ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

<   2016年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧




http://news.yahoo.co.jp/feature/200


みんなのリアル 一億人総検証

『働く人として尊重されない
疲弊する非正規社員』

5月31日(火)11時57分配信
(Yahoo!ニュース編集部/AERA編集部)



パワハラでストレス性突発性難聴


20歳以上年下の社員からタメ口で指示
物流倉庫に派遣されたときは、注文用紙にある
商品を探してきて、それを一括りにする
「ピッキング」という業務についた。
派遣先のリーダーは、30歳前後の男性正社員。
タメ口で指示を出し、ちょっとでもミスをすると
「使えねぇ」「お前なんて、クビにしてやる」などと
怒鳴る。
他の派遣社員へも同じような接し方だった。
人格まで否定するような暴言を毎日聞いている
うちに、男性は左耳が聞こえなくなった。
耳鼻科を受診すると「ストレス性突発性難聴」と
言われた。

このままだと両耳が聞こえなくなるという恐怖が
あり、本社の総務部にパワハラだと訴えたが、
「派遣社員だから」「どうしても嫌なら他の会社に
移って」と言われ、取り合ってもらえなかった。

「今はセクハラやパワハラに対する目が厳しく
なっている時代のはずなのに。
正社員の頃は守られている実感がありましたが、
派遣社員はその対象ではないんだと思い知らさ
れました」

[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-31 22:43 | 難聴・中途失聴

『レストランやカフェで手話を使うことは、
企業への過重負担になるのか?』




『障害者雇用 ― カフェ・カンパニー株式会社』
〔2016-04-19 21:26〕





手話を第二言語として習得した者の立場
から言えば、

「負担になるかもしれない」

と答える。

ただし、実際に職場で使われる手話の数
がどれ位なのか、またスタッフの習得力に
よっても、負担感はかなりの差が出そうな
気がする。

逆に言えば

「『完全な手話」には拘らなくてもいいから」

ともっと気軽に、職場サインを職場で考案して
使ってみれば、聴覚障害者とのコミュニケーション
にも負担どころか、逆に皆もラクになる場合だって
あるはずだ。


ただ一般的にはやはり、手話講習会・サークル
のような

「手話を覚えたい」

「手話に興味がある」

人たちでさえ、簡単な手話を覚えるのに苦労する
人もいれば、反対にすぐに上達する人もいる。
そのコミュニケーション力の差が原因となって、
職場に“良からぬ空気”が生まれてしまう可能性
もあるだろう。
残念ながら、手話は万人に向く言語とは考えにくい。


『日本人健聴者が手話を覚えられない理由』
〔2014-07-14 18:30〕



そうしたなかで、手話言語法が制定されようと
しているのだから、言語的差別・格差も、
まだまだ続くように思える。

もしレストランやカフェでろう者が働くようになる
としたら、どのような手話を取り入れたらよいの
だろうか。

挨拶の手話の他に、業務で使う手話が必要に
なると思われる。



  〔音声日本語〕   ⇒   〔手話〕

「この料理を運んで下さい」 ⇒「運ぶ」

「これは、あのテーブルに運んで下さい」
 ⇒「指差し(または18番テーブルとか)/運ぶ」

「あのテーブルの上の食器類を片付けて下さい」
 ⇒「あそこ/きれい」

「これを洗って下さい」 ⇒「洗う」

「この仕事をやって下さい」 ⇒「やる」

「オーダーお願いします」 ⇒「注文」

「あのお客様の、お会計をお願いします」
 ⇒「指差し/会計」


手話講習会だと、丁寧な日本語対応手話で教えて
いるケースが多い。
しかし、日本語対応手話は意味はわかりやすくても、
手話を覚えて使うには、あまり有効でない場合も
多い。
何と言っても、日本語対応手話一辺倒だと、
応用力が見につかないようだ。
身振りで補ったり、ノンバーバル・コミュニケーション
を取り入れた日本手話のほうがシンプルで覚え
やすく、色々な場面でよく通じるケースも多い。
ろう者と一緒に手話を考え、使ってみるとよい。

もしどうしても不安なら、初めは聴覚障害者
ジョブコーチに来てもらい、アドバイスを受けてみる
方法もある。


東京都聴覚障害者自立支援センター
http://tjs.deaf.tokyo/
『職場で困っている』≫『東京ジョブコーチ職場定着支援事業』




〔ろう者の常識、健聴者の常識というズレ〕
ろう者は日本手話でしゃべるのが当たり前だと
思っている。
耳は聞こえないが。

一方、健聴者はろう者はしゃべれないか、
しゃべれるとしても声がおかしい、
と思うのが当たり前になっているようだ。
仮に

「ろう者には手話という言語がある」

と説明しても、健聴者は

「手話は正式な言語として認められていない」

と言うのではないか。
それでなのかどうかはわからないが、
とにかく消極的な人が多い。
手話という言語が受け入れられるには、
まだこうしたことも障壁となっているようだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-31 21:32 | 手話言語法

『日本企業は聴覚障害者差別が大好き』


副題1;『未だに聴覚障害者差別をやっている企業』


副題2;『偽善、お飾りの『障害者差別解消法』
 ―企業だけでなく、国、ハローワークに対しても怒り』




もう本音を言うべきだ。
今の『障害者差別解消法』ではなく、
『障害者差別禁止法』に変えるべきだ。


障害者枠求人票に

※ 上記の他、必要な合理的配慮については
お申出下さい。


なんていう偽善文言なんか書いておきながら、
ろう者の応募を断るのならば、
障害者差別解消法ができても、
全然変わっていないことになる。
それならばもう、こうすればいい。


①ハローワークが企業からの求人票を
受け付ける際、これからは合理的配慮を
するという『誓約書』を併せて提出させる。

②『誓約書』を提出しない企業は今後、
ハローワークに障害者枠求人票を出せなくする。

(そうすると、求人もできなくなるだけでなく、
各種助成金ももらえなくなる、
違反金だけがどんどん増えていく、
という重大なデメリットが企業側に発生する。
罰則としてというより、抑止力としての効果が
期待できそうである)

③誓約書を提出した上での障害者採用後は、
ハローワーク職員が助成金支給前に企業を
訪問し、合理的配慮が実施されているか
どうかチェックする。
実際に働いている障害者と面談し、聞き込み
調査をすればわかることだ。


こういう改善策は、いかがだろうか?


法施行されても改善されないのなら、
指摘すべきだ。

泣き寝入りはもうダメだ。

闘いのゴングを鳴らす時だ。




『障害者雇用
 ― 株式会社コヤマドライビングスクール石神井』
〔2016-04-26 23:31〕





『障害者雇用
 ― 住友不動産建物サービス株式会社』
〔2016-05-10 23:55〕





『障害者雇用 ― 株式会社パソナハートフル』
〔2016-05-17 23:10〕





『障害者雇用 ― 厚生労働省 年金局』
〔2016-05-19 23:11〕






テレビで

「違反金を3倍にすればいい」

という案も、過去にあった。
それもいいかもしれない。


『Eテレ『バリバラ』 障害者の悩み -就労 (1)』
〔2013-04-21 18:00〕




初めは

「雇用の量が先行するだけで、
質がすぐに変わるものではない」

と思い、期待していなかった。
だが、企業にとっては

「合理的配慮を行うことは負担であるので、
したくない」

だけであることも少なくない。

それならば、企業が負担と思わなくして
しまえばいいのである。
違反金が3倍にもなったら

「もう費用負担してでも合理的配慮を提供して、
障害者を雇用したほうがいい」

と思うかもしれない。

反対にこのままだったら

「過重負担を理由に、合理的配慮は不提供にしよう」

といことにしてしまう企業が後を絶たなくなる。

肝心の『障害者差別解消法』に、
こう書いてあるからだ。

>「ただし、事業主に対して「過重な負担」を及ぼす
こととなる場合は、この限りではありません。」


『今年4月施行『障害者差別解消法』で、
どんな変化が起こったのか?』
〔2016-04-12 21:54〕




障害者から見れば違法行為となる差別であっても、
決して、違法行為ではなくなってしまうのだ。
これでは、これから揉めるのは必至だろう。

こんなに曖昧な法律が、世界にはあるのだろうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-31 21:27 | 就労前の聴覚障害者問題A

日本人は差別が大好き

『バカがいつまでも聴覚障害者差別をしている時代に』
〔2013-04-03 18:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-28 21:45 | 就労後の聴覚障害者問題B

==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年3月4日

紹介期限; 平成28年5月31日

求人番号; 11050-4403261


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 日産プリンス埼玉販売株式会社

所在地;
〒338-8523
埼玉県さいたま市中央区下落合4-24-15

ホームページ;
http://www.nissan-prince-saitama.co.jp/


就業場所; 転勤の可能性なし

川口栄町店
(川口市栄町1-1-9)

JR京浜東北線 川口駅下車 徒歩20分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)洗車係/川口市

仕事の内容; 
*整備が完了した車の洗車をして頂きます。
洗車機をかけた後の水の拭き取り
手洗い洗車
車内の清掃作業 等があります。




雇用形態; パート労働者
嘱託職員

雇用期間; 雇用期間の定めあり
12ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (時間額)900円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月50.000円まで)

昇給; なし

賞与; あり

加入保険等; 雇用 公災 健康 厚生 財形

退職金制度; なし

就業時間; 9:15~18:00の間の5時間以上

就業時間に関する特記事項;


時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 火他  週休二日制 その他

休日 その他の場合; 社内カレンダーによる

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
つなぎ貸与
就業時間・日数・曜日等の希望がある
場合は御相談下さい。
書類選考/事前に応募書類(履歴書
・ハローワーク紹介状・障害者手帳(写))
を郵送下さい。
選考に通過された方、面接日等後日連絡。

事業所連絡(昼休み可・土曜日可)


〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 920人
就業場所; 24人
(うち女性 2人)
(うちパート 2人)


創業; 昭和29年


事業内容;
新車・中古車の販売および整備点検・修理、
損害保険代理店、カーリース等。

会社の特徴;
当社は、埼玉県内に55ヶ所の事業所を展開し、
埼玉県内全域をカバーする県内唯一の
日産自動車連結の販売会社です。

労働組合; あり

定年制; あり(一律60歳)   勤務延長; なし
再雇用; あり 65歳まで

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週5日程度

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③障害者手帳コピー
選考後は返却

日時; 随時

選考結果; 7日後 〔書類選考期間7日〕

結果の通知方法; 郵送

試用期間; あり (3か月 労働条件変更なし)



〔備考〕
※ 障害者設備状況 ※ 障害者手帳所有者
1)エレベーター; 無   2)出入口段差; 有
3)車椅子移動; 不可  4)階段手すり; 有
5)点字表示; 無  6)トイレ; 洋式

ハローワーク浦和から;
採用時には必ず労使で労働条件を確認し、
使用者は労働者に「労働条件通知書」を
交付して下さい。




担当者;
人事・採用グループ
田中 山下




==========================






 1人 ― 0人 ― 0人



ハローワークを通して

「聴覚障害者ですが、応募できますか?」

と聞いてみた。
すると、

「車の出入りが多い場所での作業なので、
危なくて心配」

「お客様もいる」

との理由で、

「どうしますか?
それでも受けてみますか?」

採用担当者に直接、電話問い合わせを
しているのに、この回答。

一体、どういう意味だろう?

危ないから何だって言うんだ?
今は聴覚障害者にだって、
健聴者が「危ないから」と言って禁止して
きた運転免許証を交付しているのだ。

お客様がいるから何だって言うのだ?
お客様が何か言うからかもしれないからか?
だから聴覚障害者がいると、面倒が起きて
マズいと言いたいのだろう?
結局、諦めて欲しいのだろう?

そういうことを遠まわしに言っている
ような気がした。
聴覚障害者の就労者は、
過去にはいないようだ。
残念だが、精神障害者向きの職場のようだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-27 22:31 | 就職活動・離職

こういう話は、案外よくあるのではないだろうか。


ハローワークで懸命に仕事探しをしても、

「聴覚障害者を雇用したい」

と考えている企業は見つからなかった。

障害者枠求人票はたくさんあった。

「必要な合理的配慮については
お申し出下さい」

と書いてある求人票は増えていた。
しかしそれでも、聴覚障害者の立場で
応募前問い合わせをして確認すると、
応募することも難しいものがほとんど
だった。

給与や勤務時間等の条件を落としてみても、
見つけるのが難しいことには変わりなかった。

ほとんどの求人票が精神・知的障害者向け
のものとか、高スキルを持った障害者向け
だった。

「電話応対必須」

とか

「電話応対が出来る方が望ましい」

と書いてある求人票も多かった。
音声コミュニケーションの能力が必須だった
のだ。
それだけが理由で、聴覚障害者だけ、
はじかれてしまうのだった。
そんな時、もうどうにも我慢がならなくなって、
ハローワーク職員にこう言った。

「もう、自分で探すのは限界です。
精一杯の努力はしました。
だから、ハローワークで聴覚障害者も
応募できる求人票を見つけることは
できませんか?
そのほうが早く見つかると思います」

職員は、とうとう非公開求人票を持って来て、
見せてくれました。


ハローワーク職員;
「これは、本当は非公開の求人票です」

私;
「なぜ、非公開なのですか?」

ハローワーク職員;
「企業とハローワークの雇用指導官が
一緒になって調整中のためです。
どのようにマッチングを行うのか、
調整中のためです」

私;
「なるほど。
聴覚障害者は応募できるのですか?」

ハローワーク職員;
「できます。
●日と▲日に職場見学会があります。
見学会は予約制です。
申し込みますか?」


私;
「はい、勿論です。
でも、見学会には企業側が手話通訳者を
付けてくれるのですか?」

ハローワーク職員;
「よくわかりませんけど・・・」

私;
「それでは心配ですから、念のため、
こちらで手話通訳者を手配し、
派遣したほうがいいでしょう」

ハローワーク職員;
「そのほうが安心ですね」

私;
「わかりました。
そうします」


そして見学会に予約した後、
手話通訳の派遣センターに予約を
入れておいた。
ところがその後、急にハローワークから
FAXが届いた。


ハローワーク;
「▲日に予定しております××(株)の
職場見学について、事業所より手話通訳者
の同行不要との回答がございましたので
お知らせします。
不要の理由は、コミュニケーション面の確認
のためです。
つきましては、お手数をおかけしますが
本人手配の手話通訳者はキャンセル頂き、
単独で見学会にご参加お願いします。
なお、当日は手話の出来るスタッフが
見学同行いたしますので、安心してご参加
下さい」


こういう内容だったのである。
この内容の意味が理解できるだろうか?
聴覚障害者労働問題に精通している
専門家だったらわかるだろうが、
ハローワークの言っていることは明らかに
矛盾しているのである。
とりあえず、向こう(企業)は手話通訳者を
拒否しているのだから、それはキャンセル
するしかない。

疑問になったのは、

「コミュニケーション面の確認のため」

に、手話通訳者を拒否しているのに、

「当日は手話の出来るスタッフが見学同行
いたしますので、安心してご参加下さい」

という、おかしさである。

さらにもっと疑問に思ったのは、向こうの
手話の出来るスタッフとは、通訳がきちんと
できる能力のある者なのだろうか?
心もとない手話初心者がいい加減に
情報保障・通訳をして、それで聴覚障害者
が大事な就職活動で損をしたら、
非常に困るのである。
実際にそんなことが、過去記事にしっかりと
載っている。
理解できない人は、よく読んで欲しい。



『健聴者にだまされたこと (1)』
〔2011-08-04 00:39〕




『健聴者にだまされたこと (1)』
〔2014-08-20 18:30〕




『これでいいのか?
 健聴者が一方的に考えた
聴覚障害者情報保障の実例から』
〔2011-09-12 22:17〕




賛成はしなかったが、てっきり

「企業に手話が出来る人がいて、
手話通訳してくれるのではないだろうか」

と思っていた。
ところが、実際に見学会に言ってみたら、
何とハローワークの手話が出来る職員が
手話通訳をしていた。
(手話通訳者の資格を持つ人だったのか
どうかは、わからない)

2人いたが、どちらも本物の手話通訳者
ではなかったようだ。
なぜならば、本物の手話通訳者だったならば、
手話通訳に徹するはずだからだ。
彼らは結局、私に伝える必要がある音声
情報だけを手話にして通訳していた。
私に話していないことは、通訳していなかった。
これを本物の手話通訳者が見たら、
どう思うか?
当然、聴覚障害者への人権侵害行為に
当たっている。

残念だが、『障害者差別解消法』が施行された
後でも、こんなことがまだ繰り返されている
のである。





参考までにだが、手話通訳者派遣が断られる
理由には、下のような事例もあるそうだ。

手話通訳者のブログ
『手話通訳者派遣を断られるケース』
〔2015-11-08 22:06:52〕





ちなみにこの会社では

「手話が出来る人はいない」

という。

なるほど。
それで音声コミュニケーションが可能なのか
どうか、実際に確認してみたかったわけだ。
聴覚障害者であることを知っていながら。

あるいは、最初から眼中にはないけれども、
門前払いしたら企業名誉が傷つくことを恐れて、
職場見学の参加だけ認めたのかもしれない。
どうせ他の障害者とまとめて実施するから、
直ぐに断らなくても、面倒なことではない。

聴覚障害者に限ったことではないが、
要するに職場見学会と称したイベントを開いて、
なるべく多くの障害者を呼び寄せて、
こういう“偵察活動”“ふるいわけ(選別)”
をする思惑があったようだ。

それなのに企業の人はなぜか完全に、
手話通訳者に頼って、一方的に話すのみだった。
筆談は当然、なかった。

そういう企業が

「『手話通訳者は要りません』

と言う方がおかしい」

と思うのが、聴覚障害者側としては当然
だと思うのだが・・・・。


それでもまだ諦めてはいなかった。
そして、幾つか質問をしてみた。


私;
「今までに、ここで障害者が働いたことは
ありましたか?」

企業;
「あります。
知的障害者の方が一人いましたが、
辞められました」

私;
「聴覚障害者の雇用は初めてのようですが、
どのような方法でコミュニケーションを
されるのですか?」

企業;
「手話はできませんが、それぞれの障害に
応じて合わせます」

私;
「具体的には?」

ハローワーク職員;
「彼は今の職場でも、マスクをずっとつけたまま、
外さないで話しかける知的障害者と一緒に
働いているのですが、それでコミュニケーションが
できない、と言っていました」

企業;
「マスクはつけていただきます。
工場内では、マスクを外して話すことは
できません」

私;
「・・・・・」



仕事の内容は食品製造工場での製造業務で、
全員マスクをつけなければならないと知り、
愕然とした。
ということは、読話も無理。
筆談も工場の衛生上やら食品事故を防止する
理由で、筆談具を持ち込むことは限られており、
その場でのやりとりをするのは無理、
とのことだった。
こんな場合でも、手話なら問題はないが

「手話はできない」

で突っぱねられて終わった。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-26 23:58 | 情報保障・通訳(就労)


『日本企業は障害者差別が大好き』


『障害者奴隷雇用促進法』
〔2014-08-08 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-26 20:00 | 障害者問題・差別


==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年5月18日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年7月31日

求人番号; 13010-58432561


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 厚生労働省 年金局

所在地;
〒100-8916
東京都千代田区霞が関1-2-2

ホームページ;



就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし



霞が関駅下車 徒歩1分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)一般事務の補助

仕事の内容; 
・郵便物等の受取、仕分け、配布
・コピー用紙の補充
・パソコンによる入力作業
・書類の整理作業
・その他事務の補助




雇用形態; 正社員以外
チャレンジ雇用

雇用期間; 雇用期間の定めあり
~平成29年3月31日
契約更新の可能性あり(条件あり)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (月額)145122円

賃金形態; 日給 7220円

通勤手当; 実費(上限あり 毎月55.000円まで)

昇給; なし

賞与; あり

加入保険等; 雇用 公災 健康 厚生

退職金制度; あり

就業時間; 9:00~17:45

就業時間に関する特記事項;
勤務日数・勤務時間については応相談

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 12/29~1/3

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
エレベーター有、車椅子移動スペース有、
点字表示無、出入口段差無、階段手すり有
(両側)、トイレ(車椅子用・洋式)。

障害者手帳の写しの送付に代えて、履歴書
の余白に、障害名と等級を記入して下さい。

可能であれば、障害の特性や配慮事項に
ついて記載した書類も添付して下さい。

就労支援機関の支援を受けている方は、
パンフレット及び担当者名のわかるものも
同封して下さい。

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出ください。




〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 32600人
就業場所; 300人
(うち女性 45人)
(うちパート  人)


創業; 平成13年


事業内容;
国家行政事務

会社の特徴;
行政機関

労働組合; なし

定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; なし

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

年間休日数; 123日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付)
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時(後日、連絡します)

選考結果; その他

結果の通知方法; 郵送

試用期間; あり (1か月 労働条件変更なし)



〔備考〕
〔チャレンジ雇用〕
・各府県や自治体における最長3年までの
業務経験により、一般企業への就職を
目指すもの。

・必要に応じて支援機関のジョブコーチに
よる支援を希望。

* 平成28年6月3日(金)必着にて所在地
あて応募書類を送付して下さい。
面接は平成28年6月6日(月)以降に実施
いたします。
選考結果は6月下旬予定。





担当者;
書記室 管理係長
雨池 祥吾(あまいけ しょうご)




==========================






 0人 ― 0人 ― 0人



「チャレンジ雇用」というのは、つまり、
日本版サムハルのつもりなのだろう。


ハローワーク職員を介して

「聴覚障害者は応募できますか?」

と問い合わせてもらった結果、

「難しい」と言われたので、応募を諦めた。

聴覚障害者の場合はおそらく、
訓練後の受け入れ企業を探すのが
難しいからなのだろう。



>「※ 必要な合理的配慮については
お申し出ください。


これはやっぱり“飾り”だな。

国連・障害者権利条約を守っていくために、
厚生労働省の役割と責任は非常に大きい。
だが現実はこれだ。

求人票をよく読んでみるといい。
「育児取得」「介護休暇」「看護休暇」もゼロだ。
この情報をさらしたら、多くの国民から
批判されそうだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-19 23:11 | 就職活動・離職

==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年5月18日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年7月31日

求人番号; 13100-4831561


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 社会福祉法人こうほうえん

所在地;
〒115-0051
東京都北区浮間5-13-1

ホームページ;
http://www.kohoen.jp/


就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

東京都北区浮間5-13-1
社会福祉法人こうほうえん
就労継続支援ベーカリーカフェ「ブレッド&バター」


埼京線浮間舟渡駅下車 徒歩15分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)製造・販売・清掃

仕事の内容; 
※ 本求人は障害者手帳をお持ちの方
専用の求人です。

パン
焼菓子の製造
販売
店内清掃等


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (時間額)908~908円

賃金形態; 時間給 908円

通勤手当; 実費
(上限あり 毎月40.000円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災

退職金制度; なし

就業時間; 
又は7:00~17:30の間の5時間程度

就業時間に関する特記事項;
就業時間につきましては、応相談

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 夏休み、年末年始

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
・就労継続支援A型(雇用型)利用料あり
・継続雇用制度導入あり(65歳まで)




〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 1900人
就業場所; 200人
(うち女性 60人)
(うちパート 140人)


創業; 昭和62年


事業内容;
認可保育所、
同一建物内に介護サービス事業所も併設

会社の特徴;
保育、介護、障害などの福祉サービスを
一体的に提供
東京都23区内に6箇所の事業所、
鳥取県に本部あり

労働組合; なし

定年制; あり(一律60歳)   勤務延長; なし
再雇用; あり 65歳まで

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

週所定労働日数; 週5日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付)

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送 電話

試用期間; なし



〔備考〕
※ 雇用期間は採用月に関わらず年度更新
になります。

※ 障害の種別・等級を応募書類にご記入
いただくか、手帳の写し(障害がわかる部分
のみ)をお持ち下さい。





担当者;
副施設長
藤井




==========================




 0人 ― 0人 ― 0人



ハローワークで問い合わせ質問を依頼してみた。


Q;
「この施設では、聴覚障害者の雇用実績はありますか?」

A;
「応募者ならいます」

Q;
(「応募者数を聞いているんじゃない!」
と怒りながらも)
「実際に、どんな障害の方が働いていますか?」

A;
「精神・知的障害者を中心に雇用している、とのことです」


Q;
(なら、聴覚障害者はいないのかもしれない・・・・)
「聴覚障害者とは、どういうコミュニケーションを
するのですか?」

A;
「手話は難しいそうです」



障害者施設でも、聴覚障害者の雇用となると、
消極的になる様子だった。
やはりコミュニケーション方法の違いは、
どこへ行っても障害になってしまう。

もはや、聴覚障害者専門の障害者施設を
つくるしか、ないのではないか。


それと、もう一つ、気になったことがある。
それは、ハローワーク職員は

「聴覚障害者=手話コミュニケーションが
絶対必要」

という、思い込みをしていないだろうか?

必ずしも手話でなければコミュニケーション
ができない聴覚障害者ばかりではない。
手話が出来ない聴覚障害者もいるし、
手話だけでなく、読話・口話も得意な
聴覚障害者もいるし、
筆談でも十分にコミュニケーションが可能
な聴覚障害者もいる。
だからハローワーク職員は、相談者の特性を
よく理解してから、企業側と交渉をして
欲しいのである。

誤った説明を勝手にしてしまうと、
相談者が不利になる場合もある。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-19 23:10 | 就職活動・離職



『日本人は異なる言語を覚えるのが苦手なのか?
 ― 手話言語法の課題』


近年は新宿の飲食店やコンビニなどへ行くと、
よく在日外国人を見かけるようになった。
その人たちは、案外日本語を話せるようだ。


「日本語は、世界一難しい言語だ」

と言われていたのを昔、聞いたことがある。

その日本語をしゃべる日本人はなぜか、
英語すら覚えるのが苦手な人が多い。

それなのに日本よりも教育が遅れている国
からやって来た外国人が、日本語をペラペラ
としゃべれるようになるのは、なぜなのだろう?


『日本人健聴者が手話を覚えられない理由』
〔2014-07-14 18:30〕



日本人は言語習得に必要なものが何なのかが、
理解できていないのだろうか?

制定が確実視されている手話言語法でも、
これは大きな壁となりそうだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-19 20:00 | 手話言語法