<   2013年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

NHK『バリバラ』 障害者の悩み -就労 (2)

  NHK『バリバラ』

4月26日(金)夜9:00~9:30放送
テーマ; 『就労・障害者の悩み』


〔関連記事〕当ブログ

『NHK『バリバラ』 障害者の悩み -就労 (1)』
〔2013-04-21 18:00〕



今年4月から障害者の法定雇用率がアップし、
障害者が就職するチャンス!

と思いきや、企業の理解が思うように進まず、
就職できない障害者は依然として多いようです。


ある重度身体障害者の証言では、
障害者本人の働く能力よりも、
まず介助が必要になるのかどうかで、
採否を判断されてしまう。
誰かの助けが必要なら、もうそれだけで
落とされている現実がある、という。

重度障害者の自立支援を行っている
竹中ナミ氏(社会福祉法人プロップ
・ステーション理事長)は、
前回(※1)に続き、自分たちでNPO法人
でもいいから立ち上げて、
働く場をつくってしまえばいい、という。


(※1)
『NHK『バリバラ』 障害者の悩み -就労 (1)』
〔2013-04-21 18:00〕
参照。



高次脳機能障害者(※2)Aさんの質問


(※2)高次脳機能障害
病気や事故などで脳に損傷を受け、
記憶や行動などに障害が起きる後遺症。




Q;「面接で自分の障害について、
自分がどう困っているのか、
どう言ったらいいのかわからない」


Q;「面接で、自分の障害をどこまで
言えばいいのか?」



軽・中度難聴障害者の悩みと、
どこか似ていますね。

高次脳機能障害は仕事に就けたとしても、
それに支障が起きる障害なので、
会社という厳しい組織の中で働くのは、
かなり難しいのではないだろうか。

さすがにアドバイザーのなかからも、
なかなか良い提案が出てこない。

街中に高次脳機能障害者が集まる施設
(NPO法人か?)がありますが、
健常者のサポートスタッフの支援を
受けながら、何か作って販売しているのを
見たことがありますが。


秦 政氏(障がい者就業・雇用支援センター
理事長)は、その人の障害は見えるか、
そうでないかに注目し、アドバイスしていました。

難聴障害者も補聴器を装用しているとはいえ、
高次脳機能障害と似たようなもので、
見えない、あるいは見えづらい、
そして配慮が得られにくい障害のほうに
入ります。

クローズで就職している難聴者には、
長髪にして、補聴器を見えづらくしている人も
います。


ハッキリと分かるのは、見えない障害のことは、
言わなければお互いのためにはならない、
問題解決にもならない、ということです。

本人にしてみれば、面接で正直に言うと
それで終わり、という厳しい現実ではある
けれども、それでも言うべきなのだろう。

秦氏も

「後で分かるとダメージが大きい」

と言う。

面接では障害のことは説明して、
それでも理解し、雇用してくれるという会社を
探すより他にない。
そんな会社はほとんどないのが現実だと
分かっていても。


秦氏は

「面接では、障害のことよりも自分のウリを
いっぱい出せばいい」

とアドバイスしています。

秦氏; 「ご自分でウリは分かっているん
ですか?」

Aさん; 「好きなことなどには集中できます」

秦氏; 「自分の出来ること、得意なことを
一つずつ書き残しておけばいかがですか?
ウリをいっぱい出せばいい。
周りの人の声も聞きながら、いっぱい書いて
みると、いっぱいありますよ」


結局、相談者(Aさん)には、秦氏の

A;「障害を伝えるとともに、自分のウリも
いっぱい出す」

がベストアンサーに選ばれましたが。



身体障害者第一級のBさんの相談は

Q;「介助が必要だと就職出来ないの?」


これって、障害者自立支援法でも問題に
なると思うんですけれども…。

介助費用を誰が負担するのでしょうか?
福祉予算から全額出るのでしょうか?
それとも、会社も負担しなければならなく
なるのでしょうか?

会社は面接の段階からそんな疑問、
不安を抱くと思います。

東京でも、雇用している企業はなかなか
ないと思います。

在宅就労という方法があるのですが、
それはナビタイムジャパン(※3)という会社が
実施しています。
道路や街中の様々なデータを集めて、
何かをする仕事のようです。
実際に、ハローワークの障害者雇用枠でも、
この求人票を見ました。

(※3)
http://recruit.navitime.co.jp/challenged/challenged_entry.pdf



他にもコンピュータを使う情報処理の仕事を
する会社では在宅で、仕事の指示連絡などは
メールでやっている、という会社もあります。

これだったら聴覚障害者でもできるじゃないか、
と思うかもしれませんが、意外と高いスキルが
求められているようで、先天性聴覚障害者の
ように情報障害を受けていた障害者の場合、
ちょっと能力が不足していると言われたりします。

ところで、聴覚障害者の場合も介助者では
ないけれども、実は通訳者を必要としたい場合
であっても、通訳者の派遣を認めてもらえない
という問題点があります。
それと共通点がある事例だと思います。

問題は費用面だけではありません。
通訳者のケースと同じように、
介助者も会社が雇用契約を結んでいるわけ
ではないので、要するに部外者です。
すると、会社に介助者や通訳者の守秘義務
のことを言っても、会社の中のことを知られる
のを極度に嫌います。
だから、介助者も拒否している、
という理由が考えられると思います。
この問題は、会社役員の理解、承認が
なければ、絶対に解決しません。
現実を見れば、障害者差別禁止(合理的
配慮の実施義務規定)の法律でも出来ない
限り、絶対に無理だと思われます。

聴覚障害者と同じ壁にぶち当たっている、
とも言えそうです。



Q;「面接で説明ができない、パニックになる」
 -発達障害者Cさん


A;「説明できるところまで説明すればよい」


森藤啓次郎氏(障害者を雇用している
物流会社 社長)
「これはうちの会社の面接であったこと
なんですけれども、本を一冊持ってきたと。
確か200ページぐらいの本だったと
思うんですけれども。
1ページ目から最終ページまで分からない
ことは国語辞典で全部調べて、
余白に書いてあるっていうふうなところを
見た瞬間に、あっ、彼、努力できるんやと。
『この本、一体どれだけかけて読みました?』
と聞いたら、
『半年かかりました』
と。
半年もかけてこのことが続けられるんやと。
もう、彼に決めました。」

ダメなところはダメなことでハッキリしといて、
いいところをきちっと伝えると面接官に響く。



Q;「双極性障害―そううつの波で転職を
繰り返す。
自分はどうすればよいのか?」 ―Dさん


他に、そううつの波があって、自分から辞めたり
解雇されたりして、何社も転職を繰り返している
障害者もいましたが、この人はそれまで障害を
隠して就職していた、という。
障害を隠すのは生活のため、と考えていたという。


これに対するベストアンサーは

A;「三ヶ月周期で来るのものなのだから、
それで仕事も変わる、と割り切る」

ほうがラクだという。


それはわかっているんですけれどもね…。
現実問題として、就職できないと
生きていけないじゃないですか。

個人的意見ですが、この矛盾の多い日本社会
を障害者が生きていくには、善だけではなく、
必要悪というのもあると思うんですけれども。
(注;苦渋の告白になりますが、
これは私の奨めとしてではなく、
率直に体験から話していることです。)


そこを、テレビに出ている健常者のアドバイザー
は、どこまで深刻な問題として考えているの
だろうか?


クレーン事故も、容疑者の犯罪を弁護する
わけではありませんが、そんな疑問がある
んじゃないか、と思います。
あの事件の背景にも、もしかしたら、
このような障害者の就労問題があるのかも
しれません。
もしそうだとしたら、健常者中心の社会が
つくった矛盾が生んだ犯罪、ということになる
のではないでしょうか。(※)


(※)当ブログ

『元運転手らに賠償命令=母親も責任、
1億2500万円―クレーン車事故・宇都宮地裁』
〔2013-04-24 22:09〕


参照。




〔参考情報〕

『障害を隠して就職活動していますか?』




最後に、秦氏はそううつの波で転職を繰り返す
障害者に

「(あなたがクローズで今まで働いてこれたのは)
能力があったからでしょうね」

とか何とか言っていました。

確かにこの相談者の場合、後天性障害者なので、
もともと能力があったのでしょう。
しかし、それは他の障害者と比較出来ること
じゃない。
両者は最初から、スタートラインから違っていた
のですから。
Dさんは元健常者だから、健常なときに能力を
身につけることが可能だったのだ。
Dさんの場合は、いわゆる”恵まれている障害者”
のほうに入るだろう。
だからといっても、先天性障害者は能力がない
のではない。

健常者社会からの障害者差別によって、
無能力化されてきたに過ぎないのだ。

日本の健常者は皆、まだそれをわかっていない
と思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-30 18:00 | Eテレ『バリバラ』

個性と教育

『だいじょうぶ3組』(乙武洋匡/著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B63%E7%B5%84-%E4%B9%99%E6%AD%A6-%E6%B4%8B%E5%8C%A1/dp/4062162997



「職員室では横並びが基本とされ、ちょっとでも変わったことを
しようとすると、必ず注意されました。
…(中略)…
教師が横並びでいる限り、子どもたちの個性も認めてあげられない
と思うんですよね。
『だいじょうぶ3組』では、登場人物に、赤尾、白石、紺野、青柳
といった色を使った名前をつけたんですが、そこには、
『教師も色とりどりであるべきだ』という思いを込めたんです。」


==============================



昔の学校は個性のある教師もいましたが、
リーダー的存在の教師には嫌われていました。
その変わった教師が、私の恩師でした。

教師たちはそれぞれの考え方を持っていても対立せず、
共存していたことを生徒も知っていたと思うのですけれども。

生徒たちは皆、人の個性を否定するリーダー的教師が
嫌いでした。

リーダー的教師の場合は、言う通りにしない生徒には、
頭やケツを叩くのも日常茶飯事でした。

今の時代にそんなことをしていたら、
いじめとか暴力問題になってしまっていると思いますが。

でもそんな教師がいても恩師の場合は、
理性的な教育をしていました。

当時の子どもは良くも悪くも、いろんな影響を受けて
育っていたと思います。

今の学校には、もういろいろな教師なんていないのだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-30 09:50 | だいじょうぶ3組

一人ひとりの子どもの力を伸ばすサポート

『だいじょうぶ3組』(乙武洋匡/著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B63%E7%B5%84-%E4%B9%99%E6%AD%A6-%E6%B4%8B%E5%8C%A1/dp/4062162997


===================================================


「《結果より「  」》

『さあ、「  」のなかには、どんな言葉が入ると思う?』

赤尾の問いかけに、「気合」「練習」「中身」――いろいろな言葉が
あげられたが、ついに正解は出てこなかった。
赤尾の合図に、ふたたび白石がチョークを手に取る。

『結果より……成長?』

『みんなは『全十四レースで一位』という結果を出すことは
できなかったけど、一位になりたいという思いで必死に
練習してきた。
そうして、ぐんぐん成長していった。
じつは、先生がほんとうに求めていたのは、これなんだ。
みんなが努力を重ねて、成長する姿』

『なんだよ、先生。オレたちのこと、ダマしてたの?』

『ダマしてたわけじゃない。
いいか、大人になれば、この言葉は逆になる。
『ぼく、がんばりました』といくらアピールしたって、
結果を出さなければ評価してもらえない。
それが、社会というものなんだ』

『社会ってきびしいんだなあ……』

『そう、きびしいんだよ。
でも、みんなはまだ大人ではない。
だから、いまは結果ばかりを気にするんじゃなく、
努力することでどんどん自分の力を伸ばしていってほしいんだ』」


================================================

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-29 18:00 | だいじょうぶ3組

『障害者差別解消法案』が閣議決定

4月26日に『障害者差別解消法案』が閣議決定されたという。


===============================



『障害者差別解消法案、閣議決定される』
(2013-04-27 22:04:01)

(『難聴者の生活 goo』より)


http://blog.goo.ne.jp/hearingrabbit


「一番の問題は、「差別」の定義がなく、
障害者基本法の基本的理念にのっとりと
されてだけであることだろう。

次に商業その他の事業を行う事業者、
いわゆる民間事業者は差別禁止は課せられるが
合理的配慮の提供は努力規定になって、
政府が作るガイドラインに従うだけになっている
(特に必要のある時事業者に報告義務、
または助言、指導、勧告)ことだ。

法律の施行は平成28年となっており、
その前に基本方針や国等職員対応要領、
地方公共団体等職員対応要領は策定、
公表することが出来るとかあり、
民間事業者に対する配慮が濃厚だ。

障害者差別解消法案の意義は、
障害を理由とする「差別」問題の解消のために
広く社会に注意を喚起したり、
紛争解決のてがかりを与えることにある。
罰則を適用することではない」


===============================



ようやく障害者への差別があることを法的に
認めるようになった、ということなのだな。

しかし、差別とは何なのかを、定義に示すことがないままで、
実用できるのか?

法案の名前まで「差別禁止法案」ではなく
「差別解消案」なのか…。
そしてやっぱり、またも罰則なき努力義務法律なのか…。

こんなのをつくったって、守る会社なんてあるのか?

障害者側にとっては弱い法案になってしまいました。
働く障害者にとって、まだまだ厳しい会社状況が続きそうです。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-28 19:01 | 国連・障害者権利条約

ココ・ファーム&ワイナリーのワイン

『園長先生の白ワイン』(ココ・ファーム&ワイナリー)
価格; 不明

a0196876_1747041.jpg



もうだいぶ以前(2007年)に、
友人から戴いたワインだったのですが、
国産ワインのなかでも美味しかったやつです。

戴き物ですので、お値段が幾らするのかはわかりません。

ウェブ・ページで調べてみたら、
残念ながら『園長先生の白ワイン』ラベルは、
今はないようです…。


ココ・ファーム&ワイナリー
栃木県足利市田島町611
TEL; 0284-42-1192



食べログ栃木
『ココ ファームカフェ(COCO FARM CAFE)』



よく読むと

「ココ・ファームでは、カフェやワインショップで、
一緒に働いてくださる方を募集しています。」


「こころみ学園」とは、どんなところなのかというと、
例えば下記情報があります。


 http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/Syogaisya/pdf/111101.pdf


見学もできるという。
聴覚障害者団体も、栃木県へのバス旅行などには
ご計画されてみてはいかがでしょうか?

精神障害を併せ持ってしまう場合も
多いといわれる聴覚障害者の、
働く場を考える上でも参考になるのでは、
と思います。

実は私も、チームワークより一人でやる
仕事のほうが好きなもので…。

ワインの話をしているというのに、
またも障害者の話になってしまいました。
すみません…。

でも、友人から戴いた『園長先生の白ワイン』は、
本当に美味しかったです。

お情けだけでカネ稼ぎしている偽善障害者施設などのモノとは、
違うと思いますよ。


〔参考情報〕
https://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/tochiuma/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%BF%E5%AD%A6%E5%9C%92


http://mieru.jpn.com/ashikaga/archives/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%BF%E5%AD%A6%E5%9C%92


http://www.cocowine.com/event/harvest.html
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-28 18:00 | お酒

聴き取りにくい言葉 -「喫煙席? 禁煙席?」

あるレストランに入ると

「キ●エ●セキ●●●スカ キ●エ●セキ●●マスカ」

と聞かれた(多分、こんな感じに聞こえた)。

何を言っているのかすぐに理解できず、
もう一度聞き返しました。

二度言われてもわかりませんでした。

「う~ん、と…。
レストランに入ったとき、
最初に聞かれることは何だっけ?」

と、ヒントを思い出してみた。

おそらく、タバコのことだろう、と思い

「タバコは吸いません」

と言ってみたら、
三度目も同じことを言われ、
席を案内してくれました。

それでやっと、その言葉もわかりました。

「禁煙席、喫煙席のどちらにしますか?」

という意味の言葉だったのです。

自分にとっては聞き取りにくい言葉を使った
質問だったので、ちょっと難しかったです。

「きつえんせき」と「きんえんせき」は一字違い
の言葉なのだから、読話ができる聴覚障害者でも、
ちょっと難しいのではないだろうか。

どちらかというと

「タバコは吸いますか? 吸いませんか?」

のほうが聞き取りやすく、慣れているのだが。


昔「冷蔵庫」と「冷凍庫」の言葉も聞き分けにくくて、
苦労したことも思い出しました。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-28 18:00 | コミュニケーション能力

LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)

LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)

東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ けやき坂通り レジデンスD棟


クープ・ド・モンド優勝者・辻口博啓氏が提案する、
ショコラトリー&カフェ。

辻口氏が持つパティスリー・モンサンクレール(東京・自由が丘)
では、そんなに美味しいものを食べることができなくて残念に
思っていました。
見た目はキレイに仕上がっているのですが、
味が皆平凡でガッカリしました。
それと、クロワッサンが信じられないことにしょっぱかったので、
もしかして配合ミスなんじゃないだろうか、と疑ったものです。

あのときは

「もう二度と買いに行くものか」

と思ったものです。

それよりも、私は以前から六本木の店で何度か、
ショコラのドゥミ・セックを買っていました。

「ここのほうが美味しいものがあるな」

と思いました。


『ブラウニー』
これは味がしっかりとしていて、オススメだと思います。
a0196876_2117513.jpg


『ダックワーズ・ショコラ』
こちらは特に美味しいというわけではありませんが、
そこそこの味だと思います。
a0196876_21204091.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-27 18:00 | sweet

聴覚障害者が日常生活で、最近参ってしまったこと

【聴覚障害者が日常生活で、最近参ってしまったこと】


(1)聞こえない音 ―換気扇の音

換気扇をつけっぱなしのままにしてしまい、
電気代が高くなってしまった。
確認を忘れると、何日もつけっぱなしにしてしまう。


(2)聞こえない音 -電子レンジの音

ジャガイモを電子レンジで調理したのだが、
忘れて入れっぱなしにしてしまい、
数日間放置。
結局、食べられなくなってしまった。


(3)聞こえない音 -水の流れる音

トイレの水洗レバーを上げた後、
レバーが戻るのを確認しなかった。
レバーが上がったままだったので、
そのまま水が流れ続けることになってしまい、
水道代が3倍になってしまった。


(4)聞こえない音 -宅急便配達員の呼び声

ある日は、家にいたが、ドアポストに宅配便の不在連絡票だけが
入ってきた。
電話ができない私は、確実に引き取るために、
わざわざ営業所まで行った。

しかし、あいにく担当者が外を回っていて、
まだ戻って来ないという。

それで自分が聴覚障害者であることを知らせて、
確実に受け取る為に

「ドアの鍵を閉めないでおくので、
配達員は中まで入ってきて欲しい」

と伝えた。
それにもかかわらず、またも不在、あるいは配達不可と
判断されたようで、荷物を持ち帰られてしまった。
(おそらく、営業所の担当者が配達員へ「聴覚障害者の家です」と
伝えるのを忘れたのだろう。これが意外と面倒というか、
落とし穴になりやすいと思われます)

結局、そのときも後から追いかけて、自分が営業所まで
行くハメになった。
営業所に行ったら

「担当者がまだ戻って来ない。
戻ってきたら、もう一度配達へ行きます。
しばらく待っていてください」

と親切に言う。
それで家に戻って待って、やっと荷物を受け取ることが
できた。


いずれも、聞こえる人間だったらすぐに音で気がつくし、
不便はないのですが、
聞こえないとこういうことがある。

電気代、水道代アップは、今までにもう、
何回やってしまったことだろう。

聴覚障害者用屋内信号装置をつける方法もあるのだが、
役所の障害者福祉課へ申請に行くのも面倒がったままだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-27 09:02 | 聴覚障害

元運転手らに賠償命令=母親も責任、1億2500万円―クレーン車事故・宇都宮地裁

これは大変なことだと思います。
このような事件が起きたことで、障害を持つ人などへの
社会の偏見が強まるようになれば、障害者の就職も
厳しくなるような気がします。

障害者も、就労にはこのような事故を絶対に起こさないよう、
強く自覚する必要があると思います。



==========================


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130424/Jiji_20130424X899.html


元運転手らに賠償命令
=母親も責任、
1億2500万円
 ―クレーン車事故
 ・宇都宮地裁


時事通信社 2013年4月24日 19時21分
(2013年4月24日 21時39分 更新)


栃木県鹿沼市で2011年4月、クレーン車が
歩道に突っ込み小学生6人が死亡した事故で、
遺族34人が元運転手柴田将人受刑者(28)
=自動車運転過失致死罪で懲役7年確定
=と母親、勤務していたクレーン会社を相手に
総額約3億8230万円の損害賠償を求めた
訴訟の判決が24日、宇都宮地裁であった。

岩坪朗彦裁判長は、柴田受刑者や母親らに
対し、約1億2500万円の支払いを命じた。

遺族側弁護士によると、成人が起こした事故
で親の賠償責任を認めた判決は珍しいという。

判決は柴田受刑者について、てんかんの持病
があり、医師から指導されていたのに運転を
控えなかったと認定。

勤務中の事故だったことから、クレーン会社の
責任も認めた。

最大の争点だった母親の責任について判決は、
柴田受刑者が運転免許の取得要件を満たさない
ことを母親が知っていたと指摘。

何度も車を買い与えるなど、

「不正取得した免許の維持に協力、加担した」

と述べた。





======================



【追記】(2015年8月21日)



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150821-00000046-nnn-soci


「当日薬飲まなかった」
 てんかん認める供述


日本テレビ系(NNN) 8月21日(金)18時45分配信

 東京・池袋で起きた乗用車の暴走事故で、
逮捕された男が

「てんかんを患っていたが、
事故当日の夕方は薬を飲まなかった」

と供述していることがわかった。

 この事故は16日、池袋駅近くの歩道で、医師・
金子庄一郎容疑者が運転する乗用車が歩行者に
突っ込み、男女5人が死傷したもの。

警視庁によると、金子容疑者は調べに対し、

「てんかんと高血圧を患っていた。
てんかんの薬を一日2回、朝夕飲むはずが、
事故当日の夕方は飲まなかった」

と供述しているという。

 警視庁は、てんかんの発作による意識障害で
事故を起こした可能性があるとみて調べている。



==========================

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-24 22:09 | 障害者問題・差別

無敵家(新宿区新宿5丁目)

無敵家

東京都新宿区新宿5-17-2 YMビル 1F


ニンニク風味を利かせた、
少し強めの味のとんこつ醤油味のスープと、
それに負けない噛み応えの太目の麺を組み合わせた、
男性向きのラーメンです。

麺は大盛りでも同料金なので、
腹いっぱい食べられるのも嬉しい。


『本丸げんこつ麺』
a0196876_2252886.jpg

a0196876_22524021.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-24 18:00 | 食べ物(ラーメン)


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(443)
(225)
(97)
(58)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ