<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

障害者が働くこと

『障害者が働くこと。』(2009/04/13)

http://blogs.yahoo.co.jp/yyokota1948/47782157.html



健常者の従業員数が圧倒的に多い大企業が、
障害者を何人か雇っても、
障害者への合理的配慮ができないものだから、
雇った障害者は辞めていく。

そんな状態が、いつまでも続くことになる。

それならば、もう

「特例子会社をつくって障害者を雇わなければ、
罰金だぞ!」

というふうにしたほうがいいのかもしれない。

障害者を雇用したから助成金を出すのではなく、
合理的配慮を行う特例子会社をつくった会社に、
助成金を出したほうがいいのかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-20 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題B

難聴者の仕事の悩み

当ブログの

『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕


という記事は、非常にアクセスが多い記事です。
隠れた問題であることは間違いないと思います。


障害者手帳が取得できない軽・中度難聴者の悩み解消の、
決定的な手がかりになるものは、まだありません。
たとえ有能な難聴労働者であっても、
これでは大幅に職域を狭めてしまうことは
確実だと思います。

未だに有効な解決方法はありませんが、
最近では裁判所でも、いろんな違憲判決が
よく出されています。
ダウン症の人が成年後見人になると、
選挙権を失うというのは違憲だとか、
です。

それと同じように、もしも難聴者が集団で、
この問題の裁判を起こしたら、
どうなるでしょうか。

もしかしたら

「是正されなければならない状況だ」

という判決ぐらいにはなる可能性だって
あるように思うのです。

やるとしたら、やはり当事者団体と連携して、
国の責任問題として訴えるのかもしれませんが、
地域無料法律相談などを利用して、
弁護士とよく相談してみることだと思います。


『難聴者の仕事の悩み相談』

http://tkgb.jp/hard-of-hearing/open.html



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20130314k0000e040186000c.html

成年後見制度:選挙権喪失は違憲 東京地裁判決
毎日新聞 2013年03月14日 13時52分
(最終更新 03月14日 18時51分)

 成年後見人が付くと選挙権を失う公職選挙法の規定は
法の下の平等などを保障した憲法に反するとして、
ダウン症で知的障害がある茨城県牛久市の名児耶匠
(なごや・たくみ)さん(50)が国に選挙権があることの
確認を求めた訴訟で、東京地裁は14日、
この規定を憲法に違反すると判断し、
訴えを認める判決を言い渡した。

同様の訴訟はさいたま、京都、札幌の各地裁で
起こされており、今回が初の司法判断。

 定塚(じょうづか)誠裁判長は

「選挙権を制限するやむを得ない理由があるとは
認められない」

と述べ、名児耶さんに対し

「どうぞ選挙権を行使して社会に参加してください」

などと語り掛けた。

 判決が確定すれば名児耶さんは投票できるようになる。
違憲を解消するには公選法の改正が求められることから、
昨年末の時点で成年後見人が付いている成年被後見人
約13万6000人(最高裁調べ)の選挙権にも影響を与える
可能性がある。

 判決は、在外邦人の投票を制限する公選法の規定を
違憲とした最高裁大法廷判決(05年9月)を引用。

今回問題となった規定が

「公正を確保しつつ投票を認めることが事実上不能か
著しく困難で、選挙権の制限がやむを得ない場合」

に当たるかどうかを判断した。

 投票には「物事の道理を理解する能力が必要」としたが、

「成年後見人を付ける際に審判で判断される財産の
管理能力と、投票能力は明らかに異なる」

と指摘。

「成年後見人が付いても投票能力のある人は少なからずいる」

とした。
 国側は

「投票能力を個別審査する制度の創設は不可能で、
成年後見制度を借用せざるを得ない」

と主張したが、判決は

「運用に困難が伴うからといって、一律に選挙権を奪うことが
『やむを得ない』とはいえない」

と批判した。

 さらに、障害者の自己決定を尊重し、通常の生活をする社会を
作る「ノーマライゼーション」という成年後見制度の理念を重視。

同様の理念に基づいて欧米で法改正が進んでいることに触れ

「選挙権を奪うことは制度の趣旨に反し、国際的な潮流にも反する」

と述べた。

【鈴木一生】



===================================

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-19 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題B

補聴器の雑音と健康な耳の聞こえ

『補聴器の雑音と健康な耳の聞こえ』

ほとんどの健聴者が、聴覚障害者でも補聴器を装用すれば、
健聴者と同じように聞こえるようになっている、
と誤解しています。

その原因は、やはり健聴者が補聴器に関しても、
聴覚障害に関しても、全くの無知だからです。

健聴者側の果てしない無知が原因で起きている、
聴覚障害者とのトラブルを解決するには、
健聴者もきちんと勉強し、正しい理解を
しなくてはなりません。


『補聴器の音と聞こえの補正』

http://home.s00.itscom.net/large/ELEC/eid-sound/index.html

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-18 18:00 | 聴覚障害

「コイツらは…」の感情を抑え続けて

いつもの9:00の朝礼に、見慣れない男の人が、
15分くらいも何か話していた。
でも相変わらず会社側の配慮が欠けており、
さっぱりわからない。
上司のOさん、Yさん、それにS課長もいたので、
本来は大事な話だと思う。
それでも、この男の人は、私が聴覚障害者だと
知らされていないかもしれない。

あるいは

「あの人は聞こえないからしょうがない。
ほっとけばよい」

と伝えていたかもしれない。
どちらにせよ、私はいつも通り

「そのまま聞いているふりをしていればよい」

ということになるだろう。
よくあるのが

「わからないことがあったら聞いて下さい」

ということ。
一見したところ親切な言葉ではあるのだが、
無責任にもほどがあるだろう。
健聴者にとって、こんなに便利で都合の
いい言葉はない。
これで本当に「合理的配慮」をしたことに
なるのだろうか?

「わからないことがあったら聞いて下さい」

と言われても、元からほとんど聞こえないのだから

「何をどう聞いたらよいのかもわからない」

というのが、こちらの本音なのである。
この状況で

「自分で聞け」

と言われても、無理なのである。
皆に話し終わった後、担当者に毎日毎日
聞かなくてはならない。
それに、聞いたら聞いたで、コイツらはどうせまた、
話し言葉で話すに決まっているのだ。
どういう伝え方をしたらよいか、
コイツらには幾ら言ってもわからないのだから。

思えば私は、子供のころから

「聞いているふり」

をして、その後大変な目に遭った。

これは自分が招いた失敗だったのだが、
どうしようもなかった。

こんなことをしたために周囲の大人は皆、
私は本当は聞こえないのに

「聞こえている」

と思い込んでしまっていたからである。
今思えば、本当に取り返しのつかない失敗だった。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-15 18:00 | Z1.クレジットカード会社

東日本大震災から2年が過ぎて

2011年3月11日の東日本大震災で
亡くなられた方々へ、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


3月10日と11日はテレビのニュースを
しばしば観ましたが、
現地の状況や生討論会のような番組も
多かったため、字幕が少なく、
そのためにあまり観たくなくなりました。

目をそむけてはならないことだとは
わかっているのですが、
やはり字幕のないテレビを観ると、
どうしても苛立ちが出てきます。


画面にしばしば出てくる

「早いもので2年が過ぎた」

という文字から、震災の記憶の風化も、
静かに進行しているのかもしれません。

確かに、他人から見れば、
早いものかもしれません。

でも、現地の人々にとっては、
とても永そうな時間にも思えます。

それというのも

「進まぬ復興」

という文字も、画面によく出てきましたから。

もう待てなくて、故郷を捨てる人まで出ています。

時間が進んでいないように思える
言葉ですが、取り残されてゆく孤独感が
うかがえると思いました。

被災者、避難生活者の方々は、
何も出来ないわけではないのに、
何も出来ないようにされているのは、
職場で合理的配慮がないために
精神的苦痛を受ける障害者と、
どこか共通点もあると思いました。

これは、政治の責任です。

そしてもう一つ、忘れてはならないのは
東京電力の無責任ぶりでしょう。
国民がつくった政治が、東京電力の
暴走を許したのです。

政治の責任とは、すなわち国民の責任なのです。

国がやるべきことの最優先項目に
景気対策が挙げられていて、
東北の復興は二番目でした。

これは私から見ると大変意外なことであり、
残念に思いました。

結局、今、日本人の思いは、一つではない
のだと感じました。
だから、私はこの国に幻滅しました。

日本人は、もっと真剣に世の中を見て、
そして反省しなければならないはずです。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-12 21:35 | 社会

米国・ギャローデット大学でのろう運動

『1988年にギャローデット大学で起きた、
ろう者学生、卒業生の抗議運動』


アメリカのギャローデット大学は、世界中からろう者が
集まる大学として有名です。

この出来事は、ADA法(1990年障害を持つアメリカ人法)が
出来る前に起きた、ろう者が主体の障害者運動です。

この頃、ジョージ・ブッシュ副大統領(当時)が

「ろう者の学長を選考するようギャローデット大学に
強く促していた」

のだという。

そして1990年7月26日、
ジョージ・ブッシュ大統領(当時)は、
ADA法に署名しました。

http://www.ibojapan.org/overseas/ada.html



ろう者の映像作家・今村彩子氏のブログには、
現在のアメリカの大学の状況を書いた記事が出ています。

http://studioaya.com/profile/img/201301_boramimi.pdf


日本とは、偉い違いだったようです。
アメリカはどうして、このようになったのでしょうか?

それを知る手がかりのひとつが、この

『哀れみはいらない ―全米障害者運動の軌跡』

という本なのです。



『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)

 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html



===============================


「『反乱の発端』
ギャローデット大学生の抗議運動。
人々は一九九八年三月に起きたこの出来事を学生の反乱として
覚えているが、実際のきっかけとなったのは、社会に出て偏見や
差別のつらさと闘っていた最近の卒業生の怒りだった。

発端は一九九七年八月。
ギャローデット大学で、健聴者のジェリー・リー学長がその年
一二月に辞職すると発表、氏の後を継ぐ候補者をふるいに
かけ始めた。
開校以来今までの一二四年、ギャローデットでは六人が
学長についたが、ろう者の学長が選ばれたことは一回も
なかった。
ひとり平均約二〇年間ずつ務めたが、一九八〇年代に
三人替わった。
前回の一九八四年にリーが選ばれたとき、ろう者を学長に
したほうがいいかどうか、ほんの少しだけ話題になった。

翌八八年二月に六人の卒業生が集まり、学長選出員会の
候補者リストに議論が集中した。
耳が聴こえないということは、聴こえる世界から全く期待
されていないことに対して絶えず闘うことだ。
ろう者の大学として世界に名立たる学校なのに、まだ学長に
ろう者がいない。
これは、ひどい屈辱だ。
だいたい前回の八四年には、どうしてろう者が選ばれなかった
のか。
皆がこう思った。

今度、もしろう者が選ばれなければ、さらに何年も待たなければ
ならないかもしれない。
今回しかチャンスはないのでは。

ろう者の学長を求めて立ち上がろう。
こう決意を固めた卒業生らは、学長と他の卒業生、
教員らの連帯を得て、学校側も無視できないような大集会を
キャンパスで開催することにした。

この集会開催に具体的支援を提供したのは、卒業生で地元の起業家、
ジョン・イエーとデイビット・バーンバウムだった。
卒業生が起こした企業と委託契約を結ぼうとしないギャローデット大学を、
ふたりは快く思っていなかったからだ。
ギャローデットは、赤レンガに囲まれたビクトリア調キャンパスで
ろう者の学生をまるで繭の中のような環境で保護している。

が、いったん学生が卒業してしまうと、聴こえる世界と同じように
心ない排除や軽蔑で対応している。
大学の本来の目的であるろう者の自立を全く裏切る行為ではないか。
こうふたりは思っていた。

一方、在学生の学生は、キャンパス外で起こっているろう者への
差別にはほとんど無関心だった、と卒業生の代表ジャック・ギャノン
は言う。
次期学長選出のニュースも、学生にとっては単なる学校運営上の
出来事でしかなかった。

「多くのろう者は聴こえる世界のほうがよいという考えをもつように言われ、
生活してきました。
ですから自分たちに押し付けられている限界を疑いもせず、
そのまま受けとめがちなんです」。

ギャローデットの生涯大学学長ロザリン・ローゼンは、
理由をこう説明する。
学生間で社会の対応に対して異なった意見が存在していたこともある。
アメリカにいる聴覚障害者二二〇〇万人のうち、全く耳の聴こえない
人たちはその一〇%といわれている。
この人口構成を反映して、ギャローデット大学には難聴者も多く、
補聴器をつければ聴こえる人たちもいた。
そして、同じ程度の障害者同士がグループをつくる傾向がみられ、
たとえば補聴器使用者のグループは社会に出ることに関しては
より楽観的だった。

どうしたら、無関心で、ばらばらの感覚や意見をもつ学生たちの
注意を喚起し、集会に動員できるか?
学長選出問題をできるだけわかりやすい人権問題として
学生たちにアピールできないか?
卒業生たちはこう考え始めた。



「「ろう者の学長を、今」と書いたTシャツのジェフ・ローゼンは、
ピック・アップ・トラックの荷台の上に立って手話で訴えた。

「公民権運動で命を失った人もいます。
ベトナム戦争に反対して刑務所に入れられた人もいます。
さて、一九八八年の今日、今この瞬間、私はここに立って
皆さんにお聞きしましょう。
皆さんはいったい何を信じて生きていますか。
何を理想にして生きていますか」

二十人ほどの講演者のひとり、アレン・サスマン教授は言った。

「今日のこの出来事は、歴史に残るでしょう。
ろう者による全米初の公民権運動なのですから」

この言葉が学生の心を大きくゆり動かした。
ろう者に対する社会の対応を、人権問題として考えたことも
なかった多くの学生が、この言葉で目覚めたのだ。」



「一方、偶然にも同じ日に、次期学長の最終候補三人が
決定されていた。
ひとりは、思春期に聴覚を失ったギャローデット大学の
文芸学部長、アイ・キング・ジョーダン、もうひとりは、
生まれたときからろう者で、ルイジアナ州の全寮制
ろう学校の学長、ハービー・コーソン、
最後は、健聴者で、北カロライナ大学グリーンスポロ校の
エリザベス・ジンサーだった。

…(中略)…

三月六日、日曜日、午前八時半。
約五百名の学生と卒業生グループが正門前に集合した。
ちょうどこの時間、理事会で学長が最終決定されることに
なっていたからだ。

が、実際はそれより二時間も前にプレス・リリースが発表され、
候補者のなかで唯一健聴のエリザベス・ジンサーが選ばれた。

人々の怒りは爆発した。
演説と、たくさんの涙。
抗議の象徴として、プレス・リリースが燃やされた。

さらに抗議の一団は、

「ろう者の学長を、今」

と叫びながら、町の中心地にあるメイフラワー・ホテルに
デモ行進した。

ここで大学の理事たちが新しい学長の決定を祝っていたからだ。
警察隊はホテルの入口をふさぎ、デモ隊が手話で抗議した。
ヒルブルックとローラス、そしてジェフ・ローゼンら数人が
中に呼ばれ、理事たちと話した。

このとき理事会長のジェーン・バセット・スピルマンは、
非常に屈辱的な説明をしたのだという。

「ろう者たちには、まだ、聴こえる世界で機能するための
準備ができていない」

と言ったのだ。
のちに彼女は、それは手話通訳の誤訳だと弁解したが、
この弁解自体、健聴者がろう者の上に立って発言するという
学校側の意識の反映と思われた。

また、スピルマンは七年間も理事を務めてきたが、
いまだに手話で会話ができない。
なぜ彼女は手話を学ぼうとしなかったのか。
その意識も疑われた。」



===============================



この後、大変なことになっていることが原著に
記されています。
大学授業ボイコット、スピルマンと学生たちの
対立激化、連邦議事堂とホワイトハウスに向かっての
デモ行進、そしてこの問題は、全米の注目を集めるように
なったという。

市民のなかには、学生たちの抗議を支援する人も出てきた、
という。
この結果は、理事会によって選ばれたジンサーも、
スピルマンも辞職しました。

が、スピルマンは辞職のときも、またこんな屈辱的なことを言っています。


===============================


「「私のような人間は、ギャローデット大学の未来の発展を
妨げていると思われる方もいるでしょう。
私はこの大学が発展することを心から、本当に心から
望んでいるがゆえに、その障害物をみずから取りのぞきましょう」。
が、彼女は最後まで、聴こえる学長が最善の選択だったと
主張していた。」



===============================


いやいや…。
まさか、スピルマン自身が身を引く(辞職)ことによって、
ろう者たちの前にある障害物が取りのぞかれたとでも?
ろう者学生の主体的行動が、その障壁を壊した、
と言ったほうが適当なのではないだろうか。


===============================


「『ろうは文化 障害ではない』
一方で、ギャローデット大学の学生が障害者の権利確立に
大きく寄与したのは大いなる皮肉と言えた。
なぜなら彼(彼女)らの多くは、聴こえないことを障害ととらえず、
ひとつの独立した文化としてとらえているからだ。
ユダヤ人であるとかアイルランド人であるとか、
ナバホ系インディアンであるのと同じ意味だ。
同じ耳が聴こえない(deaf)という表現でも、独立した文化集団
であることを意味するときは頭文字を大文字にして「Deaf」とし、
聴力の状態を指すときには小文字で「deaf」とすると
区別をつける人もいる。

大文字は、英語とは全然違う複雑な体系のアメリカ手話を使い、
独自の歴史や文化を所有しているというわけだ。

ギャローデット大学のリーダーたちにとって、
「障害」は医学的な観点からの人間の状態である。
聴力の欠如をこの「障害」、そして更生が必要な病理と考える
人々は長い間ろう者を抑圧してきた。

ギャローデットのリーダーたちは、自分たちを哀れみ、
能力が劣っているとみなしてきた人々に嫌悪感を抱いた。
この部分では障害者権利運動の大枠の考え方に共鳴する。


ギャローデット大学の巨漢でカナダ出身のフットボール選手、
ジョン・リムニディスは、映画『愛は静けさの中に』で端役を
演じたこともあるろう者だが、こう言う。

「耳が聴こえないことは障害ではありません。
むしろ文化です。
手話は別の言語です。
私は、耳が聴こえないことを誇りに思っています。
もし万が一耳が聴こえるようになる薬があっても、
決して飲まないでしょうね。
決して、決してね。
死ぬまで絶対飲みませんよ」」


===============================

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-05 18:00 | 哀れみはいらない

難聴者の先輩 (3)ガネーシャ氏(ハンドルネーム)

ガネーシャ(ハンドルネーム)氏が作成したホームページ

『ガネーシャのホームページ』

http://www.muse-meson.com/Ganesh/ganesh.html


氏は難病で聴神経も侵され、難聴を経て失聴する、
という過程を辿っています。

私も難聴の苦しみを経て、
毎日耳鳴りがする世界に
強制移住させられました。

それは、望んでもいなかった、
怨んでも怨みきれない運命…。

特に、聴覚障害者の就労後の問題に直面しては、
頭が変になるほど苦しみました。
同じような苦しみを経験している聴覚障害者は
多いと思います。

しかし、本当に怨むべきなのは、自分の運命では
ないと思うようになりました。
そのきっかけとなったのが、インターネットを通しての、
ガネーシャ氏との掲示板交流でした。

当ブログで連載中のカテゴリー『哀れみはいらない』
の原著(※)を読むことを薦めてくれたのが、
彼でした。


(※)『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』
(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)


 http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185


これほどの重い障害があっても、
氏が本当にいろいろな障害を持つ人々への、
強い関心を持っていたというのは、驚くことでした。

自分もきっと、誰かのために生かされているに違いない。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-04 18:30 | 難聴・中途失聴

ザ・プリンスパークタワー東京の梅

ザ・プリンスパークタワー東京

東京都港区芝公園4-8-1


梅とイルミネーションは珍しい。

この辺りには桜もあって、
もうすぐ咲くので、
東京タワーとのコラボで鑑賞できます。

a0196876_19593165.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-04 18:00 |

うなぎ 神田 久保田

うなぎ 神田 久保田

東京都千代田区外神田5-6-9


「一番人気」という、ウナギの『肝焼き』(一串600円)
a0196876_23235645.jpg



うな重定食 2700円 (吸い物、漬物付)
「九州産(鹿児島産、宮崎産)を中心に厳選した国内養殖うなぎを
備長炭で丁寧に焼き上げている」という。
品質の良いウナギにつけるタレは、さっぱりとした味です。
a0196876_23242716.jpg



ランチタイムなら、うな丼(1400円)もあります(数量限定)。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-03 18:00 | 食べ物

必携製菓道具 ―3つの計測機器

お菓子作りに必要な、最初の最初、基本中の基本の話です。

お菓子は“正確な”化学知識とイメージ力でつくるものです。
夢心だけでは、美味しいお菓子はつくれません。

昔は「プロは勘(経験)でつくる」などと、
言われたりしたものです。

しかし、それにも永い間の鍛錬があり、
それをいちいち数値で確認する必要がないほど、
作り手に正確な技が身についていてのことです。

ビギナーの人がそれを真似るのは難しいでしょう。
その場合には、正確な測定器と正確な化学知識が
必要になります。
製菓理論という場合もありますが、
これは製菓の化学知識のことです。

当ブログのカテゴリー『製菓の話』でも、
よく温度やグラム数などを、レシピを正確な数値で
公開しています。
これはもちろん「精確」というほどに、
正確に計っていただきたいものです。

実際、正確な仕事をするプロのレシピなのですから、
きちんと守らなかったらうまくできるはずがありません。

特に、家庭で行う少量のお菓子作りでは、
粉ゼラチンなどは、たった0.5グラムの誤差でも、
出来上がりが雲泥の差になる場合があります。

ビギナーが大きな失敗なしで、しかも完成度の高い
お菓子を作ろうと思うならば、次の三種の測定器は必携です。
絶対、合羽橋道具街などで買いましょう。


①重さを正確に計るもの…計り(重量測定器)

②温度を正確に測るもの…温度計

③時間を正確に計るもの…タイマー



【計り(重量計)】
バネ計りではなく、精密電子機器が必要です。
家庭用の場合、下の2種類は必要です。


(A)0.1~100グラム程度まで測れる計器…粉ゼラチン用など、微量を正確に測定するための計器で、0.1グラム単位で正確に計れるもの。焼き菓子づくりに使うベーキング・パウダーなども、これを使って正確に計ります。

(B)500g~1キロ程度まで計れる計器…1グラムから正確に計れる計器が理想です。

タニタ株式会社の製品がよいでしょう。



【温度計】
色々ありますが、水銀温度計は見づらいのでやめたほうが
いいでしょう。
50℃計、100℃計、150℃計はいずれも、
製菓では使用範囲ですが、
50℃計と150℃計は高価なので、
最初は100℃計と200℃計を購入すればよいでしょう。

コードのある電子温度計は、
火を使うものには破損の恐れありで、
不向きかと思います。

これとは他に、オーブンにも温度計が
必要となることもあります。
家庭用電子レンジオーブンだと、
設定温度は表示されますが、
焼成中の庫内温度がわからない場合もあります。
その場合は、それを調べられる温度計(オーブン用)も
あったほうがいいです。
なぜかというと、家庭用オーブンは小さいので、
1回でも開けると温度が下がってしまい、
良くないからです。
実際の庫内温度がわかれば、それを参考として、
設定温度の変更が必要かどうかも、
自分で判断できるようになります。

あるいは、庫内温度の実データを取って、
試作にも役に立ちます。



【タイマー】
タイマーは聴覚障害者には振動式(バイブレーションアラーム機能)
のものを購入し、仕事で使うならば2台は持っていた
方がいいでしょう。
また試作用のために、ストップ・ウォッチ機能もある
もののほうが、便利です。

操作性も快適な、

レアック・ジャパン株式会社の
「バイブレーションアラーム付きのタイマー」


がオススメです。

違う色を購入することによって、忙しいときでも
容易に用途を識別できます。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-03 09:00 | 製菓の話


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(409)
(194)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ