<   2015年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

マネージャーの回答


2015年5月31日(日)

5月31日(日)の午後15時30分から、
SUマネージャーに呼ばれて、
メール(『改善要望書』※)の件の回答を頂いた。

大雑把に書くと、次の通り。



『『改善要望書』』
〔2015-05-30 18:30〕




=========================


SUマネージャー;
「この度は、ご意見等をお寄せいただき、
ありがとうございます。
お尋ねの件について順番に回答させて
いただきます。

まず(1)の件ですが、文中には

「所詮、パチンコ屋の店員はそこまで
(『蛙の子は蛙』の意味)なのだな。」

とあります。
これはどういった意味なのでしょうか?
こちらには理解しかねますので、
ご説明をお願いいたします」


私;
「パチンコ屋というのは、昔は今ほどの
環境ではなかったのです。
ですから、昔に比べれば良くなったことには
違いありません。
●●●●は良いほうだと思っています。

ですが、それにしても、今回は事務所内の
ゴミ箱の件を話していますが、
それを見ても(外見は)非常にきれいですよね。

確かに、見た目は素晴らしいと思います。
でも、そのゴミ箱の中まで毎日見て、
ゴミの分別をしている私から見れば、
中身がどういうふうなのかわかるのです。
幾ら表面的にきれいにしていても、
あれではガッカリします。
その『ガッカリ』という意味で

『所詮、こんなものだ』

という言葉を使いました」


マネージャー;
「よくわかりました。
しかし、一昨日のこともありましたが、
言葉をもう少し選んで使っていただきたいと
思いますが。
あなたが私たちと一緒に働きたいという
気持ちがあるならば。

正直、今回のご要望は有難いと思う反面、
このような言葉は私には、とても受け入れられない、
という気持ちもあります。

私は、あなたと同じスタッフとして一緒に
働いていると思っております。
なのに、このような書き方をされるのでは・・・。

このような文面を読むと、あなたはまるで外の人間
として書いて(言って)いるように思えてしまいます。
あなたは今後、どうしたいのでしょうか?
今後も、ここで働きたいと思っていますか?」


私;
「今回の要望書にある件は、一昨日のことは関係
ありません。
私は、今後もずっとここで働き続けたいと思っています。
だからこそ、私は今の程度で満足などしていません。
我慢するだけでは、それっきりだと思います。
最初は、SAマネージャーに言われて『一日シート』に
自分の意見を記入していました。
でもあれは、約半数ぐらいの人しか読んでいないよう
ですね。
しかも、読まれた人にも軽く流されてしまっているように
思えます。

ゴミ分別の問題は、もはや私だけが繰り返し言い続けて
いても、あまり効果は期待できそうにありません。

言い方がきつ過ぎたのは申し訳ありませんでしたが、
もう正直に言わなければ伝わらないのではないか、
と思っていました」


マネージャー;
「あなたが今後もここで働き続けたい、と思っている
気持ちはわかりました。
ただそれには、周囲の人とのコミュニケーションの
取り方にも、もっと気遣ってほしい。

今のスタッフの約半数はここに来てまだ2カ月の
アルバイトなので、(ゴミ分別のマナー面についても)
わかっていない人が多い。
その点を理解して、もう少し待ってあげていてほしい」


私;
「まだ2カ月ですか・・・・。
それは知りませんでした。
忍耐心を持って、もう少し見守っていてほしい、
ということですね」


マネージャー;
「(うなづく)
次に(2)の件ですが、平日の明日にならないと、
わかりません。
なぜなら、人事部にも確認する必要があるから。
ズボンはどうするつもりだったのか、
私もまだ知らないので」


私;
「わかりました。
今度はちゃんと対応してくれますよね?」


マネージャー;
「はい。
今後はSAマネージャー、SIRさんやOさんでもなく、
私がやります。
もう少し待っていて下さい」


私;
「わかりました」


マネージャー;
「(3)の件ですが、これも今後は私が発注しますので、
私に言って下さい。
もしくは、クラークのSさんに言って下さい。
発注して欲しいものがあれば、今後は紙に書いて
渡してほしいのですが・・・。
それから、この『改善要望書』にある文中の

「「ところがマルハン店舗では要するに

『障害者がやる仕事に使うものだから、後回しでいい』

と思っている。
やはり皆、そういう感覚だと思います。」

という部分ですが、そうは考えておりません」


私;
「今までSIRさんやOさんにも言ってみて、
ダメだったので、紙にも書いてOさんに渡しました。
その紙は、誰か引き継いでいますか?」


マネージャー;
「・・・・いえ・・・・」


私;
「そのような状態だったので、今回のような要望書に
変えたのです」


マネージャー;
「わかりました。
では最後の(4)の件ですが、これは清掃業者さんとの
話し合いによって、用意するゴミ袋を決めてきたので、
改めて話し合った上で検討させていただきます」


私;
「わかりました。
あと、毎朝の開店前抽選で、外にゴミ箱を置いて
いませんか?」


マネージャー;
「置いていますよ」


私;
「そのことでもあるのですが、そのゴミ箱は分別ではなく、
缶も燃えるゴミも全部一緒に入れてしまっていますよね。
それをゴミ袋ごと、事務所のゴミ箱へ分別せず投入して
いる人がいるんですよ。

たったあれだけのゴミに、90リットルのゴミ袋を使って、
袋ごと直ぐに捨ててしまうのは勿体ないですよね。
時間がなくてどうしても分別することも無理ならば、
私に一言言ってほしい。
黙ってあんなことをされると、不快ですし、
誤解を招きますよ」


マネージャー;
「そうですね。
今後は、そうします」


私;
「では、よろしくお願いいたします。

『改善要望書』等で表現がきつかった点などは、
ここでお詫び致します。
すみませんでした。」




=========================





>「今のスタッフの約半数はここに来てまだ2カ月の
アルバイトなので、(ゴミ分別のマナー面についても)
わかっていない人が多い。
その点を理解して、もう少し待ってあげていてほしい」



まさか、マネージャーの口から、こんな言い訳が
出てくるとは思わなかった。
自分が出したゴミの分別なんて、
社会人として基本的なマナーだろう。
それができない若者に『待ってあげて』を、
私のほうが後輩とはいえ、
年長者に対して言えることだろうか。
少なくとも昔ならば、あり得ないことだった。

このようなかばい方は決して、若い人の今後の
ためにもならない、と私は思っなのだが。

時代が変わり、コミュニケーションや指導法も
変わったものだな、と感じた。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-31 18:00 | F.最大手パチンコ店

就労後の聴覚障害者問題F

2015年5月30日(土)
『改善要望書』

宛先; ×××@×××co.jp(店舗宛)
CC ; ???@▲▲▲(本部宛)

件名; 『改善要望書』

2015年5月30日付けメール

●●●● S店
 各マネージャー殿


『改善要望書』

いつもお世話になっております。
入社してもうじき1ヵ月になろうとしていますが、
困った事などがありますので、
メールで伝えさせていただきます。
口頭では繰り返し伝えていた件もあります。




(1)ゴミの話

事務所内はきれいに整理整頓されていました。
ゴミも落ちていないし、クリーンな状態が保たれて
いました。
よく見ると、ゴミ箱は4つもあり、ゴミの分別表や、
ゴミ袋のコストまで掲示してありました。
そのような取り組みは、とても素晴らしい所だと
思いました。

しかし、そこでゴミ箱のゴミを処分する仕事を
している障害者は、真実を知っていました。
そして、こう思いました。

「幾らきれいに見せかけていても、所詮、
ハードとソフトは別。
ゴミ箱がこんなにきちんと揃っていても、
従業員が分別しないのなら、何のために
買い揃えたのだろうか。

『どうせ障害者がやってくれるのだから、
ここまでやればいいだろう』

と思っているのだろう。

ここの従業員の人格レベルを疑いたくなる
ような現実だ。
所詮、パチンコ屋の店員はそこまで
(『蛙の子は蛙』の意味)なのだな。」

会社の言葉には「クリーンマインド」というのが
あり、そこには次のように書かれています。

「目的
●●●●という職場と自分の心を磨き、
一流の個人・職場・企業風土を創造すること」

読んでわかるように、それは従業員一人ひとりが
到達すべき人格レベルを表す言葉でもあるよう
ですが・・・。



(2)制服(作業服)の話

制服のサイズについては、入社前面接があった
4月10日(金)に確認しています。
その時に店舗のMマネージャー、Sさん、
人事のHさんが同席していて、ズボンのウエスト
サイズを最初から「100センチ希望」と伝えて
ありました。

ところが入社日の5月11日、Sさんが手配した
のは95センチでした。
股下も長過ぎていました。

仕方なく、我慢して使用してみましたが、やはり
きつ過ぎて

「このままずっと我慢は辛いので、100センチを下さい。
股下は自己負担で洋服直しにやってもらいます」

と伝えました。

その後、「来週に来る」「今週中に来る」と次々と変わり、
結局来ないままです。

いつ頃までに来るとかの話もなくなりました。

一体、どうなっているのでしょうか。


(3)発注依頼した件が、全く無視されている

発注者が誰なのか明確に決め、責任を負わせて
いるでしょうか?
最初に清掃に必要な道具類として、モップ1本の発注を
SIRさんにお願いしました。
ホール清掃スタッフが使用するモップはあるのに、
障害者にはモップ1本すら与えないとは、どういうことで
しょうか?

初めは雑巾を使い、手作業で拭いていましたし、
今もそれを続けて清掃している箇所もあります。
ですが、A階、B階の廊下は広いので、それを度々続ける
のはかなりの重労働です。
モップも近いうちに来ると話があったにもかかわらず、
いつまで待っても来ないので、廊下の清掃は掃くだけに
しています。

そのうちにSさんとは会う機会も話す機会もなくなって
きたので、Sマネージャーに相談したこともあります。

すると、SIマネージャーは「Oさんに頼んで」と
言うので、Oさんに依頼しました。
しかしOさんもはっきりとしません。
5月29日(金)にも

「この前、頼んだ物はいつ来るのですか?」

と聞きました。
Oさんは「確認してみます」と言ったきりで、
また忘れてしまいました。

いわゆる「たらい回し」というやつでしょう。

「このような対応が蔓延している職場では、
この先も大丈夫なわけがない」

と思いました。

よその会社の庶務課だったら、こんなことは
ありえません。

「5月×日(金)までに来る予定です」

などと報告して来るのが当たり前だし、
そうしなかったら業務に支障が出てしまうことも
あります。
もし、予定に間に合わないとなれば、その都度、
報告してきます。

ところが●●●●店舗では要するに

「障害者がやる仕事に使うものだから、後回しでいい」

と思っている。
やはり皆、そういう感覚だと思います。

やはり、このエピソードからも

「ハード面は素晴らしいが、ソフト面は弱いな」

と感じました。

現在の発注担当者は、Sさん、Oさんのようですが、
責任を持ってやる気持ちがない人に任命しても、
意味がありません。
実際本人たちは、やる気がないようです。
勿論、これは清掃する人にも伝わり、業務の質も下がります。
部下にとっても迷惑です。
今後はもっと適切な人に変更することを強く望みます。


(4)ゴミ袋に70リットル袋も用意する案

ゴミ袋の種類は下記の通りです。


【ゴミ袋の単価】

●不燃ごみ袋(青色) 一枚
45リットル …190円
70リットル …300円
90リットル …380円

●可燃ごみ袋(黄色) 一枚
45リットル …240円
70リットル …380円
90リットル …500円

●リサイクルゴミ袋(半透明) 一枚
市販ゴミ袋 90リットル …?円


しかし実際は全種類で90リットルしか用意されて
いません。
なぜでしょうか?
なぜ一番高い90リットルしか発注しないのでしょうか?
一杯に入れない場合でも、90リットル袋に入れて
捨ててしまっています。
なぜなら、食べ物等、臭いの付いた袋で何日も置くことは
できないからです。
彼らはなぜ、こんなに簡単なことがわからないのでしょうか?
ゴミ袋を無駄にしている責任は、彼らにもあります。

先日、ホール清掃員にも聞いてみたところ

「私たちは知らないから」

と言うだけだったので、ゴミ袋には種類があり、
単価も違うことを伝えました。

すると

「90リットルだけでは無駄が出る場合もあること」

「持ち上げる時に重い」

「ゴミによっては、たくさん入れると破れる心配がある」

などの理由で「70リットルが欲しい」という要望が
ありました。

確かに、高齢者女性が多いので、90リットルを置いて
いても、その中にゴミを一杯に入れるとは限りません。
タバコの吸殻は重いので、入れても2個までです。
それで90リットルでは無駄な使用ということになると
思います。
1個しかない時でも、90リットルの袋(一番高い黄色袋です)
に入れなければならないのがルールになって
しまいます。

場合によっては、無駄が出るのは当然ですが、
社員はなぜ、もっと考えないのでしょうか?

今後は70リットルも置くようにして、使い分けられる
ようにすればよいのではないでしょうか?




以上、4点について、今度はどうぞ真剣にお考え下さい。



■■



===========================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-30 18:30 | F.最大手パチンコ店

課長の聴覚障害者に対する職域差別



当ブログの読者には、「職域差別」と言っても、
あまりピンとこないと思うので、この際、
具体的な仕事内容についても書くことにします。


20■■年■月■日

カード会社の

『預金口座振替依頼書・収納代行依頼書
・自動払込利用申込書』

を送り先(銀行等)へ仕分けする作業では、
私も皆と一緒にやることになっています。

仕分けした後に、最終確認し、それから封筒に
封入し、発送する仕事があります。
この部分が、聴覚障害者にはやらせられない
仕事となっています。

具体的にこの作業はどういうものかというと、
仕分はほぼ毎日行っており、仕分けられたものを
同じ送り先へまとめた後、数を確認します。
そして、コンピュータのデータとも一致しているか
確認した後、OKなら封筒の中に入れる、
という作業までです。

これはまだ最終チェックではなくて、封筒の口を
閉める前に、正社員がもう一度確認することに
なっています。

申込書の件数は様々ですが、ほとんどが500件
以内なので、数は少なく、難しいことは全然ありません。
小学生でもできます。

これが、入社したばかりの健聴者(他の障害者も
含む)はやることができて、聴覚障害者の場合は
ダメだと、S課長は言うのです。
ですから、この理由をOさんやS課長に
何度も聞いたのですが、曖昧な回答で、
納得できるものでありませんでした。

労働組合の人にも相談しましたが、
その人まで「何でだ?」と首を傾げていました。

組合は「後でS課長に理由を聞いてみる」とか
言っていましたが、なかなか回答が来ないままです。

私は今まで、この理由を何度もS課長とOさんに
聞いて、その度に回答をもらったのですが、
言うことがコロコロと変わるので

「S課長はウソをついている」

と思いました。(※)


(※)当ブログ
『障害者が、就労後に直面する職域差別』 
〔2014-08-01 18:30〕

参照。

(※)当ブログ
『会社の弁解と、本音とは?』
〔2014-12-11 18:30〕

参照。


これは、聴覚障害者に対する偏見などが背景に
あると見られる、明らかな職域差別だと判断
できるし、
間違いないと私は思っています。

会社がこれを「差別ではない」と主張するなら、
聴覚障害者に対し、説明責任があるはずです。

しかし、これが一方的な、単なる説明ではいけません。
会社が業務上行う指示、命令と、聴覚障害者への
職域がそうなるという説明とは異なるはずです。

もし聴覚障害者が会社の説明を聞いても、
それに納得できないようなことであれば、
その説明は合理性があるのかどうか、
疑問が残るかもしれません。

逆に言えば、そうした疑問が全く出なければ、
聴覚障害者もその理由に納得できるから、
職域差別は自分の思い違いだったのだと
気づきます。

しかし、納得できる理由が説明されなければ、
どうしても腑に落ちないことになります。

そして、聴覚障害者の心の中に、
差別を受けたことによる苦しみが、
いつまでも残ることになります。

だから、会社は聴覚障害者にだけ、
他の人と異なる仕事を与えるときは、
合理的説明(合理性のある理由の説明)が必要
である、と私は考えています。

単に説明するだけではなく、
理由には合理性がなくてはならないのです。

この点で、S課長は責任をないがしろにしている、
と言えるのです。

理由がああだ、こうだと変わったり、
聴覚障害者にウソをついてごまかしてきた事実が
あるからです。

この罪を決して、私は見過ごさない。

差別とは、差別した側が差別と感じていなくとも、
差別された側が差別と感じることを言うのであって、
行為や発言が差別だと指摘を受ければ、
それは差別以外の何ものでもなく、
差別をした者は指摘を真摯に受け止め、
何が差別だったのかを自ら自己批判しつつ
検証しなければならないのです。

[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-29 19:00 | Z1.クレジットカード会社

就労後の聴覚障害者問題F

2015年5月28日(木)

『会社の上司先輩が、ゴミ問題を軽んじた代償』
朝の9時半頃には、日系フィリピン人らしき
女性清掃員が来ていたので、
ゴミのことを聞いてみた。


私;「ここ(A階エレベーター前)に仮置きした
ゴミはどうするのか、昨日、店長に聞いてみたら

『ここで、11時に出勤した清掃員が分別してから
地下のゴミ置き場に運びます』

と説明していましたが、そうするのですか?」


すると、


女性清掃員;「いいえ、やらない!
臭くて汚いし、こんなにたくさんできないわよ!
もう分別せず、このまま持って行きます!!」

私;「でも、それはルール違反ですよね?
後で苦情とか来たら大変ですよ!」

女性清掃員;「いいの!
もうやらない!!」

一体、この清掃員は何で、こんなに怒っているの
だろうか?
入社前に、これが仕事だと説明を受けていたのでは
なかったのか?

女性清掃員は私の話を無視して、自分でゴミを地下の
ゴミ置き場へ、一人で運んで行った。
私も手伝った。
しかし、当然ながら

「このままではまずい」

と思った。


11時頃に女性清掃員2名が出勤してきた。
二人とも日本人だった。
では、なぜ外国人は別で、一人でやっているのか
気になった。
差別があるのだろうか?
日系フィリピン人に一人でゴミの分別をやらせていたから、
怒っていたのだろうか?

そこで私は、日本人の一人にも聞いてみた。

私;「店長から

『ゴミは11時出勤の清掃員が分別してから、
地下のゴミ置き場に持って行くことになっている』

と聞きましたが、分別をやっていますか?」

日本人清掃員;「はい、やっていますよ」

私;「でも実は今日、朝から来ていた清掃員が、
分別しないで地下のゴミ置き場に持って行っていましたよ」

日本人清掃員;「誰ですか?」

私;「日系フィリピン人らしき女性がいるでしょう」

日本人清掃員;「ああ、あの人ね。
・・・それはいけないわね。
わかりました。
こちらから伝えておきます」

私;「外部の人に、もしウチだと分かったら、
ウチの評判は悪くなり、大変なことになりますよ」

日本人清掃員;「そうですね」

私;「昨日も、会社役員らしき人が来ていて、
事務所内のゴミ箱とかチェックしては、
マネージャーらに何か言っていましたよ」


今日は、そんなやり取りをした。
その人は日系フィリピン人より、人の話を聞く人だったので

「ゴミ袋の容量は今のままで良いか?」

とも、聞いてみた。
そうしたら、やはり

「大き過ぎるので、60~70リットルぐらいの
ものがあれば、それがいい」

と話していた。

「でも、詳しいことは何も知らなかったから」

とも打ち明けていた。
情報がないと、考えようがないというわけだ。
一方、日系フィリピン人らしき人は

「日本人にやらされている」

と思っているだけで仕事をするから、
ゴミ袋の無駄など全然考えていないようだ。

これまで、若い社員が一方的に考えて決めたことを、
そのままモノを使いたい放題に使い、
業務をやっていただけだから、
無駄が出ても、また不便さがあっても、
それで仕方がないと思っていたようだ。

問題点がよくわかってきた。
だが、問題解決まではまだ遠いようだ。
今まで上司や先輩を説得するのが大変だったし、
良い説得術はまだ見つかっていない。
一番の問題は、上司が業務の進捗状況や、
従業員の勤務態度を

「見ていない」

「ほったらかし」

にしていることから、こういう悪循環が始まった
のだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-28 23:05 | F.最大手パチンコ店

「庄や」居酒屋バイトに時間外労働90時間 チェーン展開、本社など書類送検

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000547-san-soci



「庄や」
居酒屋バイトに
時間外労働90時間
 チェーン展開、
本社など書類送検


産経新聞 5月27日(水)17時11分配信

居酒屋「庄や」などに勤務する社員に93時間に及ぶ
時間外労働をさせたなどとして、東京労働局は27日、
労働基準法違反の疑いで、庄やをチェーン展開する
「大庄」(大田区)の店長ら2人と、法人としての同社
を東京地検に書類送検した。

 同局によると、同社は平成25年10月、居酒屋「庄や
有楽町店」で調理を担当していた20代の男性社員に
計93時間、欧州料理店「マ・メゾン小平店」でも調理
担当の40代の男性アルバイトに、90時間の時間外
労働をさせた疑いが持たれている。

 25年9月に同局が実施した監督調査で、長時間労働
に対する勧告指導を行ったが、その後も改善が見られ
ないとして、同年12月に本社と同店舗への強制捜査に
踏み切った。

 同社は

「捜査中のためコメントは控えさせていただく。
事態については厳粛に受け止めている」

と話している。



==========================




仕事は山ほどあるのに雇用を増やさず、
残業させてばかりいるのが飲食業界の実態だ。
ほんの「氷山の一角」に過ぎない。
またこうしたことを政府が放置し続けたたことも、
デフレ日本経済になった一因だろう。

障害者枠求人票ではほとんど見かけないが、
それでもワタミと同様、法定雇用率違反企業なの
だろうか。

常用雇用の授業員数を低く抑えれば、
人件費を抑えられるだけではない。

雇用しなければならない障害者数も少なくて済む。
つまり、罰金額を抑えられる効果もある。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-28 19:23 | ブラック企業と障害者雇用

就労後の聴覚障害者問題F

2015年5月27日(水)

『会社のゴミ問題』
今日はいつもと違っていた。
いつもは朝10時開店の頃に清掃業者が
ゴミも一緒に、地下のゴミ置き場へ運んで
いってくれたと思う。
だから、ホール・事務所があるA階の
エレベーター前は、いつもきれいだった。

ところが今日は、そこにゴミが大量に
置かれたままだった。
しかも、ホールのゴミだから、
中身はきちんと分別されていなかった。
これをどうするのかと、店長を呼んで
現状を見てもらい、聞いてみた。
店長は「確認します」と言った後、
誰かと相談したようだ。
そしてしばらくすると、こう答えた。

「11時に清掃員が来るので、
その人たちが分別して、
ゴミ置き場まで持って行ってくれます。
だから、そのままでいいです」

私も、今までこの仕事をやれと言われた
ことはないし、やったこともなかった。
だから、それはそれでわかった。

けれども、あまりにも大量であるのと、
ビニール袋から飲み残しが大量にこぼれて
いることなどが気になった。
それが原因で、コーヒーの臭いが飛散していた。
普通ならば、もう我慢できる状態ではない。

後でSマネージャーもゴミのことを聞いてきた。

「ゴミのことで、何か言われたの?」

私は、店長に言われたことを説明した。
すると

「11時まで、あそこに置いておくの?」

と言われてしまったので

「それもそうだなぁ」

と思い

「私も時間があれば分別作業をし、
地下のゴミ置き場まで持って行きます」

と答えた。

その後、事務所内のゴミ箱を分別していた
ところ、さらに様々な問題点が見つかった。

「燃えないゴミ専用ゴミ箱」に、缶、ビンが
入っていた。
缶、ビンは、コカコーラさんが持って行くことに
なっているので、その専用ゴミ箱に入れる
ルールになっている。
それを守っていない従業員が何人もいるのだ。

事務所内ゴミ箱にビールの空き缶が入っていた。
事務所に客は来ない。
捨てたのは従業員以外に考えられない。
Kマネージャーに問題事例を報告したら
「それも?!」と言っていた。
事務所内、勤務時間中にビールを飲んだ従業員
がいるとは思えないが、出勤前・後に誰かが
飲んだ可能性は否定できない証拠となった。

飲み残しを流しに捨てないで、ゴミ箱に捨てている
人がいる。
Kマネージャーは

「氷が溶けたのでは?」

と言っていたが、私は

「それでも、それは自分で捨ててからゴミ箱に
入れるのが普通なのでは?
これはもう、普通ではないですよね?」

と言ったら

「そうだね」


と言っていた。
リサイクルが可能な紙ゴミが、燃えるゴミ専用箱
に捨ててあった。
ビニールも、燃えるゴミ箱に捨てられてあった。
ダンボールが、燃えるゴミ箱に捨ててあった。
ダンボールはダンボール専用のゴミ置きカゴが
あることを知らないのだろうか。

金属部分とプラスチック部分のあるメモ帳も分解
せず、リサイクルゴミ箱に捨ててあった。

従業員のこういうところを、改善させる気は本当に
あるのだろうか?
若者に、下積み時代からこういうことをきちんと教え、
身につけさせない時代では、後になってさらにひどく
なるだろう。
私だって、コックやパテイシエをやっていた時代では

「分別する時間が無いから」

なんて言い訳はせず、きちんとやっていたのだ。
それが、今の時代では昔以上に働かなくなった若者が、
こんなワガママなことをしているのだ。

「おかしい」

と思わないほうが、おかしいだろう。


その後、珍しく会社役員が事務所にやって来て、
店長と何か話していた。
役員はゴミ箱、清掃状態をチェックし、Kマネージャーに
「こうしろ」とか、いろいろと指示していた。
それで事務所内はもっときれいになった。
壁に掛けてある大型パネルには、会社のクリーンに
関する基本指針みたいなポスターが入れられていた。
今年の目標の一つになるらしい。

どうやら、私が先日に出した『意見書』が、人事部を通して
上層部にも伝わったらしい。
やっぱり下の者にやらせるだけで、何もしないという
構造を打ち壊すための「改革」だろう。
組織全体で取り組まないと、こういうことはとても
やり遂げられるものではない。
清掃員も不満を言っていて、A階に置いてあったゴミは結局、
ゴミ袋の中身をほとんど見ないでゴミ捨てに行ってしまった
ので、分別をやっていないのだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-27 18:30 | F.最大手パチンコ店

ブラック公共職業安定所 - ハローワーク(はてなキーワード)

『ブラック企業の温床
 =ハロー!
 こちらはハローワークです!!』



『アベノミクス経済・雇用政策
を支える要塞 - ハローワーク』



はてなキーワード
『ハローワーク』


ハローワークとは公共職業安定所の愛称。

働き口を探す人に仕事をあっせん・仲介するための、
事業者にとっては労働者に向けて求人を公告する
ための公的な機関。

仕事に就いていた人が失業保険の給付を受ける
ためには、退社時にもらった離職票1と離職票2を
提出する必要がある。

求人の内容が書かれた求人票が、昔はバインダー式
のファイルに納められていたが、最近ではオンライン
接続されたタッチパネル式のパソコンから検索できる
ようになっている。

求人票を閲覧するためには、窓口にて利用カードを
受け取れば、時間制限内でパソコンにて閲覧できる。

求職申込書に記入して、事前に登録を済ませて
おけば、自分に合った仕事を紹介してもらったり
相談できる。

在職中でも登録・利用はできる。

障害者用求人を扱う窓口もあるが、施設によっては
「みどりの窓口」として設けているところもある。


ハローワークにおける問題点

未だに、古参の職員に多いのが、以下のような
ていたらくである。

・利用者を見下した態度を平気でとる

・対応がおざなりでいい加減

・自己責任論で論陣を張って、文句を言わせない

・敬語も満足に使えない上に、タメ口で話す

・話しやすさと馴れ馴れしさを履き違えている

…など、窓口に座る資格を疑いたくなるような
職員が非常に多い。

「ハローワークでの就職内定率は9割」

などと、胡散臭いデータを出しては利用者を納得
させようとして、やり方が実に卑怯としか言いよう
がない。
なしくずし的にハローワークの求人で就職した
人間の数など含めていない。

苦情があった求人でも、会社が事実を認めなければ、
再び求人を掲載せざるを得ない。
法的に企業からの求人掲載を拒否できる権限が
ないゆえに、会社の労働環境を労働基準監督所等
と確認しないまま、平然と掲載しているのである。

男女雇用機会均等法を理由に、求人での男女の
区別ができない事から、事業者側と利用者との
応募の際でのミスマッチを放置しても、
愚かなうすら笑みでごまかして謝罪するという
愚かとしか言いようのないことを未だにやっている。

会社によっては、ハローワークの担当者に懇願
されて仕方なしに求人票を出し、取ってつけたような
理由などで採用しないというカラ求人票というものまで
存在すると言われている。

そのため、ハローワークの求人は、ブラック求人の
巣窟であり、新聞の求人欄、折り込みチラシの求人、
無料求人雑誌の方が信頼できると言われている。

それにも拘わらず、政府が本格的にハローワーク
改革に乗り出さないのは労働行政の敗北と言っても
過言ではない。




==========================




ボロクソに書かれている。

>「なしくずし的にハローワークの求人で就職した
人間の数など含めていない。」



でも、正にこの通りだ。


障害者雇用だったら、ハローワークは就職率
100%になるのが当たり前だ。
(それでも就職できない障害者を除く)

助成金を貰わないで障害者を雇用する企業なんて、
ほとんどないよ。
もしあったら、ほとんど奇跡だ。
おトクな制度を知らない会社ぐらいのものだろう。

この障害者を雇わせる法律も所詮、

『障害者奴隷雇用促進法』(※)

と名称変更したほうが妥当なのではないだろうか。


(※)
『障害者奴隷雇用促進法』
〔2014-08-08 18:30〕




「カラ求人票」

も、やっぱりいっぱいあるね。
しかも、有名大企業に多い。

それでも障害者は、ハローワーク様のお陰で、
就職できる。
ハローワーク経由でないと、障害者はほぼ確実に、
就職できないことになっている。
だから、ケンカを売らないほうがいい。


『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、
どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕





〔関連情報〕


『<ハローワーク>
紹介先は「詐欺会社」 行政の情報共有なく』
〔2013-12-31 20:08〕




『求人票:職安に苦情年7700件
 実際の条件とかけ離れ』
〔2014-04-08 21:46〕



こんな世の中、おかしいだろ。

年寄りが大好きな、自民党がやったんですよね。
自民党も年寄りも「差別」が大好きでたまらないのだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-26 22:21 | ブラック企業と障害者雇用

Eテレ「ハートネットTV」WEB連動企画“チエノバ”【聴覚障害・コミュニケーションの悩み】


※このメールは転送転機自由です。

◆情報&カキコミ募集◆
 ↓
================
Eテレ「ハートネットTV」
WEB連動企画“チエノバ”
【聴覚障害・コミュニケーションの悩み】

◆現在、カキコミ募集中!
「カキコミテーマ【ろう・難聴】」
http://www2.nhk.or.jp/heart-net/voice/bbs/messagelist.html?topic=3137
(上記番組サイトより:番組スタッフ)
6月のハートネットTV・WEB連動企画“チエノバ”と
「ろうを生きる難聴を生きる」では、
番組をコラボレーションして
聴覚障害のある方たちの抱える悩みについて考えます。
これだけは世の中の人に「知ってほしい」こと、
特にコミュニケーションに関する悩みについてお寄せ下さい。
(以下略)

◆放送予定日
本放送/6月25日(木曜)午後8時00分~
再放送/7月02日(木曜)午後1時05分~

================

◆番組概要
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/series/solutions.html
(上記番組サイトより)
ハートネットTVではこの4月から、
WEB経由で番組に届いた声を「道しるべ」や「知恵」に変えながら、
皆さんの悩みや心配、興味・関心について考え、
応える取り組みを始めました。

すぐには解決策は見つからないかも知れませんが、
みなさんの「キニなる」を共有し、向き合うことで、
何かを変えていく一歩を踏み出して行きたいと考えています。

番組やHPあてに届くカキコミやメールは年間1万通!
カギはそこにあるのです!

【出演者】
久保 純子さん(フリーアナウンサー)
荻上 チキさん(評論家、シノドス編集長)
山田 賢治(NHKアナウンサー)
================

≪メッセージ≫
聴覚障害のある方の声を多くの人に伝えられるチャンスです。
ぜひとも普段、胸の内に抱えている想いを
書き込んでいただければと思っています!
----------

♪5/24(日)19:00現在、7件のカキコミがありました。



==============================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-24 21:24 | 聴覚障害

黒人2人を射殺の白人警官に無罪判決、米オハイオ州




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000015-jij_afp-int


黒人2人を射殺の
白人警官に無罪判決、
米オハイオ州


AFP=時事 5月24日(日)10時58分配信


【AFP=時事】
米オハイオ(Ohio)州の裁判所は23日、同州クリーブランド
(Cleveland)で2012年、武器を所持していなかった黒人の
男女が乗っていた車のボンネットに上がり数十発発砲し、
2人を射殺したとして殺人罪に問われていた白人警官に
無罪判決を言い渡した。
判決を受け、同市では小規模な抗議デモが行われた。


米白人警官による黒人射殺の瞬間


 事件は2012年11月29日に発生。
パトロール中だったマイケル・ブリーロ(Michael Brelo)被告
(31)とほか12人の警官が、ティモシー・ラッセル(Timothy
Russell)さんとマリッサ・ウィリアムズ(Malissa Williams)
さんが乗っていたシボレー(Chevrolet)「マリブ(Malibu)」を
追跡し、停止させて発砲した。

 2人の車が市警本部前を通過した際、たまたまバックファイア
(エンジンのシリンダー内部の火炎が吸気管に逆流する現象)
を起こし、警官らがその音を銃声と間違えたことが原因だった。
車には合計137発の銃弾が撃ち込まれ、このうちボンネットの
上から最後に撃たれた15発を含む49発を、ブリーロ被告が
撃っていた。

 被告が陪審員ではなく判事による審理を求めた裁判でジョン
・オドネル(John O'Donnell)判事は、被告が発砲した銃弾の
うち2発がウィリアムさんに、1発がラッセルさんに致命傷を
負わせた可能性があるとの見解を示した。

一方、故殺だったと立証するには

「合理的な疑い」

を超える証拠が必要だと述べた。

【翻訳編集】 AFPBB News



==============================




>「車には合計137発の銃弾が撃ち込まれ・・・」


国家暴力がここまで濫用されることに、
衝撃を受けざるをえない。

子どもの射撃練習ではあるまいし

「やり過ぎだ」

と思わないのだろうか?


瞬間的な事件だから、たまたまでないと

「決定的な証拠」

は生じにくい、と思う。

ドライブレコーダーの撮影画像があった場合は、
たまたまなのだ。
そのたまたまのことだけで故殺かどうかが、
判断されている世の中だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-24 19:30 | 人権、差別

再就職手当をもらうには


『「再就職手当」をもらうには』


『障害者の就労と障害者雇用助成金
 - 入社日をずらすテクニック』
〔2015-02-25 21:46〕




障害者の失業給付は、雇用保険の

「被保険者であった期間」

にもよるが、150日、300日、360日の
いずれかだ。

ハローワークインターネットサービス
『Q4. 雇用保険の基本手当は、
どのくらいの期間、受給できるのですか。』



もし、失業認定を受けていて、
受給期間内に再就職が決まった場合には、
審査によっては「再就職手当」がもらえる場合もある。

再就職手当は、例えば残りの給付期間が314日あった
とすると


314日 × 60% =188.4日分

という計算になる。

ただし、計算方法は条件によって、変わるらしい。
詳細は、下記の参考情報を参照。

『雇用保険(失業給付)をご利用される皆様へ
| 大阪ハローワーク』





再就職手当の審査に必要な書類は、次の書類だ。


①再就職手当申請書

②離職前事業主との関連及び雇用期間についての
証明書

③採用証明書

④出勤簿またはタイムカードの写し(なければ不要)

⑤派遣就業に関する証明書

⑥採用経過証明書

⑦失業認定申告書

⑧その他(    )


⑨雇用保険受給資格者証

⑩返却用封筒(住所氏名記入、雇用保険受給資格者証
等返却用、切手不要)



このうち①②③は、会社の証明であるので、
会社に書いてもらう。
時間がかかるので、会社の人事部へ早く依頼する
ことが肝心だ。

実際には必ずしも上記全部、ということではなく、
普通は①②③⑦⑨の5つで済む。

申請書類はハローワークに直接持参でも郵送でもよい。
ただし、期限があるので、それに遅れないようにしたい。

審査期間は「約1ヵ月」を要するそうだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-24 18:30 | 就職活動・離職