<   2012年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ハローワーク求人票の「裏情報」に思うこと

当ブログ

『聴覚障害者にできない仕事』
〔2012-05-02 11:56〕

では、ハローワークの就職斡旋担当者から、
特定の障害者に対し、裏情報を説明する場合がある
ことを紹介しました。

ユニクロの場合は、なぜかハローワークの裏情報が、
新聞の報道と矛盾していました。

(当ブログ

 『合理的配慮と理解で、障害者の雇用促進を』
 〔2011-12-07 20:48〕

 を参照。)


それと、私は聴覚障害者なので、
その立場での裏情報を教えてくれることが、
今までに何度かありました。
他の障害者も、違う形で教えてくれている
のかもしれませんが。

これは果たして、聴覚障害者にとっても、
また障害者全体にとっても、
好ましいことなのでしょうか?

裏情報を生かして、障害者の就職活動の効率化を
図っているのかもしれません。
しかしこの方法には、障害者側から見て、
次のようなメリット、デメリットがあると思います。


【「聴覚障害者は難しい」と言われた場合のメリット】
聴覚障害者は自分の採否の見込みが大体わかるので、
難しいと分かっていれば無駄に応募しないで済む。
速やかに、他の会社の求人票を探すことに回れる。

一方、他の障害者は期待して応募し、殺到するかも?

企業側も、聴覚障害者を雇用したくないならば、
このシステムを利用して、
自社のニーズに合う障害者へ絞れる。


【「聴覚障害者は難しい」と言われた場合のデメリット】
こう言われると、聴覚障害者はその会社を
諦めてしまいやすい。
つまり聴覚障害者にとっては、
これが職域限定(自分たちのバリア)にもなってしまう。
また、この職域差別問題は表に出てこないので、
障害者就職問題として明らかにされず、
そういう意味では解決にも進まないのではないでしょうか。


【「聴覚障害者希望」と言われた場合のメリット】
今度は、聴覚障害者は期待して応募する。
企業側も、他の障害者よりも聴覚障害者を
雇用したいと思っている場合、
採用活動を相思相愛にできる。


【「聴覚障害者希望」と言われた場合のデメリット】
他の障害者のほうは諦めてしまいやすくなる。
つまり他の障害者にとっては、
これが職域の限定につながってしまう。
このようなハローワークのアドバイスは、
果たして全ての障害者への差別となるのか
配慮となるのか、疑問になる。
就労機会の公正さを欠くのではないだろうか。


こういうことについて、
障害者団体からは何も意見が出ていないようですが、
それは障害者団体も、
裏情報のことを全く知らないからだと思われます。

個人的に思うのですが、私は正直、
フェアな気がしないとは思います。

このことは障害者側が議論する価値はあると思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-03 09:59 | 就労前の聴覚障害者問題A

白黒&サイレント映画『アーティスト』

健聴者だけでなく、聴覚障害者にも、
誰にでも伝える手段を考える映画、
でもあるんじゃないかな。

白黒&サイレント映画『アーティスト』

 →http://gqjapan.jp/2012/04/06/artist/

 →http://www.cinematoday.jp/movie/T0012174

俳優はもちろん、犬の演技力にも驚きました。
この映画はシンプルに、俳優、犬それぞれの演技が
素晴らしいですよ。
セリフがなくても感情が伝わる映画です。
今時、サイレント映画があるなんて珍しい。

a0196876_9493676.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-03 09:51 | 雑談

健常者も、自らの考え方の転換を

就労後の障害者問題

『健常者も、自らの考え方の転換を』


障害者雇用で、ある会社の面接に行ったとき、
変わった面接官に出会ったことがあります。

相手は聴覚障害者の私なのに、
面接中、他の障害者の話をし出します。
知的障害者や精神障害者のことを、
愚痴みたいに話し出したのです。
その人は、私との面接など眼中にない様子だったので、

「これは、やっぱり落ちるな」

と、一週間後の面接結果が容易に推測できました。
私も、こんな会社面接には

「行くだけ無駄だった」

と思っています。
そんな無駄足になってしまう会社面接もありました。

その面接官の愚痴とは、
それまで知的障害者や精神障害者を雇ったが、
本人が仕事になじめず、入社させてもすぐ辞めてしまう、
という。
そして、その理由がわからない、という。
それで後釜探しの障害者面接を行っている、というわけです。
障害者法定雇用率遵守の観点からも、
辞められたらまた別の人を探さなくてはならない、
という苦労もあったでしょう。

精神・知的障害者の場合は、本人が仕事を覚えて、
なじめるまでの間はジョブコーチがついている、
という。
受け入れ体制として会社がそこまで配慮しているのだが、
いざ本人だけになってしまうと、だんだんと休みがちになって
いくのだという。
その理由がわからない、のだという。

私は面接官の、その独り言を聞いて

「コミュニケーションがないから、
そういうことが起きるのではないか?」

と推測しました。
聴覚障害者に限らず、他の障害者も会社では健常者と
コミュニケーションがないのではないか?
と疑いました。
健常者と障害者の心の壁があるのではないだろうか。
もしそうならば、誰だって居づらいと思う。

障害者雇用においても、障害者にも勝ち組と負け組がいる、
と思う。
勝ち組、負け組がいるのは、健常者の世界だけではない。
そういう言い方ではなく「適応力」と言うべきなのかも
しれないが、やはりそういう問題はある。
障害者に限らないことだが、
「仕事をする場だから」といって割り切れる、
あるいは鈍感力のある障害者は、健常者からも
「適応力がある」と見なされる。

逆にバリアや差別に敏感な障害者はそれに苦しみ続け、
なかなか適応できなかったりし「適応力がない」と
見なされてゆくのかもしれない。

聴覚障害者の場合だと、読話ができる聴覚障害者は
しばしば褒められ、適応力がある、と見られやすいようですが、
できない聴覚障害者は適応力がない、と見られているようです。
少なくとも「協調性がない」と誤解されやすい。

会社面接では、ほぼ必ず

「補聴器で聞こえますか?」か「読話はできますか?」

は聞かれます。
しかし、実を言うと、聴覚障害者だからといって、
誰もが読話もできる、というわけではないのです。
読話技術というのはろう学校出身のろう者には得意な人が多い、
と言っても、中途難聴・失聴者には苦手な人も少なからずいます。
なぜ、個々の特性に合わせた配慮ができないのでしょうか。
それでは、障害者雇用の意味がわかりません。

健常者の考える「適応力」というのは

「この障害者は健常者に合わせられるか?」

という基準で、常に考えているのです。

すると障害者は、健常者の側からの杓子定規的な判断だけが、
自分の価値判断になってしまう。
歩み寄りではなく、一方的な選択によってなされる。
それが勝ち組と負け組を生むのかもしれない。

自分がどう考えるか、でも判断は変えられるが、
そうできなくなってしまう障害者心理、
あるいは病的心理になる、ということは、
健常者には理解できないのだろうか。

今の社会は

「勝ち組、負け組がいるのは当然」

という考え方なのだろうが、それでは人間社会は必ずや、
行き詰ってしまうだろう。

本当のコミュニケーションとは何なのかを、
健常者にも真剣に考えて欲しい。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-02 19:14 | 就労後の聴覚障害者問題B

健聴者の手話否定

20年以上前、職場の先輩に

「私は耳がよく聞こえないので、手話かジェスチャー、
指差しなどで指示して下さい」

と頼んだことがありました。
しかし、先輩には

「あなたのために、何でそんなことをしなくちゃいけないのか?」

と言われ、悲しくなった。

「聞こえなかったら、何度も言うから」

というのが、先輩なりの聴覚障害者への理解だと思われていた。
先輩たちは、感音性難聴障害とは何かを、
全くと言っていいほど理解できていなかった。
いや、理解しなかった。
人々のそうした状況は今でも、ほとんど変わっていない。

健聴者と障害者が「お互いに歩み寄る」よりも、
聴覚障害者だけに一方的な聞く努力が求められていた。
(よく考えるとこれ自体が「おかしい」のだが)

誰も助けてくれるわけではない。
それが当たり前だった。

障害は障害者自身が、自分で乗り越えていかなければならないものだ、
と考えられてきた。
障害者のなかにも、まだそう考えている人たちが多かった時代だ。
ろう者には厳しく育てられた人もいて、
そういう教育を受けてきた子もいた。
だから、そうしたろう者には我慢が出来たのだろう。
我慢強さが適応力だと思われてきたのかもしれない。

そういう聴覚障害者だけが自立できていると見なされ、
立派な聴覚障害者だと思われてきた。
それが当たり前の時代だった。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-02 18:57 | 就労後の聴覚障害者問題B

聴覚障害者にできない仕事

〔参考資料1〕

当ブログ

『聴覚障害者が応募できない職種を減らそうではないか』
〔2012-02-18 07:59〕


 
『狭き門のろう者雇用』
〔2011-05-13 21:52〕



聴覚障害者が仕事を探せる手段は非常に狭いです。
駅売店や書店など販売されている求人雑誌だけでなく、
ハローワークの障害者専門援助部門
(正式には「専門援助第二部門」という)
でも、聴覚障害者が応募できそうな仕事を探すことは
困難です。

当ブログでも

『聴覚障害者にできる仕事』
〔2012-01-18 22:25〕


という記事は、未だに検索数値が高いほうですが、
それはインターネット上で、
仕事探しのヒントを求めている聴覚障害者が多いから、
なのかもしれません。
難聴者、聴覚障害者の就労問題の悩みが、
浮き彫りになってきそうです。

残念な事実ですが、今はやはりまだ、
「聴覚障害者にでもできる仕事」よりも、
「聴覚障害者にはできない仕事」のほうが、
容易に、多数見つかります。


【聴覚障害者に出来ない仕事の一例】
(ハローワークの職業紹介担当者による)
警備員、清掃員(チームワークで動くため)、
管理人(清掃と入居者の世話をする仕事)、
販売員、接客員、客室清掃員、ホール係、家事代行、
電話発信業務、キャンペーン・スタッフ、
受付フロントスタッフ、クリーニング取次店員、
事務員(電話応対が付随するため)、
図書館スタッフ、秘書、ドライバー(タクシー、トラック等)、
ホテルスタッフ、危険作業員、巡回指導員、店長候補、
営業マン、電話調査員、リサーチ業務員、広報スタッフ、
オープン・キッチン・スタッフ、施設案内スタッフ、
保育士、介護スタッフ、マネージャー、アシスタント・スタッフ、
オペレーター、…etc

これらの職種は、ハローワーク担当者に相談(希望)しても、
聴覚障害者にはまず、紹介を渋られてしまいます。

聴覚障害があると、仕事が狭められるばかりでなく、
場合によっては、学生アルバイトよりも安い時給で
働くしかありません。

障害者雇用を促進している製パン・製菓の業種も、
精神・知的障害者を雇用する方針が増えてきており
(特例子会社に多い)、そこへコミュニケーションの
難しい聴覚障害者は雇い入れたくない、
というところもでてきています。
日本語音声言語でのコミュニケーション障害を持つ
聴覚障害者だけは、
難しいと考えられがちなのです。


【ココだけでしか知り得ない裏情報】
高い障害者雇用率を誇る企業としても名高い、
株式会社ユニクロが障害者を募集しています。

 →http://d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20080914/1221375735

http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2009/07/070916_shop.html

ユニクロが作成した求人票(35010-2768721)
によると、職種は店舗スタッフ(有名デパート内勤務)で、
仕事の内容は「商品出し、商品整理、清掃等」
となっていました。

「この仕事内容ならば、聴覚障害者も応募できるの
ではないか」

と思った聴覚障害者が、応募しようと思い、
ハローワークに相談してみました。
ハローワーク担当者は、ハローワーク側だけが
閲覧できるコンピュータ情報を見た後、
こう言いました。

「仕事の内容は聴覚障害者でも出来ても、
勤務場所がデパート店舗内なので、
お客様に話しかけられる場合もあります。
こちらから見る(ハローワーク担当者だけが見れる)
コンピュータ上(※)にも
「聴覚障害の方は難しい」
と書いてあります。

絶対に採用不可というわけではありませんが、
応募はやめたほうがよいのでは?」


(※このコンピュータはハローワーク担当者だけが
見れる裏情報になっていて、
求職者が見る求人票には書かれない、
企業側の希望などが書いてある。
企業によっては、この場合とは逆に
「聴覚障害者を希望」
と書かれている場合もある。)


こんな場合でも、

「聴覚障害者には無理」

「採用されない」

とは言われないけれども、
こういうふうに伝えられました。

聴覚障害者を差別しているわけではないとか、
聴覚障害者の心情に配慮して、
そういうふうに言うのだと思います。

つまり、聴覚障害者が問い合わせをして、
初めてこういう事実が、聴覚障害者にだけ
突きつけられてきます。

健常者は勿論、他の障害者も、
聴覚障害者だけにこういう職域問題があることを、
一切知ることがないのです。
だから、私はこのことを自分のブログ上にて公表し、
こういう問題があることを世の中に広く知って
もらいたいと思います。

本当にこの仕事内容をする募集要項の場合、
聴覚障害者雇用への配慮は全く不可能だと
言えるのでしょうか?
聴覚障害者の就労への合理的配慮とは、
一体何でしょうか?
健聴者読者の皆さんは是非、真剣に考えてみて
下さい。


〔重要参考資料2〕

当ブログ

『合理的配慮と理解で、障害者の雇用促進を』
〔2011-12-07 20:48〕


「…衣料大手「ユニクロ」は、「1店舗1人以上」の
障害者雇用を掲げている。
全国約850店の9割以上で障害者が働き、
身体障害者の約3割が聴覚の障害。
業務は他の店員と変わらず、清掃や商品管理の
ほか接客もこなす。…」


読者のみなさんはどう思いますか?

「矛盾している」

と気づかないでしょうか?
だからユニクロは、裏情報を使っているのだ。
裏情報を使うのは、この矛盾点をなるべく
隠して、都合のいい障害者雇用をしたいから
なのだ。
それにハローワークも加担していることになる。

これで、つじつまが合ってくる。

[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-02 11:56 | 就労前の聴覚障害者問題A

メーデー

「メーデー(May Day、直訳すれば「5月の日」)は、
世界各地で毎年5月1日に行われる祭典である。
ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日である一方、
労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行う日でもある。
「労働(者)の日」"Labour Day"ともいうが、いくつかの国では
その国独自の「労働者の日」を定めているため、
International Labour Day と言う必要がある。」
(ウィキメディアより)


今日はメーデーでした。

渋谷へ行っていたら、会社労働組合、学校、医療機関など
多くの団体が行列になって、公道を行進していました。

これだけ多くの団体が行動していますが、障害者はいるのかな?
見かけませんでしたが。
そもそも日本では、働けていたり、社会参加できている障害者自体が、
非常に少ないものですからね。

人間として、働く者の当然の権利であっても、運動をしなければ
真に獲得することはできないものです。
それと、自分の経験も含めて考え、労働組合には良い組合と
悪い組合がある、ということも思い起こしました。
私の会社の労働組合は、良くないほうだと思っています。

ただどちらにせよ、自分から行動しなければ、
何も変わらないものです。
そのうえで、同じ思いを持つ者同士で、
団結して行動することが望ましいのでしょう。

a0196876_2321982.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-01 23:04 | 社会


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(162)
(93)
(51)
(45)
(40)
(31)
(21)
(13)
(7)
(5)
(4)
(1)
(1)

ブログパーツ