<   2014年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧


http://news.yahoo.co.jp/pickup/6122059


連立を優先した「平和の党」

強気の首相、公明押し切る
=「平和の党」連立を優先
−集団的自衛権〔深層探訪〕


時事通信 7月5日(土)8時26分配信

 集団的自衛権の行使容認をめぐる政府・与党内の攻防は、
安倍晋三首相が公明党を押し切る形で決着した。

「平和の党」を看板に掲げる公明党は当初、行使容認に抵抗
したが、「連立離脱」を封印したことで強気の首相をとどめる
すべがない。

自民党が1972年の政府見解に基づく自衛権発動の新3要件
を示したことが呼び水となり、公明党は妥協に傾いていった。

国会で議論尽くせ=集団的自衛権


 ◇72年見解で接点

 「公明党の北側一雄副代表は、72年見解をのめば党内を
まとめると言っています」。

6月10日、首相官邸執務室。
与党協議の座長を務める自民党の高村正彦副総裁は首相と
向き合うと、72年見解を根拠に、公明党との合意を図る考え
を伝え、了承を得た。

 公明党の山口那津男代表らは当初、

「解釈変更は憲法精神にもとる」

と主張、憲法改正によらずに集団的自衛権行使を可能に
しようとする首相をけん制した。

これに対し、首相は5月15日の記者会見で、行使できる
ケースを限定する「限定容認論」まで譲歩する姿勢を示した。

公明党幹部からは

「首相が降りたのに、うちは1ミリも譲らなくていいのか」

との声が漏れた。

 これと前後して、公明党執行部では、政府の従来見解との
「論理的整合性」(山口氏)が不可欠との立場から

「72年見解なら政府・自民党と接点を探れる」

との考えが浮上。
北側氏は高村氏と水面下でも接触を重ね、こうした公明党内
の空気を伝えた。

 こうして高村氏は6月13日の第6回与党協議で、座長私案
として新3要件を提示。
文言修正を経て、7月1日の合意に進んだ。
公明党幹部は

「座長私案は公明案みたいなもの。
あのときが潮目だった」

と振り返る。

 1日、閣議決定を受けた記者会見で、首相は満足げに語った。

「連立与党が濃密な協議を重ねた結果だ」


 ◇米反応も誤算

 公明党で最終局面まで慎重姿勢を崩さなかった山口氏にとって
は、米政府の反応も誤算だった。
自他共に認める安全保障政策通の山口氏はかねて

「米国は行使容認一辺倒ではない」

と主張していたが、4月に来日したオバマ米大統領は首相との
首脳会談で、行使容認に向けた首相の取り組みに支持を表明
したためだ。

 与党協議が大詰めを迎えた6月、山口氏はハドリー元米国家
安全保障担当大統領補佐官ら、米国の知日派知識人と相次い
で会談したが、いずれも行使容認を歓迎する意向を示したという。

山口氏の主張は説得力を失い、公明党幹部は

「裏で外務省が糸を引いていたのでは」

とほぞをかんだ。

 公明党は限定容認を受け入れたものの、自民党との間には
火種が残る。
11回を数えた与党協議では、集団的自衛権に基づく武力行使
であるシーレーン(海上交通路)の機雷掃海が認められるか
どうかは詰め切れなかったためだ。

 国連安保理決議に基づく集団安全保障措置への対応も積み
残しとなった。
政府が作成した想定問答集では

「新3要件を満たすならば、憲法上『武力の行使』は許容される」

と明記。

1日の自民党会合で、高村氏は

「公明党には、引き続き集団安全保障はやらざるを得ないと
言ってある」

と譲らない考えを明言した。



===================================



公明党の本意ではなかったとはいえ、やはり責任はあると思う。
連立政権をとっているのだから。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-07-06 17:37 | 社会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00000052-asahi-pol


国会でも女性蔑視ヤジ
「まず自分が産まないとダメだぞ」


朝日新聞デジタル 7月3日(木)23時0分配信

4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合(うえにしさゆり)
議員(31)=比例近畿ブロック=が質問中、委員会室にいた男性議員
から

「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」

というヤジを受けていたことがわかった。

東京都議会で塩村文夏(あやか)都議(35)に対する女性蔑視のヤジが
問題になったばかりだが、国会でも行われていた。

 朝日新聞が4月17日に行われた同委員会の映像データを確認した
ところ、上西氏が新藤義孝総務相に

「一極集中を防げれば、過疎化も解消される」

と質問している最中、男性議員がヤジを飛ばした。
上西氏側によると、ヤジの前に「早く結婚して」という発言もあったという。
周囲からは笑い声が起き、上西氏は「がんばります」と返した。
その際、高木陽介総務委員長(公明)が

「不規則な発言は注意してください」

と制した。
高木氏は

「このヤジについては覚えていない。
これまでも議事進行のために、不規則発言は注意してきた」

と話している。

朝日新聞社



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20140704k0000e040198000c.html


<国会ヤジ>「産まないと駄目」に
森雅子氏「マタハラだ」


毎日新聞 2014年07月04日 12時58分
(最終更新 07月04日 14時09分)

日本維新の会の上西小百合議員(31)が4月、衆院総務委員会で

「早く結婚して子供を産まないと駄目だぞ」

と女性蔑視のヤジを浴びた問題で、森雅子・少子化担当相は4日、
閣議後記者会見で

「こういった発言やハラスメントはセクハラに限らずさまざまある。
マタハラ、妊娠出産の女性へのハラスメントだ」

と厳しく批判した。

 森少子化相は

「発言が自民党議員だとしたら、党としてもしっかりと対応を取るべきだ」

と指摘。

「私自身も仕事をする中、大臣職をしている中でさまざまなことがあった。
都議会の問題も今回の問題も、党派を超え女性の立場として断じて
許されない」

と怒りをあらわにした。

 上西氏がヤジを浴びたのは4月17日、衆院分館で開かれた総務委員会。
発言者については、自民党男性議員の名前が取りざたされている。
上西氏は、美容関係の会社などに勤務し、2012年衆院選で大阪7区
から初めて立候補。
次点となり、比例近畿ブロックで復活当選した。

【江口一、本多健】



===================================



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000098-jij-pol


自民・大西氏、やじ認め謝罪
 =「早く産め」反省を
 ―維新・上西氏


時事通信 7月4日(金)14時27分配信

日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=が国会で
質問中にセクハラに当たるやじを受けた問題で、自民党の大西英男
衆院議員(67)=東京16区=が4日、上西氏に電話し、やじを自らの
発言と認めた上で

「ご迷惑をお掛けし、申し訳なかった」

と謝罪した。
上西、大西両氏がそれぞれ明らかにした。

 上西氏は4日、大阪市内で記者団に、4月17日の衆院総務委員会
で人口減少問題について質問した際、自民党席から

「結婚して早く子どもを産め」

とのやじが飛び、拍手や笑い声が起きたと説明。
大西氏の謝罪を受け入れる考えを示す一方、

「非常に残念で情けない。
自民党議員は意識を改善し、真摯(しんし)に少子化対策に取り組
んでほしい」

と反省を促した。



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20140705k0000m010053000c.html


女性蔑視ヤジ:自民の大西議員の
謝罪全文


毎日新聞 2014年07月04日 20時17分
(最終更新 07月04日 20時23分)


 日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=に対し、
衆院総務委員会で女性蔑視ヤジを飛ばしたことを認めた自民党の
大西英男衆院議員(67)=東京16区=は4日夕、自身の公式
サイトに

「ライフワークである少子化問題にさらに一層の努力を続けて
いきたい」

などとする謝罪文を掲載した。
全文は以下の通り。


 ◇謝罪全文

 昨夜から総務委員会の4月17日における不規則発言について
様々な問い合わせがある。
これを受けて、当時の映像等を精査した結果、私の発言があった
ことを確認した。

 質疑者の上西小百合議員とは党派は違っても同期生のよしみで
日頃から親しく意見交換している。
つい、そうした親しみから不用意な発言をし、上西議員に対して
ご迷惑をおかけしたことを反省している。
今日午前中に上西議員に対して謝罪の電話をおかけしたところ、
快く受け入れていただいた。
 私は、今後、自らの発言について十分に注意をしていかなくては
ならないと肝に銘じている。
 そして、私のライフワークである少子化問題にさらに一層の努力
を続けていきたいと思う。
 総務委員会における不規則発言により、日頃からご指導、ご支援
をいただいている皆様や今回の発言でご不快な思いをなさった方々
に対して、多大なるご心配やご迷惑をおかけしたことを、心から
お詫び申し上げます。

        衆議院議員  大西英男



===================================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00000097-san-pol


大西衆院議員を厳重注意
 セクハラやじ 石破氏、
処分はせず


産経新聞 7月5日(土)7時55分配信

 日本維新の会の上西小百合衆院議員に国会でセクハラやじを
飛ばしたとして自民党の大西英男衆院議員が謝罪したことを
受けて、同党の石破茂幹事長は4日、大西氏を電話で厳重注意
した。
処分は行わない方針だが、都議会に続く所属議員のセクハラ発言
発覚とあって、党のイメージダウンは避けられそうにない。

 石破氏は党本部で記者団に

「党を預かる者として大変申し訳ない」

と自らも陳謝した上で、大西氏から報告があった際に厳重注意
したことを明らかにした。
処分については

「自ら名乗り出て謝罪した。
『議員を辞めるべきだ』ということではない」

と述べた。

 しかし、東京都議会で問題になったセクハラやじ発言が
永田町にも飛び火したことで、自民党執行部は、13日投開票
の滋賀県知事選にも影響しかねないと神経をとがらせている。
週明けにも石破氏の名前で全国会議員と都道府県連に対し、
発言への注意を促す文書を送る方針だ。

 一方の維新は4日、松野頼久国会議員団幹事長名で

「自民党のおごりや体質を物語るものだ」

と批判する談話を発表した。

ただ、松井一郎幹事長(大阪府知事)は大阪市内で記者団に

「上西氏も『レベルの低いやじがなくなればそれでいい』と
言っており、尊重したい」

と述べ、今後追及しない考えを明らかにした。



===================================



http://mainichi.jp/select/news/20140709k0000m040029000c.html


都議会ヤジ:自民の吉原議運委員長が
各会派に再調査要請へ


毎日新聞 2014年07月08日 18時58分
(最終更新 07月08日 19時19分)


 東京都議会の女性蔑視ヤジ(6月18日)問題で、都議会議会
運営委員会の吉原修委員長(自民)が各会派に再調査を要請
することが分かった。
正副委員長による8日の会合で確認した。

発言を認めた鈴木章浩議員=自民党会派を離脱=以外のヤジ
について都議会は6月25日、「再発防止に努める」とする決議案
を可決する一方、鈴木議員以外の特定を見送り、批判が相次い
でいた。

 鈴木議員はみんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員に

「早く結婚した方がいいんじゃないか」

と発言したことを認め謝罪した。
しかし、

「自分が産んでから」

など他のヤジもあったとされる。

【竹内良和】


===================================




最近のヤジ問題などで、さらに内閣府支持率が低下したことで、
やっと再調査要請に動くとは、本当に鈍いものだ。


===================================



http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140709/Kyodo_BR_MN2014070901001413.html



国会でセクハラやじ横行、
鮮明に 衆参の女性議員に
アンケート


共同通信 2014年7月9日 17時40分
(2014年7月9日 17時42分 更新)

東京都議会や国会のセクハラやじ問題を受け、共同通信が9日
までに衆参の全女性国会議員78人にアンケートした結果、
12人が

「女は黙ってろ」

と言われたり、

「離婚しただろう」

「早くやめろ」

などのやゆや暴言を受けたり聞いたりしたことを認めた。

セクハラに限らず、国会で品位に欠ける女性蔑視やじが横行
している実態が鮮明になった。

 アンケートには26人が回答。このうち、日本維新の会の
上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=を含む3人は、
セクハラやじや暴言を受けたとし、9議員は容姿や身体的
特徴に触れるなどの不適切なやじを聞いたことがあるとした。



===================================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-07-04 23:51 | 人権、差別

障害者の性

熊篠慶彦(くましの よしひこ 〔脳性まひ障害〕)

子宮委員長はるの子宮委員会
『リリー・フランキーさんと熊篠くん。』
〔2013-01-21 13:40:07〕



>「・・・しかし、そんな熊篠くんに対して、同じ障害者から、
反対の声もあるという。

“車椅子の障害者に性 欲 求 があることを知られると、
周囲のボランティアの人々などが、冷たくなる”。

どういうことなのだろうか?」




障害者の性にも偏見がある?

聴覚障害者には、そう感じることはない気もするが、
周りの障害者を見てみると、確かにそうみたいだ。

障害者だって、普通の人間だ。
性欲もあるし、犯罪だってする。
健常者が24時間テレビなんかつくって、
障害者を勝手に聖人化したんじゃないのか?
それが偏見の真実なのだろう。

バリバラは障害者もレギュラーで出演し、本音を言うけれども、
24時間テレビはお客様という感じで障害者が出てくる。
それも、頑張る姿ばかり映し出して、募金額を上げようとする。
障害者も「あれが、本音なのかいな?」と思うような言葉しか
出さない。
全く、気分が悪い番組なのだ。
あの番組に出ている障害者にも、社会に偏見を生んだ責任は
あるだろう。

でも、そんな偏見をパワーに変えて、生きている障害者もいる。
真に自由でパワフルな障害者は、偏見もバリアも、みんな
自分の力でぶっ壊してゆく、愉快な人生を楽しむのだ。


ラジオは聴覚障害者にとってはバリアだが、『バリバラR』の
PDF版もある。

テーマ;「障害者の性 - SEXの悩み」



しかし、正直に言って、SEXの話を会社の文書のようなPDF
資料で読んでも、雰囲気的にわからなくて面白くない。
やっぱり雑誌のほうが、写真やイラストなども随所に挿入されて
いるし、記事もうまく書けていて、いいと思った。
特に、イラストが面白く描けている場合が多いので、
読んでいて面白くなる。
しかし、しゃべりをそのまま、通訳のまま読んだだけでは、
随分違うと感じる。


ところで、聴覚障害者の性というのも、面白い話がある。
それは日本手話を使うろう者なのだが、彼らの手話は、
実にリアルで面白いのだ。

ある手話通訳者は

「ろう者のエッチな手話は、天才の域だよ。
健聴者は誰も、あのようには表現できない」

と言う。

ろう者の手話には、初めて見た健聴者には“わかりにくい手話”と、
初めて見た健聴者にも“わかりやすい手話”があるようだ。
エッチな手話は後者だ。
これはもう、誰が見ても、意味がわかる手話だ。

でもその表現力が豊かな手話は、手話講習会では決して見れない
手話なので、これを見たかったら、ろう者と個人的にも親しくなる
よりほかに、方法がない。

あるいは、手話サークル学習会や講演会が終わった後などにある、
ろう者も一緒に行く酒話会(手話でおしゃべりをする飲み会)に行くと、
ろう者が個人的に指導してくれる場合もある。

実際、彼らのエッチな手話で手話力が目覚めた健聴者も少なくない。
ろう者との仲も良くなり、個人授業が一気に進んで、
確実な手話上達につながる。
だから、本気でろう者の手話を覚えたかったら、酒場などに行って、
ろう者にエッチ手話の授業を受けるとよい。
“エッチ”と“日本手話の知識(聾語学)”が、一挙両得になるはずだ。
彼らは健聴者以上に、どちらもよく知っているのだから。



〔参考情報〕
『書評で人と本をつなげるブログ/ブックハウス』
[PR]
by bunbun6610 | 2014-07-02 18:30 | バリア&バリアフリー
『「しつこい」と「しっこい」

 - 日本語の促音は感音性難聴者にとって、聞き取りにくい』

 ※これは、感音性難聴者の、語音明瞭度についての話でもある。
  学習障害とも、関係が深い話と思っていいだろう。



当ブログでは聴覚障害について、いろいろな説明を
試みているが、あくまで素人の記述である。

だが、当事者の体験などに基づいて書いているわけで、
それはそれで、何かの役に立つかもしれない。

聴覚障害のことは、健聴者にはわからないことが多い
のではないか、と感じるので、参考にはなるだろう。

勿論、聴覚障害の症状は人により千差万別、と
言われるので、一概にこうだと言えるものではない
ことも、忘れないでほしい。


さて、今回は「学習障害」について話そうと思う。
「コミュニケーション障害」「情報障害」「関係障害」
などの他にも、いろいろな障害が連鎖的に起こる。
それが、耳の障害なのだ。
幅広い障害になってしまう、と思ったほうがいいだろう。



「ベルリッツは、しつこい。」


最近の、電車内の広告にある文字だ。

私は大人になっても、ずっと「しつこい」という日本語を
「しっこい」と読み書きしていた。
一体、この言葉を覚えるのは、健聴者ならば何歳ぐらい
だろうか?
おそらく、中学生になるまでは、知っているのではない
だろうか?

中学生の時、同級生がこの言葉を使っているを聞いたこと
がある。

「あいつの話は、しつこい!」


とか、他人の良くない噂話をする時に、出てくる言葉だ。
感音性難聴だった私は、間近で幾ら聞いても、その言葉を
聞き取ることができなかった。
その話に興味があるというより、聞き取れなかった日本語
を早く覚えたくて、何度も

「え? 何? 何て言ったの?」

と聞き返した。
それも含めて

「お前は、しつこい!」

と言われた記憶がある。
同級生は声を大きくして言うが、それでもよく聞き取れない。
そして最後は怒ってしまい

「しっこい!!!」

と、怒鳴っていた。
この言葉は、怒った時に言われると「つ」の部分が、
促音のように聞こえる気がした。
「つ」が、どうしてもよく聞き取れなかった。

もう仕方がないので、自分でこの言葉を、想像してみた。

「し●こい」

これが「しこい」のはずがない。
「●」の音は、ほとんど聞き取れなかったのだが、
「し」と「こい」の間に、微妙な何かがあることは
感覚的にわかった。
もう少し小さな子どもがよく使う、似たような言葉
だったら、「おしっこ」がある。
それで、「●」の部分は、この「っ」(促音)に違いない、
と思い込んだのだ。

以来、ずっと私は、「しつこい」を「しっこい」と
言っていたり、書いていた。

そんな気がつかない失敗が、数え切れないほどある。
今はパソコンで自習できるし、メールのやりとりなどで、
自然に覚えられる時代だが、昔は一度思い込んでしまったら、
ずっとそれが直らなかった。

健聴者には

「聴覚障害者はバカだ」

と言われることがある。

それがある意味で、当たっていることまでは否定しない。
けれども、なぜそうなのかを知ろうとしないのは、
そしてどうしたらよいのか考えようとしないのは、
健聴者社会の傲慢ではないか、と思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-07-01 18:30 | 聴覚障害

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610