<   2012年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

障害者は、永遠の子ども?

『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)

 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html


「彼女の意志は「保護」の名のもとに尊重されなかった。「障害者が子ども扱い」
されていることに他ならないのではないだろうか。障害者の権利を擁護してきた
弁護士、故ティモシー・クックは言った。
永遠の子どもとしてしか、私たち障害者はみられていないのです」」



「職場内障害者授産施設」という言葉を
聞いたことがありますか?

実は、この言葉は、障害者の就労後問題が書かれている
本に載っていました。
健常者の考えた、目には見えない障害者授産施設のことで、
つまりは、おかしな、不当な「特別扱い」です。

健常者は障害者に対し、特別に優しくしてあげている
つもりだったのかもしれませんが、障害者本人にとっては、
それは非常な精神的苦痛だったという告白がなされていました。

私も今の会社で、同様の経験をし、精神的苦痛を味わってきました。
自分だけ他の人と違う仕事で、誰にでも出来る、
ごく単純な仕事ばかりを与えられて

「ゆっくりやっていていいですよ」

という言葉をかけられた自分の気持ちは、むしろ屈辱的でした。

「なぜ障害者だけ、そのように扱われなければならないのだろうか?」

そう思って、会社の上司をはじめ、先輩にも、何度もわけを聞きました。

しかし、そのわけは誰も話してくれませんでした。
なぜか「人事に聞いて」と言われ、そして人事に聞くと今度は

「上司に聞かなければわかりません」

と言われました。
そして、上司が苦し紛れに言った言葉には、
今度は一貫性がなく、言っていることとやっていることとが違う、
と感じました。
だから、私のこの疑問に対する答はずっと、
会社ではたらい回しにされ続けていたのです。

とうとう私は不審に思うようになり、

「健常者は口にこそ出さないが、これは障害者差別なのだろう」

と感じました。
それは、ある本に載っている「職場内障害者授産施設」を
話した障害者の状況と、同じだったのです。

健常者は、障害者を永遠の子どもとしてしか、
見ていないのではないでしょうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-28 00:48 | 哀れみはいらない

六本木ヒルズ回転ドア事故から8年

今日は六本木ヒルズ回転ドア事故から8年、溝川涼君の命日です。
事故現場に設置された献花台に花が供えられていました。

森ビルは、毎年、涼君の命日に業務中、全従業員が黙祷を捧げ、
役員は妙定院へ供養にも行っていると思います。
こうして、事故を永久に風化させない努力を続けていると思います。

昨夜のニュースでも、東京大学名誉教授・畑村洋太郎氏が
主催している危険学プロジェクト
(→http://www.kikengaku.com/public/aisatsu/top.htm)
の研究成果として

「本質安全を考えていなかった」

と話していました。
万一挟まれた場合のことを考えて設計(本質安全)しておらず、
「事故を防げばいいんだ」というセンサー(制御安全)のみに
頼りすぎていたことが、死亡にいたる重大事故を招いてしまった、
という見方です。
安全性を調べるテストが不十分だったと考えられ、
回転ドアの稼動後になってから、そのセンサーにも死角が見つかり、
メーカー側は改善の必要に気づいたのですが、
今度は管理会社の森ビルが

「回転スピードをもっと上げろ」

と言って聞かなかったとか。

営利目的優先、大人の身勝手なことが招いた死亡事故です。

安全の考え方には本質安全、制御安全の両方が必要ですが、
実用化には本質安全が真っ先に大切でした。

原発と同じです。
万一、全電源喪失した場合、どうやって速やかに冷却させるか、
という本質安全にかかわることを、日本の技術者はあまり真剣に
考えていなかったわけです。

森稔前社長が3月8日に亡くなられたという。
前社長は六本木ヒルズ安全対策本部長でしたが、あの事故後

「二度と回転ドアは使わない」

と言い、森ビル管理下の全てのビルから、回転ドアを速やかに撤去し、
安全性の高いスライド式ドアへ変更しました。
それからは、施設の安全を回復できたと思います。

原発は、そう簡単にはいきませんが、周辺に住みたいと思った
人は減ったのかもしれません。
そういう影響も考えられると思います。
原発のある地域は、果たして、何の影響もなしに存続し続けられる
でしょうか。

a0196876_21195133.jpg

a0196876_2120498.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-26 21:26 | 六本木ヒルズ回転ドア事故

洋菓子技術講習会での情報保障はどうするか?

聴覚障害者がパティシェを目指すには、
健聴者よりもいろいろな努力が必要です。

例えば、修業中、自分の仕事場で技術を磨くだけでなく、
仕事が休みの日にも、洋菓子技術知識を増やすために
洋菓子技術講習会に通うことも、努力方法の一つです。
そのときに情報保障はどうしますか?

手話・要約筆記通訳は原則、主催者が準備・費用負担する
ことになっていますが、何も知らない相手にいきなり

「情報保障をお願いできますでしょうか?」

と頼んでも、向こうは聴覚障害者情報保障について、
何も知らないわけだから、うまくいくはずがありません。
相手方が準備に失敗して、自分が損するのは目に見えています。

ですから、やはり自分で情報保障を準備するつもりで、
講習会に申し込んだほうがいいでしょう。

この場合、できれば要約筆記のほうがいいのではないか、
と思います。
なぜなら、講師の実演と手話通訳の両方を見ながら覚え、
理解する自信がありますか?
さらに、講師配布のレジュメも見ながら、ノートも取れますか?

できる人ならば、この問題はありませんが、
出来ないという人はやはり、隙を見てチラッと見ることができる
ノートテイク要約筆記のほうが断然いいです。

この他に、手話通訳者だと目立つので、他の受講生が気になって
集中できなくなる、と言われてしまう可能性もあると思います。

洋菓子講習会は、まずとにかく、実演をしっかりと見ることが
非常に重要です。
それは他の受講生だって同じで、会場内で目立つ手話通訳が
全員に気になってしまうのは問題だと思います。

けれども要約筆記だと、自分の目を離せる時だけ、
いつでも情報保障をチラッと見れるので、
安心して実演を見ることに集中できますし、
他の受講生も全く気にならないので、
他の人へ配慮する心配もいりません。

また、洋菓子講習会は午前と午後にまたがる、1日講習会になる
場合が多いのですが、それでも午前1名、午後1名の派遣で充分です。

普通の講演会などでは2名派遣で途中交代するのですが、

洋菓子講習会は実演が多く、そのときは講師もあまり喋らないので、
要約筆記者は1名で足りるわけです。

他に注意したいことは、どのような情報保障をして欲しいか、
派遣センターへ事前に依頼しておくことです。
その分野が得意な要約筆記者を選んでもらうためにも、です。

特に通訳で注意して欲しい点を、きちんと要望しておくことも大切です。
要約筆記だと、説明を全文で筆記することはできないので、
何かは省かれると思います。
例えば原文が

「このように、メレンゲの気泡をできるだけつぶさないように、
ていねいに混ぜます」

という説明文だったとしましょう。
これを、要約筆記だからといって、

「メレンゲを混ぜる」

だけだったら、大変な抜け落ちになってしまいます。
洋菓子講習会の場合、手法や結果(結論)だけ書けば
いいものではないと思います。
技術習得で重要なのは、特に過程も、できるだけ詳細に
知ることだと思います。
これが何も書かれていない通訳では、技術講習会に参加する意味も
半減してしまいます。
何割ぐらい混ぜるのかも、書いてあるのとそうでないのとでは、
講師とそれを見ている受講生とで、意味の取り方、
重要度も違ってきてしまいます。

この場合、最低でも

「メレンゲをできるだけつぶさないように混ぜる」

の説明は必要です。
ですから、「どのように」の説明もできるだけ盛り込んでもらうように、
通訳者に要望してみましょう。

実演を見るだけでわかる場合もありますが、講師は見ただけではわからない
ポイントを声で説明している場合だってあります。
それに、着席場所によっては、受講生にはよく見えない場面もあります。

「生クリームを4分立てにする。
「4分立て」とは、ホイッパーですくい上げたときに、
ホイッパーのワイヤーに、クリームがわずかに引っかかって
見えるぐらいです」


は、ほとんど見えないので、この音声説明があったら、
聞こえる人だけにしかわかりません。
通訳にきちんと書いてもらうしか、知る方法はありません。


この場合、理想の通訳は
製法を先に書いて、後に余っている時間で、
「どのように」を書いてくれることです。

「生クリームを4分立て
          ↑
      ホイッパーのワイヤーにわずかに引っかかって見えるぐらい。」


それと言い忘れていましたが、専門用語を説明しておくこと、
通訳の質を上げるためにも略記の工夫もしておくこともよい手段です。
耳の聞こえる通訳者でも、初めて聞く言葉は聞き間違えたり、
書けなかったりすることがあるからです。
要約筆記者でも、フランス語表記は苦手でしょう。
講習会が始まる前に、レジュメに目を通してもらうことも必要です。

このように、聴覚障害者も通訳の上手な使い方も身につける必要があります。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-21 22:54 | 情報保障・通訳

聴覚障害者に通訳を用意しなかった警察署の理由とは?

聴覚障害者に対する情報保障の問題点(日記から)

2012年1月11日(火)

『聴覚障害者に通訳を用意しなかった
S警察署の理由とは?』

自殺未遂事件で警察署の取調べを
受けていたときのことである。

警官Aは残り、警官Bは去った。
そして警官Cが入ってきて、私に何かしゃべり
出した。
しかし、私はCが何を言っているのかわからない
ので

「紙とペンを持ってきて」

と頼んだ。
Cは持ってきて

「ほらよ!」

という感じで、私に紙とペンを渡そうとした。
それで私は、言った。

「私が書くんじゃない。
話をするあなたが書くのです」

と言ったら、嫌がって怒っていた。
それで私も怒った。

双方、噛み合わない口論をしたような感じになった。
そこで私は「通訳を呼んで」と言った。
警官Cはそれも嫌がった。

そこで、神奈川県警で、ろう者への職務質問に
手話通訳を拒否し、一方的、勝手に聴取を進めて
いた失態があった、という話しをした。

「このまま通訳も筆談もなしで聴取を続けるという
ならば、私は後でマスコミに言うぞ」

と言った。
それを言ったら、通訳を呼ぼうとしていたらしい。

ところが、警官Aが

「補聴器を持っていないの?」

と聞いて、私のカバンの中を調べ、補聴器を探し
出したので

「つけろ」

と言った。
警官Aは

「聞こえるか」

と聞いた。
私が

「聞こえる」

と言った途端、その警官は

「通訳は要らない」

と言った。
ところが、その次にネクタイをした警官Dに交代し、
Dが話し始めたら、何をしゃべっているのかわから
なかった。
それで私は、

「聞き取れないので、ゆっくり話して下さい」

と頼んだ。
しかしDはうなづくだけで、全然その通りにはして
くれない。
もう一度頼んだ。
それでも、Dはゆっくりとしゃべってくれなかった。

少し聞いた後、さらにもう一度、頼んだが、
それでもゆっくりと話してくれなかったので、
私はもう諦めた。

聞いているフリをするだけだった。

このDは、私が補聴器で聞こえている、
と思っているらしい。








============================


〔参考記事〕


聴覚障害者の交通事故被害
 神奈川県警、手話通訳要請を放置


 先月十一日午後、中原区井田中ノ町で、聴覚障害のある
女性(48)=同区=が交通事故に巻きこまれた際、女性が
県警の「メール一一〇番」や現場の警察官に手話通訳者
派遣を何度も要請したにもかかわらず、要請が放置されて
いたことが十三日、分かった。

聴覚や言語に障害がある人が事故などに巻き込まれた場合、
県警の通訳センターが手話通訳を派遣するシステムがあり
ながら、稼働しなかった。

 現場は片側一車線の県道。中央線を越えた対向車が、
女性が運転する乗用車と接触した。
中原署は事故相手の男性(71)を自動車運転過失傷害の
疑いで書類送検した。

 女性は事故直後、県警の「メール一一〇番」に、計三回、

「今、事故がありました。
私は耳が聞こえません。
手話通訳を派遣してください」

と携帯から送信したが、「どうしましたか」という返信が来る
だけで、手話通訳者は来なかった。
現場に来た警察官にも、何度も手話通訳派遣を頼んだが、
通訳は来なかった。

 取材に対し、中原署は

「現場の警察官は手話通訳を派遣する制度を知らなかった」

としたうえで

「筆談と身ぶりでコミュニケーションは取れた」

と説明している。

 一方、女性は

「身ぶりで事故状況を説明しようとしたが、警察官が私の顔の
前で手を振ったり、人さし指を口にあてて『しーっ』という身ぶり
をした。
圧迫を受け屈辱的だった。
差別されたと感じた」
としている。

 女性が所属するNPO法人「川崎市ろう者協会」が十二日、
聴覚障害者の知る権利や発言する権利が奪われ、人権を侵害
したとして中原署に抗議文を提出。
手話通訳派遣制度の周知徹底などを求めた。
同署は

「おわび申し上げる」

と陳謝したが、県警通訳センターの対応も問題化しそうだ。

(2011.8.14 東京新聞)



============================

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-21 19:00 | 情報保障・通訳

会社で聴覚障害者が情報・コミュニケーション保障を求めると…

『難聴者の生活goo』

 →http://blog.goo.ne.jp/hearingrabbit

のラビット氏は

『働くことのコミュニケーション保障』
(2012-03-18 10:45:51)

のなかで、次のように言っています。

「自分は33年間務めて要約筆記がついたのはたった3年だけだった。」


「(ようやく情報保障がついたのは)永年勤めたご褒美のようなもの」

だとの感想が、以前にも吐露されていました。

私は、勤務一年間の実績ですが、情報保障が得られたのは、
たった1回です。
その後、会社を実質的にクビになりました。
(名目上は「雇用契約の更新なし」という「雇止め」か、勧奨退職)

情報・コミュニケーション保障の要望は正しいが、
最終決定権を持つ会社役員は聴覚障害者と接点がなく、
理解が乏しいため、真剣に考えようとしないようです。
人事部や労働組合に説得するだけでは、どうしようもない。

障害者雇用も、もともとは法定雇用率がなくて、
障害者雇用がさっぱり進みませんでした。

ところが、法定雇用率&違反金&助成金が設定される
ようになってからは、ようやく1.6%台に上がりました。

(それでも、法定雇用率は1.8%で、30年以上もの間、
一度も達成されていません)

職場での合理的配慮は当然ですが、
そのためにお金のかかる情報保障を求めると、
厄介者扱いされるだけでなく、
真っ先にリストラ・メンバーに入れられる可能性があります。

また、厚生労働省は他の障害者の雇用支援については、
様々な目的の支援金制度があるのに、
聴覚障害者の情報・コミュニケーション支援を目的とした
支援金制度が用意されていないのはなぜなのだろうか?

厚生労働省の支援体制と会社の姿勢との両方に、
問題がありそうです。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-18 17:55 | 情報保障・通訳(就労)

寒桜(東京都・新宿御苑)

a0196876_18522754.jpg

a0196876_18524952.jpg

a0196876_1856713.jpg

a0196876_18533685.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-16 18:57 |

梅(東京都・新宿御苑)

a0196876_18472099.jpg

a0196876_18473917.jpg

a0196876_1848472.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-16 18:49 |

銀座

銀座をブラブラと歩いてみました。

高級スィーツのお店がたくさんあります。
a0196876_19471932.jpg


(1)『かづま珈琲店』
珈琲が一杯1.250円も!
(もっと高いのもある!)

でも、今まで飲んだコーヒーの中で一番おいしかったです。
一人ひとりのお客さんから注文が入る度に、
豆を挽く作業から始まり、
珈琲をいれる時に立ち昇る香りが、
他の店とは格段に違い、これを楽しむのも贅沢な一時だな、
と思いました。
ゆったりと本を読みながら、こういう時間を過ごすと、
それだけのお金を払う価値があると感じてきます。

なお、コーヒーのおかわりは、半額で飲めます。
a0196876_19412227.jpg


(2)『銀座 木村家』(パン屋)
a0196876_1942366.jpg


 →http://www.ginzakimuraya.jp/

銀座に来たら、木村家の「あんぱん」は食べなきゃ、
という気がします。
大きさは小さくて少し高めの値段だけど、
確かに他では味わえない味は、美味い!


(3)『ダロワイヨ』(フランス菓子店)
a0196876_19423755.jpg


 →http://www.dalloyau.co.jp/menu.html

ダロワイヨ・パリ本店が、オペラの発祥店だそうです。

オペラ…コーヒー風味にしたビスキュイ、クリーム、ショコラを
ミルフィーユ状に重ねたフランス伝統菓子。


(4)『マネケン』(ベルギー・ワッフル専門店)
a0196876_19425956.jpg


 →http://www.manneken.co.jp/menu/stand.html


お店が多い銀座で、珍しく行列ができていました。
一人で焼いていて、忙しそう…。
わずか1分くらいの焼き時間で、6枚焼けています。


(5)銀座なのに、こんな道も発見。
a0196876_1953277.jpg



(6)なぜか、またこの犬につられて一枚失敬。
a0196876_19592693.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-15 19:55 | sweet

病院で聴覚障害者は、どうするか? (2)

当ブログ

『病院で聴覚障害者は、どうするか? (1)』
(2012-02-16 19:50)

の続編になります。

病院の担当者へは支払い窓口での苦情、改善要望を
伝えていました。

しかしその後も、何の改善もなされていないままでした。
聴覚障害者にとっては、こうしたことはよくあることなので
驚いてはいませんが、やはり残念です。

支払い窓口は3ヶ所に3人の担当者がいて、
そのうち2人はマスクをしていて、誰かを呼んでいても、
私にはわかりませんでした。

これは困ったので、もう一度別室にいる苦情受付の担当者へ
改善要望を出そうと思いましたが、私もそこまで話す時間的余裕がなく、
仕方なく自分で対応を考えました。

支払い窓口のカウンターに仁王立ちしていて、
3人の声質を覚えてから、補聴器でその声が聞こえたら、
その担当者のところへすぐ行きます。
それから担当者が持っている領収証等に書いてある
氏名を覗き込んで確認しました。
そうすれば、誰を呼んでいるのか、
よく聞こえなくてもわかるからです。

これはやっぱり良くない行為だとは思っていますが、
他に方法が思いつかないので、
仕方がなくやっています。
受付の担当者も、

「この人は耳が聞こえない人だから、しょうがない」

というふうに見ています。
でも、これも問題です。

お客様のため、自分たちの働く病院をよくするため、
病院としても個人情報保護上の問題点として、
もっと真剣に、最善の方法を考えてほしいのです。
病院側はなぜ、こんなことがわからないのだろうか。

以前に耳マークも提案したけれども、
やっぱりそれも受け入れてもらえない。
マークを受け入れようが受け入れまいがは、
別に病院に任せてもいいことだが。

病院は、聴覚障害者対応がわからないのならば、
なぜ聴覚障害者の意見を真剣に訊こうとしないのだろうか。

改善を要望しても、担当者は聴覚障害者の問題がわからないから、
ほったらかしになってしまうのは病院でも会社でも、
どこでも日常茶飯事です。
そんな場合は、我慢しても解決にならず、
厚かましく振舞うしかありません。
もう他に方法がないのです。
やるなと止められても、やるしかない。
モンスター障害者と呼ばれようが、
不良障害者と呼ばれようが何だろうが、
困っているのを放置する病院が問題の発端なのだから。

これを読まれている健聴者は、どう思うだろうか。
勿論、私も批判を受けることも覚悟で書いているし、
こういうことをやっています。

昔は、本当に自分が呼ばれているのではないかと思えるまで、
何時間までも待っていたこともありましたが、
今はもうそんなことはやめました。

もし病院関係者の方がこのブログを読まれていましたら、
真摯に考えていただきたい、と思います。

自分がハッキリ聞こえないことを伝えるのは、
聴覚障害者の義務ですが、
病院側にきちんと改善を要望したにもかかわらず、
改善しないことが非常によくあります。
これはすぐに改めて、きちんと対応するようにして
ほしいと思います。
なぜならば、聞き取れない聴覚障害者は、
病院で本当に困っているからです。

病院は聴覚障害者からの苦情に、
もっと真摯に耳を傾けるべきです。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-15 19:30 | 医療バリア&バリアフリー

被災後一年が過ぎて

3月11日、テレビでは一日中、被災地の様子や、
各地の追悼を伝えていました。
震災から1年が過ぎたというのに復興が進まないとか、
心的な後遺症がたくさん残っているとか、
問題が多いだけでなく複雑なので、
難聴の問題と共通点があるな、と感じました。

復興のやり方について、それぞれに考え方があり、
うまくまとめられません。
また高齢者の悩み方と若い人の悩み方が違うようで、
結論に差異が出ていました。

土地に対する愛着心が、都会の人とは全然違い、
そうした人たちがその土地を失った苦しみというのは、
失聴者の苦しみと似ていると思いました。

漁業の人々は、船を早くほしいと言い、
農業の人々は塩害対策や除染をしてほしいと言います。
商店の人々も、防災計画の変更で移転させられるのでは
ないかとか、人の流れが変わってしまうのではないか、
といった不安を抱えながら辛抱強く生活しています。

そうした状態が続くなかで、失聴者や難聴者と同様、
過去への未練がいつまでも続く人もいるのかもしれません。

心の傷の程度も違います。
皆違うし、決定的な解決方法が見つからないので、
個別性が高い問題だと思いました。

これを政府だけでは解決、支援していくことは、
非常に難しいと思います。

日本中が協力しなければならないと思います。
しかし、ほとんどの地域では瓦礫処理にも協力していない、
という。

原発の今後のこともあります。
2004年3月26日に起きた、六本木ヒルズ回転ドア事故では、
ビル・オーナーである森ビルの社長が

「二度と回転ドアは使わない」

と宣言し、それ以来、安全な街として存続し続けています。
「想定外」に対する対策としては、臆病な方法と言われようが、
やはり最善策だったのかもしれません。

しかし、原発の場合は、そんな簡単にはいきません。

外国の原子力発電所では「想定外のことも起こりえる」ことを
考えて設計し、さらなる対策も考えています。
でも日本では「全電源喪失を想定していなかった」という。
これは完全な技術過信、おごりだ。
回転ドア事故と同じ過ちだ。
原発マネーにも目がくらんで、安全を第一にするという、
肝心なことを忘れていたのだ。

日本は、猛省から再出発しなければならない。
日本の原子力の安全は、世界の安全問題でもあるはず。
だから、きっと世界が見ている。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-03-13 00:43 | 原発問題