<   2013年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

越後秘蔵麺 無尽蔵しながわ家

 東京都港区港南1-9-36 アレア品川 1F




お昼にはいつも行列が出来てしまうほど、
人気のラーメン店です。


「こだわり」とは違うけれども、
東京のサラリーマンの舌に合う味で、
お値段も良心的だと思いました。

材料費高騰の時代なので、
美味いラーメンでも、
最近は高い店が多いですものね。



『鶏がら醤油らーめん』 690円
スープの味(①あっさり ②普通 ③こってり)、
麺の太さ(①細麺 ②太麺)ともに、選べます。
a0196876_20382235.jpg


a0196876_20395031.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-17 18:30 | 食べ物(ラーメン編)

===========================



炎のジョブコーチ
『障害者求人の特異性「オーバースペック?」』



以前、身体障害のある方の支援をしていた時の話です。
その方はある専門分野でのスキルをもっていました。
履歴書や職務経歴書でその経験とスキルをアピールし、
専門スキルが活かされるであろう業種の障害者求人に
集中的に応募しました。
高いスキルで要員としても十分、その上に会社の障害者
雇用にカウントされる…、企業としては喉から手が出るよう
な求職者と信じていました。



しかし、応募の企業はことごとく不採用。
どうして・・・それは「オーバースペック」だったからです。

あまりすごい人だと使いきれない、補助的な業務を想定
している、それほどの条件(報酬)を考えていないなど、
場合によっては障害者雇用の求人ではあまりスキルが
高いと「オーバースペック」と言われてしまいます。

どうも、すごくできるよりそこそこでないと逆に難しいよう
でした。
そこで、一層のこと一般求人に応募し面接の時点で
障害者手帳を所持していることを伝える戦略に切り替え
ました。
すると、またたく間に採用が決まりました。



また、スキルの高い方で逆に低く見せる場合の方が有効
な場合も少なくありません。(変ですよね)

この件を通して障害者雇用の特殊性が感じられました。



===========================




障害者の働く能力に「スペック」という言葉を
使っているのが嫌いなのですけれど、
一体誰が言い出したのでしょう。

これって、確かに“ヘン”ですよね。
でも私も確かに、今までの会社面接で
オーバースペックに見られたような経験が
あります。


諺に

「能ある鷹は爪を隠す」

能ある鷹は爪を隠すとは、才能や実力のある者は、
軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。


というのがあります。

似ていますけど、障害者雇用の面接テクニックの場合はやはり、
意味が違います。
隠すのは同じですけども・・・。

昔、ある企業の人材募集の広告に

「能ある鷹は爪を出せ」

と書いてあったのです。
だから本来、自分の一番の武器を面接官に
PRすることは、喜ばしいことであるはずです。

だから企業の障害者雇用は“ヘン”なのです。

この場合は要するに

「自分の能力をわざと低く見せる」

というよりも

「企業の求めている人材ニーズを読み取り、
それに合わせればいい」

のではないだろうか、と思います。


「ジョブコーチの炎」さんは首を傾げていますが、
私は数多くの会社面接を受けてきた障害者なので、
企業の本音がわかる気がします。

能力が高い障害者だと、雇用した後で、
いろいろと要求される可能性があるから、
だと思われます。

例えば、単純労働で安い給料、昇給、賞与もなし
という障害者雇用の条件で、有能すぎる障害者を
雇用すれば、障害者のほうは

「もっといろいろな仕事がしたい」

「自分はもっと能力があるし、働きたいから
給料を上げて欲しい」

などと要求してくる可能性だってあります。

あるいは、そういう仕事がもらえなかったり、
バリバリ働いたにもかかわらず、
それに見合う昇進や昇給がなければ、
さっさと転職先の会社を探して、
決まり次第、辞めていってしまうでしょう。

会社に30日前に通告すれば、
法律上は辞められます。

そのようにして短期で辞められては
障害者雇用助成金も満額もらえなくなって
困るから、なのかもしれません。

私だって

「やめないでほしい」

と言われながらも、より条件のいい会社を探して、
渡り歩いてきたのですから。


我慢して働き続け

「もう5年も過ぎているのだから、
そろそろ仕事の幅を広げて欲しい」


と会社に要求したこともありました。
しかし、結局はうやむやにされたまま、
入社以来からの単純労働を続けるだけに
終わりました。

もう

「障害者雇用には、可能性はいらないのではないか」

と思えました。
やる気はあっても、持て余していましたし。
これは、どの障害者だって同じような状況
だったと思う。

「職場内障害者授産施設」という言葉を
聞いたことがあると思います。

近いうちに、その実態について書いた
記事を公開するので、それを読んだら、
働いている障害者の実情もわかると思います。

そして企業が

「オーバースペックの障害者はいらない」

と考えている理由もわかると思います。



あるいは、辞めるとまではいかなくとも、
障害者から「差別」だと主張される可能性だって
あるのです。

だから、必要な仕事をこなす能力がある障害者
ならそれでいい、と思っている会社が多いのでは
ないでしょうか。

実際、障害者雇用の仕事は簡単な仕事ばかりなので、
向上心が強い障害者には向いているとはいえません。


会社が最も警戒するのは、障害者から「差別」などで
裁判を起こされるようなケースです。
会社は裁判を非常に嫌がるので、面接の時点から
その心配はないかどうか、かなり警戒しています。

裁判を起こせるのは、それなりに能力のある
障害者だと思いますから、そのような障害者だと
逆に警戒すると思います。


結局は

「会社の差別に、文句を言わない障害者かどうか」

を面接段階でチェックしているのだと思われます。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-16 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A
『がらんどや』(立川店)

 東京都立川市柴崎町2-2-5 1F



熊本の日田というところで生まれた焼きそばだそうです。


やや濃い目ながらも、みずみずしいソースの味で、
このままでも美味しいですが、
玉子が味を一層まろやかにするので、
初めての方は玉子付きを注文して、
食べ比べてみるといいと思います。

その場合はもちろん、最初は玉子なしで。
玉子は別皿についてきます。

ソバのパリパリ感を味わうためにも、
最初はやはり玉子なしで食べてみるのが
いいと思います。

『日田焼きそば (中)玉子付き』  700円
a0196876_2112545.jpg



ついでに、この鶏の唐揚げも、
日田の味付けで調理されたものです。
ニンニクを利かせた特製醤油タレ味といった
ところでしょうか。

『鶏の唐揚げ(ハーフ)』  230円
a0196876_2122899.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-15 18:30 | 食べ物

日本の障害者の本音は?

『車椅子で夜明けのコーヒー  障害者の性』
(小山内 美智子/著 1995年4月26日/第1刷 ネスコ/発行 文藝春秋/発売)



「デンマークから来たデンマーク筋ジストロフィー協会の会長
エヴァルド・クロ氏は、日本全土をまわり講演をした。
彼は歯切れのいい口調で、

『デンマークの福祉と日本の福祉とのあいだには三十年
開きがある』

といっていた。
驚いたというより腹が立った。
なぜこんなにも開きが起こったのか、だれの責任なのかを考えた。
政治家、行政、教育、障害児の親、そして私たちの責任だろう。」


「人間、皆いくつもの顔を使いわけて生きているのだ。
しかし障害の重い人たちは、いつもいい子で子どものように
ふるまうことを要求されている
。」



====================================



今年も日本テレビ『24時間テレビ』がありますね。
あれに出てくる障害者って、重い障害を持つ人たちが
多いようですが、彼らの本心はいったい、
どうなのでしょうね。


下の情報は、ある健常者の意見ですが、
わかる部分もあります。

24時間テレビ… 障がい者に対する一般的なとらえ方は変わるか?
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-14 20:11 | バリア&バリアフリー

『炎のジョブコーチ』

炎のジョブコーチ


このブログでは、ジョブコーチとしての
健常者立場から、職場での障害者と
健常者を見た様子などを述べている
ようです。

ただ、この「炎のジョブコーチ」さんの
プロフィールを見てみると、
「自己紹介」欄には

「ブログに登場するケースは全て架空のものです。」

と書いてあるのです。


多分、本当はジョブコーチの仕事で知ったことは一切、
他人に話してはいけないルールがあるのだろう、
と思います。

この仕事の性格上、おそらく、そういう守秘義務があると
思います。


それからジョブコーチには手話通訳ができる、
聴覚障害者対象のジョブコーチ員もいます。

ただし、私が3年ほど前に聞いた話では、
聴覚障害者のためのジョブコーチ員は
まだ2、3人しかいないそうです。

要約筆記通訳ができるジョブコーチ員は、
残念ながら、まだいないようです。


もしも

「障害者を雇いたいのだが、
どのようにやってゆけばよいのか
わからなくて、悩んでいる」

という企業があるのなら、雇用する前に一度、
下記の支援室に相談してみるとよい、
と思うのですが。

まず障害の特性がわからないと、
健常者、障害者双方に誤解が生じ、
雇用失敗となりやすいものです。

また、面接での選考でミスマッチを
防ぐためにもなるはずです。


聴覚障害者を雇用する場合には、
コミュニケーション問題が必ず立ちはだかります。
ですからこの問題を理解し、克服する道すじを
つけることがキーポイントとなってきます。

また、ろう者のマナーと健聴者のマナーの違いも
あるので、そういった点にも注意しなくてはならない
と思います。


〔参考〕
東京ジョブコーチ支援室



聴覚障害者のジョブコーチ支援
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-13 22:30 | 就労後の聴覚障害者問題B
ワタミフードサービス障害者求人票を、あらためて調べてみました。

残念ながら、当ブログ

『ワタミフードサービスの障害者求人票の内容』
〔2012-10-02 23:40〕


で紹介した条件と、
何も変わっていませんでした。

恐ろしく鈍感な企業だと思われます。

売れ残りのように、各店舗の求人票が
いっぱいありました。


これはハローワーク専門援助第二部門で現在公開されている、
障害者枠求人票のデータの中から、です。


求人番号; 13060-13768531
受付年月日; 平成25年8月1日
紹介期限日; 平成25年9月30日

勤務場所; 都内店舗
仕事の内容; キッチン 清掃等
雇用形態; パート労働者
雇用期間; 雇用期間の定めあり 12ヶ月 契約更新の可能性あり(条件あり)


当然ながら、雇用契約更新の条件があります。
それは、次の通りです。

<更新条件>
 ・能力により判断


「能力により判断」とありますが、ワタミでは障害を持つ人の
労働能力をどのように評価判断するのか、気になります。

ハローワークでは以前に「トライアル雇用」という
事業者向け支援システムがありました。
これは

「障害者は仕事や職場環境に慣れるまで時間がかかるため、
いったん障害者を雇用した事業主は、最低でも3ヶ月は雇用し続ける」

ことを条件に、ハローワークが事業所にトライアル雇用助成金を
払うシステム(※1)です。

(※1)詳細は当ブログ
『障害者雇用助成金を飲み代に遣ってしまう会社』
〔2012-02-21 20:05〕

参照。


やはり、

「障害者でも役に立たなければ、すぐクビにしたい」

という会社もあるからです。

今ではトライアルでなくても、試用期間が1~3ヶ月と
記載されている障害者求人票が多いようです。

ワタミの場合は、

試用期間; あり 労働条件変更なし 3ヶ月

となっています。
賃金は、

賃金; 時給850円

と、東京都の定めている最低賃金レベルではありますが、
問題はなしです。
勿論、都内の企業全体の中でも最低レベル賃金です。

他の条件も

昇給; なし
賞与; なし
退職金制度; なし
加入保険等; 雇用 労災 健康


厚生年金保険は「なし」となっています。
こういう会社が悪質である可能性がある、
と当ブログでも以前の記事で知らせています。(※2)

(※2)当ブログ
『無年金障害者になってしまわないために、知っておきたいこと (2)』
〔2012-05-07 18:11〕

参照。


やむをえずこういう会社で働く場合は、国民年金への加入を
忘れないようにしなければなりません。
それでも、国民年金だけでは老後の生活は厳しいので、
やはり厚生年金もある会社で働くべきだと思います。

もし年金制度への加入を忘れると、
万一、重度障害者になってしまった場合に
障害年金も出なくなる可能性があるということは、
もうおわかりだと思います。

「就業時間に関する特記事項」には、次の記載です。

月平均85~130時間勤務
(1)10:00~16:00 週5日 20時間
(2)17:00~23:00 週5日 30時間
時間外(労働); なし

休憩時間; 0分


「休憩時間なし」というのは、ヘンじゃないだろうか?
と疑問に思うかもしれませんが、これはワタミが、
労働基準法第34条(※3)に抵触しない労働時間内に
設定しているので、法律上はギリギリ問題なし、です。

しかし、健常者でも大変な仕事なのに、
障害者も休憩なしで6時間ぶっ通しで働くなんて、
大変なのではないだろうか。


(※3)労働基準法第34条
 →http://web.thn.jp/roukann/roukihou0034jou.html

 →http://www.nabejim.com/kyukei.htm



それと、130時間勤務なら、厚生年金に加入させてくれる
会社もあります。
やはりワタミは、厚生年金加入逃れの可能性が濃厚です。


「施設設備状況」では、次の通りです。

エレベーター; 有
階段手すり; 片側
出入り口段差; 有
建物内車椅子移動; 不可
トイレ; 洋式


エレベーター有にもかかわらず、車椅子移動不可ということは、
車椅子障害者は当然ダメだということでしょう。
一方、聴覚障害者に不利な「接客」とか「電話応対」はありません。
これなら、聴覚障害者は積極的に応募できそうです。

採用人数は「一人」なので、たった一人の障害者として、
いろいろなことに我慢して働かなければならないことだろう。
困ったことがあっても、職場には誰も相談相手はいない、
と思われます。


他には、

「利用可能託児施設」

「育児休業取得実績」

「介護休業取得実績」

「看護休暇取得実績」


が、全て「なし」となっています。

誰もが働き続けられる職場ではないと思います。



それと「休日等」の欄の記載ですが、多くの会社は
休日の曜日や日数、有給休暇等についても詳細に
公開しています。
有給休暇は大体
「6ヶ月経過後の年次有給休暇日数;10日」
です。
これはパート労働者もすべて、法令に基づく適用です。
(労働基準法第39条)


しかし、ワタミの場合は


休日等; 休日 他   週休二日制 その他

と書いてあるだけです。

これは、聞いてみなければ詳しいことはわかりません。

実は、ブラック企業は有給休暇は就業規則には
明記していても、実際に取得することは不可能な
場合がほとんどです。

ブラック企業でも『就業規則』に書いているのは、
法令違反の証拠を隠すためなのかもしれません。



【追記(2013年9月22日)】
〔参考情報〕

『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』
(福澤徹三/著者 2008年1月30日/第1刷発行 幻冬舎/発行所)

より、引用。


「『いつも求人しているのは、いつも社員が辞めるから』
クレームを承知でいいますが、大々的に求人している
企業の多くは、条件のいいところではありません。
大々的に求人していると、一見景気がよさそうです。
けれども、べつの視点で見れば、大々的に広告しないと、
ひとが集まらないということでもあります。
あらたな事業でもはじめて、どうしてもひとが足りない
のならともかく、ふつうに求人しているぶんには、
それだけ辞めた社員が多いと推測できます。

おいしい料理店がいつも混んでいるように、居心地の
いい企業なら、社員はなかなか腰をあげません。
社員の出入りが激しいのは、なんらかの理由がある
からです。

すこしでもましな企業に入りたいと思ったら、求人広告
を隅から隅まで見てください。
しばらくそれを続けていると、すぐに求人が終わる企業と、
そうでない企業が見えてきます。
すぐに求人が終わる企業が、必ずしも居心地のいい企業
とは限りませんが、それなりに応募があったと考えられます。
反対に、いつまでも求人を続けている企業は、よほど
人気がないか、社員が入っても、すぐに辞めているかの
どちらかです。

たまたま紙面の穴埋めとして、実際には求人していないのに、
求人情報誌などに頼まれて広告をだしている企業も
ありますが、最初から誠実さに欠けるという点で論外です。」


================================


また、ハローワークだと、幾ら大々的な募集を仕掛けていても、
企業に広告の経費はかからないでしょう。
これでは求人の本気度もわからないものです。

そして、ブラック企業と呼ばれる会社は、経費のかからない
ハローワーク求人票でないと、こんな半恒久的な募集を続ける
ことはできないでしょう。




【参考情報】(2013年12月21日追記)

『ブラック企業大賞2012 現在ワタミが1位』
〔2012年7月10日〕



>「残念ながら、ブラック企業にしか必要とされない人材がいる。
そういった人はブラック企業がなくなると、無職になる。
「ブラック企業がなくなれば優良企業が採用してくれる」
かといえば、そうではない。
そして、市場価値の高い労働者はブラック企業に勤めない。
残念だが現実だ。」



なるほど。
障害者雇用も、ブラック企業が法令遵守できる可能性は、
ほぼゼロなのではないかな。
障害者や、その家族たちを騙して、雇い入れているような
会社以外は・・・。


「障害者施設なら、障害者も、その家族も安心」

と思っていたら、下のような残念な
事件もあった。

『<袖ケ浦の少年死亡>何度も腹蹴る 2年前から虐待か』
〔2013-12-15 20:00〕




こういう障害者施設は

「ブラック障害者授産施設」

と名づけたらいいのだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-12 23:57 | ブラック企業と障害者雇用
これは、当ブログの人気記事です。

この記事を閲覧する人は今でも多く、
当ブログのアクセス数は増え続けています。

当ブログの閲覧者には就労困難の障害者も
多いと思え、就労への関心から、
こういう情報のニーズが高いのかもしれません。

私自身、ブラック企業で働いた経験は、
今まで数多くあるので、障害者がこういった
企業に引っかからないように、という気持ちで、
こういった記事を書いています。

その企業への攻撃以上に、まず障害者が適正な
就労環境で働けること、そこで就労経験を
着実に踏んでいってほしい、と考えています。

その上でやはり、こういった企業は社会が排除する
流れになってほしい、と思っています。


9月にはやっと、4000社の調査に入るそうですね。(※)



==================================



(※)
「ブラック企業」を初調査
=9月から4000社対象―厚労省


 時事通信 8月8日(木)12時42分配信


厚生労働省は8日、若者の離職率が極端に高い
「ブラック企業」の実態調査に初めて乗り出すと発表した。

同省に寄せられた情報や、過去の労働基準関係法令
違反事例に基づき約4000社を選び、9月から立ち入り
調査を実施する。

違反が判明した場合、是正されるまでハローワークでの
職業紹介の対象から除外。

悪質な違反が確認された企業についてはこれまでと
同様に社名を公表し、送検する。

調査対象は、離職率の高い企業約100社と、
過重労働などが繰り返されている約3900社の
計約4000社。

労使間の合意を超える長時間労働やサービス残業が
行われていないかや、適切な健康管理対策が
講じられているかを重点的に調べる。

田村憲久厚労相は8日の閣議後会見で、

「若者が使い捨てにされている問題を野放しにして
おいたのでは、日本の将来はない。
ブラック企業をなくしていきたい」

と強調した。




==================================




ワタミの障害者求人票がハローワーク専門援助第二部門
で公開されていた当時は、掲示板はワタミ各店舗
の求人票で、ほとんど埋め尽くされていました。

それほど大規模に障害者雇用を進めようと
していました。

ハローワークも、企業のこの姿勢に大喜びだった
のでしょう。

しかし、何日経ってもワタミの求人票は一向に
減らなかったので、そのうちに端っこの一箇所に
まとめて掲示していました。


私は試しに、その求人票から3店舗を選んで、
相談員に相談してみました。


私;「この3つの店舗は、現在どのくらいの
応募者がいるか、調べてみてほしいのですが…」

ハローワーク;「すべて、応募者はいません…。
応募してみますか?」

私;「どこも一人もいないのですか?
やっぱり、ブラック企業で有名だから、
障害者も応募しないのかも…」


応募者がほとんどいないのは、ブラック企業だから、
という理由だけでも十分わかります。

この求人票を見て最も疑問に思ったのは、
障害者求人票に

「休憩時間なしで、6時間ぶっ通しで働く」

という労働条件を明示していることです。
(全店舗に共通条件だったので、
ワタミ本社の障害者雇用の方針に
間違いありません)

だが、障害者に対する配慮として多いものには、
働く時間もあるので、ワタミの条件はかなり
厳しいものです。


クリアできる障害者は、おそらく聴覚障害者ぐらい
ではないかと思ったのです。

裏情報までは聞き出しませんでしたが、
もしかしたらワタミも某飲食店(複数あり)と
同じように、「聴覚障害者希望」だったのかも
しれません。



==================================



【再掲】ワタミフードサービスの障害者求人票の内容


以下は、元記事〔2012-10-02 23:40〕より、再掲載。


当ブログ

『ワタミ社長が持論主張で従業員を殺したようなもの?』
〔2012-02-25 08:34〕

『ワタミのような会社は、聴覚障害者も要注意』
〔2012-09-21 18:50〕

で紹介しました、

ワタミフードサービス

の障害者向け求人票を、ハローワークから入手しました。

これはハローワーク専門援助第二部門で現在公開されている、
障害者枠求人票のデータの中から、です。

就業場所多数で、勤務場所ごとの求人票がありますが、
記載内容はどれも同じようです。


勤務場所; 都内店舗
仕事の内容; キッチン 清掃等
雇用形態; パート労働者
雇用期間; 雇用期間の定めあり 12ヶ月 契約更新の可能性あり(条件あり)


当然ながら、雇用契約更新の条件があります。
それは、次の通りです。

<更新条件>
 ・能力により判断


「能力により判断」とありますが、ワタミでは障害を持つ人の
労働能力をどのように評価判断するのか、気になります。

ハローワークでは以前に「トライアル雇用」という
事業者向け支援システムがありました。
これは

「障害者は仕事や職場環境に慣れるまで時間がかかるため、
いったん障害者を雇用した事業主は、最低でも3ヶ月は雇用し続ける」

ことを条件に、ハローワークが事業所にトライアル雇用助成金を
払うシステム(※1)です。

(※1)詳細は当ブログ

『障害者雇用助成金を飲み代に遣ってしまう会社』

〔2012-02-21 20:05〕
参照。


やはり、

「障害者でも役に立たなければ、すぐクビにしたい」

という会社もあるからです。

今ではトライアルでなくても、試用期間が1~3ヶ月と
記載されている障害者求人票が多いようです。

ワタミの場合は、

試用期間; あり 労働条件変更なし 3ヶ月

となっています。
賃金は、

賃金; 時給850円

と、東京都の定めている最低賃金レベルではありますが、
問題はなしです。
勿論、都内の企業全体の中でも最低レベル賃金です。

他の条件も

昇給; なし
賞与; なし
退職金制度; なし
加入保険等; 雇用 労災 健康


厚生年金保険は「なし」となっています。
こういう会社が悪質である可能性がある、
と当ブログでも以前の記事で知らせています。(※2)

(※2)当ブログ
『無年金障害者になってしまわないために、知っておきたいこと (2)』
〔2012-05-07 18:11〕
参照。


やむをえずこういう会社で働く場合は、国民年金への加入を
忘れないようにしなければなりません。
それでも、国民年金だけでは老後の生活は厳しいので、
やはり厚生年金もある会社で働くべきだと思います。

もし年金制度への加入を忘れると、
万一、重度障害者になってしまった場合に
障害年金も出なくなる可能性があるということは、
もうおわかりだと思います。

「就業時間に関する特記事項」には、次の記載です。

月平均85~130時間勤務
(1)13:00~17:00 週5日 20時間
(2)17:00~23:00 週5日 30時間
時間外(労働); なし

休憩時間; 0分


「休憩時間なし」というのは、ヘンじゃないだろうか?
と疑問に思うかもしれませんが、これはワタミが、
労働基準法第34条(※3)に抵触しない労働時間内に
設定しているので、法律上はギリギリ問題なし、です。

しかし、健常者でも大変な仕事なのに、
障害者も休憩なしで6時間ぶっ通しで働くなんて、
大変なのではないだろうか。


(※3)労働基準法第34条
 →http://web.thn.jp/roukann/roukihou0034jou.html

 →http://www.nabejim.com/kyukei.htm



それと、130時間勤務なら、厚生年金に加入させてくれる
会社もあります。
やはりワタミは、厚生年金加入逃れの可能性が濃厚です。


「施設設備状況」では、次の通りです。

エレベーター; 有
階段手すり; 片側
出入り口段差; 有
建物内車椅子移動; 不可
トイレ; 洋式


エレベーター有にもかかわらず、車椅子移動不可ということは、
車椅子障害者は当然ダメだということでしょう。
一方、聴覚障害者に不利な「接客」とか「電話応対」はありません。
これなら、聴覚障害者は積極的に応募できそうです。

採用人数は「一人」なので、たった一人の障害者として、
いろいろなことに我慢して働かなければならないことだろう。
困ったことがあっても、職場には誰も相談相手はいない、
と思われます。

ちなみに、この求人票データは求人番号13060-15212321
からのものです。


【参考記事】
当ブログの次の記事も、飲食店で働いていた人の過労死事件です。

『<過労死>労災認定企業名の開示を命令 大阪地裁』
〔2011-11-12 20:48〕

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-11 18:00 | 人気記事(再掲)
社会福祉法人 光道園(福井県鯖江市)の障害者雇用事例です。
聴覚障害者3人に対する職場リポートが載っています。
(平成20年度 障害者雇用職場改善好事例 「優秀賞」)

 http://www.jeed.or.jp/activity/education/download/h20_kaizen_jirei_02.pdf


「朝礼等ではOHCを使用してい
るので理解がしやすいです。
専門用語も出てきますが、
苦労しながら手話通訳してくださるので
感謝しています。」


「以前は普通の企業に勤めていましたが、
私の発音がきれいなこともあり聴覚障害へ
の理解が少なく、苦労したことも度々でした。」


「これまでは研修などに参加しても手話通訳
が付かないため、口話だけで内容を理解しなければ
ならずに苦労することも多かったのですが、
今は手話通訳や要約筆記をしていただけて
いるので、その場で理解が進み、勉強が
はかどるようになりました。」




自分も活かされる配慮のある環境だと、
やる気が沸いてくるでしょうね。

民間企業ではまだまだ、
聴覚障害者を

「身体能力だけは健常者並みに優秀な、
単純労働マシン」

としか思っていないところが多いと思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-10 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B
楽観

 東京都立川市曙町2-23-1 ソシアルビル 1F

ラーメン屋が入っているとは思えない建物に、
このお店はあります。
(カプセルホテル・サウナの建物の一階にあります)

店内もハワイのような気楽なイメージで、
女性もよく入ってきます。

肝心のラーメンですが、名前もユニークなもので、
醤油ラーメンが「琥珀(こはく)」、
塩ラーメンは「パール」という呼び名になっています。

スープには粗みじん切りの玉ネギがたっぷり浮いていますが、
実際に食べてみて、これも美味しさの秘密だと思いました。
それにオリーブオイルって、ラーメンにも合うんですね。
いい着想だと思います。


『パール』(昆布と煮干のオリーブオイル塩そば) 750円
a0196876_2131050.jpg


a0196876_21384169.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-07 18:30 | 食べ物(ラーメン編)

『俺の空』 新宿店

『俺の空』 新宿店

 東京都新宿区西新宿1-3-13 I&Kビル1F


オーナーは、本宮ひろ志の漫画『俺の空』
の大ファンのようですね。

この店もすでに店舗展開していて、
各店舗にはパチスロ機『俺の空』を
設置しているほどです。

私のブログ・タイトルも『空』を意味するので、
何か共通点があるかも?


さて、ここのラーメンですが、
夏なので冷やし煮干しラーメンをいただきました。
実は煮干ラーメンの「冷やし」というのは、
初めて食べました。

スープの量が少なめなのですが、
味がしっかりしているので満足感があります。
ですから、これは作り手がちゃんと計算して
決めてある、と思います。

これだけ美味しい煮干ラーメンのスープは、
今まで経験がありません。

当ブログで今まで紹介してきたラーメンの中では、
一番美味しいスープかもしれません。

一方、麺は少し硬いかな、と思ったのですが、
麺の茹で時間を更に延ばしたらどうなるのかというと、
わかりません。
硬めが悪いということはないだろうと思います。
麺の食感が男性的なのですから。


今回(本日)のスペシャリテ『冷やし煮干ラーメン』(800円)
a0196876_20521651.jpg


a0196876_20543793.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-05 18:30 | 食べ物(ラーメン編)

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610