<   2017年 11月 ( 54 )   > この月の画像一覧

2020年東京オリンピックの前に、バリアフリー実現を! この店は本当に大丈夫なのか?!

以前に、ある医療機関の健康診断を受診した。
その時に

「ハードは立派でも、ソフト面がダメだ」

という意味のことを書いた。
下の記事だ。

『病院で困ったことと、病院へのお願い』
〔2017-11 -23 09:36〕



それで思い出したのだが、
日本のバリアフリーで最も心配で困るのは、
そういうことではないだろうか?
下の記事も、ソフト面が懸念される事案だった。

『障害者対応の理想的なモデルとは?
 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて考える』
〔2015-10 -03 20:00〕



「心のバリアフリー」なんていう言葉もあるけれども、
日本人って、ソフト面が苦手なのかな?
と思ったりする。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-30 18:00 | バリア&バリアフリー

就労後の聴覚障害者問題H

2017年11月29日(水)

D主任は公休。

21:00頃。洗って乾かしてあった灰皿数個の内底に、灰が付いていた。厨房にいたOさんに伝え「あなたがやったの?」と聞いたところ、「僕ではありません」という返事。すると、一緒に厨房&運びをしていたN店長か、それ以前に退社したヘルプのTさんなどが考えられる。

21:37頃。Sさん。名札の初心者マークは無くなっていた。5月入店だから、随分と経つ。しかし、実力は新人レベルのままだ。ワイングラスに付いたワインを、緑ダスターで拭いていた。この場合は多分、食器などに使うピンクダスターだと思う。緑ダスターは、テーブルの汚れなどを拭く時に使うもの。在日中国人ということもあるが、仕事に必要な知識がないようだ。

カクテル用のメジャー・カップは30ccと45ccのい二種類が計れる。2本あるが、1本は内側に10cc、15cc、20ccの目盛りつきになっている。

3:50頃。また厨房のエアコンが暖房25℃になっていた。多分、TAさんだと思う。

4:15頃。SIさん(新人)。モップを絞る器械を床に引きずって移動していた。さらに、汚れた水に浸けたモップで、床を拭いていた。先輩の指導が原因で、新人まで悪い仕事のやり方を覚えてしまっていた。

4:20頃。ビール・サーバー、ドリンク・バー、アイスビン・シンク全て、清掃完了。この時点でお客様はまだ4室残っていて、うち2室は5時までいる予定なので、片付けるのが早過ぎていた。

特別清掃; 7・9・10階ルームドア(ガラス、枠など)
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-30 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

パチンコ店ではなぜ、「盗難や置き引き」事件が多いのか?

【問題】
都心部の大型パチンコ店では、盗難事件が毎日のように起きている。
そのため、ホールには至る場所に、防犯(監視)カメラが設置してある。
そのビデオ映像に犯行状況も録画されている。
それならば、パチンコ店はその明白な証拠映像のみをもとにして、
再来店した犯人を捕まえることが出来る?


答え;
それだけでは出来ない。



何かと忙しくなり、犯罪も増えやすい「師走」が近づいてきた。
知人に、この話をしたら、ビックリしていた。

「パチンコ店は、なぜ犯人が来ても何もしないの?」

という文句を言っていて、よく理解できないらしい。

このような場合、犯人を逮捕してもらうには、
警察の協力が不可欠である。
しかしそれには、まず被害者が被害届を警察に
届け出ていなければならない。
被害に遭ったという証拠と、それと結び付く証拠、
その該当人物となる犯人が一致しないと逮捕する
ことはできないらしい。
捕まえられる条件が揃わない限り、パチンコ店側は、

「またあいつ(犯人)が来たぞ」

とわかっていても、どうすることもできないのが
実情なのである。

大体、犯人が現れたとしても、
パチンコ店のスタッフでは営業に忙しいので、
金にも何もならないことに、真剣に取り組むとは思えない。


とはいえ、どの店でも全く何もしないとは限らない。

方法の一つとして、ホール内でスタッフが犯人に直接
「声掛け」をしたり、
犯人を事務所に呼び出して証拠画像を見せて、

「今後はウチの店で、こういうことをしないで下さい」

と伝えたり、

「即退店です。
また、今後の出入りを禁止します」

とか、注意処分をし誓約書を書かせる、
といった方法があるらしい。

と言っても、被害届がなかったら逮捕はできないので、
そうなっても犯人は他店に行って再犯を繰り返している
可能性が濃厚だ。
パチンコ店に来る客のかなり多くが、
被害に遭っているにもかかわらず、
諦めて警察にも届けないことが、
こうした犯罪が繰り返され、増えている原因となって
いるようだ。
まさに、パチンコ店は犯罪者の好き放題、
犯罪の温床地帯だ。

数年前にパチンコ店全店に、
警察から防犯強化要請があったが、
パチンコ店での犯罪は4倍に急増していたそうだ。

都心部の大型パチンコ店に入ったら、
必ずこういう犯罪者がいて

「常に隙を狙われている」

と思っていたほうがよいだろう。
ホール関係者の話でも、

「被害者はパチンコに熱中しているため、
犯人から獲物が見えさえすれば、
あっさりとやられている」

という。
堂々とした、ドル箱盗難まである。
ジェットに流さずに、手に持ったままお持ち帰り。

「用意していたボストンバッグに何箱も入れて、
持ち去るツワモノもいる」

という。
盗んで、次に玉持ち込み遊技をするのが目的らしい。
他店で使用するらしいが、違法行為だとされている。
しかもこの場合、

「盗難被害に遭っても、店側は被害補償はできない」

というのだから、これも驚きだ。
監視カメラにちゃんと録画されていても、である。

まさに、人に直接見つからなければ、
犯人の思い通りだ。

こういう輩は、とにかくホール内をぐるぐると
回っているものだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-29 18:05 | F.最大手パチンコ店

就労後の聴覚障害者問題H

2017年11月28日(火)

月曜日インターフォン清掃担当者; Wさん、Yさん

N店長から「マイナンバーの番号や顔写真を記録したいので、見せて」と言われた。
店長私物のスマホで撮影する、という。「それは以前に白い携帯で撮影したはずです。なぜまたそれをする必要があるのですか?」と言い返した。本音を言うと、会社に提出するデータとはいえ、私物のスマホに画像を取り込まれることには、抵抗感がある。従業員の学生証(T大学)画像まで、取り込んでいた。店長のこうした行為、要求は、行き過ぎていないだろうか? 疑問なので明日、人事課のNさんか、役所などに聞いてみてからにすることにした。

21:00頃。厨房のエアコンが暖房19℃の設定だった。暖かい風が出ていた。働かないから、寒いのだろう。しかし、エアコンのコントローラーには「暖房禁止」と書いてある。やはりこの店のバイトのほとんどは、ルールを守らない仕事をする。

多くのルームのエアコンがつきっぱなしだった。営業中の部屋もあるし、営業しているが、部屋閉めの予定の部屋にもあった。「暖房」や「送風」、それにおかしなことに「冷房」や「ドライ」モードになっている部屋まであった。止まっている部屋も、勿論あった。温度設定もバラバラだったので、ルールがどうなっているのかも、さっぱりわからない。メチャクチャに仕事(ルーム管理)をしているのだろうか?

営業中なのに、2階、3階、4階のパーテーション・ルーム(窓側の角部屋)が、真っ暗だった。

21:32頃。101号室。スーパー・マイク・シャワーをラックの上に置き忘れたままだった。

21:45頃。85号室。未使用ルームで、営業していないのに、マイクのスイッチが入ったままだった。昨日より以前から、このままだったか?

新人研修の時、店長自ら、Sさんにトイレ清掃をみっちりと指導していたが、あれ以来、Sさんがトイレ清掃をしたのは見たことがない。今日もそのSさんが出勤しているが、ほとんど何もしないでいる。全然働かない店だ。Sさんには、部屋閉め清掃を4階の一部部屋だけやってもらったが、上手に速くは出来なかった。まるで、「お坊ちゃん」だった。

3:40頃。ノンフライヤー1台で『オニオンリング・ツリー』を作ったため、失敗した。それで私が「2台で半分ずつに分けて加熱調理する」とアドバイスし、作り直させた。
『えびピラフ』も、ベシャッとしていた。


油を使用するフライヤーを清掃していた。12月だけ、この器械を使用するらしい。油交換が大変だが、誰がやるのか? 出来る人がいないだろうから、WさんかYさんしか、考えられない。

4:00頃。Yさんがディスペンサーとその下の床を清掃していた。誰もやらないし、以前はYさんも何もしなかったので、珍しい変化だった。責任感、自覚が芽生えたのだろうか?

特別清掃; 床排水溝
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-29 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

健常者が自画自賛するだけの『障害者週間』



障害者週間(12月3日~9日)が近づいている。
毎年、健常者が繰り広げている、
障害者を利用したバカ騒ぎ週間だ。

聴覚障害者理解促進の行事としては大体、
「手話ソング」を勝手に歌う、と決まっている。
なぜこんなものをやるのか、理解できない。
「感動ポルノ」か?

「ああ、自分はこんなすばらしいことができるのか」

と、自分で自分を喜べるからなのか?
自画自賛に溺れて、聴覚障害者を少しでも
理解できるようになった気になっているのか?

反対に、聴覚障害者が自ら行っている啓発活動とは、
一体何だろう?

しかし、よく考えてみると、多分、
障害者も健常者をもっとよく理解しなければ
ならないのだろうな、
この週間があることをきっかけとして。
ゴールはないが、周りの人への「歩み寄り」は誰もが、
続けていかなければならないのだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-28 18:17 | 障害者問題・差別

『悪いのは障害者ではなく、マネージャー』

『元記事』
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-28 18:00 | F.最大手パチンコ店

伝統的手話の特徴

以前に観たテレビ番組で、
永井大という俳優が仕事体験をする、
という内容があった。
永井さんが体験した仕事は、庭師だった。

その中に、

「担ぎ棒」

という道具を使う仕事があった。
その使い方を教わっていた。
その時に言った、師匠の言葉が忘れられない。

「伝統技術の継承も大切」

「伝統の技は薄れていってしまう。
いざ使う時、(わからなくなれば)終わってしまう」

これを観て、即座に思い出したのは、
「伝統的手話」とも言われる「日本手話」。


以前に、あるカフェで年配のろう者たちが
集まっていて、こう言っていたのだ。


「静岡の手話は、昔はこうやっていたんだよ。

(お茶の袋を下にトントンと叩きつける動き)

冗談半分で、こうやって表している人もいたよ。

(「静かに」+「岡」)

でもそれじゃあ、他の地域に住んでいる人には
どれが正しいのかわからなくなってしまうから、
今は、こういうふうに統一したんだよ

(「富士山」と同じ手話)」


「私たちの(昔の)手話は、個性があって、面白かった。
でも今は、段々と使われなくなっていって
しまっている。
寂しいが、仕方がないなぁ。
時代とともに、手話も変わる」


手話は元々、ろう者とろう者とで直接、
伝えられてきた伝統言語だ。
それと、庭師職人の伝統技法も同じ伝達方式だった。


そういえば、キリスト教でも

「神の御名が何だかわからなくなった」

という話は有名だ。
「ヤーウェ」ではないか、という説があるが、
定かではない。
元々は旧約聖書に記されていたのだが、
ユダヤ人たちが

「神の御名を(みだりに)言ってはならない」

という言葉を頑なに守ろうとして発語しなくなり、
発音も忘れられていったとか。

言葉は使われなくなると、忘れられてしまうものだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-28 13:29 | 手話

『もう「見ざる、聞かざる、言わざる」を通すことにした』

『元記事』
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-26 15:31 | 就労後の聴覚障害者問題H

就労後の聴覚障害者問題H

2017年11月25日(土)

『もう「見ざる、聞かざる、言わざる」を通すことにした』
21:00頃。洗い場に洗い物がいっぱい溜まっていた。床にも納品物の山が。厨房にはIさん、Tさん、Kさん、KAさん(新人)がいたが、誰も何もしていなかった。こんな状況でも、のんびりサボっているのか? 正社員はN店長とD主任が出勤していたが、二人ともフロントにいるので、厨房のことはアルバイトに任せ切り。で、こんなにだらしなくなっている。それでも私はもう、「見ざる聞かざる言わざる」を通すことにした。
ただ、「見ざる聞かざる言わざる」の本来の意味は、

http://e-jyouhou.com/3738.html

http://kotowaza-allguide.com/mi/mizarukikazaruiwazaru.html


ということだそうだ。見なかったことにする、聞かなかったことにする、黙っていたほうがよい、ということなのだろうか? 結局は、同じのような気もするが・・・・。
企業の隠蔽体質も、ここに原因があるのだろうか?
これはやっぱり、現場を人手不足、その上での教育不足にした会社に、原因がある。
それに、自分の対人関係にマイナスになってしまうだけなら、もう何も言わない方がいい。言っても、本当に全くメリットがないのだから。

生レモンをカットするまな板と包丁を、何でも洗っている洗浄機にかけているだけで、殺菌はしていない。大丈夫なのか? この店は。

チョコレート・パフェに使う缶詰フルーツ・ポンチを、小分けして冷凍していた。どうりで、不味くて不人気なわけだ。

人間的な基本が出来ていない人に接客という仕事をさせているのがおかしいのだが、人手不足、教育不足なので、どうしようもないようだ。

ダスター後、NOダスターに関わらず、ルームのエアコン(暖房)がつけっぱなしになったままが多い。電気代の無駄になっている。そのツケは誰が払う?

Jさんと少し話をした。在日外国人の多くが、二職種だという。Jさんは23時~翌日7時までで、実働7時間労働。この後に、午前10時からまた別のバイトをする、という。どうりで、休憩時間はいつもぐっすりと眠っているわけだ。身体は大丈夫なのだろうか? 以前にM社で見た在日フィリピン人のRさんのことを、思い出した。彼女も二職種で働いていた。朝8時から9時半までパチンコ・ホール清掃で、11時から夜8時までまたパチンコ・ホール・トイレ清掃をしていた。だが、それで身体を壊して、入院した。その後はさすがに、一つの仕事に絞ることにし、朝の仕事は辞めた。

4:15頃。76号室。またテーブルにツヤがなく、拭いた跡が目立っていた。ここだけでなく、あちこちのルームのテーブルがそうだった。拭いているが、肝心のダスターをきれいにしていないからだ。POPもベタベタだった。

4:25頃。3階男性用トイレの床が汚なかった。

最近は、他店からヘルプが来なくなった。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-26 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H

就労後の聴覚障害者問題H

2017年11月24日(金)

中番時間帯(21時~23時)スタッフ; Mさん、Iさん、Oさん、Wさん、Sさん

22:30頃。Wさん。IH調理器つけっぱなしだった。そばにいたMさんも、知らん顔をしていた。厨房に5人も集まっていて、話ばかりしていて、誰も何もしていない時間帯が、かなりあった。カラオケ■の職場で働いた感想の中に「楽しかった」の感想が多いのは、こんなふうに誰も何も言わないからだ。楽をしているだけだから、そりゃ、楽しいに決まっている。

みん評・カラオケバイト評判ランキング
『カラオケ■のアルバイトの口コミ・評判』


Mさんは、今日は拘束時間が11時間(実働10時間労働)だった。ほとんど毎日、誰かがこんな長時間労働を強いられているようだが、店長はなぜ他の人も遣わないのだろうか? このような長時間労働は違法性が高い。

0:45頃。94号室。床に何か白っぽい粉末状のものがこぼれていて、さらにそこをダスター担当者が歩いたために、廊下や91号室まで足跡が広がっていた。営業中なのに、みっともない店内になっていた。

3:30頃。34号室。ダスター担当者のテーブルの拭き方が雑だったため、汚れが取れていなかった。

3:34頃。26号室。ダスター担当者のテーブルの拭き方が雑だったため、汚れが取れていなかった。もともときれいではないダスターで拭いているのでは? ダスターの手入れを誰もしていないことになる。床にもストローの袋が落ちていた。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-11-25 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(444)
(226)
(97)
(58)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ