<   2014年 04月 ( 44 )   > この月の画像一覧

「これって差別 or 配慮?!」

「これって差別 or 配慮?!」

副題A;『電話予約ができない聴覚障害者は後回しに・・・。
床屋さんで、その他で・・・。』

副題B;『病院(健康診断の胃部レントゲン検査)で後回しに・・・。』


いつも通っている床屋さんに、
電話予約があると知らなかった。

いつも通りに朝一番、お店に入ったのだが、

「今日は混んでて・・・」

と言われた。
なぜかと聞くと、ここは電話予約があるのだという。
それが一杯だったのだ。

まるで、健聴者優先みたいで、驚いてしまった。
今まで知らなかったのは、音声情報のみによる、
情報障害があったからだった。
これを「間接差別」というのだそうだ。

仕方なく

「私は電話が無理ですので、電話予約はできません。
それで、予約するにはどうすればいいですか?」

と聞いた。
すると店主さんは、私のために自分の携帯電話の
メール・アドレスを教えてくれた。

大喜びして、ある日に予約メールを入れた。
ところが、メールを送っても返事が来ない。

メールというものは、相手が読んでくれないと、
何の役にも立たない。

電話は違う。
仕事中でも、他のことをしているときでも、
電話が鳴ればすぐに出て、予約を受け付けてくれる。
それを店主さんは、床屋の仕事中でもやっていたようだ。

ところが、携帯メールは違う。
その携帯電話は、どこか別の部屋に放置されていたから
なのだろうか、いつまで待っても返事が届かなかった。
夜になって、お店に行くと

「今日はもう閉店です」

という返事。
仕方がないので

「明日は、何時からですか?」

と聞くと、ようやく

「9:30か10:00なら、空いていますよ」

と言われ、そこでやっと9:30の予約をお願いした。

店主さんにそのつもりはなくとも、結局、
聴覚障害者だけ後回しにされていたのだった。

国連・障害者権利条約では、これは「間接差別」にあたる。
健常者が、やめなければならない差別の一つなのである。



〔関連情報〕
下のようなケースもあるという。
こんなふうだから、消防署の聴覚障害者用FAXは当てにせず、
最初から健聴者に頼んだほうがいいのだが。


====================================



息苦しい
…聴覚障害者の救急FAX、
朝まで放置

: 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120622-OYT1T00249.htm?from=rss&ref=rssad

広島市消防局が5月、同市東区の聴覚障害者の男性が体調不良を
訴えて送信した救急要請のファクスを取り忘れ、約15時間にわたり
放置していたことがわかった。



====================================




当ブログ

『『千葉県障害福祉課:寄せられた
「障害者差別に当たると思われる事例」
(サービス提供)』(平成22年)』
〔2014-03-24 19:30〕



の中にあった、聴覚障害者からの声に


>「聴覚障害者。
役所のある窓口で、筆談でやりとりしていた。
後ろに並んでいる人が待ち時間が長いことに対して文句を
言ったらしく、担当者はしばらく後ろの人の声に答えていたが、
突然

「あとでゆっくり聞くので」

対応に時間がかかるからと後回しにされた。」



というのがあった。

「後回しにされてしまった」

といったことは実際、
聴覚に限らず、障害者にはよくあるのではないだろうか。


思い出すのが、乙武氏の

『イタリアン入店拒否について』
〔2013年5月21日〕(※1)


だ。


(※1)当ブログ

『乙武氏がレストランで入店拒否されたことで…。』
〔2013年 05月 21日〕


参照。




店主は別の理由で釈明はしているものの、
あれも本当はそうだと思う。
最初は差別ではなかったけれども、店長のあのマズイ対応、
コミュニケーションが原因で、結果的には、
障害者差別に限りなく近い対応となってしまった。

乙武さんは、後回しにされていたばかりか、結局、
断られたという結果になってしまった。

勿論、店側にも、やむをえない事情はあったのだが、
店主のコミュニケーションは無神経すぎて、
客側が怒ってしまうのは当然だった、と私は思う。

Jリーグの場合は、人種差別行為があったことに対し、
該当したクラブに厳しい処分を下した。(※2)



(※2)当ブログ

『差別横断幕:浦和に無観客試合 Jリーグ初の処分』
〔2014-03-13 21:03〕


参照。




しかし、障害者差別を禁じる法律等はない。
日本はこれでも国連・障害者権利条約を批准したのだから、
非常に差別に対し、寛容な国だと言わねばならないだろう。
おかしなことだが・・・。

それから、もう一つ、思い出すのは

『Eテレ『バリバラ』 テーマ;双方向 これって差別 or 配慮?』
〔2013-11-08 18:00〕



だろう。

健常者も出来る限りの配慮は、我慢してやってきた
のだろうが、やはり情報障害のことは理解していなくて、
その本音がつい出てしまっている。

私も、同じような苦い経験をたくさんしてきている。
後回しにされただけではない。
聴覚障害者側に過度の負担を強いられた経験もさせられた。
これは不公平=差別なのだ。

以下もその事例に当たる。


『胃部レントゲン検査 - 会社の健康診断で、複雑な気持ちになったこと』
〔2013-12-19 18:00〕




健聴者よりも後回しにされた・・・。

皆さんの日常生活にも、必ず思い当たることがあると思う。

障害者差別をなくしていく流れの中には、やはり

『障害者差別禁止法』(※3)

が必要である、と思う。



(※3)〔参考資料〕
『世界の差別禁止法について』
池原毅和(弁護士)
記録:瀬山紀子 2001年6月30日 障害学研究会・関東



『障害者差別禁止法に関する国際的動向』
池原毅和

[PR]
by bunbun6610 | 2014-04-04 18:30 | 国連・障害者権利条約

聴覚障害者が“聴覚障害者差別(労働問題)裁判”を起こす難しさ

『聴覚障害者差別の原因は、健聴者の人格的欠陥にある』
〔2014-03-31 19:00〕


上のような精神的苦痛を受けたことは、
今の会社だけではなく、
これまでにも数え切れないほどある。

以前に、随分と悩んだ挙句、まず会社ではなく、
その差別をしている特定個人を訴えてはどうか、
と考えた。

個人を訴えることにする理由は、密室の中での、
その人による差別行為であった、という事実で
あったこと。

そして、会社の人事部は会社として

「聴覚障害者に筆談などの配慮をするように」

との指示を、私の直属上司にきちんと与えており、
会社に非があるとは思えなかったからだ。

にもかかわらず、その人がその指示を守らな
かったのであるから、その人の責任問題として
問うべきではないか、と考えた。

その方向で弁護士に相談してみたことがあった。
複数の弁護士に相談してみた。

一人は聴覚障害者の弁護士、他の二人が
健常者の弁護士だった。
そのうちの一人の、健常者の弁護士さんの回答
が下の例である。


『弁護士への法律相談 (1)』
〔2011-03-17 18:00〕



弁護士さんが言うには、会社の姿勢を問う裁判
になる、と断言している。
そうなると結局、私は会社という巨大な組織を
相手に、一人で裁判を闘わなくてはならない。
これは、想像を越える、大変なことだろうと思う。
その通りで、この弁護士さんは

「相手(Oさん)は必ず反論してくるだろう。
この反論では、あなたにとって辛い内容になる。」


「それだけでなく、何でも、可能な限りのあなたの
問題点を出してくるだろう。」


などといった予想を出している。
これは弁護士さんの実務経験から言っている
ことで、まぎれもない現実となるだろう。

それに、たった一人の人格不良者がいるために
会社を相手取り、裁判を起こすなんて、やり過ぎ
なのではないだろうか、と言われそうな気もする。

とはいえ、だからと言って聴覚障害者差別を
我慢する、というのではおかしな話だ。

さらに、そもそも会社の味方にしかならない人間
ばかりを集めた、密室内の差別だったというのに、
誰が聴覚障害者側の証人など引き受けるだろうか。


結局、裁判を進めるには困難があり、辛い道のり
であるばかりか、まず裁判の途中で、退職に追い
込まれてしまう可能性が濃厚だと思った。

実際、会社の命令で出社することを禁止されたのだ。
相談した労働組合でさえも、雇い止めになる可能性
を言ってきた。
障害者の雇用契約は一年毎と、短いので、
会社相手にすると、結局、何らかの理由をつけられて
「雇い止め」にされる可能性が、極めて高いと思う。

他にも、困難になる点がある。
密室での差別となると、それを証言してくれる人が、
どうしても必要になる。
それを、その密室内で一緒に働いていた人に頼める
だろうか。

裁判の証人になってもらうことで、その人も雇い止め
に追い込まれるかもしれない。
健常者も、ほとんどが一年毎の契約社員だから、
その可能性は極めて高いと思った。
裁判で闘うということは、そういう大変なことだと思う。
テレビのように「訴えてやる!」なんて言うのとは、
ワケが違うだろう。

証人になってくれる人がいなかったら、
あるいは会社の妨害工作などによって、
その証言さえも潰されたり、証言を否定する人物
がもし現れたら、共倒れになってしまうだろう。
そんな道に協力してくれなんて、恐ろしくて誰にも
頼めない。


でも、最近のJリーグの差別的横断幕への厳正な
処分(※)
を見て、裁判所もあのように
判断してもらえる可能性はあるのではないだろうか。
それには、やはり理解者の協力を得ることが大切
だと思う。



(※)

『差別横断幕:浦和に無観客試合 Jリーグ初の処分』
〔2014-03-13 21:03〕



「発信者の意図の問題よりも、受け手が明確に差別
されたと意識を持ちうる表現であれば、(差別だと)
そう思う」



「クラブが差別的な掲示を放置したのは、差別的な
行為に加担したと同じ」




〔関連情報〕

『三菱東京UFJ銀行の聴覚障害者差別裁判の判決(2009年4月)』
〔2012-04-03 21:26〕





==============================


『弁護士への法律相談 (1)』
〔2011-03-17 18:00〕より引用。



弁護士による話のポイントは次の通り。

「あなたが会社を訴えるつもりではなくても、
会社は使用者責任の追及になることを心配していると思う。
Oさん個人に問題があったのか、それとも会社の
システム上問題で起きたことなのかが、ハッキリしない。
それでも裁判所は最終的には、会社に責任があるかどうかを、
問うのではないか。
裁判所への提出資料(日記)を読んでも、
詳しい事情を理解するのに時間がかかる。
書式はパソコンで作っても、手書きとパソコンで作ったもの
両方を合わせてもOK。
訴えるときは弁護士も必要ない。

相手(Oさん)は必ず反論してくるだろう。
この反論では、あなたにとって辛い内容になる。
聴覚障害を理由に今までの取り扱いをしてきたわけでなく、
能力の問題などと言われる可能性がある。

それだけでなく、何でも、可能な限りのあなたの問題点を
出してくるだろう。
あなたのキャリアでも、能力の不足ではないと
証明することが重要。
両親、兄弟、先生などではなく、
利害関係のない第三者による証言が必要。
前の会社の人とか。

社会的観点からの問題提起としてなら、やる意味はある。
しかし勝訴するとなると、話は別。
能力が証明でき、障害者に基づく差別的対応を
一つずつ指摘することになる。
そして、職場での障害者雇用として違法である、
という結論に持っていく。
だから違法性を見出すということでは、
やはり会社の責任という判断にならざるをえない。
個人が会社のルールを無視して違法な対応を
あなたに対してしてきた、
という事実の証明が必要になる。

障害者の権利擁護の裁判を私が扱ったことはないが、
団体関係で熱心に扱う弁護士はいるだろう。
まずは、こうした弁護士を探すのが近道。

「もし負けたり、勝てないとなったら、あなたはどうなるのか?」

という質問では、手続き上のリスクはない。
あなたが負けるだけ。

Oさんは会社に相談しているので、個人として落ち度や
悪気があるとは到底思えない。
それなのに個人責任にしてしまうのは、
酷だと裁判官も思うのではないか?
だから、Oさん個人を責めるのは難しい。
会社の姿勢を問うこと。

会社は裁判を嫌がる。
それは、お金、時間、労力もかかるから。
裁判をやれば、会社はあなたとの雇用契約の
更新不可もありえる。
裁判を起こすのではなく、会社に対応をよくしてもらう
ために努力する、という方法もある。
ただ、これは難しいと思う。

結局、有効な方法は見つからないが。
個人的に言うが、あなたの味方を社内に一人でも
多く作るのが良いと思う。
弁護士のアドバイスとしては、弱気になるけど。

政治的意味で、勝訴を目的にしない裁判もある。
それであれば、その志を持つ弁護士を探すのが近道かと。

ただ、目的がそれであるなら、社内で味方をつくり、
理解者が増えれば、それで政治的勝利とも言える。
長い目ではだが、裁判までしなくても。

けれども、裁判をするとなると、
社内の味方は得られにくくなるだろう。
結局、何を目的にするか、で手段も変わる。

あなたのストレス、疎外感を気づかない人に
気づかせる方法を探るのが第一。
次に理解者を得て、その次に改善の方向に行くと思う。
その第一が今なのだし、裁判により第一が途絶えてしまうことも。

あなたの理解者をまず一人つくる。
私に話したように話して、気づいてくれる人をつくる。
これはできないか?

私;「それができるのなら、この問題は先人がすでに解決している。
   できないのは、未だ誰もなし得ない、永遠に困難な問題だったからです。」

弁護士;私は聴覚障害の方との相談は初めてで、その抱える問題に、
     今日初めて気づいた。 〔ここで、時間切れのため、終了〕」


==============================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-04-03 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B

練馬区立北町一丁目公園の“桜屋根”

この公園は、看板(名前)が見つからなかったので、
もしかするとないのかもしれまんせん。

(名前を刻んだ石板がありました)

練馬区立北町公園

 東京都練馬区北町1丁目6

小さなマンション一棟なら立つくらいの、小さな土地に、
桜の木が6本も立っています。
そのうち4本は、なかなかの大きさです。
公園の外から眺めると、この公園は、
まるで“桜の屋根がついた公園”みたいです。
しかし、閑静な住宅街のなかにあるので、
知っている人が多くないのか、遊びに来る人が少ないです。
それで、隠れた名所的な公園になっている、と思います。

桜の季節にこの公園で子どもを遊ばせ、
スナップ写真を撮ったら最高かもしれません。

a0196876_2253264.jpg


a0196876_2255639.jpg


a0196876_2263095.jpg


a0196876_2273946.jpg


a0196876_1922150.jpg


a0196876_2283758.jpg


a0196876_229899.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2014-04-02 22:14 |

筆談忘れることを繰り返す健聴者たち

朝礼で、またOさんはホワイトボードに、
今日の朝礼で、話の内容を書くのを忘れていた。
3月下旬頃から始まったばかり、
1ヶ月も経たないというのに、
これで二度目だ。

本日の朝礼でM係長から
「またミスが起こった」
という報告があった。
そのことを皆に詳しく話していたようだが、
私にもその後で筆談してくれた。
ただ、何のミスがあったのか聞いても、
教えてくれなかった。
「ミスが起きたからここの人も気をつけるように」
と言われただけだった。
これでは、こういう報告をしている意味がわからない。
「ミスをするな!」
と言うだけで、どんなミスがあったのかを報告しないのでは、
ミスについて学習しないのではないだろうか?

それに毎回、こんな筆談ばかりだと、
読んでもどうせ、すぐ忘れる。
筆談してもらっても「有難い」という気持ちが薄れ、逆に
「自分はまた差別されているのではないか?」
と疑問に思えてくる。
そうすると、もっと苦しくなる。
コミュニケーションのズレかもしれないが、
いずれにしても、健聴者のコミュニケーションの
しかたから起きている問題である。

NHKテレビ『みんなの手話』テキストを皆に紹介したい、
とM係長に話し、了承してもらえた。
でもその時に
「毎朝朝礼を実施している直属上司のOさんが
このことを知らないと問題が起きるかもしれないので、
伝えておいて下さい」
とも頼んだが、M係長さんは話さずに去ってしまった。

手話を紹介しても、それが聴覚障害者からの
「個人的なお願い」レベルでは、
運動は広がらないかもしれない。

筆談ボードのことは、これだけ忘れることを
頻繁に繰り返されると、

「思慮が足りない人たちだ」

と思わざるを得ない。
社内で起きた、ちょっとした業務ミスの説明には
相当の時間を割いても、
聴覚障害者対応に関する努力となると、
ほとんどがこのように軽視されているのが、
この会社の現状だ。
非常に残念でなりません。

忘れるのはしょうがない、人間だから。
けれども、どうして忘れたのか、
彼らは反省しているだろうか?

健聴者だって、同じミスをしている人をみれば、
イヤになってくるはず。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-04-01 21:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(178)
(94)
(51)
(47)
(40)
(33)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)
(1)

ブログパーツ