<   2012年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


飲み会に要約筆記通訳は嫌われる?

30年ぶりの同級生(健聴者)と会う約束をしました。
そのとき彼は

「ずいぶん久しぶりだから、一緒に飲もう」

と言いました。

しかし会ってみて、私が今では中度難聴ではなく、
耳が全く聞こえなくなったことを知らせると、
驚いていました。

さらに私は、通訳として要約筆記者を同行していたので、
それにも驚いていたようでした。

彼は用件だけをさっさと済ませて、
すぐに別れてしまいました。

彼の方から「一緒に飲もう」と話していたのに、
会うなり突然中止してしまいました。

読者のなかには要約筆記通訳を利用される
中途難聴者・失聴者もいると思いますが、
こういう経験をされた方は多いだろうと思います。

30年以上たっても忘れない仲の同級生でも、
聴覚障害は簡単に仲を引き裂いてしまうように
思えました。

耳の聞こえる人と、聞こえない人とはもう違うのだな、
と思いました。
そういう気持ちを味わいたくないから、
難聴者は自分の聴覚障害を隠すものです。

筆記通訳がいることも、健聴者の彼には
敬遠されてしまいました。
同じ聴覚障害者同士では、何の障害にも
ならないはずなのに。

通訳者同行は本来、健聴者にも配慮しての
ことだったのに。

難聴者が要約筆記通訳を利用したがらない理由も、
このへんにあるのかもしれません。



「目が見えないということは、あなたを物から孤立させます。
耳が聞こえないということは、あなたを人々から孤立させます」
         (イマニュエル・カント〔18世紀ドイツの哲学者〕)

[PR]

by bunbun6610 | 2012-10-04 18:30 | 情報保障・通訳(就労)

聴覚障害者が著したホームページ

聴覚障害者が著したホームページ

 http://www.haru-aozora.com/index.html

 http://www.haru-aozora.com/tyoukakus.html


>「はっきりした事はわからないが、
僕はおそらく生まれた時から耳が聞こえない。」



私と同じだ。
いたのか、自分と同じように思っている聴覚障害者が。

だけど彼は


>「なぜ耳が聞こえなくて本当によかったと思うのか?
それは手話に出会えたからである。
そして石神井ろう学校という母校に出会えたから。」


と語っている。

彼にはろう学校で出会った友がいる。
私には誰もいない。

私は恩師と言える人には出会ったが、
その方はもう亡くなられていることだろう。

また、私は日本手話を完全には獲得できていない。
その点でも、日本手話だけでは不自由に感じることもある。


>「みんなからは

「なぜ聴覚障害者なのに口話ができるのか?」

とよく聞かれる。
そして文法や単語の意味など、どうやって身につけたのか?」



と書かれている部分がある。
私も同じことを、よく健聴者に聞かれる。

彼の場合、著したホームページを見ると手話の話しが長々と続くが、
彼は口話と日本手話の両方が使える。
つまり、手話と日本語の文法上の違いをきちんと認識し、
学習努力したということが大きいのだろうか。

それから、私とのもう一つの大きな共通点を見つけました。


>「なぜ文法ができたのか?
それは小さい頃から本を読むかのが好きだった。
学校の帰り、電車の中で教科書を読むほど好きだった。
その読書で独学として文法を覚えていき、
コミュニケーションが役に立ったのです。」



私も中学2年のとき、恩師の担任教師の勧めで、
本をよく読むようになりました。
それから人間として、伸び始めたのです。
言葉が人を真の人間へと導くのだと、
そんな体験をした今の自分にはわかります。

先生が初めて薦めてくれた本が、カバ園長が著した
上野動物園飼育日記のような本でした。


>「完璧にわかるわけじゃないので、
ほとんど予測してるといってもいい。」



これも共通している。
後で書きたいと思っていることなのだが、
私の特殊能力についてです。
私も聞くことに関しては予測能力を用いるほうです。

このブログ・カテゴリー『聴覚障害者就労後問題』では
しばしば、対話形式の記述が見られますが、
ほとんどが補聴器を通して曖昧にしか聞こえない音声からの、
私の予測能力による記述です。

ですから、ごく簡単な言葉に変えて書いています。
当然、忠実に書けているわけではありません。

しかしそれでも聴覚障害者のひとりとして、
現代社会の問題点を指摘する権利はある(※)
と思います。

(※)詳細は

『健聴者も聴覚障害者を理解しようとするには、
勇気が必要』
〔2012-02-07 22:54〕

を参照して下さい。



健聴者がこの能力を見て不思議がる、ということは、
特殊な聴覚障害者が持つ、特殊な能力と言っても
いいのかもしれません。

勿論、聴覚障害者にはいろいろな人がいます。
だから、誰もがこの能力を持てるわけではないようです。
特殊な環境で育ったことも影響していると思います。

彼は


>「日本語以上に美しい言語がある。
それは手話だと自分はそう思う。
手話には輝きがある。」



と語っています。
しかし、健聴者にはそう思わない人も多いことだろう。
その理由を、彼はろう者視点で、次のように語っています。


>「口話は口で話すから”言葉”が見えない。
手話は手で話すから”言葉”が見える。
つまり口で言った単語は音として捉えるから
見えない。

手話は手で話すから目に見える。
だから美しく見えるのだろう。」



手話で話すときに、まず相手同士でどうすると
思いますか?
それは、お互いに見つめ合うことから始まります。
それが手話コミュニケーションの基本原則だからです。

だから手話には、ごまかしがきかない、
とも言われています。
ウソも見破られるそうです。

そうやって使う手話ですから、健聴者が筆談をする
のと違って、ニュアンスも非常に細やかに伝わる
場合があるのです。

「美しく見える」というのは、そのせいではないかと
私は思いました。


最後に気づいたのですが、HPタイトルが驚いたことに、
当ブログと同じ意味を持つ『青空』。

かなり似ている人もいるんだなー。

HPの主旨も、私のブログと共通点もあります。


>「この はるHP、そして はる語録はあくまで
僕が経験した事を表現したもので美化してる
訳でも正論を書いている訳でもない…
はるイズムとして書きました。
僕は立派になろうとも偉くなろうとも思わない。
ただ、みんなにこの はるHPを見ていただけたらと…
何かを悩んでる人、何かを考えている人、
何かを探している人達にヒントや勇気に
なってくれたらという気持ちを込めて作りました。」



ちなみに、当ブログの主旨は、下記参照。

『ブログ・タイトルの意味 (1)』
〔2012-01-14 00:11〕


『ブログ・タイトルの意味 (2)』
〔2012-01-17 19:11〕

[PR]

by bunbun6610 | 2012-10-03 18:30 | ろう者世界

ワタミフードサービスの障害者求人票の内容

当ブログ

『ワタミ社長が持論主張で従業員を殺したようなもの?』
〔2012-02-25 08:34〕


『ワタミのような会社は、聴覚障害者も要注意』
〔2012-09-21 18:50〕


で紹介しました、

ワタミフードサービス

の障害者向け求人票を、ハローワークから
入手しました。

これはハローワーク専門援助第二部門で
現在公開されている、障害者枠求人票の
データの中から、です。

就業場所多数で、勤務場所ごとの求人票
がありますが、記載内容はどれも同じよう
です。


勤務場所; 都内店舗
仕事の内容; キッチン 清掃等
雇用形態; パート労働者
雇用期間; 雇用期間の定めあり 12ヶ月
 契約更新の可能性あり(条件あり)


当然ながら、雇用契約更新の条件があります。
それは、次の通りです。

<更新条件>
 ・能力により判断


「能力により判断」とありますが、ワタミでは
障害を持つ人の労働能力をどのように評価
判断するのか、気になります。

ハローワークでは以前に「トライアル雇用」と
いう事業者向け支援システムがありました。
これは

「障害者は仕事や職場環境に慣れるまで
時間がかかるため、いったん障害者を雇用
した事業主は、最低でも3ヶ月は雇用し続ける」

ことを条件に、ハローワークが事業所に
トライアル雇用助成金を払うシステム(※1)です。

(※1)詳細は当ブログ

『障害者雇用助成金を飲み代に遣ってしまう会社』
〔2012-02-21 20:05〕

参照。


やはり、

「障害者でも役に立たなければ、
すぐクビにしたい」

という会社もあるからです。

今ではトライアルでなくても、試用期間が
1~3ヶ月と記載されている障害者求人票
が多いようです。

ワタミの場合はトライアル雇用助成金も
欲しいので、

試用期間; あり 労働条件変更なし 3ヶ月

となっています。
賃金は、

賃金; 時給850円

と、東京都の定めている最低賃金レベルでは
ありますが、問題はなしです。
勿論、都内の企業全体の中でも最低レベル
賃金です。

他の条件も

昇給; なし
賞与; なし
退職金制度; なし
加入保険等; 雇用 労災 健康


厚生年金保険は「なし」となっています。
こういう会社が悪質である可能性がある、
と当ブログでも以前の記事で知らせています。(※2)

(※2)当ブログ

『無年金障害者になってしまわないために、
知っておきたいこと (2)』
〔2012-05-07 18:11〕

参照。


やむをえずこういう会社で働く場合は、
国民年金への加入を忘れないように
しなければなりません。
それでも、国民年金だけでは老後の生活
は厳しいので、やはり厚生年金もある会社
で働くべきだと思います。

もし年金制度への加入を忘れると、
万一、重度障害者になってしまった場合に
障害年金も出なくなる可能性があるという
ことは、もうおわかりだと思います。

「就業時間に関する特記事項」には、
次の記載です。

月平均85~130時間勤務
(1)13:00~17:00 週5日 20時間
(2)17:00~23:00 週5日 30時間
時間外(労働); なし

休憩時間; 0分


「休憩時間なし」というのは、ヘンじゃない
だろうか?
と疑問に思うかもしれませんが、
これはワタミが、
労働基準法第34条(※3)に抵触しない
労働時間内に設定しているので、
法律上はギリギリ問題なし、です。

しかし、健常者でも大変な仕事なのに、
障害者も休憩なしで6時間ぶっ通しで
働くなんて、大変なのではないだろうか。


(※3)労働基準法第34条

(休憩)
第34条 使用者は、労働時間が6時間を
超える場合においては少くとも45分、
8時間を超える場合においては少くとも
1時間の休憩時間を労働時間の途中に
与えなければならない。

2 前項の休憩時間は、一斉に与えなけ
ればならない。
ただし、当該事業場に、労働者の過半数
で組織する労働組合がある場合において
はその労働組合、労働者の過半数で組織
する労働組合がない場合においては
労働者の過半数を代表する者との書面
による協定があるときは、この限りでない。

《改正》平10法112

3 使用者は、第1項の休憩時間を自由
に利用させなければならない。




それと、130時間勤務なら、厚生年金に加入
させてくれる会社もあります。
やはりワタミは、厚生年金加入逃れの可能性
が濃厚です。


「施設設備状況」では、次の通りです。

エレベーター; 有
階段手すり; 片側
出入り口段差; 有
建物内車椅子移動; 不可
トイレ; 洋式


エレベーター有にもかかわらず、車椅子移動
不可ということは、車椅子障害者は当然ダメ
だということでしょう。

一方、聴覚障害者に不利な「接客」とか
「電話応対」はありません。
これなら、聴覚障害者は積極的に応募できそう
です。

採用人数は「一人」なので、たった一人の
障害者として、いろいろなことに我慢して
働かなければならないことだろう。
困ったことがあっても、職場には誰も相談相手
はいない、と思われます。

ちなみに、この求人票データは求人番号
13060-15212321
からのものです。



【参考記事】

当ブログの次の記事も、飲食店で働いていた
人の過労死事件です。

『<過労死>労災認定企業名の開示を命令 大阪地裁』
〔2011-11-12 20:48〕

[PR]

by bunbun6610 | 2012-10-02 23:40 | ブラック企業と障害者雇用

マクドナルドのレジからメニュー表が消えるって?!

マクドナルドのレジからメニュー表が消えるなんて、
こりゃ、困るよな…。
レジにメニュー表を置いていたのは、聴覚障害者バリアフリーの
ことも考えてのことではなかったのかな?

レジにメニュー表があったから、指差しがうまく使えたのに・・・。


>「「メニューボードにはすべてのメニューが載っている」

としたが、価格についてはセット価格のみの表示とのこと。
単品で頼みたい場合は、店員に頼むなどして手元サイズの
メニューを出してもらう必要がある。」

これではやっぱり、音声会話が苦手な聴覚障害者には
不便になるのではないか、と思う。

===================================================


http://www.excite.co.jp/News/it_g/20121002/Itmedia_nl_20121002034.html

マクドナルドのレジからメニュー表が消えた
理由を聞いてみた

2012年10月2日 12時34分

「マクドナルドのレジからメニュー表が消えた」と、
10月1日からネットで話題になっている。
不便になるという批判的な声も多い。
その理由をマクドナルドに聞いてみた。

 レジからメニュー表をなくしたのは、レジで選ぶのではなく、
レジ上部のメニューボード(一部店舗では壁面にもメニュー表がある)
を見て事前に注文内容を決めてもらうことで、
注文がスムーズになるためと同社は説明。

メニューボードが見づらいといった不満に対応するため、
手元で見られる小さなサイズのメニューも用意している。

 ただ、マクドナルドは

「メニューボードにはすべてのメニューが載っている」

としたが、価格についてはセット価格のみの表示とのこと。
単品で頼みたい場合は、店員に頼むなどして手元サイズの
メニューを出してもらう必要がある。

[PR]

by bunbun6610 | 2012-10-02 23:26 | バリア&バリアフリー

難聴の接客員を見て

ある居酒屋のランチに出かけました。
そこでおじいさんが店員をやっていました。

よく見ると、おじいさんは両耳に目立たない、
耳穴式補聴器を装用しています。
難聴者で接客をしているのを、初めて見ました。

小さな居酒屋なので、自営業に間違いありません。

調理場には娘さんらしき女性が一人奮闘していました。
そして、8人くらいのお客さんがいっぺんに入ってきました。

難聴の接客員は、お客さんたちにおしぼりとお茶を
出しましたが、おしぼりが足りなかったらしい。
そこでお客さんたちは足りない分を、
自分で店のおしぼりウォーマーから出していきました。

普通、こういうときは

「おしぼりがふたつ足りないので、お願いします」

とか接客員に言うものだろう。
それが、勝手に取っていくものだから、
このお客さんたちは常連で、
接客員が難聴者だと知っていたのだろう。

接客の仕事をしているというのに、
おじいさんに笑顔は全くありません。
おしぼりが足りていなかったことも、
お客さんが勝手に持ち出していくのを
チラッと見てわかったようでしたが、
自分のミスを何とも思っていないようでした。

この光景を見ていて

「自分ももし、このおじいさんの立場だったなら、
同じ態度をとっていただろう」

と思いました。
仕方がないのだと思いました。

でも、本当はそう思うようではいけない、と思う。

お客さんは耳の遠い接客員に言ってもムダだから、
自分でおしぼりを取ってやった、
と思っているだろう。
つまり、親切でしてやっているつもりなのだ。
おじいさんに対して、悪気は全くない。

けれど、本当にこれでいいのだろうか。

私も、自分以外の聴覚障害者のことを知らなかった頃は、
おじいさんのようにしていました。
何につけても「仕方がないのだ」と。

でも、聴覚障害者団体と関わるようになり、
そこでいろいろな聴覚障害者と知り合うようになってからは、
自分の考え方も変わってゆきました。
むしろ「仕方がない」で済ますのは自分が甘いのだと思う。
自分にだって責任はあるのだ、と。
そして我慢するだけではなく、他にもっと良くする方法が
あるのだということを知り、
少しずつ理解を求めようとするようになりました。

しかし、人間社会で孤立したままの難聴者は、
なかなかそうはできないようです。
難聴者は、もっと聴覚障害者の先輩と出会って学び、
自分の障害をオープンにし、理解してもらう姿勢を持ってほしい、
と思う。
しかしいろいろな理由があって、これがなかなか難しいようです。(※)

(※)【参考記事】
当ブログ
『障害イコール恥という感覚』
〔2011-10-22 19:27〕




コロッケさんの下の言葉、いいですよね。

障害を受け入れた時から、
自分の人生が始まると思うんです。


当ブログ
『ものまねタレントのコロッケさんも、難聴(5)』
〔2011-09-30 22:49〕参照。
[PR]

by bunbun6610 | 2012-10-01 21:23 | 就労後の聴覚障害者問題B
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line