蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

<   2014年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧

手話ドラマの中でも

『愛していると言ってくれ』

は、不朽の名作だと言われている。
いや、手話ドラマだけでなく、恋愛ドラマの中でも
最高傑作の部類に入るらしい。


このドラマの脚本家・北川悦吏子氏は、
女性をろう者役にすると予想していたようだ。
テレビドラマで視聴率をかせぐには、そのパターンが
王道なのだそうだ。

ところが、男性役・豊川悦司のアイデアもあって、
豊川がろう者役を演じることになった、という。
その思惑が大当たりし、女性視聴者のファンが一気に
増えたらしい。(※)


(※)詳細は

『愛していると言ってくれ』
(北川江悦吏子/角川文庫)

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8C%97%E5%B7%9D-%E6%82%A6%E5%90%8F%E5%AD%90/dp/4041966027

角川書店
http://www.kadokawa.co.jp/product/199999196602/


参照。



手話指導は、コーダの手話通訳者・パフォーマーとして有名な、
あの丸山浩路氏が担当した、という。

http://www.kouji-maruyama.com/spage/sprof.htm


手話は、昔から、そして今でも

「学んでみたい」

という人は、女性が圧倒的に多い。
当然、豊川が手話ブームの火付け役にもなったのだろう。

そのブームによって、難聴者や中途失聴者という、
手話には全く興味がなく、むしろ蔑視していた聴覚障害者
でさえ、手話に対する見方が大きく変わっていったらしい。

そんなことはどうでもいいが、このテレビドラマから、
そうした社会現象が生まれたことは事実だ。


このドラマの中で、視聴者が感動した場面というのは、
いろいろあると思う。

その一つに、晃次(豊川悦司)が声を出すシーンがある。
愛しい恋人・紘子(常盤貴子)が、共に過ごした街を
去ろうとする。
その姿を懸命に探す晃次。
晃次がやっと紘子を見つけた時は、紘子が今すぐにでも、
電車に乗ってしまう瞬間だった。
それを晃次が何とか止めようとする。
健聴者なら、声をかければいいのだから、簡単だ。
だが晃次は、もう声を出したことがなかった。
不明瞭な声ながらも、彼女の名を懸命に叫ぶ。
紘子と離れたくないがために出た、晃次の声だった。
それが奇跡に思えて、多くの視聴者は、
このシーンに感動したのだろう。



「駅まで探しに来て、晃次は息をついた。
さすがに、もういない、とあきらめかけていた。
電車に乗るために晃次はホームへの階段を上がって行った。
線路をはさんだ反対側のホームに電車が滑り込んで来る。
それに乗ろうとしている人影をふと見ると、
それは、探し続けていた紘子だった。

自分がここにいることを知らせようと晃次は
ポケットのコインを探ったが、電車が邪魔して
彼女に当たりそうもない。
紘子は今にも、電車の中に消えようとしている。
今、今ここで紘子をつかまえなければ、本当に一生
会えなくなる。
明日には彼女は仙台へ戻ってしまうのだ。
自分の手の届かないところへ、永遠に・・・・。

晃次は迷った。
どうしようかと迷った。
最後の手段は、ひとつだけだ。
もう一秒の猶予もない。
紘子の姿が、電車に消えようとした瞬間、晃次は、
大声で叫んでいた。
「紘子―――!!!」」

『愛していると言ってくれ』
(北川江悦吏子/角川文庫) 319ページより、引用。

[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-02 18:30 | 聴覚障害
一般財団法人 全日本ろうあ連盟
創立60周年記念映画
  『ゆずり葉』



この映画のストーリーには、ろう者の実話も、
幾つか入っているという。

ろう者・敬一(庄崎隆志)の恋人・早苗(今井絵理子)
が倒れ、急いで病院まで運ぶシーンがある。
敬一は、電話が出来なかったためだ。

緊急時でも、聴覚障害者がコミュニケーション障害で
心配になることは、私も

『聴覚障害者への救急医療を考える 『命よりも大事なコミュニケーション』』
〔2014-10-07 18:30〕

で述べている。

ゆずり葉の、あのシーンでは

「もし、耳が聞こえていて、早く救急車を呼べたなら、
早苗の命は助かっていたのかもしれない」

と思わせるような物語だった。

早苗の両親も

「敬一のせいで、こんなことになったんだ」

とでも言いたげな様子だった。

このあたりは

『肉親の障害者差別』
〔2014-10-12 18:30〕


を読んでもわかるだろう。
だから誰だって、結婚に反対する。

それが“普通”だ。
“普通”とは、正しいとか悪いとかは関係なしに、
マジョリティ側の原理だ。

しかし、それが“世の光”であるとは限らない。
むしろ、それは闇だろう。
新約聖書にある、イエスを頑なに処刑させようとした
ユダヤ民衆のように。


25年ほど前の話である。
Sさんという、ろう者がいた。
Sさんと私は、手話サークルで出会った。

私はそこで手話を学んでいて、その頃はまだ手話が
ほとんどできなかった。
サークルの手話通訳学習は全くわからなかった。

しかし、ろう者にもそういう人が何人かいて、
そういう人たちは手話サークルの学習から離れていき、
お互いに「わからない者同士」として一緒になっていた。

Sさんの手話は、日本語対応手話ではなく、
日本手話だった。
それで、よけいにわからなかったのだが、
二人で対面式の会話をしたときだけは、
不思議と内容がわかった。

そのSさんが、急に入院してしまった、という。
Sさんは同じろう者の妻と、健聴の実母と、
コーダの息子さんと一緒に暮らしていた。

実母も息子さんも、手話ができるわけではなかった
らしいが、Sさんや奥さんの言いたいことは何となく
わかるらしかった。

Sさんが入院した理由は、胃潰瘍だった。
しかし、診断した時はすでに手遅れで、結局、
胃は全部切除した、という。
それから半年だか一年後に、Sさんは亡くなられた。

このような「手遅れだった」という話は、
昔のろう者の生活実態の中には、よくあったらしい。

今の若いろう者は、話せる人も多いようだから、
こういう悲劇は少なくなったのだろうが。

Sさんが手遅れになったのは、一体なぜだったの
だろうか。

Sさんはヘビースモーカーだった。
そして、手話サークルへ来ても、自分の居場所が
ないと思っていた感じがする。
いつもストレスを溜めていて、職場とかでの差別を
話していては、不満をぶちまけていた。
そういう性格だからなのか、家族の人すら、
相手にしたくなかったのではないか。

私はその頃、まだ若かったので、そういう不満を
真剣に考えることはなかった。
でも、40~50代になってくれば、会社の障害者差別
に対する怒りは、すさまじいものとなってくる。

それは心だけでなく、身体にも必ず悪影響を及ぼした。
これは経験しなければ、わからないことだろう。

男性の人生で、最も力を発揮し始める時期というのは、
おそらく40~50才代だろう。
しかし、その時期になっても、障害者はお荷物扱い
されてしまうのである。
ようやく人生の集大成をつくれる時期だというのに。
その怨念は、すさまじいものがある。

読者にも、私のこのブログを読んでいて、
それがわかるはずだ。


Sさんはなぜ、もっと早く病院へ行って、
診てもらわなかったのだろうか。

なぜ家族の誰も、もっと早く気づかなかったの
だろうか。
彼の心の叫びは、誰かに聞こえたか?
いや、聞かれなかったのではないだろうか?

この記憶も、私が『聴覚障害者の就労後問題』を書く、
大きな理由になっていると思う。

手話通訳は社会に広がりつつあるが、
この問題の解決はどうなのだろうか。

今時、死ぬ人はいなくなったのかもしれない。
しかし、心が立ち直れなくなってしまった人は、
きっといることだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-01 18:30 | 聴覚障害
10月31日レポートの「検索キーワード」第3位に

「手話上達しない年寄りがサークルにいていいか」

というのがあった。

「手話を習いたい」

という、お年寄りは、昔から結構いる。
これは大変良いことだと思っている。


しかし、上の質問文の答えはどうだろうか。
それ自体は一向に構わないとしても、
実際に手話を学び、使う場としてどうなのかという
問題として考えると、手話サークルは最適とは
言えないのではないだろうか。


実は、当ブログも、手話学習法などに関する検索が、
以前からある。

それと、最近気になってきたのは、


『聴覚情報処理障害と聴覚障害』
〔2014-01-27 18:30〕



こういった記事の検索数が高いことだ。
聴覚情報処理障害や過敏性聴覚障害は、結構あるらしい。
実は、こういう人たちにも、難聴者や中途失聴者、
健聴者が使う「日本語対応手話」を使う人がいる。

「音声での会話が苦痛になってしまう人は手話がいい」

と発見したわけだ。
Eテレ『バリバラ』でも、その様子が紹介されている。

また、日本語対応手話のほうが覚えやすく、使う人も
かなり多いので、ろう者だけでなく、さまざまな人と
交流できる、というメリットがあるからだろう。

ろう者の使う「日本手話」を覚えるのは、なかなか大変
なだけでなく、ろう文化なども理解する必要が出てくる
と思う。
文化の違いから、初めのうちは、ろう者とは結構、
衝突したものだ。
だから、大きなとまどいや、誤解も生じる。
それに触れてみると、やっぱり何か感じるところがある
に違いない。
やはりどうしても、ろう者と聴者の世界にはズレがある。
それもまた、勉強だが。


また、ろう者からの手話学習アドバイスで、よくあるのが

「そのうちに、慣れてくるから大丈夫」

といったこと。
しかし、私達はこれでは、どうやったら覚えられるのか、
全然わからないのだ。

でも、ろう者からすれば、彼らは誰も

「教えられて覚えた」

のではなかったから、それが当たり前だったのだ。

けれども、第二言語として学習しなければならない人
の場合は、そういうわけにもいかない。
そこもやはり、ズレているのだ。


特に、初めて手話を習うお年寄りが、これに引っかかって
しまい、惰性的な手話学習を続けていく。
そして、何年かすると

「もう、自分には無理だとわかりました」

と諦めていくケースだろう。

実際にその通りで“手話サークル”も、

“お年寄り向けコミュニケーション講座”

として手話を教えているようなところは、無いだろう。


手話サークルの第一の目的は、ろう者のための手話通訳者
を養成するところにある、と思う。
もちろん、それだけではないが、重点はそこに置かれている
ことは間違いない。

ただ、そうなってくると、お年寄りにはやはり、
同じ目的の人が集まる手話サークル、手話講習会の団体
を探すのが、成功への近道だと思う。
団体とまではいかなくとも、手話サークル中でも、
よく見れば学習後にお茶会などで、お年寄りが自然と集まる
ような、小さな派閥があったりする。
とにかく、本人にとって手話を使うのが楽しくなる場でないと。
手話通訳者を目指すのであれば、手話サークルのままで
良いのだが。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-01 08:12 | 手話