<   2016年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『聴覚障害について』


『聴覚障害について』
〔2010/12/723:22:08〕

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1051669405?fr=rcmd_chie_detail


聴覚障害について
聴覚障害者に対するイメージを教えてください
(全部でなくても結構です)。


1.聴覚障害者=手話ですか?

2.聴覚障害者は聴こえない話せない人ですか?

3.手話が出来ないと聴覚障害者との
コミュニケーションは不可能ですか?

4.聴覚障害者が日常生活で困ること、
助けて欲しいことは何だと思いますか?

5.他に聴覚障害者に対するイメージがあれば
お書き下さい。

紹介が遅れましたが私は現在東京に通う
大学二年生男です。

以前授業で一緒で聴覚障害の子がいます。

今は、笑顔で会釈程度の仲ですが今年中に
話しかけたいと思って、このような質問を
させていただきました。

質問の仕方が不愉快に感じられるかも
知れませんが、ふざけているわけでは
ありません。

よろしくお願いいたします。




============================





以下は、私なりの回答。


1について。
聴覚障害者でも圧倒的多数の人は、手話ができません。
手話が出来る聴覚障害者でさえ、
その人の聴覚障害者歴などにより、
使っている手話も違います。
さらに、知らない人が多いと思いますが、
聴覚障害者のコミュニケーション方法には
「トータルコミュニケーション」(※)という考え方もあります。

(※)
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/rehab/r050/r050_009.html

http://www.normanet.ne.jp/~ww100114/library/li-19.htm



「手話が必要」だとか「手話が大切」だとかするのは
極端で、ある特定の聴覚障害者団体が広めている
考え方に過ぎません。
手話言語法制定の動きが高まっていますが、
その要望と聴覚障害者の実情は別だと思います。

昔から、また今でも、かなり多くの聴覚障害者が
手話を知らないのが現実です。
以前にテレビドラマなどで手話ブームとなったのも、
決して手話人口が多いからではありません。


2について。
佐村河内氏も聴覚障害者と見なせると思います。
法律上の聴覚障害者とは、国の定めた基準を
クリアしている聴覚障害者ですが、だからと言って、
それ以外の人には全く障害者福祉サービスが
受けられないというわけではありません。
(ただし、自治体、地域による)

また、国連・障害者権利条約を批准したことにより、
これからも社会の「障害の定義」は変わってゆく
はずです。


『聴覚障害の用語定義について』
〔2011-03-30 22:03〕





3について。
1の回答でも述べましたが、トータルコミュニケーション
という、柔軟性を持った考え方もあります。
キュードスピーチという方法も、若い聴覚障害者同士
で使っている場合もあるようです。
いずれにしても、コミュニケーションは双方向性が
大切ですから、自分の得意とするコミュニケーション
方法に拘らず、お互いに譲れる部分は譲って、
相手に合わせることも大切なのです。
従って、コミュニケーション方法は一つ(手話)に
限定しません。
盲ろう者のことを学ぶと、とても役に立つと思います。


『「盲ろう者」について』
〔2011-04-09 09:34〕




4について。
例えば、聴覚障害者が困っている時には、
コミュニケーション方法を合わせてもらうことだと
思います。
また、バリアフリーについて理解し、ご協力して
頂くと助かります。
具体的には例えば、手話言語法制定や、
映画館や駅などでの字幕普及とかです。


5について。
「聴覚障害者に対するイメージがあればお書き
下さい」って、意味がよくわかりません。
自分が受ける印象としては、聴覚障害者と
言っても実に様々な人がいて、一言ではとても
言えないことだと思います。
ろう者、難聴者、中途失聴者の3つに大別して
説明する専門家もいますが、その3つの中にも、
非常に幅広いグラデーションが見えると思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-10 23:41 | 聴覚障害

弁護士「佐村河内氏に著作権、代作者と合意」

============================



http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150106-OYT1T50125.html?from=ytop_ymag




弁護士
「佐村河内氏に著作権、
代作者と合意」


読売新聞 2015年01月07日 07時39分



さむらごうち佐村河内守氏(51)名義で発表された
楽曲が、別人の代作だった問題で、日本音楽著作
権協会(JASRAC)は6日、97曲にのぼる佐村
河内氏との著作権信託契約を2014年12月31日
付で解除したと発表。

 佐村河内氏の弁護士は

「著作権が佐村河内氏にあるとする文書を代作者
と連名で提出しており、決定は遺憾」

と話した。

 作詞、作曲者からの信託で楽曲の著作権管理を
行っている同協会では、代作が発覚した昨年2月
5日以降、同氏に著作権の帰属を保証する資料の
提出を求めていたが、同協会が納得する資料が
提出されなかったため、

「疑義が解消されていない」

として、契約を解除した。
今後、佐村河内氏の楽曲使用の際には、同氏側
に直接許諾を取る必要がある。

 佐村河内氏の弁護士は、

「楽曲の著作権は今後も佐村河内氏に帰属する
ことで合意しており、現在は作者名表記などに
ついて、代作者側の弁護士と交渉中」

としている。



============================

[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-10 23:07 | 難聴・中途失聴

パチンコ店の「遠隔操作」は本当にあるのか?

【パチンコ店が「遠隔操作」をしている、という噂は絶えない】

スーパースター(お客様が選ぶ、当月の店舗接客スタッフ・ナンバーワン投票)投票箱に「遠隔ですかぁ~」と疑惑を書かれたスーパースター投票用紙が入っていた。

「○番台のガロを打っていて、大当たり確率(信頼度?)99.9%のプレミアムリーチが出たが、外れた。店長を呼んで来い!」(お客様からの実際の声から)

「26日に●●店でスロットをやっていて、ベルのテンパイ音が鳴ったのにボーナスが揃わなくて、店舗のスタッフに遠隔やってるんだろって言ったんだけど、『やってない』って言うから、警察行くぞって言ったら『行くならどうぞ』みたいなこと言ったんだよ!」(お客様の実際の声から)

「店長遠隔やりすぎ」と書かれたスーパースター投票用紙が、投箱に入っていた。



『パチンコ裏物語』
(阪井すみお/著者 株式会社彩図社/発行所)
〔2016-05-29 23:30〕

『1.バレなきゃいいんだよ』(P10~17)
「井上さんは時効だということで教えてくれた。
遠隔操作は存在する――というか、した。
現在では後述している「早がけ」と同じで、「遠隔操作」しているパチンコ屋はほとんど無くなったらしい。遠隔操作はすでに「過去のもの」なのだ。

ぼくの手元に一冊の本がある。『パチンコ産業経営白書2002』(経林書房)だ。この本は現在廃刊されているが、パチンコ屋の現実の姿をアンケート調査という形で報告している業界本としては希少な良書だった。
その本の記述で、“現在、最もパチンコホール各社の頭を悩まし、かつ社会問題としてマスコミにも度々登場しているのが、不正機械や不正操作の問題である。これは、パチンコ機械の不正改造または遠隔から不正に出玉調整を行うことにより不正な利益を得るものであり、こうした不正機械・不正操作の現状をたずねた”とあり、注目すべきは「被害内容を具体的に把握している」とした企業が約半数の51.7%にのぼる事だ。・・・・(中略)・・・・
こうした不正機械・不正操作の問題が発生する「主な原因」について尋ねてみると、最も多い回答は「不正操作や改造が可能な遊技機械」で77.8%と飛び抜けて高い数値で、次に多い回答が「ホール経営者の認識不足やモラルの低さ」が45.4%となっている。・・・・(中略)・・・・
もう一つ、ぼくの手元に遠隔操作に関する資料がある。
数年前、某地方のパチンコ屋で勤務していた時に組合から送られてきたFAXだ。
内容は“数県で遠隔操作が揮発され、不正改造が広範囲に蔓延している。ファンの不信感が業界衰退の一因になっているのは明らかであり、ついては不正遊技機(遠隔操作)の実態調査を行いたい”というものだった。
組合のFAXが個々の店を浄化するほど力のあるものだとは思わないが、現在では「リスクの高い遠隔操作を行っているパチンコ屋はほとんど無くなったはずだ」と井上店長は言っていた。」(P13~14)


そして、この後にサンパチ会館の遠隔操作の方法が書かれている。
遠隔操作といっても、幾つかの方式があるらしい。
パチンコ台の裏側はシマと呼ばれる空間になっていて、そこから見ると、不審な配線が接続されている店もあるらしい。
そして、

「事務所に入ってコソコソ遠隔操作していた店長の姿を想像すると少し寂しい気分になった」

と書いてある。
この本の著者も、あくまでも想像で書いているに過ぎないのだろう。



【そもそも、パチンコ店の「遠隔操作」とは何なのか?】
このことは、私の立場でだが、ハッキリとさせておきたい。
誤解が広がると困るので。
私は全く知らない。「遠隔操作」を見たこともないし、どういうものなのかも知らない。
存在自体を聞いたこともない。
このような議題を掲げておきながら、何の役にも立たなくて申し訳ない。


【内部不正を厳しく取り締まるパチンコ企業組織自体の仕組み】
会社が社員に公表し、厳しく指導しているケースがある。
どういう方法なのかというと、

①内部不正を防ぐ為に、役職者(店長・マネージャー)の異動を頻繁に行っている。
店長でも1年も経たずに異動するケースがあるのだから、やっと仕事に慣れてきた頃にはいなくなっているわけである。
「店舗活動を活性化させるため」という、社内向けの理由も勿論あるが、この業界をよく知る、あるコンサルタントの話によると、経営者は内部不正を防ぐことを一番の目的としているという。
役職者が各地の店舗を転々とさせられていることは、別に珍しくないようだ。

②本社から複数の検査者が来て、店舗の定期的検査を実施している。
不正が行われていないかどうかを、遊技台の中まで開けて直接見たりして、チェックしている。
時間がかかるので、店休日に実施している。

③もし不正が報告されれば直ちに調査し、不正が明らかになれば厳しく処分をする規程がある。
その仕事をしている部署がある。

④内部不正を防ぐため、全従業員は全店舗で、“客として遊技することすらも禁止”になっている。
もし発覚した場合は、懲戒処分が下されることもありえる、という。

このような環境であるわけで、不正が行われやすいとは一見、思えない。


【特殊賞品(キーパー)の仕入量と、パチンコ店の出玉量は関係がある】

ただし、かなりの疑問に思うこともある。
その根拠説明になるのが、実は下の記事なのである。


『パチンコの三店方式への疑問点は、
実は誰でも見ている光景からわかる』
〔2016-07-01 20:00〕


ポイントはやはり、キーパーの仕入量だ。
パチンコ店の事務所内にはホールコンピュータがある。
このコンピュータは個々の台の出玉状況も表示できる。
INとOUT玉数を表示できるわけだ。
スランプグラフも表示できる。
キーパーの入出庫量は、この結果を大体反映するはずである。
もし、仕入量が多ければ、それだけ“出る”ことが予想されるだろう。
反対に、仕入量が少なければ、それだけ“出ない”ことが予想されるだろう。
つまり、キーパーの仕入量を知ることが出来れば、“出る”のか“出ない”のか、ある程度の予想は出来る、というわけだ。
その情報を知る店員は限られている。
しかし幾つかのパチンコ店の場合は、それが外部に丸見えだったというわけだ。
上の記事を見れば、素人でもうなづけるだろう。
不正をする従業員が、携帯電話で仲間に情報を流すことだって、可能と言えば可能だ。
それゆえ、従業員が事務所に携帯電話を持ち込むことは原則、禁止になっている。

さて、肝心な話だが、普通ならば、台の稼動率や売上高(入金額)が上がれば当然、キーパー仕入量も増えるはずだ、と思うのが自然ではないだろうか?
普通の商売だったら、それが当たり前だろう。
ところが、パチンコ店では必ずしもそうとは限らない。
稼動率はホールコンピュータに、常に表示されている(リアルタイム表示)。
パチンコ店の売上金は『現金集計表』を見れば、大体分かる。
キーパーの仕入量は、それを管理する人(現金・賞品取扱者)だけが知っている。
それを総合的に見て判断することは可能だ。

不思議なことに某店の場合、小、中キーパーの合計量(前日残数+当日納品数)はいつも決まっていた。キーパーをカウンターの機械に補充するためには、専用のカートリッジケースに入れなければならない。
その空になったカートリッジケースの数量分しか、いつも仕入れていないのだ。
一方、変動があるのは大キーパーのほうだった。
これはなぜかというと、大キーパーの場合はもともと、カートリッジケースの数が足りていないので、いつもそれより多い量になってしまうからである。
しかしそれでも、金庫室には大体100枚が予備としてストックされている。
私が疑問に思ったのは、この100枚が崩されて使われることはあまりなく、大体はいつもその日の仕入量が、その日の出庫量で収まっている、という計算の正確さというか、規律性だった。

ここで当然、ある疑問が生じてくる。
仮にキーパーの在庫がなくなるほどの総出玉数でもあったとしたら、中、小キーパーが足りなくなる恐れもあるはず。
なのに、中、小キーパーの金庫ストック分はない、というのは大丈夫なのだろうか? というか、それで常に足りる量で発注していること自体が、疑問に思わないだろうか?
その答えとして推測できるのは、予め出玉の上限が店で、あるいは会社(本社)で設定されているのではないか、ということである。
これは設定なのか、操作なのかは、わからない。
最悪だと出玉操作、つまり不正操作、遠隔操作の可能性まで出てくることは否定できない。
もう一度言うが、“出る”も“出ない”も予想できないはずのギャンブルマシンを1000台強も設置しているパチンコ店なのに、これはなぜ可能なのだろうか?
この店では、通常の仕入額は3000万円前後が多い。
多くても4000万円を超えることが、たまにならば有る程度だ。
つまり、稼動率、売上額にかかわらず、安定的だというわけだ。
これは一体、なぜだろうか?

パチンコファンの読者なら、7月7日が何の日だか知っているはずだ。
言わずと知れた、年に一度しかない、某パチンコ店の最強イベントの日である。
今は公安委員会が厳しく規制をしているので、表立って言うことはしていないが。
今年もこの日には、某パチンコ店の前に大勢の客が開店前から大集合していた。
そして、開店入場後はすぐに稼動率は85%に跳ね上がった。
通常ならば、朝からこんなに混雑する日はない。
普段の稼動率は、開店直後だと25~45%ぐらいが多い。
トータル稼動率は時間帯にもよるが、通常は客が増える夜でも60~70%なのだ。
しかし、7月7日という日は特別な日だったので、設置台数1000台強でも、あっという間に空き台が急激になくなっていくほどだったのである。
それならば、キーパーの仕入量はいつもよりも多かったはずだと思うだろう。
いやいや、それが意外なことに、いつもと同じ仕入量だったのだ。
素人でも、これを聞いたら疑問に思うはずだ。
こんな日でも、仕入量は平日と同じだって?

「前日の残りが多かったからじゃないのか?」

って?
いやいや、違う。
直接見たけれども、全く変わらない。
前日残り分は、いつもと同じ量の100枚程度だった(大キーパーのみ)。
いつもより多く余ってなど、いなかった。
つまり、このことは客が大幅に増えても(売上が上がっても)その分、店の儲けが増えただけだ、ということを意味している。
これを見て、どう思う?

きっと、何らかの操作をしている可能性が浮かんでくるだろう。
単なる設定操作なのか、遠隔操作なのか、他の方法による操作、それも不正操作なのか。
しかし、誰も見たことがないのだから、何とも言いようがない。


もしも、本社から店舗ホールコンピュータのサーバーにアクセスできて、しかも遠隔操作ができるのだとしたら?

その可能性がないと、断言できるだろうか?


マネージャー;
「あのぅ店長・・・明日は○○○○の日なんですよ。
それなのに、明日のキーパーはこれだけしか用意しなくていいんでしょうか?」

店長;
「キミぃ、そんなこと、いちいち言わなくたって、分かっているでしょ。
明日は、これで足りるようにやるんだよ」


実際にこんな話を聞いたわけではない。
しかし、「暗黙の了解」というやつで、そうされている、という推測はありえる。
何も違法行為と呼ばれる「遠隔操作」などしなくたって、設定操作ならどこでもできるのだ。
ここまでならば言ったって、別に名誉毀損ではないはずだ。

こんな会話をしているように思えてくるものだ。
指示する店長、実行役のマネージャーに、そういう連帯責任にして、やらせているのが会社組織なのかもしれない。
彼らにだって、守るべき家族がいるだろう。
言いなりにならなきゃクビになるだけだろう。
仕方がないと言えば仕方がない。
しかし、客のほうはたまったものではないだろう。

その日、実際のキーパーの補充ペース(金庫からの出庫ペース)だって、いつもの日と変わりなかった。
1回目(昼)は小1箱(約20本)、中1箱(約20本)、大6箱(約90本)のはずが、大の前日残りが10本ほどもあったので、その分減らした。
2回目(夜)は常に大キーパーの補充作業だけになるが、多い時は2~4箱やるのに、この日は2箱にも届かなかった。
つまり、それだけ少ないというのは、“(出玉が)出ていない”と推測できる。
実際に、この日の『一日共有シート』(お客様の声)には「昨日の方が出てたかも・・・」という記述が残っていた。
来店客数は「朝2000人の並び!!」というすごさにもかかわらず、だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-09 23:21 | F.最大手パチンコ店

障害者雇用 ― ロジスティックスオペレーションサービス株式会社


==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成28年7月5日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年9月30日

求人番号; 13040-69414661


〔1.求人事業所名〕

事業所名;
ロジスティックスオペレーションサービス株式会社

所在地; 〒141-0031
東京都品川区西五反田1-31-1
日本生命五反田ビル10F

ホームページ;
http://logios.mitsui-soko.com/

就業場所; 転勤の可能性なし
東京都江東区青海4-7-6
アサガミ(株)
お台場国際物流センター内


東京テレポート駅下車 送迎バス10分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)倉庫内作業

仕事の内容;
・入出庫に係る作業
・小物電気製品のピッキング、検品、梱包、
仕分け作業

※ 構内をフォークリフトが常に走行しています。


雇用形態; 正社員以外

雇用期間; 雇用期間の定めあり
3ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 153080~174720円

賃金形態; 時間給 920円~1050円

通勤手当; 実費(上限なし)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)9:00~18:00
(2)10:00~19:00

就業時間に関する特記事項;

時間外; あり 月平均10時間

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

休日 その他の場合; 
事業所カレンダーによる
シフト勤務

求人条件特記事項;
【施設状況】
・エレベーター; 有
・建物内段差; 有
・障害者用トイレ; 無
・洋式トイレ; 有
・玄関ドア; 手動
・建物内車椅子移動スペース; 有
・階段手すり; 有

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。



〈会社の情報〉
従業員数
企業全体; 1200人
就業場所; 161人
(うち女性 30人)
(うちパート 2人)


創業; 平成18年

資本金; 3000万円

事業内容;
ソニー製品及び電子部品・半導体・資材等
の入出庫、仕分け、梱包、保管業務。
物流オペレーションにおける生産性やコスト
・品質等の管理業務。特13-312543

労働組合; なし

会社の特徴;
ソニー製品の部品調達から完成品までの
物流を担う三井倉庫サプライチェーン
ソリューション(株)と生産現場オペレー
ションノウハウを持つMantoMan(株)
が出資した設立7年目の会社です。



定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; あり

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 115日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤2人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送、電話、Eメール

試用期間; あり(2ヶ月、労働条件変更なし)


〔備考〕
まずは就業場所(江東区)の担当者宛に
応募書類を郵送して下さい。
応募書類に手帳(障害種別)の種類、
等級を明記または手帳のコピー(障害が
わかる部分のみ)を同封して下さい。




担当者; 東日本人事課
青木 香奈子




==========================





「安全確保ができない」

「筆談でのコミュニケーションは難しい」

という理由で、聴覚障害者の書類応募は断られた。


>「※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。

何なんだろうね、これは。
ただの飾りなのか?

配慮にも、出来るものと出来ないものとがある、
ということは、これまでの“門前払い”されてきた
経験からも明白だ。
実に、聴覚障害者の不利が浮き彫りになって
いるではないか。

聴覚障害者だって、クルマの運転免許を取得して、
運転もできる。
それでも問題があるのだろうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-06 23:01 | 就職活動・離職

障害者雇用 ― 株式会社根津商店







==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成28年6月24日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年8月31日

求人番号; 13030-11312061


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 株式会社根津商店

所在地; 〒111-0023
東京都台東区橋場1-14-7

ホームページ;


就業場所; 事業所所在地に同じ
転勤の可能性なし


JR線他各線 南千住駅下車 徒歩15分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)靴材料製造
/障害者トライアル併用求人

仕事の内容;
靴材料製造
  仕上げ工


雇用形態; 正社員

雇用期間; 雇用期間の定めなし

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 160000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限なし)

昇給; あり

賞与; あり

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)8:30~17:30

就業時間に関する特記事項;

時間外; あり 月平均10時間

休憩時間; 60分

休日等; 土日  週休二日制 毎週

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

休日 その他の場合; 
祭日のある週は土曜日出勤

求人条件特記事項;
*トライアル期間3ヶ月(同条件)
※ トライアルご希望者はハローワーク
窓口迄ご相談下さい。
*賃金支払日; 当月末日

【施設状況】
・エレベーター; 無
・車椅子移動; 不可
・点字表示; 無
・出入口段差; 有
・階段手すり; 有(片)
・トイレ; 和式



〈会社の情報〉
従業員数
企業全体; 20人
就業場所; 10人
(うち女性 10人)
(うちパート 10人)


創業; 昭和48年

資本金; 1000万円

事業内容;
婦人靴材料製造

労働組合; なし

会社の特徴;
大手企業取引の為、内容安定。
家族的雰囲気で、楽しく働ける職場です。


定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; なし

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

年間休日数; 109日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付)
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 電話

試用期間; あり(3ヶ月、労働条件変更なし)


〔備考〕
応募希望の方は事前連絡の上、
面接日時を決めます。
不採用の場合、応募書類は責任廃棄します。

障害の種別・等級を履歴書にご記入いただくか、
障害者手帳の写し(障害がわかる部分のみで可)
を持参して下さい。





担当者; 
根津




==========================



7月6日現在
応募者数; 2人
紹介者数; 2人
採用者数; 0人



この求人票には

「※ 必要な合理的配慮については
お申し出ください。」


という文言は見当たらない。
おそらく、この職場は“職人世界”だと思う。
厳しい世界だと思うが、ろう者にも
向きそうである。

応募問い合わせをハローワークに
頼んでみたところ、

「現在すでに、ろう者がトライアル就労中」

だという。

「それで、新たにトライアル労働者を雇う
企業体力はないので、しばらくは受け入れを
中止したい」

という。

「ただし、もしかしたらトライアル中の
聴覚障害者は辞めてしまうかもしれないので、
8月になったら、
もう一度連絡してみて欲しい」

との言葉だった。


求人票の雇用形態は「正社員」と書いてあるが、
「従業員数」をよく見てみると、
就業場所で働く10人は全員パートのようである。
だから、本当に正社員として雇用されるかどうか、
疑問はある。
また、女性だけの職場なので、男性は難しそうだ。

職人世界のようなので、仕事が終わるまでは
帰れないだろう。
残業時間が何時間になるのかわからないし、
時期により、かなり変動もあると思う。

大企業の大甘雇用に慣れてしまった障害者に
とっては、大変な仕事だろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-06 22:59 | 就職活動・離職

障害者雇用 ― アクセンチュア株式会社

==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成28年7月1日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年9月30日

求人番号; 13040-67355161


〔1.求人事業所名〕

事業所名;
アクセンチュア株式会社

所在地; 〒107-8672
東京都港区赤坂1-11-44
赤坂インターシティ

ホームページ;
https://www.accenture.com/jp-ja/company#

就業場所; 転勤の可能性なし
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-1
イヌイビル・カチドキ

大江戸線 勝どき駅 A4a出口より 徒歩7分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)総務部アシスタント
勝どき

仕事の内容;
機器レンタル関連、施設管理、
会議室の清掃およびセッティング、
総務関連事務等

※ 階段でのフロア移動に支障のない方


雇用形態; 正社員以外
契約社員

雇用期間; 雇用期間の定めあり
3ヶ月
契約更新の可能性あり(条件あり)

学歴; 高卒以上

必要な経験等;
周囲とコミュニケーションを取りながら
業務遂行できる方。

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 180000~230000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限あり)
毎月100000円まで

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生
確定給付年金

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)9:00~18:00
(2)10:00~17:00
(3)10:00~19:00

就業時間に関する特記事項;
(1)から(3)いずれか
*時短勤務、週4日勤務相談可

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

休日 その他の場合; 
*障がいの通院制度あり

求人条件特記事項;
・エレベーター; 有
・出入口段差; 有
・障害者トイレ; 無
・洋式トイレ; 有
・建物内車椅子移動スペース; 有
・階段手すり; 有
・マイカー通勤; 不可
・玄関ドア; 自動

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。

※ 就業場所の従業員数は非公開です。

※ 現住所およびEメールアドレスの記載必須。
裏面のEメールアドレスからのメールが
届くよう受信設定願います。


〈会社の情報〉
従業員数
企業全体; 7000人
就業場所;    0人
(うち女性    0人)
(うちパート   0人)


創業; 平成元年

資本金;    万円

事業内容;
戦略コンサルティング、
デジタルコンサルティング、
テクノロジーコンサルティング、
アウトソーシングサービス

労働組合; なし

会社の特徴;
障害の有無に関らず、各々の能力を十分に
発揮していただける機会を提供します。
仕事内容や配属部署については適性と
希望を考慮し、決定します。


定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 121日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤2人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; Eメール

試用期間; あり(1ヶ月、労働条件変更なし)


〔備考〕
※ 契約期間
1年目は3か月、3か月、6か月で契約します。
2年目以降は1年ごとの契約となります。

※ 応募の際手帳のコピーを添付し、
又は応募書類に障害の部位・等級を明記
して下さい。
事前の電話連絡は不要です。

〈応募種類送付先〉
〒220-8691
横浜市西区みなとみらい3-6-3
MMパークビル
人事部リクルーティングPwD宛



担当者;人事部リクルーティング
障がい者採用担当




==========================



7月6日現在
応募者数; 1人
紹介者数; 1人
採用者数; 0人




==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成28年7月1日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年9月30日

求人番号; 13040-67390261


〔1.求人事業所名〕

事業所名;
アクセンチュア株式会社

所在地; 〒107-8672
東京都港区赤坂1-11-44
赤坂インターシティ

ホームページ;
https://www.accenture.com/jp-ja/company#

就業場所; 事業所所在地に同じ 
転勤の可能性なし



〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)AIC Cafe’

仕事の内容;
オフィスコーヒーサービスに関する業務全般
(コーヒーポットの洗浄、清掃、コーヒー提供
場所への持ち運び、コーヒーがなくなった時
の補充、コーヒー豆、コーヒーフレッシュや
マドラーの管理、発注業務、請求処理等)

PCの操作(入力が可能な方)


雇用形態; 正社員以外
契約社員

雇用期間; 雇用期間の定めあり
3ヶ月
契約更新の可能性あり(条件あり)

学歴; 高卒以上

必要な経験等;
周囲とコミュニケーションを取りながら
業務遂行できる方。

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 180000~230000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限あり)
毎月100000円まで

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生
確定給付年金

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)9:00~18:00


就業時間に関する特記事項;
(1)から(3)いずれか
*時短勤務、週4日勤務相談可

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

休日 その他の場合; 
*障がいの通院制度あり

求人条件特記事項;
・エレベーター; 有
・出入口段差; 無
・障害者トイレ; 有
・洋式トイレ; 有
・建物内車椅子移動スペース; 有
・階段手すり; 有
・マイカー通勤; 不可
・玄関ドア; 手動

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。

※ 就業場所の従業員数は非公開です。

※ 現住所およびEメールアドレスの記載必須。
裏面のEメールアドレスからのメールが
届くよう受信設定願います。


〈会社の情報〉
従業員数
企業全体; 7000人
就業場所;    0人
(うち女性    0人)
(うちパート   0人)


創業; 平成元年

資本金;    万円

事業内容;
戦略コンサルティング、
デジタルコンサルティング、
テクノロジーコンサルティング、
アウトソーシングサービス

労働組合; なし

会社の特徴;
障害の有無に関らず、各々の能力を十分に
発揮していただける機会を提供します。
仕事内容や配属部署については適性と
希望を考慮し、決定します。


定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 121日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; Eメール

試用期間; あり(1ヶ月、労働条件変更なし)


〔備考〕
※ 契約期間
1年目は3か月、3か月、6か月で契約します。
2年目以降は1年ごとの契約となります。

※ 応募の際手帳のコピーを添付し、
又は応募書類に障害の部位・等級を明記
して下さい。
事前の電話連絡は不要です。

〈応募種類送付先〉
〒220-8691
横浜市西区みなとみらい3-6-3
MMパークビル
人事部リクルーティングPwD宛



担当者;人事部リクルーティング
障がい者採用担当




==========================



7月6日現在
応募者数; 1人
紹介者数; 1人
採用者数; 0人




「事前の電話連絡不要」と書いてある。
それでも

>「周囲とコミュニケーションを取りながら
業務遂行できる方。」

とう部分は気になる。
どんなコミュニケーション方法なら可能なのか、
ハローワークに頼んで、聞いてみた。
結果は、次の回答だった。

「口話、筆談、身振り、手話で、
何らかのコミュニケーションが取れる方ならば、
応募が可能です」


本当だろうか?
今までにこんな回答をした会社はない。
しかし、もし本当だとしたら、
聴覚障害者も働けることになる。


ホームページで調べてみると、
ここはダイバーシティ企業のようだ。
ただ、だからといって、そこで働いている
人たちが手話でも何でもできる、
というわけではあるまい。
様々な人たちがいて、様々なコミュニケーション
方法を使って仕事をしている、ということだろう。
つまり健常者、健聴者もコミュニケーション方法
を一つに拘らず、トータル・コミュニケーション
を行っている、ということだろうか。

なるほど、これならば確かに、
>「※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。
なんて、ここでは特別なことではないのかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-06 22:57 | 就職活動・離職

『まずは知ることから「障害のある女性」NHKハートネット7月特集』

松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~
『まずは知ることから「障害のある女性」NHKハートネット7月特集』
〔2016-07-05〕

ハートネットTV(NHK)7月特集
「シリーズ 障害のある女性」
7月5日(火) 第1回 知ってほしい!私たちの生きづらさ
7月6日(水) 第2回 本当は産みたかった~強制不妊手術54年目の証言 ~



『<国連女性差別撤廃委>
障害理由に不妊手術、政府に補償勧告』
〔2016-03-13 21:00〕




『産科医、知的障害の患者に
「結婚できないでしょ」発言』
〔2016-01-22 20:41〕





『「複合差別」とは』
〔2013-08-24 00:22〕





『女性差別と障害者差別』
〔2012-03-01 23:56〕





『『聴覚障害を持った売春女性、
視覚障害を持った売春女性』』
〔2016-03-18 21:34〕




私の職場にいる知的障害者は、勤務時間中のある時、
労働組合機関紙に載っている『赤ちゃんが産まれました!』
的な写真集を、じーっと見つめていた。
何度もまた開いては見ていたので、

「知的障害者も『赤ちゃんが欲しい』と思ったりするのかな?」

と思ったりしながら眺めていた。
そして、

「性欲はあるのか?」

とも考えてみた。
その後も、

「思春期はあるのか?」

「反抗期はあるのか?」

とかも・・・・。


何しろ、知的障害者は上司、いや健常者からは
言う通りにするだけのイエスマンなのだ。
言われた事を聞かなくなるのは、他の障害者から
何か言われた場合だけだ。
だから、他の障害者とは仲が悪いようだ。
本当は、自由意志が全くないわけではない。
欲望もあるはずだ。

ところが、その知的障害者は、何と先月、
職場開催のボウリング大会に参加した。
私は聴覚障害者なので不参加にしたが。

ボウリング終了後も、おトクな飲み会があるという
ので、知的障害者に

「飲み会にも参加するの?」

と聞いてみた。
すると

「親にダメだと言われている」

と、なぜか寂しげに答えていた。

知的障害者が性的暴力・虐待の対象になりやすい、
という話を聞いたことがある。
酒の力を悪利用した、下のような事件もあるから、
なるほど、親が心配してそう言うのもわかる気が
する。



=========================



http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160705/Mainichi_20160706k0000m040070000c.html?_ga=1.106179075.140174005.1454594471


<東大生わいせつ>
22歳被告、初公判で
「心からおわび」


毎日新聞社 2016年7月5日 20時08分
(2016年7月5日 20時33分 更新)


◇サークル「誕生日研究会」 被害女性調書「最低で許せない」

 女子大学生の服を脱がせて体を無理やり触ったなどしたとして、強制わいせつと暴行罪に問われた東京大生、松見謙佑被告(22)は5日、東京地裁(島田一裁判官)の初公判で起訴内容を認め「自分勝手な行動で被害者を傷付け、深く反省している。心からおわび申し上げたい」と謝罪した。検察側は、被告らが女性を酒に酔わせてわいせつ行為をするために「誕生日研究会」というサークルを作り、飲み会を開いていたことを明らかにした。

 事件では、他に東大生の河本泰知(22)、同大学院生の松本昂樹(23)両被告も起訴されている。公判が開かれたのは初めて。

 検察側は冒頭陳述などで、松見被告らが4月に設立したサークルで事件以前も飲み会を開き、参加女性と性行為をしていたと指摘。今回の事件の被害女性が「ゲームで酒を飲まされ意識が飛び、気付くと服を脱がされ始めていた。初対面の松見被告から10回ぐらい背中や尻をたたかれ、キスされた。最低で許せない」と述べた調書を読み上げた。

 起訴状によると、松見被告は河本、松本両被告ら4人と共謀し、5月11日午前0〜1時ごろ、東京都内のマンションで女子大学生を全裸にしてキスするなどしたとされる。【近松仁太郎】



=========================




ただ、バリバラでも自由意志が行使できない
障害者のこうした悩みが、放送されて議論
にもなった。
ダウン症の「あべけんた」さんが、居酒屋で
一人で酒を飲みたいと思っても、店に断られた
経験がある、という。

「何かあったら困る」

というのが、店の理由だった。


『バリバラ団の「がんばらなくていい!」に賛否両論』
〔2014-02-14 18:00〕



親の悩みも分からなくはないが、
知的障害者とは言っても、
その人はもう40歳を過ぎた大人だ。
決めるのは、当事者だ。
権利がある。
いつかは自分で決め、行動する力を
つけさせないと、一生かかっても自立は
できないものだ。
人生って、そういうものではないかな。


これを読んでみろよ。

『日浦匡也(通称「クレイジー・パピヨン」)
 ―漫画に見る、私の障害者ヒーロー』
〔2012-12-27 18:00〕


菊川;「人生ってのは、お天道様から
自分の好きなように生きるキップを
もらったんだッ!!
てめえが勝手な事すんな、馬鹿野郎ッ!!」

『土竜の唄』〔第33巻〕より。



ぶっちぎりの大人気漫画であるだけでなく、
当ブログでもぶっちぎりのアクセス数に
なっている記事だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-05 22:36 | 障害者問題・差別

コミュニケーションの意味

■社での就労後問題(日記から)

20■■年■月■日(■)

私が自殺しようとする前に書いていた、
日記の一部からです。


「職場での孤独に耐え切れず、
もう頭がおかしくなりそうです。

自分に奇声、奇行が目立ってきました。
声は、人間らしいコミュニケーションの
ために使うのではなく、
行動も人間らしさを喪失しつつあります。

まるで、自分は人間ではなくなっていく
みたいだ。
人間の群中のなかで生きる、
獣の悲痛な叫びのように。

これは、聴覚の喪失以上に怖いことだ。
自分はこれから一体、何になっていくんだ?

早く死にたいです。
年金なんかいらないから、
早く死にたいです。
聴覚障害者であることを理由に、
法的に認知された安楽死は
できないのだろうか。

何が5O(ファイブ・オー)運動(※)だ。


(※)会社が行っている「5O運動」のこと。
挨拶の基本の5つの言葉

「おはようございます」
「お疲れ様です」
「お願いします」
「お帰りなさい」
「お先に失礼します」

を積極的に使う運動。
職場環境を向上させる運動。

それで職場の健聴者が明るくなっても、
聴覚障害者は明るくなれません。

逆に、もっと聴覚障害者の心の中の
孤独感は大きくさせる、ということが、
健聴者にはまるっきりわからない
ようです。」


「人間が生きるために不可欠なものは
水、空気、食物、そして
コミュニケーションである」
        (生物学者M・スワンソン)


水、空気、食物は、人間が生きるために
必要不可欠な三大物質です。
しかしスワンソンは、これだけでは
人間は生きてゆけないと考えたのだろう。
スワンソンは、物質でないものを一つ
加えました。

それは「コミュニケーション」です。


コミュニケーションは、健聴者にも聴覚障害者
にも、なくてはならないものです。

だが、無理解な大勢の健聴者に囲まれて
生きている聴覚障害者には、
音声言語だけのコミュニケーションでは、
何の意味があるというのだろうか。

健聴者がつくったルールは、間違っていない
ですか?


そういえば、ろう者と健聴者のコミュニケーション
を描いたドキュメンタリー映画で、
下の作品が出ています。
監督もろう者です。


 『珈琲とエンピツ』(今村彩子/監督)

 →http://coffee-to-enpitsu.com/aboutmovie/index.html

だれか、一緒に筆談やろうよ。
私は喋るのもOKだけれども、
筆力でも負けません。
パソコンのWordで会話するのもOKです。
勿論、身振りも手話もOK。

何でもいいじゃないか。
聴覚障害者だけを、取り残すなよ。


ついでに、ハワイのコーヒーやデザートって、
どんなふうなのか知らない人、
当ブログをよぉ~くチェックしてみて下さい。
ありますよ、こちらです。

 →当ブログ
『阿佐ヶ谷を街歩き (2)阿佐谷南1~3丁目』
〔2011-09-17 21:17〕
参照。
 <1>HAWAII‘S OWN COFFEE CO.
 阿佐ヶ谷南2丁目側
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-05 19:30 | Z1.クレジットカード会社

第24回参議院議員選挙の投票前に

第24回参議院議員選挙の投票前に


『元記事』
〔2016-07-01 20:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-03 23:03 | F.最大手パチンコ店

パチンコの三店方式への疑問点は、実は誰でも見ている光景からわかる

西武新宿線西武新宿駅の目の前にある
超大型店・エスパス日拓。
設置総台数3000台以上、
日本最大級の超大型店だ。
近くの居酒屋や風俗店が並ぶ狭い通路に
『T.U.C(東京ユニオン・サーキュレーション)
SHOP』という店がある。


『【雑学】都内で見かける「TUC」とは、何の略?』
〔2010/10/17(日) 午後 4:39〕

(ちなみに、上の説明を鵜呑みにすべからず、
ということを筆者からは“忠告”しておく)


ここが、パチンコ店で玉・メダルと交換した
「特殊賞品」を、現金に交換する「交換所」なのだ。

その近くに停めてあるトラックからは毎朝、
キーパー業者が特殊賞品を大量に台車に積んで、
運び出しているではないか。
そして、すぐ近くのエスパス店内へと入っていく。
その時刻は大体いつも決まっていて、
10時15分頃である。
この時間になるといつもある業者が、
特殊賞品をエスパス歌舞伎町店へ運搬しているのだ。
特殊賞品は、業界では「キーパー」と呼ばれている。

台車には3種類のケースがある。
白色で長いケース(大キーパー専用箱)、
白色で短めのケース(中キーパー専用箱)、
濃紺色のケース(小キーパー専用箱)である。

それぞれにはキーパーが入っている。
1ケースには40個と決まっている。
現在の相場では大キーパーは5500円、
中キーパーは1500円、
小キーパーは1000円に交換されている。

だから、1ケースはそれぞれ、次のようになる。

(大)5500円×40個=220.000円

(中)1500円×40個=60.000円

(小)1000円×40個=40.000円

これを覚えていれば、パチンコ店に入る、
または出てくるケース数を見れば、
大体どれぐらいの仕入額なのかが、
予測できる。

ちなみに、私が目撃した時は、大100枚ほど、
中、小がそれぞれ30枚前後と言ったところ。
2200万+180万+120万=2500万円・・・。
いやいや、そんなに少ないワケがないよな。
1日2回とか、納品回数が分割になっている
のかもしれない。
それに、今は貯玉カード・システムもある。
交換率(換金率)が下がった関係で、
貯玉したほうがトクになったから、
全部は交換しなくなっていることは間違いない。
だから、実際の出玉はもっと多い。
だがそれにしても、

「3000台設置の超大型店でも、
仕入額はこんなものなのか?」

と、驚いてしまった。

「よっぽど出ないんだろうなぁ」

とも思った。
総数で見たら、お客さんは相当負けている
のだろう。
反対に店の利益として、かなり持っていかれて
いることになる。

もちろん、これだけで全部ではない。
カウンターには「前日残キーパー」が
機械の中に入っているし、
金庫室にもストックがある。
だがそれらは、当日納品分よりもずっと
少ないはずだ。
多くてもプラス2000万円程度ではないかな。

パチンコ店がキーパーを業者から仕入れるには、
品物代に加えて手数料も払わなければならない。

勿論、一般の人は何のことだかわからないだろう。
しかしこれが実は、「三店方式」を立証する
目撃情報となりえるのだ。


『パチンコ換金がなぜ今議論になっているのか
 ~三店方式の解釈と是非~』
〔2016-03-01 21:53〕




『パチンコ店の三店方式が続くワケ』
〔2016-03-06 21:04〕





ただし、それでもパチンコ店と交換所が
密接関係にあることを示す決定的証拠には
ならない。
そもそも、三店方式の説明で“無関係である”
と説明されているのだから。
会社も別であるので、法律上は問題がない。

だが実質的には、前日に交換した特殊景品を、
またパチンコ店に戻すための役割を果たして
いるのだろう。
つまり、三店方式とは、このための循環方式
なのだ。
そして、客に対しては、騙しの口実でもある。

本当は、関係がないわけがない。
それでも、この行為自体は別会社の業者が
やっているので、三店方式と呼ばれるのだろう。

このお陰で、18歳以上の者ならば誰でも
間接的に“賭博行為”ができる、
というワケなのだろう。
まさに日本をダメにしてしまう業界だ。


パチンコ店に入ると、

「パチンコは適度に楽しむ遊びです」

という文言のシールがトイレなどに貼ってある。
しかし、パチンコというギャンブルで

「適度に楽しむ」

とはどういうことなのか、分かる人はいないと思う。
1000円がたった3分で、財布から飛ぶ。
15分もやれば5000円が飛ぶ。
5000円といえば、今の貧乏サラリーマンだったら、
お小遣いの大半がなくなってしまう。
そんな遊びに突っ込むような、射幸心を煽る
ものがパチンコなのである。
こんなものに借金までしてする人もいる、という。
本当に必要なものではない、ことは言うまでもない。


ともかく、客がよく考えなければならないのは、
たったこれだけしかない特殊賞品を、
その日の3000台に座る客全員で争奪する、
という苛酷さである。
これが、ギャンブルとしてのパチンコの本性だ。
決して、遊びでは済まないものなのだ。
パチンコ店とは、働かない者の天国だ。
そんな所に日本人が集まってカネを浪費
するようになったら、国家は衰退するだろう。
こんな店は、どこの国にもいらない。

なぜこんなパチンコが規制されないのかが、
私には全く理解できない。


そんなパチンコ業界の労働組合が結束して、
支持・支援している政治家は誰だかご存知か?
それは

かわい たかのり
http://kawai-takanori.jp/

だ。
パチンコ業界への冷たい風を消すべく、
業界の声を聞いて規制緩和を訴えたり、
カジノの合法化を進める立場の人だ。
でも「かわい たかのり」のホームページを見ると、
そんな情報は一切乗っていないんだよな。
やっぱり、パチンコ業界と関わりがあることなど、
表に言えないのだろう。

ちなみに、パチンコ店にも労働組合がある
ところが結構あり、それはUAゼンセンに加盟
している。
UAゼンセンとして、かわい氏を支持・支援
している、というわけだ。


パチンコ産業は接客業、つまりサービス産業
の中に入っている。

UAゼンセンの組織図を見れば分かる。
http://www.uazensen.jp/about/organization.html

加盟組合も、下の情報から分かる。

http://www.uazensen.jp/about/kamei.php



〔参考情報〕

『『パチンコ裏物語』
(阪井すみお/著者 株式会社彩図社/発行所)』
〔2016-05-29 23:30〕



【追記】
パチンコ店とキーパー業者は別会社であるとはいえ、
両者が密接関係にあることを示せる証拠がないとは
言えない。
正式な『納品書』には
「バラ数合計;●●●.●●●個。合計金額;●●.●●●.●●●円」
と、数字が印字されている。
ところが、これは実際の仕入れ個数・金額とはかなり違う。
全くおかしいのだ。
実際の数字は、店舗がキーパー業者にFAX送信
している『入金ジャーナル』や、店舗保管の『御通帳』
に記載されている。
勿論、これらの数字と『納品書』の数字は一致して
いない。
おそらく、会社が税務署に申告している金額は
『納品書』の数字だろう。
『納品書』は、実際の納品数、金額よりも多い数字
を記載した書類だ。
そして、パチンコ店が業者に実際に支払う金額は、
『入金ジャーナル』に記載されている金額なのだろう。
ということは、かなりのごまかしがなされている
ことになる。
以前に「パチンコ店は脱税をしている」という噂を
聞いたことがあるが、それは本当である可能性
が濃厚だ。
この事実は、その証拠になりそうだ。


ところで、パチンコの換金問題で出ている、
現金に交換できる特殊賞品(キーパー)は、
パチンコ店はどこから仕入れているか、
ご存知だろうか。
それが実は、下の会社なのである。

愛和食品株式会社


この会社の本社は神奈川県にあるのだが、
杉並区高井戸に配送センターがあるらしい。
なぜキーパー(特殊賞品)業者が食品卸業者
なのかはわからないが、
パチンコ店では景品によく菓子類、ドリンク類も
扱っている。
パチンコ店の端玉処理に用いられている必須
アイテムなので、キーパーだけでなく、
こういった品物も供給する業務を行っている
のだろう。
表向きは食品卸業者だが、本当の主要取引商品
はキーパーだということは、一般人は知らない
のである。



【追記】
第24回参議院議員選挙(2016年7月10日投開票)で、
かわいたかのり氏(民進党)が当選した。



【次回予告】

『常に噂になっている、パチンコ店の「遠隔操作」
とは、本当にあるのか?』
[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-01 20:00 | F.最大手パチンコ店