<   2014年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

消費増税対策給付金、忘れずに…子育て世帯など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00050084-yom-bus_all



消費増税対策給付金、忘れずに
 …子育て世帯など


読売新聞 8月20日(水)19時4分配信

政府は、消費増税に伴う家計の負担軽減のため臨時に
支給する給付金の申請を忘れずに行うよう呼びかけて
いる。

 住民税非課税の世帯を対象とした「臨時福祉給付金」
(1人当たり原則1万円)と、児童手当を受給している
中所得世帯が対象の「子育て世帯臨時特例給付金」
(児童1人当たり1万円)の2種類で、対象者は合計で
約3671万人。
20日段階で96%の市町村が受け付けを始めており、
3~6か月の範囲で各自治体が締め切りを設けている。
締め切りを過ぎると受給できなくなる。

最終更新:8月20日(水)19時4分


================================


消費税増税に伴う政府対策給付金が2種類ある。


>「住民税非課税の世帯を対象とした「臨時福祉給付金」
(1人当たり原則1万円)」


>「児童手当を受給している中所得世帯
が対象の「子育て世帯臨時特例給付金」(児童1人当たり1万円)」


子どもがいなくても、住民税非課税世帯の障害者ももらえる
ので、期限内に忘れずに申請したい。



厚生労働省ホームページ『臨時給付金をご存知ですか?』
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-21 19:00 | 社会

ろう者の就労後問題

来る9月は、障害者雇用推進月間である。

そこで、聴覚障害者雇用を成功させるためにも、
聴覚障害者の就労後問題について、考えてみたい。



〔ろう者の職場放棄問題〕

ある日、会社で手話のできる健常者と話す機会が
あった。
お互いに別部署なので、いつもは会話することが
ないのだが。



私;「お疲れ様です」

健常者;「お疲れさん。
どう? 仕事は楽しい?」

私;「楽しくは・・・ないです。
つまらない」

健常者;「つまらない? そうだな。
会社だから、当然だ。我慢しなきゃ」

私;「Bさん(脳性マヒ障害者)は、どうですか?」

健常者;「ああ、あれはね・・・。
とにかく、休みが多いよ」

私;「前に部長から聞かされたことがありましたが、
『Bさんは頭のほうにも何か障害がある』のだとか。
それで、難しい仕事とかは覚えられないそうです」

健常者;「そうそう、Bさんには難しいよ。
ウチには、他にも、いろいろな障害者がいるよ。
足の悪い人とか、片手が短い人とか、知恵遅れの
人とかね。
前に、ろう者もいたんだけど、辞めちゃったよ」

私;「えっ?! ろう者もいたんですか?
でも、何で辞めちゃったんですか?」

健常者;「ろう者は、仕事の好き嫌いがハッキリして
いて、すぐ離席してどこかへブラブラと出掛けてしまうよ。
そのうち、すぐ辞めちゃったね」

私;「会社は障害者を雇うと、助成金がもらえますよ。
だから、それでも雇うんです」

健常者;「そうそう。会社は当然、そうする。
9月にも、新たにろう者を雇用するとか・・・」

私;「この前辞めさせられた障害者がいるのに、
またですか?」

健常者;「いや、ろう者かどうかも、ハッキリとわからない
けれどもね・・・。
私は、この会社で長く働いているんだけれどもね、皆同じ。
あなたも、我慢しなきゃね」

私;「どのぐらいいるんですか?」

健常者;「14年、かな。
でも、ろう者はみんなすぐ辞める。
あなたも、辛抱しなきゃね」

私;「どうでしょうね・・・。
辛抱なんかしても、しなくてもいいと思う。
どこの会社だって同じだし・・・」

健常者;「そうそう、同じだよ。
でも、すぐ離席してブラブラしちゃうのはダメだよ。
仕事がなくても、勤務時間中は着席待機していなくてはね」

私;「はい。それは分かっています」



こんな無難な会話をしたが、このブログでは
『就労後の聴覚障害者問題』として、もっと本音を言い、
掘り下げてゆきたい。


まず

>「すぐ離席してどこかへブラブラと出掛けてしまうよ」

という勤務態度上の問題点は、どういうことだろうか。

これは実際に、私も以前に働いた会社で、やったことが
あるので、その話をしよう。

健聴者
(ここでは「健常者」と言っているのでないことに注意して
ほしい)
の立場から見れば、これは当然ダメなのである。
いや、誰から見たって、これはダメだ。

しかし、それでもこういう自分勝手な行動を表現するに
至ったのは、実はそれなりの理由があるのである。
言ってみたところで、周囲の人には「言い訳」としか受け
取られず、一層孤立していくだけなのであるが。

あんな異常な職場環境に、毎日毎日、何時間も何年も、
身を置き続けていたら、自分は悩み過ぎて、頭がおかしく
なってしまう。


確かに

「石の上にも三年」


なんて言う諺もある。
しかし、健常者には意味があっても、あれだけの
差別雇用を受けている聴覚障害者には意味がない。

あれほど人間扱いされていない環境で我慢できるのは、
せいぜい二年が限界なのではないだろうか。
それで、別の会社に行っても、また同じ目に遭う。
聴覚障害者差別による、その怒りのぶつけ所はどこへ
やればいいんだ?

五年も我慢したら、もうテロ自殺でもしてやりたくなるほど、
精神状態がおかしくなってきてしまうのである。

それがわからないのは、所詮、健常者は聞こえる人間
だからではないか。
他の障害者だって、所詮健聴者であり、この苦しみを
わかりはしないのだ。

もし、聞こえる人でも、それから五年間、ずっと耳栓を
つけたまま暮らせるだろうか――いや、誰もできやしない。

健聴者は誰にも、自分の身体でそんな危険な人体実験
なんかできない。
もしやったら、その人は、それまでの人生で築いてきた
多くの大切なものを失い、人格も変容してしまうだろう。

よく健聴者は、聴覚障害者の人格を疑うが、それは社会が
与えている“聴覚障害者差別”によって受ける悪影響を
知らないからだと言える。


〔参考情報〕


『コミュニケーションは、人間が生きるために必要なもの』
〔2012-02-18 01:19〕



『手話を学ぶ「はじめの一歩」は、聴こえない体験からしてみよう』
〔2012-01-08 23:5〕



『聴覚障害者の職場放棄』
〔2012-09-08 18:33〕





〔ろう者のコミュニケーション問題〕

また、この健聴者との会話では、下のような内容もあった。



私;「手話は、どうやって覚えたのですか?」

健常者;「手話の本を見たから、やってみたんだよ」

私;「じゃ、以前にろう者がいた時は、手話で話せたん
ですよね」

健常者;「いや、ダメダメ。
手話じゃ全然通じないよ。
ろう者とは筆談のほうが通じる。
ろう者と手話でやっても、通じなかった」

私;「・・・???」
(「じゃ、何で私とは手話でこれだけ通じるのだろうか?」)



やはり、この問題も出てきたか・・・。



〔関連事例〕

『手話・要約筆記通訳とは何か?』
〔2012-10-26 18:00〕



『職場における、ろう者への手話通訳の問題点』
〔2012-02-03 00:12〕




この問題は、ろう者と健聴者の“手話の違い”が
原因だと考えられる。
ろう者の手話は「日本手話」(伝統的手話)で、
それを知らない人には速くて通じない。
つまり

>「手話じゃ全然通じないよ」

という言葉の真実は、この健聴者はろう者の手話が
読み取れない、日本手話ができないから、だったというわけだ。

日本語対応手話は流暢に表出できる、
そして私の手話もちゃんと読み取れるのに、
そう言うのは、この人には、日本手話の読み取りが
難しいからだ。
これは、手話学習初心者には、たくさんいる。

健聴者向けの手話学習本のほとんどが「日本語対応手話」
だから、通じなかった、ということも考えられる。

実際、私も健聴者と手話で話す場合は、日本語対応
手話なのだから。
聴覚障害者でも、相手により“手話の切り替え”をする
人がいる。

ろう者とのコミュニケーションでは、ろう者の手話も
読み取れなければならないので、このようになって
しまったのだろう。


日本語対応手話の出現によって、確かに

「その手話学習法なら学び易い。
自分にも覚えられる」

と言って、手話に興味を持つ健聴者も増えた。
しかし、上のような“すれ違い”が起きた、ということも
事実だろう。

地域の手話講習会や(財)全日本ろうあ連盟が監修した
手話本などで手話を学んだ健聴者からは

「ろう者も、標準手話を学ばなきゃダメじゃないか」

と言う批判もある。

ハローワークの人からも

「ろう者も、手話通訳は勉強しないとわからない」

と言われていた。

しかし、それは手話未熟レベルの多くの健聴者に

「ごく一般的なろう者よりも、理事や手話講師、
手話通訳者のほうが(手話技術も)上」

だという思い込みもあるから、ではないだろうか。

しかし、手話講習会や本が紹介している手話は、
ろう者の手話の、ほんの一部分に過ぎないことも
理解してほしい。

と言うより、もう

「日本語対応手話は“手話”じゃない」

とか、

「連盟手話対策部の失敗だった」

とか、

「日本語対応手話ができるようになったぐらいで、
手話ができると思い込んでいる健聴者に、
お灸を据えてやるべきだ」

とハッキリ批判したほうがいいかどうか、
わからないが・・・。


実際は、健聴者が知らない手話のほうが、ずっと多いのだ。

手話学習者は、日本語対応手話だけでなく、ろう者本来の
「日本手話」も学んでほしい。
そして、相手によって使いわけることも大切だろう。

厳密には、ろう者と、盲ろう者、中途失聴者や難聴者、
それぞれに使う手話は少しずつ違うし、
その理由もちゃんとある。
日本語と同様に、手話も広くて、深いのだと思えばよい。



〔参考資料〕

『聾学校高等部卒業生の課題と就労支援について
── 職場での課題と卒業後の支援の現状 ──』
(岩 本 朋 恵 、濵 田 豊 彦)

http://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/65482/2/18804306_58_29.pdf


335ページの『図1 聾学校に求められる能力開発』を
見てみると、企業側は「コミュニケーション・スキル」を
挙げている割合が最も高いように見える。
でも、健聴者が考えているコミュニケーション・スキル
とは、何だろう?

もしかして、健聴者とろう者の間に、この点のズレが
あるのではないだろうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-21 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題E

健聴者にだまされたこと (1)

会社で、聞こえないということを都合よく
利用されるのは、聴覚障害者には
日常茶飯事です。

しかし

「あいつはどうせ聞こえない」

健聴者はそう思ってやっていても、
聞こえない人には健聴者の表情を見れば
わかること、状況で本音を推測できることは、
たくさんあります。

ただ、聴覚障害者は、思っているだけでは、
差別を訴えたりする裁判にしても、
勝てないだけです。
聴覚障害者でも裁判は起こせますが、
確実な証拠をつかめないと、
やはり勝てないのです。

それでも、過去に聴覚障害者が、
差別を理由に裁判を起こした例が
あります。
その聴覚障害者は、どんな差別的事由
から裁判を起こしたのか、私は知りませんが。

ジョブサーナからも聞かされたことがありました。

 →http://www.job-sana.com/info_0726/?cid=jsyh000001

以下が、サーナの大まかな説明でした。

「ある会社に勤務していた聴覚障害者が、
情報保障を求めたが拒否されたので、
裁判を起こした。
会社は裁判をいやがる。
だから、そういうことがあると、
聴覚障害者を雇用しようとしなくなる
可能性がある。
だから、情報保障は求めないほうがいい。」

これがサーナの会社面接アドバイスでした。

結局、今の状況では、オープンでもクローズ

(→当ブログ

『難聴者の会社面接対策(3)』
〔2011-07-07 20:55〕

参照)

でも配慮がほとんどないのは同じです。

ですから、会社に入るためには、面接段階は
とにかく、このようにするのが常識と考えた
ほうがよいと思います。


それでは、聴覚障害者が会社でだまされた
事例を紹介します。

ある日、Q社に2人(Aさん、Bさん)の
聴覚障害者が入社しました。
Aさんはろう者で手話ができますが、
Bさんは手話があまり得意ではありません。
その入社日のことです。

入社日には早速研修があり、健聴者も
6人ほど、Aさん、Bさんも交えて、
一緒に行うことになりました。

研修生が全員そろって着席し、
研修が始まりました。

講師は音声で説明しているのですが、
AさんとBさんは耳が聞こえないため、
話の内容がさっぱりわかりません。

「またこうなるのか」

と、Aさん、Bさんも少しウンザリした
表情を見せ合いながらもガマンして、
時々、周囲を見回したりして気分を
変えようとしました。

前を見ると、どうもそこに座っている
女の子が、他の人とはちょっと違って
いました。
時々、たどたどしい手話をやっている
のです。

「何だ? この人???」

とBさんは、研修説明をしている講師
よりも、そっちのほうに目が引きつけられて
しまいました。
それで、目の前の女の子に(手話で)
尋ねてみました。

Bさん;「この会社、手話サークルはあるの?」

その人;「いえ、私はここではなく、
CS社の社員です。
CS社では社内手話講習会も手話サークル
もあります」

Bさん;「で、CS社のあなたが、何でここに?」

その人;「今日、Q社の社内研修に聴覚障害
の方が来られるので、応援に頼まれました」

手話だからこそ、研修中にもこんな話のやりとり
ができるのです。
もちろん、Aさんも見ていました。

このやりとりをしたBさんは唖然としました。
CS社の手話サークル員が、Q社の研修に
手話通訳者として来ている、というワケだからだ。

聴覚障害者への情報保障を、そんなものでいい
と思っているなんて、怒りを通り越して呆れました。

このようなことは
『(仮)情報コミュニケーション法』で、
禁止できないものだろうか?

 →http://blog.goo.ne.jp/houantaisaku

→当ブログ

『『(仮称)情報・コミュニケーション法』って、何だ?』
〔2011-04-27 21:43〕


「どうせ入社日の1回だけしかやらないのだから、
これでいい」と会社は思っているのでしょう。


実は、Bさんは研修内容がわからないのが心配で、
事前に会社に

「自分で要約筆記者を頼み、連れて行きたい」

と申し出ていました。
しかし、会社からは断られていました。

理由は、前述したように、会社としてできるだけの
配慮はしているので、

「通訳を頼まなくても大丈夫です。
こちらで筆談をして説明しますから」

と言われていました。

ところが、当日になってみると、
こういうことになったのです。

こんな不快な思いをさせられている例は、
世の中にはまだまだたくさんあると思います。

いずれまた、これと同様の事例を紹介して
みます。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-20 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1

手話が全くわからない健聴者は、どうする? - ろう者とのコミュニケーション方法

手話が全くわからない健聴者は、どうする?
 - ろう者とのコミュニケーション方法



健聴者は、手話ができない人がほとんどだ。
そんな場合は下の記事のように、口話の使い方を、
ちょっと工夫する方法もある。

『口話で聴覚障害者に伝える時の注意点』
〔2014-08-05 18:30〕



しかし、手話にも挑戦してみてほしい。
自分でできる手話、つまり、誰にでも知っている手話
だって、あるのだから。
(手話と言うより、職場で使うサインということだが・・・)
自分で創意工夫した身振りでも、通じれば悪くはない。

もし積極的に手話を覚えたければ、手話講習会や、
手話サークルなどに通うのもよい。


私の職場のD上司は、いつも私の定時(退社時刻)に
なると、あるしぐさをして見せるようになった。
パソコンのキーボードを、ブラインドタッチするしぐさだ。

私は、この意味が、すぐにわかった。
なぜ、日本語説明を筆談してもらわなくても、
しぐさの意味がわかったのかというと、この時だけ、
毎日必ず、パソコンで勤怠入力(打刻)を行う規則に
なっているからだ。
だから、これは

「(時間だから)もう、上がっていいよ」

という意味なのである。


他にも、いろいろなジェスチャーなどを自然に、
使うようになっていた。


両手の人差し指をクロスさせて、私に見せる + 険しい表情。

この意味は、「ダメ」「良くないよ」という意味である。


私が「もう準備が出来たから、出発してもいいですか?」
と聞いたら、D上司は「バイバイ」と手を振った。

これは

「いいですよ。
行ってらっしゃい」

という意味である。
あえて、日本語で書かなくても、状況から云わんと
していることが、わかるのである。



ある日は、D上司はカレンダーの金曜日を指差しして
から、グラスを持って飲むしぐさを見せた。
これは「金曜日に飲み会がある」という意味だ。
私は職場の状況を理解しているので

「●●さんと××さんの、歓送別会ですか?」

と確認する。
D上司もすぐにYESの表情で答える。
それなら「参加するか?」という意味だろうから

「じゃ、参加します。
お金は幾らかかりますか?」

と聞く。
D上司は「いいえ」の身振りを見せる。

「(参加費は)タダだよ」

と言っているわけだ。

このように、健聴者がコミュニケーションに積極的になりさえ
すれば、オウム返しのマジック(※1)でも、コミュニケーション
ができるようになる。


(※1)
『聞こえなくてもわかる(通じる)
 - 健聴者の「身振り」と、私の「オウム返しのマジック」で』
〔2014-04-12 18:30〕




また、ある日のD上司は、書くしぐさをしながら探す
(キョロキョロする)表情を見せた。

これは

「筆談ボードはどこだ?」

という意味だ。


昔、ある福祉業者が、そんなオウム返しをする私を見て

「彼は頭が良いから、わかるんだ」

と言ったそうだ。
でも、この程度のことなら、誰にだってわかると思う。
むしろ、わからない健聴者のほうが、バカなのだと思う。


食べるしぐさを見せられることもあるが、時間帯によって
「昼食」の意味になる。
前後関係の状況と総合的に考えて「昼食食べた?」とか
「昼食にしていいよ」などとなる。


Hさんには

「通勤手段は、どうしているのですか?」

と聞いたことがある。
Hさんは立ったまま、電車のつり革につかまって、
身体をゆする仕草をしていた。

なるほど・・・。
朝の通勤電車では、実際にそうしている場面が多い。
実は、古い手話でも、これは「電車」の意味を表している
手話なのである。
コミュニケーションが上達するコツというのは、
“まず、とにかく試してみる”ものだ。

Hさんの身振りは、実は高齢ろう者が使っていた、
日本手話(伝統的手話)の一つなのである。
しかし、Hさんに、これがその手話だと知っていたはずがない。


自分で、そのときの状況を、身振りなどで表せば、
聞こえない人にも十分伝わる。
この技法を手話学では「写像的表現」と言うらしい。


こういうコミュニケーションの達人になるには、
どうしたらいいだろうか?

答えは、バーバル・コミュニケーションを止めることである。
バーバル・コミュニケーションに比重を置いたままでは、
いつになっても、ノンバーバル・コミュニケーションはできない
だろう。


ついでにだから、悪いコミュニケーションをする健聴者
の例も、あらためて少し紹介しておこう。


『聴覚障害者差別の原因は、健聴者の人格的欠陥にある』
〔2014-03-31 19:00〕




『労働問題にある、聴覚障害者とのコミュニケーション』
〔2014-04-25 18:30〕




『健聴者の「うなずき障害」』
〔2014-06-18 18:30〕




『職場内障害者授産施設の問題点と、コミュニケーション問題の原因』
〔2014-06-28 18:30〕




このような悪いコミュニケーションをしていると、
聴覚障害者から恨みを買うこと間違いなし、である。
仕事となれば、下の例のように、人事部に報告
されて異動されても、仕方がないだろう。(※2)


(※2)当ブログ

『労働問題にある、聴覚障害者とのコミュニケーション』
〔2014-04-25 18:30〕



『上司が異動、交代へ。』
〔2011-10-04 18:00〕


参照。

[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-19 18:30 | コミュニケーション能力

鴨川シーワールド:イルカ「しゃべった」 8種類をまねる

http://mainichi.jp/select/news/20140818k0000e040209000c.html


鴨川シーワールド:イルカ「しゃべった」
 8種類をまねる


毎日新聞 2014年08月18日 14時45分(最終更新 08月18日 17時23分)

 イルカが言葉をしゃべった−−。

村山司(つかさ)・東海大教授(54)らの研究チームは、イルカが
人の言葉をまねられることを世界で初めて証明し今月、国際
心理学誌電子版に発表した。

「しゃべった」言葉は「ピヨピヨ」「おはよう」など8種類。
イルカとの会話を夢見て研究者になった村山さんは「あと一歩」
と胸を躍らせる。

【永山悦子】


 ◇「次は会話」夢見て

“話し手”は、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)で飼育されて
いるシロイルカの「ナック」(推定29歳)。
飼育員が「ピヨピヨ」と声をかけると、上手に「ピヨピヨ」と返し、
他に「ほう?」「ハハハ……」もまねてみせる。

 イルカは、口ではなく、頭の上にある小さな呼吸孔(鼻)から
鳴き声を出し、仲間同士のコミュニケーションに利用している。
ナックも呼吸孔を使ってまねをする。
抑揚が少ない言葉はまねにくいようで、「つかさ」という村山
さんの名は明瞭に聞き取れないこともあるが、村山さんは録音
を再生しながら「ほら言ってる」と興奮。

実際、ナックの声の周波数(音の高さ)やリズムを分析すると、
飼育員が「つかさ」と話す声と同じパターンだった。
「自分の名を言ってくれたのは、最高の感動」と声を弾ませる。

 村山さんは高校1年のとき、人の言葉を理解するイルカが
出てくる米映画を見て、「自分もイルカと話したい」と研究者を
志した。
イルカの認知機能を扱う研究室はどこにもなかったが、東京大
の研究者が受け入れてくれた。
今も国内で同分野を専門にしているのは村山さんだけで、
手探りで研究を重ねてきた。

 ナックとの付き合いは20年以上で、言葉の訓練は2003年
から始めた。
これまでにナックにフィン(足ひれ)を見せると短い高音、
バケツは低音、ゴーグルは長い高音と、見せた物に応じて違う
鳴き声を出させることに成功した。
さらに記号を見せて「AならばB」「BならばC」と覚えさせ、
「A」を示しただけで「C」を選ぶ三段論法的な思考ができること
も確認している。

 今回は、人の発した言葉をナックが自らまねていることを、
音波や周波数の丹念な分析から証明した。
まだ「オウム返し」の段階だが、村山さんは「物に合わせた
鳴き声を発することができるので、言葉の意味を理解して発音
することができるはずだ」と期待する。
最終的には、村山さんらが「何がしたい」と聞けば、「エサを
食べる」「遊びたい」と会話できるようにしたいという。


================================





イルカも「オウム返し」を使うのか。
オウム返しと言ったら、私の得意技だ。
言い返してみて、合っているかどうか、確認する。
もし違ったら、また別の言葉を頭の中の引き出し
から探し出し、言ってみる。
視覚で相手の表情、反応などを見て、そのすり
合わせ作業を詰めて行く。

イルカもおそらく、ただのマネではない。
相手との双方向コミュニケーション方法を学習する、
高等技術ではないか、と思う。
イルカのナック氏も、それができるみたいだが。



>「バケツは低音、ゴーグルは長い高音と、
見せた物に応じて違う鳴き声を出させることに
成功した。」


これって、まさに言語獲得が難しいものに対して、
言葉の訓練をする場合、有効な方法だと思える
のだが。
ろう学校の教育にも使える方法ではないだろうか。

動物と同じ扱いにするわけではないのだが、
言いたいことはつまり、聴こえない子どもに、
言葉を音声言葉だけで教えてもムダ。

ならば、手話も含めた視覚情報と文字で日本語を
教えたら、意味を正確に伝えられる文章を書ける
ようになるし、逆の文章読解力だって身につくのでは
ないだろうか。
社会に入ったら、筆談でも困らないことになるが。
もちろん、手話も広めていく。

これが成功すれば、今までのろう学校の教育は
間違っていた、ということになるのだが。


発声訓練に重点を置く、今のろう学校の子どもが
書いた文章力は、下の資料を見てみればわかる。


『教科指導と日本語 -日本語指導が必要な聴覚障害生徒のために-』
〔河野美沙子〕

[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-18 21:16 | コミュニケーション能力

<終戦記念日>戦車に「肉弾特攻」、下っ端兵士は骨も残らず


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000041-mai-soci



<終戦記念日>戦車に「肉弾特攻」、
下っ端兵士は骨も残らず


毎日新聞 8月15日(金)15時0分配信


◇大阪の89歳渡部さん「悲惨さ、忘れない」

 満州(現中国東北部)の静かな平原。爆音とともに、戦車から
上がった黒煙。

大阪市北区の渡部(わたなべ)清数さん(89)は69年前の光景
を今でも鮮明に覚えている。
終戦直前、満州に侵攻した旧ソ連軍の戦車に、日本軍は爆薬を
詰めた木箱を抱えて突撃した。

「自分の足で走って戦車に体当たりする。
かっこいいなんてものじゃないです。
そんな悲惨な特攻があったことを忘れないでほしい」。

69回目の終戦記念日。
渡部さんは次世代に託すために記憶の糸をたどりながら語った。

【遠藤孝康】


【ビジュアル年表】真珠湾攻撃、東京大空襲、原爆、玉音放送
…69年前の日本を振り返る


 現在の韓国・釜山(プサン)で生まれ、高等小学校を卒業して
関東軍測量部に志願した。
当時14歳。
厳しい規律の中で軍国主義をたたき込まれた。
1945年2月、20歳を前に徴兵検査に合格し、軍属から軍人に。
配属されたのはソ連との国境を守る部隊だった。

 8月9日未明、ソ連軍は国境を越えて満州に侵攻した。
渡部さんらの部隊は国境付近の虎林(こりん)市の郊外で陣地
を作って待ち構えたが、下った命令は

「部隊の主力は後方へ退却。
残る部隊で侵攻を食い止めよ」。

渡部さんら約150人が陣地に残った。


 だが、戦車を連ねるソ連軍に、渡部さんらの歩兵部隊が
太刀打ちできるはずもなかった。
そこで上官が命じたのは、約10キロの爆薬が詰まった木箱を
抱えて戦車に体当たりする「肉弾特攻」だった。

「これでお母さんともお別れだな。
それでも戦車1台やっつけられたら軍人として本望だ」

と思った。

 平原の小高い丘から先陣の攻撃を見守っていると、「ボーン」
という爆音とともに戦車の近くで黒煙が上がった。
「やったぞ」と思ったが、煙が消え、現れたのは何事もなかったか
のように動き始めた戦車だった。
突撃した兵士の体は消えていた。
後に続いた数人の兵士は体当たりできずに狙撃された。

 渡部さんも爆薬を抱えて丘を駆け下り、木陰に伏せた。

「だが、それ以上は前に進めませんでした。
少しでも動けば弾が飛んでくるんですから」。

それからの数分間は記憶がない。
徹夜が続いて疲れ切っており、伏せたまま眠りに落ちたのだと思う。
目が覚め、陣地へ戻った。
責められると思ったが、意外にも「よく戻ってきた」と言われた。

 数日後、戦争は終わった。渡部さんらは捕虜となり、シベリア
へ送られた。
3年間の抑留生活。
十分な食料もないまま、農業や森林伐採の労働に駆り立てられた。
帰国後は、シベリアで患った結核で6年間の入院生活を強いられた。
渡部さんは

「死ぬか生きるかギリギリの線だった。
僕は生きる側の方に針が振れただけだ」

と言う。

 近年、特攻をテーマにした映画や書籍が話題を呼ぶが、
渡部さんはこう言う。

「戦車1台壊すためにキャタピラー(走行用ベルト)めがけて体ごと
突っ込む。
骨も残らないです。
下っ端の兵はそういうふうに死んでいった。
それが戦争です。
僕たちは敗戦の上に立ち、平和をつくっていかなければならない」


 ◇関東軍

 日露戦争後にロシアから租借権を得た遼東半島先端の関東州と、
南満州鉄道の権益を保護するため、日本は関東都督府を設置。
その陸軍部隊が1919年に独立し、関東軍となった。
31年には満州事変を起こして中国東北部を占領し、翌32年、
満州国を建国した。
建国後は関東軍も首都の新京(現在の長春)に司令部を置いた。
45年8月の旧ソ連による参戦で壊滅的な打撃を受け、戦後は
将兵の多くがシベリアに抑留された。



================================





「戦争は、人間を鬼畜にする」

戦争体験者のそんな言葉を、見たことがある。

最近、集団的自衛権の論争で、なかには

「国を守るためだから、仕方がない」

というふうな考えを口にする人がいて、驚く。
なぜだろう。

その

「国を守るためだから、仕方がない」

と言っている人は、戦争に行く人が自分や、
自分の愛する家族ではないと思っているから、
そんなことが言えるのではないだろうか。
自分の身に降りかかることとして考えれば、
簡単にそんなことが言えるはずがない。

戦争の前に、最善を尽くすことを忘れていないか。
それが平和の思想だと思うのだが。
それが相手に通じない時、戦争をするしかない、
と思うだろう。
だが、その時こそ「戦争は、人間を鬼畜にする」のだ。

一度、その罠に入ってしまったら、今、世界中で起きて
いる戦争(ウクライナ、ガザ、イラクなど)のように、
一体どれだけの犠牲者が出ることだろう。

死ぬか、たとえ生き残っても、みじめな記憶とともに
生きていかなければならない。
それを、戦争体験者が教えてくれる。
戦争を知らないが、その悲惨さ、人間を堕落させる
ということを知ろうとしない、理解しようとしないことは、
“無関心”だ。
無関心が案外、一番恐ろしいのかもしれない。

「愛の反対は憎しみではない。無関心だ」 ――マザー・テレサ

確かに、有事の場合、自衛隊が国を守らなくては、
誰が守るというのか。
NHKテレビで、自衛隊幹部候補生が皆、自分の命にかえてでも、
国のために任務を遂行することを宣誓している。
これからは実際に、戦争に出て、命を落とすことがあるかもしれない。

戦争をする者だけでなく、戦争を容認すること、
それに傍観者になることも、悪ではないか。
そうすると、戦犯者は安倍首相は勿論、私たちもなる。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-15 20:48 | 社会

漢字の読み方が自己流 - 聴覚障害者のウィークポイント

〔関連記事〕

『漢字の読み方を忘れる - 聴覚障害者のウィークポイント』
〔2014-04-26 18:30〕



最近、話題になっていた、長崎県の「佐世保市」。

これが、ニュースで詳しく言われるまでは、
私の読み方は「さよほし」だったのだ。

「こんなのは、わざわざ調べなくてもわかる」

という自分の思い込みが、いけなかったのだが。

NHKの手話ニュースにはルビがついているので、
それで正しい読み方を、初めて知った。

だからそれまでは、有名な「佐世保バーガー」も、
ずっと「さよほバーガー」と一人で言っていた。

多分、どこかで聞こえていた人には、
知らずに笑われていただろう。

言い慣れた「さよほ」を、今さら「させぼ」にするのも、
なかなか難しいような気がする。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-15 18:30 | コミュニケーション能力

いちゃりば えん(秋葉原本店) - 沖縄元気料理

いちゃりば えん(秋葉原本店)

 東京都千代田区神田佐久間町1-6-5 アキバトリム5F



☆ランチタイムのお食事☆

『がちまやご膳』(1380円)
ソーキそば、海ぶどうサラダ、ゴーヤチャンプル、
ブルーシールアイスクリーム(ご飯サービス)の
沖縄の代表的料理セット。
海ぶどうの食感は、たまらない。
普段は単品では高価だが、このセットで一人前でも
食べられるのは嬉しい。
a0196876_3485490.jpg


『ゴーヤチャンプル』
ゴーヤの苦味を和らげるためか、鰹節がたっぷり乗っている。
a0196876_3501550.jpg


『海ぶどうサラダ』
このプチプチ感はキャビア以上に美味い!
a0196876_3512941.jpg


『ソーキそば』(単品は780円)
夏はもう、絶対ソーキそばを食べるのは外せない。
勿論、一年中いいが、特に夏にいいと思う。
スープの中に、ソーキとそばが入っているだけの
シンプルな食べ物だが、これが飽きない。
a0196876_3544664.jpg


『ブルーシールアイスクリーム』
牛乳の味がベースのジェラート感覚で、中に砕いた
アーモンド風味クッキーとか混ぜ込んでいるような味です。
a0196876_3543313.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-14 18:30 | 食べ物

9月は障害者雇用推進月間 「チャレンジ雇用」とは

来る9月は『障害者雇用推進月間』だ。


障害者雇用推進月間は、ヘレン=ケラー女史の
日本訪問がきっかけになっていたらしい。


『障害者雇用促進月間 - 厚生労働省』
(厚生労働省 平成14年8月30日発表)





就職活動中の聴覚障害者は、着々と準備を進めて
いるだろうか。
履歴書と職務経歴書は、パソコンでつくっておくと
便利だ。
勿論、面接では「自分でつくりました」とPRすることも
忘れずに(書類選考が通ればの話だが)。

「どうせ、他人がつくったのだろう」

と、思い込む面接官もいるらしい。

そのほかにも、特に、面接でしゃべるのが苦手な人は、
いっそのこと自分のPR書をつくって、応募書類に同封
するとよい。
自分のウリをできるだけたくさん書いたほうがいい。
能力と積極性がある人のほうが、注目される。
そうすると、面接官はその点の詳細をほぼ、聞いてくる
(書類選考が通ればの話だが)。

それを想定し、答え方を考えておくというシュミレーション(※1)
をやっておく。
こうすれば効率的だし、面接もある程度やりやすくなると思う。
自分だけで考えず、専門の人に相談しアドバイスも受けたほうがいい。


(※1)
『シュミレーションとは (シュミレーションとは) [単語記事] - ニコニコ大百科』
「英語で書くと"simulation"であり、カタカナ表記では
「シミュレーション」の方が本来の発音 に近い。」





『[PDF]チャレンジ雇用とは、知的障害者等を、1年以内の
期間を単位として、各府省・各自治体に おいて、非常勤
職員として雇用し、1~3年の業務の経験を踏まえ、
ハローワーク等を通じて 一般企業等への就職につなげる
制度です。』



聴覚障害者にもジョブコーチ制度はある。
「チャレンジ雇用」とは違うらしいが、
過去には「トライアル雇用」(最高3ヶ月間)というのが
適用できた。



『障害者雇用助成金を飲み代に遣ってしまう会社』
〔2012-02-21 20:05〕



『聴覚障害者ジョブコーチ制度』
〔2014-08-03 18:30〕




『ジョブコーチの役割とは?』
〔2014-08-04 19:00〕




しかし、認知度はまだまだである。

「聴覚障害者にジョブコーチなんて、必要なの?」

という声もあるらしい。



==============================


東京しごとセンター


東京しごとセンターの手話通訳サービス相談



東京しごとセンターでは、仕事探しに関するご相談や、
就職活動支援セミナーなどをご利用になる際に、
手話通訳サービスをご利用いただけます。

利用時間
月曜日~金曜日の9~20時の間
セミナーでのご利用を除き、原則として1回1時間と
させていただきます。

利用料
無料

申込方法(事前予約制です)
まずはご希望の利用日と時間、利用目的などを利用
希望調査書(PDFファイル)にご記入の上、下記まで
ご連絡ください。
追って、利用申し込みに際してのご説明などのために、
東京しごとセンターよりご連絡を差し上げます。
手話通訳者派遣の手続きや書類の準備がございます
ので、ご利用希望日の10営業日前までにご連絡くだ
さいますようお願いいたします。


==============================




これでは面倒だと思われる方も多いと思うだろうから、
いっそのこと、自分の住む管轄地のハローワークで、
手話通訳のつく日を調べて行ったほうがいいと思う(予約不要)。

しかし、その場合、混んでいる時は順番待ちすることもある。
手話通訳者の派遣時間帯も限られているので、
そこがやはり心配になる。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-13 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A

トランスコスモス株式会社の障害者雇用 - 手話などによる、聴覚障害への配慮例

トランスコスモス株式会社の障害者雇用 - 手話などによる、聴覚障害への配慮例


当ブログでは『就労前・後の聴覚障害者問題』を執筆
しているが、これは問題解決のための、良い事例として
紹介できるだろう。

全国的に見ると、まだまだ貴重な事例ではないかと思う。

配慮例



デフリンピック選手育成や、手話通訳サポートスタッフもあるそうだ。

『障害者雇用促進』


『トランスコスモス、ろう学校への出張授業を実施』
[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-12 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(178)
(94)
(51)
(47)
(40)
(33)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)
(1)

ブログパーツ