カテゴリ:人権、差別( 51 )


連続人気トップ記事! 日本人が学ぶべきこと

昨日、一昨日の人気トップ記事!

日本人が

『ももクロの事件から学ぶアメリカの差別観』
〔2015-04-09 19:30〕

(今後も、追記の可能性あり)

から学ぶべきこと。





また、近年、“胎児選別中絶”の疑いがある事例も
出てきている。
もし親の選別行為なら、これも障害者差別になると思う。


『新型出生前検査で陽性、確定診断受けず2人中絶』
〔2014-06-11 19:42〕

[PR]

by bunbun6610 | 2015-04-12 08:51 | 人権、差別

ももクロの事件から学ぶアメリカの差別観

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150407/Credo_9701.html



ももクロの事件から学ぶ
アメリカの差別観



Credo 2015年4月7日 05時00分
(2015年4月9日 08時18分 更新)



ヘイトスピーチや移民問題が話題となる昨今、多くのメディア
で差別をどう考えるべきかという問題が提起されています。
そうしたなかで、日本においても人種問題に絡む事件が立て
続けに起きました。

1つは曽野綾子氏の産経新聞のコラム。
このことについては先日、Credoにおいても筆者が取り上げ
記事にしました。
(参考:『曽野綾子の「居住区だけは分けた方がいい」と語る
コラムは何がいけなかったのか?』)

もう1つがラッツアンドスターとももいろクローバーZによる
黒塗りメイクが問題となった件。

これらの事件では何が問題かきちんとした議論が行われない
まま事態が忘れ去られてしまいました。
しかし、この両者に関しては欧米の差別観が根底にあります。
これらの事件をアメリカ文化研究の視点から振り返って考え
ればより深い視座が得られるはず。
この記事では、上述の黒塗り事件をアメリカ文化研究の視点
から考えなおします。

また、本記事は『アメリカ音楽史』(2011年 講談社選書メチエ)
でサントリー学芸賞を受賞するなどアメリカのポピュラー音楽
に詳しい慶應義塾大学教授大和田俊之先生に取材し、
アメリカポピュラー音楽の歴史からラッツアンドスターの表現
について考えるとともに、日本できちんと人種問題を考える
ための考え方を提示します。


黒塗りメイク騒動の経緯

まずは2月にあった事件がどういったものだったのか振り返って
みましょう。
2月12日、ラッツアンドスターのメンバー佐藤善雄がTwitterに、
ももいろクローバーZのメンバーとおなじみの黒塗りのメイクを
した写真をアップしました。

現在は削除されていますが、この写真は3月7日に放送予定
だった「ミュージックフェア」(フジテレビ系列)の収録時のもの。

これを見たニューヨーク・タイムズの記者田淵広子が自身の
Twitterで引用し、なぜ日本人は人種問題に無頓着であるの
かと疑義を呈しました。
このツイートが海外のユーザーの目にも触れ、黒人差別に
あたるのではないかという疑問の声が上がります。

こうした意見もあってかTV放映時には問題となった黒塗りでの
パフォーマンスのシーンはカットされていましたが、この件は
ニュースサイト等で大きく取り上げられ注目を集めました。

この問題の背後にある人種問題やラッツアンドスターの黒塗り
メイクの歴史性について理解していなければ、フジテレビの
反応は過剰な自主規制のようにすら見えてしまいます。

しかし、アメリカのポピュラー音楽、黒人奴隷と人種差別、
そして日本とアメリカの文化的差異をきちんと学べば
これらの事件についてまた違った印象をもつはず。

次節では、その前提となるアメリカのエンターテインメントと
差別の歴史について確認します。


ミンストレル・ショーとはなにか

白人が黒塗りのメイクをして舞台に立つブラックフェイスの
伝統ははるか昔にさかのぼります。

例えば、シェイクスピアの演劇『オセロ』では黒人を表すために
ブラックフェイスの登場人物が出てきますが、この当時はまだ
ブラックフェイスには差別的なニュアンスは含まれていません
でした。
ブラックフェイスに差別的なニュアンスが加わったのは19世紀
奴隷制下のアメリカでミンストレル・ショーと呼ばれる見世物が
広まった後です。
ミンストレル・ショーでは、黒人に扮した白人たちが大げさな
仕草で黒人へのステレオタイプに基づくキャラクターを演じる
芝居や踊りを披露していました。
このショーの中で障害者を真似た動きをするジム・クロウという
黒人のキャラクターが作られたという都市伝説もあり、アメリカ
ではブラックフェイス=ミンストレル・ショー=黒人を笑い者に
したというイメージが一般的に了解されています。

ミンストレル・ショー自体は1910年代には衰退しましたが、
その後もブラックフェイスはアメリカでも残り、1960年代に
公民権運動が高まるまでは芸能の中で当然のように使われ
続けました。


黒人音楽の流れを汲むラッツアンドスター

さて、こうした背景とラッツアンドスターのメイクはどの程度
関係していたのでしょうか。
ここで注意したいのはラッツアンドスターこそ日本で最も
黒人音楽に造詣が深いミュージシャンであったということです。

鈴木雅之や佐藤善雄らラッツアンドスターのメンバーたちは
本場アメリカのリズムアンドブルースやソウルに強いあこがれ
を持っていました。
(R&Bもソウルも一般的に黒人音楽に分類されます)

こうしたあこがれをもつ仲間たちが、黒人歌唱グループの
数人でアカペラで歌う歌唱法(ドゥーワップ)を踏襲したスタイル
のグループを結成します。
そして、その過程で彼らは黒塗りメイクを取り入れ、それが
ラッツアンドスターが黒人音楽に深く根ざしていることを示す
アイコンとして広く認識されるようになりました。
ラッツアンドスターは洋楽への造詣が深い大瀧詠一や
山下達郎とも親交があり、日本にブラック・ミュージックを輸入
した一人として高い評価を受けています。


「日本で最も黒人音楽に造詣の深いミュージシャン」という
評価を受ける彼らだからこそ、彼らのメイクにはブラックフェイス
やミンストレル・ショーの歴史につながる歴史性が読み取れる
のです。


黒塗り事件の底にある2つの問題

ではこれまで述べてきた背景を前提として今回の事件を
再度振り返ってみましょう。
今回の事件を考えるにあたっては2つの次元で問題を考え
なおさないといけないとポピュラー音楽に詳しい大和田先生
は指摘します。

「この件に関しては2つの次元で問題を整理しないといけません。

(1)「ミンストレル・ショーとはなにか?」という2015年の時点
での学術的な問い

(2)「2015年にラッツアンドスターとももクロが黒塗りをしても
問題ないのか」という政治的な問い

まず、(1)について。
1970年ごろからミンストレル・ショーは差別の構造をもって
いたということがアメリカ文化研究の世界で指摘され始めます。
そうしたなかで1990年ごろになってミンストレル・ショーのなか
にも「差別」という構造を前提に、より繊細な感情、たとえば黒人
に対する憧れや性的なコンプレックス、さらには敬意のような
感情を見出し、それを強調するような研究も出てきています。

でも、それはあくまで70年代の研究の大枠を受け継いだ上で、
個別の事例においてリスペクトやあこがれがあったという話。
それは差別という構造の下で個別に抽出される感情の話で
あって、学会全体のコンセンサスとして“ミンストレル・ショーは
差別的なものであった”というテーゼは覆っていません。

そうした前提の下で次に考えないといけないのは(2)について。
現実問題として、現在のアメリカのエンタメ業界ではブラック
フェイスは禁じられています。
それは1950年代、公民権運動の中でNAACP(全米黒人地位
向上協会)の運動の成果によって黒塗りが差別的だと批判
されるようになったから。
それに加えて、1980年代以降多文化主義という考え方が
広まって異なる文化を尊重しようという流れが文化の領域
でも広まったのが決定的です。

ラッツアンドスターが毎日テレビに出ていた1980年代には
日本とアメリカの間のタイムラグのためにアメリカの事情に
気づかなかったのでしょう。

しかし、インターネットが広まってアメリカにも彼らの姿が
すぐに伝わるような時代になった以上、こうしたことに無頓着
ではいられません。
2015年現在の学会全体の枠組みや現実の政治問題に照ら
しても黒塗りは差別的だと捉えられるのはしょうがないと
思います」。


意図と受け手の問題は別

この問題を受けてラッツアンドスターは黒人へのリスペクト
への表明をしているに過ぎず差別的と断じるのは行き過ぎ
ではないかという反論もありました。

しかし、そうした反論は通用しないと大和田先生は言います。

「確かに1980年代にラッツアンドスターが渡米したときに、
最初は黒塗りが差別的だと嫌がられたけれども、だんだんと
話を続けていくうちにアメリカ人とも打ち解けられたという話は
あります。
しかし、それは個別の人間関係において理解してもらえたと
いう話であって差別という社会的な構造の話とは別です。

当然、ラッツアンドスターをよく知る僕ら日本人は差別の意図
はないのは知っています。

でも、彼らのあこがれやリスペクト、つまり表現者の意図と受け手
がどう思うかというのは別の話です。

これまで述べてきたような文脈が成立し、かつ、現在もアメリカ
のエンターテインメント業界で「黒塗り」が差別的な表現として
みなされている以上、どう考えていようと彼らのメイクはアメリカ
では“差別的なブラックフェイス”を再生産していると受け止められ
てしまいます。

このように、アメリカやヨーロッパのような人種間や階級間の
大きな文化的差異がある社会では“そのつもりはなかったんだ”
という論法は通じません。

文化的基盤が全く違う相手と共存していく社会で重要になるのは、
“差別”という形式を満たすかどうか、結果的にどうなったかという
ことなんです。

僕はそれがまったき他者と共存していく中でアメリカが出した
1つの解答なんだと思っています
」。


議論のプロセスにこそ意味がある

これまで述べてきたようにラッツアンドスターはアメリカの文脈
に多くを負っている以上、彼らの意図がどうであれ、黒塗りを
するというパフォーマンス自体が歴史的に見て差別的と受け
止められてもしょうがないでしょう。

しかし、今回の事件に関する議論の中で重要なのは個別の
事例を差別的だと断じることよりも、歴史的に差別がどう定義
されてきたかという政治的なプロセスを振り返ることだ
と大和田
先生は語ります。

「先日のシャルリエブドの件もそうですが、今回の件も表現の
自由と危ういところで結びつきます。
フランスの場合は人種表象と表現の自由の間で、表現の自由の
フランスにおける歴史性が勝ってシャルリエブドのような表現も
許容されてきました。
しかし、アメリカでは表現の自由より人種間対立を乗り越える
政治的な判断の方が勝った。

何が正しいかではなく、その時にコンセンサスを得たのはどちら
かというのが大事なんです。

“なにをもって差別的とみなすか”というのはその時々のコンセン
サスによって形作られるもの。

極端に言えばこれは言説闘争なんです。

異なる文化を持つ他者がいる社会においてはどの時代にも
通じるコンセンサスを作るということができない。

だから、アメリカ人には意見を言って権利を勝ち取っていくという
意識が非常に強い。


今回の件で学ぶことがあるのならば、一時的に決まったことを
大事にするんじゃなくて、物事が議論の中で決まっていくプロセス
を大事にすること。

“これが差別”という唯一絶対の解答はなくて、これまで行われて
きた議論の上に立つこと。将来的に黒塗りに対する解釈は変わる
可能性があるにしろ、これまで先人の積み重ねてきたプロセスを
考えると現在では黒塗りはできないのだということを理解してほしい
ですね」。

大和田先生の言うように、差別を定義する上で「完全で普遍的な
基準」はない以上、「過去のことを知る」という人文科学的なプロセス
で改めて差別を考えるのが今求められていることなのです。
[参考文献]




==========================





アメリカやヨーロッパのような人種間や階級間の
大きな文化的差異がある社会では“そのつもりはなかったんだ”
という論法は通じません。

文化的基盤が全く違う相手と共存していく社会で重要になるのは、
“差別”という形式を満たすかどうか、結果的にどうなったかという
ことなんです。




この話が出たからには当然、あの乙武氏騒動も思い出すものだ。


『車椅子障害者の入店をお断りした
レストラン -私はこう思う(1/2)』
〔2013-06-10 18:00〕




『車椅子障害者の入店をお断りした
レストラン -私はこう思う(2/2)』
〔2013-06-10 18:15〕





聴覚障害者からも「差別ではないのか」という
指摘が出た事例がある。


『某遊園地での聴覚障害者バリアフリー化
について(朗報)』
〔2014-08-15 08:36〕


※ 東京ドームシティアトラクションズで、
聴覚障害者が(障害を理由に)遊園地の
乗り物搭乗を拒否された問題。



当事者に対する差別になるかどうかは、
差別した側が意図したかどうかが問題なのではなく、
それを受けた側が、どう感じたかが問題になるのである。
そして、それは差別した側の“想像力の欠如”が
露になる時でもある。
だから、それが全く問題にならないほうが、
むしろおかしいと言える。



〔関連記事〕

『差別横断幕:浦和に無観客試合 Jリーグ初の処分』
〔2014-03-13 21:03〕




聴覚障害者への「間接差別」も非常に多いが、
これも健聴者の「無知」「無関心」による差別だ。

無知、無視、無関心が悪いとは、誰も思って
いないだろう。

「『差別』は言い過ぎではないか」

というのが、日本人は当たり前だと思っている。

だが、それでいつまでも無視されてしまって
いる方は、もうたまらないのである。
それを、理解する必要がある。




>「異なる文化を持つ他者がいる社会においてはどの時代にも
通じるコンセンサスを作るということができない。

だから、アメリカ人には意見を言って権利を勝ち取っていくという
意識が非常に強い。





なるほど。
これがADA法(アメリカの障害者差別禁止法)
ができた背景(=全米障害者運動)なのだな。


『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』
(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)
 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html



しかし、日本ではそうはいかないだろう。
アメリカやヨーロッパのような、多民族国家では
なかったからだ。
長い間、単一民族国家としての歴史形成が
あるので、その古い考え方を変えていくことは、
容易ではないのではないか。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-04-09 19:30 | 人権、差別

後藤氏殺害の「黒覆面男」。彼はなぜ「殺人鬼」になったのか




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00010000-newspicks-bus_all


後藤氏殺害の「黒覆面男」。
彼はなぜ「殺人鬼」になったのか


NewsPicks 2月27日(金)17時10分配信



日本時間2月27日の午前0時ごろ、イギリスの情報機関は、
「ジハーディ(聖戦士)・ジョン(ISILの処刑人)」がクウェート
生まれのイギリス人Mohammed Emwazi(モハメド・エム
ワジ)だと特定した。

エムワジの生涯は一般的なヨーロッパの移民者に見える。
1988年にクウェートで生まれ、湾岸戦争後、6歳のときに
家族でイングランドに移民、西ロンドンで育った。
エムワジは、ロンドンのウエストミンスター大学出身で、
コンピュータ・プログラミング学士を取得。
ここまでのエムワジの生涯はごくごくノーマルだ。

米国の大手メディア「The Washington Post」によると、
エムワジの友人は、エムワジについて

「彼はいつも“礼儀正しい”。
また、お洒落で、熱心なイスラム教義信奉者らしく顎ひげを
たくわえ、知らない女性とは決して目を合わせないように
していた」

と説明している。

いったいなぜエムワジは、潔白な青年から聖戦(ジハード)
を行う大量殺人者に変身したのだろうか?


卒業旅行から大量殺人者になるまで

エムワジの人生が転落し始めたのは、2009年だ。
この年、一体何が起きたのか?

エムワジは、彼の友人2人と卒業旅行でタンザニアに、
“サファリ”に行こうとした。
しかし、着陸したタンザニアの空港で警察に一晩拘留され、
翌朝、欧州連合(EU)に強制送還された。
イギリス当局が

「エムワジはAl-Shabaab(アル・シャバブ)に参加する
ためソマリア渡航した」

と誤解し、彼をタンザニに入国させなかったのだ。
帰りはオランダ経由だったが、この時再びアムステルダム
空港で警察に拘留されたと、エムワジは権利擁護団体で
あるCAGE(ケージ)に語ったという。

エムワジは、英国の情報機関MI5とオランダのシークレット
サービスの2人に事情聴取を受けた。
そのエージェントたちに、ソマリアにあるアルカイダとつながり
のある組織、Al-Shabaab(アル・シャバブ)に参加しないか
と持ちかけられた。
そのMI5部員は、エムワジに情報提供者としての仕事を
依頼したのだが、これを本人は断った。

ロンドンに帰ってエムワジはケージと会い、この一連の
“ハラスメント”について説明した。
エムワジと会ったケージの代表によると、エムワジはMI5と
オランダのシークレットサービスのエージェント2人の扱いに
“激怒”していたという。

そのあと、エムワジはクウェートへ引っ越す。
そして、現地のIT企業に就職し、婚約もした。
だが、それは結局破談となった。

クウェートに住んでいた間、少なくとも2回以上、
英国に帰った。
ロンドンからクウェートに帰る最後の渡航中、ロンドンの空港
でエムワジはまた警察に数時間ほど拘留され、身体検査を
受けた。
その結果、クウェートがエムワジのビザを無効にしたことで、
エムワジは2人目の婚約者と仕事を失ってしまった。

それから、しばらく彼はイギリスに滞在した。
しかし、The Washington Postに掲載されたエムワジの
友人によると、

「彼はサウジアラビアで英語の先生になろうとしたけど、
結局なれなかった」

という。

こうした経緯により、2009年から2012年の間、エムワジの
生活はイギリスの情報機関にますます制約された。
彼がケージ内部の人間に語った話を信頼すると、エムワジ
が変わったのは、イギリスの情報機関から虐待を受け
始めた頃だ。
その虐待は壮絶で、彼に過激派テロリストになる芽を植え
付けた。

ケージの代表Asim Qureshi(アシム・クレシ)がエムワジ
についてThe Washington Post にこう語っている。

「この青年は、個人的な状況に大きな変化をもたらすために、
英国内で出来るあらゆる手を尽くした。
しかし、情報機関はエムワジを犯罪者扱いした。
これに対し、本人はなすすべもなかった」

結局、エムワジは2013年に蒸発し、その間に、イラク
・レバントのイスラム国(ISIL)に参画することとなった。

エムワジが再び現れたのは、それから1年後のことだ。
シリアのイドリブ市にある、過激派勢力が欧米系の人質
を集めるための施設に彼は居た。
この施設で人質となり拘束された人物によると、エムワジは
この施設で、警備と水責めなどの拷問を担当していたという。

2014年8月、ISILは、人質の一人James Foley(ジェームズ
・フォーリー)がエムワジの手により斬首をされる動画を公開した。
その後、ISILが、後藤健二氏、湯川遥菜氏の日本人2名を含む、
一連の殺害をインターネットにリリースしたことにより、エムワジ
は「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」として悪名を馳せることとなった。


なぜエムワジは過激派になったのか

一般的にイスラム系移民に対する、欧州社会の差別やいじめは
少なくない。
警察や情報部員に尋問・拘留された経験のある罪のないイスラム
系移民もいる。

だが、そうした被害を受けたイスラム系移民の圧倒的多数が、
ISILに参加しようなどとは考えもしない。
なぜなら、彼らは人殺しや過激派を嘆く合理的な人々だからだ。

イギリスの反テロ政策を批判する人たちは、反テロ活動こそが
むしろ、エムワジを過激派にさせた原因になっていると言う。
つまり、イスラム系イギリス人は本質的に暴力的な人だから、
空港で拘束されるといった屈辱を味わわせると、テロリストに
なってしまう可能性があると考えがちだ。

しかし、これは間違っている。
イスラム系イギリス人らは、

「エムワジが過激派になった理由はイギリスら欧州社会が
イスラム系の人々に容疑をかけがちなことだ」

と言う欧州のリベラルな人々を、恩着せがましいと感じている。
そうではなく、イスラム系イギリス人の多くは、エムワジは大人
として、自分の決断をしたことに対して責任をとるべきだと考え
ているのだ。

Jordan Krogh


=============================




『反省させると犯罪者になります』
(岡本茂樹/著者 2013年5月20日/初版発行
 新潮社新潮文庫)




『凶悪犯罪者こそ更正します』
(岡本茂樹/著者 2014年7月20日/発行
 新潮社新潮文庫)

[PR]

by bunbun6610 | 2015-02-28 00:34 | 人権、差別

「くそ、死ね」搬送女児のブラジル人父に医師が暴言

http://www.sankei.com/affairs/news/150128/afr1501280008-n1.html


「くそ、死ね」搬送女児のブラジル人父に医師が暴言
 ユーチューブ投稿動画にはキレた姿も 静岡


産経ニュース 2015.1.28 08:33


静岡県の磐田市立総合病院で昨年12月、呼吸器内科の
20代の男性医師が、救急搬送されてきた女児に付き
添っていたブラジル人の父親に「くそ、死ね」などと暴言を
吐いていたことが27日、病院への取材で分かった。

病院側は事実関係を認め、

「男性に事情を説明して謝罪したい」

としている。

 病院側によると、昨年12月24日未明、同県菊川市
に住む女児(6)が足の不調を訴え、同病院に運び
込まれた。
当直医だった男性医師が診察し緊急を要しないと判断、
付き添いの父親に診察時間内に来るよう指示した。
だが、父親は納得せずに口論となり、その中で男性
医師が「死ね」などと発言したという。

 男性医師は

「片言の日本語でコミュニケーションがうまく取れず、
腹が立ってつぶやいてしまった」

などと話しているという。

男性医師の暴言をめぐっては、動画投稿サイト
「ユーチューブ」にやり取りを記録した動画2本が配信
され、インターネット上で話題になった。
暴言の場面はないが、男性医師が「小児科に行け」と
語気荒く指示する姿が記録されている。

 同病院によると、男性医師は病院長から厳重注意を
受けた。
同病院医事課の担当者は

「医者として不適切。
再発防止に向けて教育を徹底したい」

と話した。



============================




>「片言の日本語でコミュニケーションがうまく取れず、
腹が立ってつぶやいてしまった」


こういう言い訳をしているが、どうも怪しいというか、
信用できない。
聴覚障害者も、事が大きくなると、
こんな応対をされる場合がある。
未明のことだから、医師の本音は面倒くさくて、
やりたくなかったのかもしれない。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-02-15 13:26 | 人権、差別

銃撃の政治紙、預言者の風刺画全面に…反発必至

http://news.biglobe.ne.jp/international/0113/ym_150113_3463387398.html



銃撃の政治紙、預言者の
風刺画全面に
 …反発必至


読売新聞1月13日(火)13時33分


【パリ=柳沢亨之】
フランスの複数のメディアは12日、フランスの政治週刊紙
「シャルリー・エブド」パリ本社の銃撃事件後、初めての
発行となる最新号の1面の内容を報じた。

 偶像崇拝を禁じるイスラム教の教義に反し、預言者
ムハンマドの風刺画を全面に描いている。

14日発売予定の同紙が、イスラム教徒の反発を招くのは
必至だ。

 最新号1面には、涙を流すムハンマドが

「ジュ・スイ・シャルリー(私はシャルリー)」

との標語を掲げている風刺画が描かれ、見出しには

「すべては許される」

と記されている。

 この標語は、11日のパリ大行進などで、仏国民が
「表現の自由」を訴えるために使ったもので、同紙は、
ムハンマドの風刺も表現の自由として認められるべきだ
との見解を示したものとみられる。



=============================



自由は確かにある。
自分で選ぶ権利がある。

けれども、自由には責任も伴う。

私は

「自由とは、峻烈なものだ」
(亀井勝一郎)

という言葉が好きだ。

私は『シャルリー・エブド』の、この行動を支持しない。
敬虔なイスラム教徒が持つ信条を尊重すべきだ。
フランス、そして世界の人々は、自由の使い方を
謙虚に考えるべきだと思う。




=============================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00000003-jij_afp-int



イスラム最高権威、
仏紙風刺画を批判
「憎悪かき立てる」


AFP=時事 1月14日(水)9時52分配信

【AFP=時事】
エジプト・カイロ(Cairo)にあるイスラム教スンニ派
(Sunni)の最高権威機関アズハル(Al-Azhar)は13日、
仏パリ(Paris)でイスラム過激派の男らに銃撃された
仏風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)が
最新号で掲載する風刺画について、

「憎悪をかき立てる」

だけと警告した。


アズハルは声明で、同風刺画は

「平和的共生に資するものではなく、イスラム教徒が欧州
や西側社会に溶け込むのを妨げる」

と述べている。

 14日発売のシャルリー・エブド最新号は、イスラム教の
預言者ムハンマドの風刺画を掲載し、今月7日に同紙
編集者ら12人を殺害したイスラム過激派の銃撃犯らを
あざけっている。

 アズハルは、シャルリー・エブド襲撃事件を最初に非難
したイスラム団体のうちの一つで、

「イスラム教はいかなる暴力も糾弾する」

などと批判していた。

【翻訳編集】 AFPBB News





=============================




http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150114-00000064-jnn-int



米メディア、
イスラム教に関する
風刺画の扱い割れる


TBS系(JNN) 1月14日(水)16時18分配信


イスラム教に関する風刺画をめぐっては、報道の自由を
重んじるアメリカメディアでも扱いが割れています。

 ワシントンポスト紙がシャルリエブドの最新号の表紙を

「宗教冒涜には当たらない」

として掲載に踏み切った一方、ニューヨークタイムズや
主要ネットワークの多くは掲載や放映自粛を続けています。

 アメリカの有力紙・ワシントンポストは、13日の紙面で、
イスラム教の預言者ムハンマドを描いたシャルリエブドの
最新号を文化面の一面に掲載しました。

これについて編集主幹のマーティン・バロン氏は、
ワシントンポストは特定の宗教を冒涜する画像は掲載
しないとした上で、今回の風刺画はこれにあたらないと
判断したと説明しています。

 また、ウォールストリートジャーナルは

「シャルリエブドは挑発的な路線を維持した」

という見出しをつけ、報道面の中面に同じ表紙を掲載。

これに対し、ニューヨークタイムズやCNN、AP通信
などは、今回の表紙を含め預言者ムハンマドの風刺画
を掲載・放送・配信しない判断をしています。

 判断の根拠はまちまちですが、イスラム教の根幹を
冒涜する意図をもって描かれた画像を排除するという
方針を示したり、ジャーナリストをテロ攻撃から守るため
といった理由が挙げられています。

 このようにメディアによって判断が割れている中、
国務省の副報道官は次のように述べました。

 「出版する側には様々な判断があると思うが、
我々は彼らの出版の自由を完全に支持する。
特にイスラム教徒がこうした風刺画に対して強い個人的
な感情を持つ事は理解できるが、暴力や憎悪は正当化
できないし、表現の自由を阻害することもあってはならない」
(米国務省・ハーフ副報道官)

 2006年にデンマークの新聞がムハンマドの風刺画を
掲載した際には、当時の国務省の報道官は、

「特定の宗教を冒涜する可能性がある作品の出版は
慎重に判断されるべき」

との立場を示していました。

 アメリカでは表現や報道の自由は民主主義を支える
根幹であるとの認識が広く共有されていますが、
今回はシャルリエブドの最新号の表紙以外のムハンマド
の風刺画を掲載する動きはありません。

 あるアメリカメディアの担当者は、アメリカではイスラム
国やアルカイダなどイスラム過激派との終わりの見えない
戦いが続いているだけに、

「イスラム教を冒涜しているか」、

すなわち

「イスラム教徒を刺激し、イスラム社会全体を敵に回す
危険性があるか」

という点がメディアの判断の分岐点になっていると説明
しています。(14日08:02)

最終更新:1月14日(水)17時55分




=============================





http://www.afpbb.com/articles/-/3036650?utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Mon_r3


アジア歴訪中のローマ法王、
「言論の自由にも限度」


2015年01月16日 09:15
 発信地:マニラ/フィリピン


【1月16日 AFP】アジア歴訪中のローマ・カトリック教会の
フランシスコ(Francis)法王(78)は15日、前週フランス
・パリ(Paris)で発生した一連の襲撃事件をきっかけに
言論の自由をめぐる議論が世界中で広がっていることに
関連して、神の名における殺りくを強く非難すると同時に、

「宗教を侮辱することはできない」

と述べた。

法王は最初の訪問国スリランカから次のフィリピンへ
向かう飛行機の中で、イスラム過激派が仏風刺週刊紙
シャルリー・エブド( Charlie Hebdo)本社を襲撃し
12人が犠牲になった事件について、同行の記者団から
意見を求められた。

法王は、

「神の名において人を殺すのは愚かしい」

としながらも、

「あらゆる宗教に尊厳」

があり、何事にも

「限度というものがある」

と指摘して、

「他人の信仰について挑発したり、侮辱したり、
嘲笑したりすることはできない」

という考えを示した。 

今月7日、シャルリー・エブド本社を銃撃したサイド
( Said Kouachi)とシェリフ・クアシ(Cherif Kouachi)
両容疑者の兄弟は、同紙が繰り返しイスラム教の預言者
ムハンマド(Prophet Mohammed)の風刺画を掲載した
ことに激怒していたとされる。
その2日後にはクアシ兄弟と連携していたと主張する
アメディ・クリバリ(Amedy Coulibaly)容疑者がユダヤ系
食料品店に人質を取って立てこもり、これら一連の事件で
計17人が死亡、言論の自由が許される範囲について
世界中で大きな議論が巻き起こった。

歴代の前任者の多くに比べると進歩的とみなされている
フランシスコ法王だが、言論の自由は信仰に対する敬意
があれば自制されてしかるべきものだとして、

「言論の自由は権利であり、また義務でもあるが、
他人を傷つけることなく表出されなければならない」

と諭した。 

5日間のフィリピン訪問で最大のイベントになるとみられる
のがマニラ( Manila)で18日に予定されている野外ミサだ。

天気は雨の予報で警備面での懸念も拭えないにもかかわ
らず、最大600万人の参列が見込まれている。

関係者によると、実際にこれだけの市民が集まれば、
1995年に当時のローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世
(John Paul II)が同じ場所でミサを行った際の参列者
500万人という記録を塗り替えることになるという。



=============================


http://www.afpbb.com/articles/-/3036796?utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Mon_p1


仏紙最新号の風刺画に
世界各地で抗議デモ、
死者や教会への放火も


2015年01月17日 21:00
 発信地:ニアメー/ニジェール


【1月17日 AFP】
フランス・パリ(Paris)で今月起きた風刺週刊紙シャルリー
・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件後初の最新号で、
表紙にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が掲載
されたことに対し、イスラム教の金曜礼拝にあたった16日、
世界各地で抗議デモが行われ、ニジェールとパキスタン
では衝突も発生した。

アフリカ中部ニジェールの第2の都市ザンデール( Zinder)
ではデモが暴徒化し、4人が死亡、45人が負傷した。

デモの参加者は3か所のキリスト教の教会を襲撃した他、
フランス文化センターにも放火した。
医師によると死者は全員、銃で撃たれて亡くなった。

パキスタン南部のカラチ( Karachi)では、フランス領事
館前で警官隊とデモの参加者が衝突し、背中に銃弾が
当たったフランス通信(Agence France-Presse、AFP)
のカメラマンを含む少なくとも3人が負傷した。

アフリカ西部ではモーリタニアやセネガルの首都ダカール
( Dakar)でフランス国旗が燃やされ、マリの首都バマコ
(Bamako)ではイスラム教の神学者や主要組織の呼び
掛けに応じ、数千人が路上へ繰り出し

「私の預言者から手を離せ」

「私はイスラム教徒。
私は預言者を愛する」

などとスローガンを叫んだ。

中東諸国のカタールやバーレーンは、シャルリー・エブド
紙最新号のムハンマドの風刺画は嫌悪をあおりうると
警告を発した。

ヨルダンの首都アンマン( Amman)では、中心部に
あるフセイン・モスク(Al-Husseini Mosque)から厳戒
態勢の中、約2500人がデモ行進を開始し

「預言者への侮辱は国際テロだ」

と書かれた横断幕などを広げた。

アルジェリアの首都アルジェ( Algiers)では最大
3000人がデモに参加し、機動隊との衝突もみられた。

参加者たちは

「われわれはムハンマド」

とスローガンを叫んだが、一部にはシャルリー・エブド
紙本社を銃撃した兄弟、シェリフ・クアシ
(Cherif Kouachi)容疑者(32)とサイド・クアシ
(Said Kouachi)容疑者(34)への支持を叫ぶ
参加者もいた。



=============================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000043-asahi-soci


風刺画の掲載「侮辱だ」
 イスラム教徒ら東京新聞
に抗議


朝日新聞デジタル
1月21日(水)21時19分配信


東京新聞がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載
したのは侮辱だとして、日本在住のイスラム教徒ら約50人
が21日、発行した中日新聞東京本社(東京都千代田区)前
で抗議し、謝罪記事の掲載などを求める文書を渡した。

仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が銃撃事件後に

「私はシャルリー」

と書いたプラカードを掲げたムハンマドの風刺画を載せた
ことを受け、東京新聞は13、14日にこの風刺画を掲載。

抗議に来たパキスタン出身のアライン・ナイムさん(53)は

「報道の自由にも超えてはいけない限度がある。
こうした報道は二度と繰り返さないでほしい」

と訴えた。

 同社総務局は

「イスラム教を侮辱する意図はまったくなく、問題の判断材料
を読者に提供するために載せた」

と説明した。
(清水大輔)

朝日新聞社



=============================



異文化を軽率に扱う日本人の感覚には、
イスラム教徒でなくとも頭にくるだろう。

日本人の多くは、それがわからないのだろう。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-01-13 20:58 | 人権、差別

「産めないのが問題」と釈明 麻生財務相

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20141208/Kyodo_BR_MN2014120801002060.html


「産めないのが問題」と釈明
麻生財務相


共同通信 2014年12月8日 19時20分
(2014年12月8日 19時31分 更新)


麻生太郎財務相は8日、少子高齢化に伴う社会保障費
増に絡み

「子どもを産まないのが問題だ」

とした自身の発言について、保育施設などが不足し
産みたくても産めないのが問題との趣旨だったと釈明した。

 衆院選立候補者が岐阜県笠松町で開いた個人演説会
で述べた。
 麻生氏は発言に批判が出ていることに触れた上で

「私が言っているのは産みたくても産めない(ということだ)」

と説明。
同時に

「子どもが育つ段階で預ける所がないから結果的に
産まないのが問題で、高齢者が長生きするのが問題
というのは話をすり替えている」

と述べた。



=============================



最初に言った

「子どもを産まないのが問題だ」

が、麻生大臣の本音だろう。


「増税分は全額社会保障に回します」

と国民に言っておきながら、この問題に
真剣に取り組んでこなかったのも自民党。


麻生大臣が「産まない」と発言した後、
批判を受けて、今度は「産めない」と釈明。

本当に「産まない」を「産めない」に釈明
できるのか?


しゃく‐めい【釈明】

[名](スル)自分の立場や考えを説明して、
誤解や非難を解き、理解を求めること。

「事故原因について―する」



麻生大臣のこんな釈明をするほうが、
もっと「火に油を注ぐ」結果になると思うが。


それにしても、今年は何回も「産めない」
騒動があったものだ。
自民党のこの様子では、来年も続きかねない。



〔関連記事〕

『処分要求は断念=都議会セクハラやじで―塩村氏』
〔2014-06-21 10:21〕



『都議会:反省している…鈴木章浩議員の
謝罪会見・一問一答』
〔2014-06-23 23:48〕



『都議会「産めないのか」ヤジ発言者、
特定されず』
〔2014-06-24 19:54〕



『なぜ甘い? 都議「産めないのか」ヤジ追及せず』
〔2014-06-28 09:51〕


『都議会;「産めないのか」ヤジ特定不要にした波紋』
〔2014-06-29 19:00〕



『国会でも女性蔑視ヤジ「まず自分が産まないとダメだぞ」』
〔2014-07-04 23:51〕



『都議ヤジ問題;自民はやはり「幕引き」か』
〔2014-07-31 18:30〕




=============================



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000001-bloom_st-bus_all



シングルマザーにアベノミクスの
恩恵遠く -低賃金、展望描けず


Bloomberg 12月9日(火)0時1分配信


  12月9日(ブルームバーグ):鈴木由香さん(47)には
貯金がほとんどなく、収入は全国平均の半分、老後の
資金の当てもない。
それでも貧困ライン以下で暮らしている多くのシングル
マザーに比べるとましなほうだ。

日本では貧困ライン以下で暮らしている単身親世帯が
半数を超えており、経済協力開発機構(OECD)は単身
親世帯の相対的貧困率について、日本を加盟34カ国中
最下位にランク付けした。
単身親のほとんどがシングルマザーだ。

子育て中の母親に対する理解が希薄な職場環境や、
離婚した夫からの支援が少ないこと、保育施設の不足
などが問題となっている。安倍晋三首相は経済分野
での女性の活用を掲げて、選挙戦を展開しているが、
シングルマザーは取り残されている。

独立行政法人、労働政策研究・研修機構の周燕飛
研究員は

「諸外国に比べて日本は労働市場における男女間
格差が大きく、正規と非正規の雇用格差も大きい」

と説明。

「最も大きいのは子供への影響。
貧困の世代間連鎖が一番心配される」

と述べた。


離職

鈴木さんのようなシングルマザーの話は、結婚や育児
のために退職や転職した後、予想外の離別や死別を
経験するところから始まる。
そして正規雇用に戻る見込みがないまま、低賃金の
パートタイムや非正規職に十数年にわたって従事する
ことになる。

厚労省によると、正規雇用で働くシングルマザーは39
%で、シングルファーザーは67%。 

国税庁のデータによると、非正規雇用の年間平均給与
は正規雇用の約35%。
シングルマザーの約半数が50万円以下の貯蓄しか
持たない。

日本の全世帯の平均貯蓄額は1047万円。

鈴木さんは11年前に離婚した。
結婚前は障害者福祉施設で正規職員として働いていた
が、2人の子供の育児のため退職した。
娘は19歳、息子は16歳になる。 

鈴木さんは

「当時は残業は毎日だし、書類の量が半端なくて仕事を
家に持ち帰っていた。
子育てしながら、シングルで協力者がいなくて戻るには
きつい仕事だと思って、戻らないことを選んだ」

と明かす。

鈴木さんは離婚後、自宅での化粧品の販売や保育園での
パートタイムの仕事を始めた。
子供が成長して手がかからなくなるにつれて勤務時間を
増やすことができた。
今は週に40時間、保育園で子育て支援の仕事をしている。
仕事は正社員並みだが、保険や年金、有給休暇などの
条件は正社員とは異なる。


保育施設

シングルマザーが子育てをしながら働き続けるための保育
施設が整っていない。
単身親は保育園に子供を預けた場合、保育料の減免を受け
られるが、勤務先や自宅の近くで保育施設を見つけることは
簡単ではない。
特に大都市ではそうだ。

その場合、費用が高い無認可の保育施設か、3歳以上で1日
4、5時間しか受け入れない幼稚園に入れるしか選択肢は
残されていない。

東京在住で双子の女の子の母親である都丸美由紀さん(46)
は、保育の確保が再就職に当たって一つのハードルになった
と語る。

都丸さんは自身のシングルマザーの経験について電子書籍
を出版した。

都丸さんは20代半ばで結婚し仕事を辞めた。
双子の娘を出産した後、夫との別居生活が始まった。
2人同時に預かってくれる保育園を見つけることができず、
双子が3歳になるのを待って、午後2時まで預けられる幼稚園
に落ち着いた。
このため、職もパートに限られた。

都丸さんは

「一番きつかったのが、夏休みや春休み。
その月の給料が全部なくなったりした」

と話す。
長期休暇や延長保育のために、追加料金を支払わなければ
ならないからだ。

厚労省によると、4月1日現在で待機児童は2万1000人以上。
安倍政権は待機児童問題を解消するため、2015年3月末まで
に保育施設を20万カ所新設する目標を掲げたが、5月の集計
に基づく見通しでは目標に9000人足りない。


選挙戦

安倍政権は14日に投票を迎える衆院選の選挙戦で、18年3月
までに保育施設をさらに20万カ所設置する目標を掲げている。

鈴木さんや、医療法人の総務として常勤で働く都丸さんは約124
万人いる日本のシングルマザーに比べて恵まれていた。
元夫から養育費を受け取っているからだ。

厚労省によると、養育費を受けている母子世帯は約20%。
米国勢調査局によると、米国では74%の養育中の親が別れた
配偶者から養育費を受け取っている。

東北大学の下夷美幸准教授は

「日本の離婚は協議離婚がほとんどで、その際の養育費の取り
決めが実質的に義務付けされていない。
当事者任せにされている」

と述べた。


将来への不安

厚労省によると、政府は年間約1万人の単身親に対し職業訓練
の給付金を支給している。
昨年度までの5年間で約170億円を投じた在宅就業支援は今年
度延長されていない。
厚労省の評価検討会は費用対効果が低いと指摘した。

安倍政権は少子高齢化に対応するため、20年までに25-44歳
の就業率を73%に高めることを目標にしている。
13年の女性の就業率は69.5%、男性は91.3%。

鈴木さんは将来について期待と不安を持っている。
年収は270万円で老後への備えを始められないからだ。
厚労省によると、一般世帯の平均年収は540万円。


貧困率

厚労省はOECDの基準に基づいて、12年の日本の貧困ライン
を122万円としている。
子供がいる現役世帯で大人が一人の家庭の約55%がこれを
下回っている。

OECD諸国の平均では、働く単身親世帯の貧困率は約21%。
同データは08年から11年の数字の集計に基づき、韓国は含ん
でいない。

鈴木さんの今後数年間の目標は、子育てコーチとして活動を
始め収入を増やすことだ。
最終的には自分の絵本カフェを開くことを目指している。

その準備として、鈴木さんは12年に、ゴールドマン・サックス
・ジャパンが運営する1年間の「ひとり親就労支援プロジェクト」
に参加した。
担当の麻崎久美子氏によると、これまでの5年間で約130人
のシングルマザーがこのプロジェクトを通してキャリア相談や
資格取得の支援を受けてきた。

鈴木さんは

「定年までの15年で計算したら老後に足りなかった。
子育てが安定したから次は自分の将来をどうするか考えた」

と話す。

記事についての記者への問い合わせ先:
東京 Rin Ichino ,richino@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Brett Miller
淡路毅, 中川寛之 ,bmiller30@bloomberg.net



=============================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-12-09 18:00 | 人権、差別

「拘束介護」マンション、総合病院が紹介 入居者の半数



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000009-asahi-soci



「拘束介護」マンション、
総合病院が紹介
 入居者の半数


朝日新聞デジタル 11月25日(火)7時34分配信

東京都北区の高齢者マンションの「拘束介護」問題で、
半数以上の入居者が都内の大学病院など複数の
総合病院からの紹介をきっかけに、マンションに入居
していたことがわかった。
一部の病院は朝日新聞の取材に紹介の事実を認めたが、

「拘束は知らなかった」

と説明している。

 この「シニアマンション」と提携する医療法人の内部
資料や関係者の証言によると、病院から紹介を受けた
高齢者は、まず医療法人の診療所に転院。
原則1~2週間の「入居審査」を受けた後、ほとんどが
診療所近くのマンション3棟に入っていた。

 朝日新聞は、入居者の紹介元として名前が多く挙がる
都内の6病院に取材した。

いずれの病院も、看護師や社会福祉士などの専門職
が患者の「退院支援」に取り組んでいる。

 6病院のうち、2病院は退院後に暮らせる施設の候補
の一つとして、シニアマンションを紹介したことを認め、

「低価格の施設を望む高齢者に情報を提供していた」

などと答えた。

 また、別の総合病院は、マンションではなく転院先の
診療所を紹介しただけとし、その上で、

「(マンション内部には)退院支援の一環として、退院
患者の居室を過去数回訪問したことはあるが、
マンション全体を見学したことはない」

と答えた。

 これらの3病院はいずれも、

「拘束は知らなかった」

と答えた。

 このほか、大学病院を含む計3病院は

「守秘義務がある」

「事実確認できていない」

などとして回答しなかった。

朝日新聞社



================================





〔関連情報〕

制度外ホームで「拘束介護」
約130人、体固定や施錠


〔朝日新聞デジタル 2014年11月9日 5時30分〕
沢伸也 丸山ひかり 風間直樹

http://www.asahi.com/articles/ASGC76QSRGC7UUPI003.html
[PR]

by bunbun6610 | 2014-11-27 19:15 | 人権、差別

妊娠で降格、明確な同意ない限り違法 最高裁が初判断


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000029-asahi-soci



妊娠で降格、明確な同意ない限り違法
 最高裁が初判断


朝日新聞デジタル
10月23日(木)16時52分配信


妊娠によって不当に降格させられたとして、女性が職場を訴えた
訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は
23日、

「明確な同意」や特段の事情がない限り、妊娠を理由に
した降格は男女雇用機会均等法が禁じる不利益処分にあたり
違法だ、

とする初判断を示した。

 判決は、この事案で「女性の同意はなかった」として、女性の
敗訴とした二審判決を破棄し、審理を広島高裁に差し戻した。
女性が逆転勝訴する可能性が高まった。
裁判官5人全員一致の意見。

 2006年に改正された男女雇用機会均等法は、妊娠や出産
を理由に解雇や降格、減給などの処分をすることを禁じている。
同法違反に該当する基準を明示した今回の最高裁判決は、
妊娠や出産による職場での嫌がらせ「マタニティー・ハラスメント」
への一定の抑止力になりそうだ。



===============================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-10-23 19:08 | 人権、差別

都議ヤジ問題;自民はやはり「幕引き」か

===============================



『複数都議がヤジ 議場の音声分析「自分が産んでからも」』
〔2014年6月28日01時15分 朝日新聞デジタル〕




===============================



全都議アンケート



『全都議アンケート:ヤジ問題で実施 全回答を掲載』
〔2014年07月23日〕




『全都議アンケート:4割「女性差別ある」 自民は一括回答』
毎日新聞 2014年07月24日 00時11分
(最終更新 07月24日 01時11分)





===============================


最大会派で「犯人がいる」との見方が強いとされる自民党は、
一括回答という形を取り、個人特定には協力しない模様だ。

石破幹事長が

>「誰であれ『自分でした』と言っておわびすべきだ。
仮にわが党であったとすれば、党としておわびをしなければ
いけない。
大変申し訳ない」


と言っていながら、党員がこのような態度ではおかしい、と思う。
「名乗り出よ」というのは、「誰なのか、ハッキリせよ」ということでは
ないのか?

実質的効果が期待できない『障害者差別解消法』のレベルに等しい。

アンケートでは、差別発言をしたかどうかを直接問う質問はないが、
この可能性について問う質問が「【問2】自分は言葉を発したか」
である。
この肝心な質問に対し、自民党都議は曖昧にしてしまっている。

以下は、他党の回答状況を簡単にまとめてみたものだ。


【公明】
「発した」と答えた議員   0名
「無回答」           3名(友利春久、中嶋義雄、藤井一)


【共産】
「発した」と答えた議員   2名
「無回答」           0名

【民主】
「発した」と答えた議員   4名
「無回答」           0名


【結いと維新】
「発した」と答えた議員   1名
「無回答」           0名


【みんな】
「発した」と答えた議員   3名
「無回答」           1名(塩村文夏〔差別発言を受けた本人〕)


【ネット】
「発した」と答えた議員   0名
「無回答」           0名


【無所属】
「発した」と答えた議員   0名
「無回答」           1名(自民・鈴木章浩氏)


鈴木章浩氏は、この騒動が起きるまで自民党所属だったが、
最初に名乗り出て謝罪し、自民を離党した。
だが、このアンケートには非協力である。


この結果が真実であるならば、やはり自民党都議のなかに
犯人がいることは濃厚である。

党派などを超えて、自民党に自浄力を要求すべきだと思う。



===============================


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140730/Mainichi_20140731k0000m040078000c.html



<ブラック企業大賞>セクハラヤジ
「都議会」がノミネート

毎日新聞社 2014年7月30日 20時33分
(2014年7月30日 21時06分 更新)


◇実行委、民間企業7社と1学校法人も選ぶ

 東京都議会はブラック(企業)−−。
学者や弁護士、市民活動家らでつくる「ブラック企業大賞実行委員会」は30日、
大賞候補の企業を公表した。
その中に都議会がノミネートされた。
都議と都議会は雇用関係にないものの、セクハラヤジ問題に対する自浄能力
のなさに特別にノミネートされたという。

 ブラック企業大賞は、労働基準法に違反する長時間労働の強制、パワハラ、
残業代未払いなど労働法に触れるような労働条件を意図的に強いている
企業を「表彰」することで、社会に過酷な実態をアピールしようと2012年から
始まった。

 実行委員会がノミネート企業などを選定し、今回は民間企業7社と1学校法人、
都議会を選んだ。
このうち五つが過労死・過労自殺が起きたケースで、残りは違法派遣や
パワハラなど。
都議会は

「ヤジはセクハラに該当するが、自浄能力を発揮することなく幕引きを図ろうと
した」

として特別ノミネートにした。
ノミネートされた各社とその理由は同大賞のホームページ
http://blackcorpaward.blogspot.jp/2014/07/3.html
に掲載されている。
ネットでの投票結果なども参考に、実行委員会が9月6日に大賞を発表する。
実行委員会の佐々木亮弁護士は

「都議会のヤジ問題は、国会や地方議会のセクハラ発言が判明する端緒と
なった。
そうした意味も込めてノミネートした」

と話している。

【東海林智】


===============================





http://news.tbs.co.jp/20140819/newseye/tbs_newseye2278530.html


都議会やじ問題、雑音ひどく
「声紋鑑定困難」で幕引き


最終更新:2014年8月20日(水) 0時29分


今年6月に開かれた東京都議会で、塩村文夏議員に対するやじが
相次いだ問題。
所属する「みんなの党Tokyo」は、議会の録音データを使って声紋
鑑定ができるかどうか検討していましたが、雑音がひどく発言者の
特定ができなかったことを明らかにしました。

 騒動から2か月、解明にはほど遠い形で幕が下ろされようとして
います。

 「早く結婚したほうがいいんじゃないか」

 6月の都議会で「みんなの党Tokyo」の塩村文夏議員に浴びせ
られたセクハラやじ。
首都の議会から飛び出した、あまりにも不見識な発言は地方議員
の質が問われる事態にまで発展しました。
その後、当時、自民党の鈴木章浩都議が自ら発言したことを認め、
謝罪しました。

 「産めないのか」

 しかし、「産めないのか」など、ほかにも複数あったとされるやじ
については、発言者が特定されないまま自民党が多数を占める
議会は先月末、調査を打ち切りました。

 「NEWS23」は調査打ち切り後、これまで複数回にわたって
自民党の前幹事長や今の幹事長に取材を申し込みました。
ですが、多忙などを理由に、いまだ応じていません。

 一方、塩村都議の所属する「みんなの党Tokyo」は、議会の
録音データを使って声紋鑑定ができるかどうか検討。
しかし、雑音がひどく、発言者の特定ができなかったことを
明らかにしました。

 「議会独自の自主的な名乗り出、一人(鈴木都議)を除いては
なかった。
他の発言もなかったような流れになってしまったのは残念。
結果として“これはまずいな”と言ったら、口をつぐんでしまった
のが、都議会。
そういった意味で自浄作用が発揮されなかったということになる
のでは」
(みんなの党Tokyo・両角穣幹事長)

 大きな波紋を呼んだ議員の発言。そして、この事態に対し、
うやむや決着で事実上の幕引きを図った議会。
これで、有権者の信頼は得られるのでしょうか。

(19日20:55)



===============================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-07-31 18:30 | 人権、差別

<国連人権委>ヘイトスピーチに懸念 日本政府に法整備促す

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000033-mai-int


<国連人権委>ヘイトスピーチに懸念
 日本政府に法整備促す


毎日新聞 7月17日(木)12時23分配信

ジュネーブで開催中の国連のB規約(市民的、政治的権利)人権委員会は
16日までの2日間、日本の人権状況を審査した。
人種や民族などを理由に差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)が広がる
現状に懸念が示され、日本政府に法整備など具体的な対策を促す声が
上がった。

 イスラエルのシャニイ委員は、日本で昨年、在日コリアンらを排斥する
デモや街宣が360回以上行われたとの報告があると指摘。
ヘイトスピーチを禁止する

「具体的な法律はないのか」

とただした。

 日本政府の代表は、不特定多数の集団に向けられたヘイトスピーチ自体
の規制は

「表現の自由との関係から慎重に検討する必要がある」

と答弁。
差別や偏見の解消に向けた啓発活動に努めているとの説明に終始した。

 シャニイ委員は「人種的憎悪の唱道」を法律で禁止するとした国際人権
規約の条項に触れ、

「被害者が提訴できない場合もあり、国が抑制するのが好ましい」

と述べ、刑法改正などによる取り締まりが必要と指摘した。

 複数の委員が袴田事件に触れ、死刑制度や代用監獄の問題が指摘され
たほか、特定秘密保護法がメディアを萎縮させるとの懸念も出た。

従軍慰安婦を

「性奴隷とするのは不適切」

とした日本政府の見解に傍聴席から拍手が起き、委員長が苦言を呈する
一幕もあった。

 対日審査は2008年以来6年ぶり。改善勧告などを盛り込んだ「最終見解」
を今月下旬に公表する。
委員との意見交換に参加したNGO「反差別国際運動」の小森恵さんは、
電話取材に

「国連の場でもヘイトスピーチを巡る現状に憂慮が示された。
勧告にも盛り込まれるのでは」

と語った。

【小泉大士】



===================================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000062-san-int


「慰安婦」日本に矛盾
 ヘイトスピーチ禁止要求
 国連委


産経新聞 7月25日(金)7時55分配信

 国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の自由権規約委員会は24日、
ジュネーブで今月15、16日に日本政府に対して行った、日本の
人権状況に関する審査の最終見解を公表した。
見解は慰安婦問題について、日本政府が

「慰安婦の強制連行はなかった」

と主張しながら、平成5年の河野洋平官房長官談話が、慰安婦募集
には

「甘言、強圧によるなど、本人たちの意思に反して集められた事例が
数多くある」

としているのは、

「立場に矛盾がある」

と指摘した。

 強制連行を示す資料が発見されていないにもかかわらず、河野談話
が慰安婦募集の強制性を認めたことが突かれた形だ。

 最終見解は

「被害者の意思に反したそのような行為は、政府の直接的な法的責任
を伴う人権侵害であると考えるに十分だ」

とした。
前回2008年の審査での最終見解に明記されていなかった「性奴隷」の
表現も登場した。

 また、慰安婦問題での人権侵害を調査し、責任者の処罰などを可能
にする法的、行政的措置を早急に取ることを勧告した。
このほか、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関し、差別や敵意などをあおる
宣伝行為やデモの禁止を求めた。

 条約機関である同委員会の勧告は法的拘束力を持たない。



===================================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000037-mai-soci


<国連人権委>元慰安婦への
「完全な賠償」を日本に勧告


毎日新聞 7月25日(金)11時38分配信

【ローマ福島良典】スイス・ジュネーブの国連人権委員会は24日、
旧日本軍のいわゆる元従軍慰安婦問題について、日本政府が
国家としての責任を認め、元慰安婦らが「完全な賠償」を受けら
れるよう勧告した。

また、ヘイトスピーチ(憎悪表現)など人種差別を助長する行為を
禁止するよう促した。

 勧告は元慰安婦問題について「本人の意思に反する行為は
人権侵害とみなされる」と断じ、人権侵害を調査して責任者を
訴追・処罰し、本人と家族が裁判と完全な賠償を受けられるよう
求めた。
また、日本政府が

「公的に謝罪を表明し、国家責任を正式に認める」

よう促した。

 日本政府は1965年の日韓請求権・経済協力協定で請求権
問題は解決済みとの立場で、元慰安婦問題については謝罪に
加え、「アジア女性基金」(95~2007年)を通じた償い事業を
実施してきたと説明している。

 ヘイトスピーチに関して勧告は、外国人に対する差別的なデモ
が頻発していることや、Jリーグのサポーターらが掲げて問題と
なった「ジャパニーズ・オンリー」(日本人以外お断り)という表示
に「懸念」を表明。
「差別、敵意、暴力をそそのかすような人種的優位の主張や憎悪
をあおる言動」を禁じるよう促した。

また、現行の民法、刑法では十分に対処できていないと指摘し、
加害者を処罰するよう法整備を求めた。

 その他、勧告には死刑制度の廃止検討、特定秘密保護法の
厳格な運用が盛り込まれた。

 勧告を出したのは、拷問禁止や表現の自由など「自由権」と呼ば
れる人権を担当するB規約(市民的、政治的権利)の人権委員会。
人権委員会は国際人権規約の批准国を順番に審査している。
今年は08年以来約6年ぶりに日本が審査対象となった。



===================================




http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE07H0E_X00C14A8PP8000/


ヘイトスピーチ規制必要
 首相、舛添知事と会談


日本経済新聞 2014/8/7 19:20

安倍晋三首相は7日、韓国・ソウルを7月下旬に訪れた
舛添要一東京都知事と首相官邸で会った際、人種や
民族などの憎しみをあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)に
ついて

「日本の誇りを傷つけるもので、対処しなければならない」

と述べ、何らかの規制が必要との認識を示した。

舛添氏が

「(ヘイトスピーチは)民主主義や基本的人権に対する
極めて重大な挑戦だ」

として政府の規制を求めたのに答えた。


===================================



http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140821-OYT1T50117.html



ヘイトスピーチ規制へプロジェクトチーム
 …自民

2014年08月22日 13時32分


自民党は21日、在日韓国・朝鮮人への差別をあおる
ヘイトスピーチ(憎悪表現)を規制する法整備を検討する
プロジェクトチーム(PT、座長・平沢勝栄政調会長代理)
を設置した。

 近く初会合を開く。
法規制について、政府には

「憲法が保障する表現の自由に抵触する恐れがある」
(法務省関係者)

などと消極的な意見があり、PTは議員立法での法整備を
目指す。


===================================





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000128-mai-int


<ヘイトスピーチ>人種差別撤廃委
 起訴など日本に対処要求


毎日新聞 8月29日(金)21時38分配信


【カイロ坂口裕彦】国連の人種差別撤廃委員会は29日、
日本で社会問題となっているヘイトスピーチ(憎悪表現)
を行った個人や団体は

「捜査を行い、必要な場合には起訴すべきだ」

と日本政府に勧告した。
インターネットを含むメディアでのヘイトスピーチについて
も適切な措置を促した。

 国連人権委員会は7月、ヘイトスピーチなど人種差別
を助長する行為の禁止を促した。
国連が重ねてヘイトスピーチへの厳しい姿勢を示し、
日本政府や国会は、早期の対応を迫られることになった。

 同委員会は、日本における暴力的なヘイトスピーチの
広がりに懸念を表明。日本の法的機関の対応も

「必ずしも適切な捜査や起訴ができていない」

と指摘した。

 撤廃委員会は20、21日、4年ぶりとなる対日審査を実施。
委員からは

「ヘイトスピーチは演説ではなく、暴力による威嚇だ」

「警察が付き添っているように見える」

など厳しい声が相次いでいた。



===================================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-07-17 20:29 | 人権、差別
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line