ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

<   2013年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

生きるということ

副題;『人間が生きるということは、
他者とコミュニケーションをするということ』



「神は言われた。
我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』」
(『創世記』第1章26節)



「初めに言〔ことば〕があった。
言は神と共にあった。言は神であった。
この言は、初めに神と共にあった。」
(『ヨハネによる福音書』第1章1、2節)





たまたま、次の記事を見つけました。




==========================




『中途難聴者の就職について困っています。
どうかアドバイスを頂けたらと思っております。』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1241438587



==========================




そのベストアンサーに選ばれた方の回答文からの引用です。
この方は、自身は手話講師だと明かしています。


>「すべてを見渡すための両目があること。
それは自分の家族や自分が大切な人の
顔を見られる幸せ、景色、字などなどが
見えるということは最も幸せなことなんです」


>「自由に動ける身体があり、すべてを
見るための両目がある。」



私なりに自分勝手に解釈させていただきます。
これは実を言うと、両方とも、手話が使える条件です。
(ただし、盲ろう者には「触手話(※)」という、
見えなくても手話で伝え、解読する方法があります)


(※)触手話とは

http://www.tokyo-db.or.jp/?page_id=148



「両耳が聴こえなくなっても、あなたには
まだ両目があるじゃないか」

それは自分に残されている能力を忘れず、
生かすこと。
障害を持つようになっても、ポジティブな生き方
へ精神エネルギーを運ぶ。
それは可能だ。

耳が聴こえなくなっても、手話を覚えればいい。
手話がある。
もちろん、周囲の人たちの協力も必要ですが。

手話の仲間は、手話者の声を耳ではなく
眼で聴いてくれます。

しかし、もしもそれさえも見えなくなってしまったら…。
それが人間にとって、最も恐怖することだと思う。

下の記事はもしかすると、それを象徴的に
表しているのかもしれません。



==========================


ニューズウィーク日本版
ベルギーの双子が
安楽死を選んだ理由

2013年01月15日(火)16時58分


http://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/01/post-2814.php


生まれつき耳が聞こえなかったベルギーの
45歳の双子の兄弟が、
昨年12月に安楽死を選択していた。
 
 兄弟が同時に自殺ほう助による死を選んだ
最初のケースだ。
さらに2人とも極度の痛みに苦しんでいたわけ
でも末期患者でもなかったため、ヨーロッパ
では安楽死の是非について議論が再燃して
いる。

 聴覚障害のあった双子、マークとエディー
・バーベッセムは、病で視力も失うことが
分かってから安楽死を依頼できる医師を
探し始めた。
お互いの顔を見られなくなってしまうことが
耐えられなかったからだという。
 彼らの願いに手を貸した医師デビッド
・デュフールによれば、2人は穏やかな
最期を迎えたという。

「コーヒーを飲みながら両親やきょうだいと
最後の会話を交わしていた。
その別れはとても平穏で美しかった。
2人は最後に小さく手を振ってさよならを
した」

と、デュフールはドイツの地元メディアに
語った。
 
 ヨーロッパではベルギーのほかにスイス、
オランダ、ルクセンブルクで安楽死が
認められている。

一方、イギリス政府は安楽死と自殺ほう助
を法的に異なるものと定義。
安楽死は

「苦しみを取り除いてあげるために人の命
を故意に終わらせる行為」

であり、自殺ほう助は

「自殺を図ろうとしている人を故意に助け
たり促そうとする行為」

だという。

 ベルギーでは02年、成人で判断能力が
ある場合に限るなど特定条件の下で、
安楽死が合法化された。

さらに昨年12月には社会党政権が認知症
患者や子供にも安楽死を認めるという改正
案を提出し、物議を醸している。

改正の目的について同党は

「耐え難い苦痛を伴っているケースなどに、
より柔軟に対応できるようにするため」

としている。

 ベルギーでは2011年に1113人が安楽
死を選択。
うち91%は

「死期が近い」

と診断された患者だった。



==========================






原文には

「生まれつき耳が聞こえなかったベルギーの45歳の双子の兄弟」

とあります。
すると、記事には書かれていないのだが、
この兄弟は、ろう者兄弟である可能性が高い。


また、記事には

「お互いの顔を見られなくなってしまうことが耐えられなかったから」

とも書いてあります。

しかし、この兄弟にとって最も悲しいのは、
本当にそれだけだったのだろうか。

もしも、ろう者兄弟だったとすれば、もっとある。

それは、お互いの手話すらも見えなくなる、ということだ。

そういえば、東日本大震災の被災地でも、避難所に
残されたろう者が生きるために一番必要としていたのは、
手話だったといわれている。

これがどういうことかは、健聴者にわかるまい。



〔参考記事〕
『コミュニケーションは、人間が生きるために必要なもの』
〔2012-02-18 01:19〕
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-04 18:00 | 聴覚障害者心理

4月は花見からはじまり、新入社員や、
人事異動で転属されてきた社員の
歓迎会など、とにかく“飲み会のシーズン”です。

会社で働く聴覚障害者にとっては、
そうした場に出ようか出まいかという悩みも
あったりすると思います。

そして、出るとするならば、耳が不自由である
自分はどう振舞えばよいのか、悩みは膨れると
思います。

いっそのこと、出なければいいのですが、
そうもいかない場合も多々あります。


私の職場にも、新入社員が入ってきました。
さて、問題の飲み会はどうするか?


正直に

「私は飲み会のような場では、
補聴器でも全く聞こえませんので、
遠慮させていただきます」

と言おうと思っているのですが。


それでも、みんなでやる飲み会には、
そのための補助金である親睦会費を毎月、
参加しない自分も払い続けてきているのです
よねえ。

出ないとわかっているのに払っているのです。
(と言うよりは、出ても苦痛なので辞退…)

何か、おかしくはないだろうか、
いやでも、しようがないな、と妥協したり…。

そんな複雑な気持ちになる季節なのであります。

過去には、手話通訳を連れて出席したりした
こともありましたが、みんながいっぺんに話し出す
状況のなかで、通訳者さんは一体誰の言葉を
通訳したらいいかわからなくなったり、
とかなり大変そうでした。
また、そういう状況だと、通訳者さんには聞き取り
づらくなるそうです。

皆さんは飲み会には、どう対処されていること
でしょうか?
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-03 21:46 | 就労後の聴覚障害者問題E

※ ここで言う「差別」とは、健聴者が知らずに、
聴覚障害者に対して行っている「間接差別」
のことを指しています。
そして、当然のことですが、そうした差別を
している人間には、その差別をされている
人間のことなど理解できません。
もし理解できているならば、彼らは差別を
やめているはずだからです。


〔参考資料〕
『「差別」の定義を巡る論点(その1)に関する意見一覧』
(差別禁止部会 第6回〔平成23年7月8日〕 資料2)

http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/b_6/pdf/s2.pdf



長年、会社の無理解に我慢しながらも定年後再雇用で、
65歳まで働き続けてきた難聴者先輩と会い、
話しました。

難聴者;「会社はどう?
大変だろう?
オレも大変だったよ。

オレはこっちの耳からは聴こえるけど、
もう一方の耳からは聴こえないんだ。
でも、それを話しても健聴者は、
そういう難聴の苦しみを理解してくれないんだ」

私;「健聴者は、それが当たり前です」

難聴者;「キミは職場でどうしているの?
補聴器はしているの?」

私;「僕は補聴器をしています」

難聴者;「えっ?! 補聴器をしているの?
補聴器で聴こえるの?」

私;「曖昧に聴こえます。
条件によってですが…。
ただ、補聴器をすれば音は聴こえるのですが、
何と話しているのかまでは、ほとんどわからない
場合が多いです。
だから、筆談ボードも常に携行していて、
聴いてもわからないときはボードを相手に差し出して、
書いてもらっています」

難聴者;「それじゃ、どうして補聴器をしているの?」


どうやら、この難聴の先輩でさえ、
重度聴覚障害者が補聴器をしている、
本当の理由を知らないらしい。

当然です。
その難聴者はそれで、ずっと我慢してきただけなのですから。

「もう、仕方がない」
(あきらめて我慢するしかない)

と思ってきたのです。

しかし私は、それで終わらせませんでした。
わたしのこの行動力は暗黙に

「私もここまで努力しているんです。
だから、あなたも今度は譲って、書いて下さい」

と、相手に伝えているのと同じなのです。

確かに補聴器は、ほとんど役に立っていない状況が
多いものです。
(そうなるのは一番に、健聴者のほうのコミュニケーション
に問題があると思うのですが)

でも、だからといって補聴器をしないでいると、
健聴者のなかには

「補聴器をしろ! 補聴器を!!
両耳につけて来い!!」

と、意地悪のように言い続けてくる人もいました。

それを気まずそうに聞いていた周囲の健聴者も、
ひっそりと笑っていました。

健聴者の頭の構造なんて、そんなものなのです。

「耳が悪いというのに、補聴器もつけていないほうが悪い」

というふうに、その健聴者は思っているようなのです。(※1)


(※1)補聴器の限界についての詳細は、当ブログ

『補聴器の雑音と健康な耳の聞こえ』
〔2013-03-18 18:00〕


を参照。



社会には、自分の聴覚障害者への無理解は棚に上げて、
このように怒る健聴者がまだまだいるのです。

無知な健聴者には、聴覚障害のことは理解できません。
そのことすら、口で説明してもわからない人は、
世の中にはたくさんいます。

だから、補聴器をしたうえで、それでも聴き取れないことは

「言葉が聴き取れませんので、これに書いて下さい」

と、お願いします。
そこまですれば健聴者も、やっと

「しょうがないな…」

と思うようになるわけです。

合理的配慮ではなく、
お情けをいただいて書いてもらっています。

あるいは、当然ですが補聴器をすれば、
聴こえる場合も聴こえない場合もある。

どうにか聴き取れる場合も、
やはり聴き取れない場合もある。
そのため、健聴者はそのボーダレスな曖昧さを見て、
かなり疑う人もいたりします。
健聴者の中には

「この聴覚障害者は、ちゃんと聞いていないんだ」

と疑う姿勢を見せる人もいます。
こういう人からは良い協力は得られません。
疑われると損するだけです。

人によっては、まるで犯罪者や、
うそつきのように見られる場合さえあります。

あるいは聴こえない分、言葉の解読能力が優れている為、
聴こえていると勘違いされているのかもしれません。

であるから、やはり最初から補聴器をしているほうが、
ある程度は自己防衛にもなるというわけなのです。


視覚障害者が音を聴いて識別する能力が優れているように、
聴覚障害者は視覚情報だけでイメージする力が優れている、
とも言われています。

そうすると「聴こえている」と勘違いしてしまう
健聴者も多くなってしまうものです。

だから健聴者には、そこまでする必要が出てくるのです。
そして、これが会社では聴き取れなくても、
補聴器をしている理由です。
本当は、もう実に馬鹿馬鹿しいことなのですが。

障害者福祉という公金で購入している補聴器が、
この程度にしか役に立たないのは、
健聴者が原因だというのに(※2)
それすら全く理解していません。


(※2)〔参考情報〕

『聞こえと難聴について』


これは、本当に愚かなことなのです。

もしも耳の聴こえない人の世界だったら、
我々は補聴器なんかいらない。

補聴器が要るのは、健聴者社会のなかにいるから、
です。


逆に言えば、未だに

「難聴になっても、補聴器をつければ健聴者と
同じように聴こえるはずだ」

と思い込んでいるバカな健聴者が、
大勢いる証拠なのです。

感音性難聴障害は、単に「耳が遠くなった」のとは
違うのですが、それがわからないわけです。

そのバカも、いずれは老人性難聴になって、
バカが原因の心の病気になってしまうかも
しれない。

本人はそういうこともわからずに…。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-03 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題B

NHKスペシャル『魂の旋律 ~音を失った作曲家~』
佐村河内 守

2013年3月31日(日)
NHK総合 午後9時00分~9時49分放送

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0331/



再放送予定の情報

http://www.nhk.or.jp/special/



「“現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。
佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。

14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、
クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。
現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、
彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、
広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、
一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを
果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える
空前のヒットを記録した。

そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の
被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。
彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いた
ことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。

しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる
鎮魂曲が作れるのか…。
被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、
佐村河内の格闘の日々が続いている。

番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにして
レクイエムを完成させるのか。
3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた
制作現場に密着。
さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの
取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守
の実像に迫る。」



==========================




当ブログ

『『交響曲第1番HIROSHIMA』
(佐村河内守) 中途失聴者の作曲家』
〔2012-12-31 18:30〕


では、私はうっかり

「聴こえなくなっても、作曲ができる、というのはわかりますね。
なぜ健聴者はそれを「奇跡」と書くのかが、理解できません」

と書いてしまいました。

でも、このテレビを観て、私にもやっと、耳の聞こえなくなった
人が交響曲を完成させる難しさが、理解できました。

ギター1本で作曲し歌う、シンガー&ソングライター
とは違うんだ…。


同時に、NHKの映像による聴覚障害
(「耳鳴り」と交響曲づくりの障害について)
の説明もすごくわかりやすいものだな、
と思いました。


「身を削って」

とか

「命を削って」

とか言うけど、被災地とその人々への『レクイエム』を
つくる過程でも、確かにそういう姿がカメラに
映っていました。

私は、こう思う。
その耳鳴りのなかで交響曲の作曲をするというのは、
ものすごく集中力が必要な作業であり、
楽しいとかという気持ちで音楽をつくるのとは
違うのではないだろうか、と。

耳鳴りがすると頭の中で常に邪魔されているから、
音のイメージをつくっていても、
聴者が聞いて満足するような曲を完成させるのは
難しいのではないだろうか、と思いました。

完成した自分の曲を聞くこともできないというのに、
彼は果たして自分のつくりだした芸術を味わえるの
だろうか。

曲がどのように仕上がったのかを見るためには、
聴衆の反応を見るしかないのではないだろうか。

だがそれでは、芸術といえるのだろうか。

なぜ彼は、それでも音楽を続けるのだろうか。


それでも、音楽家としては致命的と言われるような
障害を持っても、氏が“音楽求道”(作曲活動)を
やめなかったのは、並ならぬ執念だと思いました。

健常者は、よくそんな障害克服に成功した障害者
を賛美する。


映画『だいじょうぶ3組』ではないけれども、
それ風にいう、つまり普通に考えたら

「耳が聞こえなくなったら、フツー、音楽家の仕事
は諦めて、民間企業の障害者雇用枠で就職し、
働くしかないだろ」

で妥協するのが、多くの障害者の現実なのでは
ないだろうか。


しかし、佐村河内氏の場合は違った。

まさしく、奇跡だと思う。


一体、何が氏をそこまでさせたのだろうか。

聴覚障害者になってしまったからといって、
そこで彼が音楽を捨ててしまったら、
ただの聴覚障害者で生涯を終えてしまっていたに
違いない。

しかし、この困難をどうやって乗り越えたのか、
まだよくわからない。

そういった謎もまだ多いことから、
この人物への興味は、視聴者でもまだとても広くて
深いのではないか、と思う。
日本中の聴覚障害者も当然、大勢の人が観て、
そう思ったのかもしれません。

というのも実は、当ブログへの3月31日の、
佐村河内氏の関連記事へのアクセス数も、
突出して多かった(67.62%)のです。


なお、インターネットで調べてみると、
氏の著書には『交響曲第一番』(※)がある。

それによれば、盲目の少女との接点があり、
それが彼の運命を動かしたのではないか、
と思うが…。


(※)
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%95%AA-%E4%BD%90%E6%9D%91%E6%B2%B3%E5%86%85-%E5%AE%88/dp/4062139359



a0196876_2283854.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-02 18:00 | 難聴・中途失聴

Yakitori Daining Pollo(焼き鳥&イタリア料理) ―穴場的なおいしいお店

東京都新宿区新宿5-10-5 プログレス新宿1F

【営業時間】
・ランチ; 11:00~14:00
・ディナー; 17:00~23:00


〔参考情報〕
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13110457/dtlrvwlst/2515586/

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13110457/

普通、焼き鳥とイタリア料理の両刀使いって、
あんまりその味を信用できないものでしょう。
でも、店外の壁に貼ってあるたくさんの料理写真を見たら、
おいしそうなので入ってみました。

小さなお店ということもあってか、
メニュー数はあまりないのですが、
料理は時季により入れかわるし、値段もリーズナブル、
そのわりにこの質には驚かされました。

時々寄りたくなりそうな、隠れ家的なお店だと思います。


【メニューの一例(筆者の本日のお食事)】

グラスワイン(550円)…フランス、イタリア、オーストラリア産など各種あり。

お通し(480円)
a0196876_1325096.jpg


おまかせ焼き鳥5本セット(800円)
柔かくてジューシー、冷めても美味しいです。
なので、あわてず、ゆっくり食べられます。
a0196876_1341554.jpg


今週のパスタ
(正式な名前は忘れてしまいましたが)
『フェットチーネ 鶏とピーナッツと春キャベツのクリームソース』(850円)
フェットチーネが、しかも生クリームソースで850円って、
安いですよね。
具材の鶏肉が少なかったけど、残っていた焼き鳥と
一緒に食べたので問題なしでした。
a0196876_1345011.jpg


デザート…ティラミス(300円)
a0196876_1352271.jpg


最後に追加注文してみたデザートも、
しっかりと美味しい。
小さなお店ながらも、シェフの腕は確かなものです。

a0196876_136336.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-01 18:30 | 食べ物

朝礼に不満顔で

毎朝9:00から朝礼があるが、最近は聞いていないで、
勝手にしている。
Oさんは怒りたくなるだろうし、周りの人からの印象も悪くなる。
これではマズイのだが、こっちだってもう我慢がならない。

さて、どうしたらいいものか…。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-01 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題Z1