<   2016年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

『聴覚障害者にも働きやすい職場環境ガイドブック 2015年版』

『聴覚障害者にも働きやすい職場環境ガイドブック 2015年版』
兵庫県立福祉のまちづくり研究所
〒651-2181 神戸市西区曙町1070 兵庫県立総合リハビリテーションセンター内
電話 078-925-9283
Fax 078-925-9284
http:/www.assistech.hwc.or.jp

http://assistech.hwc.or.jp/kenkyu/pdf/publication/guide_book.pdf




『聴覚障害者の職場におけるコミュニケーション
―聴覚障害者・企業対象の調査にみる現状と課題―
研究開発室 水野 映子』

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/report/rp0711.pdf
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-30 09:12 | 就労後の聴覚障害者問題B

廃棄食品横流し横行に見るCSRの未熟さ

http://www.asahi.com/articles/ASJ1T5QNJJ1TOIPE02D.html?ref=yahoo


廃棄食品横流し、
会長独断か
 「管理票うそ記載
を指示」


2016年1月26日02時58分

廃棄食品の横流し問題で、愛知県稲沢市の産業
廃棄物処理業ダイコーの大西一幸会長(75)が、
冷凍カツについて

「産業廃棄物管理票(マニフェスト)にうその記載
をするよう従業員に指示した」

と、代理人の弁護士に話していることが分かった。

従業員には事情を伝えず、ダイコー内では大西
会長一人が横流しに関与していたと説明している
という。


·ダイコー「破格の安値」で廃棄受注
 5年前から横流しか

·特集:廃棄カツ横流し


 ダイコーの大西会長は昨年10月、カレーの
壱番屋(同県一宮市)からビーフカツ4万枚
(5・6トン)の廃棄を委託されながら、処分せずに
5トンをみのりフーズ(岐阜県羽島市)に横流しし、
80万円を受け取ったことを代理人に認めている。

一方、マニフェストには、すべて堆肥(たいひ)化
したと記載。
愛知、岐阜両県警が廃棄物処理法違反(虚偽
記載)などの疑いがあるとみて調べている。

 代理人によると、大西会長は廃棄品の横流し
について、みのりの実質的経営者の岡田正男氏
(78)と口頭でやり取りし、伝票や領収証はない
と説明。
代理人は

「証拠を残さないようにする認識は双方にあった
のではないか」

と話す。

残り:280文字/全文:729文字



========================



http://www.asahi.com/articles/ASJ1N5FTMJ1NOIPE024.html

コンビニ・大手スーパー
商品も
…廃棄食品、横流し続々


2016年1月21日05時01分

セブン&アイ・ホールディングス、ローソン、イオン
――。
カレーチェーンを全国展開する壱番屋(愛知県
一宮市)が産業廃棄物処理業者に廃棄委託した
冷凍カツがスーパーで今月中旬に見つかり、
廃棄食品の横流しが発覚した。
問題は大手コンビニやスーパーにも広がり、
業界や行政は対応に追われている。


·特集・廃棄カツ横流し


 「ダイコーに廃棄依頼されたすべての品が
市場に流通した可能性も否定できない」。

20日夕、岐阜県の担当者の表情は険しかった。

 壱番屋の冷凍カツに端を発する廃棄食品流通
問題で、岐阜県は18日から連日記者会見を開く。
愛知県稲沢市の産廃処理業ダイコーに冷凍カツ
の廃棄が委託され、横流しを受けたのが岐阜県
羽島市のみのりフーズ。
その施設から18日に見つかった108の食品に
ついて県は調査中だ。

 20日には、うち5社の関連7品が廃棄委託で
ダイコーに渡っていたと発表。
流通大手イオン(千葉市)のプライベートブランド
(PB)「チーズのでるソーセージ」「たけのこ土佐煮」、
ニチレイフーズ(東京都中央区)のフライドポテト、
今川焼き――。
みのりフーズに横流しされた冷凍カツと同様の
流れだ。

 県によると、みのりフーズを実質的に経営する
岡田正男氏(78)は全108品をダイコーから入手
したと話したという。
冷凍庫では段ボール箱が崩れ、袋から出た食品が
散乱。
そこから転売された冷凍ビーフカツは、仲卸を経て
東海地方のスーパーの店頭に並んだ。
壱番屋が回収したものには、いったん解けて傷んだ
恐れのあるものもある。

残り:2035文字/全文:2666文字



========================



http://www.asahi.com/articles/ASJ1P4FP9J1POIPE00R.html

廃棄食品に甘い誘惑
「北朝鮮に送る」
 ブローカー接近


小峰健二、斎藤健一郎
2016年1月22日13時50分

廃棄食品を飼料や堆肥(たいひ)にせず、横流しして
いた愛知県稲沢市のダイコー。
食品を扱う複数の廃棄物処理業者が、横流しへの
誘惑に駆られる「業界の背景事情」を語り、

「ダイコーだけの問題ではない」

と明かした。


·廃棄カツ横流し


 「廃棄食品を売ってくれないか」。
大手食品メーカーから廃棄委託を受けている愛知県
の産廃業者には、多い時で1カ月に2度、闇取引を
ささやく見知らぬブローカーが訪ねてくる。
知人の名を挙げて近づこうとしたり、

「北朝鮮や中国に送る。
向こうは賞味期限は関係ないから」

と持ちかけたりして“商談”を進めようとするが、素性は
明かさず、名刺を置いていくこともないという。

 50代の社長は言う。

「一度、取引したらおしまい。
汚い商売につかったら、捕まるまでやめられなくなる」

残り:569文字/全文:898文字



========================



http://www.asahi.com/articles/ASJ1T625LJ1TOIPE02T.html


廃棄食品横流し、
新たなセブン商品など
確認

2016年1月26日02時33分

廃棄食品の不正流通について調査している岐阜県
は25日、みのりフーズ(岐阜県羽島市)で見つかった
食品のうち、新たにセブン&アイ・ホールディングス
のプライベートブランド「セブンプレミアム豚バラ蒲焼
(かばや)き」(1袋100グラム)と、石光商事(神戸市)
が輸入した「水煮筍(たけのこ)」の2品目について、
産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)に廃棄
委託されたものと確認した。


·特集:廃棄カツ横流し

 県の調査に対し、みのりの実質的経営者、岡田正男氏
(78)は「転売はしていない」と説明したという。
豚バラ蒲焼きは販売終了のため、販売元の丸大食品
(大阪府高槻市)が昨年6月、817袋を廃棄委託。
水煮筍は一斗缶(18キロ)4缶で、缶が膨張するなど
していたという。

 また、岐阜県は同日、廃棄品が横流しされた壱番屋
(愛知県一宮市)のチキンカツが、県内のスーパー
「オオマツフード」3店(多治見市、土岐市)で昨年9月に
計1200枚が販売されていたと発表した。
壱番屋は2014年以降、汚れ付着などのためチキン
カツ約24万枚の廃棄をダイコーに委託していた。



========================



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000002-asahi-soci

廃棄カツ6万枚以上が
流通
 複数の卸売業者が
認める


朝日新聞デジタル
1月27日(水)1時18分配信

廃棄食品の横流し問題で、カレーの壱番屋(愛知県
一宮市)が廃棄を委託した冷凍カツ6万枚超が食品
として流通していことが、複数の卸売業者への取材で
わかった。
約1年間でビーフカツ約4万3千枚、チキンカツ約2万
3千枚にのぼり、愛知、岐阜両県が流通経路を調べて
いる。

 カツは、廃棄を委託された産業廃棄物処理業ダイコー
(愛知県稲沢市)が、みのりフーズ(岐阜県羽島市)に
横流しした。
名古屋市内の卸業者によると、昨年9月~12月、
数回にわたり、みのりから、壱番屋のビーフカツ
約4万3千枚を買い取った。
その後、名古屋市内の二つの業者に転売したという。

 また、同じ卸業者は約1年前にも、みのりから
チキンカツ約2万3千枚も購入し、同様に名古屋市内
の同じ2業者に売ったという。
この2業者も取材に、さらに転売したことを認めた。
転売先のある業者は

「廃棄品とは知らなかった。
衣がはがれていて、売れないものもあった」

と話す。

朝日新聞社




========================



企業の社会的責任
(CSR: corporate social responsibility)

http://m-contents.info/csr-1/

「持続可能な発展を目指すという考えです。
英語で言うところの、サステナビリティ
(sustainability)です。
この持続可能性が経済、環境、社会の面で
果されるべきだというのがCSRなわけです。」



まさか

「廃棄食品を横流しすることを、
持続可能にしていきたい」

というのだろうか?
やっていることは○? それとも?

CSRって、どこの企業でもよく言われているのに、
多くの名立(なだ)たる企業さえも、
未だに理解していない。
口先だけというのは、残念だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-27 20:52 | 社会

聴覚障害における「確率的な能力(障害)」とは

タイム・コンサルタントの日誌から
『マネジメントとリーダーシップはどう違うか』
〔2016-01-25 23:57〕


という記事を読んでいたら

「能力には一般に、確定的な能力と
確率的な能力があります。」


という言葉に、ピーン!と来た。

聴覚障害の説明も、まさにこれが当てはまる
のではないだろうか。

つまり、標準純音聴力検査で調べたデシベル値
が確定的な「能力」
(あるいは「障害」という言葉に置き換えることも)
に例えられる。

一方、語音明瞭度検査によって調べた
パーセンテージは、確率的な能力(障害)に過ぎない。
これは、確定はできないのだ。

なんてね・・・・。
実際には、環境や条件等によって、
常に変わらざるをえなくなるのだから、
当たり前のことだ。

よく「聴覚障害者に理解を」と、当事者は言うが、
理解できるように説明するのは、まだまだ、
という気もする。

健聴者に少しでも理解しやすくなるような説明を
することが、聴覚障害への理解になる、
とも思っているが・・・・。





〔関連記事〕

『朝礼での、聴覚障害者の語音明瞭度は0%』
〔2014-07-26 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-27 09:02 | 聴覚障害

『移行支援のプログラムの検証が必要・・・』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37022384.html


炎のジョブコーチ
『移行支援のプログラムの検証が必要・・・』
〔2016/1/24(日) 午前 7:19〕



ジョブコーチ支援で、様々な移行支援事業所と
関わりも持ちますが、最近、感じる事です。

「就労移行支援事業」ができてしばらく立ちます
が、そのプログラムの質的な評価の時期に
来ているように思います。

就職率と定着率をうたって営業する事業所
などもありますが、意外と、利用前での選別
や途中リタイアの人がカウントされていなかった
り、関連会社を通じての人材紹介など、
数字の取り方の前提が違っていたり、
数字が一人歩きしているようにも思います。

実際、個人的に、いくつかの素晴らしい
プログラムを展開している事業所があります
が、いずれも就職率、定着率は平凡です。

就労移行支援事業をより有効な仕組みに
していくために、又、良いプログラムを実施
しているところが評価され、さらにサービスが
レベルアップしていくように、そろそろ、就労
移行支援事業のプログラムの職業訓練の
質的検証の時期に来ているように思います。

福祉サービスの評価は、よかったどうかは、
受けた人も分かりません。
なぜなら、二つを購入し比べることができない
からです。
そして、同時に就労移行支援事業者自身も
自のプログラムの質的な評価が難しいことも
意味しています。
個人的な肌感覚ですが、レベルアップという
よりは、玉石混合、そしてその質の差は広が
っています。
(中には、プログラム以前…といったところも
あります)



========================




そこも、数字を誤魔化しているのか・・・。
粉飾決算みたいなことをやって、
高評価を得ようとしているようだ。

で、国から補助金とかを確実に取ることが、
安定経営のポイント、というわけだ。

障害者(の主権)なんて、どうでもいいと
思っているのだろう。
やっぱり、健常者の考え方だな。
これも、障害者を食い物にしている事業者だ。
映画『カッコーの巣の上で』
(ジャック・ニコルソン主演)

『カッコーの巣の上で
 ――あらすじと最終回のネタバレ』


と同じだろう。
健常者は障害者を管理して、
様々な依存症にしてしまい、
障害者の一生をダメにしてしまうのだ。
そんなことをしている健常者は所詮、
偽善者に過ぎない。
彼らこそ、障害者の本当の敵ではないか。


質的検証を、どうやって確実にしていくか・・・。
そこが難しい。

民間就労への移行には、民間企業からの
高評価を得ればいいのだが、それが得られれば、
果たして質が高いと言えるのだろうか?

しかし、だからといって企業の声を無視したり、
軽視していれば、移行支援事業は成り立たなく
なってしまう。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-24 23:43 | 就労後の聴覚障害者問題B

パチンコ台釘曲げ問題は、本当にメーカー責任なのか?

=======================


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20151225/Mainichi_20151226k0000m040076000c.html?_ga=1.30991167.1221020213.1428876294

<パチンコ台不正>
問題機種を早期回収
 業界6団体が声明


毎日新聞社
2015年12月25日 20時26分
(2015年12月25日 20時39分 更新)

 パチンコ台のくぎが不正に曲げられている問題で、
メーカーで作る「日本遊技機工業組合」(日工組)
など業界6団体は25日、問題のある機種を早期
に店から撤去・回収することや設置時の確認を
強化することを申し合わせたとする声明を出した。
回収規模は数十万台に上るとみられ、来年1月
下旬から各団体が協力して回収する。

 声明には店側で作るホール関係団体も名前を
連ねた。
くぎ曲げはメーカーの出荷段階で行われていた
ことを踏まえ、出荷や店への設置時に検定に
合格した通りの性能になっているかをメーカー
側が確認するための要綱を新たに策定すること
も盛り込んだ。
来年4月から施行する予定。

 日工組の担当者は

「現状を重く受け止め、ホール団体と協力して
回収を進めたい」

と話している。

【長谷川豊】




=======================





本当に、これで「解決」になるのか?

パチンコ台釘曲げ問題は、
本当にメーカー責任なのか?

釘曲げを横行させているのは、
実はパチンコ機納品先のパチンコ店なのに。
昔「釘師」と言われた、店の専門者が、
それをやっていたそうだが。
何か、おかしくないだろうか?
それを隠蔽する為に、わざとメーカーが罪を
被ったのではないだろうか?
パチンコ店が潰れると、メーカーも仕事が
無くなってしまうので、それはありえるような
気がする。



2015年10月3日(土)
11時出勤。A階事務所には、たくさんのパチンコ台が置いてある。またヒマを見て、ここで釘調整をやっているようだ。今度は23台も置いてある。店長も少し後から出勤してきた。でも、これって本当は禁止(ルール違反)なのではないだろうか? それが常習化してきたようだ。
夕方にはMマネージャーとYマネージャーが出勤してきて、Yマネージャーがトンカチでコンコンと打っていた。Fマネージャーの姿は夜7時半の退社時刻まで、見なかった。午前中は誰も釘調整などやっていなくて、邪魔で仕方がなかった。その為、従業員の食事・休憩場所や、キーパーの場所が確保できなくて、非常にやりづらかった。なぜ、テーブルを2台も撤去して(全3台ある)、まだ必要もない、こんなにたくさんのパチンコ台を入れて置く必要があったのか、はなはだ疑問だった。お陰で午後は大勢のスタッフが出勤してきたので、トラブルが起こった。「いつまでやるんですか?」とSマネージャーに聞いたら、「明日までです」と言っていた。ということは、明日もこの状態で我慢しなければならない、というわけだ。




2015年12月29日(火)
『パチンコ台の釘曲げ行為は、みんな(組織)でやれば怖くない!』

ある日、いつものようにホールがあるA階の事務所で、パチンコ台の釘を調整していた。6台ぐらい入っていた。FマネージャーとIマネージャーが釘曲げをやっていた。そこへ突然、警察官がホール内犯罪を調べるためにやって来た。警官を入室させる前に、まず急いで誰かが事務所に連絡に来る。するとみんな急いで、パチンコ台に外しておいたドアを取り付け、トンカチやゲージを机の引き出しにしまう。それから、警官を入室させて、応対していた。つまり、このために警官を待たせていた、ということだろう。置いてある大量のパチンコ台は、「メンテナンス」と称した状態だと、警官に勘違いさせているのかもしれない。
警官がいる間は、マネージャーは釘曲げのことなど忘れて、ひたすら事務的な仕事をしていた。
そして、警官が去り、30分ほどもして、警官がもう来ないと確実にわかると、また事務所内にパチンコ台を運び込んで、釘曲げをやり始めていた。昔はB階のバックヤード内倉庫で、釘曲げをしていたから、こんな面倒なことはやっていなかったし、見たことがなかった。しかし今は、時間が勿体ないのか、警官や部外者もよく訪れて来るA階事務所でやるようになっている。それから、こういうおかしな光景が、何度も見られるようになった。だから、従業員ならもう、みんな知っている。10月に本社採用部・Hさんに送ったメールでも、釘曲げをやっていることは報告しているので、本社も知っているのだ。ということは、会社ぐるみで、黙認しているわけだ。全国にいる1万人以上の従業員も、大量に出した離職者も、黙殺していた、ということになる。もしこれが本当に違法な行為ならば、これは本当に、えらいことだ。要するに、彼らも、自分が楽に金を稼げて家族が幸せになれるなら、他人が幾ら損する不正を会社がやっていても、そんなことはどうでもいい、というわけだ。これが彼らの言う「家族のような会社をつくりたい」という意味なのだろう。





●●●●採用担当 2015/10/05 13:35
●●●●さん
こんにちは。
たびたびのメール失礼いたします。

やはり、メールでは状況が分かりかねますので
一度お店に足を運ばせて頂ければとおもいますので、
お会いできた際には、教えて頂け得ればと思います。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、よろしくお願いいたします。




●●●●採用担当 2015/10/05 10:31
●●●●さん


●●●●のHです。
メール拝見いたしました。

問題と感じておられるのは、事務所に遊技台がある事でしょうか?
もしくは、遊技台の釘調整をしていることでしょうか?
それとも、整理整頓が出来ていない事務所についてでしょうか?

また、トラブルが起きたとありますが、それは何が起きましたか?

ご確認よろしくお願いいたします。



----- Original Message -----
Subject: 質問
Date: Sun, 4 Oct 2015 07:12:41 +0900
From: "          " <               >
To: "●●●●●●担当"<●●●●●●●@●●●●●●●.co.jp>
●●●●●●●● wrote:

H様

本来は、この宛先は採用関係のことのみ、
受付けることは知っています。
しかし、こういうことは、どこにメールを送ったらよいのか
わからないので、こちらに送ることにします。

以前にあなたは、「何かあれば、まずは店舗に言って下さい。
それでも解決が出来ないようなら、こちらに言って下さい」

という主旨の話をしてくれました。
その時が来たようです。
下の記録は、私の日記からです。
どのように思うでしょうか?
このことから、あるトラブルが発生してしまいました。
そして、別の件でもSマネージャーからは

「本社に言っても、変わらないこともあるよ」

などと言われました。
それを聞いて、この店舗にある問題の提起を、
一旦は諦めたのですが。

何も問題ではないのであれば、聞き流してください。
ですが、もしも問題であるならば、話を聞いて調査する
必要もあるかと思われます。

●●●●●●●●●●店
●●●●●●●




2015年10月3日(土)
11時出勤。A階事務所には、たくさんのパチンコ台が置いてある。
またヒマを見て、ここで釘調整をやっているようだ。
今度は23台も置いてある。店長も少し後から出勤してきた。
でも、これって本当は禁止(ルール違反)なのではないだろうか?
それが常習化してきたようだ。

夕方にはMマネージャーとYマネージャーが出勤してきて、
Yマネージャーがトンカチでコンコンと打っていた。
Fマネージャーの姿は夜7時半の退社時刻まで、見なかった。
午前中は誰も釘調整などやっていなくて、邪魔で仕方がなかった。
その為、従業員の食事・休憩場所や、キーパーの場所が確保できなくて、
非常にやりづらかった。
なぜ、テーブルを2台も撤去して(全3台ある)、
まだ必要もない、こんなにたくさんのパチンコ台を入れて置く
必要があったのか、はなはだ疑問だった。
お陰で午後は大勢のスタッフが出勤してきたので、トラブルが起こった。







2016年1月23日(土)
12:40頃 Nさん、Kさん、Fさんが突然、事務所に来て、急いでパチンコ台を全部出して行った(釘調整に使用する枠にはめたままのパチンコ台を3台ほど)。
その直後に、スタッフの誘導で警察官2名が、別の入口から事務所に入って来た。警察官は2分間ほどビデオ確認と聴取をして、出て行った。
13:13頃 再び警察官が、今度は一人で事務所に来た。犯罪状況をビデオ確認しながら、詳細を聴取していたようだ。応対者はNさん。そして、13:38頃に、警察官は事務所を出て行った。
14:13頃 また釘調整中のパチンコ台を事務所に戻し始めた。Nさん、Oさんが作業。
14:50頃 パチンコ台を事務所に戻した後は、警察官が来ても、別室でNさんが応対していた。警察官を事務所に入れないようにしているのだろうか?
14:58頃 警察官が会議室から退出。
18時頃 遅番出勤のSマネージャーが、事務所で釘調整をしていた。

この不正行為(もし、本当にそうだとすれば)を暴く方法は、実は超簡単なのだ。実は事務所の様子も、24時間ビデオ監視・録画されているので、警察への密告者がいて、警察が強制捜査すれば証拠はすぐに出てくるのだ。ところが、会社の『就業規則』→「禁止行為」→「懲戒(解雇)規程」)を恐れて、密告する者は誰もいない。


『就業規則』には、例えば次のような文が明示されている。

第●条(禁止事項)
(●)在職中および退職後においても、会社の内外を問わず、会社の機密事項または会社の不利益となる事項を、不正に開示したり、不正に使用しないこと。
(●)在職中および退職後においても、会社の許可無く、会社の機密事項または業務上知ったことを使用して出版もしくは講演などを行うこと。

第●条(諭旨解雇又は懲戒解雇)
(●)業務上の秘密又は会社に不利益となるようなことを他に漏らしたとき。

第●条(損害賠償)
懲戒に該当する行為により、会社に損害を与えたときの損害賠償又は不当利得返還義務は懲戒によって免除されない。


巨大企業の不正を暴露しようとするものなら、タダでは済むまい。多くの非正規雇用者は、低い給料しかもらえず、毎月、ギリギリの生活しかできていない。だからもし、この就業規則を破れば、直ちに生活破綻になる。それだけでなく、入社時の誓約書に署名してもらった、保証人にも迷惑をかけてしまう。自分の将来も潰れてしまうだろう。それで証人が誰も出てこなくなるわけだから、警察は調べようともしない(できない)。いや、もしかしたら、警察とパチンコ店はやはり長い間、癒着関係にあるからなのかもしれない。もしそうならば、密告してもムダであり、結局は密告した者だけが損するだけなのは、分かりきっている。



『「パチンコ釘問題」を世界で最も判り易く
説明してみる』を見て』
〔2015-12-24 21:09〕




パチンコ店は法律上認められている風俗営業
第7号営業で、公安委員会が定めている厳しい
ルールを守って営業をしなければならない。

具体的に言うと、例えば『店舗管理者業務実施簿』
という文書が店舗にある。
これは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等
に関する法律(俗に「風適法」と呼ばれている)に
定められた店舗管理者(店長)が、毎月実施しな
ければならないと、法律で定められている事項で
ある。
これをもって、店舗管理者(実際は、代理の者=
部下にやらせている)は店舗で働いている全従業員
に指導する義務を負っているのである。
だから当然、従業員も風適法について、ある程度の
情報は店舗から得ているし、業務上、
知っていなければならないことなのである。
その情報の中には遊技機の変更についての
ルールもあって、それが今回の騒ぎ『釘曲げ問題』
不正行為ではないのか、と噂されている。



風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
(昭和二十三年七月十日法律第百二十二号)
最終改正:平成二七年六月二四日法律第四五号
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO122.html

「(構造及び設備の変更等)
第九条  風俗営業者は、増築、改築その他の行為
による営業所の構造又は設備の変更(内閣府令で
定める軽微な変更を除く。
第五項において同じ。)をしようとするときは、国家
公安委員会規則で定めるところにより、あらかじめ
公安委員会の承認を受けなければならない。

2  公安委員会は、前項の承認の申請に係る営業
所の構造及び設備が第四条第二項第一号の技術
上の基準及び第三条第二項の規定により公安委員
会が付した条件に適合していると認めるときは、
前項の承認をしなければならない。

3  風俗営業者は、次の各号のいずれかに該当
するときは、公安委員会に、内閣府令で定める
事項を記載した届出書を提出しなければならない。
この場合において、当該届出書には、内閣府令で
定める書類を添付しなければならない。

一  第五条第一項各号(第三号及び第四号を除く。)
に掲げる事項(同項第二号に掲げる事項にあつて
は、営業所の名称に限る。)に変更があつたとき。

二  営業所の構造又は設備につき第一項の軽微
な変更をしたとき。

4  前項第一号の規定により届出書を提出する
場合において、当該届出書に係る事項が許可証
の記載事項に該当するときは、その書換えを受け
なければならない。

5  第一項の規定は、第十条の二第一項の認定
を受けた風俗営業者が営業所の構造又は設備の
変更をしようとする場合については、適用しない。
この場合において、当該風俗営業者は、当該変更
をしたときは、公安委員会に、内閣府令で定める
事項を記載した届出書を内閣府令で定める添付
書類とともに提出しなければならない。 」





公安委員会が定めているルールによれば、
実は遊技機についても「許可された基準の状態」
から変更する時は、公安委員会に申請または届出
を行う必要があるのだ。

変更するには、事前申請と事後届出、あるいは
届出も不要なケースがある。
このうち、事前申請が必要なのは、遊技台の入替、
出玉性能に直接影響を与える部品の交換をする
場合である。

具体的には、例えば基板・釘・レバー・ハンドル
などを変更する場合である。
釘曲げをすれば、許可を受けた時の状態から
変更することを意味しているのであり、それは
事前申請が必要なのではないだろうか。
つまり、事前申請をすれば認められるのかどうか、
実際の店舗で見られる釘曲げは、そうした合法的
変更なのかどうかが、不正に当たるかどうかの
判断材料になるのではないか。

こういうことは、一般人にはわかることではないだろう。
パチンコ店が裏で何をやっているかなんて、
例え公安委員会だって、わかるわけがないはずだ。





【追記】(2016年2月6日)

tommy先生の「世相を斬る」
tommyjhon.exblog.jp
『清原逮捕の裏(覚せい剤事件は、
政局につながっている)』

〔2016年 02月 03日〕



>「すでに、(安倍内閣の走狗と成り下がって
いる大マスコミはほとんと無視してますが)
反安倍系の東京新聞や、

http://new-party-9.net/archives/3314

では、TPPの大嘘が暴かれつつあります。
しかも、甘利元大臣は、検察が逮捕まで動く
べき大事件なのに、マスコミと安倍政権は、

「大臣辞任で幕引き」

を狙っているようです。




このようなタイミングでの、清原逮捕!!!!
 どうも「TPPと甘利問題」を覆い隠すために
使われるような気がしてなりません。」



なるほど。
十分あり得ることだ。

マスコミの大臣攻撃をかわす為に、
警察の仕組んだことか。
これって、あのパチンコ釘曲げ問題とも、
どこか似ているな。
やっぱり警察って、こういうところなのかな。
そして、マスコミも。
パチンコ業界の有力者と、
警視庁の有力者はつながっている、
ということか。
マスコミの有力者とも、つながっているのかも。

このトライアングル構造には、
国民は誰も勝てやしない。



〔関連記事〕

『「パチンコ釘問題」を世界で最も判り易く
説明してみる』を見て』
〔2015-12-24 21:09〕




警視庁の天下り先がパチンコ業界だという
噂も、本当なのかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-23 23:38 | F.最大手パチンコ店

ホテルの食器洗い場流しで入浴、写真ツイート 登別温泉

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000049-asahi-soci




ホテルの食器洗い場
流しで入浴、
写真ツイート
 登別温泉


朝日新聞デジタル
1月22日(金)19時8分配信

北海道登別市の登別温泉にある登別グランド
ホテルの食器洗い場の流し台で裸で「入浴」
する写真がツイッターに投稿されていたことが
わかった。
同ホテルは22日、業務委託先のアルバイトの
男子高校生が悪ふざけで入ったことを明らかに
し、陳謝した。

 同ホテルによると、18日午後9時ごろ、3階
食器洗い場の流し台(幅1・8メートル、奥行き
90センチ、深さ30センチ)に湯を入れてアル
バイトの男子高校生1人が裸で中に入った。
その様子を別のアルバイトの男子高校生が
撮影してツイッターに投稿し、

「バイト探している人グランドホテルの洗い場
に来ない?」

などと拡散を呼びかけたという。

 2人は食器洗いの業務を委託している会社
のアルバイト。
当時、現場には2人を含むアルバイトの高校生
4人だけだった。
同社の社長が21日夕にこの写真が投稿され
ているのを知人から知らされて発覚したという。

入浴した高校生は

「ふざけているうちに調子に乗ってやってしまった」

とホテル側に話したという。

 流し台では普段、湯を張って皿をつけ置き
洗いしているが、この流し台で18日は皿を
洗っていないという。

 同ホテルの山内一博社長は

「お客様や関係者に不安、不愉快な思いをさせた。
信頼が損なわれた」

と陳謝し、従業員らの教育を徹底して信頼回復
に努めるとした。

朝日新聞社



=========================




ウチの会社だって、委託した業務は委託先企業
に丸投げしている状態だ。
親会社が子会社に委託し、子会社は外部企業に
業務委託している。
それで、子会社は親会社の下に外部企業の
従業員を派遣させるだけ。
だから、親会社は委託先企業とは直接に何の
関係もない。
委託先企業への教育なんか、どこも全然やって
いない。
教育は外部企業がしているかどうか?
の問題だ。 

上のニュースで報じられたホテル、受託会社も、
同じなのではないだろうか?

こうした複雑な構造から“無責任経営”が生まれる。

昨年に表面化した旭建材のデータ改ざん事件の
ように。
バス転落事故だって、観光会社がバス会社に委託
するが、責任は取ろうとしない構造になっているの
ではないか。

六本木ヒルズ回転ドア児童死亡事故の時だって、
当時の社長が六本木ヒルズ安全対策本部長
は社長だったが、実態は名前だけのイスに過ぎな
かった。
他人に任せきりでいたのだから、責任逃れができた
のだ。

下っ端アルバイトだからと言って、
障害者だからと言って、
教育しない罪は重い。

障害者雇用枠で雇用した障害者だって、
社員であることには変わりない。
会社はそんなつもりで雇ったのではなくても、
お客様からは、健常者と同じ社員として
見ているはずではないだろうか。

もし、そうでないという企業には、
そのツケを払う時が、必ず来るだろう。

大体、どこの会社でも、障害者はほったらかし
にしているところが多いものだ。
だからああいう、だらしのない職場内障害者
授産施設になってしまうのだ。

今回のニュースで報じられたのは、
障害者雇用事情ではないが、
これもやはり“氷山の一角”に過ぎない
のだと思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-23 20:34 | 社会

障害者の虐待2703人 6割が家庭、3人死亡 厚労省調査

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00010002-nishinp-soci


障害者の虐待2703人
 6割が家庭、
3人死亡
 厚労省調査


西日本新聞
2015年12月27日(日)8時0分配信

2014年度に家族や福祉施設の職員、
職場の上司から暴行、暴言、賃金不払いなどの
「虐待」を受けた障害者は2703人だったことが
22日、厚生労働省が公表した調査結果で明らか
になった。
前年度から44人増え、約6割が家庭での虐待
だった。

 家族など養護者による家庭での虐待は1666件、
被害者は1695人(前年度比116人減)で、
3人が死亡した。

福祉施設や自宅を訪れた生活支援サービスの
職員などによる虐待は311件、525人(70人増)。

雇い主や上司による虐待が確認された事業所は
299カ所で、被害者は483人(90人増)だった。

 家庭における虐待の内訳(複数の場合を含む)
は、暴行や拘束などの「身体的虐待」が65%で
目立つ。

その他は、侮辱的発言などの「心理的虐待」33%、
お金を渡さないなどの「経済的虐待」23%、
「放棄・放置」16%、「性的虐待」5%。

 家庭内虐待の42%は、被害者が福祉施設に
入所するなど、加害者から引き離す対応が取ら
れた。

都道府県別は大阪の272件が最も多く、九州は
福岡45件、長崎23件、鹿児島19件の順。

 福祉施設の職員らによる虐待は、大阪の27件
が最多で、九州は長崎の14件が最も多かった。

西日本新聞社



=========================





下の事例も、家族による間接差別だ。


『『車椅子で夜明けのコーヒー 障害者の性』
 2/2 ピア・カウンセリング』
〔2013-08-26 18:00〕



勿論、私も家族から色々な間接差別を受けて、
耐えて生きてきた。
だから今では家族とは、ほとんど関わらない
ようにしている。
表面的なつき合いを必要最小限にしか、
していない。
障害者に無関心な家族だと、こうなるのだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-22 21:18 | 障害者問題・差別

産科医、知的障害の患者に「結婚できないでしょ」発言


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000041-asahi-soci



産科医、
知的障害の患者に
「結婚できないでしょ」
発言


朝日新聞デジタル 1月22日(金)16時31分配信

長崎大病院(長崎市)の女性産婦人科医が昨年7月、
生理不順を訴えた重度の知的障害がある20代女性
を診察した際、

「生理は子を産むため。
将来、彼氏も結婚もできないでしょ」

と女性を差別するような発言を母親に対してしていた
ことがわかった。
病院は昨年12月、母親に謝罪した。

 病院によると、女性は昨年7月、母親とともに受診。
医師は診察後、母親に顔を近づけて

「生理は何のためにあると思いますか。
子を産むためでしょ。
将来、彼氏も結婚もできないでしょ」

と発言した。

 翌8月、母親がこうした発言について、

「なぜあんなことを言うのか理解できない」

と病院の意見箱に投書して発覚。
増崎英明院長が会長を務める意見箱の検討会は、
障害のある人に配慮するよう医師を注意した。

 ただ、女性側への連絡はしなかった。
12月に母親が説明を求めたのを受け、
産婦人科の別の医師が母親と面会し、
不適切な発言だったと認め、謝罪した。

 発言をした医師は

「妊娠や診療の心配はないことを伝えたかった」

と話しているという。
増崎院長は

「配慮を欠いた説明により誤解を招き、
たいへん遺憾。
(医師の)真意は障害者を蔑視したわけではなく、
言葉が足らなかった」

とコメントした。

朝日新聞社



=====================




馬鹿モン!
それは

「誤解を招いてしまうことになった」

のではなく、オマエが差別発言したからだ!!
それを「蔑視発言」と言うのではないか!!!
結局、病院ぐるみで、事件も犯人も隠そうとした、
というわけだな。
こういうことは、

よくあることですよ!






=====================



http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/160168

区役所で暴言、
病院で診察拒否
… 障害者理解 道半ば
 福岡市の団体調査


西日本新聞
2015年04月02日 13時21分

入園や受験を拒否された、公共機関で暴言を
吐かれた…。

福岡市の約40の障害関係団体がつくる

「福岡市に障がい者差別禁止条例をつくる会」

が実施したアンケートで、障害がある人たちが
不快な思いをしたり、社会参加を諦めてしまったり
する「差別」が根強い実態が浮かび上がった。

同会副代表の向井公太さん(66)は

「無理解や偏見からの何げない行動が、
障害者を深く傷つけることがあると知ってほしい」

と呼び掛けている。

 同会は2013年8月に発足。
障害者への差別の実態を明らかにするため、
昨年4~7月に加盟団体やホームページなどを
通じ、福岡市在住か同市に通勤している障害者
を対象に、障害があることを理由に

「嫌な思いをした」

「悔しい思いをした」

「理不尽な対応を受けた」

「不利益に扱われた」

体験を聞いた。

「10歳未満」から「70歳以上」の1148人から、
1132件の事例が寄せられた。

 身体・精神・知的障害などの当事者、家族、
弁護士などで回答を分析し、3月に報告書と
回答集をまとめた。
寄せられた体験を

「直接差別」

「(障害者の権利を保障する)合理的配慮の
不提供」

「暴言・嫌がらせ・虐待」

「無理解・偏見」

などに分類した。

 例えば、区役所での手続きで記入の仕方を
質問すると

「あんたたちのことだろう。
分からないなら手続きできない」

と言われた(知的・身体障害)

▽事業所職員から首を絞められたり、
暴言を吐かれたりした(脳性まひ)

▽風邪で内科を受診したら診察を拒否された
(精神障害・統合失調症)

-など、障害者への理解があるはずの
医療・福祉の場での体験が目立った。
同会は

「業務として当事者に接している福祉窓口
担当者、施設職員などからの暴言や虐待
を受けた事例は看過できない」

と、特に問題視している。

 この他にも、交通機関や教育現場、職場、
飲食店など、日常生活のあらゆる場面での
体験が多数集まった=表参照。

向井さんは

「障害者は差別や精神的苦痛を受けても
声を上げられず、外出や社会参加を自己
規制してしまう。
障害の種類を超えて、千以上の訴えが
集まった報告書は貴重」

と話している。

 明らかになった実態を踏まえ、報告書では

「社会の隅々まで障がい者の権利について
の理解が行き届き、機会の均等が真に保障
されるような具体的取り組みが求められて
いる」

と提言。
鹿児島、長崎、熊本各県などで制定されて
いるような障害者差別禁止条例の制定を
求めている。

 報告書は福岡市の行政機関や小中学校
などに1300部を配布。
同会ホームページでも読める。
同会=092(713)1353。 

=2015/04/02付 西日本新聞朝刊=



=====================

[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-22 20:41 | 障害者問題・差別

SMAPなんて、くだらん。



松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~
『SMAP騒動後初の生放送は「都合により字幕休止」』
〔2016-01-19〕




字幕付きに徹底的にこだわる姿勢・・・。
映画『レインツリーの国』
ヒロイン・人見利香と同じだ。

私は、字幕が無いなら、さっさと諦める場合も、
よくある。
周りにいる聴覚障害者仲間にも、
そういう人のほうが、圧倒的に多いように思う。
それが、聴覚障害者バリアフリーの遅れに
つながってしまったのであるが。


しかし、観ている最中に

「都合により字幕中止」

は、そりゃ怒りたくもなるわな。
見ている時に、水をさすようなことでは。


聴覚障害者には、情報が伝わらない。
伝わっても、遅い。
それで周りについてゆけない寂しさや、
悔しさというものがある。

でも、SMAPなんか、どうせあれで、
人気ガタ落ちになるんだろ。
だから、もうどうでもいいや・・・。

くだらん。
やっていられるか。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-20 23:30 | 情報保障(テレビ字幕)

『聴覚障害者の受療における医療機関側の対応の実態調査』



PDF『聴覚障害者の受療における医療機関側の対応の実態調査』
上野裕美 瀬戸瑠里子 仲宗根ありさ 林香里 牧野綾
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpreve/kyouiku/socmed_fw/pdf/2001/2004_3.pdf



2000年頃の資料のようだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-01-20 22:45 | 医療バリア&バリアフリー