<   2013年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

これが『障害者の経済学』だ!
日本のダメな障害者雇用を変えろ!!


『金儲けで福祉を変えろ!』


このタイトルにはビックリするかもしれない。
でも、お役人も言うように、福祉には限界があります。
その限界をぶち破るのが、この発想なのだと思います。
一歩間違えば福祉そのものが危ぶまれてしまうかもしれないが、
福祉も経済とは切り離せないと思う。



サムハル ――従業員の92%が障害者の会社が、売上高1200億円の大企業?!
サムハルとは?

『サムハル ―スウェーデンにおける保護雇用の取り組み』



第1回『働きたい者には等しく機会を与える』
“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕



第2回『厳しい数値目標が国営企業を鍛えた』
“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕(2)



この国のゆくえ
強い国を作った「人を切らない」思想
“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕(最終回)
篠原 匡 2009年1月20日(火)


『スウェーデン企業・「2万人の障害者集団」サムハル』




サムハルについて、あるブロガーが次のように述べています。

http://sister.typepad.jp/sister/2009/01/post-e8d4.html


サムハルは、日本企業のような助成金目当てで障害者を
雇用しているのではなく、ずっと高い目標を達成させる
義務を負っているのではないでしょうか。
誰でも受け入れ、そして厳しいのだろうと思います。

日本はどうでしょうか?
甘い障害者雇用枠で会社に入れられて、会社では目には見えない
“職場内障害者授産施設”に閉じ込められ、
公平公正な競争から外された世界にどっぷりと浸かって、
障害者の潜在能力すらもダメにしていくのではないでしょうか。
そこに本当の未来はない。
障害者にも、金目当てで雇う会社にも、そして日本という社会にも。

私がもし、経営者だったら、
こんな世界にどっぷり浸かってしまった障害者は、
もう使いものになるとは思わない。

やる気のある障害者はそこから抜け出そうとして、
諦めずに何度も転職を試みる。
しかしそれも、助成金目当ての企業の思う壺。
公金がどんどん企業へ垂れ流されていくだけに過ぎない。

日本の企業は、コンプライアンスを導入して何年経っても、
まだわかっていないのだ。

もしも、障害者職業技能世界オリンピックなんてものがあって、
世界と競争したら、日本はボロ負けしそうです。

4月から法定雇用率が引き上げられるが、
それで本当に障害者雇用施策が強化されるのかというと、
それは違うだろう。

法定雇用率を引き上げることによって、
もし障害者の実雇用率がアップすれば、
一見、そう思えることだろう。

だがその前に、この変更はまず、違反企業からの違反金を
アップさせることになっている。
それと障害者雇用率上昇を狙っている、というわけだから。

つまり、違反金が障害者雇用施策の財源になっている、
というわけだ。
違反が少なくなれば良いが、そうなれば今度は財源が乏しくなり、
障害者雇用制度が持たなくなる恐れも出てくる。

これまでの日本企業の障害者雇用では、
違反金逃れと助成金目当てだったからだ。

これが日本の障害者雇用施策の矛盾点です。

違反金に依存する障害者雇用助成金制度では、
金目当てで雇用する企業のおねだりに応えきれず、
結局、このシステムでは障害者雇用は継続できないだろう。


==================================

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090119/183071/


『強い国を作った「人を切らない」思想
“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕(最終回)』より


だが、逆立ちしてもできない――。そう感じたものがあった。
それは、障害者に対する人々の意識である。

「ここでは、あなたが障害者なんですよ」

 「一つひとつを見ると、日本とやっていることはそれほど変わらない。
でも、『障害』に対する考え方がまるで違う」

 サムハルの幹部に言われた言葉は、今も有村の耳から離れない。

 「あなたはスウェーデン語が話せませんよね。
ここでは、あなたが障害者なんですよ」

 この幹部は冗談で言ったのだろうが、この一言は有村の心に響いた。
環境が変われば、誰もが不自由な状況に置かれ、誰でも障害者になり得る。
これは、裏を返せば、個人の差異は何も特別なことではないということでもある。
障害を持つ。
それは特別視するようなことではない。 (※)


 サムハルを見てもそうだろう。
サムハルの人々は障害者が働くことに、何の疑問も感じていない。
当たり前のように、働きがいのある仕事を探し出そうとしている。
サービス業に進出したように、「障害者だからできない」とは考えない
(無論、反対した幹部がいたように、全員がそう考えていたわけではなかったが)。

 これは、一般の市民でも同様だ。
スウェーデン人は障害者が地下鉄に乗っていることに違和感を持つ人はいない。
カフェテリアで働いていることを不思議に思う人もいない。
サムハルという障害者集団に好奇の目を向ける人もいない。
もちろん、必要な手は差し伸べるが、誰も障害者を特別視していない。

日本はどうだろうか。



==================================




(※)【参考記事】
当ブログ

『障がいは、特別なものではない』
〔2011-10-13 21:22〕span>
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-12 18:00 | 聴覚障害者版サムハル
スフレの店と言えば

『ル・スフレ』

が有名だと思います。


(広尾店)
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13004743/

〔スフレの食べ方が参考になる情報〕
http://fanet.jp/regular/makie/33.html


(自由が丘店)
http://sweets-forest.com/sou.php


でも、値段がいくそうです。

結局、ホンモノのスフレの味を知らぬまま、
ずっと我慢していました。
たまたま、新宿三丁目にもスフレを出している
喫茶店を発見。

『星乃珈琲店』(新宿東口店)

所在地; 東京都新宿区新宿3-17-5
        新宿ニュー富士ビル 2F


ここはバニラ・スフレが530円と結構お手頃価格なので、
食べてみました。

私は注文してからテーブルに届くまでの間、
時間は計っていなかったのですが、

「注文してから、焼きあがるまで12分ほど待つ」

そうです。

直径9cmほどの大きさです。
トッピング(ソースやジャム、ホイップクリームなど)
は別注(1アイテム100円)ですが、
やっぱり何かつけたほうがいいと思います。
スフレだけだと、味が薄いので。

〔トッピングの種類〕(各種プラス100円)
①ソフトクリーム  ②ホイップクリーム  ③ブルーベリーソース
④イチゴジャム  ⑤マーマレード  ⑥チョコレートソース  ⑦小倉


2012年にスィーツ・ブームになったパンケーキも、
ここはオリジナルのようです。

コーヒーは、もちろん美味しいです。

ビルにある看板
a0196876_095664.jpg


お店はビルの2階にあります。
a0196876_0103347.jpg


お待ちかねの、バニラ・スフレの登場です。
a0196876_0105877.jpg


おしぼりは「障害者雇用」を意識して
a0196876_0113290.jpg


「障害者がつくったおしぼり」を使用。
実際に使ってみて

「質は中国製品みたいで、落ちたな」

と思ったが、おしぼりなら、まあいいか。
知的障害者などの雇用を理解するのも、
社会貢献だと思えば。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-11 18:30 | sweet

障害者問題の暗闇

最近、私の職場環境で思うことは、最もやる気の無い人員を抱える部署で、
その遅々とした仕事を進めるための道具として、障害者が遣われるように
なったのだろう、ということだ。

確かに、真面目に働く障害者もいるのだから、健常者に比べ賃金が安く、
その上にハローワークから助成金までもらえるのだから、企業がこういう
選択をするのは当然だろう。

聴覚障害者のなかには、職場で刑事事件(暴力、脅迫など)を起こしてしまい、
クビになった人が何人もいる、という事実を、一般の人は知らない。
それでも会社からは懲戒解雇にはぜず、全て「契約期間満了のため(更新せず)」
とか、「本人の自主退職(「一身上の都合により」)」ということに処理される。
しかも、相談所や裁判所にさえ、これが会社の温情と判断されるので、
事件は表には出ないのである。

当然、差別の背景が社会に知られることもない。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-11 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題Z1
インターネットで、聴覚障害者が経営している
お店を発見しました。
現在も経営中なのでしょうか?

手話交流会なども企画しているそうです。


==========================



特定非営利活動法人『喫茶コーナー“ほほえみ”』


http://www2.tba.t-com.ne.jp/hohoemi/index.html


==========================



下の記事も、聴覚障害者と手話が入っています。


==========================


http://www.asahi.com/food/news/TKY201202280165.html

『手話と筆談で接客、あったかスープ店 店員は聴覚障害者』
朝日新聞 2012年3月4日17時9分


 経営者もスタッフも聴覚に障害があり、手話と筆談で接客する。
そんなカフェが東京・本郷にオープンした。
個性を生かして働きながら、将来に向けて力を蓄える――。
目指すのは、そんな場だ。

 「熱いので気をつけてください」

 「おいしいです。ありがとう」。

どこの飲食店でも聞こえてきそうな会話だが、
この店では、客席わきの壁に掲げたホワイトボードでの
筆談や手話でやり取りする。
店長の柳匡裕(まさひろ)さん(39)をはじめ、
フルタイムで働く4人は全員、聴覚に障害がある。
 
東京都文京区本郷5丁目にある店の名は
「ソーシャルカフェ サイン・ウィズ・ミー」。

「一緒に手話で話そう」という意味を込めた。
お客さんの約8割は近隣の学生やサラリーマンで、
スタッフに聴覚障害があるとは知らずに訪れる人がほとんどだ。

メーンはスープで、具だくさんのポトフやビーフシチュー
など約10種類を1杯610円から提供。
コーヒーやケーキもあり、地元で定着しつつある。

 柳さんは、ろう学校を卒業した後、グラフィックデザイナー
などの仕事を経て、障害者の就職や転職を支援する企業で
働き始めた。
しかし、せっかく仕事の仲立ちをしても、離職率が高い
現実を目の当たりにしたという。

 手話ができる人がいない場所で聴覚障害者が働くのは
一日中情報を遮断されているのに等しく、ストレスが募る。

「企業の多くは法定雇用率を満たすためだけに障害者を
採用し、本人の能力をどう活用するかというところまで
考えていない」。

柳さんの目には、そう映った。
本人たちは「学びたい、スキルアップしたい」という意欲を
持っているのに――。
 それならば、自分がそうした場をつくるしかない。
そう思い立って活動を始めた。
福祉機器の開発や理容店など聴覚障害者が起業した例は
あるが、まだまだ少数だ。
50社に及ぶ飲食店のフランチャイズ店に応募したが、
全て断られた。
 その中でただ1社賛同してくれたのが、長野県に本社を置く
スープ店チェーン「スープアンドイノベーション」だった。

社長の室賀康さん(33)は

「同じ障害がある方に加え、手話を学びたいお客さんが
来店すれば十分に収支が取れると思いました」

と振り返る。
 出店の話が進むと、それまで断られていた金融機関の融資も
決まった。
メールやインターネットの手話者コミュニティーで店員を募集し、
昨年末、オープンにこぎ着けた。

 柳さんは

「難聴者は交流する相手が限定されてしまうため、
コミュニケーションの力が上がりにくい。
お店での接客は、色々な人に対応できるようになる
チャンスです」

と話す。

「今までの職場と違い、ここはあらゆることを自分でやる
ことが求められる店。
全体を把握したり、優先度を考えたりというスキルも
上げていってほしい」

と話す。
 副店長を務める上山ホサナさんは22歳。
社会人1年生だ。

「お客さんには、心からの笑顔で接しています。
来店をきっかけに手話の世界に興味を持っていただけたら、
なおうれしいです」
 
今月からは、柳さんが力を入れる「学び事業」も始めた。
手話によるビジネス講座や啓発セミナーを開く。
柳さんは

「聴覚障害者が情報を共有できる店にしたい」

と話す。

(松本千聖)


==========================



やっぱり聴覚障害者の場合は、
健聴者と同じようにその仕事で勝負しているというより、
手話が武器なのだろうか。


手話コミュニケーション必須だと、
手話が出来ない聴覚障害者には痛い話だ。

高齢になってからの中途失聴者、中途難聴者の人には、
辛いだろう。



話が変わりますが、民間企業のダメな障害者雇用に
甘えるままでなく、
(というより「甘えざるをえない現実だから」なのだが)

本気で社会で自立した聴覚障害者になりたい、
という人には、下記情報も有益ではないでしょうか?


==========================



『見たことない仕事、見に行こう。 仕事旅行』

http://www.shigoto-ryokou.com/detail.html?jid=102

「待っていればろう者の就労状況が変わるという
ことはありません。
追い詰められた柳さんは自分でろう者が働ける
環境を作ると決意します。」


==========================



お店を持つこと自体は、聴覚障害者であっても、
そんなに難しいことではない。
飲食店は比較的、誰にでも開きやすいと言われている。

問題なのは、店を持った後だ。
軌道に乗せるのは大変だと思う。
聴覚障害者ゆえの苦労も伴う。
健聴者の経営でさえ

「ほとんどの店が3~5年以内になくなってしまう」

といわれている。
10年以上続く店は、稀だという。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-10 18:00 | 就労前の聴覚障害者問題A
1月8日(火)に東京スカイツリー
出かけてみました。

正月も終わり、客足は落ち着いたのではないか、
と思っていましたから。

それはそうだったみたいですけど、
時間帯によっては混みます。

早朝に行ったら、入口カウンターは人が少なかったのですが、
日没前(16時)に行ってみると大混雑(40分待ちだという)。

それで、近くで食事を先に済ませ、
19時に再び来てみると、
もう空(す)いていました。
中へ入っても、あまり人がいませんでした。

多分、16時頃から並んででも入った人たちは、
19時頃にはお腹が空いたので、
降りてレストランへ移動していったのかもしれません。

ちょっと時間をずらせば、快適に観光できるようです。

後は、天気次第ですよね。
東京スカイツリーのホームページでも、予測を調べられます。

a0196876_23543658.jpg


a0196876_2355737.jpg


a0196876_23552771.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-09 18:00 | 観光(関東)
仕事に集中してばかりいると、目が疲れるし、長い単純労働の
人生経験が嫌になるので、時々考え事をしてしまう。
そこで閃いたことをメモしている。
内容は手話関係、聴覚障害者労働問題などが、ほとんどだ。

そこで、Mさんに注意を受けた。
実は、昨日も口頭で言われていた。
今日は筆談ボードに書いての注意を受けた。
こういうときだけは、書いて伝えるようだ。

「(仕事を怠けて喋っている)皆は皆。仕事中はダメです」

と、私だけに注意された。
私は納得できなかったので、

「皆は聞こえるから喋れる。私は話の輪には入れない(だから書きたい)。
それが、どうしてダメなのか? また、なぜ私だけにダメと言うのか?」

と聞いた。Mさんは

「皆は皆。仕事はそれと関係ない」

と主張するだけなので、私も同じことを言って、
納得はしていないことを伝えた。
話は平行線のまま、Mさんは去ったが。

しかし私はその後、すぐにM係長とS課長のところに行き、
事情を話して相談した。
その結果、課長より以下のことを(筆談により)聞いた。

「Mさんは正しい」

「(ただ)仕事中のストレスもあるので、
あなたの行動を全面禁止とまではいかない」

「他に仕事があるかどうか、検討してみる(異動か職域拡大を検討?)」

「チーフのOさんが皆に注意を言うべきこと」

「Mさんの立場はメイト社員」

「Mさんにも事情を聞き、どうして■さんにだけ言うのか、聞いてみる」

「筆談が普及していない点についても、再度通達してみる」

Mさんの、皆と私の扱い方が違うことについて、S課長は、
皆の勤務態度はどうなのかと聞きだし始めたので、
私は慌てながらも、少し喋り始めてしまった。
他人のことは、本当は喋りたくなかったのだが、
差別的な扱いに納得できないので、
説明するために言わざるをえなくなってしまったのだ。
この問題解決は、今後に持ち越されることになるようだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-07 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題Z1
ゆるキャラのような呼び名ですが、
ラーメン屋の名前です。

恵比寿駅から近いところにあり、
店内には常に行列が絶えないラーメン屋さんです。


阿夫利(AFURI)

東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F


スープは塩味、醤油味、辛そうなものなどがあります。
麺も普通のラーメンの他、つけ麺もあります。

ラーメンは、スープを下の2種類から選びます。
麺は細麺です。

 淡麗…このお店自慢のスープだそうです。

 まろ…淡麗に鶏油を加えたスープ。淡麗よりもコクを出すためらしい。


今回はゆず塩ラーメン(淡麗)を食べました。
塩ラーメンの傑作だと思います。
ただ、850円という値段は高いほうじゃないかな?
そこがね、ちょっと気になります。

ゆず塩ラーメン(850円)
香りが生命のようなラーメンです。
ゆず、塩スープ、そして香ばしい焼きたてのチャーシュー。
さすが、ごまかしの効かない塩ラーメンですから、
これはいい材料を使っていると思います。
煮玉子も、上手に調理されています。

a0196876_134045100.jpg

a0196876_1341833.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-06 18:30 | 食べ物(ラーメン編)
また出ていますね。
障害者雇用助成金だけではないと思っていたんです。
税金がこんなふうに垂れ流しされているのかと思うと…。

企業は

「みんなやっているから(やっても)いい」

というのでしょうか。


====================================

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130104-OYT1T01338.htm?from=ylist


助成金不正受給100億円超 …出勤簿改ざんなど

厚生労働省が雇用安定のため企業に支給する助成金制度で、
今年度までに総額100億円を超す不正受給があることが
同省の調べで分かった。

従業員の出勤簿を改ざんするなどの手口で審査を
すり抜けており、同省は返還を求めるとともに
対策を強化している。

 不正受給の大部分は「中小企業緊急雇用安定助成金」で、
この助成金は2008年秋のリーマン・ショック後、
中小企業による大量解雇を防ぐため創設された。
従業員を解雇せず一時休業させたり教育訓練を受けさせたり
した場合が対象だ。
厚労省によると、大企業向けを対象とする雇用調整助成金と
合わせ、09年度は約79万件の申請があり、
約6535億円を助成。10年度は約76万件、
11年度は約52万件だった。

 一方、不正受給は09年度は約7億7000万円(91件)、
10年度は約37億1000万円(355件)、
11年度は約51億7000万円(295件)で、
11年度までの総額は約96億5000万円。
12年度分は未集計だが、「前年度並みの件数」だという。

 厚労省雇用開発課は

「当初は膨大な申請の処理で手いっぱいだった。
担当職員を増やし、立ち入り調査などを強化した結果、
不正受給が次々に明らかになった」

と説明している。
(2013年1月5日10時01分 読売新聞)

====================================



まずこの不正を止めさせないと、連鎖的に失業者が失業給付、
さらには生活保護受給へと、
どんどん税金が遣われていってしまうのではないでしょうか。


私も以前働いていた会社で突然、
自宅待機命令書を渡され

「会社にある私物を全部まとめて、
直ちに帰りなさい」

と言われたことがあります。
けれども、どういうわけかその後も、
給料は出されました。
出勤の実態がないのに、です。

なぜ、会社がこんなことまでやるのかは、
障害者にはわかりますよね。
「口止め料」のつもりで、もらえるんですよ。

そのお金、やっぱり助成金からだったから、
でしょう。(※)


(※)詳細は当ブログ

『自宅待機命令通知書』
〔2012-01-27 18:00〕

『無期限自宅待機中の、会社(人事部)との第1回面談』
〔2012-02-22 18:00〕

『違法解雇?』
〔2012-04-20 18:00〕

『無期限自宅待機中の、会社(人事部)との第2回面談』
〔2012-05-09 18:00〕


その他、関連記事を参照。

なお、当ブログでは当該企業および労働組合の監視もある為、
一部記事を非公開設定にしている場合があります。

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-05 21:21 | ブラック企業と障害者雇用
恵比寿ガーデンプレイス

1月4日現在、世界最大級の

『250灯バカラシャンデリア』

が点灯しています。

超豪華ですねぇ。

多くのカップルが訪れて来るだけの魅力が
あります。

この恵比寿ガーデンプレイスでは、
バカラ製シャンデリアが1999年冬から、
毎年展示されている、
とのことです。

a0196876_046951.jpg

a0196876_0463810.jpg

a0196876_047318.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-05 19:00 | 街風景
ウェスティンホテル東京

このフランス菓子の名は「グリオット・ショコラ」。

キルシュ・オ・ド・ヴィ風味のシロップをたっぷりと
滲みこませたビスキュイ・ショコラと、
ショコラのクレームを層に仕上げた、
シンプルな冷菓です。

ジュワッと染み出る、キルシュの風味豊かなシロップと、
楽しいざらつきのビスキュイ、
それにまったりしたショコラのクレームが
ハーモニーになって、美味しさを演出してくれます。

これにキルシュに漬け込んだグリオットは、
男性食通家にとっては最高に相性がいいと
思うのです。

正月ということで、お皿に富士山から昇る日の出の絵を
描いてくれました。

今年も初日の出を見なかったので、
これは嬉しい。

a0196876_235985.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-05 18:30 | sweet

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610