
さらに、館内でもなぜか、黄色いカラオケ■のジャンパーをずっと着ていた。寒いからだろうが、名札も見せない格好は、部下のクルーから見ても明らかに、ふさわしくなかった。

21:00頃。厨房に使用禁止の暖房をつけていた。厨房スタッフはKさん(女)、Tさん。洗った灰皿の内側に灰が残っていたものが多数。

21:35頃。93号室。テーブルが汚れていた。

21:36頃。94号室。マイクカバーがなかった(2本とも)。

21:40頃。厨房ではKさん(女)、Tさん、Sさん、SIさんの4人が、おしゃべりをしていた。サボっている。そのツケが、後になってやって来ていた。

22:18頃。厨房にいたSさん。電話が10回以上鳴っていても、電話を取らなかった。100%お客様からの電話なので、10回以上も鳴っていたなら、取る必要があると思う。インナーの黒いシャツが、20センチぐらいも制服の下からだらしなく出ていて、接客にはふさわしくない身だしなみだった。

22:22頃。下げ物を置くテーブルに、トレーがずっと乗っていた。誰なのかは分からないが、必ず4人の中にいるはず。

22:35頃。そのトレーを、Tさんが片付けた。

22:37頃。Kさん(女)が、下げ物を置きっぱなしにして、すぐに行ってしまった。

22:39頃。ダスターから戻ってきたTさんとSIさんが、置きっ放しにされたままの下げ物を片付けた。Kさんは、その後に戻ってきた。

22:43頃。オーダーが入っても、ほとんど遊びながらのような仕事。だから、遅い。「あれはどこにあるの?」なんて、3,4人で探し回っていた。なぜ、暇な時におしゃべりをしていて、仕事の勉強はしなかったのか? いつまでたったら、まともな仕事が出来るようになるのか? 「遅い」と思うお客様のことは、考えているのか?(考えていない)

22:58頃。Sさんが下げ物テーブルの上にトレーとダスター、スーパーマイクシャワーを置きっぱなしにして行った。そしてなぜか、そのトレーを使わず、別のトレーをを別のところから持って、ダスターに行った。「頭がおかしいのか? コイツ」と思った。SIさんもダスターに行った。TさんとKさんは退勤。だから、厨房に誰もいなくなった。

23:02頃。Sさんがダスターから戻って来て、またトレー、ダスター、スーパーマイクシャワーを下げ物台の上に置きっ放しにしていった。

23:39頃。厨房にはSIさん一人。料理とドリンクを一人でやっていた。「Sさんはどこに行ったの?」と聞いたら、「ダスターです」と。呆れる。お客様商売なのに、ダスター優先にするとは・・・・。

0:50頃。またSさんがダスターを下げ物台の上に放置していく悪い癖が出た。もう我慢がならない。今度は厳しく叱った。

私;
「何だこれ?」

Sさん;
「ダスターです」

私;
「・・・・」(ふざけているのか?)
「何度言わせるの? ここに置いていいと、誰に教わったの?」

Sさんは片付け始めたが、続けた。「何歳なの? 13歳? 中学生か? 今度やったら、蹴りを入れるぞ!」

猛烈に怒った。
他にも、

「厨房に誰もいなくなるのは良くない」

「オーダー最優先にし、ダスターはその次でいい」

とも指導した。しかし、彼らは守れない。自分で頭が使えていないからだ。
教育しない人は「無関心」でいられるものだ。反対に、教育する者は、叱ることもするものだ。彼らにとっては、前者のほうがありがたいし、皆、そうしている。自分たちが仲良く、楽しくやっていられればいい職場で、お客や店のことは考えなくていい、という態度。だから、叱ることは誰もしないのだ。

『だから、この店のスタッフはダメ』
23:09頃から、オーダーが殺到し始めて、すぐに遅れが出てきた。どんどんオーダーが入るので、運びに行かず、ドリンクを作ってばかりいた。運びに行かずにいたら、最初に待たされていたお客様はどうするんだ? ドリンクには氷が入っているのだから、時間が経つとすぐに溶けて、味も薄くなってしまうぞ。どうするんだ? しかし、どんどん作ってばかりいて、運びに行かない。デシャップ台の上に乗らなくなるほどドリンクが増えてから、やっとまとめて運びに行くという始末。

『サボっていたツケは結局、お客様に受け継がれる』
23:30頃。Sさん。冷蔵庫に無くなったレッドブル缶を、箱ごと冷やしていた。なぜ、暇な時にチェックし、補充をやっておかなかった? 4人いた時に、おしゃべりをしていただろう。それに、冷えていないレッドブル缶をお客様に提供して、喜ばれるとでも思っているのか? 主任だったら、そういう状況になった場合は、氷水に缶を入れて急冷させていたが、今はその主任は、もういない。ダメスタッフだけでやっているから、助けに来る人も指導するする人も、誰もいなくなってしまった。

1:09頃。休憩に入った。ところが、記入ボードには「C 1:10 ワ■■ベ 60分」と書いてあった。Wさんは既に休憩に入っているのに、時刻は1:09だった。Wさんはやはりいつも、嘘記入だったんだな。過去にも目撃している。下の記事だ。

『元記事』; ここをクリック『休憩時間も不正取得しているのか?』



3:44頃。26号室。パーテーション・ルームだが、カーテン閉まっていて、照明も消していた。店の立てた営業戦略が実行されていない。スタンドマイクも、定位置に戻していなかった。

SさんとSIさん。仕事を早く終わらせる方法を、全く覚えていない。相変わらず、上からの指示待ちになっていた。

『味の薄いお茶漬けにして提供』
4:45頃。「お茶漬け」のオーダーが2人前入った。ところが、材料を揃えてみると、お茶漬け用粉末スープが1人前分しかなかった(1人前2パック使用)。それでSIさんがフロントに「どうしますか?」と聞いていた。そうしたら、そのまま作って、26号室のお客様に提供していた。おかしいだろう。1人前分しかないのに、どうして2人前が作れるのか? 答えは簡単だ。「しようがないから、1人前1パックで作って下さい」と、フロントのWさんが指示したに違いない。味が薄いお茶漬けになったことは、言うまでもない。
前にも、ジンがなくなったので、代わりにウォッカでドリンクを作っていたことがある。ごまかすことが多い店だ。
在庫管理も、だらしがない。

オイル・フライヤー用の油は、月に1缶しか発注できないらしい。なぜなのかは、わからないが、本部が決めたことのようだ。1缶では多分、4回分ぐらいしか、ないのではないか? たったそれだけの量で1ヶ月間も持たすというのは、馬鹿げている。道理で、油交換ができないわけだ。古い酸化した油を使用して、揚げ物を調理せざるをえなくなっている。とういことだから、この問題点の責任も、管理本部にある、ということになる。スタッフ教育面だけでなく、資材調達面でも。だからもう、カラオケ■で揚げ物料理を注文するのは、よそうぜ!!

〔関連記事〕

『ダメなオイル・フライヤー管理』
[ 2018-01 -14 14:31 ]




21:12頃。利用客室数; 10室(稼動率; 20%)
22:22頃。利用客室数; 12室(稼動率; 24%)
22:50頃。利用客室数; 15室(稼動率; 30%)
4:40頃。利用客室数; 5室(稼動率; 10%)
(5:00までが4室、6:00までの予定利用客が1室だった)
[PR]
# by bunbun6610 | 2018-01-18 18:55
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
ブログパーツ