<   2016年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


『サポートされると辛くなる・・・』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/36201078.html


炎のジョブコーチ
『サポートされると辛くなる・・・』
〔2014/10/16(木) 午後 11:42〕


私たち支援者は、ついつい支援する側からの
視点で見てしまいがちになります。
支援される側からはどう映っているのか、
そんな想像もしながらでないと独善的で相手を
傷つけてしまいます。

支援の窓口に来てそれ以降来なくなる方が
いいます。

以前に

「サポートされると辛くなる」

と話された方がいます。
支援をされている→自分が無能力、そして
申しわけない、という感じがするらしいのです。

外国ならサービスを受ける、専門職を使って
より良く生きる、みたいな感じなのかもしれま
せんが、日本は恥の文化、又、福祉は慈善
事業を発端としています。

自分が傷つかないようにほうっておいてほしい…
なんだか少し分かるような気がしますね。

このような方はいかにサポートを感じさせないか、
に配慮しながら支援をします。
支援を受けている自分に耐え切れなくて来なく
なったり、また逆に支援されてどんどん無気力
になっていく・・・
これはもはや支援とは言えません。

支援と気づかれないような関わり、とても上手
な方が知人の支援者にいます。
流石と思いました。



======================




サポートされるのを望まない聴覚障害者がいる。
よくいるのが、難聴者だ。

「障害」「難聴」という言葉も使いたくない、
使われたくない、とも聞いたことがある。
それは、夫が難聴になった妻の相談だった。

あるいは、身体障害者手帳を受けるのを拒否
する人や、保持していても、周囲の人には
言わないようにしている難聴者もいる。
当然、せっかく苦労して高価な補聴器を購入
しても、長髪で隠していたり、補聴器でより良く
聴くための配慮などを相手に求めなかったり
する。
そして、たった一度きりしかない貴重な人生の
中で、悶々とする日々を延々と過ごしてしまう。


『レインツリーの国』という映画にも、
そのような難聴者ひとみ(人見利香)が登場
している。


『映画『レインツリーの国』(有村浩/原作)』
〔2015-12-12 00:22〕



支援を受けるのではなく、もう一度健常者と
同様に、自分の力で社会復帰をしたい、
と強く望んでいるためだ。
この点は、ろう者(Deaf)とは決定的に違う。

一方、障害を受け入れた聴覚障害者は、
手話を学んだり、通訳者のサポートを積極的
に受け、社会参加を果たしていく。

両者には大きな違いがある。
例えば、障害を受容した者の場合は差別とも
闘い、積極的に主張・意見を提起していく。
しかし、障害を否定している者は、障害を隠し、
逃げる選択をする。
「サポートされると辛くなる」という人は、
まさに後者だろう。


「支援と気づかれないような関わり」

となるよう、配慮するのは悪いわけではないが、
それもやはり本人の自発的な意思を引き出す
ことが最終的な、真の目的だと思われる。




>「サポートされると辛くなる・・・」


どういう人がこんな人になりやすいのか、
最近の情報で、いい例がある。


「交渉の席で。

「あなただって、聞こえなくなったらどうする
んだ。
通訳を介して会議に参加したいと思わない
のか。
それとも仕事辞めるのか」

と迫ったら。

「聞こえなくなったら仕事辞めますね」

と言い放った。」


『愛知県立大学 ろう者が参加する
公開行事で「不平等だから」と
手話通訳を配置しない決定、
抗議ツイート』
〔2015-12-30 23:56〕
より、一部引用。

こういう人が中途障害者になると、
自己否定するようになりやすい。
この人の場合はまだ健常者で、
聴覚障害者になど、
一度もなったことがない。
障害というものを経験したことがないから、

「聞こえなくなったら仕事辞めますね」

なんて、平気で言えるのである。

健常者から見れば、それは日本人的な
「潔(いさぎよ)さ」と映るかもしれない。
だが私から見れば、それは「逃げ」としか
写らない。

彼は差別に苦しんだことなどないから、
その苦しみなど全く、わからないのである。
だから当然、亀井氏と対立してしまうのである。
そういうのはまさに、想像力が欠如した
人間そのものなのだ。
まだまだ、色々な人がいて、色々な生き方が
あることも知らない人間である。

とはいえ、私だって健常者の人生など経験
したこともないのだから、中途障害者に
なった人の気持ちなど、完璧にわかるわけ
ではない。
そのような立場の人が障害を受け容れるには、
そして生き方を変えていくには、
相当の時間と努力が必要だということは、
理解したい。
[PR]

by bunbun6610 | 2016-01-06 21:00 | 就労後の聴覚障害者問題B

部署のミス発生報告



朝礼でOさん、M係長、異動社員、
Yさん、S課長、それにセンター長
まで来て、Oさんの朝礼の後にS課長、
さらにセンター長からも
話がありました。

S課長からは

「■月■日(■)発送分の●●●●●●●に、
訂正漏れがあった」

というミス報告があった、という。

青マーカーの集金代行分(追加)がある
にもかかわらず、送付状の記載内容
(合計件数)の訂正を忘れて送って
しまったため、現物と送付状の件数が
合わなかったミスだという。

これは、こちらの封入作業担当者の
ミスで、先方(銀行)から

「送付状記載の件数と現物の数が
合っていない」

との問い合わせがあった、という。
中度の企業リスクに当たる
(重度は現物の紛失など)。

センター長からは

「後期に入っても、ミスゼロに取り組んで
いってほしい」

との話だった。
[PR]

by bunbun6610 | 2016-01-06 18:30 | Z1.クレジットカード会社

イヤになってくる



労働組合と情報保障についての考え方で、
またズレが生じてしまっている。

以前に、労働組合に対し

「組合主催の行事については、
聴覚障害者への情報保障の配慮を
きちんとしてほしい」

と要望していました。
(内容は、下記の通り)

組合;「聴覚障害者への情報保障は、
主催側の配慮の一つとして対応を
検討し、手話通訳をこちらで手配
・準備しようと思っている」


私;「検討」や「思っています」では、
本当に情報保障がなされるのか、
不安。

原則として必ずつくのなら今後、
案内チラシに

「聴覚障害の方には情報保障として、
手話通訳がつきます」

または「手話通訳つき」と、
明記していただきたい。

これがないのが、問題が起こる発端
だった。
もちろん、聴覚障害者の参加者が
いなければ、つける必要はない。

注意しなければならないのは、
聴覚障害者が参加したい場合は、
聴覚障害者が申し出ないと、
それが必要な人なのかどうか、
主催者にはわからないこと。

ということで、

「聴覚障害者でお申し込みの方は、
その旨も申し出てください」

などと書く必要もあり、
面倒かもしれません。

何もないから、ろう者は不快に思い

「興味ない。
通訳がつかないから」

とあきらめてしまう。
これはこの会社、今の社会全体に
言えることであり、障害者個人の努力
だけでは改善が困難で、
したがって組合を通して行って欲しいと、
考えている。

組合;「情報保障として、こちらで
手話通訳を運営スタッフとして準備する。
(この場合、手話通訳は事務局扱い
になり、聴覚障害者は本人の参加費用
のみで参加できる)」


私;もし、それならば、最適方法だと
思います。

組合;「組合費を基に運営している
労働組合の性質に則って、
回答したものが説明不足であり、
不愉快な思いを聴覚障害者に
感じさせてしまったかもしれない。」


私;私も合理的配慮とは、
どこまでが妥当なのか、
わかりかねている。

ただこれは、今までは

「一人当たりにかけられる経費が
同額であるのが平等である」

と考えられてきたのではないか?

しかしこれからは、そうではなく、

「実質的な平等のため、一人か二人
しか参加者がいない聴覚障害者にも、
可能な限り通訳をつけるべきである」

という考え方に変わろうとしている。

また、「不愉快な思い」というのはあった。
「手話通訳つきます」と明記してあれば、
他の人と同様に、最初から安心して
申し込めた。

これからは、そういう社会に変わって
欲しい、と思う。
今の社会は、聴覚障害者をのけ者に
し過ぎだと思う。

決して安くはない組合費を払っている
のにこれでは、不愉快に思うのは
当たり前だと思う。


ところが、今度の組合行事ではまた、
何の配慮もなされていなかったので、
再度確認せざるをえなくなりました。

その回答が、組合からありました。


私;ユニオンニュースを読みました。
大変残念なことですが

「上のこと(行事案内にて、情報保障
の準備も知らせること)が、
全く生かされていないんだな」

と思いました。
ちゃんとやっている会社もあります。

聴覚障害者に対応するため、
通訳がつく日はいつなのでしょうか?

組合;職場で行う職場集会では、
説明者による説明と並行して
筆記による補足を実施する。

現在、セミナー等の全社集合的なもの
は通訳手配等を行う予定だが、
個別の集会など全国各地で行われる
ものは、
支部での筆記補足で対応している。
     

 →実際には筆記すらしておらず、
私が要約筆記通訳者を個人派遣で
依頼していた(筆者注記)。
また、この文を読めば

「よほど大きな行事でない限り、
今後も通訳がつけられない」

ということがわかる。
聴覚障害者の立場からは、
だまされた気分になるのは当然。

そこで、組合にもう一度、食いついてみた。

私;下記の件について、お尋ねします。

>「職場で行う職場集会の実施に
あたっては、説明者による説明と並行
して筆記による補足を実施いたします。」


誰が筆記するのでしょうか?
また素人さんでしょうか?

素人さんでしたら、それは通訳では
ありません。
組合は、通訳と筆談との違いについて、
きちんと理解されていますでしょうか?

ご回答をきちんとお願いいたします。

組合;「まず、職場集会での筆記による
補足ですが、支部役員で対応致します。」


→私;やはり通訳とは書いていない。
「補足」とは、どういう意味だ?
その程度しか、内容が書かれない、
ということなのだろうか?(筆者注記)

組合は、私の上の質問に対しては、
まともに答えていないことになる。

組合;「組合が行う集会については、
その内容が組合活動に関すること、
当社に関すること、職場に関すること、
に限定されるもの。

そのため、外部の方に比べ、
支部役員の方が、その内容はもちろん、
活動の背景や意図などについて十分
に理解していることや、説明者である
支部役員と連動した柔軟な対応が
可能であることを考え、集会の内容を
正しく要約してお伝えする点において
適していると考えています。

一方で、ご指摘いただいているように、
一般的なセミナーや講演会などの
通訳の際は、専門の方への依頼を
別途検討する必要があるとは
思っています。」



「障害者への差別的状況改善は、
9月より始まった期で予定していた
活動になり、これから活動を進めて
いきたい。
当社で働いている障害者に、
ヒアリングや意見交換などを行う予定。
(このような活動の際は通訳の方などを
依頼しようと思っている) 」


まあホント、結局は、健聴者は
言いくるめてばかりいるものです。
本当にもう、イヤになってくるね。

聴覚障害者への間接差別禁止と
情報保障関係の法律をつくらないと、
ダメですね。
これはもう。
[PR]

by bunbun6610 | 2016-01-05 18:30 | Z1.クレジットカード会社

愛知県立大学公開講座の聴覚障害者対応に怒り!!


正月早々、不快指数100%になっている。
原因はいろいろあるが、今、
特に頭に来ているのが、
愛知県立大学の聴覚障害者対応だ。

読めば読むほど、腹がどんどん立ってくる
話ではないか。


『愛知県立大学 ろう者が参加する
公開行事で「不平等だから」と
手話通訳を配置しない決定、
抗議ツイート』
〔2015-12-30 23:56〕



正月といえば普通、アクセス数が大幅に
減る時期なのだが、今日はどういうわけか
訪問者数が異常に多い。
多分、この記事が原因なのだろう。


この大学の対応者のふてぶてしさが、
以前に乙武氏が入店拒否された事件とも、
似ている気がする。

「これがうちのスタイルなんで」

と言った、店主の対応と。

『乙武氏がレストランで入店拒否されたことで…。』
〔2013-05-21 23:08〕

[PR]

by bunbun6610 | 2016-01-01 23:08 | 情報保障・通訳
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line