<   2015年 06月 ( 55 )   > この月の画像一覧


「心の病」で労災認定497人、過去最多

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150626-00000007-jnn-soci


「心の病」で
労災認定497人、
過去最多


TBS系(JNN) 6月26日(金)5時5分配信


 過労や仕事上のストレスでうつ病など「心の病」となり、
労災と認定された人が、2014年度、497人にのぼり、
過去最多となったことがわかりました。

 厚生労働省によりますと、2014年度に、過労や仕事
上のストレスで精神的な病気となり、労災認定された人
は497人で、前の年度に比べ61人増えました。

 このうち、自殺に追い込まれた人は、未遂を含めて
99人でした。
労災認定と自殺のいずれも過去最多となっています。

 精神的な病気となった要因としては、

「悲惨な事故や災害の体験」

が最も多く、次いで

「嫌がらせ、いじめ」、

「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」

などとなっています。

(25日18:36)

最終更新:6月26日(金)6時54分



==========================




要因の二番目に「嫌がらせ、いじめ」とは、
驚いた。
三番目も労働環境に関わる要因だ。

安倍政権は景気回復や女性参加を促進させる
ことばかり考えていないで、労働環境を改善
することにも力を注いでほしいと思う。

直接的な「いじめ」ではなくとも、職場内に「差別」
はたくさんある。
日本は、国連・障害者権利条約も守っていない。

女性や障害者を会社に詰め込んで、
税金を取ることだけが安倍政権の経済政策なのか。

それでは企業への献金(助成金)も、やめられない
だろう。
しかし、税金でそんなことをやっていて、いつまでも
国民の理解は得られるのだろうか?




『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について 』
〔2014-04-27 18:30〕




『料理人志望の聴覚障害者の現実』
〔2012-06-18 20:36〕

[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-26 19:00 | 人権、差別

会社の朝礼でさせられる「聞いているフリ」の辛さ



20■■年■月■日

いつもの9:00の朝礼に、見慣れない男の人が、
15分くらいも何か話していました。

でも相変わらず会社側の配慮が欠けており、
誰なのかもさっぱりわかりませんでした。

ただ、Oさん、Yさん、それにS課長もいたので、
これはきっと、大事な話だと思いました。

それでも、この男の人は、
私が聴覚障害者だということは知らされていない
かもしれません。

あるいは

「あいつはどうせ聞こえないからしょうがない」

「あいつのことはほっとけばよい」

と伝えていたかもしれません。

どちらにせよ、私はいつも通り

「そのまま聞いているふりをしていればよい」

ということになるだろう。

私は会社に立ってる「案山子(かかし)」なのだ。
あるいは「透明人間」なのだ。

よくあるのが

「わからないことがあったら聞いて下さい」

ということ。

一見したところ親切な言葉ではあるのだが、
無責任にもほどがあるだろう。

健聴者にとって、こんなに便利で都合のいい、
合理的配慮からの「言い逃れになる言葉」は
ありません。

果たして、その一言で本当に
「合理的配慮」をしたことになるのだろうか?
どうせ国連・障害者権利条約なんか、
すぐに丸潰れです。

「わからないことがあったら聞いて下さい」

と言われても、元から何も聞こえないのだから

「何をどう聞いたらよいのかもわからない」

というのが、こちらの本音なのです。

この状況で「自分で聞け」と言われても、
無理なのです。
皆に話し終わった後、担当者に毎日毎日
聞かなくてはならない。
それに、聞いたら聞いたで、この人たちは
どうせまた、まともに書かずに決まっている
のです。
どういう伝え方をしたらよいか、
この人たちには幾ら言ってもわからないの
だから。

思えば私は、子供のころから「聞いているふり」
をして、その後取り返しがつかないことに
なりました。
これは自分が招いた失敗だったのですが、
今さらどうしようもないことでした。

コロッケさんの話の通りで、
言ってみたところでどうにか変わるわけでも
ありませんでした。(※)

(※)当ブログ

  『ものまねタレントのコロッケさんも、難聴(2)』
  〔2011-09-10 23:50〕


参照。



こんなことをしたために、周囲の大人は皆、
私は本当は聞こえないが

「聞こえている」

と思い込んでしまっていたのです。
今思えば、本当に取り返しの付かない失敗でした。

一体なぜ、聞こえるフリをしている聴覚障害者は
褒められるのか。

聞こえないと正直に言ったら、なぜ皆は迷惑なの
だろうか。
聞こえないとわかっていて雇用しているのに、
会社はなぜ理解がないのだろうか。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-26 18:30 | Z1.クレジットカード会社

聴覚障害者が読み取れないコミュニケーション

2015年6月24日(水)

遅番の出勤前に、いつも何か食べている
人がいる。

Yさんという女性なのだが、Yさんは
前からオニギリを食べながら、私に話しかける
癖がある。

勿論、私が聴覚障害者だということは
知っている。
私が自分でつくった名札にも、「聴覚障害者」
であることを明記している。

それにもかかわらず、Yさんはよく、
オニギリを食べながら話しかけてくる。

私にしてみれば、口型が読みにくくなるばかり
ではなく、補聴器でも聞き取りづらくなる。
音声でも、ここまで崩れた言葉になると、
私の得意とする推測力でもってしても、
言葉を読み取るのが難しくなってしまう。
しかし、それでも健聴者は、言葉がわかるの
だろうか。

「健聴者の耳はやっぱり、すごいなぁ」

と感心してしまう。

しかし、反対に自分はやっぱり、劣等感を
感じてしまう。
そして、こんな障害者に生まれてきたことを
後悔する。

「聴覚障害者に向かって食べながら話すのは、
なるべくやめてほしい」

ものだと思う聴覚障害者は、私だけだろうか。





〔参考記事〕

『口話で聴覚障害者に伝える時の注意点』
〔2014-08-05 18:30〕

[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-24 23:41 | コミュニケーション能力

就労後の聴覚障害者問題F

就労後の聴覚障害者問題F
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-24 18:30 | F.最大手パチンコ店

第8回 ハミッツ楽筆展

西武新宿駅そばにある、
JR線橋の下を通るトンネルに、
書道展が開かれている。
その名は『ハミッツ楽筆展』。
8回目で、最高齢者は99才なのだという。

下の作品の筆者は86才の青木邦江さん。

a0196876_20315676.jpg


「認め合い、信じ合い、あたたかい心で
余生の道を歩きましょう」

という言葉も添えている。

これだけ偏屈になった、聴覚障害者の心にも響く
言葉には、感服するばかりだ。
このような境地に至るのは、誠の幸せなのかな。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-23 20:56 | 雑談

就労後の聴覚障害者問題F

就労後の聴覚障害者問題F
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-23 18:30 | F.最大手パチンコ店

Eテレ『バリバラ』 テーマ;「親子」 親子関係の悩み




6月14日(日) 夜7:00~
再放送 6月19日(金)0:00~(木曜深夜)
Eテレ『バリバラ』
テーマ;「親子」 親子関係の悩み





知的障害を持つTさんに、お父さんは将来を
心配して

「今の仕事を続けるより、介護の資格を取って、
専門分野で働くべし」

というアドバイスを押しつけようとする。

お母さんは

「まあいいじゃないの。
本人は満足しているのだから」

という感じだ。

当のTさんは、今の仕事を楽しんでいるようだ。
そして、バリバラ・レギュラー陣も、
Tさんを後押しするような発言が多かった。

しかし、普段は夢を熱く語るほうの私でさえも

「だが、ちょっと待て」

と言いたくなった。

自分の人生だから、どう生きようとその人の自由だ。
だが世の中、そんなに甘くはないよ。
Tさんもやはり障害者枠雇用で、
大手スーパーマーケットでの1年契約の契約社員だ。
これは必ず、将来は「雇い止め」になる可能性が
濃厚だろう。
今は健常者でさえ、そうなのだから。

職場には必ず『就業規則』があるから、
まずはそれで確かめてみることだ。
「契約社員」の規程はどうなっているか。

私の会社の場合も

「契約社員の最長雇用契約期間は、
3年までとする」

と書かれている。
それ以上雇ってもらえるかどうかは、
誰にもわからないのだ。

というより、助成金のつく高齢者や障害者の場合は、
かなりの高確率で、助成金が切れたらそれで終わり、
というケースが目立つのだ。
つまり、使い捨てだ。

Tさんはまだ18歳だから、それを知らないだろう。
だからあんなにのん気なことを言っていられる。
バリバラ陣もしかり、だ。
だから、お父さんの言うことも無視しないほうがいい。

確かに、人は皆、夢について考えるほうが幸せで、
リストラになることなど考えたくもないに決まっている。
だから若いTさんには、なおさらお父さんの考え方
には、反発したくなるものだ。
しかし、Tさんの障害は、そんなに重くはなさそう
なので、資格を取れば、その専門分野に就労できる
可能性が高そうだ。
誰にでも出来る仕事と違い、専門分野だと、
リストラされにくくなることはありえる。
仮に資格とは関係のない職種に応募することに
なっても、資格を取った実力は評価する企業も
あるものだ。
就職活動の有利材料になることは間違いない。

そういう意味で、お父さんは資格を生かせる職種を
勧めたのではないだろうか。

勿論、そこでも安心という事はないだろうが、
少なくともスーパーマーケット勤務よりは安定すると
思う。

介護職は、障害者枠雇用となれば、誰にでもできる
仕事ではない。
聴覚障害者は優秀な人も多いが、コミュニケーション
問題でダメだと言われる。
肢体障害者も難しいだろう。
つまり、障害者雇用枠では自然とライバルが減っていく。
だからTさんにはかなり有利だと思われるのである。
それを、お父さんはわかっているのではないだろうか。

お父さんは、ただ自分の考えを押し付けたくて、
言っているのではないと思う。
本当ならば、息子には息子の自由に生きさせてやりたい
と思っているはずだ。
だが、酸っぱく言うのは、会社というものを知っている
からだろう。
勿論、この世の中は、会社だけが全てではないのだが・・・。

残念ながら、若い人には、それも簡単には分かるもの
ではないことだろう。
そういうものだ。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-21 06:52 | Eテレ『バリバラ』

障害者と健常者にある、社員教育の差



6月11日からのシフトでは、
約半分は11時出勤に変わった。
11時出勤になってからは、
私は朝礼も終礼も無くなった。

接客の人は、たとえ一人出勤の場合でも
コーチが付いて、朝礼と終礼をやっている。
健常者と障害者の社員教育の差が
現れている。
健常者は研修もあるし、講習も随時行われている。
今月は、風俗営業の法律に関する講習だった。

また新人教育にも熱心で、マンツーマン教育が
数日にも及んでいる。
最近はYOSさんという新人がいて、TOMコーチが
つきっきりで指導している。
今日はMURさんという外国人に、SASさんがコーチ
として付いていた。

私の時は、SIRさんが1日だけだったので、
ほとんど教育らしいものは受けていない。
やはりここでも、障害者は軽視されているようだ。

ハローワークでは今、SIN店、KAB店も、
それぞれ2名ずつの障害者枠募集をしていた。
仕事内容も同じだった。
STビル店は募集していなかった。
だから、ここでの障害者は今後もずっと、
私一人ということになる。
「2人募集」というのは、本当はウソなのかもしれない。
大型店のSTビル店でさえ1人しか採らなかったの
だから、それより小規模な店舗がフルタイムで2人は
採れないと思う。
STビル店だって、最初は2人募集だったのだ。
それが、実際は1人しか採らなかった。
しかし、あれだけ時間をかけて教育をしているのに、
誰もトイレの使用後は、電灯を消していなかった。
今日の11時出勤後、最初の仕事は事務所のトイレ
清掃だったのだが、トイレは3室全て、電灯を消し
忘れていたのだった。
こんな基本的なことがまだできていないなんて、
信じられるだろうか。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-20 19:04 | F.最大手パチンコ店

就労後の聴覚障害者問題F

就労後の聴覚障害者問題F
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-19 18:30 | F.最大手パチンコ店

就労後の聴覚障害者問題F


2015年6月18日(木)
今日は公休日だったので、池袋へ行ってみた。Mと、ライバル店の『Y』だ。
まずM池袋店だが、もう建設・オープンしてから20年ほど経っている店なので、当然古くなっている。経年劣化は確かに仕方がない。しかし、気になる点もあった。午後1時過ぎの視察だったが、清掃員を一人も見かけなかった。トイレを見ると、便器と水道水の配管はピカピカにきれいだった。しかし、床がきれではない。汚れはなかったが、人の出入が激しいためか、ホコリやトイレットペーパーの小片が散っていた。
また、使われていないスペースの上を指で触ってみると、黒くなった。拭いていない箇所があるからだ。
古いので、どうやってもこれ以上は、きれいにはならないと思った。よほど特殊な洗剤を使って、特別な清掃作業を行わない限り、蘇りそうもない。パチンコのドル箱も当然古く、ピカピカではない。スロットコーナーのドル箱は指紋だらけのようで、きれいではなかった。「もう古いから」で済ますのではなくて、これも特殊な洗剤で念入りに、毎日50箱ずつでも清掃し、ピカピカに蘇らせることはできないものだろうか? と思った。
なぜなら、そうした驚きの印象を客に与えることが出来てこそ、エンターテイメントの世界を演出する仕事だと思うからである。清掃員も見かけなかったし、人手不足なのかもしれない。スーパースター投票用紙のある場所を見ると、清掃員は男性2名の他、女性も3名ほど在籍しているらしい。

『Y』のほうは、ドル箱がまだきれいだった。M池袋店よりもずっと、歴史の古い店だが、リニューアルなどされているから、ドル箱はきれいなのかもしれない。しかし、カウンターやゴミ箱の上などは全く拭いていないのがわかるほど、ホコリがひどかった。年配の清掃員がいたが、目配りがダメなので、清掃が行き届いていなかった。清掃員への教育は、Mのほうがいいようだ。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-06-18 18:30 | F.最大手パチンコ店
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line