<   2016年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

(聴覚障害者への合理的配慮実施を求める)『要望書』

『要望書』

人事部
■■■様


先日(8月4日)はありがとうございました。また、私の失礼をお詫びします。

Oマネージャーという、良い方が異動して来られて、良かったと思います。人事異動があると、また自分の障害について、一から理解してもらうのが大変で、時間もかかるので嫌になる事がありますが、Oマネージャーのケースは良かったと思います。

さて、先日は混み入った話になってしまいましたので、改めて私が(障害の部分でも)重要と考えることを整理して提言させていただきたく、お願い申し上げます。





○要望;

風適法等、全従業員が守るべきことは、障害者にも適切に指導等を行って下さい。障害者差別解消法に定められた合理的配慮を、障害に応じて、可能な限り盛り込んで下さい。





○理由;

知り合いの聴覚障害者に「国の法令等で義務付けられている講習等に参加しているか? 参加して合理的配慮はあるか?」と聞いてみたところ、「自分だけ参加しなくていい、と言われた」とか、「参加したが情報保障がなかった」といった回答も含まれていた(他社事例として参考)。

また、聴覚以外の障害を持つ人で、そういった講習会に参加した経験のある人に『なぜ私は、法令に基づいた講習でも、受けなくていいと言われたのだろうか?』と相談してみたところ、「あなたは耳が聞こえないから」という、率直な回答があった。

実際、MマネージャーとIマネージャーという、複数の役職者が「(管理者業務実施簿を)受けなくていい」と言っているので、それが会社の指示だと受け止めて差支えない。ただし、それが本当に風適法に合致した判断だったのか、後になってみると疑問はある。それは、8月2日の警視庁に行った時に、初めてハッキリした。それまではよくわからなかった、ということである。

他の聴覚障害者でも、このようなケースがあり、「何故受けなくていいと言われたと思いますか?」と尋ねたところ、「想像ですが多分、情報保障が面倒だからだと思います」という回答があった。

実際に私自身、過去に同様の経験が何回もある。



(事例1)

ある超一流ホテルで働いていた時、全社員参集行事の社長講話があった。その時に情報保障として、人事部は私の上司が筆談をすることで間に合わせようとした。ところが、上司は講話が始まると居眠りをしてしまい、結局、私は何も理解できないまま、1時間近く我慢していた。勿論、このことは人事部に言えなかった。



(事例2)

ある集団給食施設で働くことになった時、法令で義務付けられていた衛生講習会があった。参加しなくてはならないが、情報保障はどうするのか、事前に会社に尋ねた。会社は「筆談します」と回答した。ところが実際に講習が始まってみると、筆談がなく、そのまま終わった後、受講したことを証明する本人捺印だけさせられた。形式的な受講になっていた。



いずれも、『障害者差別解消法』が施行される以前の出来事だったので、企業から合理的配慮を得ることが難しかった時代の話である。

8月4日の面談では「感情的になって、急いで警視庁に向ったのでは?」と言われましたが、このような経験があって、もう我慢したくない、という気持ちがあったことは事実です。また、Mマネージャー、Iマネージャーの「受けなくていい」にも、特にKさんに言われてからは、次第に疑問に思わざるを得なくなってきたためです。東京都公安委員会のある警視庁に直接聞いたほうが早く、また正確な知識が得られるであろう、と思いました。



8月2日に、警視庁の担当者(保安課?とか言っていました)と話しました。

そこでも、最初は



「原則は全従業員だが、実際には、管理者の指導状況は店によってまちまち。各従業員に、必要な指導・教養をするが、同じ内容を全員に行っているとは限らない」



という、曖昧さが残る回答だった。

ところが、



「(「受けなくていい」と、会社の指示を受けた障害者等で)言ってはいけないことも、もし知らなかったら、言っても構わないのですか?」



「退職後は、言っても責任はないのですか?」



などと聞いてみると、回答状況は一変した。

このことから、MマネージャーやIマネージャーが「受けなくていい」と言ったのは、間違いだと思うようになりました。警視庁はその後、『風俗営業所等 管理者の手引き』というテキストを見せてくれた。それによると、

「全従業員に対して行う指導内容から、階層(ヒエラルキー)別に指導する内容まで、様々な指導がある。

よって、必ずしも、全部の指導を全員にしなければならないというわけではない。」

といった内容になっていた。

「受けなくていい」と言われている障害者だって、実際は講習を知らないから、全く何も知らない、何も言えないというわけではなく、実際には雑誌やインターネットなどで自然に知った情報等があります。昨年12月から今年初めにかけて話題になった「三店方式」や、「釘曲げ問題」は、誰もが知っているはずです。しかし、これらの情報は、風適法にも適しているわけではありません。なかには間違った知識を、自分でも知らずに、自然に覚えてしまっている場合もあるのです。だから全従業員に対して正しい情報(情報のモラル)を伝え、そのための必要な合理的配慮を、障害者に対しても行うことが必要です。「耳が聞こえないから仕方がない」では済みません。

以上のことから、今後は特に、情報・コミュニケーション障害がある聴覚障害者に配慮しないと、再びリスクが起きる可能性が濃厚だということを理解して、法務部と人事部、聴覚障害者のいる現場とも共有していただきたいことだと考えます。

以上、よろしくお願い致します。


■■■■■■店
■■■■
[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-05 18:30 | F.最大手パチンコ店

『「重度障害者を死なせることは決して悪いことではない」自民党NSC会員ブログ:名もなき投資家氏」

『夢破れ突然の変貌 相模原障害者施設殺傷』
〔2016-07 -27 22:07〕



あの事件で、こんなことまで・・・・。


晴耕雨読
『「重度障害者を死なせることは決して悪いことではない」自民党NSC会員ブログ:名もなき投資家氏」』
〔2016/08/02〕
http://sun.ap.teacup.com/souun/20470.html



愛国を考えるブログ
『重度障害者を死なせることは決して悪いことではない』
〔2016年7月27日〕
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/440452137.html



考えてしまうのは、無理もないと思う。
知的障害者と関る苦労を知っている者ならばね。
でも、ここまで頭がイッてしまうと、「人間廃業」だと思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-02 23:44 | 障害者問題・差別

人事部への『質問・改善要望』と、警視庁への質問・相談

件名;『質問・改善要望』
「重要な項目です。

風適法については、私はよく知りません。
というのも昨年、Mマネージャーから「(障害者だから)何も勉強しなくていい」と言われているので、実際、ほとんど勉強したことがありません。

ところが最近、知的障害者のKさんが必須項目として受けていることがわかりました。
しかも、Kさんに「受けなければダメだよ」とか、強く言われました。

確かに、毎月のチェック表があって、誰が受けていないかどうかが、一目で分かるようになっています。
7月で私が未実施に終わったのはコンプライアンス教育と管理者業務実施簿です。
この二つは、Mマネージャーの指示により、以前からずっと実施していません。
今年6月に入ってから、やっとIマネージャーに「私と一緒に、事務所パソコンで毎月、テストをやりましょう」と指示されましたが、今月は未実施でした(コンプライアンス教育だけ)。
どうも、先月だけ一緒にやり、後は自分で自宅でやってほしいようだと、後になって思いましたが。

問題は管理者業務実施簿でしょう。
これはこの法律の性格上、必須なのでしょうか。
国の法律ですから、恐らくは障害者も例外ではない、と思われますが。
条文には「従業員」と書いてあるのであって、おそらく障害者清掃員は別だとは、書かれてはいないでしょう。
また、そう解釈するのも無理があると言えると思います。
Kさんの指摘は、おそらくは正しいと思われます。
それが「やらなくていい」と、Iマネージャーからも言われていますが、この点はどうなのか、お知らせ下さい。
会社としての責任ある説明をお願いします。
もし納得できない内容だった場合は、他に相談してみることになると思います。
この相談先は東京都庁か、警視庁になると思います。


さらに二点目ですが、もし上のことが必須であるとなると、これに絡んで、もう一つの法違反になりそうな点がありうる、と思います。
今年4月に施行された『障害者差別解消法』です。
これの間接差別(合理的配慮の不提供や、障害者への機会不平等)に該当する可能性もあります。
こちらの相談先は、東京労働局です。

詳細は下記をご覧になってみて下さい。



厚生労働省『障害者の雇用』
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page10.html




3.雇用の分野における障害者の差別禁止
及び障害者の合理的配慮の提供義務
<障害者に対する差別の禁止>
事業主は、募集・採用において、障害者に対して障害者でない者と均等な機会を与えなければなりません。
また、賃金・教育訓練・福利厚生その他の待遇について、障害者であることを理由に障害者でない者と不当な差別的取扱いをしてはなりません。
(障害者雇用促進法第34~35条/平成28年4月1日施行)

<障害者に対する合理的配慮>
 事業主は、障害者と障害者でない者との均等な機会の確保の支障となっている事情を改善するため、募集・採用に当たり障害者からの申出により障害の特性に配慮した必要な措置を講じなければなりません。

また、障害者である労働者と障害者でない労働者との均等待遇の確保や、障害者である労働者の能力発揮の支障となっている事情を改善するため、障害の特性に配慮した、施設整備、援助者の配置などの必要な措置を講じなければなりません。
ただし、事業主に対して「過重な負担」を及ぼすこととなる場合は、この限りではありません。
(障害者雇用促進法第36条の2~36条の4/平成28年4月1日施行)




· 改正障害者雇用促進法に基づく
「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shougaisha_h25/index.html



·周知用リーフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000096206.pdf


·周知用パンフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000099915.pdf



合理的配慮は、上に書かれた採用時だけではなく、採用後も必要であり、この法では義務づけられるように変わっています。
ただやはり、今までは「会社は合理的配慮が出来ないから、受けなくても良い」とも解釈できましたが、風適法上の必須項目であるなら、それ以前の問題だと言えます。

5月の契約更新前面談で「差別的状況がある」ことを伝え、それについて真摯に受け止めてもらえたと思っていますので、改善に期待しています。


■■■■■■店
■■」






霞が関の警視庁(東京都公安委員会)へ行き、質問・相談した。
先方と筆談にして、記録を取った。

2016年8月2日(火)13:30~

警視庁 東京都公安委員会
東京都千代田区霞が関2-1-1

 保安課?の男性職員2名が対応してくれた

内容;(風適法について)東京都公安委員会に質問・相談


私;
「パチンコ店の■■■■で働いています。
ホールには出なくて、バックヤード、事務所での清掃や、特殊賞品を準備するのが主な仕事です。
障害者雇用で、契約社員です。

用件です。風適法に関わることで、店長が必ず実施しなければならない『管理者業務実施簿』というのがあります。
従業員全てが受けなくてはならない教育だそうですが、ご存知ですか?」

警視庁(東京都公安委員会);
「管理責任者が指導を行う『管理者業務講習会』のことですか?」

私;
「こちらの店舗では『管理者業務実施簿』と書いてありました。そのことだろうと思いますが、全従業員が(障害者も含む)受けなければならない、とありますか?」

警視庁;
「会社は管理責任者を誰か選任しなければならない。管理者が全従業員に指導をします。」

私;
「管理者は、■■■■では店長です。で、講習の対象者は“全従業員”なのですか? それとも、障害者は知らなくていい、ということですか?」

警視庁;
「基本的には従業員は全員です。」

私;
「“全員”ということは、私もその内容を知っていて、それを守る義務があるわけですよね。」

警視庁;
「その通りです。」

私;
「それならなぜ、私には『受けなくていい』と、マネージャーが言ったのか。
これが疑問になり、聞きにきました。
今の回答だと明らかに問題点です。

例えば、『特殊賞品を交換する場所を、客に教えてはいけない』というのがあります。
これは障害者も当然、守らなくてはいけないですよね?」

警視庁;
「ええ。」

私;
「でも、もし(管理者が全従業員に対し、このことを)教えなかったら、後で知らないで客に教えてしまうこともありえる。問題なのでは?」

警視庁;
「問題です。
あなたは、客に応対する可能性があるお仕事をされていますか?」

私;
「基本的には、清掃やバックヤードでの仕事です。ですが、全く客と接しない、という保証は、どこにもありません。
客とすれ違うことはあります。

他にも障害者がいて、この人は管理者業務実施簿を受けています。
同じ仕事をしています。
ところが、私は『受けなくていい』と、マネージャーから言われています。
ところが、本社の監査員が調べに来た時に見るチェック表には、リストに私の名前も入っていました。これは不正(虚偽)申告の可能性があります。」

警視庁;
「実際には、管理者の指導状況は店によってまちまち。各従業員に、必要な指導・教養をするが、同じ内容を全員に行っているとは限らない。」

私;
「それならば、知らない・教育されていないのなら、しゃべっても罪ではない、ですよね?
おかしいと思います。
あなたの説明は。」

警視庁;
「違います。」

私;
「違わないです。
今言ったじゃないですか?
指示されなかったら、わからないのが当たり前ですよ。」

警視庁;
「子供じゃないんだから、常識的な大人として、店の営業に支障をきたすことは、やってはいけません。」

私;
「『店の営業に支障をきたすことはやってはいけない』という、そもそも風適法について、店が具体的に従業員に教育しないから、一人一人が自由にしゃべったりすることもありうるのでは?
何の為の『全従業員』の文言ですか?」

警視庁;
「それをやって、店の営業に支障をきたせば、あなたは解雇されても反論できなくなりますよ。」

私;
「『解雇されても反論できなくなる』? あなたの言っていることは、パチンコ店擁護論で、国の法律についての話にはなっていませんよ。」

警視庁;
「国の法律の話になっています。」

私;
「このことは、他の法律にも触れているのです。『障害者差別解消法』という、今年4月に施行された法律に反しています、店が。」

警視庁;
「店が客に対して、秘密にしている内容をしゃべるのはダメです。
疑問に思うのなら、自分で店に確認をして下さい。
これは、民事的な問題ですよ。
あなたと店の問題です。」

私;
「結論;公安委員会は、店のやり方には関知しない。
それぞれのやり方でいい、ですよね?
従業員はそれに従うこと。
従えないのなら、自分で店に言うか、辞めるかとかするしかない。」

警視庁;
「管理者が従業員に指示する内容は、店によってまちまち。
各従業員によっても、まちまち。」

私;
「何も教育しないこともOKなのですか?
実際、こうなのですよ、今まで私は。」

警視庁;
「基本的に守らなければならないことはある。
全従業員に対し、何も指示しない、というのは問題です。」

私;
「一部の障害者だけ、何も教育しない、というのは?
これは、障害者差別にも該当しています。」

警視庁;
「店の管理者に聞いてみなくては分からない部分があります。
今、テキストを持ってきますので、少し待って下さい。
・・・・『風俗営業所等 管理者の手引き』です。
全従業員に対して行う指導内容から、階層(ヒエラルキー)別に指導する内容まで、様々な指導がある。
よって、必ずしも、全部の指導を全員にしなければならないというわけではない。

店は、あなたが遵守事項を指示・教養を受ける立場にないと判断しているのでは?
法令的には、全従業員に指導することが正しいが、各従業員の役割によって、指示・教養を受けさせる内容は変わってくる。
あなたは、指導を受けたことは?」

私;
「ほとんどないです。
一回だけです。」

警視庁;
「最初だけですね。」

私;
「正確には、去年の10月ごろ、『防犯月間』とかいう項目について指導を受けただけです。
では、(公安委員会が)店の判断に委ねているのであれば、店が違法なのではなく、もししゃべったら、個人が罰せられるだけになりそうですね。」

警視庁;
「風適法は、店に対して指示されているものです。
違反があれば、店が処分を受ける。」

私;
(公安委員会の言っていることが、自分たちの体面を保つことばかりで、本質が全然理解・納得できない、と思いながらも)
「もう一つ質問です。
自分がパチンコ店を辞めた後に、しゃべるのは問題ないですか?
暴露本なんか出ていますけど、あれはどうなのですか?」

警視庁;
「会社で秘密にしていたことをしゃべるのは問題です。」

私;
「でも、店を辞めているから、店はその人を処分することも、もうできないでしょう。
辞めた後に漏らす人は、かなりいるのでは・・・・?」

警視庁;
「私どもは、法律について説明するだけの立場なので、その他のことについては、わかりかねます。」

私;
「もう一つ。
(本当は、疑問がたくさんあるんですよ)
パチンコ店がバックヤードで行っているパチンコ台の釘曲げ行為についても、去年ニュースになって驚きました。あれは昔からやっていると、私も知っています。でもあれは、教育されてはいないけれども、『しゃべったらマズいな』と思いました。」

警視庁;
「店の営業に支障をきたすようなことを、しゃべってはいけません。」

私;
「多少は曲げていても、公安委員会は黙認しているのが現実かと。
私には、これが適法か違法かは全くわからない。しかし、何をどうやってもいいとは思わないので、知人にしゃべったりはする。」

警視庁;
「今、そうしたパチンコ台の撤去をしている段階です。」

私;
「・・・・・。」
(パチンコ店の裏側を何も知らないようだ。風俗店を規制・違法行為を取り締まるべき公安委員会が、逆にパチンコ店に手玉に取られている。こんなダメ組織に国民の税金が投入されていること自体が、もう馬鹿馬鹿しくてやっていられない、と思った)

警視庁;
「釘の件までは、詳しくは知りません。」

私;
「わかりました。
後は自分でよく考えて結論を出し、何とかします。
今日はありがとうございました。
完全解決は無理ですが。」

警視庁;
「あなたの生年月日を教えてくれますか?」

私;
「そこまでしゃべる必要がありますか?
店に密告するので?」

警視庁;
「お店はどこですか?」

私;
「■■■■です。」

警視庁;
「■■■■の何店で?」

私;
「それを言って、密告されたらイヤじゃないですか。
釘曲げなんて、店舗内でやっていますよ。」

警視庁;
「店には言いませんから、教えて下さい。」

私;
「いやいや、表に出たら、私がバラしたと絶対にバレるので。
私は障害者で、今度失業したら、もう他に行くところなんてありません。」

警視庁;
「わかりました。」

私;
「ただ極秘でなら、また私を呼んでも構いません。私は内部をよく知っています。
ただ、会社には言わないでほしい。
メール記録で、必ずバレます。『こんな人はアイツしかいない』と。」
[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-02 23:30 | F.最大手パチンコ店

精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H3L_S5A211C1CR8000/




精神障害者ら7.9万人、
受給減額・停止も
 年金新指針で


医師団体推計

日本経済新聞 2015/12/12 21:43


国の障害年金の支給・不支給判定に大きな地域差が
あるのを是正するため、厚生労働省が来年から導入
予定の新しい判定指針について、全国の精神科医で
つくる団体が

「障害基礎年金を受け取っている精神・知的・発達
障害者のうち、1割に当たる約7万9千人が支給停止
や支給減額になる恐れがある」

との推計を12日までにまとめた。

 日本精神神経学会など7団体でつくる「精神科七者
懇談会」で、同会は

「年金を受給できなくなると障害者は大きく動揺し、
症状の悪化や意欲の低下につながる」

と指摘。
厚労省に柔軟な対応を申し入れた。

 障害年金では、日本年金機構の判定にばらつきが
あるため、不支給とされる人の割合に都道府県間で
最大約6倍の差がある。
これを受け厚労省は、最重度の1級から3級まである
等級を判定する際の指針を作成。
精神障害者らの日常生活能力を数値化し、等級と
数値の対応表を判定の目安としてつくった。

 2009年時点で障害基礎年金を受け取る精神障害
者らは約79万人おり、団体側は対応表に当てはめた
場合、等級が下がる人が何人出るかを推計。
その結果、1級の受給者約5万6千人が2級への
変更が予想され、支給が減額される。
2級の約2万3千人は3級となる可能性が高い。
障害基礎年金は3級では対象外のため支給停止
となる。

 ▼障害基礎年金 国の障害年金はその原因と
なった病気やけがで初めて医療機関にかかった
「初診日」にどの年金制度に加入していたかに
よって、受け取れる種類が異なる。
初診日が国民年金加入中や20歳前などの場合
には障害基礎年金となる。
受給者は身体障害者を含め約180万人。
更新の審査が1~5年ごとにあることが多い。
支給額は1級で月約8万1千円。
2級になると約6万5千円に減る。
3級では支給されない。


〔共同〕



=========================

[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-02 23:29 | 年金・無年金障害者の問題

『(就労支援)一番の配慮は、やりがい・役割』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37287997.html



炎のジョブコーチ
『(就労支援)一番の配慮は、やりがい・役割』
〔2016/7/30(土) 午前 10:18〕


雇用における合理的配慮の義務化がスタートし
何が変わったのか・・・。
面接で

「配慮することは?」

の質問があったり、
定着支援で訪問した時に、

「配慮することがあれば教えてください」

なんて聞かれることもあります。
ハローワークにも少しずつですが相談や
問い合わせがあると聞きます。

しかし、合理的配慮ってケースバイケースで
とっても難しく、

「疲れやすいから休ませて」

と申し出があったら、どう取り扱えばいいの
でしょうか。
もちろん話し合いで合意形成とはいうものの、
雇用する側から、

「少しぐらい頑張ってください」

とはいえないでしょう。
職場環境を、その人に合わせるという考え方
は全くその通りなのですが、中心がちょっと
ズレてきているように思います。


合理的配慮は、衛星要因か動機付け要因か
労働環境や条件なら、衛星要因になりますが、
合理的配慮には、理解してほしい、承認されたいと
いう動機付け要因の側面もあるように思います。
配慮できるかどうかは別として、丁寧に扱うことが
両方の要因を満たすことにもなります。

ハーズバーグによる動機づけ・衛生理論の、
動機付け要因を十分に充たすことができなくても、
不満足感が増加するわけではないという理論には
少し当てはまらず、動機付け要因が満たされないと、
衛星要因の不満足感(過度な配慮意識)に発展
していくように思います。

そう考えると、一番の合理的配慮は、
仕事へのやりがいや達成感が設計されているか、
役割を感じられるかでは・・・
というのが
今のところの自分の考えです。
この動機付け要因が衛星要因にも大きく影響し、
合理的配慮が目立たなくなるのではと思います。

また、合理的配慮を全て衛星要因として捉え、
手厚い配慮を整備すると、今度はモチベーションや
モラルが低下したり、その人の開発やチャレンジを
阻害する面もあるのではとも思っています。
必要な負荷やストレスが成長の原動力になるのが
「働くこと」でもあります。
職業リハビリテーションのその先の、障害のある人
の労働についての研究が進むことを期待しています。



==========================





「Kさん。ティッシュ作業をしながら、新聞『赤旗』を堂々と机の上に出して、読んでいた。これって、普通はありえないと思うが、誰もそれについて何も言わない。知的障害者は何をしていてもオーケーの会社か? Mエリア長も来ていたが、勤務時間中でも新聞を見せて何か話しかけていた。「知的障害者だから、しようがない」という苦笑いしている対応に見えた。知的障害者だけ、特別扱いなのだろう。とにかく、ここの職場では何をしていても怒らない。
それにしても、日本語の読み書きが苦手な障害者が、新聞を読んで内容を理解できるのだろうか?
共産党の小池書記長と新・東京都知事の小池百合子氏を勘違いして喜んでいたようだが。」(8月1日)

これって、知的障害者への合理的配慮なのか?
それとも差別なのか?
それとも、どっちも理解できない、ただの【能力が低い】上司なのか?
[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-01 22:59 | 就労後の聴覚障害者問題B