ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


知っていました? こんな話。



==========================


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20141005/asahi_20141005_0001.html




勘違いしてない?
 大企業に1/4還付
される消費税のからくり
〈週刊朝日〉

dot. 2014年10月5日 07時05分
(2014年10月5日 11時52分 更新)


安倍晋三首相は、再増税をするかどうかの
決断を12月に下すという。
再増税は果たして正しいのか。
ジャーナリストの斎藤貴男氏は

「消費税は弱い者いじめの税制だ」

と主張する。


*  *  *

 そもそも消費税という言葉自体が、誤った
ネーミングです。

「消費者が払う税金だから消費税と呼ぶ」

と思い込んでいる人が多いようですが、
間違いです。
実際は、原則すべての商品やサービスの
あらゆる流通段階にかかります。

 問題なのは、立場の弱い下請けは元請けに
消費税を請求しにくいこと。

また、価格競争が激しい業界では、販売価格に
転嫁することができにくい。

このため、自腹を切って消費税をかぶる企業が
出てきます。

 自腹を切った企業は従業員の給料を下げ、
さらに弱い立場の孫請けや仕入れ先を泣かせる
でしょう。
生き残るためにはそうするしかない。
消費税は弱い者いじめの税制なのです。

 自民党政権は、価格への転嫁を促すため、
いわゆる「消費税還元セール防止法」を
つくりました。

しかし、消費税という言葉を使わずに、
「春の生活応援セール」などとすれば、
罰せられることはありません。

 実は、消費税は滞納が最も多い税金です。
国税庁によると、2013年度の新規に発生した
滞納額は2814億円と、国税のワーストワン。
滞納額全体の半分以上を占めました。

 価格転嫁できなかった立場の弱い企業は、
自腹を切って、もしくは借金をして納税する
羽目になります。

納めたくても納められずに廃業してしまう
中小零細企業が後を絶たないのです。

 一方、輸出の比率の高い大企業は笑いが
止まらないでしょう。
「輸出戻し税」をご存じですか。
輸出企業は、部品などを仕入れた際、
消費税を支払った“形”になっています。
だけど、外国の顧客からは消費税を預かる
ことができないので、支払った形になっている
消費税が還付されるのです。

 とはいえ、取引の力関係上、実質的に
支払わずに、相手に自腹を切らせている
ことも多いのです。
それなのに還付をもらっている。
輸出の多い大企業にとって消費税は
「いただく税金」なのですね。

政府の予算書の説明によると、13年度に
国内の事業者が納めた消費税額は約12兆円
(税率5%)。
そのうち3兆円が大企業に還付されました。

 さらに消費税増税は、非正規労働者を一気
に増加させることにもなります。

 カラクリはこうです。
そもそも、納税義務者は、売上高に消費税率
を乗じた金額を丸ごと納めるわけではありません。

仕入れや必要経費として支払った形になって
いる消費税額を差し引いた金額を納めるのです。

 特筆すべきは、非正規の人手を調達するため
派遣会社などに支払った外注費に消費税として
乗せた形になっている金額も控除の対象になる
ことです。

会社にとって人件費の圧縮になり節税にも通じる
となれば、まさに一石二鳥で、非正規社員が
一気に増えることになるわけです。

※週刊朝日  2014年10月10日号



==========================




>「実は、消費税は滞納が最も多い税金です。
国税庁によると、2013年度の新規に発生した
滞納額は2814億円と、国税のワーストワン。
滞納額全体の半分以上を占めました。」


何だかおかしいですよね。
確か、自民党側は

「税金を一番手っ取り早く取れるのが消費税」

と言っていなかったか?
だから、財政的に困ると、政府は真っ先に
消費税増税に走っていた・・・・
はずだと思っていたのだが。

国民一人ひとりが払う消費税の増税で
儲かったのが、大企業だったなんて・・・・。




〔関連情報〕

『利益「3兆円」に肉薄、トヨタに還元の圧力』
〔2015-02-12 00:31〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-30 22:28 | 社会

ろう者のうつ病




「ろう者はガマン強い」と思われている方も
いるかもしれません。
しかしそれでも、「うつ病」になって会社を
長期間休む人もいます。

昔の噂では

「ズル休みしてパチンコに行っている」

とか聞いたこともあります。

理由はいろいろあっても、とにかく急に、
連絡もなしに、自分勝手に休むという、
社会人としての非常識がろう者に多く、
よく言われていたものです。

ただ、その原因は、心の病気であれ、
そうでなかろうと

「会社に行きたくない」
(会社がor仕事が嫌いになった)

と言えそうです。

私の会社にも今、ろう者が(Cさん)が一人、
会社を休み続けています。

この前に辞めたろう者(Dさん)も、
会社を休み続けていました。

Dさんが休んでいる理由を職場の人に
聞いてみたら

「理由はわかりません。
体調が悪いからとかで…」

という曖昧さだったので、会社の人とは
つながりが希薄なのだろうか?
本人の会社への連絡に不手際があるのかな?
と思いました。

あるいは会社にとって、聴覚障害者は
やっぱり「透明人間」に等しいのかも
しれませんね。

とにかく、そんな感じで会社を休むろう者は、
結構います。
健聴者からの目は、決してよくありません。

他のろう者にも(Cさんが休んでいる理由は)
わからない、という。

しかし、ウワサが出ました。
Aさんの知人のろう者がうつ病になり、
会社を長期間休んだことがあるという。

それを聞いて私も、以前に勤めていた会社で
2人のろう者がうつ病になり、半年間ほど会社を
休み続けていたことを話しました。
2人とも半年後に復職してみましたが、
配置換えもして、それでも治らず、
結局辞めることになりました。

これは、聴覚障害者労働問題学習会でも、
よく話題になる深刻な問題です。



〔関連情報〕

 →http://www1.normanet.ne.jp/~ww100114/library/li-57.htm
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-30 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1

東京ジョブコーチ
http://www.shigotozaidan.jp/shkn/yourself_supporter/job_coach/index.html

東京ジョブコーチ広報紙
第7号(2015年9月)

http://www.shigotozaidan.jp/shkn/yourself_supporter/job_coach/documents/tokyo_job_coach_news_7.pdf





『ご本人の障がい特性に応じた働き方
に配慮しています』

ワタミフードシステムズ株式会社
人材開発本部採用部 吉田良二氏(視覚障害者)



― 御社の障がい者雇用状況や、
仕事の内容を教えて下さい。


「今年3月末で、121名の障がい者の方に
働いていただいています。
そのうち、精神の方が6割近いかも知れません。
最近の応募の内訳で言いますと、6割が精神、
3割が知的、1割が身体(四肢、聴覚、視覚の方)
です。

配属先店舗を決める基準は2つありまして、
一つ目は、ご本人が通勤しやすい店舗である
ということ。
電車移動が長いとそれだけで疲れてしまいます。
特に精神障害のある方は体力的にも不安を
抱えている場合が多いので、少しでも通勤で
疲れないよう、ストレスがかからないように
なるべくご自宅から近い店舗を勤務先として
います。
とはいっても、自宅から一番近い店舗が
必ずしも働きやすい店舗かというと、
そうではないと思っています。

もう一つの基準は、受け入れ体制や職場環境
はどうか、本人にとって活躍できる仕事が
用意できるか、という点です。
この2つの基準を元に働いてもらう店舗を決定
していきます。


― 障がい者の方の働き方や、
仕事内容を教えて下さい。


「日中の勤務と夕方から夜にかけての勤務の
2つの時間帯があります。

日中の勤務は週20時間程度で、精神に
障がいのある方にも働きやすい形態に配慮
しています。
日中の仕事の内容は、開店前の清掃と
仕込みです。

夕方から夜に関しては、主に食器洗浄と
調理です。
調理では、揚げ物や焼き物を担当したり、
人によっては刺身を切ったり盛り付けたり
する仕事もお願いしています。
ドリンクを作ってもらっている方もいます。
夜の時間帯には4時間勤務、または23時
までの6時間勤務で働いている方もいます。

ただ、遅くまで働くと生活リズムが狂って
しまったり、親御さんが心配されたりする
場合もありますので、そこは無理のない
範囲でお仕事していただいています」


 ― 本社と店舗との連携は、
どのように進めていますか?


「障がい特性や配慮点をまとめたハンドブック
を作成し、受け入れ店舗へ渡しています。
これは、2014年2月にワタミグループ全体で
障がいのある方にとって働きやすい職場作りを
推進していこうというプロジェクトが立ち上がり
作られました。
障がいへの理解が不足していることによって
誤解やトラブルが生じ、本人にストレスをかけて
しまうことがあったので、勉強のためのツールを
作ろうと考えました。
それがこのハンドブックとマニュアルです。
プロジェクトの責任者が中心となって作成しました。」


― 当事業(東京ジョブコーチ)への
ご意見等お聞かせ下さい。


「今年三月末までに三五名が東京ジョブコーチ
さんのお世話になっております。
早く職場実習や就労したいという応募者の方が
多いので、いつも依頼から開始までスピーディに
進めてくださるのはとてもありがたいです。

また、職場では、障がいのある方にどんな仕事を
任せられるのか、どのように作業手順を伝えたら
良いのか等、店長が困っている事に対して
東京ジョブコーチさんがアドバイスしてくださり、
とても助かっています。

障がい者メンバーが職場でどういうことで困って
いるか、どうすれば働きやすくなるか、という
ノウハウを持っているのは、店長以上に
東京ジョブコーチの皆さんであると思っています。

将来的には、東京ジョブコーチさんのノウハウを
参考に、全国での障がい者雇用にあたり社全体
の受け入れ環境のレベルアップにつなげたいと
考えております。
全国の店長がジョブコーチの役割になれないか、
パートさんが障がい特性について理解できないか、
配慮できないかといった部分でヒアリングさせて
いただいて、研修会や受け入れマニュアルに
反映させていきたいと考えております。」


=========================





〔実際の障害者枠求人票〕

『障害者雇用 - ワタミフードシステムズ株式会社
(外食事業)』
〔2015-04-25 18:30〕



『【障害者雇用推進月間特集】
ワタミフードサービスの障害者求人票』
〔2014-09-13 19:00〕



『ワタミフードサービスの障害者求人票
(平成25年8月)』
〔2013-08-12 23:57〕





>「特に精神障害のある方は体力的にも不安を
抱えている場合が多いので、少しでも通勤で
疲れないよう、ストレスがかからないように
なるべくご自宅から近い店舗を勤務先として
います。」



精神障害者に対する、通勤時間への配慮は
確かにあるだろう。
だが例えば、私が前にいた会社でも、
千葉から東京へ片道1時間半かけて通勤
している精神障害者もいた。
だから、必ずしも一番の条件にはならない、
と思う。
通勤距離の条件をワタミが主張するのは、
おそらく別の本音があるからである。
最近では障害者雇用といえども、
企業は単に法令遵守の目的だけでなく、
費用対効果を狙っている。
ユニクロなどは、とっくにそれを意識していた。

下の求人票を見てもわかるように、
ユニクロは障害者店舗スタッフには、
初めから交通費を支給しないという、
究極の求人票で採用するというシステムを
採っている。


『日経ビジネスにみる、障害者雇用戦略』
〔2013-01-03 11:26〕




『障害者雇用 - 株式会社ジーユー』
〔2015-11-02 23:38〕




その理由は、コストパフォーマンス以外に
考えられない。
本音は、障害者雇用のコストを抑えたいから、
なのだ。
障害者を雇用するにあたって、一番重視して
いるのは

「安価な労働力であるかどうか」

である。
ワタミも、同じだ。
ユニクロやワタミだけではなく、これはどこの
会社でも同じだ。
もっとも、それが原因で、障害者が一人も
採れなくなってしまったら、それも困るのだが。

「精神障害者へ配慮」と、綺麗事を言っているが、
会社の本音は綺麗事をしたいわけではないのだ。



>「とはいっても、自宅から一番近い店舗が
必ずしも働きやすい店舗かというと、
そうではないと思っています。」


その通りである。
障害者雇用で、最も大切なことは、
通勤時間ではない。
雇用する障害者の障害を理解できる上司
や仲間がいるかどうか、このことなのである。
企業にとっても障害者にとっても、
そうした環境が整っている店舗を選ぶことが
重要だ。
下の、マクドナルドの事例と同じだ。

『障害者雇用 - 日本マクドナルド株式会社』
〔2015-04-17 18:30〕



障害者雇用の極意を、わかっていない企業が
多いよなぁ。
それも、障害者雇用が進まない一因なのだろう
と思う。




〔参考情報〕

労政時報の人事ポータル
『jin-jour(ジンジュール)』
これが上司と部下の生きる道 【中尾ゆうすけ】
[2011.06.24]
障害者雇用に見る、上司の職場マネジメント(後編)
~差別や偏見の多くは、無知や誤解から生まれる~
これが上司と部下の生きる道(20)
中尾ゆうすけ(日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー)
http://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=55620




〔障害者雇用 ― 企業側の失敗事例〕

『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について』
〔2014-04-27 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-30 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/36874416.html

炎のジョブコーチ
『(就労支援)「別の人に替えてほしい・・・」』

〔2015/10/23(金) 午後 3:33〕


随分前になりますが、ジョブコーチ支援で支援先
の企業担当者から、

「ちょっと…炎さん…」

と小声で

「別の人に替えてもらえないか」

と言われたことがあります。

就労した方がなかなか課題が多く、1年経過した
後も毎月2回の支援が必要でした、
時に課題が発生した時には、担当者と話し合いや、
直接の支援など2・3日連続で入ることもありました。

「別の人と替えてほしい」

に一瞬、えっと思いましたが担当者は真顔です。
その担当者は特別な人でもなく、とてもいい方です。

よくよく考えてみると、その方は支援機関から
就労した方で、企業担当者の

「誰かいい人いたら…」

のオーダーに支援機関がエントリーした方です。
簡単な面接と実習を経て就労しました。
もちろんジョブコーチ支援付です。

企業担当者も、支援機関の推薦ならということで
安心していたのでしょう。
もし、自分が企業担当者なら、思った方と
ずいぶんと違うと感じたに違いないでしょう。
また、1年くらいなら、働いている人のダメージも
少なく、支援者もついていることだから失業
しても路頭に迷うことがないだろう…、
そんなことを考え

「別の人と替えてほしい」

と言うかもしれません。

そこには支援機関の功罪のようなものがあって、
本人がここで働きたい(働く)、そして、企業が、
この人を雇いたい、の意思決定が希薄だった
ことが問題のように感じます。

「支援機関のコーディネート」、

言葉の通りはとても良いのですが、そこには
雇う側と働く側の当事者意識を後退させて
しまう「罪」の部分があります。


真のコーディネートとは、この当事者意識を
引き出すことこそが本質であると思います。

以降、時間をかけて、事業所には、適切な
情報と雇用管理のコツを、本人にはキャリア
カウンセリングを、支援の質を変えてきました。



=======================





>そこには支援機関の功罪のようなものが
あって、本人がここで働きたい(働く)、そして、
企業が、この人を雇いたい、の意思決定が
希薄だったことが問題のように感じます。

「支援機関のコーディネート」、

言葉の通りはとても良いのですが、そこには
雇う側と働く側の当事者意識を後退させて
しまう「罪」の部分があります。


真のコーディネートとは、この当事者意識を
引き出すことこそが本質であると思います。


う~ん、確かに・・・・。
とても、考えさせられますね。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-26 22:30 | 就労後の聴覚障害者問題B

『“軍艦島上陸ツアー”での聴覚障害者拒否事件』
〔2015-05-09 18:30〕



「安全確保を理由に、身体障害者などの上陸を拒否・・・・」

一見して、やむをえない理由、
と聞こえるかもしれないが・・・・。
その理由を盾にして、本来やるべき
社会的責任をやっていない、
という見方もできる。
つまり「やろうとしないのが原因」という
“間接差別”だ。

六本木ヒルズ回転ドア事故のように、
営業利益優先の経営方針だ。

来年は障害者差別解消法が施行される年だ。
これで企業のケツに、ムチが入るのだろうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-26 19:00 | 障害者問題・差別


たまたま、社内で8:30頃、
Yさんたちと会いました。
5人ぐらいがエレベーターに乗って、
どこかへ行くらしい。
Yさんが私に気づくと、
私のところまで来てくれて

「今日は5階へ行きますか?」

と聞いてきました。
私は何のことだか、さっぱりわからないので、

「どうしてですか?」

と聞きました。

Yさんは困った顔をしていたので、
私は紙とペンを出して、筆談をお願いしました。

Yさんには書いてもらったのですが、
何を言いたいのか、
よくわからない筆談でした。
要点は多分、こうかな? と。

・今日の8:40に5階へ集合する。

・「できるだけ行くように」と全員に指示されている。

・そこで、何かある(全社参集行事とか)


何があるのか聞き返してみましたが、

「出ても出なくてもよい」

ということが強調されていたので、

「それなら、私は5階へ行ってもどうせ、
立たされているだけで、
話の内容まではわからないのですから、
行きません」

と言いました。
そうしたらYさんは

「私が上へ言っておきます」

と書きました。
それから9:00になって全員、普段の職場に
集まり、いつも通りの朝礼が始まりました。
Oさんのいつもの仕事の通達の後、
S課長が10分以上も話していたので、
いつもと違う内容だとはわかりました。

その内容を、M係長が12文字×10行ほどに
まとめあげて書いてくれたのですが、
次のような内容でした。

 ・先ほど、社長からの話があった。
 
 ・原発事故の影響で、電力不足になり、
業務が大変になった。

 ・ほぼ全部署でミスが続発していて、
会社の信用が落ちている。

 ・信頼回復のために気を引き締め、
会社全体で「非常事態宣言中」であるので、
一人ひとりが取り組んでいってほしい。

といったところです。
このことから多分、今日の8:40に社長が
5階に来て、全社員にこれを話したのだろうと
思われます。

事実ならば、Yさんの

「出ても出なくてもいい」

は、違うのではないかな、と思いました。

読者の皆さんはここまでを読んで、
このコミュニケーションをどう思うでしょうか?

私も悪い点はあると思いますけど、
筆談してくれているし、
筆談以上のことまで頼んだらもう、
相手の欠点をハッキリ指摘せざるをえなくなります。
それは、なかなか言いづらいものです。

こんなコミュニケーションよりも、
ケンカのほうがよっぽどわかりやすいのですよね。
それは日本の会社ではまずいので、
そこが悩みどころになるのですけど。

何よりも日本の会社は和を重んじるので、
それを乱される意見や言い方を嫌う傾向が
あります。

「日本人は、ろう者のストレート言葉を嫌い、
クッション言葉ばかり好む」

という話も、ろう者から聞いたことがあります。
この人たちに言わせれば、自分の意見を
ハッキリ言うことは、相手に対して失礼なの
とは違う、ということです。

ところが日本人健聴者は

「そんなショックを与えるような言い方を
してはいけない」

というのです。

日本企業の管理職以上の皆さん、
もっとコミュニケーション術を磨いて
下さいね。
でないと、外国だけでなく、聴覚障害者にも
笑われてしまいますよ。

ホントに、

「日本人はこんなに話し合いの時間を使って、
たったこれだけのコミュニケーション内容しか
できないのかよ」

と言われますよ。

それだから、いいモノをつくっていても
商談が下手だから、とインドや中国の企業に
言われちゃうんだよ。

最近、モノづくりで定評のある日本企業を
どんどん買収して、モノはメード・イン・ジャパン
なのに、インド、中国企業の販売、というケース
が増えていますよね。

コミュニケーションが未熟であることが原因で
リスクが起きたり、

(原発事故でも菅前首相が言っていましたが)

外国でのマーケット開拓でも日本製品が利用され、
日本はずいぶん損しているんだろうね。

障害者との人間関係だって、アメリカやヨーロッパ
と比べ、日本は抑圧が強いんじゃないかと思う。

だから日本は、超恩恵型障害者福祉しか
できないし、障害者も皆、それに都合よく甘え
ちゃうんだろうと思う。
そして、日本の障害者はその下で、
これからもずーっと、
ぶら下がって生きていくのだろう。
そのことを会社の人に話したら、

「日本は、障害者にやさしい国なんですね」

と言う。
いや、そういう見方もありますけど、
それはむしろ、障害者も日本もダメにする
発想なのだということに、そろそろ気づいて
ほしくて、言ったつもりなのですが。

こういう社会環境だから、日本の障害者の
権利意識も弱く、障害者運動も起きにくい
のかもしれません。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-26 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1


ハローワークに問合せを頼んだ。

「聴覚障害者ですが、応募できますか?」

と聞いてみたところ、「応募できます」との返事。

念入りに

「求人票には

『多いときは机300台、椅子900脚を2人で
設営します』

と書いてありますが、コミュニケーション方法
はどうしていますか?」

と聞いたところ、普通の音声コミュニケーション
のみだと言う。
それで

「聴覚障害者の応募は難しい」

ということになってしまった事例である。


第一生命といえば、聴覚障害者の労働問題にも詳しい、
水野映子氏が所属している企業なのだが。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/members/mizuno.html




==========================


求人票(フルタイム)(障)

紹介期限; 平成27年12月31日

求人番号; 13010-10422052


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 第一生命保険株式会社
首都圏営業本部コンサルティング営業室

所在地; 
〒100-8411
東京都千代田区有楽町1-12-1
新有楽町ビル7階

ホームページ;


就業場所;
事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

JR有楽町駅下車 徒歩1分

職種; (障)庶務


〔2.仕事の内容等〕

仕事の内容; 
メール便や書類の仕分け、発送、配布、
印刷業務、会議設営準備(机20~80台、
椅子60~200脚を1人で設営、
多いときは机300台、椅子900脚を2人で
設営します)、荷物運搬等。


雇用形態; 正社員以外 常勤嘱託

雇用期間; 雇用期間の定めあり
平成27年11月1日~平成28年3月31日
契約更新の可能性有り(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金; 161.800円
(基本給・月額換算・月平均労働日数20.5日)

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限あり) 毎月5万円まで
マイカー通勤不可

昇給; あり
(ベースアップ込みの前年度実績
 月あたり 400円~1000円)

賞与; あり
(前年度実績 年2回 9万円~14万円)

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生 財形

退職金制度; あり(勤続1年以上)

就業時間; 9:00~17:00

就業時間に関する特記事項;

時間外; あり 月平均10時間

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 有給休暇は入社時に付与。
日数は入社月により異なる。
(例 8月入社…12日
9月入社…11日
10月入社…9日)

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日


求人条件特記事項;
実労働時間は7時間。
出退勤時間は応相談。
※公共交通機関を利用して自力で通勤できる方。
※契約更新は1年毎の年度更新。

・建物内車椅子移動; 不可
・出入口ドア; 開き戸
・出入口段差; 有(スロープ有り)
・エレベーター;有
・トイレ; 洋式
・階段手すり; 無


〔4.会社の情報〕

定年制; あり(一律65歳)   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児休業取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; なし

年間休日数; 120日 

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤 2人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①履歴書(写真貼付)
②職務経歴書  ③ハローワーク紹介状
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 21日後 (書類到着後7日程度)

結果の通知方法; 郵送、電話

試用期間; なし


〔備考〕

事前連絡の上、応募書類を所在地あて送付して下さい。
障害種別、等級を応募書類に記入するか、
または障害者手帳の写し(障害がわかる部分のみで可)
を同封して下さい。


担当者;
総務・斉藤紀子



==========================






ハローワーク職員によると、
10月19日時点で、
9-9-0
(応募者9名中、9名が選考中、採用者は0名)
という状況だという。
受付年月日が10月8日なので、まだ新しく、
これからさらに応募者が集まる、と思われる。
好条件なので、今人気が集まっている求人だ。
しかし、聴覚障害者は残念ながら、会社の意向により、
応募できない。
その分、他の障害者が有利になる。
本人のやる気や能力よりも、障害の種類で
決まってしまう事例だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-21 22:03 | 就職活動・離職

ハローワークでの問合せで

「聴覚障害者は難しいので、応募できない」

と言われた会社の実例である。
ここは、聴覚以外の障害者が多数、働いているようだ。



==========================


求人票(パートタイム)(障)

紹介期限; 平成27年12月31日

求人番号; 13040-95558351


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 株式会社ボイス 東京支社

所在地; 
〒108-0023
東京都港区芝浦3-16-1
中野興産ビル6階

ホームページ;


就業場所; 転勤の可能性なし
〒169-0075
東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学東京キャンパス校舎

丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩2分

職種; (障)清掃/茗荷谷駅  請負


〔2.仕事の内容等〕

仕事の内容; 
【障がい者専用求人】
ほうきやモップを使いキャンパス内の清掃を
していただきます。
私たちは、清掃を通じさまざまな角度から
社会に貢献し、お客様が快適にお買いもの
できる環境を提供することが私たちの仕事
です。
掃き清掃、拭き清掃など基本となる清掃を
行います。
綺麗にしているとお客様から感謝のお言葉
を頂くことがあります。
決して目立つ仕事ではありませんが、人の
ために働くというのは充実感があります。
未経験者も大歓迎、入社した際にはしっかり
研修いたします。
ぜひご応募下さい。


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めなし

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 清掃作業監督者ある方優遇

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金; 980円~1020円(基本給・時間換算額)

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり) 毎月2万円まで
マイカー通勤不可

昇給; あり
(ベースアップ込みの前年度実績
時間あたり 0円~14円)

賞与; あり
(前年度実績 年2回 計1.00月分)

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 7:00~15:00

就業時間に関する特記事項;

時間外; なし

休憩時間; 90分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; ローテーション

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日


求人条件特記事項;

【設備状況】
・エレベーター; 有      ・建物段差; 有
・障害者用トイレ; 有     ・洋式トイレ; 有
・建物内車椅子移動; 可  ・階段手すり; 有
・玄関ドア; 自動

*採用時保証人が2名必要。

*各種保険・有給休暇は就業時間・日数に
応じて法定通り。

〔4.会社の情報〕

定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児休業取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週5日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤 1人

選考方法; 面接

応募書類; ①履歴書(写真貼付)
②ハローワーク紹介状
選考後は返却

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 電話

試用期間; あり 3か月(労働条件変更なし)


〔備考〕

応募書類に手帳(障害種別)の種類、
等級を記入するか又は障害者手帳の
コピー(障害がわかる部分のみ)を
持参してください。

弊社に入社される方の多くは未経験者
です。
現場で働いている人たちもパートの人たち
であり、その人たちがボイスの顔として
働いています。
それが弊社の自慢でもあります。
一緒に働いてみませんか。
面接しますので、まずはお電話にて
ご応募下さい。


担当者;
事務課・江藤智子



==========================





ハローワーク職員によると、
10月19日時点で、
1-1-0
(応募者1名中、1名が選考中、採用者は0名)
という状況だという。
受付年月日が10月6日なので、まだ新しく、
これから応募者が集まる、と思われる。
全員面接を受けることが可能だが、
聴覚障害者は残念ながら、会社の意向により、
応募できない。

しかし、清掃業務に就かせている会社も、中にはある。
例えば、下の会社の場合である。



『聴覚障害者雇用の成功事例
 - 株式会社エルアイ武田』
〔2015-05-06 19:00〕



エルアイ武田の場合は、親会社などへの出向業務
だから、問題ないのだろう。

しかしボイスの場合は、外部の、一般企業様からの
受託業務なので、聞こえない人は遣えない、
というわけだ。





【追記】

コンサルタント会社を経営されているHさんと、
次のような話をしたことがある。


私;
「私は聴覚障害者なのですが、就職がいつも
大変でした。
今日もハローワークへ行って、この2社

株式会社ボイス 東京支社
第一生命保険株式会社 首都圏営業本部
コンサルティング営業室


に問合せをしてみました。
しかし、やはり『聴覚障害者は応募不可』と
言われてしまいました。
そういうことがよくあるので、Hさんにこういう
問題があることも知っていただきたく、最初の
手紙
でも書いていました。
聴覚障害者は、仕事は出来るはずなのですが、
コミュニケーションが問題になります」

Hさん;
「コミュニケーションですね。
そこを、どうクリアするか・・・・。
会社に、取り組む姿勢があるかどうか。
スタンスが大切ですね。
今、職場(店舗)でも聴覚障害者は、あなた一人
ですよね。
それだと、難しいでしょう」

私;
「はい、そこが悩みでもあります」

Hさん;
「障害者で8割やる、というようなことが必要
でしょう。
ブリジストン・チャレンジドはそうです」

私;
「・・・・」
(と言うと、やはり特例子会社設立?)

Hさん;
「あなたがいる会社はサービス業。
障害者だけでホール全てをやるのは無理です。
コミュニケーションが必要だから。
お客様とのやりとりもありますから。
お客様と接しない仕事、職場なら良い。
接客、サービス業は難しい。
私にも体験したかもしれないことがあります。
駐車場で掃除の人に声を掛けたが、返事がない。
聴覚障害者だったか、知らないので、イメージが
とても悪くなります。
バックヤードの仕事がいいかと」

私;
「私も、最初はホールに出て掃除をしていましたが、
マネージャーに言われて、事務所・バックヤード内
だけになってしまいました」

Hさん;
「それはそうでしょう。
お客様には分からないので、
(音声コミュニケーションで)返答がないと、
うまくいきません」






Hさん;
「挨拶を、お客様にも、したほうがいいですよ。
あなたの価値が上がります。
スタッフナンバーワンはやっていますか?」

私;
「はい。
ですが私は、そのスタッフ票に投票する資格
がありません」

Hさん;
「ここに、あなたの名前が載るとよいです。
掃除の人の挨拶は、印象が良いはずです。
今までに、名前を書かれたことはありますか?」

私;
「今はホールに出ることも禁止になっていますので、
票を獲得することが無くなりました。
でも最初の頃、ホールに出て清掃をして、
それで2票頂いたことがありました」

Hさん;
「ホールで挨拶が出来るといいが」

私;
「多分、マネージャーは、私が聴覚障害者なので、
ホールに出るとお客様から聞こえないために
色々と勘違いされるなど、心配したからだと
思います」

Hさん;
「そうですね。
私も勘違いしたことがありました」
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-21 21:16 | 就職活動・離職

障害者雇用 - 逆差別の根底にあるもの
憎悪と復讐心


私にとって、障害者雇用(職場内障害者
授産施設)というのは、例えてみると、
誰もいない海岸の砂浜に、たった一人で
放り出されて、

「最低賃金だけは払ってやるから、
そこで5時まで、砂を一粒ずつ拾い集めて
いろ」

と言われて、働かされているようなものだ。

勿論、そんな立場になっていても、自由はある。
例えばだが、仕事を真面目にやるも、やらない
のも自由だ。
全然やらなかったら、クビになる可能性だって
有りうるが、そうではなく、そこそこに適当にやり、
時間になったら帰る、というのなら、あまり文句
は言われないだろう。
一匹狼でいられるのだから、それは十分に
可能だ。
障害者雇用で働く障害者には、
わりといるかもしれない。
ともかく、障害者にも自由意志を使う道は
残されている。

命令する側の人間からすれば障害者など、
「どうでもいい」ようにしか、扱っていない。
しかし、命令を受ける側には、幾ら会社から
給料をもらっているとはいえ、その仕事を
やる意味を理解することは難しい。
そればかりか、耐え難い精神的苦痛になる
ことが、少なくはないのだ。
そこから生まれてくるものは、健常者への
底知れぬ憎悪心と、復讐心なのだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-16 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151015-00000007-jnn-bus_all


消費税の軽減税率導入、
麻生大臣
「財務省は本当は反対」

TBS系(JNN) 10月15日(木)6時8分配信

 消費税の軽減税率の導入について、麻生財務大臣は

「財務省は本当は反対だ」

と述べました。

 「言っておきますけど、財務省は反対ですよ、本当は。
やれやれ、って人が多いんだもん。
だから問題なんだ。
面倒くさい、ってみんな言っているよ」
(麻生太郎 財務相)

 麻生財務大臣は札幌市内の講演で、消費税を10%
に増税する際に軽減税率を導入することについて、

「財務省は本当は反対だ」

と述べました。

 また、軽減税率に欠かせないとされるインボイス=
税額票の導入に中小の事業者が反対していることに
関連して、

「公明党さん、そちらの責任でやってくれるんでしょうね、
俺たちに押しつけないで下さいよ、としつこく言っている」

と発言。

 さらに税率を

「安くした分財源が減りますから、
その分だけ福祉に回る金が減りますから」

とも指摘しました。
(14日22:25)

最終更新:10月15日(木)7時20分




=========================




国連・障害者権利条約の「合理的配慮」
についての議論でも、こう言われていた。

「財源をどうするかが問題」

だと。

法律はできても

「財源がないから、できません」

になってしまう可能性は高い。
やはり、『障害者の経済学』の出番だと思う。
これまでの障害者雇用を変えていくことも
必要だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-15 19:30 | 社会