<   2012年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

挑戦する気持ちの持続

2月26日(日)NHK教育テレビ『ろうを生きる 難聴を生きる』で、
世界ろう者卓球選手権に日本代表として出場する上田 萌選手が
紹介されていました。

 →http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/

そこで観たものは

「スポーツなら、耳の障害があっても関係ない」

という生易しい世界ではなく、ハンディがあることの厳しさでした。

私も、耳が不自由でありながら、補聴器を装用して、
一生懸命に料理人やパティスィエに挑戦したことがあります。
そこでハンディをわずかでも克服しながら修業を続けることの厳しさを、
体験的に知っています。

上田選手は、これまでに何度も「やめたい」と思ったそうですが、
続けています。

「聴こえないので、身体でわかるまで自分で練習し続けるだけ。
彼女の場合はそのぶん、練習しなければならない」

という監督の言葉は、よくわかります。

卓球の場合は、一流選手になるほど、音を聴いて球種やスピードを
一瞬で判断するそうです。
上田選手の場合は、それができないので、相手の打った瞬間に自分も
瞬間的に判断し、反応できないのか、遅れがでやすいそうです。
そのぶん、視覚でとらえるしかありません。
自分が打つ場合も、健聴者は微妙な音で覚え、球をコントロールし、
体得する部分があるそうです。
しかし、ろう者にはそういった面で不利があるそうです。

こういう不利は、違う世界でもあります。

例えば、料理だと揚げ物の調理をしている時、健聴者は見ていなくても、
どのくらいまで揚がっているか、あとどのくらいで揚がるか、わかります。
健聴者は、音を聴いているだけでわかるのです。

しかし、聴こえないと、たとえば自分の体内時計で計測したり、
目で何度か見て確認もしなければならないので、健聴者と比べ、
仕事量や技術力に差がでてきてしまいます。

パティスリーの世界では、音を聞き分けることはあまりありませんが、
それでも「パチパチ」という微妙な水分が跳ねる音に注意力を働かせなければ
できない仕事もあります。
例えば、フランス菓子では高度な技術とされる、アメ細工の仕事の場合でしょう。
直火を使う仕事では多くなると思います。
聴こえないというハンディを克服するために挑戦することは、
誰にでもできますが、それを本当に克服できるのかどうかは、
自分で探さなくてはなりません。

それを覚悟の上で、自分のなりたい職業を探し、
そして諦めずに挑戦し続ける気持ちを持たなくてはなりません。

上田選手の今度の試合は、同じろう者が相手の
『世界ろう者卓球選手権』ですが、
強豪校の健聴者とともに練習している以上は、
優勝は当然目指してほしいと思います。


=======================================

世界ろう者卓球選手権まで2か月(1)
つかめ金メダル! -上田萌さん-

【内容】
<シリーズ趣旨>
2012年の4月下旬から5月にかけて、東京で、第2回世界ろう者卓球選手権大会
が開かれる。
ろう者の世界的なスポーツ大会が日本で開かれるのははじめて。
世界の頂点を決める戦い(個人戦)に、日本ろうあ者卓球協会は、男子4人女子4人
の選手を出場させる。選手の横顔を紹介する。

<この回の内容>
上田萌さんは22歳。ひとつ年上の福原愛さんの試合を見て卓球を始めた。
いまや若手のホープに成長し、2011年12月の全日本ろう者卓球選手権では、
見事優勝した。
上田さんを指導するのは、東京富士大学卓球部の西村卓二監督。
西村さんは、福原愛さんなどを育てた指導者で、アテネ五輪の代表監督もつとめた。
西村さんのきびしい指導のもと、大きく変化する投げ上げサービスなど得意技を
磨きながら、世界選手権優勝を狙う上田さん。その挑戦を追う。

【出演者】
上田 萌さん(世界ろう者卓球選手権日本代表)
西村 卓二さん(東京富士大学卓球部監督)



【世界ろう者卓球選手権大会】
4月29日から5月6日まで、東京で開かれます。
ホームページ:http://2012wdttc.org/jp/

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-02 07:43 | 聴覚障害

福島智さん憤りの発言 / 障がい者制度改革推進会議

福島智さん憤りの発言 / 障がい者制度改革推進会議

 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SltreKVT0dA#!


福島智氏発言PDF資料(『2012年2月8日総合福祉部会での発言メモ(福島智)』)

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/sougoufukusi/2012/02/dl/0208-5a01_00.pdf

福島氏の熱弁に、もう何度も読み返してしまっています。

弱い者、貧困層を放置していくと、やがてその数は増大してゆきます。
それは、さらに不公正な社会にしてゆき、テロの温床ともなるのだと思います。



〔当ブログ参照記事〕

『国連・障害者権利条約とは』
〔2011-05-12 06:41〕



『フォックスの提唱と、キリストの教えとの共通点』
〔2011-06-01 22:02〕

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-02 00:10 | 国連・障害者権利条約

松嶋菜々子の飼い犬が隣人咬み5000万円超裁判トラブルになる

弁護士が引き受ける裁判とは、所詮カネ次第なのでしょうか?

正直「何じゃ、このニュースは?!」と思いました。

普通に考えたら、確かに松嶋側にはルール違反はないですよね。
出て行った相手方とも示談成立しているし…。

しかし、その損害賠償料として不動産仲介業者が裁判を起こした、という。
何でだろう?
カネのためなら、どっちにも転ぶという弁護士が引き受けた裁判のせいで、
落ち度がないと言える松嶋側を苦しめるという構図になったように見えるのですけど…。

不動産仲介業者が、反町・松嶋夫妻のカネに目をつけた裁判という意味ですか?

 →http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120301/Postseven_91669.html?_p=2

========================================

松嶋菜々子の飼い犬が隣人咬み5000万円超裁判トラブルになる
2012年3月1日 00時00分

スタイリッシュなコンクリートの白壁に石畳、大きなガラス張りのエントランスは、
都心部有数の高級住宅街にあってなおひと際目立つモダンな造りだった。
それぞれの部屋は2階建てのメゾネットタイプで、広さは200平方メートルを優に超える。

松嶋菜々子(38才)と反町隆史(38才)夫妻がこの超高級マンションで生活を始めたのは
昨年春のこと。
長女(7才)が厳しいお受験を乗り越えて、名門私立小学校に入学したことがきっかけだった。
しかし、年末、夫妻はやむなくそこを出て行かざるを得ない状況に陥った──

昨年の6月中旬、冒頭のマンションに引っ越し業者の2台の大型トラックが止まると、
大量の段ボールが次々に積み込まれていった。
持ち主は世界的にも有名なデザイナー・A氏だ。
同マンションには、妻と息子の3人で6年間住んでおり、さらにむこう2年間の契約まで
済ませていた。
それにもかかわらずA氏は突然の引っ越しをしたのだ。
その引き金となったのが、松嶋と反町の愛犬だったといわれている。

というのも、その直前にこんな事件があった。
引っ越しの1か月ほど前のこと。
松嶋たちが飼っているドーベルマンがA氏の妻を咬んでしまったのだ。
家族が散歩させようとして玄関から連れ出したところ、ちょうど隣に住んでいたA氏の妻と
はち合わせてしまったという。

もともと、このマンションの使用細則によれば「小動物」を除く動物の飼育が禁止されている。
しかし、松嶋と反町は部屋のオーナーに相談し、ドーベルマンを飼育することが認められて
いたという。
そのうえで、マンション管理組合に「犬1匹、3万円」の管理費を支払っていた。

松嶋と反町の愛犬は、きちんと調教を受け、日本警察犬協会の訓練試験にも合格している。
理由もなく人に襲いかかるようなことはないと思われるのだが…。
訴えによれば、松嶋の犬は隣の家の扉が開き、出てきたA氏の息子に驚いて、
咬みつこうとした。
とっさにA氏の妻がかばったところ、太ももを咬みつかれてしまったという。
すぐに救急車を呼び、A氏の妻は病院へと運ばれた。
松嶋を知る芸能関係者はこう話す。
「病院には松嶋さんも一緒に付き添われたし、その後も、Aさんの奥さんが通院するときに
松嶋さんが一緒に行くこともありました。
本当に良好な関係だったんですよ。
そもそも松嶋さんと反町さんにしてみれば、何のルール違反も犯していない。
オーナーさんに犬種を話して飼育許可をもらっているんですから」

この件はその後、反町・松嶋側とA氏側との間で示談が成立した。
だが結局、A氏一家はこのマンションを引っ越してしまった。

さらにドーベルマンの一件から4か月後の昨年10月28日、A氏夫妻が住んでいた
部屋の不動産仲介業者が反町・松嶋夫妻を訴えた。
A氏は昨年7月1日から来年の9月30日まで、トラブルの起きたマンションに住む
契約をしていた。
しかしA氏が引っ越したため、不動産仲介業者にはA氏から払われるはずの賃料などが
なくなってしまったという主張だ。

原告側によれば、賠償金の内訳は月175万円の賃料27か月分の4725万円、
さらに、部屋を管理維持するために必要とする電気、水道の月額基本料金の27か月分、
20万4687円、そして弁護士費用474万5468円の計5220万155円。
裁判は現在も係争中だ。
※女性セブン2012年3月15日号


========================================
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-02 00:05 | 社会

女性差別と障害者差別

長瀬修氏(東京大学大学院経済学研究科
特任准教授)の講演を聴いたとき、氏は

「昔の東京大学には、女性用トイレがなかった」

と話していました。
どうしてだったのでしょうか?

例えば

 当ブログ
『身体障害者への就労支援のあり方から』
〔2012-02-27 21:44〕

を参考にしてみて下さい。

もし、ハローワークにある求人票には
次のような記載ばかりだったとしたら、
女性の方はどう思われるでしょうか?

「エレベーター:有
建物入口段差:無
トイレ:女性用トイレはありません。
建物内車椅子移動:不可」

女性はこの会社で、働けると思うでしょうか?
これでも応募したいと思うでしょうか?

でも、こんな記載はなくとも、
女性への差別はありましたし、
今でもまだありますよね。

ハローワークの求人票には、
他にも「年齢不問」と書かなければ
いけませんが、実際には年齢による
差別もあると思われます。

しかし、言葉だけ

「ウチは差別していません」

でも、女性差別や年齢差別という実態が
あるのは、
もう今の会社はどこもやっています。


車椅子障害者の場合は

「建物内車椅子移動:不可」

と書かれているだけで、応募を諦める
でしょう。

聴覚障害者の場合は

「電話応対有り」

「電話応対必須」

などと書かれているだけで、
応募はできません。

今や、大学に女性用トイレがあるのは、
当たり前じゃないですか。
別々につくるのは経費がかかるからと
いって「不合理な配慮」だとは言いません。
精神的なものはガマンしろ、とも言いません。
当たり前のことは「合理的配慮」なのです。

ところが、昔の東京大学には、
その当たり前のことがなかった、
と長瀬氏の話では証言になっているのです。
今考えると、おかしいでしょう。

そのおかしな状況がまだたくさん残って
いるのが、今の日本社会なのです。

ですから、社会のありようは皆で考え、
努力し、これからも変えてゆかなければ
ならない、と思います。

差別的な文言を禁止するだけでは、
差別は撤廃されません。
差別だと指摘するだけでは、なくなりません。
合理的配慮をもって、実効性のある施策に
変えていかなければならないのです。

「有言実行」でなく「不言実行」でいいのかも
しれません。

それには政策的にも、例えば女性や
障害者雇用の助成金などの使途を
見直すことも重要です。

助成金目当てに女性や障害者を
食い物にしている、企業の姿勢を改め
させなければなりません。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-01 23:56 | 障害者問題・差別


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(162)
(93)
(51)
(45)
(40)
(31)
(21)
(13)
(7)
(5)
(4)
(1)
(1)

ブログパーツ