<   2015年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧

なぜ会社に『職場内障害者授産施設』があるのか - その理由

『なぜ会社に『職場内障害者授産施設』があるのか
 - その理由』


『職場内障害者授産施設があるのは、
会社の「障害者長期トライアル雇用」説』



2015年1月8日(木)

読者の中には、きっと女性の方もいると思う。
まず、その方たちに聞いてみたい。

家の冷蔵庫の中に、もし残り物の食材があったら、
あなたはどうするだろうか。
賞味期限が迫っている食材だったら、どうするだろうか。

あるいは、一部だけ腐っていたが、
まだ料理に使える部分がある食材だったら、
どうするだろうか。

当然、冷蔵庫と相談して、なるべくムダを出さない
ように献立を考えるはずだ。
そうでないと一生懸命働いて、家計の源泉を稼いできて
くれているダンナにも申し訳ないだろう。

会社だって同じだ。
だから細かいことは女性事務員に任せている場合が
多いと思う。
男はドンブリ勘定でやってしまう性格の人が多いから、
適材適所にはなりにくいのだ。
必ずしもそうだとは限っていないが・・・。


当ブログ、以前の記事

『職場内障害者授産施設 第二篇
 (21)障害者の自主性なきダラダラ仕事』
〔2014-12-24 21:35〕



でも述べているが、私の職場で扱っている商品カタログは、
比較的高価なものが結構多い。
その商品カタログも、年に数回の改訂が行われている。

つまり、これも結局は、食品と同じように使用期限
というのはある。

それでもし、過剰注文をして、大量に余るようなことが
あれば、どうなるだろうか。
古いカタログも改訂後になったら、もう使えないので、
捨てるしかないのだ。
リサイクルにはできても、もともと高価な商品カタログ
なのだから、損失は決して軽くはない。

その発注業務は、3ヵ月前に新しく入って来た障害者
Kさんにやってもらっているのだが、在庫をちゃんと
調べて発注量を決めていない為に、いつも過剰発注
してしまっているのだ。
それで不用品が倉庫にどんどん溜まっていた。

だから改訂時期になると、それをまとめて全部捨てる
のだが、それは私がやらされていたのだった。
発注者こそ、この問題の責任者だろう。
それなのに、発注者がその事実を知ろうともしない。

あまりにも勿体無いことをしているので、
Kさんに何度か伝えたのも、前に述べたとおりである。

私がKさんに発注のやり方を何度か教え、そして

「これをちゃんとやるのが、あなたの担当業務です」

と、Kさんに伝えた。

しかし、改善しなかったので、今度はE上司や、
D上司にも言った。
それでも上司はKさんに任せっきりで何も言わなかったので、
事態は変わらなかった。

仕方なく、最後は人事部にも相談してみた。
それも

「まだ入社して3ヶ月だろ。
慣れていないからかもしれないからな。
もうしばらく様子を見てみるか」

という回答だった。

あまりにも甘過ぎて、話にならない。
これには呆れてしまい

「信じられない会社だな」

と思った。

勿論、こうなると会社組織の責任問題にもなる。

原因は、Kさんをはじめ、誰もこの問題点に
真剣に取り組もうとしなかった会社組織にある。

このために、商品カタログのムダだけで年間数万円
規模の損失を、T部だけで出していた。
しかも、T部は赤字部署で、お荷物扱いされている。
人事部からは正式発表を控えているものの

「T部は、将来は失くす方向」

と言われた。


ところで、たまたま下の情報を見つけた。


ノーマライゼーションねっと
『なぜ障害者は退職してしまうのか』
〔2011年1月16日 23:50〕




やはり、障害者配属部署(職場内障害者授産施設)や
特例会社では赤字という結果が、結構あるのではないか、
と推測される。

障害者全てだとは言わないが、あれだけ低い労働力なのに、
最低賃金以上の給料をもらっているのである。
誰もが「おかしい」と思うだろう。
そんな、働く障害者の意識の低さが、一つの要因では
ないかと思う。

障害者雇用が少しずつ進んでいる現在、
あなたの働く会社でも、このようなことはないだろうか。

あなたも

「どうせ赤字部署だから」

と言って、こんなことはしていないだろうか。

赤字部署でも頑張って、少しでも赤字を減らし、
黒字に転換させるのが、あなたの仕事ではないだろうか。

『職場内障害者授産施設』と呼ばれている
障害者配属部署である。
そこに“お姫様”“お坊ちゃま”のようにしている
障害者も、きっとまだまだたくさんいることだろう。

こんな障害者は面倒を見ても仕方がないから、
皆放って置くのである。
そして、そこで我が物顔で居直るダメ障害者が、
何と多いことだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-07 21:49 | 就労後の聴覚障害者問題E

『(就労支援)職場適応のメカニズム』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/36258547.html


炎のジョブコーチ
『(就労支援)職場適応のメカニズム』
〔2014/11/15(土) 午後 9:59〕


ジョブコーチ支援をしていると、職場適応について
時々考えさせられます。
すごく仕事ができる方が適応できなかったり、
反対に少し難しいかも…
と思う方が適応できたり。

移行支援事業でどんな訓練が有効かよく聞かれる
のですが、そんなことではっきりいってわかりません。

個別の訓練は確かに有効ですが、集団に人が適応
することはもっと複雑なメカニズムを感じます。

「縁とジョブコーチ支援」なんて、ちょっと無責任かも
しれないことも思ったりします。

一人の人が新しい集団・環境(職場)に入っていくとき、
二つの心理的な行動があると思います。

一つは、自分を集団に合わせる行動、もう一つは集団
に働きかけて環境を自分に合わせようとする行動。
障害のある人のなかにはこれらの行動が苦手であった
りします。


そのため方法は、環境を本人に合わせることが基本的
な視点になります。
「理解」や「合理的配慮」、「ジョブコーチ支援」は主に
環境を変えようというアプローチになります。

中には特別な働きかけはしなくても、もともとその人を
受け入れる集団・環境(職場)もあります。
これが、難しいと思う方でも適応できる職場です。

時々このような職場に出合います。

いわゆる多様性を許容する職場、ということになります。
訓練、というより縁かも…と思うのはこのことためです。

訓練で適応能力を高めることは限られると思います。
そうすると、受け入れ側の適応力を上げる取組が大切
ということになります。

縁でしか語られることがないようにしたいですね。



============================





>「「理解」や「合理的配慮」、「ジョブコーチ支援」は主に
環境を変えようというアプローチになります。」



>「中には特別な働きかけはしなくても、もともとその人を
受け入れる集団・環境(職場)もあります。
これが、難しいと思う方でも適応できる職場です。

時々このような職場に出合います。

いわゆる多様性を許容する職場、ということになります。
訓練、というより縁かも…と思うのはこのことためです。」




これなんかは、本当にすごい“気づき”だと思う。
しかも、理想的な社会のあり方でもある、と思う。
これからの社会に必要なモデルになってくる、と思う。



そして最後に

>「訓練で適応能力を高めることは限られると思います。
そうすると、受け入れ側の適応力を上げる取組が大切
ということになります。」


という言葉。
まさにその通りで、いい締めくくりだと思う。
これが本当の“歩み寄り”ではないかと思う。

このような“気づき”から変わることによって、
障害者、高齢者、そして女性や外国人などにも
やさしくなれる、良い社会になる可能性がある。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-07 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B

カレー屋カピ - 魚介のクリームスープカレー

カレー屋カピ

 東京都板橋区板橋3-10-8 バールハラダ 1F

http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13157541/

a0196876_1848189.jpg


基本的にカレーのお店だが、フランス料理の
前菜も手がけている。
ということは、シェフはカレーのお店と、
フランス料理のお店の両方で修業した経験を
持っているようだ。

今までに何回か訪れていて、ポタージュや
サラダ、豚肉のリエットのような前菜を食べた
ことがあるのだが、どれも一定水準以上の味
であり、しかもリーズナブルなのが魅力だ。

しかし、外から見ると「カレー屋」という看板
そのままにイメージされやすいのか、カレーの
注文しかしない、という客もいる。

それに何と言っても、カレーのボリュームは
どれもすごいので、よほど腹が空いていない
限り、カレーだけで充分なのである。

カレーの中でも、この冬一番のオススメは
『魚介のクリームスープカレー』
(ピクルス、ラッシー付き 950円)である。
a0196876_18511838.jpg

a0196876_18515652.jpg

具材はエビ2尾、メカジキ、ジャガイモ、白菜が
入っている。
まず、とにかく色がきれいだ。
「黄金のカレー」と言ってもいいくらいだ。

味はまろやかで、その中にピリッとした辛味もある。
タイのイエロー・カレーに似ているが、味は
日本人向きのバランスの良いクリームスープ
カレーである。

カレーと同時なら、サイドサラダを100円で
注文できる。
下の写真はその一例で、
『ポテトサラダ』(タルタルソースがけ)である。
a0196876_18501063.jpg


茹でて皮をむき、冷したジャガイモの上に、
自家製タルタルソースをかけたものだ。
材料のムダが出にくいように工夫したポテト
サラダで、家庭でも応用できる調理法だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-06 18:30 | 食べ物(カレー)

企業とハローワークの「裏情報」は、「差別」か「配慮」か?

ここはハローワークの専門援助第二部門。
障害者が職探しをする公共機関である。

コンピュータから探して、どうにか応募できそうな
求人票を幾つか選んだ。
持って行き、職員さんに相談してみる。

すると

「少し待って下さい。
ろう者でも応募できるかどうか、こちらのコンピュータ
でも確認してみますから。」

という返事。

やはり、そっちにしか見えない裏情報(※)があるのか。


(※)
『聴覚障害者にできない仕事』
〔2012-05-02 11:56〕




『ハローワーク求人票の「裏情報」に思うこと』
〔2012-05-03 09:59〕



『心で会話するカフェ、聴覚障害者が接待…東京・吉祥寺』
〔2012-02-28 20:02〕




求人票にはそんなことは書いてなくても、
実際は応募できないケースもあるのだ。
その中で、一つだけ、応募できない求人票が
あることがわかった。
仕事の内容は「清掃業務」なのだが、
ろう者が応募できない理由は何かというと

「共用部での清掃もあって、
そこで顧客に声を掛けられる可能性があるので」

ということだった。
同様の拒否理由は、以前にもあった。

果たして、これは差別なのか、差別ではないのか。

また、ハローワークの裏情報は「差別」もしくは
「差別容認」に当たるのか。

そうであるならば、厚生労働省の
『障害者雇用促進法』の実体も

『障害者奴隷雇用促進法』

ではないか。

障害者差別禁止法に取り組む団体や、
弁護士、法律関係者の見解を聞いてみたいものだ。


確かに、裏情報があるから、応募者は無駄な応募
を回避できるメリットもある。
ハローワークとしては、障害者への配慮のつもりで
やっているサービスなのかもしれない。
だが、それと差別とは別問題として考えるべき
なのではないだろうか。

もし、これが「差別」なのだとしたら、そうであっても
「合法的な差別」になってしまうだろう。

このようなことを放って置くと、この傾向を助長させ、
歯止めがかからなくなってしまう恐れがある。


聴覚障害者にできる仕事は、ただでさえ少ない。
それなのに、たったこれだけの条件で拒否されて
しまうとなると、仕事はどんどん減ってしまう。

残りものと言えば、ワタミや日本マクドナルド、
ドンキホーテ、日清医療食品などの求人票
ばかりだ。

なぜだろうか。
ブラック企業だからか。





〔参考情報〕
裏情報でなくとも、こんな情報もある。

『求人票:職安に苦情年7700件 実際の条件とかけ離れ』
〔2014-04-08 21:46〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-05 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A

板橋区立こども動物園 本園(東板橋公園内) 羊とモルモットの子ども

今年は羊年ということで、
板橋区立こども動物園の羊さんたちをメインに、
撮りに行きました。
この動物園には、羊は3頭いる。

 →http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000168.html

ところが、羊は逃げやすく、撮るのが難しい。
山羊は単独行動で、人に囲まれても全く逃げない
のだが、羊の場合は群れで行動する習性がある。
だから一頭が逃げると、他の羊もたちまち、
つられて逃げ出すのだ。

それでも何とかカメラに収められたのが、
下の写真である。
a0196876_12311353.jpg


ケンカしているわけではない。
山羊(はやと)はやりたがっているようだが、
羊(そら)のほうはやる気がない。
人間界でも、そういう年になるかどうか。
a0196876_12402631.jpg


今回は羊がメインのはずだったが、
たくさん撮ってみても、やっぱりいい写真が撮れない。

それで、まだ子どものモルモットも撮ってみました。
かわいい小さめサイズだ。
すぐ大きくなるだろうから、見たいなら今のうちだ。
a0196876_12511332.jpg


きれいな赤い目のミニウサギ。
子どもたちに追いかけられて疲れたようで、
爆睡中です。
a0196876_12593988.jpg





〔関連情報〕

『板橋区立こども動物園 本園(東板橋公園内) ミニウサギ』
〔2011-01-25 22:55〕



『板橋区立こども動物園 本園(東板橋公園内) モルモット』
〔2011-01-29 11:10〕



『板橋区立こども動物園 本園(東板橋公園内) 山羊、馬、フラミンゴ』
〔2011-01-30 17:19〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-04 19:00 | 動物

屋台とんこつらーめん めん吉 柏駅店


屋台とんこつらーめん めん吉 柏駅店

http://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12012674/


千葉県柏市旭町1-10-2 1F

a0196876_8544829.jpg



ここは、若者に圧倒的な支持を受けている
ラーメン店だ。

麺の大盛りも無料、麺の茹で加減や、
スープの味付け調整も無料でやってくれる。

しかも、原材料費高騰が著しい中でも、
650円で頑張っている。
特に、小麦粉の値上がりは厳しいだろう。
麺の原価も上がるからだ。
この値段で大盛りを注文されら、
ほとんど儲からないと思う。

だいたい、650円でこういうサービスも充実
しているラーメン店では、味はそんなに期待
できないだろうな、と思い込んでいた。

ところが、これは美味しいんだな。
この味で、このコスト・パフォーマンスだから、
正直、ビックリした。


『豚醤背脂らーめん』(650円)
とんこつ醤油のこってりラーメンに、
マー油(焦がしニンニク油)をかけている。
スープの上に浮かぶ黒い液体がマー油だ。
a0196876_852119.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-04 18:30 | 食べ物(ラーメン編)

今年、注目(期待)すること

正月のテレビ番組を観ると、早速、聴覚障害者バリアが
見つかった!!


日本人は昔から「初物」が好きだと言われるが、
正月もテレビでは「初笑い」というのがある。
それで生放送のバラエティー番組が多い。
そういう場合に、字幕がないと困る聴覚障害者は
見てもつまらないのだ。

お笑いだけでなく、全国のお正月の過ごし方とか、
生で伝えるテレビ局が多くて、そういう場合もやはり、
字幕がないと困る聴覚障害者は寂しい。

それでも、あまりこういう不満は聞かれない。
なぜだろうか。
当事者の多くが「諦めている」というのはある。


年末年始番組で、不思議な芸人を見た。
「日本エレキテル連合」というお笑い芸人だった。
今年の流行語大賞を取ったということで、
人気が沸騰しているようだ。



『2014年流行語大賞が決定!』
http://rabiru.com/106/


『【流行語大賞】2014年のトップ10は?
大賞は「ダメよ〜ダメダメ」と「集団的自衛権」(画像)』
http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/01/ryukogo-singo-top10-2014_n_6246774.html


でも、私はまだ知ったばかりだ。
芸名を聞いても、最初はどこかの電気保安協会かと
思った。
それと「ダメよ~ダメダメ」と、どう関係があるのか
理解できなかった。

「ダメよ~ダメダメ」と言えば、真っ先に思い出すのは
やはり、昨年小渕優子事務所がやらかした、
電動ドリル事件(※)ではないかと思った。


(※)
『今年一年を振り返って』
〔2014-12-31 19:00〕




「それならばピッタリだ!」

と、笑いながら思ったが、違うらしい。
何で流行になり、有名になったのかが、
今もってよくわからない。
もともと、漫才テレビは字幕が付いてもわかりづらいので、
私はあまり見ないほうだ。
早く言えば、私も「諦めている」のだが、そうせざるを
えないからなのだ。

平成28年度に施行されるという『障害者差別解消法』にも、
この不満解消は盛り込まれるだろうか。
各テレビ局での努力義務になるのだろうが

「生番組では仕方がない」

で終わってしまう可能性が濃厚だろう。


小渕優子氏には、将来の女性首相として期待して
いたが、本当にあれでは「ダメよ~ダメダメ」である。

ドリルで破壊したのは、おそらく家臣の
自己保身だろう。
しかし、それが小渕優子氏にもダメージを
与えてしまった。
小渕氏が、無能な家臣のけじめをつけなければ
ならなくなった。


仕方がないので国内への期待はスッパリ諦めて、
2016年の米国大統領選挙に期待する。

過去に、米国大統領には様々な人が就任してきた。
白人だけでなく、黒人も、障害者も。

ルーズベルトが障害者だったということは、
あまり知られていないらしい。
なぜかというと、ある詳しい人によれば

「ルーズベルトは自分の障害がわかる写真を
撮らせなかった」

からだという。
その珍しい写真が一枚だけ残っていた。
そんなわけで、ルーズベルトが障害者だった
ということは、あまり知られていなかったそうだ。

残るは、女性初の米国大統領誕生だけだ。
その有力な人が、次にはいる。
ヒラリー・クリントン氏だ。
今年から同氏の活動には、全世界で注目が
集まるのではないだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-03 11:15 | 社会

<電力4社>老朽原発5基、廃炉へ 月内にも地元協議


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00000001-mai-bus_all



<電力4社>老朽原発5基、
廃炉へ
 月内にも地元協議


毎日新聞 1月3日(土)7時30分配信


関西電力、中国電力、九州電力、日本原子力発電は、2016年7月
時点で40年の運転期限を超える原発5基の廃炉に向け、月内にも
立地自治体の理解を得るための協議に入る。

多額の費用がかかる運転延長は採算が合わないと判断、3月末まで
に廃炉を正式に決定し、老朽原発以外の早期再稼働を優先する。

廃炉になれば、立地地域の経済が打撃を受けかねないため、政府は
補助金の拡充などで立地自治体を支援する。

【鮮明な「原発回帰」 背景には…】

 13年7月施行の改正原子炉等規制法で原発の運転期間が40年
に制限されたが、原子力規制委員会の認可を得れば、最長20年の
延長ができる。

施行から3年間の猶予期間が設けられており、16年7月時点で40年
を超える7基が最初に運転期限を迎える。

延長する場合、設備の劣化状態を調べる「特別点検」を実施し、
運転期限の1年前までに規制委に申請する必要がある。

 7基のうち、廃炉に向けた地元協議に入るのは、

関電美浜原発1、2号機(福井県)

▽中国電島根1号機(島根県)

▽九電玄海1号機(佐賀県)

▽日本原電敦賀1号機(福井県)

--の5基。
関電高浜原発1、2号機(福井県)は運転延長を目指し、昨年12月
から特別点検を始めている。

 5基は日本の原子力開発の先駆けで、1970年に営業運転を
開始した日本原電敦賀1号機は、普通の水を冷却材などに使う
軽水炉としては国内初の商業用原発。

しかし、5基の発電能力は34万~56万キロワットで、現在主流の
100万キロワット級より小さい。
運転延長に必要な安全対策には1000億円規模の費用がかかる
見込みで、再稼働してももとが取れるかわからない。
審査も厳しくなりそうで、

「期限の16年7月までにクリアするのは困難」
(電力大手幹部)

との見方が強まった。

 原発依存度低減を掲げる政府も、老朽原発の廃炉の早期判断を
促している。
ただ、廃炉になって原発の資産価値がゼロになると、1基当たり
210億円程度の損失が発生し、電力会社の財務が悪化する。
このため政府は、損失を10年程度に分割し、電気料金で回収する
会計制度を導入する。

 一方、営業運転が終了すれば、原発立地自治体は、、国からの
「電源立地地域対策交付金」や、電力会社からの固定資産税収入、
原発の定期検査などに携わる雇用を失う。

政府は15年度予算で、原発立地地域の産業を育成するための
補助金を拡充し、地域経済の原発依存からの脱却を支援する方針。
各社は政府の支援策を見極めた上で、立地自治体と廃炉に向けた
調整を進める考えだ。
廃炉方針が決まった場合、代替電源の確保などに向け、原発を建て
替える議論が進む可能性もある。

【中井正裕、浜中慎哉、寺田剛、加藤小夜】



=================================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-03 10:13 | 原発問題

原発再稼働元年、行方は 沸騰水型は審査進まず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000023-san-soci


原発再稼働元年、
行方は
 沸騰水型は審査進まず


産経新聞 1月1日(木)7時55分配信


平成27年は“原発再稼働元年”となる。
23年3月の東京電力福島第1原発事故を教訓にした原発
の新規制基準のもとで初めて、九州電力川内(せんだい)
原発1、2号機(鹿児島県)が春にも再稼働を果たす。

川内に続き、関西電力高浜原発(福井県)も運転再開の
見込みだが、地元同意がスムーズに進むかは不透明だ。
再稼働には反対意見も根強いが、経済が疲弊する地元に
とって期待は大きい。 (原子力取材班)


 原子力規制委員会に審査を申請しているのは計14原発
21基。
審査は25年7月から始まり、川内原発では機器の詳細な
設計などを確認する「工事計画認可」と、運転管理体制を
確認する「保安規定変更認可」の審査の真っ最中だ。
論点はなく認可は既定路線だが、認可申請書が2基合わせ
て約4万ページと膨大で規制委から補正も求められている
ため、確認作業は年をまたいで続く。

 認可が終われば、現地で規制委による1~2カ月の使用
前検査が控えている。
既に立地自治体の鹿児島県や薩摩川内市の「地元同意」
も得られており、検査が終われば再稼働できる。

 続いて、運転を再開するのが高浜原発。事実上の合格証
となる「審査書案」が昨年12月に了承され、現在、意見公募
(パブリックコメント)を実施しており、1月中旬に締め切り、
2月にも確定する。
その後、川内原発と同様に認可審査に移るが、高浜原発の
半径30キロ圏には京都府や滋賀県も含まれ、地元同意が
スムーズに進むかは不透明だ。

 再稼働の3番手を読むのは難しい。審査で重要な課題で
ある基準地震動(想定される最大の揺れ)をクリアしたのは、

関電大飯原発3、4号機(福井県)

▽四国電力伊方原発3号機(愛媛県)

▽九電玄海原発3、4号機(佐賀県)

-の5基ある。
関電と九電はそれぞれ合格原発を抱えているので、最有力
は伊方となる可能性がある。

 これらは全て申請が早く、加圧水型軽水炉(PWR)と呼ば
れる原発であるが、福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉
(BWR)は審査が進んでいない。

BWRの申請は、東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)や
中部電力浜岡原発4号機(静岡県)など8原発9基ある。
BWRで問題となるのは、事故時に格納容器を守るため、
放射性物質をこし取りながら排気する「フィルター付きベント
設備」の設置だ。
この評価が審査の最大の争点で、クリアした原発はまだない。




==============================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-03 09:55 | 原発問題


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(175)
(93)
(51)
(45)
(40)
(31)
(21)
(13)
(7)
(5)
(4)
(1)
(1)

ブログパーツ