<   2014年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

Eテレ『明日を信じて歌う ―4Disabilities―』

Eテレ『明日を信じて歌う ―4Disabilities―』

 ·2014年9月21日(日) [Eテレ] 午後7時30分~7時45分

 ·[再放送] 2014年9月26日(金) [Eテレ] 午前11時45分~

 ※ 放送時間は変更される場合があります




こんなにわかりやすく、印象的な手話ソングは珍しい。

難聴の西田さんがサインボーカルを担当している。

マイクがない。
日本語を口ずさみながらも、手話で大きく語りかける。
その手話歌は、健聴者中心の手話ソングとは全く違う。

手話がわからない人にも意味がわかるように、端に
文字情報のスクリーンがある。
これなら、健聴者も聴覚障害者も、視覚障害者もわかる。
何よりも、手話に説得力があるのが魅力的だった。

「歩み寄り」という言葉に騙されてきたが、こういう姿勢の
手話歌なら賛成だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-21 21:51 | 手話

タイ料理 ティーヌン 津田沼パルコ店 - トムヤムチャーハン

タイ料理 ティーヌン 津田沼パルコ店

 千葉県船橋市前原西2-18-1 津田沼パルコ A館 6F

a0196876_5315179.jpg


タイ料理店って、確か有楽町駅のほうにも、
線路下の屋台風の店がある。
そこで食べたタイ料理は独特の臭みがあって

「日本人にはちょっときつすぎる臭みだな」

と思ったことがある。
それ以来、あまり積極的に食べようとは思わなかった。


デパートのなかにあるタイ料理店『ティーヌン』は、
初めて入ってみたお店で、食べた料理も試食の意味
でだったので、この一皿のみ。

ここもタイ人男性コックさんがつくっているようだったが、
味は日本人に合うように多少工夫されているようである。

個人的に言えば、美味しいのだが、もうちょっとあの独特
の臭みがあっても良かったかな、と思った。
でも、美味しい。


この本に載っている料理がメニューだという。
a0196876_5333389.jpg

a0196876_5334853.jpg


『カーオパット トムヤム(トムヤムチャーハン)』(950円)
a0196876_5305636.jpg

スープもサラダもつかないで、この値段。
ということもあって、チャーハンとしては、これはかなり高いほう。
でも美味しい。

トムヤムクンが代表的料理の国だというのに、タイでは珍しい
チャーハンだそうだ。
トムヤムクンは確か世界三大スープの一つだよね。
その文字通り、その味つけをしたチャーハンだ。

ただ、日本のチャーハンとはだいぶ違い、タイ米でつくった、
パラパラの海老チャーハンである。
日本人に合うようにしたためか、辛味はかなり抑え目にして
あるようだ。
もうちょっとナムプラーと辛味を効かせても良かったな、と思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-21 05:22 | 食べ物

去来する疑問、会社不信、健聴者不信

入社した時からお世話になっていた女性事務員
のMさんが、人事異動になった。
今の部署には長くいた人で、一時はただ一人の
女性社員として頑張っていたこともあった。

この部署に障害者が配属されるようになって以来、
最も障害者に理解のある先輩だった。

そのことは、当ブログの下記記事にも書いている。

『口話で聴覚障害者に伝える時の注意点』
〔2014-08-05 18:30〕



初めての配属であった、聴覚障害者とのコミュニ
ケーションも、最も早く上手になった人だった。
その人がいなくなり、代わりの女性社員が新たに
来た時は、私も困ってしまった。

というのも、やはりその人は仕事は出来る人でも、
聴覚障害者とのコミュニケーションは全然知らな
かったからである。
そこで苦労したのは、その人も私も同じであった。

こういうことを経験する聴覚障害者は、実は私だけ
ではない。
財団法人全日本ろうあ連盟も、こういう状況は
昔から把握している。
だから手話講習会などでも、聴覚障害者について
の知識を学習する特別講義で、こうした職場問題
の話をすることがあるのである。
手話や、手話通訳者がなぜ必要なのか、社会に
理解してもらうためでもあろう。

ろう者がどんなに苦労して長い時間をかけて、
手話を少しずつ教えたり、理解してくれる健聴者を
周囲にやっと一人育てても、たった一言の人事異動で、
その人が他部署に行ってしまったりすることはよくある。
あるいは、そうした協力的な人が多いのが女性である
こともあり、結婚したり転居したりとかの事情で、
辞めてゆかれることは多い。
そうすると、そのろう者も辞めていってしまうことがある、
という。
そこまででなくとも

「手話を教えてもどうせムダだ」

という気分にさせられることもあった。

また、ろう者が集団で退職したり、連鎖的に辞めて
いってしまったりするケースもあるが、理由は同じだ
ということもありうる。

会社が、ろう者を単独でしか雇わないとか、あるいは
複数雇用しても分散配属させるのも、実はこうした
リスクを防ぐためだ、という見方もある。

Mさんがいなくなった時、私はろう者の職場問題だけ
でなく、以前にS上司と話したこと(※)も思い出した。


(※)当ブログ

『健常者の“変な親切を押し売りする障害者差別”』
〔2014-07-15 18:30〕


参照。



あの時、S上司は障害者がいろいろなところへ出て
行き、いろいろな人に出会い、一緒に働く、ということ
には消極的な理由を話していた。

では、なぜその逆はOKになるのだろうか?
健常者が障害者のいる部署に、どんどん異動して
来ても、結局は同じではないか。
全く同じではないけれども、大して違わない。
新しい人とは、また新たにやり直さなくてはならない
ことは、双方にあるものだ。

健常者だけが、どんどんいろんな部署に異動しては
経験を積むために、障害者のいる部署にも配属
されることはある。
しかし、逆に障害者が異動することは認められない。
これは一体、なぜか?
なぜ逆だとダメなのか?


新しく入ってきた健常者には、まず先に自分の仕事、
役割を覚えることが優先になる以上、仕方のないことだ。
そのために、ここにいる障害者への理解はそっちのけ
になってしまう。
その人は私より後輩でありながら、障害者に気遣う
余裕もなくなってしまう。
その姿を見る先輩社員の障害者としては

「ここは会社なのだから」

と理解し、辛抱するだけである。

しかし、その一方で

「自分は一体、会社でどんな存在なのだろうか?」

と自問せずにもいられない。

こうなってきると、もう「辞めようか」と思ってくる
一歩手前である。


その日、新聞では、こんな記事に強い関心を持った。



==================================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00000008-jij-eurp


服役囚を安楽死へ ベルギー

強姦殺人犯の安楽死認める
 =30年の収監の末―ベルギー


時事通信 9月16日(火)6時2分配信


【ブリュッセルAFP=時事】強姦(ごうかん)殺人などを繰り返し、
ベルギーの刑務所に30年にわたり収監されている男が

「耐え難い精神的苦痛」

を理由に安楽死を要求、認められたことが15日、明らかになった。
男は数日中に安楽死のため病院へ移送される。
男の弁護士がテレビ番組で語った。

 弁護士によると、男は自らを社会の脅威だとして早期仮釈放を
辞退していたが、収監環境は非人道的だとも主張。
男自身が録画映像で

「過去にどんなことをしたとしても私は人間だ。
だから安楽死させてくれ」

と番組を通じ訴えた。
 ベルギーでは2002年、オランダに次いで世界で2番目に安楽死
が合法化されており、13年には約1800人が選択した。



==================================




〔関連記事〕


『自殺者と自殺願望者の数』
〔2012-02-25 21:39〕




『生きるということ』
〔2013-04-04 18:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-19 18:30 | E.大手カー・ディーラー

手話がわからなくても、やってみよう

『手話がわからなくても、やってみよう
 - ろう者や外国人とのコミュニケーション力を磨く』


手話サークルの健聴者とか、難聴者がよく言うのが

「手話は、勉強しないとわからないし、
覚えられないから」

「手話を教えてくれる人がいない」

といったことだ。

かなり当たっていると思う。
日本語も外国語も、音声言語であるのに対し、手話は
視覚言語であるから、理解することに戸惑いやすい。

日本語だけを母語として、しかもほとんど、その言語しか
使わない日本人にとって、手話も外国語と同じようなもので、
第二言語として学ぶ必要がある。
しかし、だからといって、最初から最後まで教わらなければ
いけない、と思うのは考えものだと思う。

やっぱり、自分で研究し、学習の工夫をしながら、やってみる
ことも大切だ。

私は日本語をしゃべることができるが、聞くことには不自由で
ある。
そういうことがわかっている、ある健聴者との会話で、次のよう
なものがあった。


私;「休日は何をしているんですか?」

Mさん(健聴者);「・・・」(身振りだけで;バットを振る仕草を見せる)

私;「ああ、草野球ですか。ポジションは?」

Mさん;「・・・」(ファーストの構えを見せる)

私;「ファーストですか。毎週やっているんですか?」

Mさん;「・・・」(うなづく)

私;「試合はどれぐらいやってますか?」

Mさん;「・・・」(首をひねって「う~ん」と考える仕草を見せてから、
人差し指を見せて、またちょっと首を傾ける)

私;「月1回ぐらいですか?」

Mさん;「・・・」(YESの表情を見せる)


こんなふうに、結構できた。

初心者の人は、ピア・カウンセリングみたいに二人一組に
なって向き合い、片方は声で質問し、もう片方は手話、
ジェスチャーなどで答える(声禁止)、というルールで、
やってみてはどうだろうか。
テーマを決めてもよいし、ある程度やったら、テーマを段々
と難易度が高いものへと変えていく。

『スポーツ』や『最近のテレビの話題』なら、初心者向きなの
ではないか、と思う。
本能的に身振りが出やすいように、立ってコミュニケーション
をしたほうが、身体がよく動いて、わかりやすく伝えられる
のではないか、と思う。

実際、上の話も、Mさんと私は、通勤途中でばったりと出会い、
筆談用具もない状況だったので、歩きながらやった。

「サッカー」なら、足でボールを蹴る仕草。

「水泳」は、上体を動かしながら、前へ進む様子を表現できる。

『スポーツ』の話題といえば、6、7月のFIFAワールドカップの
話をすると、誰でもある程度のことは知っているから、
通じやすい場合が増えるかもしれない。

「この前、ワールドカップで優勝した国はどこ?」

「ドイツ!」


「ドイツ」の手話はドイツ兵のかぶるヘルメットの特徴を表現するが、

「ドイツ」の手話

「ビール」と「ソーセージ」で、相手に連想させてもいいのだ。


「準優勝は?」

「アルゼンチン!」


「アルゼンチン」の手話はどうやるのか知らないが、ろう者は
アルゼンチン・タンゴの踊りを真似たりとか、胸に抱えて弾く
アコーディオン・オルガンが有名だと言う。
アルゼンチン・タンゴ劇『ブエノスアイレスのマリア』のポスターに、
よくこの楽器が写っている。
ろう者には、音が聞こえない分、この視覚情報のイメージが強い
そうだ。
そういう、視覚情報と脳との結びつきを強くするためにも、
イメージ力は大切だ。
伝言ジェスチャーゲームと同様に、やってみると面白いものだ。

声を出す人がいることによって、表現者は自分の表現力で
伝わったかどうか確認できるし、声を出すだけの人もいろいろな
方法があることを知る機会になる、と思う。
こうやって、新しい手話、変わった手話をひねり出してみるのも
面白い。

相手は時間を決めて交代し、何人かでやると、いろんな表現が
生まれるかもしれないし、それだけたくさんのことが学べる。
勉強ではなく、やってみることがコミュニケーション力を磨くには
大切だ。
手話通訳者になるためには手話通訳の勉強をしなければ
ならないだろうが、それ以前に、ろう者とのコミュニケーションが
できなければ、良い通訳者になるための勉強はできないのでは
ないだろうか。

意外と難易度が高いと思われるのは『道を尋ねる』というテーマ
だろう。
質問は

「ここから一番近いコンビニへは、どうやって行けばいいですか?」

と簡単でも、道順が複雑になってくれば、相手に上手く伝えるのは
難しくなる。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-18 18:30 | 手話

社内回覧板にも寂しさを感じるのはなぜ?

会社で、よく社内回覧板が回ってきます。

内容はいろいろですが、よくあるのが、
保健室の健康相談とか、
会社が普及に取り組んでいるキャンペーン運動の説明会とか、
社員全員が加入義務になっている労動組合の説明会、
社内セミナーや特別ツアーの案内などです。

で、それらに参加するかしないかは自由なのですが、
うちの会社の聴覚障害者は全員、
今まで何も参加したことがないという実態になっています。

なぜそうなるのかは、それらの説明会等には、
聴覚障害者への情報保障なんてないと、
初めからわかっているからです。

そういう案内なら、自分には関係ない、
と思っているからです。

本人がそう思うだけなら、まだマシです。

問題なのは、聴覚障害者が自分と会社とのつながり、
周囲の人との連帯意識が持てなくなり、
会社の中で孤立していく、
ということです。

これは、健聴者の立場から見たら、

「聴覚障害者のほうから、自分勝手に離れていった」

と思われやすいようです。


ところが、聴覚障害者本人では、そう思っていません。

「自分は、疎外されている。
それが健聴者社会では当たり前なんだ」

と思っている人が多い。

立場が違うと、こんなに見方が違ってくるのです。

私は会社で、回覧板が回ってくると、
それだけで疎外感を感じてしまいます。
それは昔、電話が鳴るだけでも怖かったのと似ている、
条件反射的な聴覚障害者心理だと思うのです。

そういう寂しさを味わうのは、これからも、
定年退職まで続くと思います。

会社に「通訳をつけてほしい」と要望もしてみましたが、

「会社主催の、全社員参集行事ではないから」

とか、

「本人希望による参加形式なので、
会社が通訳の費用負担をする義務もない」

と言われました。


こういう聴覚障害者問題を改善していくためには

『(仮)情報コミュニケーション法』

が必要だと思います。

 →http://blog.goo.ne.jp/houantaisaku


→当ブログ

『『(仮称)情報・コミュニケーション法』って、何だ?』
〔2011-04-27 21:43〕

参照。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-17 18:30 | Z1.クレジットカード会社

【障害者雇用推進月間特集】景気回復で「重要な戦力」…障害者の雇用増加


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140913-00050116-yom-soci


景気回復で「重要な戦力」
 …障害者の雇用増加


読売新聞 9月14日(日)11時3分配信


障害者の就職に追い風が吹いている。

 障害者の法定雇用率が昨年4月1・8%から2・0%に引き
上げられたことに加え、景気回復に伴う人手不足も理由だ。
人材紹介大手は専門部署も設立した。
専門家は、景気にかかわらず安定的な雇用が求められると
指摘する。

 住宅設備大手「LIXIL(リクシル)」(東京)は今年7月、
障害者が働く場「WING NIJI」を開設した。
身体、知的、精神障害者の社員29人が名刺作成や書類の
電子データ化などを担当している。多くは正社員だ。

 聴覚障害者の袴田容代(やすよ)さん(38)は

「作業スペースも広く、仕事がしやすくなった」

と笑顔を見せる。

 同社障がい者雇用促進グループの川本慎一・グループ
リーダーは

「今後の人材獲得でもセールスポイントになる施設」

と胸を張る。

 深刻な人手不足の飲食業界で、うどん店「つるとんたん」
をチェーン展開する「カトープレジャーグループ」(東京)は、
障害者を積極的に採用し、現在37人が働いている。
人事を担当する松下大輔部長は

「求人広告を出しても、人手不足で問い合わせが3分の1に
減った」

と採用増の理由を話す。

 障害者雇用促進法で義務づけられた障害者の法定雇用率
の引き上げも、雇用を底上げしている。
厚生労働省の調査によると、民間企業の従業員に占める
障害者の割合(2013年6月1日現在)は過去最高の1・76%。
特に精神障害者については、18年度に雇用が義務化される
ことを見越して前年比で33・8%増えた。

 マンション管理などの「日本ハウズイング」(東京)の障害者
雇用率は6月1日現在で2・35%(149人)。
桜井善文・人事グループ課長は

「障害者も重要な戦力」

と指摘する。

最終更新:9月14日(日)11時3分



==============================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-17 01:06 | 就職活動・離職

<累犯障害者>猶予中の犯罪、知的障害判明で再び猶予

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000013-mai-soci


<累犯障害者>猶予中の犯罪、
知的障害判明で再び猶予


毎日新聞 9月15日(月)14時0分配信


執行猶予中の再犯となる列車往来危険罪に問われた大阪府内
の男性(35)に対し、大阪地裁(坪井祐子裁判長)が7月末、
再び執行猶予を付ける異例の判決を言い渡したことが分かった。

男性に知的障害などがあることが公判で判明し、地裁は

「福祉の支援などで更生が期待できる」

と判断した。
実刑を求めていた検察側も控訴せず、判決は確定した。
【服部陽】

 執行猶予中の再犯の場合、通常は執行猶予が取り消され、
再犯の分と合わせた量刑の実刑が科される。

坪井裁判長は、知的障害などの影響で犯罪を繰り返して
しまう「累犯障害者」であることを考慮し、弁護側が出した
更生計画を評価した。

 判決によると、男性は昨年、大阪市内の線路上に約3メートル
の棒を置いた。
通過した電車が接触したが、けが人はなかった。

地裁は今年7月31日、障害の影響で当時は心神耗弱状態
だったと認定し、懲役1年、保護観察付き執行猶予5年
(求刑・懲役1年6月)とした。


 男性は小中学校の普通学級と専門学校を卒業し、派遣社員
として箱詰めの仕事をしていた。
作業が遅いとして上司に注意されることはあったが、家族も周囲
も障害があることを認識していなかった。


 一方、20代以降に何度も警察ざたを起こし、2011年には民家
の洗濯物を盗んだ罪で初めて起訴され、懲役2年6月、執行猶予
3年の判決を受けた。


 今回の公判では弁護側の請求による精神鑑定が実施され、
広汎(こうはん)性発達障害と軽度の知的障害と診断された。

 弁護側は、社会福祉士と連携して「更生支援計画」を作成。
障害者施設への入所、コミュニケーション能力向上の訓練など、
福祉支援による更生を約束していた。

 坪井裁判長は判決言い渡し後、男性に

「裁判所は悩んだが、立ち直るチャンスを与えます」

と語りかけた。


 弁護人の大橋さゆり弁護士(大阪弁護士会)は取材に

「累犯障害者の更生には福祉と連携した訓練が必要で、
刑務所では期待しにくい」。

男性の母親(60)は

「障害に気付かず、自分の育て方が悪いと思っていた。
裁判所に配慮してもらいありがたい」

と話している。


 ◇進む福祉士との連携

 累犯障害者の再犯をなくそうと、福祉の専門家である
社会福祉士が弁護士と連携するケースが増えている。

 法務省によると、2012年1~9月に受刑した知的障害
(疑い含む)を持つ再犯者のうち、約5割が前回の出所から
1年未満に再び罪を犯していた。

 こうした累犯障害者は出所後に福祉の支援を受けられず、
犯罪を繰り返してしまう場合が多いとされる。
また、刑務所に収容するよりも福祉施設などで訓練を受ける
方が更生に結びつきやすいとの指摘もある。

 弁護士と社会福祉士の連携は広がりつつある。
先駆的とされる大阪弁護士会では、弁護士に社会福祉士を
紹介する制度も始めた。

 累犯障害者の刑事裁判を担当した弁護士が社会福祉士に
相談し、被告の生活歴や障害の程度から、更生支援計画を
まとめてもらう。
弁護士は公判で計画を証拠請求し、実刑ではなく福祉支援に
よる更生の必要性を裁判所に訴えることが多い。
ただ、裁判所が累犯障害者の実刑を回避するケースは異例
とされる。



============================




〔関連記事〕


『障害年金制度と障害者支援制度を見直しする必要性』
〔2013-10-21 18:30〕


後述した

『障害理由に「刑猶予を」
 窃盗事件公判で弁護側
 福岡地裁

 =2011/05/24付 西日本新聞朝刊=』

新聞記事を参照。





『刑務所は障害者の安息の場なのか
   -福祉・支援の未熟な国策が障害者を累犯に陥れる-』





============================


【追記】(2017年5月1日)


https://mainichi.jp/articles/20170211/k00/00m/040/170000c?inb=ys




知的障害者
「シャバが怖い」
 窃盗累犯、福祉の谷間


毎日新聞2017年2月11日 07時30分
(最終更新 2月11日 14時18分)




55歳無職男性の判決が15日、奈良地裁葛城支部で

 奈良県内の工場でビスケットなど菓子(400円相当)
を盗んだとして窃盗罪などに問われた無職男性(55)
の判決が15日、奈良地裁葛城支部(五十嵐常之裁判
官)で言い渡される。
男性は知的障害の可能性が高い。
前科10犯で、服役は通算約30年間に及ぶ。
社会経験がほとんどなく、親族や知人もいない。
検察側は懲役4年6月を求刑したが、弁護側は再犯
防止の観点から男性が福祉的支援を受けられる
よう求めている。

公判記録などによると、男性は徳島県出身。
中学卒業後、大阪府八尾市内の工場でプレス工として
働いたが、20歳の時に窃盗容疑で逮捕された。
20代に4回、30代に3回、40代に2回、50代に1回、
窃盗などの罪で有罪判決を受けた。

 更生保護施設に入ったこともあったが、なじめなかった。
刑務所から出所すると大阪・ミナミでサウナに寝泊まりし、
神社や空き家を拠点に食べ物を盗み、再び逮捕される
生活を繰り返した。
今回の事件は出所4カ月後だった。
担当する菅原直美弁護士(奈良弁護士会)によると、
男性は、人と接するのが苦手で、独力で社会生活を
始めることは極めて困難という。

 菅原弁護士は、福祉・医療の視点から被告に適切な
対応を取ることで再犯防止につなげる「治療的司法」に
力を入れており、男性についても経歴を調べた。
小中学校は特殊学級(現在の特別支援学級)に通って
いたことや、高知地裁での実刑判決(懲役5年)後、
高知市のNPO法人「はすのは」との間で受け入れ
合意が成立していたことがわかった。
手紙でやり取りをしていたが、受け取った手紙を男性が
理解できず、支援につながらなかったらしい。

 同法人の塩冶(えんや)一彦理事長(80)は菅原
弁護士から男性が奈良で逮捕されたと聞き、

「きちんとフォローしておけばよかった」

と悔やんだ。
公判では情状証人として出廷し、男性の受け入れを
確約した。

 菅原弁護士は

「いくら懲役を与えても効果がないことは、
これまでの経緯で明らか。
再犯させないことが、立ち直りと社会の利益を
両立させる最も有効な方法」

として、自立生活が難しい障害者らを行政の専門
機関が連携して対応する「特別調整」の対象とする
よう求めている。

【福田隆】


再犯防止へ要員が不足

 知的障害者の再犯防止について、国は司法と福祉
の連携を掲げて力を入れている。
しかし、専門知識を持つ要員が不足しており、
関係機関の連携には課題が多い。

 法務省法務総合研究所の報告書によると、2012年
に知的障害者(「疑い」を含む)の受刑者548人を調べた
ところ、入所回数は平均3.8回(受刑者全体は同3.1回)。
65歳以上では「5回以上」が68.5%(全体では43.9%)
で特に多かった。
療育手帳の所持率は知的障害者で45.6%、
「疑い」は11.9%で、多くは福祉的支援から漏れていた
可能性が高い。

 昨年12月、再犯の防止等の推進に関する法律が施行
された。
犯罪を犯した高齢者や障害者について、官民で適切な
医療・福祉サービスを提供して再犯防止に努めることを
政府の責務と定めた。
生活が困難な高齢者や障害者は「特別調整」の対象として
フォローされるが、法務省の調査によると、福祉的支援が
必要にもかかわらず特別調整の対象とならずに釈放された
人が13年に600人程度いるとされる。


服役は通算約30年間 「刑務所の方が安心する」

 男性は1月下旬、勾留先の葛城拘置支所で毎日新聞
記者の面会に応じた。主なやり取りは以下の通り。

 --なぜ何度も刑務所に入る事件を起こすのか。
 行くところがない。
シャバにいることが怖い。(社会と自分の)感覚が違う。

 --何が怖いのか。
 人と接するのが怖い。小さい時からそうだった。

 --公判の被告人質問で過呼吸になった。
 人前に出ると緊張してしまう。

 --しかし、犯罪は悪いことだ。
 それはわかっている。
でも、生活がかかっているから。
刑務所の方が安心する。
こういう人は刑務所にいっぱいいる。

 --何度も刑務所に入る人生についてどう思うのか。
 悲しい。
でも、今回は支援してくれる人たちがいるから大丈夫だ。

 --どんな生活を送りたいか。
 地道に普通の生活がしたい。
おやじの墓参りもしたい。




============================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-16 20:38 | 障害者問題・差別

【障害者雇用推進月間特集】株式会社日本旅行の障害者求人票

【障害者雇用推進月間特集】株式会社日本旅行の障害者求人票

2014年9月(障害者雇用推進月間)
障害者枠求人票の内容



============================



求人票(パートタイム)

紹介期限; 平成26年9月30日

求人番号; 13040-61171441


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 株式会社日本旅行

所在地; 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル3階

就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性あり
本社又は首都圏内の営業本部・支店。


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)事務職

仕事の内容; 
OA機器操作
営業補助
電話応対あり(障害により応相談)


雇用形態; 正社員以外 契約社員

雇用期間; 雇用期間の定めあり(~平成27年3月31日)
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; パソコンスキル(ワード、エクセル)

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 153000~207000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限なし)

昇給; あり(4500円/月)

賞与; あり(年2回 計1.53月分)

加入保険等; 雇用 労災  健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; 9:15~18:00

就業時間に関する特記事項; 

時間外; あり 月平均10時間

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝 週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;

エレベーター有  入口段差無
障害者トイレ無  洋式トイレ有
車椅子移動不可  階段手すり無
マイカー通勤不可  玄関ドア自動
契約期間は採用当初は年度末の3月31日まで。
以降は12ヶ月更新となります。

※ 雇い止め規程有り(事業所補足参照)


〔4.会社の情報〕

(省略;会社ホームページを参照)

労働組合; あり

定年制; なし  勤務延長なし
再雇用なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; なし

年間休日数; 122日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤3人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書 ④障害者手帳のコピー

選考結果; 14日後

結果の通知方法; 郵送 電話

試用期間; あり(3ヶ月) 労働条件変更なし


〔備考〕

〈書類選考〉
事前連絡の上、履歴書、職務経歴書及び紹介状を
所在地(本社)へ郵送してください。
追って連絡します。
応募書類に手帳(障害種別)の種類、等級を記入する、
又は障害者手帳のコピー(障害がわかる部分のみ)を
お送りください。

 ・就業時間は就業場所により異なる場合があります。
 ・賃金は相談に応じます。



============================




「電話応対あり」だけだと、聴覚障害者は応募できないが、
この場合は「障害により応相談」という但し書きがある。
それに、3人募集なので、そのうち一人なら、
聴覚障害者でも認めてくれるかもしれない。
問い合わせしてみる価値はある。

女性に向く仕事である上、能力評価もしっかりしている。
障害者雇用だからと甘えて、やる気のない人や、
能力が著しく劣る人も少なくない。
「雇い止め」もありうるのは、それへのけん制もあるだろうし、
当然だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-16 19:15 | 就職活動・離職

【障害者雇用推進月間特集】荒川株式会社の障害者求人票


【障害者雇用推進月間特集】荒川株式会社の障害者求人票

2014年9月(障害者雇用推進月間)
障害者枠求人票の内容



==========================



求人票(パートタイム)

紹介期限; 平成26年10月31日

求人番号; 26020-18129741


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 荒川株式会社

所在地; 京都市下京区室町通綾小路下ル

就業場所; 転勤の可能性なし
荒川㈱東京店
東京都中央区日本橋久松町6-2


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)清掃

仕事の内容; 
建物内及びトイレ(B1階~5階)の清掃、ペーパー補充
建物周囲、中庭の清掃、ごみの廃棄、食堂の湯沸かし等。


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり(12ヶ月)
契約更新の可能性あり

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 870~1000円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月30000円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災  健康 厚生 財形

退職金制度; なし

就業時間; 9:30~17:30

就業時間に関する特記事項;
会社が営業の土曜日は9:30~12:30

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 週休二日制 隔週

休日 その他の場合; 年末年始・夏期 隔週土曜休日

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;

再雇用期間は3ヵ月で、その後の雇用期間は1年
となります。

エレベーター有  建物内車椅子移動不可
階段手すり片側有り  トイレ洋式
出入口段差約10センチ


〔4.会社の情報〕

(省略;会社ホームページを参照)

労働組合; あり

定年制; あり(一律60歳)  勤務延長なし(70歳まで)
再雇用あり(65歳まで)

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; あり

週所定労働日数; 週5日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) 備考欄参照

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送

試用期間; あり(3ヶ月) 労働条件変更なし


〔備考〕

東京店へ紹介状、履歴書事前郵送の後、応募者へ
面接日時連絡あり。
紹介時連絡要。


==========================




この求人票の場合は、トイレ清掃があるので、
女性限定だと思われる。
聴覚障害者にも出来る仕事内容だが、
それでもお客様との接触がある場所での
勤務なので、聴覚障害者は応募できない
可能性もある。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-16 19:00 | 就職活動・離職

法務省ホームページへの疑問点 - 聴覚障害者から

法務省ホームページに

『高齢者・障害者の人権あんしん相談』

みんなの人権110番 0570-003-110

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03_00035.html

というのがあった。



障害者相談だというのに、電話番号しかないとは。
聴覚障害者はどうするのか?

高齢者にも、電話も不自由になるほどの難聴者が
増えているかもしれないが。
やっぱり、諦めてもらうのか。

これで本当に、国連・障害者権利条約の批准国
だと言えるだろうか。


以前にも、千葉県の障害者差別禁止法をつくる
という動きのなかで、聴覚障害者には情報保障
・通訳がなく、意見が反映されない、という問題が
生じた。
それで聴覚障害者は遅れてきたとか。
それと同じパターンだ。

聴覚障害者や難聴者の声は、法務省に届いて
いないのではないだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-15 21:28 | 障害者問題・差別